searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

おひみさんのプロフィール

住所
大阪市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
中国好き?と聞かれましても。
ブログURL
http://rishizi.hatenablog.com/
ブログ紹介文
中国が好きだけど、好きじゃない時もある。 大学で専攻していた中国語を使ってお仕事をしています。 中国語を使うその先に何を目指すのか、考えたりするブログです。
更新頻度(1年)

4回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2017/02/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、おひみさんの読者になりませんか?

ハンドル名
おひみさん
ブログタイトル
中国好き?と聞かれましても。
更新頻度
4回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
中国好き?と聞かれましても。

おひみさんの新着記事

1件〜30件

  • 中国人の好きなところ

    中国語を始めて6年目ともなると、最初のうちは何もかもが新鮮に思われていた中国人の人たちとの出来事や振る舞いが、いまや当たり前になってしまって、「ああ、やっぱり中国のこういうところが好きだなぁ」と思うことも少なくなってきてしまっています。(中国の嫌いなところも慣れてしまっていたり) そんな私が中国の人たちと交流をする中で好きなところとして、「レスポンスがものすごく早い」「友達の友達はみな友達/新しい人と知り合うことに全く抵抗がない」ということがあり、私も中国の人とチャットするときは心がけていることの一つです。 昨日はたまたまそれを思い出す出来事があったので書き記しておきます。 WeChatにて中…

  • 社会人1年目の終了

    1年前の11月1日から前職の会社で入社前インターンを始めたので、今日で社会人になって1年が経ちました。時空がゆがんだ転職歴ありおねえさんなのであいもかわらず怒涛の1年でした。前職の会社の職歴が短すぎて投稿やインスタ広告を見るたびになんか元彼の動向を見ているような複雑な気分になります(未練たらたらか) . 尊敬する中国語がめっちゃ上手くて中国のいまを生きる日本人の後輩と2月に北京で会ったとき、水餃子を食べながら「いやー僕社会人っていう日本語嫌いなんですよねー」って言ってその話でしばらく盛り上がったことがあって(本人談:「違和感を感じる」の訂正でした笑)、そんな社会人1年目が終わりました。やってる…

  • 東京短期留学を終えて #新卒1年目転職歴ありおねえさんの日記#

    学生のとき唯一内定をいただいた大阪の旅行会社を半年ほどで退職し、八月から東京に本社がある中華圏プロモーションの会社で働いています。 現職は大阪支社での採用でしたが、研修のため二か月ほど東京におり、やっと我が愛・大阪に帰ってきたところです。 東京最後の週末に見に行った東京タワー。『東京タワー』は江國香織作品の中でもとても有名ですが私も大好きで、東京に行くなら絶対に見に行かなくちゃと思っていました。 「なんで?!めっちゃ楽しそうだったじゃん!」と転職について驚かれるたび、似たような説明を何度もしていましたが、今回の転職の理由も、私の今までのわりと大きな選択の際のポイントである「たまたまそうなったか…

  • #一个喜欢用中文写随笔的纯日本人#

    #一个喜欢用中文写随笔的纯日本人#趁着赴京工作的机会,跟许多在京朋友聚会聊天,但凡想见的朋友,几乎都见了面,有时甚至一周约的都是中国人。有些人在找工作,也有些人已经结了婚要生孩子,然后跟有一些成功的朋友聊天当中我懂得了一个道理:越成功的人,年轻的时候越吃过苦。那么问题来了,你要成功,如果把自己努力到快累死的程度,幸不幸福?换句话说,除了把自己努力到快累死的程度,不会成功吗?我会努力,会坚持,会不断的学习。不过同时也喜欢把自己放在舒服的环境里的人,从15岁开始我的人生导师是村上春树小说当中的那些主人公,想过那么悠闲的生活,所以如果有人问我“你现在拼命的工作,拼命的过生活吗?”,我可能回答不了。我…

