searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

波木星龍さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
波木星龍「この一言で救われる」
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/namikiseiryu/
ブログ紹介文
ホロスコープ、易占、人相、四柱推命などの興味深い実例多数。 独創的研究と毎日の本格的占いブログ。
更新頻度(1年)

362回 / 365日(平均6.9回/週)

ブログ村参加:2018/03/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、波木星龍さんの読者になりませんか?

ハンドル名
波木星龍さん
ブログタイトル
波木星龍「この一言で救われる」
更新頻度
362回 / 365日(平均6.9回/週)
読者になる
波木星龍「この一言で救われる」

波木星龍さんの新着記事

1件〜30件

  • ご当地アイドル“てぃんく♪”17歳の七瀬雪乃氏が不可解な死。

    今年の7月にステージデビューした新加入メンバー七瀬雪乃氏が“事故死”と説明され昨日公表その顔貌を観ると、眼が極端に大きく“夢”と“幻想”を追い求めて生きていく人。眼の光彩分が極端に薄く、強い生命力とは言えません。ホロスコープでは180度、150度、90度と圧倒的に

  • 2021年12月であれば結婚可能“アホの坂田”こと坂田利夫氏。

    岡村隆史氏の“結婚”に「ワシはまだ結婚あきらめてへん」と79歳ながら吠える坂田利夫氏。そこで占星学的な観点から見て観ると、2021年12月であれば“結婚可能な惑星配置”となり、「80歳で奇跡の結婚」を可能にします。元々彼の場合、金星と土星・天王星が180度位置で通常の

  • 私の予言通り2020年10月に結婚した“アローン会”岡村隆史氏。

    私は2019年3月配信ココロニ「恋占ニュース」で“アローン会”メンバー岡村隆史氏について占星学的な角度から恋愛・結婚について取り上げ、2020年10月や2022年6月も結婚条件が整っている時期として予告していました。その10月10日に入籍したというのですから、見事占星学的予

  • 21年の年始から“大活躍”惑星配置となる女優・中条あゆみ氏。

    11月13日公開の「水上のフライト」で、プロ顔負けの“パドル捌き”を見せたと評判の中条氏運動センスは武井壮氏クラスとの評価も。その四柱命式は月支蔵干「印綬」で月干「正官」“エリートコース型”の人生。ただ月干「壬」は日干「丁」年干「丁」で“夫を奪い合う形”で、

  • 映画監督2作目「十二単衣を着た悪魔」を完成させた黒木瞳氏。

    いつの間にか“女優”から“監督業”に転身していた黒木瞳氏。11月6日公開作品の完成報告会。内館牧子小説に惚れ込んでの映画化。現代のフリーター青年が源氏の世界にタイムスリップ。黒木氏の四柱命式の“年干支”が、そのまま今年の年干支「庚子」と同一。運気的に“偏財運

  • 150度アスペクトが「死」を促したか津野米咲氏(29)の自殺。

    ガールズバンド「赤い公演」のリーダーで作詞・作曲・プロデュースも手掛ける人物の自殺。四柱推命式は「七殺」が強くて、常に“怯える子羊”と“姉御肌”的な性質が葛藤している人生。ホロスコープでは太陽に天王星が90度で自ら“孤高”を択ぶような世の中を“斜に視る”ク

  • 女優として理想的“金星と海王星の120度”を持つ福田麻貴氏。

    芸人「3時のヒロイン」リーダーですが、TBS「危険なビーナス」に女優でレギュラー出演。その四柱推命式は「戊戌」日生れで「比肩」が極端に強くて、“従旺格“”に近い干支構成ですしたがって本来は“グループ型”ではなく“ピン”で活動するタイプ。今後は独自の活動が増え

  • 昨年8月“脳腫瘍”摘出で視力失った“あかぎ団”の加藤さやか氏。

    今年1月から盲目のままステージ復帰、9月は草津温泉を旅するロケも慣行ご当地アイドル。その四柱命式は“食・財”が強く、本来は行動派でサービス精神が旺盛。来年は才能発揮する“好機”が到来。ホロスコープでは金星と海王星とが135度で芸能活動が向くタイプ。同時に金星は

  • 「CanCan」専属モデル6年半から卒業の特集14頁の堀田茜氏。

    今年9月には事務所も移籍、モデルから女優への切り替えが本格化。その顔貌は鼻柱が長くて眉が濃く長く、古風な人生観の持ち主。また鼻柱の途中突き出ているのは我が強く、女王様気質の持ち主。四柱命式は月支蔵干・月干・年干に「正財・正官・印綬」揃って“王道を歩む”運命

