藤森照幸的「心」(アスベスト被害者石州街道わび住
読者になる
住所
出身
ハンドル名
藤森照幸的「心」(アスベスト被害者石州街道わび住さん
ブログタイトル
藤森照幸的「心」(アスベスト被害者石州街道わび住
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/teruyukinoburogu1945
ブログ紹介文
藤森 照幸(旧名 深山 霞)
自由文
石州街道沿い(安芸国名刹 別格本山福王寺山中)にて、主夫しています。 但し、炊事だけ。 洗濯、掃除は奥様に拘りがあり 私の出番が有りません。
更新頻度(1年)

378回 / 348日(平均7.6回/週)

ブログ村参加:2016/12/28

藤森照幸的「心」(アスベスト被害者石州街道わび住さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(IN) 31,343位 31,956位 35,133位 35,106位 35,143位 35,118位 39,681位 975,450サイト
INポイント 0 10 10 0 0 10 10 40/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 358位 377位 461位 452位 455位 446位 554位 27,266サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,450サイト
INポイント 0 10 10 0 0 10 10 40/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,266サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,450サイト
INポイント 0 10 10 0 0 10 10 40/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,266サイト

藤森照幸的「心」(アスベスト被害者石州街道わび住さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、藤森照幸的「心」(アスベスト被害者石州街道わび住さんの読者になりませんか?

ハンドル名
藤森照幸的「心」(アスベスト被害者石州街道わび住さん
ブログタイトル
藤森照幸的「心」(アスベスト被害者石州街道わび住
更新頻度
378回 / 348日(平均7.6回/週)
読者になる
藤森照幸的「心」(アスベスト被害者石州街道わび住
  • 夜光塗料

    目覚めたのは午前三時十分前。夜光塗料の塗られた針だけが机の上で時間を差している。子供の頃に、夜光塗料は放射能をだしているので、良くないという噂が子供の中で囁かれたことを思い出した。長じてその事を調べてみたことが有る。ラジュームを含んだ塗料が夜光性が有るそうで、それを筆で針に塗る仕事をしていたら、口の周りの癌や、胃がんを発症したそうだ。子供の頃のうわさは正しかったのかと、驚いたことが有る。しかしよくよく調べると、確かに発がん性は存在するが、それは日常的に塗布する筆先を整えるために口先で舐めていたことが原因だそうだ。布団の中で本日初めて頭が動いた内容が此の事であった。年取ると、思わぬ記憶が甦ることが有る。天井のシミから国の名前が浮かんだり、ちょっとした聞き違えが起こったり、頭の中の記憶が先走って思わぬ思い違いをした...夜光塗料

  • 爆睡、爆睡また爆睡

    病院から帰宅後、昼食の後、薬を飲んで横になった。が、それから先、覚えがない。爆睡していたようだ。一度来訪者が有り「ピンポン」と鳴ったが、返事だけはした記憶が有る。がしかしそのまま、また寝ていたようだ。奥様が対応したという。我関せずでは無くて、寝ていてわからず。夕食で起こされて、眠たい目を無理やり開けて、食事はしたが半分夢心地。どうも薬の性のようだ。そんなこんなで「おやすみなさい」が限界である。爆睡、爆睡また爆睡

  • 点滴二本打ちました。

    昨日からの下痢、休日診療へ行った。脱水症状が激しいので点滴の指示。下痢を馬鹿にしたしっぺ返しが点滴二本だった。お腹が落ち着いた。腸を大人しくする薬と、痛み止め。むかつきも無くなって、気分が爽快になった。帰宅途中のスーパーで、焼き立てのパンを買ってきて、昼食替わり。「うまー」tp声が出る位美味しい。先日孫たちが、「買って欲しい」と言ったので買ったが、なるほど美味しいパンだ。写真に撮っておけばよかったが後の祭りである。この頃、よくあるパターンなのだ。後悔先に立たずといつも心の中では反省しているが、「うっかり」だんだん増えてきた。運転だけはうっかりが無い様に、十分気合を入れてやっている。さてさて何時まで運転免許を更新するか、真剣に考えて措かねばならない年が近づいて来た。無事故の間に‥…。点滴二本打ちました。

  • 下痢

    昨日は、久し振りに下痢に悩まされた。始まった時間がよくなかった。午後二時だったので、病院は休診。自宅にあった下痢止めを飲んだが、効き目が無く、一時間おきにトイレを往復。いったい原因は何なのだ?。生ものは食べていないし。それでも一晩経ったが、最早出るものも無く、水状態である。昼食のトーストを食べたら、待ってましたとばかりに、お腹が活動を始めて、「ぐるぐる」となっている。痛い・・・・が我慢して・・・もう駄目だ。トイレに行ってきます。下痢

