searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

<西日本の放浪記>さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
<西日本の放浪記>
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/2238ma
ブログ紹介文
西日本の隠れた名所と隠された秘密を・・ ・・・粗茶も出ませんが、楽しんでください。
更新頻度(1年)

101回 / 365日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2016/07/16

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、<西日本の放浪記>さんをフォローしませんか?

ハンドル名
<西日本の放浪記>さん
ブログタイトル
<西日本の放浪記>
更新頻度
101回 / 365日(平均1.9回/週)
フォロー
<西日本の放浪記>

<西日本の放浪記>さんの新着記事

1件〜30件

  • 秋の夕暮れとタチウオ釣り!?

    西の空が赤く染まり始めると、どこからともなくやって来る車、車、車、みなさん思い思いの場所を陣取って、場所を確保します。コの字型の入江には、ぐるりと場所を取ってます。そして、大半は、テンヤやルアーで、先に釣り上げるのを見て、その後にウキ釣りやミャク釣りに反応が出ます。小さくても強烈な引きで抵抗しますが、合わせをしっかりしていると、針外れせずに上がってきます。そして、帰りには、皆さん数本から数十本の釣果の方も居ますね。まぁ、時間と釣果は、正比例とはいかない微妙なテクニックですか!?夕まずめや朝まずめは、必ず釣れるので、皆さん力が入っていますが、9時を過ぎると、少し疲れてくるのかな〜??大半の方は、8時〜10時くらいで、帰って行きます。連日ですから、それほど夜遊びはしませんかね(笑)帰りはしっかり獲物をGET!!今夜...秋の夕暮れとタチウオ釣り!?

  • タチウオ祭り・・・・えらいやっちゃえらいやっちゃ・・・ヨイヨイヨイ!?

    台風一過、秋晴れの空川原の土手には、曼珠沙華の花が咲き乱れています。数年前から、ここに群生する彼岸花、昼間には、見物客が次々とおいでます。一大観光地となった勝浦町星谷運動公園の曼珠沙華!?それを見学して、現地には1時頃に到着、場所あったとばかりに、座り込んで、それから、夜のわずか2時間のために仕込みです。なにぶん、相方が釣れないと機嫌が悪くなる(笑)釣らせてやろうと、仕込んでおくのです。花咲か爺さんの様に、30分おきくらいに、周辺にばら撒きます。そして、5時の時を告げると、出てくる船の集団!?タチウオ釣りの漁師達です、彼らもあれ後を狙って今日は大船団??しかし、港の外には、巡視艇が待っています。画像の右は、よしのとびざんですが、港の外に小型の木造船が、航海灯をつけずに釣りをする漁船の取り締まりです。そして、夜の...タチウオ祭り・・・・えらいやっちゃえらいやっちゃ・・・ヨイヨイヨイ!?

  • 早朝のタチウオ釣り!?

    前日は、相方の同行なので、早朝に単独釣行を企てて、朝の3時に家を出て、港に行くと、「あれっ?」釣り場には満杯の人がいます。港の周辺にタチウオ釣り師が、先日のポイントなどは6人がテンヤとウキで攻めています。なんと満杯です・・・・(みんな寝ないのかな〜??)などと思いながら、第二ポイントへ、こちらは流石に早朝なので、誰も居ません。そこで竿を出して、得意のタチウオ釣りの仕掛けをして、10分ほど効果出るまで待って、第1投です。ウキが沈んで「キタッ〜」と合わせを入れると、水面を走ります。「あれっ??」あはは、でかいサバが釣れています(がっくし!?)2投目でやっと本命です、それから、2時間・・・3本釣って、時間は6時前で、明るくなって来たので、場所の特定されるのが嫌なので、納竿とします。まだまだイワシは、回遊しているような...早朝のタチウオ釣り!?

