searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

49歳フリーライターさんのプロフィール

住所
所沢市
出身
未設定

痛くない痔の手術ってあるんです! そんな馬鹿な…と思う方、この体験記を全部読んでみてください。

ブログタイトル
痛くない「イボ痔の手術」(日帰り手術)体験記
ブログURL
http://1itakunaiji.seesaa.net/
ブログ紹介文
長年、痔に悩まされてきた自営業者がついに手術に踏み切って脱肛からおさらばすることができた体験記
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2017/08/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、49歳フリーライターさんの読者になりませんか?

ハンドル名
49歳フリーライターさん
ブログタイトル
痛くない「イボ痔の手術」(日帰り手術)体験記
更新頻度
集計中
読者になる
痛くない「イボ痔の手術」(日帰り手術)体験記

49歳フリーライターさんの新着記事

1件〜30件

  • 痔がなくなった実感

    少し前にスーパーハッピーな日々というタイトルで手術後の生活について書きましたが、さらに詳しく感想を書いてみます。 痔がなくなった実感とはどういうものか……。 今一番強く思うのは 「よくあんな状態に耐えてたな」 です。 痔がなくなって過ごしやすくなったことよりも、痔があった時代、それがふつうであるように過ごしていたこと、苦痛にある程度慣れていたこと、あきらめに似た感覚で受け入れていたこと。…

  • 再発の不安はあるか?について②

    痔を持って以来、トイレに行くたびに不便を強いられ、痛みに耐え、手術を受けるかどうか悩みに悩み、ようやく手術を受けた人がもし数年後、痔の兆候を感じ取ったとしましょう。 痔はだんだん悪化していくものですから、いきなりステージⅢ状態で再発することはありません。 軽い痛みを伴いポコッと腫れが飛び出ても最初は自然と戻るステージⅠです。 それを放置するとステージⅡ、ステージⅢと悪化していくわけですが、手術…

  • 再発の不安はあるか?について①

    僕のブログはけっこう詳細な情報が書かれているので、それほど質問メールをいただくこともないのですが、それでもたまに連絡もらうことがあります。 今回は手術をするかどうか悩んでいる方からいただいた「再発の不安」について書きたいと思います。 手術するには相当な懊悩と決断が必要です。 それこそ身を削って悩み、どんな名医に執刀してもらっても若干の痛みと不自由とは付き合わないといけません。もちろん出費もあり…

  • スーパーハッピーな毎日^^

    手術を終えて5か月近く経ちます。 もう、このブログで新しい記事を書くことはないと思っていたのですが、最近になって「その後どうですか?」というメールをちょくちょくいただき、その中で、少しでも経過を書いてほしいという要望がありました。 他の質問もあり、それは個別に答えたりしています。共通する内容はいずれここで紹介するとして、今回はおおざっぱにその後の調子を書いてみます。 現在の僕の肛門の状態はひ…

  • 痔に良いグッズ

    このブログは痔の日帰り手術体験記です。 でも僕自身、長年手術に踏み切ることができず市販の薬などにけっこうなお金を使ってしまいました。 手術をしたいま、それらのほとんどが無駄だったと思いますが、短期的に役立ったもの、一時的に痛みを緩和してくれたものはあります。悪く言えば一時しのぎ、よく言えば手術までの間多少痛みや不便さを緩和してくれるものです。 世の中にはたくさんの痔グッズがありますから、なか…

  • 最後に

    痔の手術を終えて100日が経とうとしています。 いよいよこのブログも最終回。先人である49歳コンビニ店長さん、大脱肛からの脱出さんのブログ同様、今日をもって放置となります。手術の前はそんな日が来るなんて遠い先の未来で想像もできなかったのですが、やってみると本当にあっという間でした。 結局、精神的に一番きつかったのは手術しようか迷っている段階でした。次が初診の電話をする瞬間。次が初診の日。そして手術…

  • 2017.7.4手術後81日目(最後の診察)②

    先生曰く、痔を取り除いた部分以外のところは何もしていないわけだから、いきんだりして負荷をかければそこが再発する可能性はあるとのこと。仮に再発しても早めに受診すれば薬だけで治ってしまうので心配ないということでした。 いままでで一番長い会話を終えて「お世話になりました。ありがとうございました」と言って説明室を出ました。 会計で診察券を返されたとき「記念にもらっておきます」と言ったら、受付のお姉さん…