  • いたちごっこー2

    「いたちごっこ」は、広島では「はちがさした」と言う。一がさした、・・・二がさした、・・・三がさした、・・・と二人が順番に手の甲をつねっていき、八に成ったら、「ブーン」といってはなす。際限なく繰り返して遊ぶのだ。ところで、東京オリンピックのマラソンと競歩が、札幌に場所を移すかどうかでもめている。元々開催日は、前回は十月であったが、その後何故だか暑いさなかに日付が決められた。不思議だったが、何のことは無い。アメリカのメディアの主張からだそうだ。他のプロスポーツが開催される時期をずらして、オリンピックを開催することになったのは、スポンサーとしての圧力からだそうだ。そんな大会ならば辞めてしまえ。純真なスポーツ精神など微塵も無い。只々気持ち悪いだけだ。こうした事を繰り返していると、そのしっぺ返しが来ることは間違いない。他...いたちごっこー2

  • いたちごっこ

    いたちごっこは、江戸時代後期に流行った子供の遊びだそうだ。二人一組となり、「いたちごっこ」「ねずみごっこ」と言いながら相手の手の甲を順につねっていく。両手が塞がったら一番下にある手を上に持っていき、また相手の手の甲をつねるという終わりの無い遊び.....。今のトランプ大統領がやっている政策が将に「いたちごっこ」だ。関税を上げると脅し、言う事を聞かないと実行する。すると相手も同じ事をする。根本的解決には至ることは無い。輸入超過に何故なるのか、・・・簡単な事だ。相手国の商品の方が安くて良いからなのだ。それを勝手に安売りすると断じると、損をするのは自国民なのだ。安くなるまで買わなければ善いだけだ。それ程アメリカ製に信頼が無くなっているという事なのだ。タレントの小峠君が、アメ車の高級車に乗って遊びまわっていると、世の若...いたちごっこ

  • 皆で行けば怖くない

    国会議員の靖国神社参拝が報じられている。別行動の議員を入れると100人を超えるそうだ。どのような経緯で戦争がはじまり、どれだけの犠牲者が出たのか、はっきりさせない国「日本」。将に不思議な国である。百年経てばみなが忘れるだろう、くらいの感覚なのが良く解かる。そうは問屋が卸さない。アジア諸国がその歴史的事実をしっかりと認識し、記録しているからだ。国際的に孤立に追い込まれた結果だが、そのもとは自分たちにあるのだ、という反省の表明が無い限り、国際社会では何時までもその責任を追及するだろう。ドイツの様に、一人の人間の独裁性が、悲劇を引き起こしたのならばまだしも、そうではない部分が多すぎる日本の事情が有る。財閥による大陸進出願望が、裏側で働いたことは確かである。「欲張りは大けがの元」と、年寄りが言っていたがまさにその通りで...皆で行けば怖くない

  • やりっぱなし

    広島では、何か始めて途中で辞めるのを、「やりっぱなし」と言う。そんなお方、元総理「鳩山」様。あちこちお出かけしては、要らず口を叩き、ツイッターでで、被災者救護を呟けば、安全な豪邸にお住まいなのだから、自宅を開放すべしと、市民から袋叩き。そもそも、今日の混迷した政治状態を作り出したのは貴方だったはず。都合が悪く成ったら、国会から逃げ出して、外野で減らず口を叩く。みっともないからお止めなさいと言いたいが、四十年以上行き来無くなっていると、直接は言えず、ツイッターに書いても「蛙の面にしょんべん」だろうし・・・・そんなことを三時過ぎから考えていた。ここは一番、「引退した政治家は、静かに見守れ」コールをみんなでやろう!。元総理の森さん、あなたもですよ。東京オリンピックを招致すれば、日本の景気が良くなったのは、昭和の時代。...やりっぱなし

  • この夢何なのだ

    またまた昼寝してしまった。それにしてはハッキリとした夢だった。官房長官が、閣僚名簿を読み上げている。総理大臣吉永小百合官房長官東ちづる環境大臣高木美穂外務大臣阿川佐和子文部大臣檀ふみ大蔵大臣・・・ここで目が覚めた。この夢何なのだ

  • Natu様へのお答え

    「クロガネモチ」と申します。今は、こんな実がなっています。我が家のクロガネモチは、ハイこのとおりに、丸坊主にしております。今少しすると実が熟してきて、真っ赤になり、連日ヒヨドリの群がってやって来ます。その結果、その下に止めている奥様の車はヒヨドリの糞でどろどろに。いま一本の木は、「アカメガシワ」。剪定して、新芽が出てくると赤いのです。Natu様へのお答え