  • 初秋の釣りin四国徳島

    台風14号にちょっぴり期待しましたが、日本列島への影響は、限定的で、海も静かです。昨日は、朝からシトシトと降る雨ですが、月曜日に、お昼の間に、囮アユを取りに行って、小さなアユで、友釣りをして、17匹の囮アユを掛けたので、そのうちの5匹を連れて、上勝町にお出掛けです。小生の後に、交代した会長は、30数匹釣ってました。場所が広いので、小生は、かかり口で釣って、その後会長が釣って行ったのです。あれだけ集中力が続くことにビックリします、今年の口開けは、良くなかったですが、8月以降は、連日20〜30匹が掛かっています。・・・・・・・・と、話は変わりますが!?5匹のおとりアユで帰りは、3匹です(笑)もう、時折影が走るアユを探して、川や谷を駆け回るのですが、専用区ではないので、転がし釣りの針金掛していて、それにイカリが掛かっ...初秋の釣りin四国徳島

  • タチウオ釣り本番か???

    昼間は、いつもの場所へ出掛けると、HRさんが濁った川で、転がし釣り、時折、アユは掛かっています。対岸の方は、下流がダメで上流へ場所移動して、上流で釣ってますが、根掛かりばかりで、数が掛からないようです。7日は終盤の鮎釣りを楽しむ人が沢山いましたが、その後の雨で、川は濁って友釣りは出来なくなっています。しかし、増水は少しなので、コケが飛んだり、アユが下がるほどでは無いですね。そして、川に見切りをつけて帰宅、pm3時を過ぎると、気持ちがソワソワ、そこで「奥さん夕暮れの手慰み?ちょっと行くか??」「今日行くん?」「今から出かけるか?」相方のニヤリとする顔、出かける準備をいそいそとしてます。そりゃ、大名釣りですから、行くわな〜!!現地に行って見ると、たくさんの釣り師が居てます、(暇な奴多いな〜??あっ、小生もだ!?)と...タチウオ釣り本番か???

  • 荒れ後の釣りは何処へ??

    秋の気配を感じ始めましたが、210日や220日は、昔から、台風が来る目安とされています。そこで、荒れたり雨後の筍ならぬ、雨上がりの釣りは、良く釣れるのですね。特に、海では、海水が、適度に水が入って、プランクトンの活性が上がるのか??魚の活性も上がって、夜の雨の後は、磯釣りなどでも人気ですね。ただ、天気が良くなる時には、風が出るので、風には注意が必要です。知り合いが、先日釣ったBIGアユが囮館から飛び出して、両手で掴んでも余る様子です。終盤の川ではこんな事がよく有ります。友釣りで、釣り上げて腰につけた船に入れようと、差し込んでいると、暴れててから逃げて、ニンマリ微笑むアユと「あっ!!」声をあげる釣り師、経験ある方は多いでしょう、そして、逃げるアユは、でかいから悔しさはひとしおですね。近所の釣具屋さんで、手袋でも買...荒れ後の釣りは何処へ??

  • 釣れ始めたタチウオ釣り!?

    夕暮れが近づくと集まり始めるタチウオ釣りの皆さん、「今日は昼から連れとるよ」「4本居るけどタチウオ居る??」などと知り合い達に声を掛けられます。グループ毎に、一かたまりとなって、竿の砲列が続きます。昨日隣に来た爺さんは、今年は初釣りだと言って、竿を出して、ウキを流します!?(嫌なやっちゃな〜)ウキを流す人が隣に来ると、自分の手返しが遅くなるので、極端に嫌いです・・・・投げる時に相手のウキが自分の前にあるのですね。昨日は、相方が3匹掛けて、時間はpm8時前、そろそろ止めようかと思いながら、またもウキが目の前にあります。そこで、相手の前に投げて、見て居る前で、釣り上げると、相手も気付いて、流さなくなったのですが、タチウオ釣りで、二本竿やウキの流し釣りでは、カズは釣れません!?やはり、タチウオの命のやり取りですから、...釣れ始めたタチウオ釣り!?

