searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

湖畔びとのつぶやき (WHISPER OF LAKEMAN)さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
湖畔びとのつぶやき (WHISPER OF LAKEMAN)
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kohanislakeman2016
ブログ紹介文
Life & universe & Japan & daily life
更新頻度(1年)

158回 / 365日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2016/08/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、湖畔びとのつぶやき (WHISPER OF LAKEMAN)さんの読者になりませんか?

ハンドル名
湖畔びとのつぶやき (WHISPER OF LAKEMAN)さん
ブログタイトル
湖畔びとのつぶやき (WHISPER OF LAKEMAN)
更新頻度
158回 / 365日(平均3.0回/週)
読者になる
湖畔びとのつぶやき 
(WHISPER OF LAKEMAN)

湖畔びとのつぶやき (WHISPER OF LAKEMAN)さんの新着記事

1件〜30件

  • 第477話.近況と世情 10月31日 大阪都構想 米大統領選 気になる選挙後の混乱 李明博 井上尚弥

    湖畔人です。10月も今日で終わりですね。大分寒くなりました。今日も世情について少し触れたいと思います。●大阪都構想大阪都構想の投票は明日ですね。あまり詳しくないのですが、推し政党の幹部の方々が話をする動画を見ると、彼らの結論としては、”大阪府と大阪市があって二重行政だ、だから大阪市を消して二重行政を解消だ、コスト的にも手間的にも問題だ!”、と言うけど、どうもそうではない。大阪市を解消して無くして、代わりに小さな区を幾つかおいて(何のため?)、でそれを統括する"一部事務組合"と言う組織が間に入り管理させるようですが、これだと、区、組合、府と言う三重行政になって逆に増える、何これ?しかもコスト高、と来ており、このイベント自体が意味不明で時間と金の無駄使い、維新はXがXXしいのでは?と言うのが結論のようです。また、こ...第477話.近況と世情10月31日大阪都構想米大統領選気になる選挙後の混乱李明博井上尚弥

  • 第475話.気になった音楽(191)秋に合うと思われる曲⑫George Harrison『All Things Must Pass』

    湖畔人です。さて今晩最後にご紹介する"秋に合うと思われる曲"は、ジョージハリソンの『AllThingsMustPass』です。今年の後半、下半期の自分にとってのNo.1の曲です(今の所)。スゴイヘビーローテーションで聴いています。悪い事も良い事も全ては過ぎ去って行く、同じ状態にはない、と諸行無常を歌った歌でして、ゆるやかに流れる大きな河の水面が日の光でキラキラと光りながらゆったりと流れている様を見ているような、そんな気分になる曲です。とても緩やかで穏やかな気分になれる素晴らしい曲です。湖面を眺める時サイコーにマッチします。お薦めです。ハッキリ言ってサイコーです!では。湖畔人第475話.気になった音楽(191)秋に合うと思われる曲⑫GeorgeHarrison『AllThingsMustPass』

  • 第475話.気になった音楽(189)(190)秋に合うと思われる曲➉Prince and The Revolution『Mountains』⑪『Pop Life』

    湖畔人です。さて今晩もあと少しあるので"秋に合うと思われる曲"の続きをやりたいと思います。ホントは昼にやりたかったのですが、夜になってしまいました。今回は、プリンスで『Mountains』と『PopLife』です。嘗て仲の良かった友人の一人が大のプリンスファンで、学生時分"これを聴け"と良く彼が編集したプリンスのカセットテープをプレゼントしてくれたのですが、自分としては、プリンスの才能は認めるけど、あの粘っこいぬるぬるした感じが苦手でして、ウナギかアナゴかアンコウのように糸を引く粘液が出ている魚を触っている感じを受けるのが嫌だったのです。そのプリンスの数多くある曲の中で比較的ヌメリが少なくて、結構イイな、と思っていたのが今回ご紹介する『Mountains』と『PopLife』の二曲です。プリンスの曲には青空を想...第475話.気になった音楽(189)(190)秋に合うと思われる曲➉PrinceandTheRevolution『Mountains』⑪『PopLife』

  • 第474話.気になった音楽(187)(188)秋に合うと思われる曲⑧Hall & Oates『Say it Isn't So』,⑨『Out of Touch』

