住所
神奈川県
出身
ハンドル名
E太さん
ブログタイトル
楽々生活
ブログURL
https://raku2life.com/
ブログ紹介文
妻子持ち30代サラリーマンの僕が、資産運用(投資信託・ロボアド・仮想通貨)を中心に発信しています。
自由文
資産運用・仮想通貨の得する情報がきっと見つかる!外資コンサルでの経験を活かし「要点をおさえた分かりやすい記事」を書いています。育児・仕事効率化のことも幅広く発信中。メディア掲載歴あり。
更新頻度(1年)

52回 / 75日(平均4.9回/週)

ブログ村参加:2017/10/09

E太さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 03/24 03/23 03/22 03/21 03/20 03/19 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 953,413サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 60 10 20 20 0 0 110/週
PVポイント 10 10 0 30 20 10 60 140/週
投資ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,209サイト
資産運用 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,262サイト
今日 03/24 03/23 03/22 03/21 03/20 03/19 全参加数
総合ランキング(OUT) 40,300位 42,091位 54,890位 42,076位 46,183位 51,470位 51,583位 953,413サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 60 10 20 20 0 0 110/週
PVポイント 10 10 0 30 20 10 60 140/週
投資ブログ 178位 187位 255位 177位 202位 231位 230位 4,209サイト
資産運用 71位 75位 104位 72位 84位 95位 94位 1,262サイト
今日 03/24 03/23 03/22 03/21 03/20 03/19 全参加数
総合ランキング(PV) 17,222位 17,128位 16,520位 16,561位 16,785位 16,580位 15,889位 953,413サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 60 10 20 20 0 0 110/週
PVポイント 10 10 0 30 20 10 60 140/週
投資ブログ 153位 151位 146位 145位 146位 146位 140位 4,209サイト
資産運用 56位 54位 50位 49位 49位 49位 49位 1,262サイト

E太さんのブログ記事

?
  • XRP(リップル)が微妙に上昇|中国政府による仮想通貨格付けランキング(2019年3月)

    中国産業情報技術省 情報産業発展センター(CCID)による仮想通貨格付け11回目が発表されました。 前回(2019年2月)と比較しながら、気になったことをメモしておきます。 中国政府は3つの指標で評価 「パブリックブロックチェーン」を対象に、3つの指標で評価していました。 中国政府による仮想通貨格付けランキング(2019年3月) 前回(2019年2月)の順位と比較しつつ、格付けランキングTOP35を見ていきます。 順位 前回 銘柄名 1 → EOS EOS 2 → TRX TRON 3 → ETH Ethereum 4 ↑ 5位 BTS BitShares 5 ↑ 14位 NAS Nebulas 6 → ONT Ontology 7 → NULS Nuls 8 ↓ 4位 GXS GXChain 9 ↑ 10位 NEO NEO 10 ↓ 9位 STEEM Steem 11 ↑ 17位 WAVES Waves 12 ↓ 8位 LSK Lisk 13 ↑ 15位 XLM Stellar 13 ↑ 16位 KMD Komodo 15 ↓ 13位 BTC Bitcoin 16 ↓ 11位 QTUM Qtum 17 ↑ 30位 XTZ Tezos 18 → ARK Ark 18 ↑ 20位 XRP Ripple 20 ↑ 26位 ETC Ethereum Classic 21 ↓ 12位 NANO Nano 22 ↓ 21位 XMR Monero 22 ↑ 24位 STRAT Stratis 24 ↓ 23位 MIOTA IOTA 25 ↓ 22位 ADA Cardano 26 ↓ 25位 DASH Dash 27 ↑ 29位 HSR Hshare 28 ↓ 19位 XVG Verge 29 ↓ 28位 ZEC Zcash 30 ↑ 32位 BCN Bytecoin 31 ↓ 27位 BCH Bitcoin Cash 32 ↑ 34位 LTC Litecoin 33 ↓ 31位 SC Siacoin 34 ↓ 33位 DCR Decred 35 → XEM NEM

  • リターン390%超の$CRO(Crypto.com Chain)を調査|仮想通貨 時価総額ランキング(2019年3月)

    トレンド把握のために、仮想通貨の時価総額ランキングTOP50を記録しています。 ※「CoinMarketCap」を基に、2019/3/23 21:20時点のデータをまとめています。 ※前回との比較は2019/2/22時点のデータを用いています。 仮想通貨の時価総額/銘柄数、BTCドミナンス 仮想通貨市場における合計時価総額/銘柄数、BTCドミナンスは以下の通り。 今回 前回 比較 時価総額合計 15.43兆 14.93兆 +0.49兆 銘柄数 2,121 2,082 +39 BTCドミナンス 50.5% 51.9% -1.4% 仮想通貨の時価総額ランキングTOP30 まず1位から10位の発表です。 ※括弧内は前回の順位を示す(圏外は30位未満を指す)。 動きが余り無かったTOP10銘柄は、最近は動きがあって楽しいです。海外取引所バイナンス発行の「BNB」が先月TOP10入りしましたが、今月は更に上昇しています! 順位 前回 銘柄名 1 → BTC Bitcoin 2 → ETH Ethereum 3 → XRP Ripple 4 ↑ 5位 LTC Litecoin 5 ↓ 4位 EOS EOS 6 → BCH Bitcoin Cash 7 ↑ 10位 BNB Binance Coin 8 → XLM Stellar 9 ↓ 7位 USDT Tether 10 ↓ 9位 TRX TRON 続いて11位~30位です。 順位 前回 銘柄名 11 → ADA Cardano 12 → BSV Bitcoin SV 13 → XMR Monero 14 → MIOTA IOTA 15 → DASH Dash 16 → MKR Maker 17 ↑ 24位 ONT Ontology 18 ↓ 17位 NEO NEO 19 ↓ 18位 ETC Ethereum Classic 20 ↑ 23位 XTZ Tezos 21 ↓ 19位 XEM NEM 22 ↓ 20位 ZEC Zcash 23 ↓ 22位 VEN VeChain 24 ↓ 21位 WAVES Waves 25 ↑ 圏外 CRO Crypto.com Chain

  • 【リレー投資】投資信託からETFへ切り替えるメリット・デメリットを考える

    先日、楽天VT(投資信託)から本家VT(米国ETF)に切り替えました。リレー投資というものです。 売却益が発生した場合は税金を支払う必要がありますが、手数料が安くなるメリットもあります。 投資信託からETFへ切り替える「リレー投資」とは? リレー投資のメリット・デメリットを知る上で、「投資信託」と「ETF」それぞれの理解が欠かせません。 投資信託で有名な「楽天VT」と、その投資先ETFである「本家VT」を例に、具体的に比較してみましょう。 楽天証券で「楽天VT」と「本家VT」を取引するケース(2019/3時点) 比較項目 投資信託 (楽天VT) ETF (本家VT) 上場 未上場 上場 価格変動 1日1回 リアルタイム 最低取引価格 100円 約8,200円 信託報酬 0.2196% 0.09% 取引手数料 0円 0.45% 積立 できる できない 投資信託とETFを簡潔にまとめると以下の通り。 「リレー投資」であれば、これらの特徴を最大限生かせると思っています。 実際にリレー投資してみた!具体的にメリット・デメリットを紹介 今回は楽天VT(楽天・全世界株式インデックスファンド)から、本家VT(バンガード®・トータル・ワールド・ストックETF)に切り替えました。 これから僕が実践している手順、その際に発生するメリット・デメリットも解説していきます。 手順①投資信託を毎月自動で積立 王道の投資スタイル「ドルコスト平均法」を実践できます。毎月決まったタイミングで投資することで、買付価格を均すことができます。 また楽天証券の場合、楽天カードで投資信託を買うことで、楽天ポイントが1%還元されます。1万円分の投資信託を買えば、100円分の楽天ポイントがもらえるのです。 手順②:ある程度貯まったら、投資信託を売却 元本10万円に対して、今回の売却でわずかに利益が出ました。 そのため税金を支払う必要があります。含み損を抱えている場合は、売却するのに気が重いかもしれませんが、税金を支払う必要無し。 なお手数料負けを避けるために、10万円近く貯まってきたらリレー投資するのが良いでしょう。 手順③:売却資金を使って、ETFを購入