  • 秋風の吹く鮎の友釣りは??

    先日、HGで遊んでいると、久しぶりと声を掛けられて、見ると1年ぶりで、出て来たのは、北の方です。山に入っていたが、もう終焉なので、降りて来たようです。「囮アユアルヨ〜!?」「ほな準備しようか??」って、まだ、囮あゆは釣れていませんでしたが、着替える間に、2匹掛けて、1匹を渡しました。その後、上流部へ行く為に10匹のアユを掛けて、3匹をおとり菅で飼っておきます。それは、前日に上流へ入った流れさんが、27cm超えたアユを4匹釣って来ました。話しているうちに、場所は同じ所のように感じました、先日釣ってSさんに進呈した場所で、流れさんも釣っているように感じます。小さなアユは、まだまだ上流部にも居ますが、デカアユは見えなくなって、昨日も、2匹掛けましたが、小さいので、早めの納竿としました。(画像が、UP!!出来ないので、...秋風の吹く鮎の友釣りは??

  • おぉ〜〜やっぱり釣れた!?

    昨日は、下流でお茶を濁す遊び釣り!?時間つぶしですか、ホームに出掛けると、黒の軽四が止まって居ます。転がし釣りをしているので、「釣れましたか??」「全然かからん、囮アユが取れん!?」「ほな元気な囮アユとってあげるわ」と話して、川を見ると、釣れないので、中を掻き混ぜてアユが怯えて走るが、餌をハマないので、じっくりと構えて、チョン掛けです。尻ビレや肛門より下なら、囮アユに最適ですが、腹掛けの多い転がしは、良い囮アユが取りにくいですね。元気なアユが取れて、おいでた方に差し上げて、その後自分の分も取って、遊んでいると、軽トラックのクラクション、見るとSさんと会長が出撃です。前日には、35匹かけた会長は、連日出撃です。Sさんも横瀬の爆釣から時間が経ったので、今日は川に入ります。すると、今度は白いセダンが、ナガレさんが降り...おぉ〜〜やっぱり釣れた!?

  • 夜8時に電話が・・・鮎釣り!?

    日曜日のホームグランド、翌日の山へ入る準備で、活きの良い囮アユの確保をしていると、「どんな〜ん、掛かるか〜?」会長がやって来た。「囮アユいったらアルヨ〜」「うん、こうて来たけん、いけるじゃろう」と囮アユを泳がせるが。一向に掛かりません、「どないになっとんな〜?全然反応がないわ」30分ほどして、囮あゆがあかんようになった、という事で、舟から囮を1匹持って行きます。その後すぐ掛かって、「おぉ〜やっぱりきたわ、これからじゃ」と上流に上って行きます。すぐ後に、流れさん夫婦がやって来て、「どんなん??」「あぁ、囮アユあるよ、遊んだらわ??」「ほなちょっとしてみよか〜」という事で、二人で、ポイントに入ります。その後、軽トラックで、Sさんがやって来ます。「どんなん?釣れよん?」「釣らんの?」「今日は入らん、アユや簡単に釣れる...夜8時に電話が・・・鮎釣り!?

  • 上勝町の勝浦川、野アユが化けた!??

    連日、鮎釣りしで賑わっている勝浦川ですが、8月15日より、上流部は転がし漁が解禁ですが、水量が多くて、転がしは出来ていませんでした。今日は、小生がいつも入っていた場所に、中●サイクルという看板車が停まっています。「シマッタやられたな〜!?」しかし、熟知した場所なので、下流へ入ろうと着替えて川を見ると、上流にいた爺さんが、すぐ前まで下がってきています。クソ〜、気の小さい嫌がらせするの〜!!と思いながら、下流のデカ鮎を狙っていると、持参した囮アユですぐかかり竿がしなります。元気な囮に変えて、次のポイントへ入れると、またすぐ掛かります。今度はでかくて上がりません、流心から淀みに走らせて、そこで引き抜きます。これも25cmを超えています。その後、200mほどをポイントを探りながら、下がっていると、爺さんすぐ上に来ていま...上勝町の勝浦川、野アユが化けた!??

