searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

藤森照幸的「心」(アスベスト被害者石州街道わび住さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

石州街道沿い(安芸国名刹 別格本山福王寺山中)にて、主夫しています。 但し、炊事だけ。 洗濯、掃除は奥様に拘りがあり 私の出番が有りません。

ブログタイトル
藤森照幸的「心」(アスベスト被害者石州街道わび住
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/teruyukinoburogu1945
ブログ紹介文
藤森 照幸(旧名 深山 霞)
更新頻度(1年)

372回 / 365日(平均7.1回/週)

ブログ村参加:2016/12/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、藤森照幸的「心」(アスベスト被害者石州街道わび住さんの読者になりませんか?

ハンドル名
藤森照幸的「心」(アスベスト被害者石州街道わび住さん
ブログタイトル
藤森照幸的「心」(アスベスト被害者石州街道わび住
更新頻度
372回 / 365日(平均7.1回/週)
読者になる
藤森照幸的「心」(アスベスト被害者石州街道わび住

藤森照幸的「心」(アスベスト被害者石州街道わび住さんの新着記事

1件〜30件

  • 秋も深まって来つつある

    朝10時、日が当たって温まった飛び石の上に、「アキアカネ」。夜は、冷え込みが強くなってきたので、冷えた体を温めるため、飛び石の上から逃げないのだ。庭に植えたキュウリも終わりが近づいて、いよいよ年の暮を待つ風情になりつつある。地元のNHKの夕方の番組に、わが孫殿とその友人5人が出演したそうだ。ネットで、五人が自習をした時、そのうちの一人の発案で、TVの天気予報の放送に、参加して、「〇〇さん、明日の天気はどうかいね?」と呼びかけ役をやったそうだ。中学生と言へども、もはやSNSを活用して楽しんでいるようである。TVでは、松茸などのキノコのニュースが多く流れてくるが、今年は山に行く気さえ起らない状況がある。それは、クマの出没ニュースが頻繁に報じられるからだ。熊さんには、我が家にも一度お越しいただいたが、市役所の対策係が...秋も深まって来つつある

  • 一人暮らしを支えるには(12)

    つらつらわが身を顧みるに、いつ一人暮らしになるのか解らない年になってきた。それは、明日かもしれず、逆にわが奥様が一人になるのか、誰も判らない年代になった。三年前、「マダニ」に侵されて、又、一昨年心不全になって、何時あの世に行ってもおかしくない状況を経験した私だが・・・・。ICUの部屋で過ごした私としては、「生」ある間に、功徳を積みたい、否、人間としての誇り?としての生き方として、困っている人を見過ごししたくない、という心の動きの中で生活している。夫婦喧嘩は日常茶飯事だが、相手が在ってはじめて成立する。相手がいない方々の、生活が予想できない自分がそこにある。幾十年の友人としての、人間関係が在ったとしても、想像に域を出ることはない。世の中に対する怒りや、友人に対しての思い、その他色々、生きている限りあることは間違い...一人暮らしを支えるには(12)

  • 一人暮らしを支えるには(11)

    不思議な現象がある。スーパーBには、高齢者の客が多いい。それも夫婦連れが多い。単独の高齢者は、その多くが男性だ。また、Eと言うスーパーは、女性高齢者が多い。日曜日になると夫婦二人というパターンが多くみられる。販売している商品に大きな差はないと思うが、店の存在する場所なのかと思ってみているが、そうでもないようだ。国道54号と国道191号の交差点周りに3店舗のスーパーがある。Sという店は、時間つぶしの高齢者が多く存在し、少し高級感がある。店舗の中にテナントが多く入っているからだろう。Tという店は、どことなく中途半端という感じで、あまり特徴がないが、同じ敷地内にスーパー銭湯があり、飲食店や、レンタル店が同居している。Mという店舗は安売り感が強く、若い夫婦や、外国からの出稼ぎの人が殺到している。特別な品ぞろえではないし...一人暮らしを支えるには(11)

  • 一人暮らしを支えるには(10)