  • 【厳選】楽天ポイントのおすすめ交換先!楽天カード支払いや投資信託に使おう

    「楽天ポイントは何に使うのが良いのだろう?」と感じている方へ向けて、楽天ヘビーユーザーの僕がおすすめ交換先を紹介します。 効率的に楽天ポイントを使うことで、生活をちょっぴりリッチにできますよ。 楽天ポイントの交換先を厳選して紹介 楽天ポイントが貯まったところで「何に使ったらいいんだろう?」と迷う人も多いはず。 「とりあえず楽天市場で何か買い物して、楽天ポイントを消費しよう!」と考えて、浪費するのはモッタイナイです。 そんな方にお勧めしたい使い方が、以下の2つです。 楽天ポイントを「楽天カード支払い」に使う 知らない人も多いですが、楽天ポイントを使うことで楽天カードの支払い額を減らせます。 上記のように、実質のお買い物金額を下げることができます。「たかが100円」と思う方もいらっしゃるでしょうが、「塵も積もれば山となる」です。 また銀行口座にあるお金を減らさないで済むため、「今月はお金が無い!」といったシーンにおいて活躍します。 楽天ポイントで「投資信託」を買う 最近流行りの使い方は、楽天ポイントを使って投資する方法です。上画像の通り、投資信託を購入できます。 投資は値動きがあるわけで、得することもあれば損することもあります。 しかし楽天ポイントであれば実質無料で投資できるわけなので、「投資には興味があるけど、ちょっと怖い」という方にもオススメです。 詳細は「【口コミ】楽天ポイントで投資信託を購入!おすすめ銘柄・買い方も紹介」をどうぞ。 まとめ:楽天ポイントは「楽天カード支払い」や「投資信託」に使おう 先日、楽天トラベルを使って宿泊予約したのですが、楽天ポイントが4,760ポイント貯まりました。47,600円の支払いだったので、驚異のポイント還元率10%! 宿に電話して現金払いする場合 =支払額は47,600円 楽天トラベルで楽天カード決済する場合 =実質の支払額は42,840円(ポイント還元率分だけ安く済む) 楽天カードと楽天証券口座は持っておいて後悔しないです!生活を少しだけ豊かにできますよ。 関連記事:合わせて読みたい

  • 【口コミ】赤ちゃん連れ箱根旅行!ベビーカーでの移動は辛い(1歳児)

    【画像多め】 2019年2月に箱根へ1泊2日旅行してきました。赤ちゃん連れの宿泊旅行は人生2回目です。(1回目はリゾナーレ熱海に行きました) 自然を感じられて有意義でしたが、赤ちゃん連れは中々大変でした。ベビーカーでの移動がキツい場面が多いです。 本記事では時系列で旅行記を紹介していきます。赤裸々に感想を書いていきますので、箱根旅行の雰囲気を感じていただければ幸いです。 箱根旅行記①:箱根湯本駅に到着してオムツ替え 長い時間、電車に揺られ、箱根湯本駅に到着です。まず最初にしたことはオムツ替え。 箱根湯本駅周辺でオムツ替えするには、以下の場所が良いでしょう。駅周辺を散策する前に済ませておきたいです。 箱根旅行記②:箱根湯本駅周辺の商店街で食べ歩き 箱根湯本駅周辺の商店街は、歩道の脇にある灰皿の数が多く、タバコの臭いがキツイです。10~20m間隔であるから、喫煙者に優しすぎます… とは言え箱根を楽しむのであれば、食べ歩きは必須級!タバコの臭いに我慢しながら散策してみましょう。僕が食べ歩きしたお店は以下の通り。 「湯本富士屋ホテル」のクラシックカレーパン 湯本富士屋ホテルが作っている本格的カレーパンを購入。そこそこ値段が張ります。揚げたてだったら、とても美味しいかも。 「みのや吉兵衛」の塩辛コロッケ 揚げたての塩辛コロッケを購入。中身がホクホクで、塩辛の味は上品で美味!塩辛がそんなに好きじゃない僕でもペロリと食べられました。 「グランリヴィエール箱根」のラスク&はちみつチーズタルト ラスクをたくさん試食した後、はちみつチーズタルトを購入。はちみつチーズタルトは出来立てで、温かくて美味しいです。 箱根旅行記③:「はつ花そば」でランチ 箱根湯本で有名な蕎麦屋さん「はつ花そば」でランチ。 駅のホームにあるような立ち食い蕎麦と、大して変わらないというのが僕と妻の感想です。「なぜ食べログの評価は高いんだ…」と疑問に感じました。 蕎麦の風味を感じない 山かけはまあまあ美味しいが、麺つゆが微妙 天ぷらはアツアツではなかった 蕎麦湯は普通 座敷が狭いのに相席だった(僕も妻も相席した人も、足がシビれる事態)

  • 【コイン積立 運用実績】13か月目は-48.5%!バブル再来を待ちわびる(2019年2月)

    2019年2月時点における、仮想通貨の積立運用実績を公開します。Zaifコイン積立がサービス一時停止中なので、手動買付しています。 「仮想通貨の積立をやってみたいけど、実際どうなの?」と思っている方の参考になれば幸いです。 仮想通貨の積立運用実績(13か月経過) コイン積立結果(単位:円) 年月 元本 評価額 損益 2018/2 ~2019/1 329,904 143,429 -186,475 (-56.5%) 2019/2 339,791 174,875 -164,916 (-48.5%) ※超ハイリスク・ハイリターンなので、生活に支障が出ない程度の資金を投じましょう。 ※2月の積立期間は「2月10日~3月9日」です。3月9日時点の価格を基に、評価額を算出しています。 先月から積立額を3万円→1万円に変更したことで、仮想通貨の価格変動が気にならなくなりました。これで長く戦えそうです。 積立額は期待リターンだけで決めるのではなく、自身のリスク許容度も考慮したいですね。 各銘柄(ETH・XEM・BTC・MONA)の運用実績 Zaifコイン積立がサービス休止中につき、9,887円分を手動で買付しています。 イーサリアム=4,848円 ビットコイン=5,039円 ※モナコイン・NEMは面倒なので買っていません。自動で買えない限り、積立を辞めようかと思っています。 これから各銘柄の運用成績を紹介します。 ①イーサリアム(ETH)積立の運用実績 今月の平均買付価格=15,150円 これまでの平均買付価格=27,985円 評価額算出時の価格=15,274円 イーサリアム積立結果(単位:円) 年月 元本 評価額 損益 2018/2 ~2019/1 195,571 89,919 -105,652 (-54.0%) 2019/2 200,419 109,386 -91,033 (-45.4%) ②NEM(XEM)積立の運用実績 今月の平均買付価格=N/A これまでの平均買付価格=19円 評価額算出時の価格=5円 NEM積立結果(単位:円) 年月 元本 評価額 損益 2018/2 ~2019/1 60,000 12,448 -47,552 (-79.3%) 2019/2 60

  • 【保存版】Looop(ループ)でんきの評判は?メリット・デメリットまとめ

    「電力・ガスのお得な組み合わせは?会社をまとめた方が安いか比較」で書いた通り、僕は東京電力からLooopでんきへ変更しました。 かれこれ半年近く、Looopでんきを使ってみましたので徹底的にレビューしていきます! 結論としては、これまでと使い勝手は変わらないのに毎月の料金は少しだけ安くなるので満足!Looopでんきに変更する価値は十分にあるでしょう。 いきなり「Looopでんき」のメリット・デメリットまとめ 「Looopでんき」のことをサクッと理解したい人へ向けて、最初にメリット・デメリットをまとめます。 一応デメリットも挙げておきますが、人によってはデメリットとは言えないでしょう。僕は全く気にならない派です。 これから上記を、それぞれ簡単に説明していきます。 Looopでんきのメリット①:シンプルな料金体系!基本料金0円 Looopでんきは基本料金が0円なので、使った分だけ支払えばOKです。 私が切り替える前に使っていた東京電力は、今思えば不明瞭会計でしたね。 なお東京電力などの場合、契約アンペア数を下げることで基本料金を節約できます。しかし契約以上に電気を使うとブレーカーが落ちます。 Looopでんきは基本料金0円ですから、わざわざ契約アンペアを気にする必要がないのが嬉しいです。 Looopでんきのメリット②:契約期間の縛り、解約金なし Looopでんきは契約期間の縛りが無いので、もっと良い電力会社が見つかったらスグに乗り換えできます。 2年縛り&途中解約1万円といった制約を押し付けてくる携帯電話会社にも、見習ってほしいですね。 Looopでんきのメリット③:電力使用量・節約額が一目で分かる パソコンはもちろん、iPhoneアプリ/Androidアプリで電力使用量・節約額を確認できます。 上画像のように、過去1か月の推移を確認できます。 「昨日はエアコンを使いすぎたかも?」 といったように、こまめにチェックすることで無駄な電気を使わないで済みます。 Looopでんきのポータルでは、更に細かい分析もできます。 上画像を見て下さい。料金がかかっている時間帯は「7時台」であることが分かります。 7時は起きる時間。空調に加え、床暖房を付けていたから料金が高いかも。