    湖畔人です。今週も"秋に合うと思われる曲"をやります。あと少し洋楽をやったら和物もやりたいと思っています。まずは、80年代USの"秋に合うと思われる曲"を数曲。今回は、ホール&オーツの『SayitIsn'tSo』と『OutofTouch』、両曲とも80年代らしい曲で、打ち込み式で音が大きく、派手な音です。嘗てパンクレジェンド、ザ・クラッシュのミック・ジョーンズがやっていたビッグ・オーディオ・ダイナマイトってパンドがありましたが、まさしく、ビッグ・オーディオ・ダイナマイトって形容がピッタリの80年代らしい派手な音です。でも、二曲とも、心の繋がりを欲する苦悩を歌っていて、現代社会の普遍的苦悩を描いているようにも見えます。物質的には豊かだけど、心の繋がりがもっと欲しい的な曲ばかりです。まず、『SayitIsn'tSo...第474話.気になった音楽(187)(188)秋に合うと思われる曲⑧Hall&Oates『SayitIsn'tSo』,⑨『OutofTouch』

  • 第473話.近況と世情 超Very short 10月24日

    湖畔人です。今週は、近況と世情は特に無しですね。米大統領選の最終の討論会も終わり、バイデンファミリーのダークな面も大分語られるようになりましたが、まだ扱いは軽いですね。早くFBI辺りに踏み込んでもらいたい所です。日本も学術会議とかありますが、"学問の自由への国家権力の侵害!"とか偉そうなことを言っていますが、ウチ等の税金を勝手に使って年金も別途沢山もらって、やっていること不明瞭で、新規会員は身内の推薦式って、それじゃ仲良しクラブに入って年金沢山もらって何やってるか判らない人達に、お金を出している国民の代理人の政府が、”何をしているのか、人選も含めてきちんと説明しなさい、勝手にやらないで下さい”と言うと、”我々の自由でしょ?放っておいてください!"って逆切れされると言う、この不思議な世界。別に好きにやりたきゃ、税...第473話.近況と世情超Veryshort10月24日

  • 第472話. 気になった食べ物(8)(9)(10) 残念編 "すき家のカレー,ローソンの"おこわおにぎり 山菜とほしえび",月見バーガー

    湖畔人です。今日は、好きだった味が消えてしまった残念なお話について少し。以前、第363話でカレーの話をしており、意外と牛丼チェーン・すき家のカレーがサラサラしたルーとゴロゴロした具が素晴らしい、と言う話をした事がありました。コロナになって暫く行っていなかったのですが、少し前、すき家のCMに女優が出て来て宣伝しているカレーが、何か自分が気に入っていたものとはちょっと違う気がして、ちょっと気になって先日久々にすき家に行って確認しに行って来たのです。すると、まず以前あったポークカレーは消えていて、新しいカレーは具が全くなくて、ルーもコーヒーでも隠し味に使っているのか、何か微妙な味がして、ちょっと残念な感じになっていました。残念ですね。世は移ろうものです。諸行無常です。会社の近くのローソンには、よくお世話になっているの...第472話.気になった食べ物(8)(9)(10)残念編"すき家のカレー,ローソンの"おこわおにぎり山菜とほしえび",月見バーガー

  • 第471話.気になった音楽(185)(186)秋に合うと思われる曲⑥Bobby Caldwell『My Flame』,⑦『 I Give In』

    湖畔人です。音楽関係も、"秋に合うと思われる曲"をしばらくやって来たし今後も続けるつもりですが、敬愛する筒美さんがお亡くなりになったので、ちょっと、筒美さんの記事を挟みましたが、また、"秋に合うと思われる曲"を再開したいと思います。さて、"秋に合うと思われる曲"6曲目と7曲目は、以前"チョイ悪オヤジのサーマータイムバラード集"の所でもご紹介した、”チョイ悪オヤジ”界のラスボスの様な、名誉会長の様な立ち位置のボビーコールドウェルの曲を二曲ご紹介したいと思います。まず最初は、秋の鼠色になった荒れた海の浜辺で黄昏る時に合いそうな哀愁漂う歌、『MyFlame』です。78年のリリースですね。喧嘩でもしたのかボタンの掛け違いか暫く離れ離れになった男女ですが、男性の方は未だに女性を強く思っていて、またよりを戻したがっている、...第471話.気になった音楽(185)(186)秋に合うと思われる曲⑥BobbyCaldwell『MyFlame』,⑦『IGiveIn』

