searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

1件〜100件

  • 週10でスクール? その先にある未来はどうなる?

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 週10でスクール? その先にある未来はどうなる? 親御さんとの雑談で聞いた話。 週7でスクールではなく、週10でスクールに行っている子がいるようである。 週7まではわかるが、週10? 各週で通って週10やるそうである。 本人が望んで週10やるのだろうか? 決し…

  • みんな頑張りすぎて表情硬くない??

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> みんな頑張りすぎて表情硬くない?? 時代の流れなのだろうか? 今は頑張ることが難しい時代?である。 少し前の価値観だと、「頑張ること」「あきらめないこと」などが 美徳とされる風潮があった。 確かにこれらは、成果を出すうえで重要な要素だ。 しかし、過剰に頑張ること…

  • 勝てばなんでもいいのか?の落とし穴

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 勝てばなんでもいいのか?の落とし穴 強いチームは勝つことが求められるという宿命にちかいものがある。 勝つことを目指すことによって、チームが目指す優先順位や コンセプトが決まってきて良い意味での競争が生まれるメリットはある。 しかし、どのような考え方で子供を指導して…

  • 生活環境が子供を形成していく

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 生活環境が子供を形成していく 指導現場を見ていて思うこと。 子供の可能性は、子供のいる環境で決まるなぁということを感じている。 もちろんコーチの存在は重要だ。 しかし、サッカーの練習や試合でコーチが1,2時間指導したとしても 本質的に大きくは変わらない。もちろんそれを…

  • 人を育てられる指導者が少なくなった?!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法 人を育てられる指導者が少なくなった?! サッカーは進化しているのか? 日本の子供達は皆うまいなと思う。 真面目に練習も取り組む土壌もある。 しかし、選手のスキルが上がった反面、 人としての浅さや薄さみたいなものを感じてしまうことが多い。 これは、子供を取り巻く環境に原因があると思…

  • 親の劣等感を満たす為に子供を利用するな!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> セレクション合格。 そんなにすごいことなのだろうか。 こういうものに翻弄されない親であってほしいなと思う。 子供のサッカーの競争が激化している。 どこのチームのスペシャルクラスに合格した! あの子があのスクールのあのクラスに合格した。 そうがどうした。とニュートラルに…

  • サッカーは本来楽しむべきスポーツ

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> サッカーは本来楽しむべきスポーツ 日本のサッカー、スポーツというのは、 サッカー+人間教育 サッカー+耐え忍ぶこと といった堅苦しさや、苦しさのニュアンスが入ってくる。 サッカーはお国柄が反映される。 日本のサッカーは、勤勉で自己犠牲をいとわないといった 傾向が見…

  • サッカーは余裕で国境を超える。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> サッカーは余裕で国境を超える。 先日外国人の方とサッカーの話をした。 彼はワールドカップ出場経験のある人である。 ブラジル代表、欧州、アフリカの強豪国と 名立たるスーパースターとの対戦からくる 経験談は説得力が強烈である。 日本人、アジア人が世界で活躍する為には、 パ…

  • 国際交流 子供はニュートラルである。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 国際交流 子供はニュートラルである。

  • 対話をしよう!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 対話をしよう! <…

  • 大量行動について考える

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>

  • 日本の子はビクビクしている?!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 日本の子はビクビクしている?!

  • 感度を上げよ!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 感度を上げよ! 生活スタイルがそのままサッカーのピッチに現れる。 15年以上子供を指導してきてこれを実感している。

  • 生涯スポーツとしてサッカーを考える

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 生涯スポーツとしてサッカーを考える。 日本でサッカーをやる場合、生涯スポーツとしてサッカーを 考えていくことはなかなかむずかしい。 高いレベルでないとサッカーを継続していける環境が ないのが現状である。上手ではないが、サッカーを日常的に 生涯通してやりたい。と思う人達…

  • サッカーの本質は遊びである。頑張りすぎないようにプレーしていく?!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 頑張りすぎないようにプレーしていく?!

  • ライバルに勝てないと感じているならまずは1点集中で勝負してみる!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> ライバルに勝てないと感じているならまずは1点集中で勝負してみる!

  • 時代の変化に適応しないと淘汰してしまう。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 時代の変化に適応しないと淘汰してしまう。

  • ただ我武者羅に頑張っても成果にはつながらない!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> ただ我武者羅に頑張っても成果にはつながらない!