  • 【株主優待・配当金生活】2019年2月は11,614円!ヴィレヴァン優待券が届いた

    2017年10月から株主優待・配当投資を始めたE太です。個別株・海外ETFへの投資を始めて1年4か月が経過しました。 まずは毎月1万円の配当を安定的に得ることを目指しており、その成長過程をブログで綴っていきます。 2019年1月の株主優待・配当金 受け取り金額推移(単位:円) 年月 株主優待 配当 累計 2017/11~ 2018/10 +17,312 +6,554 23,866 2018/11 +0 +115 23,981 2018/12 +0 +1,956 25,937 2019/1 +0 +1,258 27,195 2019/2 +11,000 +614 38,809 今月の不労所得は11,614円でした。昨年の同月は10,137円であり、1.1倍成長しています。 ヴィレッジヴァンガード株の優待をもらえる2月は、目標である1万円を超える月です。 継続的に毎月1万円を手にするためには、利回り4%のポートフォリオで300万円分の金融資産が必要です。 現在投じている資金は954,937円。コツコツと投資元本を増やすしかありません。 2019年2月の配当金内訳 配当収入があった銘柄は3つでした。 PFF=325円(2.91ドル) ABBV=216円(1.93ドル) PG=73円(0.65ドル) 2019年2月の株主優待 11,000円分のヴィレッジヴァンガード株主優待券が届きました。これで今年もヴィレッジヴァンガードダイナーの美味しいハンバーガーを割安で食べられます。 なお、保有年数に応じて金額が増える仕組みなので、1,000円アップしていました。 1年未満保有=10,000円分 1年以上継続保有=11,000円分 2年以上継続保有=12,000円分 2019年2月のポートフォリオ 株主優待・配当投資のポートフォリオ 銘柄 現在 先月比 VT 4.8% -1.4% VTI 11.4% +1.7% PFF 12.0% -0.7% 米国ETF 合計 28.3% -0.5% JNJ 3.6% -1.1% PFE 1.7% -0.5% ABBV 16.8% +14.0% PG 1.3% -0.4% MO 3.5% -0.9% 米国株式 合計 27.0%

  • 【NEO積立 運用実績】6か月目は-64.5%。平均買付価格が下がってきた!(2019年2月)

    中国版イーサリアムと言われる「NEO」の積立を始めて、6ヶ月が経ちました。 楽ラップやウェルスナビの積立と同様に、運用実績を毎月公開していきます。 ※仮想通貨は価格変動率が大きいので、超ハイリスク・ハイリターン投資の位置付けでチャレンジしています。 仮想通貨NEOとは?積立を始めた理由を簡単に紹介 仮想通貨「NEO」は、高スペックなdApps(分散型アプリ)プラットフォームで利用されています。 中国版イーサリアムと言われていますが、イーサリアムより高スペックな一面もあったり。 そんなNEOを積立対象にした理由は2点。 仮想通貨「NEO」と「GAS」のことを詳しく知りたい方は、以下の記事をどうぞ。 NEOの特徴・将来性 GASの特徴・将来性 NEO積立の運用実績(6か月経過) それではNEO積立の運用実績を報告していきます。 今月は1NEO=755円で、合計8NEOを買付しています。配当は0.680GAS(182円)でした。 NEO・GAS保有量 年月 NEO保有量 GAS保有量 ~2018/8 30 0.894 2018/9 40 1.146 2018/10 46 1.512 2018/11 52 1.917 2018/12 62 2.429 2019/1 70 3.218 2019/2 78 (+8) 3.898 (+0.680) ※2018年8月までは不定期にNEOを購入していましたが、2018年9月から積立感覚で毎月定額を手動買付しています。詳しくは「NEO積立の始め方」をどうぞ。 NEO積立の損益推移 NEOの積立結果(単位:円) 年月 元本 評価額 損益 NEO GAS ~2018/8 155,050 64,560 687 -89,803 (-57.9%) 2018/9 175,931 86,689 791 -88,460 (-50.3%) 2018/10 188,386 77,648 836 -109,902 (-58.3%) 2018/11 198,609 46,124 504 -151,981 (-76.5%) 2018/12 207,993 52,514 583 -154,896 (-74.5%)

  • 【ウェルスナビ運用実績】9か月目は+0.1%!久しぶりにプラ転(2019年2月)

    ウェルスナビの運用をはじめて9か月が経過しました。 ウェルスナビに興味がある方へ向けて、資産評価額の推移やポートフォリオを包み隠さず公開します。ご参考になれば幸いです。 ウェルスナビ運用実績(9か月経過) ウェルスナビの積立結果(単位:円) 年月 元本 評価額 損益 2018/6 110,000 108,420 -1,580 (-1.4%) 2018/7 120,000 122,087 +2,087 (+1.7%) 2018/8 130,000 130,838 +838 (+0.6%) 2018/9 140,000 143,425 +3,425 (+2.4%) 2018/10 150,000 143,028 -6,972 (-4.6%) 2018/11 160,000 156,570 -3,430 (-2.1%) 2018/12 160,000 142,411 -17,589 (-11.0%) 2019/1 180,000 173,357 -6,643 (-3.7%) 2019/2 190,000 190,143 +143 (+0.1%) 5か月ぶりにプラスへ転じました。昨年末に「今後は更に暴落する」と見込んで狼狽売りした人は、負けということになります。 ウェルスナビの配当金 ウェルスナビの運用先は配当がもらえるETFです。 今月は米国債券(AGG)から、合計643円の配当をもらえています。これらは自動で配当再投資されるので、複利効果に期待できます。 ウェルスナビの手数料 手数料は143円でした。ウェルスナビの運用先は個人でも購入できるETFですが、自動で買い付け&リバランスが行われることを考えれば安いと思います。 ウェルスナビのポートフォリオ(資産内訳) 各資産の配分比率 資産クラス 現在 1ヵ月前 前月比 米国株 32.4% 32.0% +0.4% 日欧株 32.1% 31.6% +0.5% 新興国株 13.4% 13.7% -0.2% 米国債券 4.6% 4.4% +0.2% 金 7.4% 7.4% -0.1% 不動産 4.7% 4.9% -0.2% 現金 5.4% 6.0% -0.6%

  • 【楽ラップ運用実績】19か月目は-4.6%!楽ラップを辞めたい人がチラホラ?(2019年2月)

    楽ラップに興味がある方へ向けて、資産評価額の推移やポートフォリオを公開しています。運用開始して19か月(1年7か月)経過しました。 楽ラップ運用実績(19か月経過) ※2018年12月に減額しています。 楽ラップの積立結果(単位:円) 年月 元本 評価額 損益 2017/8 ~2018/7 320,000 332,759 +12,759 (+4.0%) 2018/8 380,000 392,357 +12,357 (+3.3%) 2018/9 390,000 412,028 +22,028 (+5.6%) 2018/10 400,000 391,129 -8,871 (-2.2%) 2018/11 410,000 409,320 -680 (-0.2%) 2018/12 170,000 148,067 -21,933 (-12.9%) 2019/1 180,000 164,724 -15,276 (-8.5%) 2019/2 190,000 181,216 -8,784 (-4.6%) 2018年12月をピークに拡大した損失は縮小傾向です。 楽ラップのポートフォリオ(資産内訳) 各資産の配分比率 資産クラス 現在 1ヵ月前 前月比 国内株式 31.1% 28.6% +2.5% 外国株式 45.5% 42.8% +2.7% 国内債券 2.4% 3.9% -1.5% 外国債券 11.1% 14.6% -3.5% REIT 7.0% 7.0% -0.1% その他 0.0% 0.0% ±0.0% 現金等 3.0% 3.0% -0.1% ※リスクの低い運用コースにすれば「株」の比率が下がります。損失を抑えたい方はリスクを見直しましょう。 2019年1月、国内株式・外国株式の割合が減り、債券比率が高まっていました。しかし今月は元の比率に戻りつつあります。 日本株式だけ足を引っ張っている状況ですが、先進国株式は貢献してくれています。 さいごに:楽ラップを辞めようと思っている人が多い? SNSを見ると、プラスに転じたタイミングで楽ラップを解約したい人が増えているように感じます。 楽ラップ解約した。#ロボアドバイザー #楽ラップ — Pepegy (@Pepegy77)