  • 第470話.近況と世情 10月18日 Very short バイデンファミリー

    湖畔人です。急に寒くなりましたね。今日は晴れ間もあり少し心も明るくなります。昨日ショッピングセンターの横にある映画館の前を通ると何時もガラガラの広い駐車場は満車で、映画館からは人が溢れていました。多分、金曜から始まった"鬼滅の刃"を見に来てるんでしょうね。こんなの見た事ないです。もはや社会現象ですね。自分は実は鬼滅ではない別の映画を是非観たいと思っていまして、近々映画館に行くつもりですが、あの混雑だと、上映時間の大分前に入館しないと遅刻しそうですね。並ぶのも嫌だし、夜遅くか、朝一か、その辺りが狙い目かも知れません。さて、毎回ベリーショートと言いつつ長くなってしまう"近況と世情"ですが、今回はホントに短いです。今回はバイデンだけです。アメリカの大統領選の選挙活動も後残り僅か、コロナから秒速で回復したトランプ氏が猛...第470話.近況と世情10月18日Veryshortバイデンファミリー

  • 第469話.気になった音楽(20)(21)(184)~追悼 筒美京平さん2回目~④中村雅俊『時代遅れの恋人たち』二回目,⑤中村雅俊『海を抱きしめて』二回目,⑥リスト『愛の夢-第3番』

    湖畔人です。筒美さんの追悼二回目です。既にご紹介済の曲なのですが、筒美さんの曲の中でどの曲が一番好き?と聞かれれば、中村雅俊さんの『時代遅れの恋人たち』と『海を抱きしめて』が一番好きです、と答えますね。ザ・青春!って感じがとてもイイのです。両曲とも山川啓介さんの作詞、編曲は両方とも大村雅朗さんですね。大村さんは松田聖子さんの編曲で有名な方ですね。名曲『SWEETMEMORIES』は彼の作曲ですね。『海を抱きしめて』は行き詰まっている人、思い悩んでいる人、死を考えてしまった人達には是非聴いてもらいたい曲ですし、竹内さんには是非聴いて欲しかった曲です。9月は自ら命を絶った若い女性の数が多かったようです。竹内さんの影響でしょうか。でもどんな理由であれ自殺はダメなのです。霊的に見てもNGのようですし、後々大変なようです...第469話.気になった音楽(20)(21)(184)~追悼筒美京平さん2回目~④中村雅俊『時代遅れの恋人たち』二回目,⑤中村雅俊『海を抱きしめて』二回目,⑥リスト『愛の夢-第3番』

  • 第468話.気になった音楽(181)(182)(183)~追悼 筒美京平さん1回目 ①堺正章『さらば恋人』②松本伊代『センチメンタル・ジャーニー』③小沢健二『強い気持ち強い愛』

    湖畔人です。平日ですが、筒美さんがお亡くなりになりましたので一言。ホント偉大な才能の持ち主の方で、日本の宝とも言うべき人物でしたね。本当に惜しい方を亡くしました。今、改めてその功績の偉大さを、皆さんが語り始めていますが、本当に本当に沢山の素晴らしい楽曲を、我々、日本に生きる者達に数多くプレゼントしてくださって、本当に本当にありがとうございました。それら素晴らしい楽曲達によって、複数の世代に渡る数多くの若者達の心が、どれだけ楽しまされ、励まされ、和まされ、癒さたれて来たことか、その貢献度はもう、はかり知れませんね。この短い自分のブログの音楽紹介記事の履歴の中でも、筒美さんの曲の多いこと多いこと。そのユニバーサルな音楽センスはホントに素晴らしかったですね。これまで、このブログで、ご紹介して来た筒美さんの楽曲は、太田...第468話.気になった音楽(181)(182)(183)~追悼筒美京平さん1回目①堺正章『さらば恋人』②松本伊代『センチメンタル・ジャーニー』③小沢健二『強い気持ち強い愛』

  • 第467話.気になった音楽(179)(180)秋に合うと思われる曲④⑤oldeiesのHall & Oates『Kiss On My List』,Billy Joel『Allentown』

    湖畔人です。さて、また秋に合うと思われる曲の続きをやります。秋に合うと思われる曲の4曲目と5曲目です。本当は、ジョージの曲でご紹介したい曲が他にありドハマりしているのですが、その曲はこのシリーズの一番最後に持ってこようかと思っています。今日の秋に合うと思われる曲、4曲目と5曲目はテンポの良いピアノ伴奏の二曲、ホールアンドオーツの『KissOnMyList』と、ビリージョエルの『Allentown』です。お二組ともoldeiesへのリスペクトがあって、現代風(80年代風)にoldeiesのR&Bやモータウンをアレンジしなおして復刻させている立ち位置の方々でしょうかね。まずは、ホールアンドオーツの『KissOnMyList』です。81年の曲ですね。軽快なピアノ伴奏が印象的なホールアンドオーツの代表曲の一つですね。こ...第467話.気になった音楽(179)(180)秋に合うと思われる曲④⑤oldeiesのHall&Oates『KissOnMyList』,BillyJoel『Allentown』