  • やらされてうまくなることはない。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> やらされてうまくなることはない。

  • あえて教えすぎないように教える。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> あえて教えすぎないように教える。

  • サッカー業界で生きていきたいなら独立精神が必須!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> サッカー業界で生きていきたいなら独立精神が必須!

  • 何ができて何ができなかったのか?なぜできたのか?なぜできなかったのか?

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 何ができて何ができなかったのか? なぜできたのか?なぜできなかったのか? 子供にはこれを毎回伝えている。 とてもシンプルである。 一言にまとめると、その日の練習の振り返りである。

  • 練習量やフィジカル能力の先にあるものはなに?

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 練習量やフィジカル能力の先にあるものはなに?

  • 苦しさの中に楽しさを見つけていく工夫をしていこう。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 苦しさの中に楽しさを見つけていく工夫をしていこう。 サッカーはある一定のレベルに行くと苦しくなる。 それは、他人にから求められ出して、それに応えようとする プレッシャーを感じ始めてからである。 最初はボールを蹴るのが楽しくて好きで始めたサッカーが いつの日か上達して、…

  • 時代に応じた指導法?!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 時代に応じた指導法!?

  • こどもには小さいころから様々な刺激を与えよう!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 小さいころから様々な刺激を与えよう!

  • 少年サッカー 全否定指導者

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 少年サッカー 全否定指導者 近所のサッカーグラウンドで開催されていた サッカー大会を観た。 試合開始から、試合終了まで ず〜と子供を否定している指導者がいた。 残念極まりない。 声が響くので、会場全体に否定的な言葉が 響きわたる。ベンチの雰囲気は暗く、子供達の雰囲気…

  • 自分が心地よいと感じるサッカーのスタイルはなんなのか?

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 自分が心地よいと感じるサッカーのスタイルはなんなのか? こどもを観ていて思うことがある。 その子に合っていないサッカースタイル。 その子と相性が合ってないチームメイト。 相性の合わない監督。 これらと一緒の組み合わせになってしまうと、 個性や才能を生かすことができな…

  • 本番に強いブラジル人から学ぶこと。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 本番に強いブラジル人から学ぶこと。

  • 指導者は技術指導だけではなく、判断についての導きをしていく必要性がある。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 指導者は技術指導だけではなく、判断についての導きをしていく必要性がある。

  • 親として勉強をしていく意識をも持つ。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法 親として勉強をしていく意識をも持つ。

  • サッカーがうまい子こそ人間性を育てる必要性

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> サッカーがうまい子こそ人間性を育てる必要性

  • 今やっていることがそのまま自分に返ってくる

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 今やっていることがそのまま自分に返ってくる

  • 感じる力と感性を磨いていくという意識を持つ。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 感じる力と感性を磨いていくという意識を持つ。 最近の子供達を観ていてず〜っと気になっていることがある。 それは、うまいがなぜか観ていてつまらないなという感覚である。 サッカーを教えてもらっていて、 プレーの質や平均値は間違いなく上がっているなと感じる。 しかし、そ…

  • 「なぜ?」をいつも考える習慣を!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 「なぜ?」をいつも考える習慣を!

  • 日本サッカーにはコンセプトがない?!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 日本サッカーにはコンセプトがない?!

  • 成長している選手の背景には優秀なコーチがいる?

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 成長している選手の背景には優秀なコーチがいる?

  • もっと自由にサッカーをすればいいんじゃない?

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> もっと自由にサッカーをすればいいんじゃない? ドイツ育成の第一線で活躍している指導者に出会った。 日本人はポテンシャルがあると言っている。 しかし、その活かし方を理解していないという感じがあった。

  • 整理しながら積み重ねをしていこう。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 整理しながら積み重ねをしていこう。

  • 素直な子は最強だな!学ぶ姿勢。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 素直な子は最強だな!学ぶ姿勢。

  • 相手を観てサッカーをするという概念を日本のスタンダードにする。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 相手を観てサッカーをするという概念を日本のスタンダードにする。 「相手を観てプレーしろ!」 という声を日本の少年サッカーではあまりきかないような気がする。 スペインでは当たり前のことである。 日本の優劣を言いたいわけではない。 正しいが概念、結果の出る概念をしっかりと…