  • 【積立投資信託 運用実績】景気は読めない…1年3ヶ月目は-0.2%まで回復!(2019年2月)

    2017年12月から投資信託を再開し、1年3か月経過しました。本記事では、これまでの成績を赤裸々に公開します。 「投資信託を買ってみたい!」「どの商品の成績が良いんだ?」と思っている方の参考になれば幸いです。 積立投資信託の運用実績(1年3か月経過) 投資信託の積立結果(単位:円) 年月 元本 評価額 損益 2017/12 ~2018/11 306,000 297,486 -8,514 (-2.8%) 2018/12 359,000 315,709 -43,291 (-12.1%) 2019/1 410,700 388,895 -21,805 (-5.3%) 2019/2 462,000 461,176 -824 (-0.2%) 先月に続き、50,000円を積立しています(もちろん支払いは楽天カード)。また今月も楽天ポイント1,300円分を使って追加購入しています。 関連記事:【口コミ】楽天カードで投資信託を買ってポイントを貯めよう!メリット・デメリットを解説 今月は損失幅も大きく減っていますね。急落に怯えて、狼狽売りしなくて良かったと言えます。 投資信託のポートフォリオ(金融商品ごとの成績) 以下5銘柄を毎月1万円ずつ積立中ですが、1月31日時点の成績を紹介します。 積立銘柄変更につき、以下の積立を辞めました。今は塩漬け中。 積立だけでなく、楽天ポイントを使って投資信託を買っています。身銭を切っていないので、元本は実質0円。 関連記事:楽天ポイントで投資信託を買う方法!これまでの運用成績も公開中 さいごに:景気は読めない!だから自分を信じるのみ 2018年の株価暴落で、10%近くの損失を出した人も多いはずです。 テレビやSNSのニュースなどで、「米経済はリセッション入り(景気後退)するか?」とも噂されていました。 「19年にリセッションはないと賭けてもいい」ブラックストーン社長 pic.twitter.com/DxbypzebOW — ブルームバーグニュース日本語版 (@BloombergJapan) 2018年11月29日 米国株に不吉な兆候増加、ウォール街はリセッションの可能性考慮 https://t

  • 初登場TRONがイーサリアムを抜く|中国政府による仮想通貨格付けランキング(2019年2月)

    中国産業情報技術省 情報産業発展センター(CCID)による仮想通貨格付け10回目が発表されました。 前回(2019年1月)と比較しながら、気になったことをメモしておきます。 中国政府は3つの指標で評価 「パブリックブロックチェーン」を対象に、3つの指標で評価していました。 中国政府による仮想通貨格付けランキング(2019年2月) 前回(2019年1月)の順位と比較しつつ、格付けランキングTOP34を見ていきます。 順位 前回 銘柄名 1 → EOS EOS 2 NEW TRX TRON 3 → ETH Ethereum 4 → GXS GXChain 5 → BTS BitShares 6 ↓ 3位 ONT Ontology 7 ↓ 6位 NULS Nuls 8 ↑ 12位 LSK Lisk 9 ↑ 10位 STEEM Steem 10 ↓ 7位 NEO NEO 11 ↑ 16位 QTUM Qtum 12 ↑ 21位 NANO Nano 13 ↑ 15位 BTC Bitcoin 14 ↓ 8位 NAS Nebulas 15 ↓ 11位 XLM Stellar 16 ↓ 9位 KMD Komodo 17 ↓ 14位 WAVES Waves 18 ↓ 17位 ARK Ark 19 ↑ 26位 XVG Verge 20 → XRP Ripple 21 ↑ 25位 XMR Monero 22 ↑ 23位 ADA Cardano 23 ↓ 13位 MIOTA IOTA 24 ↓ 22位 STRAT Stratis 25 ↓ 18位 DASH Dash 26 ↓ 19位 ETC Ethereum Classic 27 ↑ 28位 BCH Bitcoin Cash 28 ↑ 29位 ZEC Zcash 29 ↓ 24位 HSR Hshare 30 → XTZ Tezos 31 ↓ 27位 SC Siacoin 32 ↓ 31位 BCN Bytecoin 33 ↑ 34位 DCR Decred 34 ↓ 33位 LTC Litecoin 35 ↓ 32位 XEM NEM

  • 珍しくTOP10に動きあり|仮想通貨 時価総額ランキング(2019年2月)

    トレンド把握のために、仮想通貨の時価総額ランキングTOP50を記録しています。 ※「CoinMarketCap」を基に、2019/2/22 21:30時点のデータをまとめています。 ※前回との比較は2019/1/26時点のデータを用いています。 仮想通貨の時価総額/銘柄数、BTCドミナンス 仮想通貨市場における合計時価総額/銘柄数、BTCドミナンスは以下の通り。 今回 前回 比較 時価総額合計 14.93兆 13.27兆 +1.66兆 銘柄数 2,082 2,116 +49 BTCドミナンス 51.9% 52.5% -0.6% 仮想通貨の時価総額ランキングTOP30 まず1位から10位の発表です。この1か月で番狂わせがありました。 ※括弧内は前回の順位を示す(圏外は30位未満を指す)。 「EOS」や「LTC」が順位を上げ、海外取引所バイナンスが発行する「BNB」は遂にTOP10入りしました! 順位 前回 銘柄名 1 → BTC Bitcoin 2 ↑ 3位 ETH Ethereum 3 ↓ 2位 XRP Ripple 4 ↑ 5位 EOS EOS 5 ↑ 7位 LTC Litecoin 6 ↓ 4位 BCH Bitcoin Cash 7 ↓ 6位 USDT Tether 8 → XLM Stellar 9 → TRX TRON 10 ↑ 12位 BNB Binance Coin 続いて11位~30位です。 順位 前回 銘柄名 11 → ADA Cardano 12 ↓ 10位 BSV Bitcoin SV 13 ↑ 14位 XMR Monero 14 ↓ 13位 MIOTA IOTA 15 → DASH Dash 16 ↑ 19位 MKR Maker 17 → NEO NEO 18 → ETC Ethereum Classic 19 ↓ 16位 XEM NEM 20 ↑ 21位 ZEC Zcash 21 ↑ 22位 WAVES Waves 22 ↑ 25位 VEN VeChain 23 → XTZ Tezos 24 ↑ 27位 ONT Ontology 25 ↓ 24位 DOGE Dogecoin 26 ↓ 20位

  • 【2019年最新】仮想通貨取引所キャンペーン一覧!サクッと小遣い稼ぎしよう

    【2019年2月19日更新】 日本国内の主要な仮想通貨取引所が開催しているキャンペーンをまとめました。 口座開設だけで数千円をもらえたり、手数料がお得になるキャンペーンを実施中なので、積極的に参加していくと良いでしょう。 それでは早速、紹介していきます。 【DMMビットコイン】最大で現金11,000円もらえます DMMビットコインでは、最大で11,000円分の現金をもらえます! 取引高に応じたキャッシュバックのハードルが高いと感じるかもしれませんが、レバレッジ売買を繰り返せば、あっという間です。 とは言え、そこまで無理しなくても口座開設だけで1,000円を貰えます。この機会に口座開設を済ませておきましょう。 >DMMビットコインの特徴を見る >DMMビットコインで口座開設する(無料) 【GMOコイン】ビットコイン20,000Satoshi配布キャンペーン中 GMOコインは20,000Satoshiを配布しています。達成条件は、とてもシンプル。 Satoshiはビットコインの単位ですが、日本円換算した20,000Satoshiの価値は… 1BTC=50万円だとしたら、100円 1BTC=100万円だとしたら、200円 1BTC=200万円だとしたら、400円 1BTC=1,000万円だとしたら、2,000円 残念ながらキャンペーン額は少ないですが、アプリの使い勝手には定評があります。仮想通貨初心者にはオススメですよ。 >GMOコインの特徴を見る >GMOコインで口座開設する(無料) 【ビットバンク】手数料キャッシュバックキャンペーン中 ビットバンクは手数料0円キャンペーンを開催中でしたが、更に手数料がお得になりました! メイカー手数料:0%→−0.05% テイカー手数料:0%→0.15% 現在、「プレミアムテイカーキャッシュバック」キャンペーンを開催中です。ハードル高め。 毎月の合計売買金額が1億円を超えた人は、集計期間内の全取引のテイカー手数料の20%がキャッシュバックされます。 >ビットバンクの特徴を見る >ビットバンクで口座開設する(無料) 【ビットポイント】3,000円分のビットコインを配布キャンペーン中 ビットポイント(BITPoint)は3,000円相当のビットコインを配布しています。