  • 第466話.近況と世情 10月10日 Very short ①気候,②バイデン,③のだめ女優,④上田選手寄付,⑤日本学術会議

    湖畔人です。今週も近況と世情、Veryshort版で少し触れます。まずは気候。①気候寒いですね。日も短いです。5時台で外は真っ暗でした。毎年この時期でこんなに日が短かくなりましたっけ?何か突然感が強いです。地軸の傾きでも若干変わってんのかな?…。寒くてもうダウンを着てます。でないと風邪をひきそうです。この時期風邪なんて引いて熱なんて出して咳なんてして、電車の中でゴホゴホなんてやっていたらコロナかと思われて顰蹙もんですもんね。風邪もうかつにひけません。皆さんも気を付けてくださいね。②バイデン大分バイデンがリードしたまま大統領選の終盤を迎えてますね。結構差が開いています。以前から言っているようにバイデンがトップになれば中国の覇権が確定し、それを良しとしない神々が、数多くの警告を我々に突き付け来て、結果、多分我々が想...第466話.近況と世情10月10日Veryshort①気候,②バイデン,③のだめ女優,④上田選手寄付,⑤日本学術会議

  • 第465話.気になった音楽(176)(177 )(178)秋に合うと思われる曲①②③George Harrison『What is life』『Give me love』『My Sweet Lord』

    湖畔人です。次から"秋に似合う曲"括りにしようかと思いましたが、個人的意見なので"秋に合うと思われる曲"に変えました。さて、その"秋に合うと思われる曲"のスタートはジョージハリソンで行きたいと思います。先日シルバーウィークの時、良く晴れていましたが、夏休みに夏休みらしい事があまり出来なかったので、ちょっとここで挽回をしないと思いたち、ちょうど都内に用事があったので、また神社巡りをして来ました。今回は明治神宮=>東郷神社=>靖国=>東京大神宮のいつものコースです。靖国は5時で閉まってしまうので、間に合わず外から手を合わせるだけでしたが、他はしっかり参拝出来ました。明治神宮は久しぶりだったので、とても嬉しかったのですが、あの長い参道を歩く際、携帯で音楽を聴きながら(不謹慎かもしれませんが)歩いていたのですが、その際...第465話.気になった音楽(176)(177)(178)秋に合うと思われる曲①②③GeorgeHarrison『Whatislife』『Givemelove』『MySweetLord』

  • 第464話.近況と世情 10月4日 Very short 米討論会,悲しみのラジオ再編,正代,ホンダ

    湖畔人です。●米討論会そう言えば、トランプさんとバイデンの討論会、FOXの方が司会と言うので、てっきりトランプ贔屓かと思いきや、クリス・ウォレス氏さんですか、民主党員だそうで、思いっきりバイデンよりでしたね。トランプさんがバイデンの息子で疑惑だらけのハンターバイデンについて話そうとすると、話を上手くすり替えて、バイデンを守っていたようです。ズルいですね。アンフェアーです。次の司会は思いっきりトランプさん寄りの司会にすべきですね。例えばハニティーさんとかにやってもらって、バイデンが何の話題を話しても”所でハンターバイデンってさ”と、全部ハンターの話題にすり替えて貰って、中国やロシアやウクライナでのハンターの悪業を洗いざらい米国民に知ってもらうと良いですね。あの家族は真っ黒ですしね。●悲しみのラジオ再編秋の再編で、...第464話.近況と世情10月4日Veryshort米討論会,悲しみのラジオ再編,正代,ホンダ

  • 第463話.気になった音楽(174)(175 )秋の訪れを感じさせる曲③④Dionne Warwick『Heartbreaker』,竹内まりや『September』