    広島市立図書館へ出掛けてみると、座席のある所はいつも同じ高齢者が占拠している。開館前から扉の外で待っており、開館するや読書をする机を占領してしまう。それは一日中続くのだ。昼時間も、自分の席には荷物を置いて、他人に占拠させない。これが毎日のことなのだ。目を転じると、大型スーパーの休憩場所の椅子も、いつも同じメンバーの高齢者が占拠している。そこにはTVが設置してあり、利用者は顔なじみのようだ。ただこの休憩所は、コロナ騒動で、大幅に席の数が減らされたし、TVが撤去された。そこに屯していた後期高齢者は、いったいどこに行ったのだろうか。その多くは、同じスーパーの中のゲームセンターの椅子を占拠していた。昼時には、食事コーナーを高齢者が占拠する。一品の食事で長時間占拠されたらお店側はたまったものではない。その他、公民館の談話...一人暮らしを支えるには(10)

  • 一人暮らしを支えるには(9)

    一番恐ろしいのは、孤独死ではなかろうか。毎朝この団地のメイン通りを、後期高齢者の女性軍の集団が、登っていく。この道の先の山頂には、別格本山福王寺があり、その途中に展望台があって、そこからは隣町(旧時代の)高陽町や、佐東町その先には広島の街並みが霞んで見える。宮島の山並みが薄く形を見せている。足元は元広島~浜田、太田銀山街道で、山陰に向かう人で、嘗てはにぎわった。こうした集団に属している人は、異常があればすぐ見解るが、単独行動をされる方や、引き籠り(読書好きや他の趣味を持っている人)の人が、孤独死していても誰も気づかない。今、私が気がかりな人がいる。その女性は、私より高齢であるが、子供は二人女の子で、一人は伊豆諸島に魅せられて結婚して移住。今一人の子供は、結婚して県外に生活している。近頃腰が曲がってきて、行動範囲...一人暮らしを支えるには(9)

  • 一人暮らしを支えるには(8)

    私が通っている病院は、広島市立の病院だ。毎朝この病院の玄関は、病人を送迎する車で大渋滞になる。このことが問題化して、移転することになった。この病院の移転のために、JRが全国で初めて廃止した路線を復活させた。もっともこの裏には、この路線を復活させたい、ある政党の姿が見え隠れしている。わざわざ電車を走らせて果たして患者が電車でやってくるとは思えない。この病院は、個人病院からの照会がなければ診察を受けられないし、救急患者でも生死にかかわる患者しかやってこない。となると、高齢者で一人暮らしの者は、タクシー以外は利用できないのだ。何のために、広島市が負担金を出して路線を復活させたのか、いささか疑問を持っている。今やこの路線の周辺は、アパートの建設ラッシュである。相続した土地活用に困っていた人たちが、一斉にアパート経営に乗...一人暮らしを支えるには(8)

  • 一人暮らしを支えるには(7)

    後期高齢者の生活にもいろいろある。私の知っていたお医者さんは、一人息子で、その奥さんも一人娘だった。双方の親が結婚に大反対。その奥さんがすごい美人で、お医者さんは家を出て、過疎地と広島市の接点で開業された。その開業時、場所を探していた時、あるお寺の前が大きな屋敷で、国道に面しており駐車場が十分あった建物を見て、この土地を借りて是非とも開業したいと思い始めた。この地主さんは、名門家の出で毛利家につながるお方だったが、先生の熱意に負けて、自分の隠居場を別に立てて格安でこの土地を譲られた。隣は、元地主の長男ご夫婦の家があった。この病院は、地元に大変喜ばれた。それまで地元に医者がなかったのだ。ずいぶん繁盛したが、跡取りに恵まれず、その上奥様が50代半ばに白血病で亡くなられた。がその後、先生は再婚されず、病院を続けられた...一人暮らしを支えるには(7)

  • 一人暮らしを支えるには(6)