  • シーズンIN 四国 徳島のタチウオ釣り!?

    真夏の暑さが帰ってきた四国路の晩夏、昨日は、今年一番の鮎釣り師の出陣かな〜??どこも、ポイントはたくさんの竿の砲列でした。今山は、常連さんかな〜??グループか?ひと塊りになってます。イナバは、手前から次々と入って居ます。そして、小生は、今日はお休みで、豆アジを釣りにお出かけです。いつものポイントへ行ってみると・・先客の忘れ物、小サバを岸壁に捨てています、こんなヤツが要るから漁師が港に入るのを規制するのです、馬鹿な事をするヤツですね。持って帰らないなら、海に放してやれば、デカくなって釣れるのにね!?腹を立てながら、汚いので、掃除して、ポイント移動しましたが、小アジは10匹ほどでダメでした。早々に帰って、お刺身を作ります・・・・それは一昨日に聞いていたタチウオ情報を相方に報告すると、「それいけ〜」とばかりに出陣です...シーズンIN四国徳島のタチウオ釣り!?

  • 長雨の後の上流の釣り!?

    よく降った長雨の影響で、コケは飛び白河となったが、良いところもある。水温は下がり、透明の水が、通常の2倍以上の流れになり、谷川で音を立てながら下っています。元気な囮鮎がいれば、この流れにそっと乗せてやると、水中糸が怒りに絡むほどの角度を付けて、流れに潜っていきます。残りゴケで、少し黒くなったところで少し待つと、目印が、走り始めますが、手元にアタリは有りません、テンションかけて少し浮かせると、「ガッ〜ン」手応えを感じます。デカイサイズのアユが、囮アユを引きながら、下流に下っていきます。岩場を転がりながら、片手竿で我慢します、そして流れの緩やかな所に、追い込んで、<九頭龍がえし>で、上流へ投げて、手元に引き寄せます。引き抜きしないのかっていう声が聞こえそうですが、雑木のネコヤナギなどに中なので、引き抜きには不向きで...長雨の後の上流の釣り!?

  • 連日の雨 こんな時には仕掛け作り(鼻環周り)を・・・ね。

    市販の鼻環周りも有りますが、自分で作るのも楽しいいですね。そこで、鼻環とサカ針、そして、仕掛け糸と鼻環周りハリス(0.6~1.5)を買ってきます。注・・・(市販の普通ハリスは、硬すぎるので不向きです)仕掛け糸で輪っかを作ってそこに鼻環を通して、真結びで一度くくり、もう一度重ねて真結びでくくると、(二箇所に2回ずつ)仕掛けのくくり目は緩みません。画像は、鼻環部分とそこから7mmのところにもう一度結び目を作っています。(二本の糸は、長い糸と短い糸にしておきます)これは二つ目の真結びをするところです、それを仕掛けハリスに結んでいきます。こんな感じで、鼻環から離したところから、編みつけで交互に巻き付けていきます。鼻環のところが来れば、一度結んでおくと強いです。残りの方も編み付けて最後は、一度結んでから、真結びで、ハリス...連日の雨こんな時には仕掛け作り(鼻環周り)を・・・ね。

  • 灼熱の暑さの中の釣り!?

    ジリジリと照りつける太陽に、真夏の暑さを感じますが、女房と二人で、でかい味が食べたいと言うわがままのためにお出掛けです。海に流れる小さな川には、魚を追って入り込んだのか、ボラの群れとチヌやスズキが、暑さに我慢できずに浮かび上がっています。50cm近いチヌが、腹を返しながら川で遊んでいました。そして、小さな波止場で先客は、キスを釣っていましたが。「メタルジグ持っているなら、投げるとメジロが来るよ!?」と言うと、二人は準備して投げていると、キタキタきました。メジロ〜〜〜の子供??の孫?若菜(ヤナ)です。40cmくらいのやつが釣れてきましたが、引きは楽しめます。この季節は県南の磯場では、ツバスサイズが、良く釣れるので、楽しめますね!?そして、サビキの竿に来た、鯖の子を付けて、投げ込んでいますと、ラインが飛んで行きます...灼熱の暑さの中の釣り!?