  • 手に入れたいものがあれば本気で考える。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 手に入れたいものがあれば本気で考える。 ドリブルがうまくなりたい。 どうしたらドリブルがうまくなりますか? 本気でドリブルがうまくなりたい子は こんな質問はしてこない。 なぜなら、本気であれば、すでにどうしたら いいか考えているし、自分なり試しながら 思考錯誤をして…

  • 状況を感じていく力を上げていく!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> サッカーは状況が常に変わるスポーツであり、 不確定要素が多いスポーツでもある。 プレーヤーにとって大切なことは、 状況を認知する力である。 認知した先に、判断があり選択肢を持ち決断がある。 この認知を適当にしてしまうとプレーの判断を誤ってしまう。 今回伝えたいことは…

  • なんとなく練習をするな!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> なんとなく練習をするな! 子供達を教えるまえに、 れんしゅうの目的とポイント、それをやることで 得られるメリットを伝えるようにしている。 こどもの雰囲気やレベルによってあえて テーマを言わずに考えさせたりする場合もあるが、 基本的には行動して得られるメリットを 具体的…

  • 成功への種まきをして回路を作ろう!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 成功への種まきをして回路を作ろう! 練習と一言で言っても、何を目的にそれを 行うのかによって、現場での練習方法は様々に 変わる。 技術を習得したいのか。 戦術を習得したいのか。 精神的に乗り越えたいのか。 コミュニケーションを取りたいのか。 サッカーというスポーツは…

  • 人は成長していく。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 幼稚園から教えている子が、 小学生を卒業し、中学生になっても サッカーを続ける選択をした。 この子は、無口で運動神経も良いとは いえない子だった。 正直こんなにサッカーを続けられるとは 思ってはいなかった。そういう性格のだったのだ。 幼稚園生の時と、今ではまるで別人…

  • こどもの純粋な気持ちに応えたい。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> こどもの純粋な気持ちに応えたい。 こどもを教えていて幸せなことの一つに、 「純粋さがある。」 目をキラキラさせてサッカーをやっている子は やはり観ていてうれしくなるものである。 そこでいつも思うことがある。 「なぜ大人がキラキラしないの?」 である。 「こんな大…

  • サッカーはプレーするのと観るのでは全く違う。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> サッカーはプレーするのと観るのでは全く違う。 サッカーをスタジアムで観たりテレビで観たりすると 「なんでパスださないんだよ〜」 「なんでシュート打たないんだ!」 と思うことがたくさんある。 確かにその通りなのだが、 実際にピッチに立つとプレーすることの 難しさを知ること…

  • サッカーを整理して考えてみる

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> サッカーを整理して考えてみる。 サッカーは不確定要素が多いスポーツである。 だからこそ、人の数だけ選択肢が生まれて 想像力が刺激されて楽しいスポーツなのだ。 大切な概念は、 「相手をしっかりとみること」 「状況を把握すること」 現在地を的確に理解することで、 次の対…

  • 思考力を鍛えろ!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 思考力を鍛えろ! 日本の学校教育の弊害は暗記教育である。 考えるのではなく正解を求められる教育。 思考力が鍛えられていないし、 思考力という概念すら知らないまま大人に なってしまう人もいる。 これは教育者側に問題がある。 教育者側というより、教育制度に問題がある。 …

  • 知識を得て内面の充実を!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 知識を得て内面の充実を! 同じ景色を観て同じ経験をしても 人によって感じ方や気づきの量や質は 変わる。 そして人は自分が見たいものしか目に入らない。 どうせ同じ経験をするのであれば、 その表面にあるものだけでなく、 内面の充実を得れるようにしたい。 サッカーを例に例…

  • 全ては人である。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 全ては人である。 バルセロナ育成に関する本を読んでいる。 バルセロナには、「マシア」という選手寮がある。 ここで、世界中から集まる優秀な子供達が、 寝食をともにして、サッカーと友情と学業、 全てを共有しながら育成されていく。 この仕組みが確立され結果が出ていることで …

  • 上をみればきりがないから上を観よう!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 上をみればきりがないから上を観よう! 自尊心を持つことは重要だと思う。 俺はできるという根本的な自信は 潜在意識レベルで有益である。 この自尊心をベースにどんどん上を 観てそこを目指してほしいなと思う。 一言でいえば、 「俺はできるという心理状態で 目標を高く設定し…

