searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

toneketさんのプロフィール

住所
松戸市
出身
船橋市

2016年9月1日に肺がんステージ4の宣告を受けました。通常医療をせず、代替療法で治療するも癌が増大、脳、両目、リンパ、両肺、肝臓、腎臓(左右)、脾臓、全身の骨へと転移する。 脳腫瘍にて緊急入院し、放射線治療後、分子標的薬「アレセンサ」が適合することがわかり、治療。アレセンサを飲みつつも、2019年4月、ドクターより『寛解』報告を受けました。癌体験で気づいたことや感じたことを書いていきます。

ブログタイトル
肺がんステージ4からのアウェイクニング(気づき)
ブログURL
https://ameblo.jp/toneket/
ブログ紹介文
突然の肺がんステージ4宣告から全身に転移。 様々な経験・体験で気づいたこと、考えたこと。
更新頻度(1年)

146回 / 365日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2017/11/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、toneketさんの読者になりませんか?

ハンドル名
toneketさん
ブログタイトル
肺がんステージ4からのアウェイクニング(気づき)
更新頻度
146回 / 365日(平均2.8回/週)
読者になる
肺がんステージ4からのアウェイクニング(気づき)

toneketさんの新着記事

1件〜30件

  • 肺癌ステージ4からの生還

    先週の土曜日(17日)、福麻むつ美さんのコンサートに行ってきました。 福麻むつ美さん福麻さんは僕と同じ肺癌ステージ4からの生還者です。18年に肺がんからの全身…

  • お伊勢参りに行ってきました②(瀧原宮)

    お伊勢参り2日目は、そう、あの「瀧原宮」です。 知る人ぞ知る、パワースポット。 瀧原宮とはどういう場所かと言いますと…  ちょっと見づらいかな? まあ、興味の…

  • お伊勢参りに行ってきました①

    10月4日から7日まで、 友人たちと一緒にお伊勢さまへお参りに行って来ました。 お伊勢さまへ行くのは、 退院してすぐに河野(修一)さんに連れて行ってもらって以…

  • web版「(続)僕は、死なない。」最終回のお話しです

    Web連載していた「僕は、死なない。」もいよいよ最終回です。 本を出版してから多くの方々に応援していただきました。 多くの方に僕の本を読んでいただき、 たくさ…

  • 「再発かも?」と思ったとき

    2017年の7月に退院してから、 「再発かも?」 と真剣に感じたことが2度ほどありました。 最初は2018年の7月、 このときは真剣に覚悟しました。  (その…

  • 人生はドラマ。

    今回のWeb掲載中の「僕は、死なない。」続編で 総合格闘家の征矢選手が何度か登場します。 もちろん、実在の人物です。(征矢 貴選手) もともと、僕のいたボクシ…

  • がんは僕の“歪み”を教えてくれた

    がんになると様々な体験をします。 そして、様々な心の浮き沈みを経験します。 そして、 その体験が、 それまでの自分(自我/エゴ)を破壊することが出来れば、 そ…

  • ドクターからの寛解の言葉

    2019年の4月、 ドクターからついに「寛解」の言葉を聞くことが出来ました。 2016年の9月1日に肺癌ステージ4が分かってからですから、 3年と4か月ですね…

  • がんの相談を受ける

    本を出版してから、 いろいろな人たちから、相談を受けることが多くなりました。  僕は医者ではありませんので、 診断や治療のことなどは専門ではありません。 また…

  • 「全体(宇宙)」の「通り道」になる

    「全体(あるいは宇宙)」が用意してる流れに乗っているとき、 不思議とまったく疲れません。 そして、 すべてが滞りなく、スイスイ進みます。   僕は 「僕は、死…

  • Being In The Flow(流れのなかにいる)