    今日も買い出しから帰りかけると、団地の一人住まいの方がリュックサックを背負って長い上り坂を帰っていた。以前、「車に乗りませんか」と、声をかけたことがあるが、遠慮して断られた。一度断られると、再び声を掛けにくくなる。バス停から標高差200m、団地の道は五度曲がって登っている。直線距離はたいした事はないが、曲がりくねって歩く距離は、五倍位になるだろうか。二十分間の格闘である。歩ける間はよいが、それが出来なくなると、宅配に頼った生活になる。誘い合わせて買い物されるなら、タクシーという手もあるが、どうもそれは嫌だそうだ。生活の一部が丸見えになるからだ。いずれ私も同じ穴の狢となる身なのだが・・・。外の社会と接するのが、買い物だけ・・・・・、これもまた問題ではある。解決策はなかなか見つからない。一人暮らしを支えるには(6)

  • 一人暮らしを支えるには(5)

    私が住む町内は、20軒を基準に区割りしてある。理由は簡単で、20軒位なら、配布物が手短にできるからだ。隣の区を見渡すと、23軒の内5件が空き家である。一軒は、80代の男性の一人住まい、5軒が70から80代の女性の一人住まいである。ただ、特筆すべきは、20代の女性の一人住まいがおいでである。彼女は、耳に障害をお持ちである。手話か筆談以外、コミニケーションがとれない。玄関の呼び鈴も役に立たないのだが、緊急時にどのように伝えるべきか方法を考えているが、思いつかないでいる。5人の独身女性は互いに行き来されているようだが、いずれの方も自家用車を持っていない。80代の男性が頼りだが、そうした意識はお持ちでないようだ。残りは若い世代であるが、家族が多く他人まで面倒などできそうにない状態だ。その中で一軒は引きこもりの方がおいで...一人暮らしを支えるには(5)

  • 一人暮らしを支えるには(4)

    90歳間際の主人、80歳台半ばの奥さん、子供が40歳台後半の娘さんが二人。問題は誰も自動車免許を持っていないし、車もない。指定避難所の中学校までは直線で1.4km。距離は少ないように思うだろうが、住んでいる場所は標高270mの所。学校は標高260mの丘の上。いったん下って、また昇り。町の中心部の標高は70m。この一家が避難するには、・・・・誰かの手助けがない限り無理である。この事は自覚済みだそうだが、誰のお世話になればよいか、・・・・。避難所に準備されているのは、毛布が一人当たり二枚だけ。床にひくダンボウルが、今年導入されたが仕切りはまだ導入されていない。こんな状況の家庭は、一人暮らしが四組同居と変わらない状況なのだ。加えてこの団地は、土砂災害多発地帯で、避難勧告地に指定されている。こうした家庭の救済方法を、町...一人暮らしを支えるには(4)

  • いよいよ三年目・・・・・

    安物のパイナップルの頭を植えてから、二年が過ぎた。背丈は1mを優に過ぎて、いよいよ実りの三年目に突入した。果たして広島の温暖の地で、実がなるのか見ものである。今年のような暑さが続けば、期待できるが果たしていかに。乞うご期待。夜の頻繁なトイレ通いの為、寝床を一回に移したので、2階の12畳を独占中である。私が水をやらない限り、彼は枯れるしかない。彼もまた切なき「一人暮らし」である。如何なることに相成るか来年が楽しみではある。いよいよ三年目・・・・・

  • 一人暮らしを支えるには(3)

    私も後期高齢者になった。75歳という節目を迎えて、つらつら考えるに、若くして亡くなった同級生や、痴呆を発症している者や、離婚して一人暮らしの者等、色々いる。中には、成人式がきっかけで、社会教育講座を受講して顔見知りとなり、その後45年ぶりに同じ団地に住むことになった女性がいる。二十年前の事だが、お互いにびっくりしたが、その女性が三年前から痴呆になり、運転免許を返納させられた。おまけにその二年前に、主人をアスベストによる肺癌で亡くしていた。子供さんは一人、娘さんがいるが同居していない。もともと、何事も積極的に行動する人だったが、行動するための足を奪われたが、それでも公民館活動などで頑張っているようだ。そんな彼女だが、ごみの収集日など見ていると、収集場所と家を幾度も行き来するのだ。収集ごみの種類を確認するために、そ...一人暮らしを支えるには(3)