  • 仲間の為に戦える選手を育てたい!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 仲間の為に戦える選手を育てたい! サッカーで高いレベルに行くと 必然的に皆プライドが高くなっていく。 自分で練習して周囲から評価されているのだから 当然である。 しかし、エゴイストの集まりでは チームとして勝つことができない。 ここがサッカーの面白いとこであり、 難し…

  • 期待されることの落とし穴

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 期待されることの落とし穴。 チームではエース。 地域選抜。県選抜。 Jリーグ下部組織からも複数オファー が来ている小学5年生。 客観的に観れば順風満帆である。 しかし、本人は中学に上がったら サッカーを辞めようと思っている そうだ。 もうプレッシャーに立ち向かえないの…

  • できることをすべてやったらあとは流れに身を任せよう!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> できることをすべてやったらあとは流れに身を任せよう! 「人事を尽くして天命を待つ」 人間ができることは全てやり、あとは自分の使命や運命に 身を任せる。 どんなに戦略的に努力したとしても、 必ずしも結果が出るとは限らない。 ある程度のレベルでのプレーヤ—経験が ある…

  • セレクション競争に巻き込まれるな。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>

  • リモート面談から見えてくるもの

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> リモート面談から見えてくるもの 時代の波にのって、リモートで親子面談を 行っている。 10年前では考えられない世界である。 親子面談で見えてくることがある。 リモートなので、家庭環境が少し隔間見える。 この家庭環境と親の影響力が子供の人格を形成していく。 当然ながら、…

  • どのように考えてやるのかを意識する

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法 どのように考えてやるのかを意識する。 小学生、中学生から将来について質問を受けるとき、 その子がどのような考えをもっているかを聞いてみる。 「人は自分が思い描いた通りの人生になる」 というが、子供達と話していて、ある程度はそうだな〜 という感じがしている。 トップを目指す人はト…

  • 親のキャパシティが子供の可能性を決めていく。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 親のキャパシティが子供の可能性を決めていく。 昨日のレッスン後に、一人のお母さんが 退会の挨拶にきた。 「お世話になりました。この子は勉強させます。」 と言って挨拶をして去っていった。 この子は、チームで邪魔者扱いされて、悔しくて スクールに入ってきた。 指導者目…

  • 自分と向き合う時間を作ろう。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 自分と向き合う時間を作ろう。 自分の価値観というのは、幼少の頃からの 刷り込みによる要素が多い。 両親、友達、先生、地域など。 自分の考えと思っていることは、 実は他人の考えの刷り込みなのかもしれない。 そして、無意識的に同じ行動繰り返し、 それが習慣となり、自分の…

  • 判断力という見えない武器を磨け!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 判断力という見えない武器を磨け! 日本の少年サッカーは技術偏重型と言えるかもしれない。 切り取った技術練習が多い。 リフティング、インサイドパス、ジグザグドリブル これらは技術向上には必要な練習である。 しかし、デメリットとして考えられるのは、 相手がいない練習なので…

  • ストイックにやる時期も必要

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> ストイックにやる時期も必要 何をやるにしても基礎を作る時期は、 集中的なトレーニングが必要になる。 サッカーにおいては、基礎練習などは、 毎日のルーティーンにしてしまった方が いいかなと思う。 なぜなら、「大変だな〜」 「面倒くさいな〜」という気持ちを 毎日のルーテ…

  • サッカーは相手ありきのスポーツである。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> サッカーは相手ありきのスポーツである。 イニエスタの過去のインタビューコメントに 「僕は何も考えていない。相手や状況が何をしてくれたらいい のかを教えてくれる。」 というコメントがある。 相手の状況によって自分のプレーが成立している。 という究極のメッセージだと思う。…

  • サッカーをする場所がないという課題

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法 サッカーをする場所がないという課題 Jリーグが始まって約30年。 日本サッカーは急成長してワールドカップ常連国となり、 グループリーグ突破は現実的な位置として 捉えられる実力を備えつつある。 その一方で、日常生活に目を向けると、 欧州や南米に比べてサッカーの浸透率はまだまだ 課題が多いか…

  • 知ることで見えてくるものがある。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 知ることで見えてくるものがある。 サッカーIQという言葉がある。 知能指数= Intelligence Quotient) 数字であらわした知能検査の結果の表示方式のひとつである。 高いほど知能が高いことを、低いほど知能が低いことをあらわす。 IQが高いから良いとは断定はできないが、 サッカ…