    湖畔人です。さて、秋の訪れを感じさせる曲枠で後二曲ご紹介したいと思います。秋も本番に成って来たので、”秋の訪れ”と言うカテゴリーでは段々としっくり来なくなって来たので、今回で一旦このシリーズは終了とし、次からは”秋に似合う曲”というシリーズ物を冬が来るまでパラパラとやってみたいと思います。では、秋の訪れを感じさせる曲、最後の二曲は、ディオンヌ・ワーウィックの『Heartbreaker』と竹内まりやさんの『September』です。まず、ディオンヌ・ワーウィックの『Heartbreaker』ですが、ディオンヌ・ワーウィックと言うと、ホイットニーの従姉妹として有名ですし、バートバカラックの曲でのヒットが多いイメージの方ですよね。バートバカラックファミリーみたいな感じで見る事が多い彼女ですが、今回の『ハートブレイカー...第463話.気になった音楽(174)(175)秋の訪れを感じさせる曲③④DionneWarwick『Heartbreaker』,竹内まりや『September』

  • 第462話.近況と世情~唯物論(無神論)ベースのデジタル全体主義 vs. 唯神論ベースの自由民主主義の戦い~ 10月3日 大統領選と日本

    湖畔人です。世界では今、アメリカと中国の覇権争いの最中にあります。言い換えれば、唯神論ベースの自由民主主義を代表するアメリカの共和党と、唯物論(無神論)ベースのデジタル全体主義を代表とする中国共産党の間での激しい戦いとも言え、言い換えれば、神を信じる側と、神を否定する側の戦いとも言え、言い換えれば、神と悪魔の戦いとも言えるのです。そんな中、その争いの今後の先行きを占う重要な節目として、今、アメリカの大統領選挙に向けた戦いの真っ最中ですが、唯神論ベースの自由民主主義を代表するアメリカの共和党の代表はトランプさん、唯物論(無神論)ベースのデジタル全体主義を代表とする中国共産党と親和性が高いのが民主党のバイデンさんです。トランプさんがコロナに感染し、ちょっと心配ですが、神側が劣勢と言う事になります。民主党は今は反中の...第462話.近況と世情~唯物論(無神論)ベースのデジタル全体主義vs.唯神論ベースの自由民主主義の戦い~10月3日大統領選と日本

  • 第461話.気になった音楽(173)秋の訪れを感じさせる曲②Daryl Hall & John Oates『Wait For Me』

    湖畔人です。先週、突然竹内さんが他界されて、あまりの衝撃に、ちょっと浮かれた音楽紹介など、とてもやっているような気分にはなれなかったのですが、ずっと悲しんでばかりもいられないので、また再開をしたいと思っています。正直、まだ衝撃が残っていて、パンチドランカーのようにまだ頭がフラついていまして、加えて"半沢"も"のだめ"も終わってしまって、もう抜け殻なのですが、ボチボチ日常のモードに戻さないといけません。と言う事で、秋の訪れを感じさせる曲の続きをしたいと思います。まずは、ホール&オーツの『WaitForMe』です。79年のリリースで、作詞作曲はダリルホール、プロデューサーはあのデビットフォスターです。ただビックヒットまでは行かなかったようですね。個人的にはホール&オーツの数多くある名曲の中でもTOP3位に入る、お気...第461話.気になった音楽(173)秋の訪れを感じさせる曲②DarylHall&JohnOates『WaitForMe』

  • 第460話. 花鳥風月 ヒガンバナ 2回目

    湖畔人です。また、花鳥風月のお話です。以前もお話した事があるヒガンバナについて、2回目です。最寄りの駅までの通勤路の途上には、ヒガンバナが咲いている光景を見れる箇所が幾つかあるのですが、その内の一つは、何と黄色のヒガンバナを咲かせているのです。かなり珍しいケースですが、民家の庭先で見付けました。この家は、以前もご紹介した事がある、これまた珍しい赤いマツバギクを咲かせていたお家でして、珍しい色の花を好む家のようです。面白いですね。でも、やはり鮮やかな赤のヒガンバナがイイですね。緑の土手をバックにとてもその赤がビビットに映えています。でもあの独特のカールした花のフィルムには若干のコワさ、狂気を感じるのは自分だけでしょうか?でもそのコワさも、ある意味あの花の魅力なのです。あと、2~3週間は我々の目を楽しませてくれそう...第460話.花鳥風月ヒガンバナ2回目

  • 第459話.近況と世情 9月27日 やってはらなない事 ①自ら命を絶つ命

    湖畔人です。本当は秋の訪れを感じさせる曲をやろうと思いましたが、ちょっと、衝撃的なニュースが入って来て、ちょっとそんな気分ではなくなったので、まず先に近況と世情をしたいと思います。やってはならないこと括りで今日はお話をしたいと思います。①自ら断つ命三浦さん、芦名さんに続き、竹内さんまでもが自ら命を絶ちましたね。元気そうに見えたし、美人だし、仕事もありそうだし、一体何が?と、素人目にはホント驚きですが、見えていない悩みがあったのか、何なのか、ホント何なのでしょうね…。共演していた三浦さんの影響でしょうか?ただ、いずれにせよ、自ら命を絶つ事は霊的に見て"してはならない事"とされているようです。辛かろうが何しようが逃避した方がまだましで、自ら命を絶つ事はNGで、彼らが期待したように意識が消滅する事もないし、かと言って...第459話.近況と世情9月27日やってはらなない事①自ら命を絶つ命