  • 一人暮らしを支えるには(2)

    リュックサックを背中に、両手に買い物袋。団地の坂道を登って行く。一週間に幾日かは解らないが、見かけると声をかけたくなるが、知らない人間が声をかけても、不審者と思われるだけなのだ。先日も、コンビニの前の歩道に腰を下ろして、夫婦でアイスクリームを食べておられた。大量の買い出し荷物がその前に置いてあったので、車でお送りしましょうかと声をかけたが、断られた。高齢者が、警戒するには理由がある。私の住む地区は、日本でもトップクラスの老人を狙った詐欺が横行しているのだ。一つの警察署では、最悪の記録だそうで、数千万円の被害が数年にわたって続いている。一つには、古い習慣で町内会の館員名簿が作られて、配布されているのだ。これを、高校生などがコッピーして、名簿業者に売っているそうだ。公表されているので、違法ではないし、その他卒業者名...一人暮らしを支えるには(2)

  • 一人暮らしを支えるには

    私が住む団地では、ブロックによっては一人暮らしが多い様である。もちろん女性が多いい。女性は、コミニケーション力があるようで、同じ境遇の者同士で、行き来して居る様である。この団地は古い基準で作られているため、災害には脆弱である。その為、長雨や台風時の避難行動をいかに行うかが問題になっている。町内会では、その問題に取り組み始め支援を始めたが、申し込みが少ないようだ。理由は他人に迷惑をかけたくないのだそうだ。それに、自家用車を手放している方が多いので、直線で1.5km有る避難所までの移動をいかにするかが課題となっている。移動ボランティアと、人間同士の話なので、合う、合わないといった問題がそこに存在し、複雑化している。緊急時なので、強引に行えばよいが、持病の問題や、長年同じ団地に住むと、過去の人間関係がそこに現れて、な...一人暮らしを支えるには

  • 役目が終わった我がブログ

    2011年10月20日このブログの初日の日付である。始めた目的は、当時「アスベスト」患者の救済問題が社会問題化してきた時期で、私も胸膜肥厚と肺に水が溜まり経過観察されていた事から、健康管理手帳の取得の手助けにと始めた。御家族からの相談を受けて、はたまた、嘗ての仕事仲間に、健康管理手帳の取得を進めてきたが、マスコミに取り上げられ、多くの方々が認識されて私の役目が終わった感がある。9年経てば、毎日のブログ更新も、我が愚痴ばかりになり、あまりかっこ良いものではなくなった。今一つ、自分の中で消化しきれずに続けてきたが、ここらで目的を変えて新たな問題を提起できるブログに刷新したくなってきた。私自身は、保守的な人間で、元々は「藤山政治大学」(藤山愛一郎主宰)の一期生なのだが、社会教育関係者と付き合いが始まり、その中で「被差...役目が終わった我がブログ

  • お子ちゃま並み

    トランプ大統領の行動を見ていると、お子ちゃま並みに見えてきた。アメリカ的といえばそうなのだろうかと思うが、ただただ、駄々をこねているような気がする。対中国政策についても、単純すぎる政策で中国に馬鹿にされている気がする。準備をせずに、突然政策を発表して、後から実行案を考えているとしか思えない。場当たり的政策こそ、嘗てのヒットラーの政策だった気がするのだが、戦争を引き起こさなければよいのだが。任期もあとわずか、なんとこの最後っ屁とばかり、ド派手なぱほーマンスをやりはしないだろうか心配である。お子ちゃま並み

  • えー・・・「右翼」?

    学術会議の欠員メンバーを推薦したら、総理はお蹴りになったそうだ。原発維持派の総理からしたら、今の学術会議のメンバーは、「目の上のたん瘤」。福島の汚染水、海に放出案が、行き詰っている。いっそのこと、大型タンカーに乗せて、北朝鮮や中国、ロシアの沖合へ、捨ててはいかがかな「菅総理」。こんなことを書くと、戦前ならば「特高」が遣って来ただろうなと、想像している。これも、「山代巴」の読みすぎなのだろうか。天皇制が悪いとは思わぬが、イギリス王室のように、経済自立できる基盤を提供すべきではなかろうか。その中で、責任をもって行動していただくことこそ、真の「国の象徴」としての威厳が備わる気がしてきた昨今だ。皇室のどの方が、どんな方と婚姻される等は、ご自由にされたらよかろうし、その結果がどちらに向こうとも、ご自身の責任で解決されれば...えー・・・「右翼」?