  • 真夏日が連日のアユ釣り!?

    連日30度越えの真夏日の四国路は、川に入ると気持ち良くなりました。そして照り込んだ事で、アユの活性は上昇して、追いが活発化しています。「ど〜んキューン、おっ、キタキタ〜!?」という子が聞こえてくるあたりが連発します。漁協も、先週の増水前後で、大量のアユを放流したので、場所によっては、群れ鮎がたむろしていますが、こんなやつを狙っても時間ばかりが掛かるので、荒瀬の中の泡に入れると当たってくるアユを狙ってみましょう。稲葉にも釣り師の姿が目立ち始めました。昔から、アユ釣りの友人達は、<浅瀬昼トロ夕登り>と教えられました。朝のあゆは背について登るし、昼のアユは、トロ場で回遊するという教えです。ぜひ、狙ってみて下さい。漁協の放流サイズがデカくて、こんな奴がちゃら背の浅いところで、ウヨウヨしています。あゆの友釣りは、メンタル...真夏日が連日のアユ釣り!?

  • 全体的に釣れ始めた勝浦川のアユ釣り

    梅雨の終盤で起きる、集中豪雨ですが、気に入らないのか?嫌われたのか??四国の水瓶、早明浦ダムには水が無いので、止水制限をするとの事です。そしてホームグランドの勝浦川にも、少雨の被害で、アオサが川を覆っています。上流部の川には、水面が、緑に見えるほど広がって、中には10cmを超える長さになってきました。しかし、負けられないので、毎日、川の掃除をしながらの釣り紀行です。時折場所を間違って、全く釣れない場所もあります。昨日がソレでした、前回は、友人に献上するので、大型ばかりを選んで、釣り場を移動して、十六匹を持って行きましたが、昨日は、崖を降りて行ったのですが、囮のなるアユが掛かりません。やはり元気なアユを掛けると、その後が続くので、まずはポイントで掛けるのですが。全く反応が無いので、いきなり荒瀬に入れて、下流に走ら...全体的に釣れ始めた勝浦川のアユ釣り

  • 勝浦川のアユ釣り

    徳島のお天気は、晴れなのか雨なのか分からないにわか雨が連日降るお天気です。しかし、雲の合間からは、夏の空がのぞいていますから、梅雨前線が北上すれば、暑い夏に突入ですね!?画像は、星谷の瀬尻ですが、時折かかるアユに、皆さん定位置で陣取っています。朝から昼まで竿を振って、二十匹ほどの小さいアユと20cm越えのアユが混じって釣れています。そして、お陽さんが照るとアユの追いも良くなって来てます。さすが、7月の釣りですね。これからは、追いが良くなって、場所によっては、好釣果が聞こえますね。先日、すり傷をして、阿蘇製薬のクイックパッドを買って貼っていると、スゴイですね。すり傷で皮が剥けていたのが、再生されていました。米国の特許の様ですが、その効果に、ビックリして、思わずリンクしちゃいました。阿蘇製薬のクイックバッド、ゴムの...勝浦川のアユ釣り

  • 梅雨の中休みが終り本格的に夏の日差しは??