  • 老害

    この屋に移り住んで25年。その時買い替えた電化製品は3代目である。三年前、TV,冷蔵庫、レンジは買い替えたが、トースターはどうだったか記憶にない。そのトースター、一度に二枚焼く事が出来るが、右と左で焼け具合が違い始めた。右半分が心なしか、いやいやはっきりと焼きが甘くなったのだ。老いるとはこんな事だろうと、焼け具合を観察しながら妙に心が痛み始めた。昨日の事が頭をよぎったからだ。風呂の水を洗濯機に送る「水中ポンプ」を、新しく買い換えたのだが、その商品にまだ奥様が慣れないせいか、はたまた老いのせいか、スイッチを入れたまま離れたのだ。洗濯機の排水ホースがセットされていれば問題なかったが、お忘れであった。夕食代わりの缶酎ハイを飲みながら、異様な物音に気付いたが、まさか水が、洗濯機から溢れていようとは思いが至らず、気づいた...老害

  • 爆睡

    久し振りに昼寝。しかも爆睡。訳三時間、帰宅の奥様が起こしてくれた。これは困った、夜は眠れそうにない。爆睡

  • 静かな秋が過ぎていく

    本日奥様は、交通安全協会の、役員研修に朝からお出かけだ。昼飯も一人で「もぐもぐもぐ」。味噌汁が温まる音だけがしている。冷蔵庫が突然動き始めた。「うわんー」・・・・その他には、「ぺこぽん」スマホのお知らせ音が数分おきに鳴るだけ。ただただ「ボー」としている。こんな日は幾日ぶりだろうか・・・・、ただただ「ボー‥…」。静かな秋が過ぎていく

  • テレビを見ない私

    ニュースはネットで十分と思っているが、どうでもいいニュースが増えてきて・・・・。芸能人の裏ばかりが表に出てきている気がしてならない。裏行動を専門にしている記者がいる様だ。彼らも人間、表も有れば裏もあるだろうに。世の中、善人などそうそういる訳もなく、他人に大きな影響を及ぼさない限りと思うのだが、それが大きな悪を呼ぶことも事実だなあと、そんなことを考えながら、朝の三時の動かない頭で考えながら目をこすっている。この時間起きだしているのは後期高齢者ばかりのようだ。そこでひらめいたのが、目覚めの速い年寄りが、最後の意地で世の中が変えれない物だろうかといううことだ。口が滑ったにしては酷すぎる政治家の多い事。麻生に始まり、二階に至る「思い上がり政治」を次の選挙でぎゃふんと言わせたいものだと‥…。しかしながら、対抗する人物がい...テレビを見ない私

  • しゃっくり

    寝る前の歯磨き、始めた途端しゃっくりが始まった。右を向いても左を見ても上を向いても‥…、「ひっく、ひっく」止まりません。誰か助けてくださいな。苦しい・・・・しゃっくり

  •  大きな袋を肩にかけ

    四人の集団が、大きな袋を肩に担いでゾロゾロ。よく見ると、東南アジアからの研修生の皆さんらしい。袋には「しまむら」と赤く書かれている。冬物の買い出しにお出かけだったようだ。初めての冬、皆さん嘸かしびっくりの寒さが待っているだろう。びっくりと言えば、よく私のブログにお出かけいただいているか方、こよなく愛しておいでの「フレディ・マーキュリー」の特番を、「WOWOW]が19日からやるそうだ。「WOWOW」のBSアンテナ捨ててしまった。あまりTVを見ない私は必要なく感じてしまったからだ。BSは映るが、果たしてWOWOWが移るかどうかだが、「フレディ・マーキュリー」を一度ゆっくり見てみたく思っているのであります。うら若き?女性を虜にする男とは如何なる者か・・・。「ひさへ」様お見逃しの無い様に‥…。大きな袋を肩にかけ

  • 気付け薬

    おおそうだ!、元気だ無い時にはこれだ。飲みました。九時過ぎやっと元気が出てきました。何時までも寝てばかりにはいきません。昨日の報告もしなくてはならないと思い、机の前へ。茶室は原爆で焼けましたが、再現されたものです。この地は、日露戦争時、明治天皇が滞在されていたところで、縮景園といい、部屋からはこんな景色が見えます。本日は何方でもお茶が頂けるので(300円で)、外人さん多く参加しています。子供連れは、椅子席が準備されていて、一度に三十人ほどがお接待を受けました。床の間のかけ塾は当代の宗匠の書いたものが飾られていて、その前で外人さんが畏まっています。そんな中での我が孫姫様のデビューとなりました。此方が疲れたー‥……。気付け薬