  • ダウン

    季節の変わり目のせいだろうか、体調不良が続いている。起き上がる気力もなく、横になって「山代巴」の全集を読んでいる。五巻まで読んだ。出てくる地名が、広島県が多く、その地方の描写には感心して読んでいる。京浜工業地帯の描写も面白い。実際に、牢獄生活をした者だけが書ける小説であることには間違いないが、読み方によっては、実は自伝に近いと感じてくる。戦前の革新系思想者が通った道筋がはっきりとした形で書かれていて、読んでいて、今の時代をぬくぬくと謳歌している自分がいる事が、なんだか切なくなってきた。六巻は、明日の病院の検査結果で、読み続けるかどうか決めるつもりでいる。この全集は読んでいて疲れてくる。ダウン

  • 今日は一日寝て暮らした

    別段体調が優れない訳では無いが、起き上がって何かしようとする気力が涌かない。そんな日は、大体に奥様の機嫌が良くない日でである。起き上がってぶつかるより寝て暮らした方が良い気がするのだ。此方もそんな日は「鬱」状態になっている。「老人性鬱」では無いが、色々社会を見ていると、「嫌に成ります世の中が」‥‥となって来る。菅内閣になって、社会が何処か暗くなった気がする。人間の本来持っている人間性が現れるのだろうか。馬鹿でも明るいい方が、国民は安心できる。そんな事を考えていたら、子供の頃、都合が悪くなると、「お腹が痛くなる」という同級生が居たことを思い出した。第一次安倍内閣も、なんだかそんな調子で終わって、麻生総理の出来損ない内閣でつまずいて、再び安倍さんが内閣を組閣したが、奥様の色々な問題行動や、岡山加計学園問題で追及され...今日は一日寝て暮らした

  • 朝も早くから庭掃除

    私ではありません、奥様です。若い頃は、貧血で朝が弱く結婚の条件に強制入院させて、胃潰瘍の治療をさせた。ところが、最初の子供を見もごった途端、胃潰瘍は全開、朝もはよから‥…に成った。70を過ぎてもそれは変わらず、今朝も六時過ぎから庭掃除。それだけでは物足りず、前の道路までも御掃気になっていたら、こんな者が我が家の塀の中から出てきたそうだ。食後に横たわってスマホをいじっていたら、塵取りに入れて見世においでになった。しかたなし、PCの前に座り調べる事15分。いました、それらしき奴が。「キイロスズメガ」の幼虫のようだ。実物と画面を照らし合わせると見事一致。成虫は如何なものかと、検索するとこんなお姿だそうだ。山芋に寄生して大きく成るそうである。それで合点が行った。私は「ぬかごめし」が、大の好物なので、何時も四、五本山芋を...朝も早くから庭掃除

  • 新人ならばいざ知らず‥‥

    新しい総理の煮え切らない政策は、どこから来たのだろうか。新人ならばいざ知らず、安倍総理と肩組んで、長年政府の中央にいたものが、現状打開できる政策を持ち合わせていないとは残念至極だ。私が一番気になっているのは、教育現場の再建なのだが、小中高校と各教室に空気清浄機を早急に付ける事が望ましい。その資金をねん出することは大変だろうが、変な元総理大臣の葬儀に使うより数十倍国民が納得するだろう。経済活動の刺激にもなるし、安心して学校に送り出せる親御さんの心情は、お金では買えない物が有る。これらは、インフルエンザにも有効だろうし、災害時の時の避難場所としても有効になる。といった様な、実効性のある政策を是非とも見せて欲しい物だ。ところで、先日NATU様のブログに、「蛾」の写真が掲載された。窓越しの透かして見た「蛾」の姿の濃艶さ...新人ならばいざ知らず‥‥

  • 緊急事態?