    勝浦川のアユ釣り情報、新聞では場所によって、爆連れの場所があるようで、友人のUさんが、「よう釣れよんで〜、どしたんだろう??」と首を傾げています!?そりゃ、釣り荒れしていない場所や水中糸を細くして、数釣りに専念すれば、まだまだ場所によっては、竿抜けの場所は沢山ありますね。先日の上勝でも、前日からの囮アユが、手抜きで自宅で飼っていて持って行きましたが、すでにヒョロヒョロで、現地では、荒瀬に入れる事が出来ません。そこへ来たのが、Uさんです、囮アユを二匹買って、颯爽と入って来ましたが。うんともすんとも言わず、その内泳ぎが悪くなって、この囮アユもヘトヘトになっています。「どんな〜ん?」寄っていくと、「全然掛からん!?走るけど囮アユが行くと逃げ回る!?」との答えで、小生のアユもヘトヘトで、掛かりそうに有りません。そこで、...梅雨の中休みが終り本格的に夏の日差しは??

  • 勝浦川のアユ釣り情報!?

    昨日、ドライブがてらに釣り場の偵察、横瀬の竹藪には、相変わらず人が居てます。それを尻目に上流へと走ります、囮屋さんの上下には、数人づつが入ってます。そして、泉の淵上流にも二人います。「あれ??後ろを振り返るとクルマがKさんの車なので、声を掛けます、「どんなん??」「今来たところ」との答えが返ります。時間は、11時過ぎなので、今日は人が少ないですね、じゃ、明日出撃とばかりに、場所を探しておきます。石本堰の下流は、対岸にも人が居るので眺めていましたが、竿は曲がりませんでした。そこから、殿川内へと走り、スーパー林道を走って、岳人の森から神山町に下りました。そして、本日、Uさんに電話すると、もう行きよるよ!!との返事なので、待ち合わせ場所で合流して、上流に走ります。何故か今日は多い気がします・・・・・先客の買い終わるの...勝浦川のアユ釣り情報!?

  • 勝浦川の休日のアユ釣りは??

    日曜日は、雨も降らず、かといって炎天下でもないので皆さんアユ釣りに沢山の釣り師が出掛けています。知り合いが居るかな〜と出掛けてみると、泉の淵上流の製材前には、竿幅で釣り師が並んでいます。囮屋さん下流も竿幅での行列です。まるで解禁日の様に釣り師が並んでいます、石本堰の下流のごろた石にも、たまりごとに人がいます。「ヒェ〜解禁日??」と感じるほどに出て来ています、放流は前日ですから、アユが見えても、養殖ですから、追いが悪くて掛かりませんが、まぁ、魚が見えると、気になるのかな〜??知り合いのY山さんを見つけて、声を掛けます。「どんなん??」「あかんわ、追いが悪い!!」との返事です。しかし、魚の居る事を確認して満足そうでした。先日上勝への釣行を話していたので、来た様です。神田(じでん)茶屋で、1年ぶりにうどんを食べてのん...勝浦川の休日のアユ釣りは??

  • 勝浦川のアユ釣り!?

    一昨日、釣り仲間のUさんが、上流の鮎が食べたいと言うので、「明日行く??」と聞けば、「暇なけん行こうか〜」と言う事で、上流で、見つけておいたポイントに直行です。囮屋さんで3匹買って、現地に着くと誰も居ません!!前日は雨だったので、釣り人は入って居ないはずなので、Uさんに上流のポイントを説明して、小生は下流に入ります。成魚放流は、上流に上った様で、掛かりません!?(ガックシ)養殖アユでは、荒瀬に入れても釣れるはずは無いので、よどみを見つけて攻撃します。Uさんは、3匹掛けています、なので、安心して集中出来るので、それから淀みでまずは、1匹掛けて、それを荒瀬に送り込みます。イマイチの反応ですが、お昼までに5匹掛けて、Uさんのところに行くと、Uさんは4匹でした。野アユは18cm〜20cmくらいのサイズです。「お昼から場...勝浦川のアユ釣り!?

  • 勝浦川釣果情報・・・・アユ釣れてるの??