  • 2017.7.4手術後81日目(最後の診察)①

    たぶん、今日が最後の診察です。 予約時間に合わせ11時に銀座に到着。地下鉄からの階段を上がりながら3月29日に初めて診療所に来たときのこと、4月14日に手術を受けに来たときのことを思い出します。GAPの看板が妙に眩しくて、痔に悩む自分とのギャップを感じたものです(駄洒落です^^)。 受付に到着するといつもの受付の女性があの時同様に迎えてくれました。 変な話ですが、今日でここに来るのが最後かと思うとかなり寂…

  • 2017.7.3手術後80日目

    前回、座薬を使い切ってから予約をとって最後の診察にとのことで、明日がその最後の診察日です。 手術から2ヶ月半、本当にあっという間でした。 最初の一週間以降はほぼいつも通りの生活を送ることができ、不自由だった期間が短い上に遠い過去のため、記憶がほとんどありません。 いま、思い返してみると、椅子に座るとき慎重になっていたり、ジムでストレッチするときお尻の肉が引っ張られないようにしたり、歩きが小股にな…

  • 後遺症について

    手術前、僕が痛みと同じくらい恐れたのが後遺症です。 せっかく痛い思いをして手術を受けたのに、術後に再手術が必要な状態になったらどうしようと不安でした。 実際、ネットを見てみると様々な後遺症に悩んでいる人がいます。多いのが痔をとったあと皮が残っていてそれが肛門から垂れてくるというもの。あとは全部とれてなくてすぐに再発したとか、痛みがいつまでも引かないとか、排便のたびに出血するとか、滲出液が止まらな…

  • 痛みについて

    僕は手術前におよそこの日本にある痔の手術体験ブログは全部読んだと思いますが、印象としては「激痛」が4割、「痛かった」が3割、「それほど痛くなかった」が2割。残りが「ほぼ痛くなかった」という感じです。 「もも」という方が長年にわたる痔との闘いをせきららに書いたブログがあります。その方は痔の手術ではかなり有名な大病院で手術を受け入院生活を送ったのですが、読んでいるだけで涙が出るほど痛そうで絶望した…

  • 生理用ナプキン使用のすすめ

    このブログもあと数回で終了です。 診察は7月の一回を残すのみ。書くべきイベントはそれだけです。 そこで、これから手術を受ける方のために、忘れないうちに書いておきたいことを書こうと思います。 話が前後することもありますが、まず今日は術後のケアについて。 僕が参考にした「大脱肛からの脱出さん」も書かれていましたが、女性の生理用ナプキンは必須です。絶対使った方がいいです。これには理由があります。 手…

  • 2017.6.5手術後52日目

    今日はほぼ一か月ぶりの診察です。 前回先生から「あとはひと月ごとに二回診察してそれで卒業だよ」と言われました。ということは来月の診察で卒業ですが、もしかしたら今日で卒業と言われるかもしれません。だって、もう座薬も入れてないですし、正直、痔の手術をしたこともすっかり忘れて生活してます。 このブログの前半部分を読み直してみましたが、自分で書いたそのときそのときの違和感や軽い痛みなどの記憶がもうないん…

  • 2017.5.20手術後36日目

    前回の更新から10日近く経ちました。 もう完全にふつうの生活をしています。 手術をしたことはほぼ忘れてます。 前回、寝る前に入れるという座薬をもらっているのですが、入れ忘れる日が増えてきました。手術直後、違和感が残っていた時期は早く治したい気持ちが強く、薬を忘れるなんてことはなかったのですが偉くなったもんだなぁと思います。 他の方の体験記を読むと、術後一か月でふつうの生活になり、違和感を微塵も感…

  • 2017.5.11手術後27日目

    週ごとに書いていくと昨日決めたのですが、今日は排便後も手術したことを忘れるほどの快適さだったので書き留めておきます。もう傷を手で触ったり引っ張ったりしない限り、何の違和感もありません。排便の出始めだけなんかへんな気がしますが、それ以外は完璧です。 もうガーゼはしていません。座薬が溶けたものもつかなくなったので。 そうそう、「大脱肛からの脱出さん」がしていたので僕も倣ってみましたが女性の生理用ナプ…

カテゴリー一覧
商用