  • 信頼残高を高めていくことを意識する。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 信頼残高を高めていくことを意識する。 技術的にはあまりうまくないが、なぜか 試合に出る選手というのがいる。 レギュラーの実力はないのに 監督から気に入られて試合に出る選手がいる。 この選手は何をしているのか? 監督に対しての信頼残高をあげているのだ。 見方によって…

  • ベンチにいるからこそ成長しよう!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> ベンチにいるからこそ成長しよう! ベンチ=実力がない。 というイメージがある。 確かに実力があれば試合に出れるだろう。 しかし、ベンチに座る人の一番の問題は、 メンタル的にそこから這い上がろうという 気持ちがないことだと思う。 ただただベンチに座っているだけなのだ。…

  • 学校教育の弊害について思うこと

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 学校教育の弊害 日本の学校教育は、従業員製造工場であるという見方がある。 同じ年齢の子を集めて、協調性、同じような価値観を 教育、育成していく。 これが、義務教育の小学校6年間、中学3年間の9年間。 高校卒業までいけば12年間続けてこの価値観を植え付けられるのだ。 職業…

  • 全て自己責任という覚悟を持つ!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 全て自己責任という覚悟を持つ! 1つの目標に向かっていく時、 その過程で挫折を経験していくことになる。 挫折かどうかはその人によっての捉え方ではあるが、 少なからず思い通りできない時期というのは来るだろう。 子供や若い選手は、うまくいかないと、環境や他人の責任にする。…

  • 知識習得に年齢は関係ない!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 知識習得に年齢は関係ない! 20歳であれ、25歳であれ、30歳であれ 知識を身に着けるという観点でいけば、 年齢は関係ない。 何が言いたいかと言えば、20歳でも知識を身に着ければ 武器になるということである。 自分の脳をパソコンだと仮定した場合、 パソコンにどんなソフトをイ…

  • 親のマインドが子供とイコールである。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 親のマインドが子供とイコールである。 職業柄親子面談を行うことが多い。 最近は、コロナの影響もありリモート面談を行っている。 リモート面談を行うと、 家庭環境が垣間観れる。 親の雰囲気、家の中の整理整頓具合などが 見えていくる。 そこから感じることは、親の思考、言葉使…

  • 常に成長を求める。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 常に成長を求める。 日々頑張っていると、 どうしても目先の結果がほしくなるものだ。 気が付くと、結果至上主義になって視野狭窄に なってしまうことになる。 こういう経験も必要ではあると思うが、 やはり本質を見極める意識は必要である。 長期的に考えたとき、目先の結果や勝利…

  • 状況に応じた行動をするためのアンテナを張る!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 状況に応じた行動をするためのアンテナを張る! サッカーは不確定要素が継続的に進んでいく スポーツである。 パターンはあるが、同じシチュエーションはない。 だから、変わりゆく状況に応じた判断とプレーの 能力を上げる必要があるのだ。 日本のサッカーは教育の影響もあるが、…

  • 自分の強みを徹底的に考えよう!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 自分の強みを徹底的に考えよう! 足が速い。 力強い。 センスがある。 技術が高い。 戦術理解が高い。 どんなこどもにも必ず得意なプレーや 才能がある。 自分に適していないプレースタイルを磨いて いる子は多い。 そもそも自分が何が得意かなんていうのは、 自分にはわから…

  • 怒鳴るのではなく、理論で説得力を持つ。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 怒鳴るのではなく、理論で説得力を持つ。 優秀な指導者は決して子供を感情的に怒ったりはしない。 これは甘やかすとは違う。 なぜそれが必要でなぜこのプレーをした方がいいのか。 これを論理的に納得させることができるのだ。 「怒鳴って解決する時代は終わりにしたい。」 昔は…

  • 良質な情報をインプットして効率的にアウトプットする!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 良質な情報をインプットして効率的にアウトプットする! 結果を出している人と話すと、 成果の出るやり方を詳細に至るまで知っているなぁ。と感じる。 経験的に身に着けたものあるだろうし、 知識を得て体得したものもあるだろう。 あとは、本物に触れて感じることもある。 要素は…