    昨日、今年3回目の出撃です。解禁日以降に、アユが食べたいと言うので、上流部のこの時期恒例の場所で、17匹ほどかけて、その後、友人へ持参するので、その近くで、15匹ほど釣って、知り合いに持って行きましたが。例年にサイズは0匹です、(カネにならんな〜)一人魚を見て悩みます。余りにも小さくて、20cm弱のサイズは二匹でした。そして昨日も30匹弱を掛けて、活きの持ち帰りに、水を組み替えに噴き出し水を汲みに行って、川を見ると、あはは、解禁しているのか??疑うような川になっています。しかし、連日おいでる方がいるので、魚は釣れているようです。そこに、バモスの黒がG社のマークをつけてやって来ました。「釣れよん、釣ってないん??」声を掛けると「よこせの下流に居たけど全然あかんわ」との話、「ところでどしたん釣れたん??」「しれとる...勝浦川釣果情報・・・・アユ釣れてるの??

  • アユ釣り解禁1週間

    梅雨の中休み、今年も雨は少ない感じですかね、各河川鮎釣りが解禁して、1週間が経ちました。小生は、解禁には出掛けていませんでしたので、昨日やっと上勝の囮屋さんにでかけて、いつもの囮1匹かって、散歩させます。画像は、解禁後の上勝町泉の淵上流部です、この日は、もっと奥まで出掛けて、アメゴを釣ってました。3匹で帰って来ましたが、15〜20サイズのアメゴです。時間が短かったので、数は少ないですが、新緑の山々が気持ち良かったです。そして、昨日やっと出掛けて、上勝の囮屋さんへ8時過ぎに伺うと、福原橋の上下にはぽちぽちと入っています。例年より人は少ないですね、今年は、海部川の魚がデカイと言う事で、皆さん海部川に出かけているようです。画像は、禁猟区の堰ですが、例年ここにくる人がいないので、多分不人気なのだと理解出来ますね。まぁ、...アユ釣り解禁1週間

  • 豆アジ釣り・・・ファミリーフィッシングだ〜!?

    春から初夏にかけて、磯遊びや海の砂場での貝掘りは人気イベントですが、徳島県にも、アサリやシジミのとれる場所がありますね。吉野川漁協では、放流して、吉野川の第十セキ下流の干潮時でてくる砂場に放流しています、ゆえに、家族連れで、大賑わいになる春の大潮ですね。そして、ジリジリと陽が照りはじめると、初夏の装いになり、家族連れの方達は、貝取りから、豆アジ釣りに変わります、また、最近よく見かけるのが、投げ竿の2mくらいの竿で豆アジを釣っていますが、リールはそのままでも、豆アジ釣りには、4.5m以上の竿を求めましょう。釣り易いし、釣果も極端に変わります。小さな豆アジは、沖に出ると、スズキやツバス(ハマチの子供)に襲われるので、あまり沖には出て行きません。ゆえに、波止から数メートル先が狙い目なのです。またサビキの針は、沢山あり...豆アジ釣り・・・ファミリーフィッシングだ〜!?

  • 解禁前夜のパーティー

    6月1日は、主要河川でアユの解禁日です。四万十川など早期に解禁する川もありますが、大半の川は、6月1日に解禁します。河川によって、入漁券の許可証は、様々ですが、1万円前後で、半年間遊べるのですから、釣り師にとっては、安い買い物かな〜??画像は、上勝町の泉の淵上流ですが、皮がそこそこ広くて、徳島市内から1時間で出かけられるので、人気ポイントです。この前後4kmくらいの幅は、竿が触れない程に解禁日は賑やかです、そして、その前夜は、昨年からご無沙汰の挨拶が飛び交いますね。今年の前夜祭はどうかな〜???グループ毎に焚き火や料理を前に、酒が開いていきます。アユ釣り師の一番楽しいイベントかな〜??そしてそこで話しながら、質問や自慢が、他の方の参考になり、技術の向上につながるので、大切なコミニケーションですね。さて、今年の解...解禁前夜のパーティー

  • 解禁前の勝浦川!?