  • 【2019年最新】国内のおすすめ仮想通貨取引所!売買形式&銘柄ごとに取引所を使い分けるべき

    国内の主要な仮想通貨取引所は沢山ありますが、取り扱い通貨や手数料などが全然違います。 本記事ではお得に仮想通貨を売買(現物取引)できるように、売買形式(取引所形式/販売所形式)と銘柄毎にオススメの取引所を紹介していきます。 まずは2つの売買形式(販売所と取引所)の違いを知ろう まず仮想通貨投資を行う上で知っておきたいのが「販売所」と「取引所」の違いです。 これから「販売所」と「取引所」について、ざっくり説明していきます。詳しく知りたい方は「販売所と取引所の特徴・違いまとめ」をどうぞ。 販売所とは? 「販売所」形式は、仮想通貨取引所から仮想通貨を買うことになります。 メリット 初心者でも、簡単に売買できる。 即座に売買できる。 デメリット 言われた通りの価格で売買することになる。(取引所が利益を出すために、上乗せした価格になっています) 取引所とは? 「取引所」形式は他の人から仮想通貨を買うことになります。 メリット 自分が決めた価格で取引できる。 デメリット 取引が必ず成立するわけではない。 慣れるまで売買が難しい。 「販売所」「取引所」はどんな人にオススメ? 2つの売買形式(販売所と取引所)は、それぞれ一長一短あります。自分が「どのように売買したいか」によって使い分けるのが良いです。 【簡単売買したい人向け】国内のオススメ仮想通貨取引所 仮想通貨を簡単に売買したい人向けに、「販売所形式で売買できる国内の仮想通貨取引所」と「取り扱い銘柄」をまとめてみました。 上画像中の"○"は取引可能、"●"はオススメです。 販売所形式で売買したい方におすすめは、取り扱い銘柄が多い「GMOコイン」か「コインチェック」です。他の取引所と何が違うのか、おすすめポイントを紹介します。 販売所形式は「スプレッド幅」を要チェック 販売所形式で売買したい場合、スプレッド幅(買う時と売る時の価格差)に注目すべきです。 ビットフライヤーとGMOコインにおけるビットコイン販売所の売買価格を見てみましょう。 ビットフライヤーのスプレッド幅 ビットフライヤーのスプレッド幅は以下の通り。 買い=1,035,087円 売り=1,010,033円 →スプレッド幅=25,054円

  • ヴィレッジ・ヴァンガード株主優待券はいつ届く?おすすめの使い方を紹介

    【画像多め】 人気のヴィレッジ・ヴァンガード株主優待が届きました!本記事では「届く時期」と「おすすめの使い方」を紹介します。 ヴィレッジ・ヴァンガード株主優待券が届く時期 2019年2月3日に「株主優待券」が届きました。有効期限は翌年の1月末までなので、ご利用は計画的に。 また株主優待券と一緒に「お宝発掘セールの招待券」が同封されていました。 珍品名品70%OFFになるみたいですが、僕は混雑が嫌いですし、実用品しか買わないので行きません。 ヴィレバン優待券の使い方①:高級ハンバーガーを食べる 僕は2か月に1回ほど、ヴィレッジヴァンガードダイナーで家族ランチを楽しんでいます。 アボガドのりわさびバーガーセット(パティ180g)=約2,100円 カルフォルニア コブサラダ=約700円 ペッパー&チェダーメルトバーガー(パティ180g)=約2,100円 こんな感じで肉をガッツリ食べているわけですが、請求額は5,000円ほど。 しかし2,000円毎に1,000円券を使える株主優待のおかげで、実際の会計は3,000円(5,000円−2,000円)で済みます。 ヴィレバン優待券の使い方②:ヴィレバン店舗で買い物する もちろん、ヴィレバン店舗でも株主優待を使えます。珍しいグッズを取り扱っているイメージですが、けっこう実用品も売っています。 2018年は、子供(1歳)へクリスマスプレゼントを購入しました。半額ちかくで買えるのは良いですね。 ヴィレバン優待券の使い方③:オークションで売る どうしても使い道が無いなら、ヤフオクで株主優待券を売れます。 しかし有効期限が近くなると売りずらくなるので、計画的に出品した方が良いです。 さいごに:ヴィレバン株主優待は高利回りで、使い勝手良し ヴィレバンは1株1,000円くらいなので、10万円あれば株主優待をもらえるようになります。 毎年1万円近くの株主優待券をもらえるので、利回りは「10%」と算出できます。優待利回りは物凄く高い部類。 そして高級ハンバーガーや店舗ショッピングで株主優待券を使えるので、とても便利です。 関連記事:合わせて読みたい ▼株主優待が豪華なヴィレバン株は成績が安定しているので、ココロも安定します。長く保有したい銘柄の一つ。 &nbsp

  • 勤め先の株式を買うべき?従業員持株会のメリット・デメリットを考える

    会社に入社したばかりの新卒・中途の方は、勤め先の株式を買う「従業員持株会」制度をやるべきか迷う人も多いと思います。 僕は従業員持株会をやっているものの、誰しもが安直にやるべきではないと考えています。その理由をこれから説明していきます。 従業員持株会のメリット①:給与天引きによる強制積立 従業員持株会の仕組みを簡単に説明しておきます。 上記の通り、月給やボーナスから決めた額を天引きしてくれるので、半ば強制的にお金を貯めることができます。 ついつい、お金を持っていると使ってしまう人にオススメです。 従業員持株会のメリット②:単元に縛られない 日本株式の場合、通常なら100株単位で購入する必要があります。しかし従業員持株会の場合、細かい単位で買付できます。 例えば「王将フードサービス」の場合、1株7,140円です。 従業員持株会を使わず、僕ら個人が「王将フードサービス」の株式を買いたい場合、100株ごと売買することになります。 要するに、1回の売買で最低714,000円を必要とします。 この金額をまとめて支出するのは抵抗がありますし、お金を貯めるまで買えません。 しかし従業員持株会であれば「毎月1万円分だけ買いたい」といったニーズを満たすことができます。 従業員持株会のメリット③:奨励金で安く買える 従業員持株会は、会社から奨励金が出ることが多いです。従業員持株会を利用して株式を買った時点で、大きなリターンを得られるのです。 ※会社から出た奨励金以上に、株価が下振れしたら損します。 僕が勤めている会社の場合、10%の奨励金が出ます。要するに給料から10,000円を支払うだけで、11,000円分の株式を購入できています。 従業員持株会のメリット④:愛社精神が芽生えるかも 「勤め先の株式を買うことで、愛社精神が育まれる」という人も居ますね。特に経営層(管理職の中でも上位の人)が言うことが多い印象です。 「自身の頑張りが会社の成長に繋がる。そうすれば株価が上がる!」という論理でしょう。 勤め先の株式を保有することで、仕事を頑張れるなら幸せなことです。 もちろん、これは人によって違うと思います。転職するたびに持株会に加入している僕ですが、今まで愛社精神が芽生えたことはありません…