    「啐啄同時」 という言葉があります。 求める者同士が、 まるでお互いの状況を知っていたかのように ベストなタイミングで出会う、というものです。   時期が少し…

  • 直観に従い、具体的に行動し、あとはお任せする

    前回(昨日)までの展開で、半年かけて苦労して書き上げた原稿の 出版が没になったお話をしましたね。 その後、どこがどうなって、本が出来たのか、 ここから、自分で…

  • 手放すこと、サレンダーすること

    2017年6月8日、東大病院でドクターから 「来週には呼吸が止まる可能性があります」 と言われた僕は、 それまで握りしめていた、 あるいは しがみついていた …

  • 癌の体験を話す

    2018年11月に行った「時空の杜」で、 僕は初めてきちんと「癌からの生還体験」を 人前で話しました。  涙を流して聞いてくれる人がいる...。講師として語っ…

  • 「からだをきれいにする」ということ

    身体をきれいにすることは大切です。 病気をしていれば、なおさらです。 からだは食べ物で作られます。 ですから、何を食べるかはとても大事です。 僕たちはふだん、…

  • 「究極のストレス体験から学んだこと」

    日本経営協会さま主催のWeb無料公演が終わりました。 講演の内容をアップしていただきました。 約30分の動画です。 「ポジティブシンキングでは越えられないもの…

  • 標準治療以外のもの

    いわゆる標準医療と言われる世界があります。 西洋医療を中心とした医学体系です。 現在の大学病院を中心とした医療ですね。 それから、その範囲には入らない医療があ…

  • 苦しみを作り出しているのは、誰?

    生きていいると、様々な悩みや苦しみが起こります。 ブッダは生きることそのものが“苦しみ”だと言ったと言われています。 ブッダは「生・老・病・死」が苦しみの原因…

  • ネガティブエネルギーの排出

    2017年7月末に退院してから、約3年とちょっと。 その間に、何回か再発を覚悟したことがありました。 その一番大きかった体験の時のことが、今回の記事のときです…

  • ストレスが身体をむしばんでいく…

    ストレスは身体によくない… こんなの、やりたくない… と、分かっていても、やらざるを得ないときがあります。 それは、不安や恐れに突き動かされている時です。  …

  • 癌が教えてくれること

    癌という病気になると、 いわばいのちのギリギリまで追い詰められます。 これは僕だけじゃなく、 癌の宣告を受けた方、全員だろうと思います。 人それぞれ、みんな人…

  • 伝えることは、難しい

    自分が体験したことを、人に伝えるのは難しいです。 それが、自分の中でうまくまとまっていない状態であれば、なおさらです。 肺癌ステージ4から生還してからも、 し…

  • 意識のフィールドを変える、ということ。

    僕たちは知らず知らずのうちに「集合意識」というものに取り込まれています。 集合意識というのは、多くの人々が共通に想像した「共同幻想」です。   たとえば「貨幣…

  • 自我(エゴ)と不安

    昨日の続きです。 会社を正式にやめることになり、 僕はすっきりした気持ちとともに、 不安に襲われました。  いよいよ3月末には完全な無職か...。僕が囚われた…

  • 感情を外に出す、ということ

    自分の本当の気持ち、本音を話すのは、 勇気が必要です。 それによって、傷つくかもしれないから。 でも… それがどんなものであっても、 ほんとうの気持ちを外に出…

  • 人生の流れ

    紆余曲折はあったものの、 僕はガンが原因で会社を辞めることになりました。  なぜこんなことに...。僕が追い込まれた、惨めな「がん離職」/続・僕は、死なない。…

  • 「ありがたい」は「有り・難い」

    死にそうになったからこそ、分かったことがいくつかあります。 そのひとつ。  それは 「ありがたい」 というのは、   「有り・難い」   つまり、 なかなかな…

  • 奇門遁甲ふたたび!

    奇門遁甲、おそるべし!  「奇門遁甲」がもたらしてくれた、2度目の奇跡。/続・僕は、死なない。(14)「50歳での末期がん宣告」から奇跡の生還を遂げた、刀根健…

  • 魂の学び

    同じことが繰り返されるというとは、 まだそこからの「学び」が「終了」していないということです。 潜在意識からの、いや魂からのメッセージです。  昨日の続きです…

  • 9月の診断結果

     今日は2ヵ月ごとの定期診察日でした。 今月は 血液検査&… CT、 プラスMRIで 入念な経過チェックです。    結果は…  肺や体は問題なし。  癌は痕…

カテゴリー一覧
商用