  • 年は取りたくない物だ

    昨日半日、広島の美術館と、縮景園の茶会に出かけたのが堪えたのだろう。三時前に目は覚めたが、起き上がれない。疲れが一晩では取れない。ブログの更新を自分に義務付けて、日常のリズムを保とうとしているが、年には勝てなくなってきた。ベットの上で「ふー」、階段を下りて「ふー」、トイレに座って「ふー」。ため息か、深呼吸か判らない中途半端な呼吸をして「ふー」。朝食、作るのが「たいぎい」。これ広島弁です。やる気が起こらない状態を言います。中華まんをチンして、・・・・コーヒーは奥様が入れてくれました。こんなミスマッチの朝食。今日一日の始まりです。年は取りたくない物だ

  • 気疲れ

    孫姫様の茶会デビュー。予定ではお茶運びだったが、「じじばば」が足を運んだので、主催者の気配りで御点前を披露することになったらしい。じじばばを前にして、ましてや外国人やその他大勢の前でのお点前、緊張しておいでであった。指導役の方の隣でしおらしくお点前を披露。こちらが肩が凝ってしまった。「疲れたー」こんなに疲れたのは久しぶり。昼には自宅に帰っていたが、先ほどまで寝ていました、はい…・。今も「ふうー…」深呼吸が…。本日はこれにて、お休みなさいませ。気疲れ

  • 頑張る孫姫

    昨日は運動会、続いて本日は・・・・浅野家広島入城400年記念茶会デビュー。広島の名庭園「縮景園」での、上田宗固流茶会で、大きな茶会でのデビューを成される。疲れた体をひこずって晴れ姿を拝まして頂くために出かける。よって、本日は休ブといたします。頑張る孫姫

  • ガラス戸がしのる

    関東では、強風でガラス戸に歪が出るのを、「ガラス戸がしのる」と言うと、「natu」様が書かれていた。広島弁では「しなる」と言うか、又は、「しわる」という。日本全国お国訛りが存在して、江戸時代はその事が、自国を守る大事とされた。隠密対策だったそうだが、公務に支障はなかったのかと言えば嘘になるが、正式なやり取りは後日の為に文章でされたらしい。文語体で書くと、すべて共通な言葉に制約されたそうだ。寺子屋で庶民も勉学に励み、論語を始めとする、書物を読み書きしたのだが、維新前には、いやいや、漱石が「吾輩は猫である」を書くまでは文語体が主流であったそうだ。そうしたことを今正に、アメリカにおける文語文学の草分け「ハックルベリーの冒険」で実感している。と言っても、残念ながら英語が苦手な私は、・・・・訳文で経験している処なのだ。広...ガラス戸がしのる

  • お見舞い申し上げます

    大変な一日が過ぎましたが、皆様ご無事でしたでしょうか。広島でも屋根が吹き飛んだり、戦車が止まったり。一晩寝むれぬ夜を過ごしました。そんなこんなのドタバタな一日で、ブログもろくに読めませんでしたが、本だけはしっかり読みました。ハックルベリー、真ん中ほど迄進みました。始めは何だか幼い感じの文章だと思っていましたが、会話が中心の処が多くて、そう感じたのだと気付きました。考えてみると、文語体ではなく、口語体で書かれた文学の走りだったのだと気付きました。やはり村岡花子は、そこを捕まえて訳したのでしょうね。いよいよ後半ですが、本日はお休みです。孫姫様孝行が、二日続きます。本日は運動会。お見舞い申し上げます

  • どどどー

    風が吹く、家が鳴る。強風だ。先の台風どころでない強さだ。東海から関東が上陸地点だというのに、どどどー、ドドドー‥…。隣家の雨戸が大きな音を立てている。昼寝しようと、ハックルベリーの本を片手に寝っ転がって読んでいても、なんだか落ち着かない。これほどの強風は珍しい。本当に大形の台風だという事を実感している。我が家のトヒが、ヒューと音を立てて泣いている。遠く離れた広島でこの風だ。東京が心配である。千葉の友人はどうしているだろうか。雨は降ってはいない。風ばかりが強さを増してきた。どどどー

  • 今日からは、秋の読書三昧

    アマゾンから本が三冊届いた。左から、一円、一円、六百円。ただし、送料は各々257円。本代といううより、送料が主だ。こんな時代が来たのかと、感慨にふける秋だった。昨夜、「ハックルベリーの冒険」を40ページほど読んが、「うーむ」、何処か幼い気がしてきた。わざわざ、村岡花子の訳を買ったが、こんな幼い感じの訳文だったかと、びっくりしている。子供向けに訳されたのなら良いのだが・・・・。本日、孫姫様の運動会。先程連絡で、順延になったそうだ。外は強風が吹いている。中止は予測していたが、‥…。今日からは、秋の読書三昧