  • 【比較】VTIとVTはどっちが良い?答えは「VTIは必須、VTは任意」です。

    投資対象として「VTI」と「VT」のどちらを選ぶべきか? …米国投資家の間でしばしば議論されているテーマですが、明確な答えがあるわけではないです。 僕は両方を投資対象としていますが、皆さまへ両方をオススメしたいわけでは無いです。自分の志向に合った選択をしましょう。 「VTI」と「VT」はどっちが良いか? いきなり結論を申し上げますと、「VTI」と「VT」は共に素晴らしい商品というのが僕の見解であり、両方とも投資対象にしています。 他のブログを読んでいると「VTはダメだ。VTIだけで良いよ。」「もはやVTだけで良い。」といったように見解が分かれます。 しかし、これらは優劣をつけられるものでは無い訳で、それぞれ共存すべきものと考えます。 VTI向きの投資家 過去のパフォーマンスを信じる人 米国株信者の人 VT向きの投資家 とにかく国際分散したい人 保有銘柄数を最小限に抑えたい人 「VTI」と「VT」を具体的に比較してみる 2つのETF「VTI」と「VT」を比較してみましょう。自分がどちらのETFに魅力を感じるか判断しながら、読んで頂ければ幸いです。 ※最新の情報はバンガード公式サイトをどうぞ。 比較①:保有銘柄数 分散国数や銘柄数が多い方が良いならVTです。 VTI 米国市場全体のほぼ約100%をカバー 3,500以上の銘柄で構成 VT 全世界の株式市場の98%以上をカバー 先進国・新興国市場を含む約47か国の約8,000銘柄で構成 とは言え、今は米国中心 比較②:セクター比率 どの業種に投資しているのか、VTI・VTを比較してみましょう。 セクター比率(2018/9/30時点) セクター VTI VT 素材 2.3% 4.7% 消費財 7.6% 11.0% 消費者サービス 13.5% 11.4% 金融 19.1% 21.3% ヘルスケア 13.6% 11.1% 資本財 13.4% 14.0% 石油・ガス 5.8% 6.4% テクノロジー 20.1% 14.8% 通信サービス 1.8% 2.5% 公益 2.8% 2.8% 一見、VTの方がバランスが良さそうですが、どっちが優れているという訳ではないです。

  • 【コイン積立 運用実績】12か月目は-56.5%!赤字続きの1年でした(2019年1月)

    2019年1月時点における、仮想通貨の積立運用実績を公開します。Zaifコイン積立がサービス一時停止中なので、手動買付しています。 「仮想通貨の積立をやってみたいけど、実際どうなの?」と思っている方の参考になれば幸いです。 仮想通貨の積立運用実績(12か月経過) コイン積立結果(単位:円) 年月 元本 評価額 損益 2018/2 30,000 25,199 -4,801 (-16.0%) 2018/3 60,000 41,623 -18,377 (-30.6%) 2018/4 90,000 104,681 +14,681 (+16.3%) 2018/5 120,000 108,356 -11,644 (-9.7%) 2018/6 150,000 117,302 -32,698 (-21.8%) 2018/7 180,000 117,473 -62,527 (-34.7%) 2018/8 210,000 106,610 -103,390 (-49.2%) 2018/9 240,000 147,474 -92,526 (-38.6%) 2018/10 270,000 171,554 -98,446 (-36.5%) 2018/11 295,823 104,208 -191,615 (-64.8%) 2018/12 319,939 165,020 -154,919 (-48.4%) 2019/1 329,904 143,429 -186,475 (-56.5%) ※超ハイリスク・ハイリターンなので、生活に支障が出ない程度の資金を投じましょう。 ※1月の積立期間は「1月10日~2月9日」です。2月9日時点の価格を基に、評価額を算出しています。 積立して1年経過しましたが、ずっと大赤字です。「よく続けているね」と妻にも言われます。 なお今月から積立額を3万円→1万円に変更しました。チャートが無関心になる範囲で、気長に続けていくためです。 各銘柄(ETH・XEM・BTC・MONA)の運用実績 Zaifコイン積立がサービス休止中につき、9,965円分を手動で買付しています。 イーサリアム=4,965円 ビットコイン=5,000円

  • 新卒(新社会人)にオススメの資産運用は?少額でも良いから投資信託を積立すべし

    資産運用ブログを運営するE太です。「新卒」と呼ばれてから10年が経ちます。 当時の僕は「若いうちは遊べ!お金を使え!!」という信念のもと、湯水のようにお金を使っていました。 毎月の給料を超える支出を続け、ボーナスで帳尻合わせ。お金が無くなったら、「もしもし俺だけど、1万円を貸してほしい」と親へ電話。 ・・・ 当時の僕は「無計画で、自分に甘かった」と感じています。 もしも過去にタイムスリップできるなら、貯蓄しながら投資信託を積立していることでしょう。 新卒社員(新社会人)も資産運用すべき理由 10年前の僕は、以下のように考えていました。「若いうちは遊べ!お金を使え!!」という信念を持ち、好きなようにお金を使う日々。 今、思えばアホすぎました。そう考える理由は以下の通り。 自分で稼いだお金だから、自由に使って良い?? 自分で稼いだお金を、自由に使うのは悪いことでは無いです。高い時計・スーツを買ってみたり、夜の街で飲み明かすのにお金を使うのは、ダメとは全く思いません。 しかし、この10年でライフスタイルが大きく変化するでしょう。同棲・プロポーズ・結婚式・新婚旅行など、多くの資金を必要とします。 僕は食費や交際費を削ったり、どうしても足りない分は親に借りるという始末。 無暗にお金を浪費するのではなく、将来のライフイベントに向けて、お金を蓄えておくべきでした。 10年後はそれなりにお金を貰っているだろうし、将来のことを気にしないでOK?? 新卒の時と今では、毎月の手取りが2倍以上になりました。しかし依然として、お金に対する悩みは尽きないです。 直近20年は子供の教育費用を支払い続け、それが終わったと思えば老後費用を蓄えなければなりません。 過去の自分を責めても仕方がありませんが、余りに計画性が足りていなかったです。 「浪費は程々に。計画的にお金を貯めてください。」 …過去の自分に贈りたいメッセージです。 貯蓄すべき?それとも投資すべきか? 貯蓄は元本が保証されるものの、現金価値が目減りするリスクがあります。一方、投資はリターンが大きいですが、元本が保証されないリスクを背負います。 貯蓄と投資は一長一短あるわけですが、僕は貯蓄しながら投資すべきだと思います。 ①年利0

  • 【TATERU(タテル)株】配当金+株主優待を加味した損益実績

    【随時更新】 TATERU(タテル)株への投資状況を公開します!本記事では以下2点をまとめました。 配当金や株主優待による儲け これらの儲けを加味した損益状況 TATERU株の特徴 東証一部上場企業「TATERU」は、経済産業省と東京証券取引所が選定した"攻めのIT経営銘柄2018"です。 以下の事業を展開しており、古い慣習に囚われがちな不動産業界に風穴を開けています。 しかし投資マンション購入者が組むローン審査が通りやすいように、銀行口座残高を改竄したことが発覚! 2018年には一時期2,500円を超えていましたが、2019年に入って287円まで暴落しました。 2017年の終わり頃に「欲しいなー」と思っていた銘柄が、想像以上に安く買えて嬉しい反面、不祥事をトリガーにして下落しているので不安感もあります。 とはいえ元々ビジネスモデルに興味を持っていた株なので、お試し程度で投資しておこうと決めた次第です。 最小購入単位 TATERU株は100株単位で購入できる。(株価が300円なら、最低3万円必要) 配当金 1株あたりの配当は10円(税引前)なので、100株で1,000円をもらえる。 株主優待内容 100株以上を保有していれば、3,000円相当のクオカードをもらえる。 TATERU株投資の損益状況まとめ 配当(税引後)や株主優待による儲けを加味して、損益状況をまとめました。 配当・株主優待を加味した損益計算(単位:円) 年月 元本 評価額 配当/優待累計 損益 2019/2 31,200 (未算出) (未算出) (未算出) ※毎月更新していきます。 売買履歴 2019年2月:100株を購入(1株=312円) TATERU株投資による配当金 配当金(税引後)の受け取り状況は以下の通り。まだ貰っていません。 配当金の受け取り・利回り状況 年 元本 配当金 利回り 2019 31,200円 0円 0.00% TATERU株投資による株主優待 株主優待(割引券)の受け取り状況は以下の通り。まだ貰っていません。 今後も3,000円相当のクオカードをもらえるか不明です。どうなることやら。 株主優待券の受け取り状況 年 元本 株主優待 利回り

