searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ヤスさんのプロフィール

住所
豊平区
出身
豊平区

加齢現象によって起きる認知症、ED、AGA、更年期障害、男性更年期、LOH症候群について、その症状や治療方法、対処方法について綴っていきます。

ブログタイトル
みんなのための認知症、ED、AGAブログ
ブログURL
http://minnanotameno.seesaa.net/
ブログ紹介文
認知症、ED、AGA、更年期障害、男性更年期、LOH症候群についての紹介です。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2016/11/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ヤスさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ヤスさん
ブログタイトル
みんなのための認知症、ED、AGAブログ
更新頻度
集計中
読者になる
みんなのための認知症、ED、AGAブログ

ヤスさんの新着記事

1件〜30件

  • コリンエステラーゼ阻害薬とメマンチンの併用療法は本当に有効なのか?

    ドネペジル単独群とドネペジル+メマンチン併用群間の比較で認知機能障害の進展抑制効果に大きな違いがなかった

  • 嗅覚と記憶 アロマセラピー

     良く懐かしい匂いがするといいますが、小さかった頃の思い出が突然ありありと蘇ったりすることがあります。 また、男性は女性の香水の匂いで心ときめくこともあります。フェロモンも一種の香水みたいなものでしょう。一方、男性の汗臭いにおいが好きという女性もいます。  五感とは、「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」を言いますが、このなかで人間の本能に比較的強く訴えるの…

  • 近赤外線を使った新しい免疫治療

     がんの治療法には、「外科手術」「放射線療法」「化学療法」の3大治療法がありますが、いずれも長短所あり、現在はこれらを組み合わせて治療することが主体となっています。  「外科治療」はがんを完全に取り切れるのであれば、ベストの治療法と言えます。しかし、ごく小さな転移があった場合、完全治癒は期待できません。あるいは、顔にがんができた場合、それをえぐり取ることは、その…

  • 喘息のくすり「イソプロテレノール」はアルツハイマー病のくすりとなりうるか?

     アルツハイマー病の脳の特徴は、老人斑と呼ばれる不溶性の凝集物が沈着していることです。この老人斑は皮膚にみられる、いわば“シミ”のようなもので、実際には脳の切片を染色することでしかこれを観察することはできません。この老人斑は健常な人でも40歳を過ぎると観察されるようになります。その数は加齢に伴って増加していきます。    アルツハイマー病の脳では老人斑の…

  • 認知症のサプリメント N-アセチルシステイン

     N-アセチルシステイン(NAC)はグルタチオンの前駆物質といわれており、体内のグルタチオンの量を増やすことができます。グルタチオンには抗酸化作用があり、ストレスや過度な運動、飲酒、喫煙、紫外線によって発生する活性酸素によるダメージから細胞を守る働きがあります。  もちろんNAC自体にも抗酸化作…

  • 論文紹介 男性の睡眠の特徴ならびによくみられる睡眠障害

    日本Men's Health医学会 News Letter vol.11 May 2013からの改変引用です。 原文は、http://www.mens-health.jp/pdf/News_Letter_Vol11.pdfを御覧ください。 特定医療法人朋友会 石金病院 香坂 雅子先生です。 【はじめに】  ヒトの睡眠は、加齢とともに変化することはよく知られているが、男性あるいは女性に特化してその加齢変化を検討した研究は少ない。  ここでは、男性の睡眠の特徴について概観し、また、男性…

  • 認知症改善のサプリメント イチョウ葉エキス

     脳機能の向上や改善に関しては昔から有名な物質であるイチョウ葉エキス。ドイツなどヨーロッパでの医薬品化はつとに有名です。  イチョウ葉エキスの有効成分は大きく分けて、フラボノイドとテルペノイドという2つのファイトケミカルで、どちらも複数種類含んでいます。  イチョウ葉エキスの薬理作用に関しては、国内外で多数の学術論文があり、その有効性…