    広島県西部は、コロナのクラスターが連続発生。緊急事態の様相を見せ始めた。芸能界は、木村花さんの自殺以来、緊急事態に突入した感が有る。根底には、コロナで行き詰った社会情勢が存在して居る事は間違いない。こういった状況の日本で、明るいニュースがどこにもない事が、一番の問題ではなかろうか。明るいニュースとは、ジャンルは問わない。どこか心温まるニュースが欲しいのだ。例えば、中曽根元総理の葬儀を、家族が辞退して、そのお金を困窮者に回してほしいと言うような家族からの発言とか‥‥。国を思い政治をやって来た一族の中に、それが出来る取り巻きが居ないのが残念である。今社会は、心温まるニュースを求めているが、精々猫の云々、犬の云々等の、ペット頼りに成ってはいまいか。日本社会全体が「鬱」状態になってはいまいか。今一度、国勢調査の中で政府...緊急事態?

  • クラスター

    広島市の演芸場が発信地のクラスターが、呉に迄お出かけしたのだろうか、昨日は14名の患者が発見された。広島市は2名、ついでに岡山まで1名患者を送り出したそうである。こちらは、飲食店がその中心となった様だ。何れにしても、足が進まない原因だろうか、理容院はガラガラ、待つまでもなくやって頂けた。昨日は日曜日なので、嘸かし多かろうと思って一日伸ばしたが、昨日もお客様はガラガラだったそうだ。年中無休の理容院は、「安かろう早かろう」がもっとうで、髭剃り、洗髪はなし。家に帰ってシャワーで頭を洗いながら、つくづく活気のない内閣にうんざりし始めた。若かりし頃「社会教育」に関係した活動していた関係で、自民党、社会党、共産党の皆さんと議論することが多々あったので、私の感性は、一番に「人権」と言う意識に成ってしまった。同和会、解放同盟、...クラスター

  • 知らなかったー

    現在の相撲界に、「とびざる」と言う「水戸黄門」に出てきそうな、変わった四股名の力士が居る事を知らなかった。知ったのは三日前である。体は小さいが、俊敏な動きで人を引き付ける。大昔と言っても、昭和四十年代に、栃の海という横綱が居たが、その後は舞の海くらいしか、小兵う力士は知らない。その気風の良い取り口に感心した。今日は、敗戦で優勝を逃したが、いっぺんにファンになった。何だかお兄さんも力士らしいが、それにしても、久しぶりに相撲をTV観戦して、気分がほぐれた気がする。知らなかったー

  • 忍び寄って来る恐怖

    広島はコロナの患者、昨日だけで10人増えたそうだ。地元の歓楽施設でのクラスター発生の恐怖が、じわじわと押し寄せてきた感じである。特に後期高齢者の私などは、感染すると死に至る。死ぬことが怖いのではなくて、あとに残された家族が、社会からどのように扱われるか心配なのだ。孫様の運動会も、急遽観戦者の限定で開催される事となって、爺、婆は参加できなくなった。地元のスーパーは、客足が遠のくのではなかろうか。すでに私も当面遠慮することにして居る。とは言っても、喰わなければ生きてゆけない。そこで田舎のスーパーへと行こうとしたら、観客の多くは田舎の方が多かったと言う情報が来て、取りやめた。冷凍庫の整理で一週間をやりくりできればいいのだが、同じものばかりが多くあり、献立が偏りそうだ。入れ歯が壊れたが、病院も少しばかり恐ろしさが有る。...忍び寄って来る恐怖