  • 成功も失敗も必然である。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 成功も失敗も必然である。 結果を出す人というのは、いつでも結果を出す。 なぜなのか? 結果の出し方を知っているから。 または結果が出るまでやるから。 このどちらかではないかと思う。 賢い人は、結果至るまでの仮説を立てて 検証していくプロセスを楽しんでいるようである。…

  • 勉強することで見える世界がある。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 勉強することで見える世界がある。 勉強していくことで、昨日は見えなかったこと。 気が付かなかったこと。感じられなかったことが 理解できるようになることがある。 これは、勉強することの最大のメリットだと思う。 自分が成長しているというか変化していくことの 喜びを知ってほ…

  • 適応能力が結果を左右していく。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 適応能力が結果を左右していく。 テクノロジーの発達によりあらゆることの 変化が速くなっている。 これを肌感覚で理解できないと、 変化に適応できないことになっていくだろう。 サッカーも同じである。 現代サッカーは、1つのポジションしかできないという のは、選手としての価…

  • 頭の中を整理して積み重ねていく

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 頭の中を整理して積み重ねていく 普段名将の近くでこどものサッカーを観ている。 名将はどこを観ているのか? それは、 プレーが成立するしないではなく、 何を狙っているか? 何をイメージしているのか? どんな工夫をしているのか? 主にはこの3つである。 わかりやす…

  • 日本の教育はお利口さん製造機関?!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 日本の教育はお利口さん製造機関?! 日本の学校教育は、優秀な従業員製造機関である。 これはある本に書いてあったことだ。 一言でいうと、言われたことを従順にやる人間を育成しているのだ。 戦後日本復興に向けて、機械のように言われたことを従順にできる 優秀な人間が必要だった…

  • 自分の中で成功の方程式を持て!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 自分の中で成功の方程式を持て! サッカーというスポーツは不確定要素が 連続していくスポーツである。 だから、同じシチュエーションというのはない。 しかし、結果を出しているストライカーや ドリブラーといわれる選手は、毎回同じようなパターンで 結果を出しているように見える…

  • サッカー漫画から学べること

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> サッカー漫画から学べること サッカー漫画から学べることは多い。 心の描写、物事の捉え方、仲間との関わり方。 様々な要素がリアルに近い形で表現されている。 当然ながら、現実的にはあり得ないプレーや 状況などもあるが、漫画ならではの非現実的な ワクワク感がサッカーへの興味…

  • 現場に行かないとわからない景色がある。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 現場に行かないとわからない景色がある。 どんなに映像を見ても、現場に行かないとわからないことがある。 逆説的に言うと、現場にいると客観的に見えなくなる景色がある。 このバランスが難しいのだが、この両面を理解しておく必要はあると思う。 現場の雰囲気や景色というのは映像で…

  • 変化を感じられるようになろう!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 変化を感じられるようになろう! サッカーは人とボールが動くスポーツである。 常に状況が変わるスポーツなのだ。 変化を感じることができるか? これは重要な要素である。 変化を感じることができないと、 自分が次にどうしたらいいのかわからない。 という状況に陥っていしまう…

  • 結局はスピードとパワーなのか。。。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 久保建英、南野、両者ともテクニカルな選手。 日本人特有の勤勉さもある。 しかし、二人ともフィジカルについて指摘されている。 ピッチレベルに立つとわかるが、 欧州人やアフリカ人のフィジカル能力は 日本人からすると異次元である。 これらに対してフィジカルで対応しようという…

  • 監督が変われば評価も変わる

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 監督が変われば評価も変わる これは当然の話である。 しかし、現場でプレーする選手にとっては 死活問題であり、決して心穏やかにはいられない。 試合に出れれば自己重要感が満たされるし、 試合に出れなければその逆になる。 優秀な監督であれば、サブの選手やベンチ外の選手に …

  • サッカーは超実力主義である。これが現実だ。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> サッカーは超実力主義である。これが現実だ。 昨日の試合は1分もでれなかった。 監督が悪いといいたいわけではない。 サッカーは超実力主義なのだ。これが現実である。 試合に出れない理由は1つではなく、様々な要素が 絡みあうだろう。 しかし、試合に出て明らかにパフォーマンス…

