「バ〜ラが咲いた、バ〜ラが咲いた」のバラ日記
読者になる
住所
出身
ハンドル名
バラ咲き美さん
ブログタイトル
「バ〜ラが咲いた、バ〜ラが咲いた」のバラ日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/barabara3323
ブログ紹介文
リタイア後、バラの庭づくりの記録がわりに始めた日々の生活。
自由文
-
更新頻度(1年)

272回 / 339日(平均5.6回/週)

ブログ村参加:2018/09/23

バラ咲き美さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(IN) 19,553位 20,040位 16,221位 14,422位 13,480位 14,582位 14,708位 975,161サイト
INポイント 10 0 0 0 20 20 30 80/週
OUTポイント 80 90 140 70 90 140 60 670/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
花・園芸ブログ 480位 492位 405位 357位 340位 365位 370位 19,263サイト
庭・花壇づくり 23位 25位 18位 17位 14位 16位 16位 633サイト
バラ園芸 58位 59位 56位 53位 52位 53位 53位 1,006サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 13,682位 12,272位 11,306位 11,518位 10,617位 10,971位 11,939位 975,161サイト
INポイント 10 0 0 0 20 20 30 80/週
OUTポイント 80 90 140 70 90 140 60 670/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
花・園芸ブログ 245位 225位 207位 211位 190位 203位 218位 19,263サイト
庭・花壇づくり 8位 6位 5位 5位 3位 3位 5位 633サイト
バラ園芸 51位 52位 49位 49位 49位 49位 51位 1,006サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,161サイト
INポイント 10 0 0 0 20 20 30 80/週
OUTポイント 80 90 140 70 90 140 60 670/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
花・園芸ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 19,263サイト
庭・花壇づくり 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 633サイト
バラ園芸 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,006サイト

バラ咲き美さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、バラ咲き美さんの読者になりませんか?

ハンドル名
バラ咲き美さん
ブログタイトル
「バ〜ラが咲いた、バ〜ラが咲いた」のバラ日記
更新頻度
272回 / 339日(平均5.6回/週)
読者になる
「バ〜ラが咲いた、バ〜ラが咲いた」のバラ日記
  • 春の花の苗づくり

    ここ3~4日ぐずついた天気が続く。だいぶ寒さも感じるようになってきて、台風19号の翌日の暑さがうそのよう。被災地は寒くて大変だろう。春の花の苗づくりに昨日から取りかかり、1ケース24個入りを37ケース作った。868個の苗。まだやりきれないものもあるが、苗にするのはこのくらいにしておいた。一年草の花壇をバラにして、宿根草も増やしているので、一年草を少なめにしてみたが。今晩からまた大雨予報が出ているので、直接苗に雨が当たらないようにケースや板を被せておいた。見映えが悪いけど。昨年のブログを見たら、水仙が芽を出していたと書いてあったので、見てみたら、やっぱり出ていた。芽の伸びは、昨年より少し遅いかな。秋バラの花が少ない中、アウグスタルイーゼが、開いていた。やっぱりこの花は、何とも言えない魅力があるなあ。まだ蕾もついて...春の花の苗づくり

  • 宿根草を求めて園芸店へ

    天気がぐずついてはっきりしないので、春に備えて、宿根草を求めに豊橋のガーデンガーデンとミスターシードマンの園芸店へ。平日でも、同年齢のような方々がたくさん訪れている。背の高いものから低いものまで、とにかくどれがこの地に育つのか植えてみよう。宿根草初心者🔰には、植えてみるしかない。初夏に買い求めたものも、上部が枯れているのか、完全に枯れたのかわからないので、春を待とう。台風の被害情報が毎日放送されるが、泥水をかぶった農家さんのイチゴやりんごを見ると、胸が痛む。昨年の我が家の塩害を受けたバラでさえ、ショックを受けたけれど、農家の方々にとっては、とてもショックという簡単な言葉では表せないだろうと思う。明日もぐずついた天気のようだが、本葉が出始めた春の花も苗を作らなくては。普通の作業ができることをありがたく思いながら。宿根草を求めて園芸店へ