  • “グランドクロス”で元アイドル&自民党職員の草なぎ真帆氏。

    元は地下アイドルとして活躍。現在は自民党の総裁・幹事長室付き事務職員、草なぎ真帆氏。新卒で正規ルートで事務職としての採用。その四柱命式は日支蔵干「正官」でエリート男性に縁ある形。年干・月干に「劫財」並んで“趣味的仕事”に縁ある形。事務職だが経理は苦手か⁉

  • 菊池寛賞に続きエッセイで“ギネス世界一”受賞の林真理子氏。

    今年は“女性初”の「日本文藝家協会理事長」就任や、先日は“菊池寛賞”も得、今度は週刊文春の“長寿エッセイ”での受賞です。今や国民的な大御所作家。四柱推命式は「丁亥」日生れで日支蔵干「壬」と“干合”する幸運な生れ日。良い編集者に恵まれている形。ホロスコープ

  • PCR検査は陰性ながら肺炎入院となったスッキリ加藤浩次氏。

    先天運“独立型”とは言い難いだけに、個人事務所を持ったことはマイナス面大きい可能性も。四柱命式では「印綬」が強く、本来は目上の恩恵を得て出世するタイプ。ホロスコープでは土星のアスペクトが多く義務感や責任感は強いが、或る種トラウマを抱えて生きていく人物。ト

  • “ステージ4大腸がん”13日にNHK野球解説をする大島康徳氏。

    再びNHKBSで「現場」復帰できる喜びを報告した元日ハム監督で野球解説者の大島康徳氏。現役時代には“ホームラン王”も獲得したことのある大島氏ですが「がん」から奇跡の復活。四柱命式では「甲」日生れで、今年は「七殺」年です。“がん”にも負けないホロスコープは「おと

  • 『苦しい時は電話して』の表紙に電話番号を記す坂口恭平氏。

    作家・音楽家・画家・建築家と多彩な“顔”を持つ著書。十年間「死にたい人」向け電話相談。過去に“躁うつ病”の診断を受け、その経験を基に、どうすれば良いかの対処法をアドバイス。四柱命式は月支蔵干「比肩」で意志の強い孤独型。年干「正財」月干「傷官」で才能発揮。

  • ピスタチオの小澤慎一朗氏と女優の吉川莉早氏とが結婚報告。

    30代の男女が、昨年夏の舞台共演後から本格交際を初めて、一年余りで結婚する理想の形。吉川氏の命式は「比肩」と「七殺」とが共に強くて“葛藤型”。小澤氏の命式は「梟神(偏印)」強くて“理想追求型”。ホロスコープで吉川氏はトランジット冥王星が出生時の金星に180度。小

  • 清掃員バイトしながら「週刊大衆」66歳ヌード津山登志子氏。

    1996年に角川博氏と離婚しシングルマザー。1999年と2001年に“ヘアヌード写真集”刊行。2019年と2020年「週刊大衆」で再びヌードグラビア。清掃員のアルバイトしながら女優業。娘の夫を提訴し、自殺未遂。双極性障害で3年間入院。その四柱命式は月支蔵干「梟神」で母・娘が対

  • ローカルでの深夜TVドラマの“ヒロイン女優”だった土村芳氏。

    10月9日から一般公開「本気のしるし」が2020カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション作品に選出され、一躍“国際派女優”となりそうな気配。その四柱命式は日干「庚」で月支が「子」と今年の干支を供えて“飛躍”のチャンス。ホロスコープは水星と天王星が0度一体化。独自

  • 番組最終回に“三度目の結婚”を明かした関テレ村西利恵アナ。

    過去“二度の離婚歴”を持つ40歳の“釣り好き”美女アナ。「マルコポロリ」で堂々の結婚宣言。その四柱命式は年干・年支蔵干とも「比肩」出現で“我が道を行く”タイプの典型。月支蔵干が「正官」で“王道”が用意されている人生。ホロスコープでは月のアスペクトが多く、惑

  • “78歳迄ローン”でも大丈夫⁉「強運」かまいたち山内健司氏。

    新冠番組で、“競馬で1000万儲けた”話、“78歳までのローン”で新居購入した話を暴露されたかまいたち山内健司氏。運勢的には「強運」な生まれ。四柱命式では「偏財」と「正官」強く“ギャンブル的商売”で成功を招きやすい形。お金の出入り激しく、大きく使えば入ってくる

  • ヨーロッパ各地で個展“揺らぎ”追求する写真家の四方花林氏。

    宝塚で「ひなたの花梨」名で5年間活躍。自ら退団、プロ写真家となりベルリン拠点に活動。9月に南青山で開催のアートフェスティバルにも参加。4歳から油絵描いていた多彩な才能。そのホロスコープは「やぎ座」に5つの惑星が集中する“超個性派”。特に太陽と水星と土星3星が0

