searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

カリスマ指導法さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法
ブログURL
http://shounenn-soccer.seesaa.net/
ブログ紹介文
少年サッカープロコーチの指導ブログです。
更新頻度(1年)

34回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2018/02/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、カリスマ指導法さんの読者になりませんか?

ハンドル名
カリスマ指導法さん
ブログタイトル
少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法
更新頻度
34回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法

カリスマ指導法さんの新着記事

1件〜30件

  • 言語化できなければ偶然の成功でしかない。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 言語化できなければ偶然の成功でしかない。 成功するということは、その過程を知っているということになる。 別の表現をすると、自分の成功を言語化できるということである。 言語化できれば、同じ行動をすることができる。 それを繰り返すことで、何度でも同じ結果が 出るという再現…

  • 良いお手本を真似することの重要性

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 良いお手本を真似することの重要性 今日はキックがうまい選手の動画を撮る機会があった。 やはりうまい選手というのは、全然違うなと思う。 もともとセンスがあって上手な選手もいるし、 努力を積み重ねてうまくなった選手もいる。 うまい選手というのは、姿勢が良くてエレガントで…

  • あと一歩進んだ先にある成功

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> あと一歩進んだ先にある成功 サッカーをやめようと思っている子供に毎回言うことがある。 「もう一歩進めば、できないことができるようになると思うよ。」 花に例えてみよう。 土を耕し、種をまき、水をやり、肥料をやって ようやく芽が出て茎が成長してあと少しで花が咲くという…

  • マラドーナ氏母国 泣き崩れる?!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> サッカーの神様 マラドーナ氏母国 泣き崩れる?! 2020年11月25日 ディエゴ・アルマンド・マラドーナ(Diego Maradona)氏が、 心臓発作のため60歳で死去し、母国アルゼンチンでは, 「神に最も近い人間」と思われた英雄の死に衝撃が走っている。

  • 習慣は才能を超える

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 習慣は才能を超える 何事も継続することは簡単ではない。 好きなことも継続していくと必ず飽きてしまったり、 苦痛に感じる時期もあるだろう。 今始めたことは、すぐには成果がでない。 頑張っても頑張っても成果がでない。 多くの人は、成果が出ないことでやめてしまう。 よくあ…

  • 成長を求めるなら心地良い環境を脱出しよう!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 成長を求めるなら心地良い環境を脱出しよう! 「コンフォートゾーン」 聞いたことある方もたくさんいるだろう。 今自分が「心地良い」と思う領域である。 多くの人はこの領域から出ようとしない。 なぜなら、安全領域だからだ。 しかし、成長を求めるならば、この領域を出て …

  • ベテランの魅力

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> ベテランの魅力 ベテランというのは、なんとも言えない魅力がある。 サッカーで言えば、運動量は少ないのに、 効果的な動き、プレーの質で見ている人を納得させてしまう。 若い選手が同じことをしても、 なぜか違うプレーになってしまう。 目には見えないが、明らかに違いがある。…

  • 自立できれば他人には優しくできる。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 自立できれば他人には優しくできる。 福沢諭吉の学問のすすめを読んだ。 これは、一言でいうと「自立せよ!」ということになると思う。 実生活おいて、経済的、精神的に自立した人間になるために、 学びましょうということである。 家柄や育った環境に関係なく、人は皆平等である…

  • 子供がうまくならない原因はあなたです。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 子供がうまくならない原因はあなたです。 うちの息子シュートが入らないんです! 蹴り方が悪いんですかね? もう2年もやっているんですが・・・。 お母さんが力説してきた。 なんか違和感があったのである。 子供の表情が暗い。 子供に聞いてみた。 「お父さんとお母さんに教え…

  • 習慣の威力 1日1回からやればいい

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 習慣の威力 1日1回からやればいい 何か目標を決めて達成しようとするときに 多くの人は、いきなり大きなことをしようとする。 野球で例えるならば、 初心者にも関わらず、いきなりホームランを狙おうと するのだ。 これこそが、多くの人が漠然とイメージする成功の イメージではな…

  • 日常生活における感性こそが全てではないか?

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 日常生活における感性こそが全てではないか? 初めてスクールの体験に来た親と話してこれは厳しいなと思うことがある。 「親の感性についてである。」 スクールやサッカーの練習というのは、 1時間から長くても3,4時間であると思うが、 正直スクールの1時間で、子供を変えていくとい…

  • 1番になる経験をすることのメリット

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法 1番になる経験をすることのメリット 最近の教育の風潮を観ていると、 競争をさせない。過度な結果を求めない風潮がある。 競争することのデメリットは、 人間性に優劣がつき、人格まで否定されてしまうことだろうか。 考え方の部分が重要でどのように 受け止めていくかによっても今後の展開は変…

  • 少子化について思うこと。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法

  • 人は環境に染まりなれる生き物である。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 人は環境に染まりなれる生き物である。 私が教えていて一番気になってしまうのが、 「繊細な子」である。 ちょっと叱られると萎縮してしまう子である。 最近の子は叱られて育っていないという風潮がある。 実際のところは、家庭環境や地域性によって多少の差は あるだろう。 往…

  • 覚悟はもってるのか?!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法 覚悟はもってるのか?! うまいけど、ここ一番で結果の出せない子がいる。 「なぜなのだろうか?」 本質的に覚悟が決まっていないのだ。 子供に覚悟もなにもないと思うかもしれない。 しかし、そんなことはないのだ。 実際試合になれば、子供といえど、 プレッシャーはかかるし、勝負の瞬間は…

  • プレーについてこどもと対話していますか?