  • 今年はまだキンモクセイが咲かない

    10月も半ばになると、必ずキンモクセイがあちらこちらからにおうのに、今年はまだどこからもにおわない。たった一粒見えたキンモクセイこれも異常気象のせいだろうか。台風の各地の被害を見るたび、泥水に浸かった家をどうやって片付けていくのか、途方にくれるだろう。千葉の被害がさめやらないうちに、今度は、広い範囲で災害が。「40年も住んでいた家がこんなになるなんて」と、それ以上の言葉を失い、肩を落としていた方の年齢を考えると、何とも言えない。どうされるのだろう。キンモクセイどころではないだろうな。好きなバラのアウグスタルイーゼ秋バラを咲かせるのは本当に難しい。今年はまだキンモクセイが咲かない

  • 台風19号のあと

    きょうは、うそのような青空。しかも風もなく、30度の暑さ。台風の被害は、ほとんどなく、、停電や断水がなかったこともありがたい。朝起きてすぐにバラシャワーを。夫が、北東の風だから、海風はたぶんないよと言うものの、昨年の塩害の光景が忘れられず、とりあえずバラシャワー。そのあと、枝を確かめつつ、バラを結わえていたシュロ紐を取り除いた。枝折れも2本くらいですんだが、千曲川をはじめ、全国各地で被害が出ていることを思うと、バラどころではないだろうなと。家も車も泥水の浸水は、本当に大変だろう。雨上がりに、ミョウガがたくさん顔を出していた。今年は、ミョウガがよくとれる。今夜は、ラグビーがスコットランドにかつことを願って。台風19号のあと

  • 台風に備えてバラをゆわえる。

    どうも本当に大変な台風のようだ。静岡県直撃も考えられる。防風ネットはとてもできそうにないので、とにかくバラをゆわえた。ラ・マリエピンクパラダイス田毎の月150本あまり、結わえに結わえて、疲れたあ!やれてないのもあるけれど仕方ないか。予想される暴風雨の強さでは、何本もやられることは覚悟しなくては。停電や断水、家屋の損害がないことを祈って。しのぶれどの下にマリーゴールド台風に備えてバラをゆわえる。

  • 大型台風がやってくる!大変だ!

    きょうは、小学校の授業研究参観のため、バラへの台風対策は、明日やらなくては。ホームセンターにバラを縛るシュロ縄とついでに懐中電灯を買いに行ったところ、懐中電灯は、ほとんど売り切れ。夫の行った別のホームセンターでも売り切れ。みんな昨年の停電が懲りていて、早くに買ってしまったのだろう。平日でもたくさんの客だった。すでにいつもより強風なので、明日は頑張らなくては。2m近くなった青パパイヤの木も心配。花が咲きだしたから、実ができるのかどうか見てみたいのに、折れてしまうだろうか。青パパイヤの花きのうのミズヒキソウの花をよく見ると、実にかわいらしい。かわいすぎてカメラのピントが合わない。今が一番きれいなマリーゴールドも台風でやられてしまうのかな。とにかく昨年のようなバラへの塩害は、防ぎようがない。台風が大きく海の方へそれて...大型台風がやってくる!大変だ!