  • 【2019年版】気になる日本株13選!株主優待・配当狙いのオススメ銘柄

    株主優待・配当生活を実現するために奮闘中のE太です。 本記事では「2019年に買いたい日本株」を13つ紹介します。もちろん株主優待・配当利回りを重視しています。 なお既に保有している6銘柄(シダックス、クックパッド、双日、東急不動産、楽天、ヴィレッジヴァンガード)は含みません。 気になる銘柄①:日本たばこ産業[2914] 僕が買いたいと目論んでいる1つ目の銘柄は「日本たばこ産業(JT)」です。米国のアルトリア・グループ(MO)と同様、超高配当銘柄! 2019/2/5時点) 株価 2,746円 売買単位 100株 購入価格(目安) 274,600円 PER 12.54倍 配当金 15,000円 配当利回り 5.5% 優待価値 2,500円 優待利回り 0.9% PERを見るかぎりでは「割安」な気もしており、過去5年でも最安値を叩き出しています。とはいえ、じーっと静観しています。 1株1,800円付近まで待ちたいなと考えています。 気になる銘柄②:小松製作所[6301] 建設機械で世界有数のグローバルカンパニー「小松製作所」は配当も出ますし、長期保有銘柄として見逃せないです。 2019/2/5時点 株価 2,684円 売買単位 100株 購入価格(目安) 268,400円 PER 12.89倍 配当金 10,200円 配当利回り 3.8% 優待価値 -※ 優待利回り - ※300株以上を3年以上保有した人にオリジナルミニチュアを贈呈されます。個人的には金銭価値が無いと判断。 小松製作所はボラリティがそれなりに大きいです。1株1,700円付近まで待ちます。 気になる銘柄③:ヤマハ発電機[7272] 楽器「ヤマハ」から発祥し、2輪バイクで有名な「ヤマハ発電機」も拾っておきたいです。 2019/2/5時点 株価 2,360円 売買単位 100株 購入価格(目安) 236,000円 PER 8.11倍 配当金 9,000円 配当利回り 3.8% 優待価値 1,800円程度 優待利回り 0.8% PERで見ると超割安ですが、過去チャート的にはまだまだ下げても良さそう…って感じています。1株1,500円まで気長に待つ覚悟です。 気になる銘柄④:KDDI[9433]

  • 【徹底比較】VTIとVOOはどっちが良い?答えは「投資家の好み次第」です。

    投資対象として「VTI」と「VOO」のどちらを選ぶべきか? …米国投資家の間でしばしば議論されているテーマですが、明確な答えがあるわけではないです。 僕は「VTI」を選択しましたが、皆さまへ「VTI」をオススメしたいわけでは無いです。 「VTI」と「VOO」はどっちが良いか? いきなり結論を申し上げますと、「VTI」と「VOO」はどちらを選んでも良いというのが僕の見解です。 中途半端に思えるかもしれないですが、投資家によって答えが異なるからです。 VTI向きの投資家 分散数にこだわりたい人 少額投資しようとしている人 VOO向きの投資家 エリート好きな人 とことん過去の成績にこだわりたい人 「VTI」と「VOO」を具体的に比較してみる 2つのETF「VTI」と「VOO」を比較してみましょう。 自分がどちらのETFに魅力を感じるか判断しながら、読んで頂ければ幸いです。 ※最新の情報はバンガード公式サイトをどうぞ。 比較①:保有銘柄数(分散度合い) 分散数が多い方が良いならVTI、エリート好きならVOOと言えます。 VTI 米国市場全体のほぼ約100%をカバー 保有銘柄数は3,500以上 VOO 大型株に集中しており、米国市場全体の約80%をカバー 銘柄数は500近く 比較②:セクター比率(分散度合い) どの業種に投資しているのか、VTI・VOOそれぞれ見ていきます。まずはVTIのセクター比率から。 VTIセクター比率(2018/12/31時点) セクター 比率 素材 2.5% 消費財 7.9% 消費者サービス 13.6% 金融 19.5% ヘルスケア 13.9% 資本財 12.9% 石油・ガス 5.0% テクノロジー 19.4% 通信サービス 2.0% 公益 3.3% 続いてVOOのセクター比率を見てみましょう。セクターの分類方法が異なるため比較しにくいですが、大きな違いは無さそうです。 VOOセクター比率(2018/12/31時点) セクター 比率 コミュニケーションサービス 10.1% 一般消費財 10.0% 生活必需品 7.4% エネルギー 5.3% 金融 13.3%

  • 【NEO積立 運用実績】5か月目は-75.2%!シャッター商店街モードの今(2019年1月)

    中国版イーサリアムと言われる「NEO」の積立を始めて、5ヶ月が経ちました。 楽ラップやウェルスナビの積立と同様に、運用実績を毎月公開していきます。 ※仮想通貨は価格変動率が大きいので、超ハイリスク・ハイリターン投資の位置付けでチャレンジしています。 仮想通貨NEOとは?積立を始めた理由を簡単に紹介 仮想通貨「NEO」は、高スペックなdApps(分散型アプリ)プラットフォームで利用されています。 中国版イーサリアムと言われていますが、イーサリアムより高スペックな一面もあったり。 そんなNEOを積立対象にした理由は2点。 仮想通貨「NEO」と「GAS」のことを詳しく知りたい方は、以下の記事をどうぞ。 NEOの特徴・将来性 GASの特徴・将来性 NEO積立の運用実績(5か月経過) それではNEO積立の運用実績を報告していきます。 今月は1NEO=742円で、合計8NEOを買付しています。配当は0.790GAS(165円)でした。 NEO・GAS保有量 年月 NEO保有量 GAS保有量 ~2018/8 30 0.894 2018/9 40 1.146 2018/10 46 1.512 2018/11 52 1.917 2018/12 62 2.429 2019/1 70 (+8) 3.218 (+0.790) ※2018年8月までは不定期にNEOを購入していましたが、2018年9月から積立感覚で毎月定額を手動買付しています。詳しくは「NEO積立の始め方」をどうぞ。 NEO積立の損益推移 NEOの積立結果(単位:円) 年月 元本 評価額 損益 NEO GAS ~2018/8 155,050 64,560 687 -89,803 (-57.9%) 2018/9 175,931 86,689 791 -88,460 (-50.3%) 2018/10 188,386 77,648 836 -109,902 (-58.3%) 2018/11 198,609 46,124 504 -151,981 (-76.5%) 2018/12 207,993 52,514 583 -154,896 (-74.5%) 2019/1 213,927 52

  • 【ウェルスナビ運用実績】8か月目は-3.7%!配当は精神安定剤かも(2019年1月)

    ウェルスナビの運用をはじめて8か月が経過しました。 ウェルスナビに興味がある方へ向けて、資産評価額の推移やポートフォリオを包み隠さず公開します。ご参考になれば幸いです。 ウェルスナビ運用実績(7か月経過) ウェルスナビの積立結果(単位:円) 年月 元本 評価額 損益 2018/6 110,000 108,420 -1,580 (-1.4%) 2018/7 120,000 122,087 +2,087 (+1.7%) 2018/8 130,000 130,838 +838 (+0.6%) 2018/9 140,000 143,425 +3,425 (+2.4%) 2018/10 150,000 143,028 -6,972 (-4.6%) 2018/11 160,000 156,570 -3,430 (-2.1%) 2018/12 160,000 142,411 -17,589 (-11.0%) 2019/1 180,000 173,357 -6,643 (-3.7%) 12月分の積立は年始に行われなかった代わりに、1月は2ヶ月分(2万円)が投資元本になっています。 ウェルスナビの配当金 ウェルスナビの運用先は配当がもらえるETFです。 今月はVTI・VEA・VWOから、合計643円の配当をもらえています。これらは自動で配当再投資されるので、複利効果に期待できます。 ウェルスナビの手数料 手数料は136円でした。今月は配当で十分に賄えています。 ウェルスナビのポートフォリオ(資産内訳) 各資産の配分比率 資産クラス 現在 1ヵ月前 前月比 米国株 32.0% 32.0% ±0.0% 日欧株 31.6% 33.5% -1.9% 新興国株 13.7% 14.6% -0.9% 米国債券 4.4% 5.4% -0.9% 金 7.4% 8.8% -1.4% 不動産 4.9% 4.8% ±0.0% 現金 6.0% 0.9% +5.1% ※リスク許容度を下げれば「株」の比率が下がるので、損失を抑えたい方はリスク許容度を下げましょう。 現金比率が増えていますが、そのうち投資に回るでしょう。気にしない、気にしない。 さいごに:配当は精神安定剤かもしれない