  • 感染症の星=ドラゴンヘッドに死す。デザイナー高田賢三氏。

    「KENZO」ブランド創業者であるフランス在住のデザイナー高田賢三氏が“新型コロナ”死。その四柱命式は月支蔵干「劫財」で、趣味や愉しみを仕事にすべき人。今年は“支害”の年。ホロスコープは水星のアスペクト多く才能豊かな人。現在トランジットの冥王星は出生時の海王星

  • 新たな決意で“2021年12月“なら結婚も可能な石田ゆり子氏。

    10月3日に自ら51歳の誕生日を報告し「あきらめずに噛みしめ生きていきたい」とコメント。四柱命式は「比肩」が強く“孤独型”で、日支蔵干「傷官」あって、男性で傷つきやすい人生。けれど来年のホロスコープは大いなるチャンス到来を予感させます。トランジット冥王星が出生

  • 今田耕司氏“結婚”の微かな望みがある有沢雪氏との11月中旬。

    今年の春に今田耕司氏が結婚相手として熱望した有沢雪氏ですが、相性的には可能かも⁉四柱命式では今田氏の日干支「辛未」が、有沢氏の“年干支”として存在。血縁間で多い形。有沢氏の日干「乙」で今年の年干「庚」とは“干合”で結婚可能年。今田氏の方は“支害”運。結婚

  • 挙式・披露宴は12月半ばが占星学的には理想の石原さとみ氏。

    一般男性との結婚が決まったと直筆で公表しましたが、挙式・披露宴はまだ未定のようです。その顔貌は鼻が長く“古風な人生観”、口唇は上下とも厚く情愛深い性質。また眼の光彩部分が大きく“協調性豊か”なのが特徴で離婚しないタイプです。現在トランジットの木星は出生時

  • 俳優の仕事に限界、結婚し新たな分野にチャレンジ柳下大氏。

    2006年から14年間の俳優業にピリオド。一般女性と結婚して“新たな分野”を目指す柳下氏。運勢的に四柱命式では「傷官」運の年。仕事上トラブル発生しやすい年。“支合”の年で結婚には相応しい。ただ「劫財」強いので経済的安定欠くと亀裂が生じやすい傾向。ホロスコープで

  • 46歳芸人・上田浩二郎氏と35歳タレント・原アンナ氏が結婚。

    同じ事務所に所属する二人が9月29日そろって“結婚”を報告。原氏は八頭身の美人タレント。原氏の日干と上田氏の月干が“干合”。お二人の日支が“支合”で相性の良いカップル。さらにホロスコープでは2人の月と月が180度、太陽とドラゴンヘッドが120度、太陽と月が120度太陽

  • 5度目の結婚記念日に不妊治療で“双子妊娠”報告の大山加奈氏。

    元女子バレー日本代表ですが「夢にまで見た妊娠」と大喜びです。その顔貌を観ると「人中」(鼻下の溝)クッキリですが、下瞼には“左右で違い”があるので、多少、副腎ホルモンに異常が潜在している可能性があります。四柱命式には「梟神(偏印)」表出していないので、出産後に

  • ジャンプ連載の単行本『呪術廻戦』850万部突破の芥見下々氏。

    10月2日の13巻発売で累計850万部以上となり、同時にその日から“TVアニメ”も開始の予定。「芥見下々」という珍しいペンネーム。まだ若く28歳の男性漫画家。その四柱命式は日干支「壬申」年干支「壬申」月干支「壬寅」で「壬」のみが並ぶ“超個性派”で独立独歩型の人生。水

  • “結婚・小説刊行・キングオブコント優勝”絶好調の福徳秀介氏。

    決勝4回目でジャルジャル悲願達成。加えて結婚と小説本出版と公私とも充実の福徳秀介氏。四柱命式は“庚年”「偏財」運、“子年”「正官」運強められる年。合わせて才能&財運&名誉を一挙に開花させる年。ホロスコープも、トランジット冥王星が出生時の水星と120度で潜在的

  • 元アイドルで現在は女優の桑江咲菜(旧名・朝倉咲)氏が結婚。

    4年交際の一般男性と9月25日に入籍。四柱推命式を観ると、今年の干支「庚子」の「庚」と月干「乙」が“干合”し、年支「申」が“三合”し、結婚に相応しい反面、日支「午」と“支冲”で結婚後、すれ違いなど生じやすい形。ホロスコープでは元々金星が木星と120度で結婚後の方

カテゴリー一覧
商用