  • 今年最後かな、バラ消毒10回目

    今年で最後になるかな、バラ消毒10回目。台風の前に、消毒をやることにした。消毒は、サプロール、ダコニール、スミチオン。黒星病も出ていたが、むしろバラゾウムシや他の害虫に蕾や花が食べられている。しかし、やっと葉が回復してきたところに、近づいている大型台風で去年のような塩害が出てしまうのか、心配になる。明日から台風への備えをしなくては。枝やつるをしばったり、鉢を寄せたり、今回はかなり心配だ。やっと見つけた蛾の幼虫?!ペッシュボンボンの花を食い散らかしていた。今までこの犯人を見つけることができなかったが、初めて見て、確保!午前中の消毒が効いていない?!午後は、隣家に伸びていた木の枝を切る夫の手伝いをしながら、除草剤処理。あれっ、ミズヒキソウが咲いている。畑の隅に。気がつかなかったなあ。野草の趣が出ている。台風がひどく...今年最後かな、バラ消毒10回目

  • 秋バラを咲かせるのは、難しいなあ。

    剪定もして、活力剤や液肥や有機肥料をやっても、秋バラを咲かせることは難しいなあ。ポツポツと咲いてはいるけれど、賑やかに咲かせることは、今年もできないなあ。それでも咲いてくれた芳純うまく行った方かな。鉢植えのアフロディーテ2輪ホーム&ガーデンは、つるが伸びた枝先に花数は少ないが、相変わらずあざやかな赤のかわいいレッド・レオナルド・ダヴィンチ秋バラを咲かせるのは、難しいなあ。

  • 植えてよかったカリオプテリススターリングシルバー

    宿根草を植えるようになって、どれが土地に合うのか、なかなかわからないが、このカリオプテリスシルバースターリングは、今真っ盛り。1mくらいに育つそうだ。春に植えたが、今やっと咲いてきた。これは我が土地に合いそう。冬をうまく越せるだろうか。ジェームズギャルウェイが一輪秋バラをたくさん咲かせるのは難しいなあ。植えてよかったカリオプテリススターリングシルバー

  • 黒部ダムから室堂平へ紅葉を見に

    昨日、孫を東京へ送って言って行って、そのまま八ヶ岳の麓の週末住宅へ同行。孫は、日々成長していて、特に言葉の発達には驚かされる。スーパーへよろうとしたとき、「このスーパーはよく来るんだけど、最近おもちゃ買ってないんだよねえ。」作って食べるお菓子を買って、「これは結構むずかしいんだよねえ。」大人顔負けの言葉遣いは、笑えるが、聞き分けならないときの行動は、まだまだ年齢相応。そこがまたおもしろい。きょうは、娘夫婦に、黒部ダムから立山室堂平の紅葉に連れていってもらった。家から扇沢まで車で行き、扇沢から黒部駅まで6,1kmの関電トンネルを電気バスで16分。黒部ダムの放水や黒部湖を見ながら、黒部湖駅へ徒歩。ケーブルカーで黒部平まで5分。さらに、立山ロープーウェーで、大観峰へロープーウェーから見た紅葉さらに、立山トンネルをトロ...黒部ダムから室堂平へ紅葉を見に

  • 秋の寄せ植え教室と孫と動物園

    夏の花が終わりになってきて、庭の花や鉢の花が寂しくなってきた。いつもの寄せ植教室で、秋の鉢を作ることができた。グリーンアイスというグランドカバーローズを中心に、クランベリー、アルテナンテラ、カルーナ、アキランサス、バコパなどでまとめた。きょうは、孫と動物園に出かけたので、夜の教室に参加。孫は、2歳9ヶ月となり、ますますおしゃべりがおもしろい。きょうは、朝から「まずは、蒸気機関車を見に行って、それから動物園にいくんだよ。」と言う。「まずは」なんて、言葉はどこから覚えて来るのだろう。車の中で寝てしまったので、動物園だけにしたが、今の動物園は、「◯時からシロサイのエサやりです。」「△時から象の訓練が始まります。」「□時からペンギンのエサやりを行います。」などとアナウンスが入るので、それに合わせて見学。ペンギンのエサや...秋の寄せ植え教室と孫と動物園