  • 【中国人との付き合い初心者向け】中国の人とのおごり・おごられ合戦

    上海に留学する後輩から質問があったので、中国の人とご飯を食べるときに知っておくといいことを挙げていきます。 ごちそうすることで、「じゃあ次はあなたがごちそうしてね」と次回またご飯に行く流れができる。そうして関係が深まる。 これは、神戸で知り合った中国人留学生の女の子とご飯に行ったときに言われたことです。留学に行く前でまだあまり中国人の習慣に慣れていなかったとき、中国人の子と二人でご飯に行って、お会計でポンってお金を出されたときの衝撃と、「なんでおごってくれるの?」と聞いたときに上記のように返された衝撃は、今でも忘れられません。 なにかお世話になったらありがとうの意味をこめて一度ご飯をごちそうす…

  • 大学生と社会人のはざまで過ごす3連休

    2019年の目標の1つに「お気に入りのものを増やそう」というのがあるので、本日はそのような観点から、3連休中に出会ったお店などについて。 ・「モナ リサ」〒650-0003 神戸市中央区山本通2-13-6 monalisa.kuchikomi-kobe.com オリジナル玄関マットがどうやら赤黒の2種類あるらしいです。 ソファ席が心地よい。 NYチーズケーキが美味しいです。ケーキ底はちょっとシナモン風味で、おそらくlotus biscoffが使われているという推測。 ピザも美味しい。ベーコンとアンチョビのピザ。種類がいろいろある。 外観。 ・「cafe&bar No_3」神戸市中央区山本通2-…

  • なぜか山西省出身の同僚に聞いた北京必食グルメ

    2月後半からユーラシア大陸縦横無尽の卒業旅行に行くのですが、北京では中国語が話せない同伴者(交通にはやたらめったら詳しい)がいるため、お得意の行き当たりばったり旅を封印し、珍しく下調べをしています。 中国語が話せる私を珍しがってくれる山西省出身の同僚に、「北京でおすすめの食べ物ある?」と聞いたり、北京で会う予定の後輩に聞いたりした北京のグルメを覚書として記します。 炸酱面(ジャージャー面) 涮羊肉(羊肉のしゃぶしゃぶ) 上記2つは絶対食べるぞーという決意の意思表示のためメモ。笑 冰糖葫芦(サンザシ飴)…これはもう大好きすぎて留学中上海でも見かけるたびに2本くらいずつ買って食べてた。串の先っぽが…

  • 朱自清《匆匆》

    毎週土曜日は立命館孔子学院梅田キャンパスの中国語サロンの日。 www.ritsumei.ac.jp 北京大の先生一人と、日本人参加者八人くらいでざっくばらんにお話をする会。中国語を勉強している背景も年齢も仕事も参加者によってみんなばらばらなので、休みの日にまで中国語を勉強するほど中国語が大好きな方と交流することで、私ももっと頑張らねばという気持ちになる。 昨日は民国の頃の朱自清という学者(随筆家)の随筆が題材だった。「流れ行く時間について皆さんはどう思いますか?」という質問から、それぞれ自分の人生における過去と現在について話し、《匆匆》という随筆を読んだ。時間という概念を擬人化したり、タイトル…

  • 航空券を買うところからが卒業旅行です

    先週末、卒業旅行のためのフライトのチケットを買った。 KIX-DLC-CKG(南方航空) SVO-PVG(アエロフロート航空) PVG-KIX(南方航空) なぜこんなに訳のわからない買い方をしたかというと、今回のたびの最大の目的はシベリア鉄道に乗ることだからである。そして、例によって今回もハッシュタグを作るために名前をつけた。#大学生活の総集もといアグレッシブ乗り鉄になる旅2019 思い起こせば今まで、 2015年2月 四泊五日北京(#はじめての中国大陸2015春) 2016年2月 二週間中国大陸沿海部縦断 2017年4月 一週間マレーシア・タイ(#会いたいひとに会う東南アジア2017春) 2…