  • 第456話.気になった音楽(172)秋の訪れを感じさせる曲① 松田聖子『野ばらのエチュード』 & 松田聖子論『プロジェクト松田聖子』

    湖畔人です。これから"秋の訪れを感じさせる曲"と言うテーマで数曲パラパラとご紹介して行きたいと思っています。まずは一曲目は、松田聖子さんの『野ばらのエチュード』です。嘗てパンク小僧だった時代には、田舎のストラマーかポール・シムノンかっていう感じでいましたので、"実は松田聖子好き"なんて当然おくびにも出さないでいましたが、大瀧詠一等POPSが好きなら当然松田聖子さんの曲も好きになるのは当たり前の事だったのです。何故なら、彼女に楽曲を提供して来たソングライター達が、当時の日本を代表する最高に才能のあるシンガーソングライター達だったので、当然、名曲揃いであり、好きにならない方がおかしい位だったのです。作詞の松本隆さんを中心に、作曲は、財津和夫さん、大瀧詠一さん、松任谷由実さん(呉田軽穂名義で)、テクノマエストロの細野...第456話.気になった音楽(172)秋の訪れを感じさせる曲①松田聖子『野ばらのエチュード』&松田聖子論『プロジェクト松田聖子』

  • 第457話.仕事への向き合い方(4)

    湖畔人です。NHKを見ていると、昼ご飯を紹介する番組をやっていますね。あれを見ていて思い出したのですが、昼ごはん食べる事に罪悪感を感じていたことが嘗てあったな、という事を思い出したのです。自分は嘗ていろんな仕事を経験した口なのですが、中には感情移入が中々できなくて、やりがいを感じられず、時間が過ぎるのをただ待つばかり、なんて言う仕事もありました。"こんな単調な仕事でお金を貰ったり、昼めし食ったりしていいのか?世の役に立ってる感覚は全くないし、活躍の場がホント少ない、こんな内容のない仕事ばかりして、昼ごはん食べたりする資格があるんだろうか?でも時間が来ると腹が減るこの因果な体にはホントやんなるな。ただ時間を費やすだけの、こんな仕事はやっても意味がない、全く世の役に立っていないし、ホントシンドイ、もう辞めたい"と思...第457話.仕事への向き合い方(4)

  • 第456話.気になった音楽(170)(171)浜辺に残した夏への未練を感じさせる曲 RATS & STAR『Tシャツに口紅』,『ランナウェイ』

    湖畔人です。またまた現実逃避の音楽三昧です。夜とか朝とか結構涼しいし、日も短くなってきて、大分秋めいてきましたが、若干夏への消化不良感があるので、もうひと気もまばらになった浜辺にお別れを告げるような曲を二つご紹介したいと思います。以前、第449話、第450話、第451話で、夏の終わりを惜しむ曲特集をやりましたが、そこではオールディーズ、特にドゥーワップを二曲ご紹介したのと、最近CMで『め組の人』が使われているのを聞いて、ちょっとRATS&STARを思い出しています。田舎の海辺の町の先輩達にはそれこそリアルRATS&STAR、鈴木雅之さんみたいなイカつい風貌の先輩達が沢山いらして、大分怖かったのですが、そんな先輩達は髪型はリーゼントで若干髭もはやしている人もいて(今思うと高校生でありかよ?って気もしますが、当時は...第456話.気になった音楽(170)(171)浜辺に残した夏への未練を感じさせる曲RATS&STAR『Tシャツに口紅』,『ランナウェイ』

  • 第455話.気になったテレビ番組(10)『のだめカンタービレ』(再放送)(2)