  • 有島先生のバラ講座 後期 10月

    昨日、日本橋三越のカルチャーサロンで、有島先生のバラ講座の後期が始まった。今回は、「秋バラの開花後の冬を迎える準備について」①秋の開花後は、花がらで切り、葉を一枚でも多く残すこと②黒星病、ヨトウ虫、オオタバコガの幼虫、バラゾウムシの対策で殺菌剤、殺虫剤がもう一回くらい必要。冬には、樹皮の浮いているところに、アブラムシやハダニコナカイガラムシなどが越冬するので、浮いている樹皮をはがして、ブラシでこすり、石灰硫黄合剤をぬるのが最適。樹皮をはがしても、バラには影響ない。しかし、石灰硫黄合剤は、バラの適用外になっているので、マシン油などをぬって、翌年のためにもとから虫を絶つことが大事。③これからは、置肥はやらない。休眠させ、枝を充実させる。肥料が必要なら液肥で対応。弱っている株は、活力剤。特に一季咲きのバラには、肥料は...有島先生のバラ講座後期10月

  • 春の花の種が芽吹いた。

    春の花の種が早くも芽吹いた。今年蒔いた種は、ビオラ3色、カーペットビオラ、忘れな草2色、スカビオサ、アグロステンマ、キンセンカ、ガイラルディア、チェイランサス、ギリア、シレネ、リナムブルードレス、アリッサム、花菱草。いずれも一年草。去年まかなかったのは、アグロステンマとガイラルディア。ビオラと忘れな草を残して、ほとんどの芽が出ている。きょうの蒸し暑さでは、せっかく出た芽が溶けてしまうかもしれないので、まだ、北側の種置き場の中に。きょうのバラは、きのうのピースが開いてノヴァーリスが咲きだして春は、太い枝が枯れてはなが見られなかったドンファンあしたは、有島先生のバラ講座、久しぶりに孫にも会える。春の花の種が芽吹いた。

  • 我が家のバラ図鑑 フォトブック5冊

    今年のバラで、我が家のバラ図鑑をフォトブックで作ってみた。5冊が届いた。なかなかいいフォトブックができたと、何回もめくっては見ている私の横で、夫は、孫のフォトブックの方がいいと。私は、ながめては、春は、惚れ惚れする花が咲いたと自己満足。きょうのバラはピースそしてプチトリアノン我が家のバラ図鑑フォトブック5冊

  • 米ぬかを入れた堆肥が発酵しだした。

    落ち葉や生け垣刈りのまきの木の葉や草に米ぬかを入れた堆肥置き場。かぶせたシートが熱を持っていて、発酵しだしたようだ。こんなに早く発酵するとは。まだ3日目。もう少ししたらかき回さなければならない。馬糞が乾いたら、これに混ぜて、3、4ヶ月はかかるだろうか。1月、2月の寒肥には間に合わないかも。でもどんな堆肥になるのか楽しみだ。春のようなバラではないが、少しずつ咲き始めた。手前のマチルダやバーガンジーアイスバーグがよく咲いて。鉢植えの杏奈ニューウェーブ米ぬかを入れた堆肥が発酵しだした。

  • 馬糞をくれた方は、獣医さん

    馬糞をくれた方は、遠縁とはいえ、鈴木梅太郎さんから代替わりをしているので、なぜあんなに病気の馬や年老いた馬の世話をしているのかわからなかった。いくら馬好きでも、毎日の世話は大変だろうと思われる。元県職の獣医さんだった。獣医さんでも、年老いた馬を預かって最後までめんどうをみるのは、なかなかできることではないと思う。その馬糞をいただいたので、うまく堆肥ができればいいな。しかし、かわかしている馬糞は臭うので、近所迷惑にならなければいいのだが。消費税が上がるので、堆肥を自前で作れると助かるかなあ。きょうのバラアシュラムが輝いて咲いている。メルヘンツァウバーが一輪。ダム・ドゥ・シュノンソーが咲き始めて。馬糞をくれた方は、獣医さん