  • 沈腾とムロツヨシ

    が激似だという話。 沈腾 沈腾,1979年10月23日出生于黑龙江省齐齐哈尔市,中国内地影视导演、演员,开心麻花舞台剧签约艺人。毕业于解放军艺术学院戏剧表演系。2003年,沈腾出演开心麻花第一部舞台剧《想吃麻花现给你拧》 [1] 。2006年,沈腾出演话剧《我在天堂等你》。2012年1月22日,沈腾首次登上央视春晚并在春晚上表演小品《今天的幸福》,在小品中饰演贱贱的还有点二的“郝建” [2] 。2013年2月9日,沈腾再次登上央视春晚并表演小品《今天的幸福2》。2013年4月25日,沈腾获得第四届现代戏剧谷2013壹戏剧大赏“年度新锐男演员”奖 [3-4] ;2014年1月30日,沈腾第三次登…

  • 高雄での出会い

    2018/9/4-13 今回の旅(台湾一周旅行)の思い出を今から記します。 しょうほうさんとていせいさん、またの名を錫口人、との出会い。以下はさきほどのメッセンジャーでのやりとりの一部分です。锡口人「我們三個是最後離開這間民宿的背包客」 我「希望你们能享受在停驳过的最后一个晚上」 锡口人「恩恩 我們等等喝完酒要去做個舒服的愛」 要去做个舒服的爱ってなんだこの素晴らしい中国語!我も做个舒服的爱したい(やかましい)そしてちょっとビデオ通話しようと言ってくれて二人の顔を見てまた泣く。①彼らの話。彼らは高雄のホステルのやとわれオーナーで、台北松山区から来ている。 最後の最後に「想听我们的故事吗?」と聞…

  • もし中国学科の後輩に留学をすすめるとしたら

    「本帰国」という長い人生の夏休みの終わりまで残り二か月を切ってしまいました。 振り返りたいこと、記しておきたいことはたくさんあるのですが、 今日は「もし中国学科の後輩に留学をすすめるとしたら」という観点で、 私の中国・上海・復旦大学での休学自費語学留学についての振り返りを書きたいと思います。 多くの中国学科の学生が 「留学に行きたい…けど、どこに行ったらいいんだろう」と 悩むことが多いと思うので、個人的な意見を記していきます。 (台湾の知識はあまりないので大陸に絞ります) 学習年数で考えてみる ①2年後期、3年前期、3年後期で留学に行く場合 日本人が少ないところ、という観点で選ぶのもあり、 よ…

  • 上海纽约大学第二届“华夏杯”中文演讲比赛に参加して

    なんやかんやで一か月くらい準備をしていたスピーチコンテストがやっと終わりました。 【重要提醒】第二届“华夏杯”中文演讲比赛报名截止日期: 10月20日 去年から始まったこの大会、去年のテーマは《传统与现代》で、今年のテーマは《冲突与理解》でした。テーマが大きいので、参加者のスピーチの内容も非常に豊富であり聞いていて非常に楽しかったです。わたしが参加した高級組も、人工知能の話から、母と息子の話、中国の南方北方の話などなど話題は多岐に渡りました。 中国語学習年数で組を分けられた今回のコンテストは、最初の選考として、テーマ自由で5分以内の音源審査があります。それに通ると、次はスピーチ概要を送ります。…

  • 「一个日本人来上海留学,迷上了酒桌文化和中国式秀恩爱」コメントの日本語訳

    昨日のこの記事の続き。今日はコメントを訳したいと思います。 rishizi.hatenablog.com いくつかコメントを書いてくれた中国人がいて、それを読んで当たり前のことだけど「物事の解釈は一つの側から見えるばかりじゃないんだ」って思ったり、わたしが触れていたやさしさは所詮わたしが外国人だからなのかなあって思ったりもした。 以下、コメントと訳。 ・真的酒桌文化应该是“感情深一口闷,感情浅舔一舔”“我干了您随意”吧?日本人还是含蓄了。/本当の飲み会文化は「情が深けりゃ一気飲み、そうでなけりゃあちょっとだけ」「私は(あなたに敬意を表して)イッキしますがあなたはどうぞご無理をなさらず」じゃない…