    湖畔人です。さて、政治にはストレスしか感じないので現実逃避に、ドラマです。そう、『のだめ』です。毎日更新なので、もうあっという間に終盤です。あと3話で終わりです。ホント悲しい。のだめの周りの大人達、教授達は、のだめ等生徒達に無茶ブリする事で、千秋先輩もその周辺にも葛藤が起きて、悩みを抱えて、違う個性や違う考え方に拒絶反応を示したり、色々とするけれど、でも何かケミカルリアクションが起きて、特に千秋先輩が、最初は教科書通りに出来る事を目指していたけど、そこに違和感や退屈さを感じ、際立つ個性を引き出す事に魅力と喜びを感じるようになり、正当な評価よりも団員の個性を発現する事から来る感動をより重視するようになって行きます。そのプロセスを通じて各自の器が広がって行くのです。この葛藤を経ての変化こそが、我々がこの世に生まれて...第455話.気になったテレビ番組(10)『のだめカンタービレ』(再放送)(2)

  • 第454話.近況と世情 9月20日 Very short

    湖畔人です。さて、新政権も発足しましたが、社会主義指向で自虐史観保持者の岸田さんや石破さんでなくてホント良かったな、位の感想でして、何か語る程でもなくて、特に言う事はないですが、でも、一点言いたい事は、兎に角、マイナンバーと金融資産の紐付ける事だけは許さん、位ですかね。先日もドコモ銀行経由で無断引き出しが日本中で起きている事が発覚しましたが、脆弱なセキュリティーでマイナンバーに紐づけて資産から病歴から移動履歴から購買履歴から何でも紐づけて、国民の全てを情報管理して、コントロールし、終いには皆が一生懸命稼いで貯めた貯金他財産を正確に把握した後に貯金に課税すると言われていますね。国民の貯金箱に手を入れて好きなだけブン取るつもりらしいと巷ではもっぱらの噂です。でもその過程でマイナンバーに紐づけられた金融資産他の情報は...第454話.近況と世情9月20日Veryshort

  • 第453話.気になったテレビ番組(9)『のだめカンタービレ』(再放送)

    湖畔人です。半沢直樹、他イイドラマが多い昨今ですが、今また嘗ての名ドラマ『のだめカンタービレ』が再放送でやっていますね。嫁が気を利かせてビデオに録ってくれたいたので、毎日、深夜に帰宅した後、睡眠時間を削ってのだめの余韻に浸ってから寝る幸せな日々を過ごしています。(ちょっと寝不足ですが)それも毎日更新ですのでホントサイコーだなと思っている今日この頃です。のだめは特別な魔法が掛かった今見てもスゴイドラマの一つだと思います。コミカルだし、極端だし、若干、人間の扱いが暴力的で雑な時もあるし、気がふれたように時”ヒーィッ”ってなる事もありますが、でも主人公の千秋先輩の心の呟きがとってもイイのです。俺様キャラで自分にも他人にも厳しい千秋先輩ですが、でも、生まれ持ったものなのか何なのか、此方が勝手に思っているだけですが、どう...第453話.気になったテレビ番組(9)『のだめカンタービレ』(再放送)

  • 第452話.近況と世情①抵抗の口火はフスの国から,②高評価の安倍政権?=マイナンバーの後に国民の貯金で借金の穴埋め?,③バフェットと商社=地方再生とPPP.④スポーツあれこれ

    湖畔人です。軽く近況について。①抵抗の口火はフスの国からまず、東欧の小さな国、チェコの骨太議員達が、国交のないはずの台湾を訪問し、中国の圧力下にある台湾の自由と民主主義への支持を訴え掛けました。これは言い換えれば台湾の独立支持を訴えたのと一緒ですね。チェコ自体は一帯一路の覚書に調印しているし、大統領自体は親中なのですが、中国の恫喝体質を感じている一般のチェコ人達が中国への反発感情を露にし、反中親台の姿勢を鮮明にしているのです。首都のプラハでは北京との姉妹都市関係を解消して台北との姉妹都市関係を結ぶ程の反中親台ぶりです。長らくローマンカソリックが支配していた欧州において宗教改革が起きプロテスタントが生まれましたが、その流れの起点となったのはチェコの宗教改革者ヤンフス抗議行動とその処刑がその始まりでした。当時のカト...第452話.近況と世情①抵抗の口火はフスの国から,②高評価の安倍政権?=マイナンバーの後に国民の貯金で借金の穴埋め?,③バフェットと商社=地方再生とPPP.④スポーツあれこれ

  • 第451話.気になった音楽(168)(169)夏の終わりを惜しむ曲⑤The Skyliners『Since I Don't Have You』,⑥竹内まりや&大瀧詠一『恋のひとこと』