  • 馬糞をもらってきて馬糞堆肥づくり

    これまでバラには、安価な牛ふんを使うことが多かったが、塩分がよくないので、できれば馬糞の方がいいということを有島先生からうかがった。バラ友さんたちも皆さん馬糞堆肥を使われているとのこと。堆肥やら有機肥料やら消毒液やらバラには、費用がかさむとこぼしたところ、広い庭にたくさんのバラを育てているのだったら、堆肥も自分で作られたらいいと言われ、いよいよそうすることにした。まずは、草や落ち葉の堆肥づくりにとりかかった。きょう、草や落ち葉などの中に、ただで手に入れた米ぬかを入れ、発酵させることにした。新米の季節で、無人の精米機に、たくさんの米ぬかが出ていた。馬糞堆肥も、馬糞さえあればと思っていたら、きょう、その馬糞を夫がもらってきてくれた。隣町の夫の遠縁にあたる方で、ビタミンB1を発見した鈴木梅太郎博士の実家でもある。馬が...馬糞をもらってきて馬糞堆肥づくり

  • 春の花の種まき

    これから先、真夏日になることはないだろうから、やっと春の花の種まきをした。昨年は、発芽とその後の生長がうまく行き、たくさんの苗を作ることができたので、今年もうまくできるといいな。秋のバラが咲き始めている。夏をうまく越せたと思ったら、夏の終わりに葉が落ちてしまったので、剪定が浅くなってしまった。つるバラは、もっと剪定してもよかったな。来年の課題。鉢植えの杏奈が、きれいに咲いて。ラ・マリエは、たくさん咲きだして。プリンセス・ドゥ・モナコも。花は春より小さいが。春の花の種まき

  • やっと終わった生け垣刈のあとは、バラ開花

    延べ6日くらいかけて、マキの木の生け垣刈が終わったあ!家の周りがやっと気持ちよくなった。その間に、バラが開花し始めている。鉢植えのマイローズ。赤らしい赤色がかわいく、存在感あり。挿し木で育てだエルが、きれいに咲きだした。バーガンジーアイスバーグが春と同じように。彼岸花の赤も真っ盛り。昨日の暑さが和らいだので、空気もすんでいる。やっと終わった生け垣刈のあとは、バラ開花

  • 生長がゆっくりかなクリスティアーナ

    台風の影響で雨の予報だったが、朝は、蒸し暑い空気とじりじり太陽が。洗濯物を干したと思ったら、ザーッと雨が来て、またやんで・・・生け垣刈りもできないので、映画に行くことにした。実話に基づく映画で、アフリカマラウイのある部族の14歳の少年が、家族と村のために独学で風力発電をおこす。原作がすでに日本でも出版されていたらしい。アフリカでも最貧国のマラウイの様子も垣間見ることができた。夕方帰ってきたら、クリスティアーナが一輪こちらを向いていた。生長がゆっくりらしく、植えたばかりの今年はあまりよい花が見られなかった。枝が伸びてきたので、来春は、たくさん咲くことを期待。マラウイの土地とはあまりにも違う日本の緑。ありがたい。生長がゆっくりかなクリスティアーナ

  • 浜名湖アートクラフトフェアとシルクロードミュージアム

    きのう、生け垣のマキの木の剪定をがんばったので、きょうは、遊びの日。浜名湖ガーデンパークで行われる浜名湖アートクラフトフェアに出かけた。毎年開かれて出展作家は、330人。大規模なクラフト展で、全国各地から作家さんが来て店を出している。毎年出かけるが、少しずつ違った作家の店があった。私のお目当ては、ブローチ。安くて使いやすいいつもの三重県の作家さんのところへ。今年も2つ購入。夫は、湯飲み茶碗と去年はなかったスピーカーを購入。特に、スピーカーは、スマホを差し込めば、スマホでは聞こえない音がはっきり聞こえて、かなりのお気に入り。作家さんの薦め方もうまい!確かに、小型にもかかわらず、私にもわかるよい音が聞こえてきた。それなりの値段のことはあるが、夫はとてもうれしそうだった。そのあと、前から夫が行きたかったシルクロードミ...浜名湖アートクラフトフェアとシルクロードミュージアム