  • 【楽ラップ運用実績】18か月目は-8.5%!リバランスで債券比率UP(2019年1月)

    楽ラップに興味がある方へ向けて、資産評価額の推移やポートフォリオを公開しています。運用開始して18か月(1年6か月)経過しました。 楽ラップ運用実績(18か月経過) ※ウェルスナビの投資元本と合わせて比較しやすいよう、2018年12月に減額しています。 楽ラップの積立結果(単位:円) 年月 元本 評価額 損益 2017/8 ~2018/7 320,000 332,759 +12,759 (+4.0%) 2018/8 380,000 392,357 +12,357 (+3.3%) 2018/9 390,000 412,028 +22,028 (+5.6%) 2018/10 400,000 391,129 -8,871 (-2.2%) 2018/11 410,000 409,320 -680 (-0.2%) 2018/12 170,000 148,067 -21,933 (-12.9%) 2019/1 180,000 164,724 -15,276 (-8.5%) 先月に比べ、傷口が浅くなっています。 楽ラップのポートフォリオ(資産内訳) 各資産の配分比率 資産クラス 現在 1ヵ月前 前月比 国内株式 28.6% 33.4% -4.8% 外国株式 42.8% 47.2% -4.4% 国内債券 3.9% 1.2% +2.7% 外国債券 14.6% 8.2% +6.3% REIT 7.0% 6.9% +0.1% その他 0.0% 0.0% ±0.0% 現金等 3.0% 3.0% +0.1% ※リスクの低い運用コースにすれば「株」の比率が下がります。損失を抑えたい方はリスクを見直しましょう。 国内株式、外国株式の割合が減り、債券比率が高まっています。 先月(2018年12月)と比較して、全体的に回復傾向にあります。 さいごに:リバランスで債券比率UP 先ほど軽く触れましたが、リバランスされていました。 国内株式・外国株式:↓DOWN 国内債券・外国債券:↑UP 去年の今頃はリバランスが発生していないので、季節的なリバランスとは言えないでしょう。 楽天は「景気後退が近い」と判断しているのか?その理由は運用報告で確認できると思います。今から楽しみです。

  • 【株主優待・配当実績をブログ公開】30代サラリーマンの不労所得生活

    【2019/2/1更新】 積立投資を主軸にしつつ、株主優待・配当狙いの個別株にも投資しているE太(妻子持ちで30代前半のサラリーマン)です。 本記事では株主優待や配当の受け取り実績、投資損益を赤裸々に公開します。皆さまの株主優待・配当生活の役に立てば幸いです。 さっそく株主優待・配当結果を公開 2017年10月から約50万円を投資し、1年で2万円近く回収できています。 ※最近投資を開始した銘柄は、まだ配当を受け取れていません。 株主優待・配当結果(単位:円) 銘柄 開始年月 元本 優待・配当額 VT 2018/11 39,412 241 VTI 2018/12 58,445 142 PFF 2017/10 82,276 1,836 CWB 2017/10 (売却済) 1,917 【小計】米国ETF 180,133 4,136 J&J 2018/12 29,015 0 ファイザー 2018/12 14,495 0 アッヴィ 2018/12 19,376 0 P&G 2018/12 10,623 0 アルトリア・グループ 2018/12 27,573 0 【小計】米国株式 101,082 0 シダックス 2017/10 44,200 4,057 クックパッド 2017/10 75,300 2,450 双日 2017/10 34,100 1,078 東急不動産 2017/10 72,900 1,198 楽天 2017/10 126,300 3,160 ヴィレッジヴァンガード 2017/11 115,000 11,116 【小計】国内株式 467,800 23,059 【合計】 749,015 27,195 ※海外ETFは米ドルで配当を貰っています。上記は日本円換算しています。 僕が受け取った株主優待・配当を利回り換算すると年率4%ほど。1,000万円を投資していれば毎年40万円、1億円で毎年400万円になります。 汗水流して働かなくても、1億円あれば配当だけで生活できるのです。テレビでお馴染みの桐谷さんが好例ですね。 定年後も安心! 桐谷さんの株主優待生活――50歳から始めてこれだけおトク[Kindle版] posted with ヨメレバ

  • 【株主優待・配当金生活】2019年1月は1,258円!CWBを売却しました

    2017年10月から株主優待・配当投資を始めたE太です。個別株・海外ETFへの投資を始めて1年3か月が経過しました。 まずは毎月1万円の配当を安定的に得ることを目指しており、その成長過程をブログで綴っていきます。 2019年1月の株主優待・配当金 受け取り金額推移(単位:円) 年月 株主優待 配当 累計 2017/11~ 2018/10 +17,312 +6,554 23,866 2018/11 +0 +115 23,981 2018/12 +0 +1,956 25,937 2019/1 +0 +1,258 27,195 今月の不労所得は1,258円でした。昨年の同月は428円であり、2.9倍まで成長しています! とは言え、まだまだ毎月1万円には全然届きません。 配当利回り4%になるようにポートフォリオを組んでいるので、300万円分の金融資産が必要になります。 現在投じている資金は749,015円。コツコツと投資元本を増やすしかありません。 2019年1月の配当金内訳 配当収入があった銘柄は3つでした。 VT=241円(2.20ドル) VTI=142円(1.30ドル) CWB=875円(8.02ドル) 2019年1月のポートフォリオ 株主優待・配当投資のポートフォリオ 銘柄 現在 先月比 VT 6.2% -0.2% VTI 9.8% +4.8% PFF 12.8% -0.6% CWB 0.0% -4.6% 米国ETF 合計 28.8% -0.6% JNJ 4.7% +2.2% PFE 2.2% -0.4% ABBV 2.8% -0.8% PG 1.7% -0.1% MO 4.4% +1.5% 米国株式 合計 15.8% +2.4% シダックス 5.5% -0.1% クックパッド 4.9% -0.4% 双日 6.7% -0.1% 東急不動産 9.5% -0.2% 楽天 13.2% ±0% ヴィレヴァン 15.5% -1.2% 国内株式 合計 55.4% -1.7% 今月は3銘柄を購入しており、合計52,851円を投じています。 VTI=27,423円 JNJ=14,304円 MO=11,124円

  • 【DMMビットコイン キャンペーン】無料で貰える1000円でレバレッジ取引に挑戦?

    DMMビットコインが「1,000円プレゼント」キャンペーンを開催しています。無料で貰った1,000円で現物取引するのも良し、レバレッジ取引も良いですね。 今月2018年3月1日 6時59分までのキャンペーンなので、まだ新規口座開設していない方はどうぞ。 DMMビットコインの特徴 DMMビットコインの特徴をサクッと紹介していきます。 取引できる仮想通貨の種類が豊富 わかりやすい取引ツールで安心取引 様々な手数料が無料(もちろん口座開設も) 365日24時間サポートで安心安全 DMMビットコインの取り扱い銘柄 DMMビットコインは、レバレッジ取引の対応銘柄数の多さが特徴的です。 現物取引(2銘柄) 【BTC】ビットコイン 【ETH】イーサリアム レバレッジ取引(7銘柄) 【BTC】ビットコイン 【ETH】イーサリアム 【XEM】ネム 【XRP】リップル 【LTC】ライトコイン 【ETC】イーサリアムクラシック 【BCH】ビットコインキャッシュ DMMビットコインのセキュリティ コインチェック不正流出で話題になった「コールドストレージ」や「資産の分別管理」は対応しているようです。 コールドストレージによるオフライン保管 2段階認証 資産の分別管理 SSL暗号化 DMMビットコイン口座開設で1,000円もらえる 新規口座開設で1,000円をもらえるのは嬉しいですね。1,000円あれば以下の事ができます。 ビットコイン(BTC)の現物取引 イーサリアム(ETH)の現物取引 ネム(XEM)のレバレッジ取引 イーサリアムクラシック(ETC)のレバレッジ取引 ※他銘柄は最小購入単位を満たしませんでした。 DMMビットコインのキャンペーンまとめ:今なら10,000円キャッシュバックも DMMビットコインのキャンペーンをまとめると… 新規口座開設で1,000円プレゼント 取引高の累計額に応じて最大1万円キャッシュバック 75万円以上~300万円未満なら2,000円 300万円以上~750万円未満なら4,000円 750万円以上なら10,000円 「こんな取引高は無理」と思っている人でも、レバレッジをかけて売買を繰り返せば、あっという間だったりします。