    湖畔人です。前話に続き、夏の終わりを惜しむ曲をオールディーズから2つご紹介です。夏の終わりを惜しむ曲の5曲目は、TheSkylinersの『SinceIDon'tHaveYou』です。これは、失恋でもう何もやる気しません。もういいです。ツライ。みたいな曲ですが、過ぎ行く夏を寂しく思う感じに近く、選びました。最後は、竹内まりやさんと大瀧詠一さんのデュエットで『恋のひとこと』です。シナトラ親子の『Somthingstupid』のカバーですね。これも夏とは関係ないけど、終りつつある夏の海辺に吹く涼やかな風に似た感じを受けて選んでみました。良い曲です。お薦めします。これで、今年の夏の終わりを惜しむ曲集もおしまいです。もう夏も終わりですね。もう秋ですよ。なんか寂しーですね。では、また。湖畔人第451話.気になった音楽(168)(169)夏の終わりを惜しむ曲⑤TheSkyliners『SinceIDon'tHaveYou』,⑥竹内まりや&大瀧詠一『恋のひとこと』

  • 第450話.気になった音楽(167)夏の終わりを惜しむ曲④The Five Satins『To The Aisle』

    湖畔人です。前話に続き、夏の終わりを惜しむ曲のご紹介です。主に、オールディーズです。と言うか、ルーカスの映画『AmericanGraffiti』のサントラが、自分にとっては夏の思い出にそのものになっていまして、中学の頃やたら周りが聴いていたのです。たぶん、当時は原宿のホコ天のローラー族の影響か、自分が住んでた海辺の街でも学年ごとにチームがあって、チーム名を決めて、チーム名が刺繍されたお揃いのスカジャンを皆で作って着ていて、オールディーズの曲に合わせて皆でステップを踏んでいたのです。501履いてクリームソーダの財布をポケットに挿して、足元はコンバースかラバーソウルで決めてやたら踊っていました。自分はそのチームには入っていないけど、音楽は一緒に聴いていたし、海辺で海の家の手伝いをしたりみんなでよく遊んでいたので、自...第450話.気になった音楽(167)夏の終わりを惜しむ曲④TheFiveSatins『ToTheAisle』

  • 第449話.気になった音楽(164)(165)(166)夏の終わりを惜しむ曲 ①Mr.Children『君がいた夏』,②稲垣潤一『夏のクラクション』,③山下達郎『悲しみのJODY』

    湖畔人です。先週予告したように、今週は、夏の終わりを惜しむ曲集をやってみたいと思います。毎年似たような企画やってますが、まぁ夏の終わりを惜しむ曲はいい曲が多いですからね、今年もやりたいと思います。まず夏の終わりを惜しむ曲集、一曲目はMr.Childrenの『君がいた夏』です。ミスチルはもっともらしい感じがとっても苦手でして気に入っている曲は少ないのですが、初期のほぼネオアコ枠でいけるこの曲は好きですね。歌詞はそのまんまで、夏の終わりが恋の終わりという切ない曲ですね。でもとてもイイと思います。夏の終わりを惜しむ曲集、二曲目は、稲垣潤一さんの『夏のクラクション』です。これは完全にAOR枠の曲ですね。歌詞は売野雅勇さん、作曲は昭和の天才、希代のヒットメーカーと呼ばれる筒美京平さんです。自分は筒美さんの曲が好きみたいで...第449話.気になった音楽(164)(165)(166)夏の終わりを惜しむ曲①Mr.Children『君がいた夏』,②稲垣潤一『夏のクラクション』,③山下達郎『悲しみのJODY』

  • 第448話.夏の終わりの湖畔模様

    湖畔人です。先日久々に、湖畔散策をしました。それも珍しく午前中。いつもは夕方の刻々と変わる光が織りなす湖面と雲の色彩の変化を楽しむことが多いのですが、AMってのはあまりないのです。でもAMも湖畔もとても新鮮で、印象派の絵画のようで、色合いがソックリで驚きました。印象派の連中も朝早くからせっせと光を求めて絵を描いていたのかもしれませんね。AMの湖畔の主役は、湖でもなくその周辺の緑、日の光を浴びてキラキラ光る緑、特に収穫間際の水田ですね。湖自体は風のせいか、ちょっと濁ったウグイス色に近い色、対岸の岸辺はブルーグレーを薄くした色、空は済んだ水色で小さな白い雲が複数風に流されて浮かんでいます。その下には、複雑に微妙に色の違った緑の面が日の光を浴びて輝いているのです。稲穂が茶色ですから遠くから見ると水田は明るい黄緑色の四...第448話.夏の終わりの湖畔模様

カテゴリー一覧
商用