  • 新苗育てのヘンリーフォンダ

    新苗から育てたヘンリーフォンダが、真黄色の花をさかせた。黄色のバラを愛したヘンリーフォンダに捧げたバラらしい。とてもあざやかだ。10月に地植えにしようと思う。たくさん咲いたらさらに鮮やかになるだろうか。きょうは、涼しく雨もなかったので、生け垣マキの木の剪定の続きをやった。電動トリマーで剪定するのは、きれいになるのでおもしろいが、後の片付けに時間がかかる。あと4分の1残った。もう少し。床屋や美容院に行ったあとのようだ。新苗育てのヘンリーフォンダ

  • 有機肥料をやり終えたら、まだ油断ならぬゴマダラカミキリ

    ずいぶん過ごしやすくなって、作業もやりやすくなった。夕方からは、元同僚たちとの集まりがあるので、急いで残りの有機肥料をやり終え、まきの木も切らなくちゃ。白い彼岸花が咲いている。やっぱりお彼岸だ。秋が来た。午前中3時間、午後1時間半かかって、やっと有機肥料をやり終えた。全部やり終えると、ほっとしてうれしくなる。たくさん咲いてくれるかなあ。そして、まだまだ油断ならぬゴマダラカミキリの幼虫。またかじっている。木くずが出ている。どれだけやっつければいいのかな。穴に向けて、ゴマダラカミキリ退治用のスプレーを吹き付け、そのあと、ゴキブリジェットを吹き付けた。ゴマダラカミキリは、どれだけ卵を産み付けているのだろう。当分毎日の見回りが欠かせない。そんな中、あれっ?ミョウガができてるじゃない。花壇の隅にあって、なかなかできないの...有機肥料をやり終えたら、まだ油断ならぬゴマダラカミキリ

  • ワールドカップバレーボール観戦

    開催中のワールドカップバレーボール大会を観戦。浜松アリーナでのアメリカ対ブラジルの試合を見に行った。テレビでのスポーツは、よく見るが、実際に見ることは、2回目くらい。始まりの時観戦して、試合の中身よりも、試合を盛り上げるための大音響の音楽といい、アナウンスといい、スティックバルーンを使った応援や踊りといい、そちらの方が面白かった。それで、テレビでは、ジャニーズ系がきゃあきゃあやるのかと。確かに、自然にリズムにのってしまうなあ。チームによって、控えの選手の様子も違っていた。アメリカチームは、点が入ると、控えの人たちで踊っている明るさ。それを見ているのも面白かった。これから始まるラグビーも見に行ったら、おもしろいだろうな。ただ、選手の表情は、テレビの方がよくわかる。ワールドカップバレーボール観戦

  • 雨の合間にバラに有機肥料を

    きょうは、天気予報どおりの雨の1日で、涼しかった。雨が降ったりやんだりなので、有機肥料をすき込むにはちょうどよかった。草取りをしながら、すきこんでいく。時々雨が強まるので、きょうは、半分まで。草取りと肥料すきこみのために、下ばかり見ていたら、いい香りがしてきた。えっ、また咲いた?ニオイバンマツリ。いい匂い。お彼岸を知らせてくれる彼岸花も、ちゃんと出ていた。不思議な花。あんなに暑い日が続いたのに、毎年お彼岸には、必ず咲く。昨日までの暑さが嘘のような涼しさでありがたかった。雨の合間にバラに有機肥料を