  • 現実を受け容れてすべてを成長の糧にするしかない。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 現実を受け容れてすべてを成長の糧にするしかない。 評価されないと精神的にきつくなる。 なぜなら、自己重要感が満たされないからだ。 人は誰からも認められたい本能がある。 選手にとっては、監督が試合に使ってくれるかどうかが 自己重要感を満たすことにつながる。 試合に使わ…

  • 脳を鍛えろ!それが答えだった!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 脳を鍛えろ!それが答えだった! 日本の練習というのは無駄に長い。 少年団で3〜5時間も練習しているところもある。 内容は、間延びしたような練習である。 少年団なので、サッカーを通しての交流と いうのが目的なのかもしれない。 中学生、高校生、日本はとにかく厳しく練習する…

  • 移動中の新幹線の中で思うこと。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 移動中の新幹線の中で思うこと。 全国大会出場の為、新幹線で移動している。 チームメイトは、寝ているか、映画を見ている。 移動中は何をしようが自由である。 本を読んでいるチームメイトはゼロだった。 最近のJリーガーは移動中に本を読むと聞く。 もちろん全員ではないにせよ、…

  • 将来設計をしたうえでのサッカー選手を目指してほしい

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法 将来設計をしたうえでのサッカー選手を目指してほしい こどもにとってサッカー選手というのは 魅力的な職業だろう。 個人的には、サッカー選手というのは、 子供の時思い描いていたより、魅力的ではないな。 ということである。 夢や希望をつぶすつもりはない。 現実的な話である。 …

  • 1つ1つの動きに狙いと考えを!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 1つ1つの動きに狙いと考えを! 無邪気にボールを追いかけるサッカー少年。 そこにサッカーの原点がある。 サッカーとは遊びである。 サッカーを複雑にしているのは、 人間である。 そしてサッカーを奥深くしているのもまた人間である。 いろんな考え方、いろんなスタイルのサッカ…

  • 学びは終わらない

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 学びは終わらない 名将や名監督、一流選手になればなるほど、 謙虚で学ぶ姿勢に貪欲である。 いろいろな見方はあるが、 やはり、学べば学ぶほどに、奥深さや幅広さを 知ることになり、謙虚な気持ちは必然的に 生まれてくるのだと思う。 もっと知りたい。もっと学びたいという 欲…

  • 元サッカー選手だから良い指導者とは限らない。

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 元サッカー選手だから良い指導者とは限らない。 良い選手だった人が監督をやれば必ずとは限らない。 ヨーロッパに行くと指導者や監督というのは、 リスペクトされている。 指導者に関しての歴史とステイタスがあるのだ。 Jリーガーが引退後に同クラブのアカデミーのコーチを いきな…

  • 試合中に脳を休ませるな!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 試合中に脳を休ませるな! サッカーは体を使うスポーツ。 それは間違いないのだが、評価されているFW選手を観ていると、 そこまで動いてはいない。 運動量が少ないな〜なんて感じる人もいるだろう。 しかし、頭の中を想像してみてほしい。 おそらくピッチにいる誰よりも脳は動い…

  • 頭を使ってサッカーをすることを常識にしていく

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法 <TOPページ> 頭を使ってサッカーをすることを常識にしていく。 無暗に頑張る。 声を出す。 これだけではサッカーはうまくならない。 Jリーグが始まって30年。 サッカーを学んだ人たちが日本にも増えてきた。 そろそろ、ただただ気持ちで頑張るサッカーは 終わりにしたいと思う。 精神論を…

  • 現実を冷静に観る目と思い込みの力を生かす!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 現実を冷静に観る目と思い込みの力を生かす! 人間は最終的に自分が思った通りの人になっていく。 という言葉がある。 仮にこれが真実だとしたら、マイナスに考えるより プラスに考えた方が圧倒的に得だろうと思う。 なんでそんなに自分をマイナスに考えるの? と思ってしまう子供…

  • サッカーを通してコミュニケーションのスキルをあげよう!

    少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> サッカーを通してコミュニケーションのスキルをあげよう! サッカーは抜群にうまいが、仲間とのコミュニケーションが 取れずに孤立してしまう選手は意外と多い。 才能があるがゆえに、仲間との感じ方、考え方が違うため、 「なぜこんなことがでないのだろう?」 と思ってしまう天才も…

ブログリーダー」を活用して、カリスマ指導法さんをフォローしませんか?

ハンドル名
カリスマ指導法さん
ブログタイトル
少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法
フォロー
少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用