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> プレーについてこどもと対話していますか? 日本の指導現場で、試合中に子供と対話している 指導者を見たことがない。 最近は褒める指導者は増えてきたが、 対話している指導者は見受けられない。 海外のチームだと、指導者と選手が 1つのプレーについて対話しているシーンを目にする…

  • フェアプレー魅せつけられるのは日本人だけなんじゃないか。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> フェアプレー魅せつけられるのは日本人だけなんじゃないか。 日本人は規律があり勤勉である。というのが、 外国人監督が日本人にする評価である。 「マリーシア」という言葉があるが、 日本語にすると一般的には「ずる賢さ」という 言葉で表現されることが多い。 この「マリーシア」…

  • どんな考え方で練習しているのかが大切!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> どんな考え方で練習しているのかが大切! 同じ練習をしていても、 目的意識をもっているかいないかで 練習の成果は変わっていく。 冷静に考えれば、当たり前の話であるが、 指導現場に立って教えていると 思考停止したままただただ無目的に 体を動かしているケースが多い。 なに…

  • 上手≦好き 好きな奴にはかなわない。 

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法 好きこそものの上手なれ。 へたくそでもそれが好きである人にはかなわない。 最近それを切に感じている。 好きというのはそれだけで才能だと思う。 なぜなら、好きというだけで、それに対する エネルギーが違う。 そして、好きだと継続できるのである。 へたくそでも高いモチベーションで継続…

  • サッカーと日常生活はイコールである。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> サッカーと日常生活はイコールである。 こどもを教えていていつも思うこと。 気づきのレベルを上げてほしい。 サッカーがうまいとか下手の前の根本的なベースとして さまざまなことに気づきを得れるようななってほしい。 本質的に感度が高い子もいるが、 そういういう子は、普段…

  • 日本サッカーの「型」を作りたい

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法 日本サッカーの「型」を作りたい なんのこと?と思った方も多いだろう。 サッカーの歴史がある国は、それぞれの国のスタイルがある。 ブラジル=個人技 スペイン=組織 わかりやすくいうとこんな感じだろう。 端的に言うと、サッカー強豪国は、 国の「型」があるのだ。 日本の型はある…

  • サッカーよりもまずは人間力を磨け!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> サッカーよりもまずは人間力を磨け! サッカーの指導者はサッカーの専門性が必要である。 確かにそれは間違いないことであるが、 サッカーの専門性だけあればよいかというとそういう ことでもない。 サッカーを教える人もサッカーを学ぶ人も「人間」なのだ。 そこには、「心」があり…

  • 成功に近道はない。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法 成功に近道はない。 遠回りこそが一番の近道である。 と言っている人もいる。 これは物事の本質ではないかと思う。 何をするにしても1、2日で身につくものはない。 近年、ソーシャルネットワークの発展により、 自分の願いや思いが簡単に手に入る環境がある。 これは文明の利器で素…

  • 元日本代表選手だから指導も上手とは限らない。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 元日本代表選手だから指導も上手とは限らない。 職業柄、元サッカー選手や著名人の子供の指導を見る機会がある。 率直に言おうと思う。 「指導になっているとは思えない。」 これは否定したくて言っているのではなく、 率直な感想である。 元サッカー選手の指導の価値とは なんなの…

  • サッカーを上から見てみよう。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> サッカーを上から見てみよう。 あまり動いていないのにとてもうまい選手というのがいる。 なぜなのか? その一方でがむしゃらに動いているのに あまり活躍できない選手がいる。 なぜなのか? 理由は1つではないが、 良い選手というのは、 上から見た「視点」をもっている。 サ…

  • サッカーの力!!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> コロナの影響でサッカー界も動きが止まっているが、 徐々に活動再開しているチームやリーグもある。 サッカーというのは、色々な魅力と側面がある。 欧州においては、政治や外交にまでを影響を及ぼしている。 言いたいことはシンプルである。 サッカーというスポーツは影響力があるのだ…

  • 良いものは1日ではできない。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 変化変容の時代。 スピードの時代。 あらゆることがものすごいスピードで 変わっていく。 メリットデメリットはそれぞれあるだろう。 人間の成長、子供の成長、選手の成長 これらにショートカットはない。 レベル1の子が明日いきなりレベル10になることはない。 必ず2~9の段…

  • 最終決断は自分でする!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 最終決断は自分でする! 毎回練習後に質問をしてくる子がいる。 この積極性はとても良いと感じているが、 質問の内容が気になっている。 質問:「今日はどうでしたか?」 コーチ:「君は自分でどう思う?」 子供:「・・・。」 子供なので仕方ないかなと思う部分はあるが、…

  • 自分と向き合う時間を作ろう

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 自分と向き合う時間を作ろう。 これはサッカーに限らずすべてに言えることだろう。 日々の練習に明け暮れていると、 どうしても、目に見えるものや他人と比較してしまう。 しかし、大切なことは自分軸を持つこと。 成長する上で、人と自分を比較することに意味はない。 しかし、…

  • サッカーと言霊の関係

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> サッカーと言霊の関係 サッカーの試合中のピッチで試合を見たことが あるだろうか。 サッカーは瞬間瞬間のスポーツである。 一般的にはきれいな言葉を使おうと言われる。 しかし、実際のサッカーの試合というのは、 瞬間瞬間の判断が勝敗を分けていく。 さらに激しく動くので、感情が高ぶりやすく 相手選手や味方選手と激しく主張し合ったり、 時に…

カテゴリー一覧
商用