  • 認知症改善のサプリメント フェルラ酸

     フェルラ酸はポリフェノールの一種で、米や小麦、ふすまなどの細胞壁に含まれています。いわゆるファイトケミカルの一種で、これらの穀物が紫外線や病害虫などから身を守るために作り出す成分です。    アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβ蛋白質は、アミロイドβ前駆蛋白質というサイズの大きな蛋白質が切断され、細かい断片となったものの一種…

  • 論文紹介 気分障害とテストステロン

    日本Men's Health医学会 News Letter vol.11 May 2013からの一部改変引用です。全文は http://www.mens-health.jp/pdf/News_Letter_Vol11.pdfを御覧ください。 医療法人社団慈泉会ひもろぎ心のクリニック理事長 渡部 芳徳先生の論文です。  厚生労働省はうつ病や統合失調症、認知症などの精神疾患患者が従来の4大疾病をはるかに上回っている現状を踏まえ、精神疾患を加えて「5大疾病」とする方…

  • 論文紹介 LOH症候群の治療学の再検討を

    日本Men's Health医学会 News Letter vol.13 April 2015からの引用です。 http://www.mens-health.jp/pdf/News_Letter_Vol13.pdf 日本Men's Health医学会理事長、札幌医科大学名誉教授 熊本 悦明先生です。 【Ⅰ 大LOH症候群の概念とその分類 -sub分類も必要では?-】  ”男性にも更年期あり”という啓蒙から始まったLate Onset Hypogonadismの臨床診断概念が、今や、大きく変わり…

  • 論文紹介 テストステロンはメタボリック症候群を改善させるのか?

    日本Men's Health医学会 News Letter vol.14 September 2015  http://www.mens-health.jp/pdf/News_Letter_Vol14.pdf からの引用です。 順天堂大学 辻村 晃先生です。 【はじめに】  内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうち、いずれか2つ以上をあわせもった状態を、メタボリック症候群(内臓脂肪型症候群)と称する。その背景には、メタボリック症候群により、心疾患のリス…

  • 論文紹介 現在のLOH症候群診断手引に再検討すべき問題点あり

    日本Men's Health医学会 News Letter vol.10 December 2012からの引用です。原文を読みたい方は、http://menshealth.jp/pdf/News_Letter_Vol10.pdfへどうぞ。 今回は、日本Men's Health医学会理事長の宮川 康先生の論文からです。 【男性ホルモン悪役説を打破せよ】  現在の医学会全般、殊に比較的男性医学会に関与している医師さえも、「男性ホルモン悪役説」の影響を受けていて、男性ホ…

  • テストステロンとメタボリック因子の関係 論文紹介

    日本Men's Health医学会 News Letter vol.10 December 2012からの引用です。原文を読みたい方は、http://menshealth.jp/pdf/News_Letter_Vol10.pdfへどうぞ。 今回は、大阪大学の宮川 康先生の論文からです。  我が国の高齢化率(65歳以上の高齢者人口が総人口に占める割合)は2050年には40%に達すると言われています。高齢者の健康増進や予防医学が国家政策として重要な課題となっています。  加齢男性性腺機…

  • 論文紹介 男性ホルモンと認知機能

    日本Men's Health医学会 News Letter vol.10 December 2012からの論文紹介です。 要点を要約しました。原文を読みたい方は、http://mens-health.jp/pdf/News_Letter_Vol10.pdfへどうぞ。 今回は小川 純人先生です。 【はじめに】  我が国おける認知症患者数は増加の一途をたどっています。これまでの知見から、認知症発症・進展と男性ホルモンレベルの低下との関連性、および性ホルモンによる神経保護効果などが示…

  • 論文紹介 LOH症候群の予防と集学的治療

    LOH症候群 テストステロン テストステロン変化率 症状発現予測因子 食事制限 不眠 ストレス 加齢 睡眠不足 薬剤の副作用 結婚 出産 パートナーの存在 成功体験 運動 筋力トレーニング 予防 アルコール アンドロゲン受容体 DHT ジヒドロテストステロン 認知機能 うつ症状 亜鉛 ノンアルコール 抗不安薬 抗うつ薬 ベンゾジアゼピン スルピリド H2ブロッカー ピオグリタゾン アクトス 5α還元酵素…

カテゴリー一覧
商用