  • 6週間ぶりのバラ消毒9回目

    この夏の暑さといろいろな用事で、バラ消毒ができなかった。そのため、黒星病がたくさん出てしまった。新芽も葉も何かにやられている。葉が少なくなってしまった株も多い。明日から気温が下がり、雨も降るらしいので、夕方5時から消毒に取りかかった。薬は、ダントツ、スミチオン、ラリー。ダントツは、ベニカと同じと聞いたので、農業資材を売っている店で買ってきた。葉も少ない分、薬剤は、前回より少なくてすんだが、黒星病は、広がっているので、秋の花は少ないだろうな。あしたは、有機肥料をすきこもう。ラ・マリエが咲きだした。蕾もたくさんついている。6週間ぶりのバラ消毒9回目

  • 我が家のバラ図鑑のフォトブックづくり

    真夏に戻ったような暑さで、庭に出る気もなく、今年の春のバラの写真のフォトブックづくりの1日にした。写真を撮りためておいたが、これまでのブログを見ながら名前を確認して、やっと2冊。2歳8ヶ月の孫の成長記録もフォトブックで4冊、我が家の庭で3冊つくったが、なかなかいいものだ。ネットの時代が、こんなにも楽に楽しませてくれる。バラ図鑑は、4、5冊くらいになりそうかな。あれほど気をつけて毎日見ているのに、とうとうスパニッシュビューティの1枝が、ゴマダラカミキリの幼虫にやられてしまった。根元の枝は、まっ茶色。見ていたはずなのに、いつの間にか、こんなになっていた。上までしっかり伸びていた枝なので、がっかり。残りは2枝しかない。残りの枝は、今のところ何とか生きていそう。来年のバラ図鑑から、スパニッシュビューティが、なくならない...我が家のバラ図鑑のフォトブックづくり

  • 秋に向けて2回目の活力剤と液肥

    今年は少し秋への肥料やりが遅れてしまっているかな。急いで2回目の活力剤と液肥やり。午後は、用事があったので、よけい急いだ。急いでやったので、勢いよく伸びているラベンダーラッシーのつるに顔がひっかかり、鼻の頭に大きな切り傷をつくってしまった。よりによって、鼻の頭の真ん中に。あ~あ、目立つなあ。でもなんとか2回目の肥料をやり終えた。今年迎えた鉢植えのジュリアの花が一輪咲いていた。初めて見る花だが、本当は一重ではないような。アメジストセージの季節になってきた。ほっておいても毎年どんどん大きな株になる。秋の色秋に向けて2回目の活力剤と液肥

  • クリスマスローズに蕾?

    昨夜は、寒さを感じたくらい涼しくなった。しかし、昼間はまだ暑くて、バラの葉もなんとなく元気がないように見える。そんな中、なんと、鉢植えのクリスマスローズに、蕾がついていた。早すぎない?早咲きのクリスマスローズだけど、こんなに早く蕾が出たのは、初めて。咲くのかなあ?きょうは、美味しいブドウを買いに静岡市内へ。毎年、ブドウの季節には、山梨県南アルプス市の白根出荷組合の果物直売所で買うのを楽しみにしていた。八ヶ岳の麓に行くたびに、身延町の直売所へ寄って買っていたが、静岡市内に同じ直売所があることを初めて知った。新鮮でとても美味しくて、値段も高すぎず。3房で1500円のお得巨峰シャインマスカットと初めて食べる赤いシャインコトピーやっぱりおいしかった。わざわざ出かける価値はあった。クリスマスローズに蕾?

  • 涼しさと共に生け垣刈り

    きょうは、涼しかった。ありがたかったあ。朝早くから、隣の家の生け垣を刈っているハサミの音が聞こえてきて目が覚めた。その隣の家では、草刈りの音。涼しさと共に、朝から作業が始まっている。それではと、私も生け垣刈りを。我が家のまきの木の生け垣は、全部を合わせると、130メートルほどになる。1日ではやりきれず、少しずつやらなければ、体がもたない。午前中は、草刈り、午後から5時間かけて、一角の生け垣刈りを終えた。それでも4分の1かなあ。疲れたあ!癒してくれたのは、パレード。大きく一輪。春に元気のなかったエル涼しさと共に生け垣刈り

カテゴリー一覧
商用