  • 「一个日本人来上海留学,迷上了酒桌文化和中国式秀恩爱」日本語訳

    先日、 一个日本人来上海留学,迷上了酒桌文化和中国式秀恩爱 (上海に留学にきたある日本人が、"中国の飲み会文化"と"中国人カップルの愛情表現のすごさ")←秀恩爱の訳が難しい というタイトルで文章を書きました。 いつまでも一度のちょっとうれしかったことにとらわれるのはよくないと思いつつ、やっと日本語の訳をつけました。 中国語ができないけど中国ってどんな感じのところなのか興味のある方がいらっしゃいましたらご覧いただけたら幸いです。 以下、中国語原文と日本語。 第一次在中国公司上班/中国の会社で働くというはじめての体験 2017年春天,在神户外国语大学汉语言专业读大三的我,正式休学一年来到上海复旦大…

  • 国慶節会いたい人に会う北方(大連、旅順、北京、豊寧満族自治県、天津)

    国慶節 0日目 10月3日14:19上海駅→10月4日15:14大連駅 このあいだの重慶旅行から帰って来る際に高鉄の二等席に12時間くらい乗ったのだが、旅先でイヤホンをなくしたりもともとあった通信容量を使い果たしてしまったりで暇つぶしの道具をほぼ持っておらず、地獄のような思いをした。 真昼間、ふつうの座席、子供連れが多く動物園状態、という苦痛の中で寝るにも寝れず、ひたすらぼーっとするかkindleに入っていた数少ない小説を繰り返し読むなどしていた。 このような前回の反省から、24時間硬卧チャレンジの今回は(暇つぶし対策に)準備に準備を重ねることになる。 优酷に映画を二本(《从你的全世界路过》と…

  • 一个人的中文水平如何迅速从中级水平提升到高级水平?

    国慶節です。 5月くらいからあまりにも書くことを放棄し続けているのですが、最近またいろんなひととの出会いがあって、わたしにできる数少ない社会貢献の一つは発信することなんじゃないことなんじゃないかなあ、と思ってまた書くことにします。 今日は、中国語を専攻している(留学前~)学生が基礎をある一定まで伸ばし終わって、さてここからどうやってのばしていこうかなというときにおすすめの学習法について記したいと思います。 中国では主にwechatを連絡手段としていることは皆さんご存知だと思うのですが、そのなかの公众号(公式アカウント)が非常に便利であることはご存知ですか。 各会社の商品紹介から、イベント案内、…

  • 上海拉面竞技馆(上海ラーメン競技館)に行ってきました

    一か月半に渡る一時帰国を終え、上海に戻ってきました。 11日から秋学期が始まります。 はやくも残り半年になってしまいましたが、後期も引き続き上海での生活を楽しみつつ中国語を伸ばしたいと思います。 今日はラーメン好きには見逃せない上海にあるラーメン共和国(道民にしか伝わらない・・・)について書きたいと思います。 上海地下鉄 八号線 曲阜路直結の大悦城というデパートの中に拉面竞技馆というラーメンストリートがあります。 博多のお店や兵庫のお店など現在七店舗が入っているのですがその中に北海道富良野発のお店があります。 その名も、(有)とみ川。 六月末に始めて参加した上海どさんこ会という集いで店長こと富…

  • 宋芳茶馆に行ってきました

    日本ではプレミアムフライデーですが、中国では端午節のため振替出勤を控えた前日ということで決して華金ではない本日。 (中国では日本のハッピーマンデーとは違い、祝日が月曜日ではなかった場合三連休を日月火として土曜日を振替出勤とする場合が多い) 参考までに、中国の祝日と休日のカレンダー 2017年 | 祝祭日と国旗、国歌、時差を調べる そんなことはさておき、今日はゼミの先生にぜひ行ってレポートしてほしい、との任務を(?)受けたお茶屋さんに行ってきました。その名も、宋芳茶馆です。 サイトはこちらから:Songfang Shanghai ▼日本語説明も選択できます ▼店舗は地铁10号线陕西南路の近くと、…