  • 昨日の朝突然に

    トイレのドアーが、黒く汚れていた。昨日奥様が、ドアーを何とかしたいと言い始めた。汚れが目立たぬよう、漂泊してみたが駄目だったようだ。片面は合板、トイレ側は以前私が、クロスを張っておいたのだが、二十年近くたつとカビも生えてきます。それが気になって仕方ないようです。とうとう、両面クロスを張ることとなった。そうなると、ドアーの枠が少し狭い。そこで枠を削って・・・・。下地を補修。クロスを張って・・・・。昨日と、本日午前中、休みなしで働きました。終わったー。くたくたです。此れから。牛差しで一杯。料理も自前。家の修理も自前。あと何年続くやら・・・・。昨日の朝突然に

  • 知らぬが花

    鬼子母神は、「きしもじん」と読むのが正しい様だ。色々調べてみると、鉄道会社が、駅名で、鬼子母神前を「きしぼじんまえ」(kisibojinnmae)と表記されたのが、広まったらしい。大体が、神様をお寺で祭ることが、不思議だった。鬼子母神は仏を守る神様なのだそうだ。色々と知らず知らずに、事実を曲げて暮らしている様だ。世の中の事を、全て知ったうえで生活しようとすると、今の教育では出来っこ無い様である。かと言いて、神戸の先生四名には、呆れ果てた。何故即刻首にできないのか不思議である。教育界は、仲間内に甘いと言われていた。何か問題を起こすと、研修と称して休職にして、研修させて復帰させる。その程度で、改心できるのならば、刑務所は必要ない。性善説もいい加減にしてほしい物だ。自己保全のための性善説など、百害あって一利なし。大の...知らぬが花

  • 嘗て江戸には

    粋な江戸の言葉遊びで、地口遊びという文化が有ったそうだ。ダジャレの一種で、庶民が競って作り、中には行燈に仕立てて飾って楽しんだそうである。「畏れ入谷(いりや)の鬼子母神(きしもじん)」が正確なようだ。「きしぼじん」では無く、「きしもじん」と発音する処が、江戸っ子らしい発音らしい。何かきっかけで調べていくと、際限なく新しい知識が発見できる時代がやって来たようだ。「恐れ入谷(いりや)の鬼子母神(きしもじん)。びっくり下谷の広徳寺。そうで有馬の水天宮」となり、「なんだ神田の大明神」と続き、「見上げたもんだよ屋根谷のふんどし」・・・・、瘋癲の寅さんの世界が見えてきた。渥美清さん懐かしいなあ・・・・嘗て江戸には

  • クタクタ

    本日は奥様の奴隷として重労働。その結果は明日報告します。奥様孝行は疲れました。皆様お休みなさいませ。クタクタ

  • 印刷が始まらない

    長く印刷をしなかった為だろうか、印刷機が始動しない。「しゅー、しゅー」という音ばかりしている。「A3」4枚二部計八枚だが、只今準備中との事、深夜から駐車場の契約書づくりをしている。私のお小遣いづくりなのだ。空地にしていたら、どんな状態になるか判らないので、自主管理が条件で安くお貸ししている。その契約期限が来るので、更新のための書類づくりなのだ。「今年も一年生き延びた」そんな気分が沸き上がって来る。と言うのも、滋賀県で50代の男性が、マダニの被害で亡くなったそうだ。「日本紅斑熱」だったそうである。母親も発症したそうだが、そちらは助かったよし。私も、マダニの後遺症で悩み始めて三年に成ろうとしている。毎日痛み止めの薬漬けの状態なのだ。脱出方法が見つからないでいる。今年中には何とかなると思ったが、要は問屋が卸さない。恐...印刷が始まらない

  • 続頓珍漢

    頓珍漢は、従来「トン、チン、カン」と書くべきなのだ。本来刀鍛冶は、三人で鉄を鍛える。刀匠が持つ熱した鉄を、向こう槌二人の合計三人で鍛えていく。その音は、「トン、テン、カン………」と繰り返される。がしかし、その向こう槌の一人が未熟な者がいたならば、「トン、チン、カン、・・・・…」と聞こえるのだ。昔の人は三人のうちの一人が、調子はずれな様子を見事に表現して見せたものだ。こうした新語づくりは、江戸っ子の得意としたところではなかろうか。「遊工房」様は、自らを「豚珍漢」と称されていた。やはり江戸っ子の血が流れている様だ。続頓珍漢

カテゴリー一覧
商用