  • 何故低気圧に成ると‥‥

    体中が痛みを発して、薬が効かない時が有る。低気圧が近づくと必ずその現象が現れる。ここ三日間、台風ではない移動性低気圧がやって来て、雨と共に痛みがやって来た。マダニの後遺症なのだが、広島には対処沿てくれる専門病院は無い。元々、内科なのか、皮膚科なのか、外科なのかそれさえ判別されていないそうだ。最初にかかった処が、仕方なしに続いて対応してくれているのだが、途中で心臓の異常が起きたり、眼底に異常が起きたり、皮膚に再び水泡が起きたりすると、総合病院の中をあっちに行ったり、こっちに来たり…状態で盥回しに成る。専門的治療が必要な状態だから仕方が無いが、外見状態が無くなると、内科に押し付けられてしまって、内科の先生も大変であろうと思っている。そんなこんなを繰り返していたら、担当の先生が一週間、東北の大学病院へ出張して研修して...何故低気圧に成ると‥‥

  • どうにも止まらない

    広島の、スーパー銭湯クラスターは、次々発症者が出ている様だ。暇人と言えば、70歳以上と断定はしないが、発症者の一人はその年代だそうである。観劇に出かけて、コロナを頂いたらしい。おひねりのあげ方が少なかったのではなかろうか?。まあ、そんな事はなかろうが、何れにしても、身近な方々が感染して居る事だけは確かだ。卸市場の従業員や、その家族の方々は嘸かし心細かろう。心配ならば早急に検査を受けるべし。広島市は、もっと詳しい情報(個人情報ではなく、劇団の公演日時などホームページで)を、市民に提供すべきだ。どうにも止まらない

  • 身近に迫ったコロナ

    我が住まいの隣町のスーパー銭湯で、クラスターが発生した。9名だそうだ。うち6名は、劇団員。この銭湯で演劇を上演していた皆さんが11名中6名、お客様の感染者が3名。初日から一昨日迄のお客様は500名だそうである。その他、劇団員が買い物をしたスーパーや、コンビニを入れるとその接触者は、‥‥。広島市の保健関係者、特に我区役所は連休中からさぞや大忙しだろうと想像している。とは言いながら、私ももしかすると接触者かもしれない。感染可能日時中に、買い物に5回出かけている。連休中は、出来るだけ自宅で大人しくしていたが、食べない訳もなく、買いだめの物は全て食べつくした。緊急避難時の保存食も、入れ替えるべく食べてみているが、今更インスタントは些かの気分になる。問題は今日からの本格的な検査でどれくらいの方が感染しているかだ。身近に迫ったコロナ

  • 今日は一日寝て暮らした

    墓参は中止。車の渋滞が予想されたので、…。それにしても、急な冷え込みで、体調がおかしくなった。食欲なし、気力なし、文章が浮かんでこない。老人の落ち込みとは、こんな状態を言うのではなかろうかと、一人合点している。老人性鬱病が多くなっているそうだが、それもそのはずだ。老人の数が多くなっているので当然である。近いうちに、五人に一人が高齢者の社会に成るらしい。ここらで、「老人の反乱」で、政府転覆などすれば面白かろうと思っているが、老人の保守化の方が強まっているらしい。若者の「リベラル」が薄まり、どうも変革の力を失ってきている気がしてならない。数ばかり増えた大学。その反面、実力主義の社会が、貧富の差を生んでいることも確かである。新しい政府は、いかなる社会を理想として国民に示してくれるのだろうか?‥…今日は一日寝て暮らした

  • 五月蠅い

    「うるさい」と言えば、「五月蠅い」と書くが、秋の蝿も結構うるさい。天候が回復した途端、「蝿」が部屋の中を飛び回っている。秋胡瓜に肥料として、「鶏糞」を少し蒔いたら、いつの間にか「蝿」が寄って来た。その「蝿」が、家の中までついて来た様だ。開けていた窓を全て閉めて、地元産の「フマキラー」を撒いて、部屋から退散。五分後帰ってみたら飛び回っていた音が聞こえなくなっていた。死骸はまだ見つからないが、どこかで息絶えているのだろう。私も少し、息苦しい感じだが、ここは少し我慢して、完全に息の根を止めるべく根競べである。そんな馬鹿をしながら、いろんな方のブログを読んでいる。メキシコ、北部アメリカ、インドネシア、‥‥世界中に、日本人が進出しているものだと感心している。日本語しか話せない私からしたら、羨ましいかぎりだ。英会話教室は、...五月蠅い

カテゴリー一覧
商用