  • 入乡随俗~中国語入力編~

    中国語にも「入乡随俗」という、「郷に入っては郷に従え」と同じ意味の諺がありますが、まさに留学では中国での生活様式を学ばないと日々を過ごすことのが難しかったりします。 中国では日本で使えた各種SNSやインターネットブラウザが使えない場合がほとんどなので、まさに「入乡随俗」の必要があります。検索ツール(中国版Google)としての百度、動画サイト(中国版Youtube)の优酷や土豆、短文投稿サイト(中国版Twitter)の微博などを有効活用することは必須ですが、そのほかにぜひおすすめなのが入力ツールをダウンロードすることです。 パソコンで中国のことを調べたり、授業の発表のために中国語でパワーポイン…

  • 三か月が経ちました

    上海に来てまるまる三か月が経ちました。 信じられないほど書くこと、アウトプットすることから逃げ続けているのですが、今日ばかりは節目としてブログに向き合うことにします… この一か月は、東南アジアという『海外』に出て、この中国という大きな国を、中国という大きな国で留学している自分を、見つめなおすことが出来た一か月でした。中国語を勉強してきたこの三年間、日本以外の国をほぼ知らなかった私にとって初めて本気でぶつかった『中国(大陸)』という外国のことをますます好きになり、好きが最高潮に達した時点での上海留学でしたが、『海外』に出ることによって視野が広がり(あ~使っちゃったよ留学生大好きワード)、少し冷静…

  • 香港から来た“留学生”と仲良くなった話

    先週末、仲良くなった香港人の女の子とその友達と一緒に、大学の近くにある日本料理を食べに行きました。 桃屋(政民路店)电话,地址(图)-上海-大众点评网 ここ、復旦大学の日本人留学生には有名な日本食レストランで、結構安くて味は悪くはないかなって感じです(笑) 留学されている方、これからする方はぜひ一度行ってみてください。 香港の教育の話 その子たちは二人とも香港人なのですが、いろいろ話しているうちに2017年春学期だけの交換留学だということが分かりました。(てっきり本科生だと思っていた) 香港の国立大学で勉強していて、二人とも今三年生で、欧米に行くためには英語の試験の成績がいることと物価が高いこ…

  • 会いたいひとに会うはじめての東南アジア

    四月末に复旦大学の留学生旅行があったのですが、軽度の社会不適合者なのでその旅行には参加せず、東南アジアに行ってきました。目的は、マレーシアとタイに留学中の、わたしが尊敬してやまない先輩と高校の同級生がいたからです。名付けて「2017 会いたいひとに会うはじめての東南アジア」。 その国のことをよく理解しているひとに案内してもらって、普通の旅行では絶対に知ることができなかったことをたくさん知ることができました。副題は「大人の修学旅行」です。笑 以下、おもしろかったことと、わたしが留学している中国との比較を書き連ねます。どうかお付き合いください。 【マレーシア】4/21~26 六日間、マレーシアのこ…

  • 二か月が経ちました

    上海に来て今日でまるまる二か月が経ちました。21歳の誕生日という節目もありつつ起伏が激しかった二か月目でした。 「折り返しの折り返し」です。いまさらですが、時間の流れというものはほんとうに早いです。備忘録ですがよろしければお付き合いください。 ・友達をつくる…基礎はできた 一か月目が終わって振り返ったときに、「中国人の友達を作る」という目標を立てたのですが、この一か月はいくつかの活動に参加して何人か魅力的な中国人の人たちに出会うことができました。友達の基礎はできた、という感じです。 クラスメイトたちも、お互いの存在に慣れ、一緒にご飯を食べたり中国語でいろいろなことを話すようになりました。ここか…

  • 完全に語学交流ではない語学交流

    半月くらい前に、復旦大学の語学交流のサークルに名前だけ登録しました。昨日その活動に行ってきたので、今日はそれについて書きます。 【サークルの入り方】復旦の場合 ①始めのほうにバスケットボールコートで行われるサークル紹介に行ってチラシやらなんやらもらう ②Wechatの、復旦日本人会や全留学生の新入生会のチャットに入るとそこでも紹介されることがある ③知り合いのツテで入る この語学交流のサークルはあまりにも規模が大きいため、まずWechat上からとべるアンケートに、母語/学びたい言語/名前/学年などを記入すると、管理人の方々が国籍をばらけさせて20人ぐらいずつのグループに振り分けてくれて、その中…

  • 人民元と北海道チーズケーキの話

    ・人民元の話 この前中国人の大学生の友達とチャットしていたときのことです。 この友達は短いフレーズを別々に打ってくる子で、こんな感じでメッセージがきました。 友人「我明天有毛泽东概论课」(明日毛沢東概論の授業ある…) 友人「我只要红色的毛爷爷」(赤い毛沢東ほしい) 友人「不想学习」(勉強したくない) 友人「把红色的毛爷爷人民币给我就好」(赤い毛沢東のお札だけほしい) 友人「粉色的最好」(赤がいちばんいい) 友人「蓝绿的50的也行」(緑の50元のでもいいかな) 最後まで読んでやっと意味がわかりました。お札の色を言うことで、お金を表しているのです。 ▲中国ではお札が6種類ありますがすべてデザインに…

  • Freebird主催日中お花見活動に参加した話

    一週間ぶりです。 昨日、土曜日は久しぶりにお出かけしました。「日中学生交流団体Freebird」さんのお花見イベントです。 ▲桃の花も満開 ▲中国の桜はほとんど日本からもたらされたものだと思います。 復旦大学(と上海全体)には日中交流系のイベントが腐るほどありますが、「Freebird」さんはその中でももっとも大きい団体だと思います。 日中交流にはメリットとデメリットがあって、デメリットとしては両方の言語で話すので、必ずしも自分の語学力の向上につながらないことですが、しかしメリットとして、①外国人との交流が双方の言語で出来るので、お互いの国やその人の人となりのよりよい理解につながること、②わか…

  • 漢字の国、中国

    今日は授業で漢字の成り立ちについて学びました。小学校のときにやったような「山」「川」の成り立ちから始まり、会意文字についても学びました。 会意(かいい、會意)とは、漢字の造字法である六書(りくしょ)の一つ。既成の象形文字または指事文字を組み合わせること。会意によって作られた漢字を会意文字(かいいもじ)という。 (出典:会意 - Wikipedia) そのなかで、男と女に関する漢字の説明がありました 男 田んぼでの労働力 婦 女が帚(ほうきの意味)を持っている 女性は多くの状況において家の中にいることをあらわす 娶 女を取る 妻 一画目の横線が「髪の毛」を、その横線と女という字に挟まれた部分が「…

  • 21歳になりました

    先週の金曜日の記事から時間が経ってしまいました。江蘇省への小旅行はすごく楽しかったです。 さて、私事では有りますが昨日やっと21歳になることができました。お祝いのことばをくださったみなさん、いつもブログを読んでくださっているみなさん、本当にありがとうございます。少しだけ、自分語りをしますが、下のほうに恒例の中国ネタをぶっこんでますのでよければお付き合いください。 留学に来てから親のありがたみが痛すぎるほど身に沁みています。弟を二人抱えて大学で一人暮らしをしてさらに私費留学をさせてもらうってどんだけ金食い虫やねんって話です。お父さん、お母さん、いつもありがとう。 わたしは基本的にご飯は食堂かテイ…

  • コーラを飲む論語の先生と男女平等について

    いわゆるTGIFです。中国語にすると「感谢上帝今天是星期五」って、ちょっとシュールですね。それにしても一週間がたつのが早すぎます。 金曜日は論語を読む授業があります。おじいちゃんの先生で雑談が大好きで、こないだまで日本の立教大学で中国語を教えていたらしく、日本の話をよくしたりします。 その先生は休み時間に毎回コーラを買ってちょっとばつが悪そうにすすりながら飲むのがかわいいのですが(ケーキも食べないしコーヒーに砂糖も入れないから週一回くらいいいだろうと言いながら飲む、かわいすぎる)、30歳すぎになる息子さんはオランダに法律を学びに行って中国に帰ってきてから弁護士になったという話を聞いて学歴社会を…

カテゴリー一覧
商用