    はっきりしないお天気の毎日、久方ぶりの”梅雨”っていう感じの毎日です。全国の主だった河川は、6月1日にアユ釣りが解禁です。そこで昨日、川の様子を見に出掛けました。下流域は毎日見ているので、上流部に出掛けて見ました。横峯橋から下流を見ると、瀬肩ではんでいる鮎が見えますが、イワシサイズです、時折でかいのを見かける程度です。製材後前もこんな感じで水は豊富にあります、しかし、はむ姿は、凝視しても確認出来ません、まぁ、ガラスで見れば少しは見えるでしょうが、例年より少ないかな〜??囮屋の前には、良い型の鮎が、腹を返しています。キャンプ場前でも鮎の姿は見かけます。上流部でもボチボチ確認出来ますが、小型の海産が多くて、大きな養殖は数が少なかったです。まぁ、解禁前には、夜中に走り回る大型のカワウ(クスッ〜)が出るので、解禁後でも...解禁前の勝浦川!?

  • 勝浦川あゆ情報と・・・??

    四国も数日前からはっきりしないどんよりとしたお天気が続いています。今朝、星谷の転がし場と稲葉の友釣り場を見て来ました。数日前に、養殖あゆを放流したと言うので、見に出かけました、もう良いサイズがゴロゴロしています。話していると、上勝に行っていた人が、今年はここに入ると言ったそうですが、魚影は濃いです。あと半月の、”解禁”がまちどうしいですね。四万十川は、解禁してますが、Kazuさんが、20匹ほどをインスタにUP!!してました。今年は、良い型の魚が釣れています、さて後13日、もう寝るか!!!(笑)13回寝てもダメか??さて豆アジはどうだろうかと、周辺の港を散策すると、皆さん、ぽちぽち釣れています。豆アジは、警戒心が強いので、船の影や鳩の付け根に引っ付いて、釣れますね、もう少しデカければ良いですが、型は小さいですが、...勝浦川あゆ情報と・・・??

  • マルコスさんのフィールド訪問!?

    湖のような田んぼに、小さな細い苗が緑に輝いています。川に出かけるには少し早いので、豆アジ釣りで、橘湾で遊んでいます、先日Youtubeを見ていて、見つけた場所、あれこの場所はここだと言う事で、パチリと写してきたのが、こんな場所です。動画を見ていて、景色に見覚えがあったのです。いかがですか???そのYoutubeは、マルコスさんの動画です。有名な釣り師のマルコスさんの爆笑動画を見てほっこりして下さい。そして、アオリイカ釣りの掲示板、BBSアオリイカ釣果情報(リンク先)に先日二人の女性のアングラーという書き込みがあったので、こりゃ、マルコスさんが今度はアオリイカにチャレンジ??と思ったのですが、思った理由は動画に有ります(笑)予言は、良く当たるんですがね!!!果たして、今回は当たるかな〜〜???マルコスさんのフィールド訪問!?

  • 初夏の風物詩!?

    ずいぶん暖かくなってきました、波止場にも人が出始めて、休日の波止場は、大にぎわいです。徳島県の東部沿岸でも、豆アジが釣れ始めました。休日には、どこの波止場もそれなりに距離を取りながら、みなさん楽しんでいます。ここは小松島の小さな港、大型船のない場所で、サビキ釣りを並んでしています。釣れるのはデカイイワシです。背中に斑点が走る(坊主こんにゃく釣り図鑑)斑点のあるマイワシが大量です、子供などを連れて行くと大喜びで、周囲はまるで祭りのような騒ぎです。25cm〜30cm近いサイズで、刺身でも食べられそうです。昨日は豆アジが、50匹くらいで大半が、このマイワシでした。塩水をくぐらせて、一夜干しにしても、簡単料理で、美味しく食べられます。サビキ釣り、小さな針のたくさん付いた仕掛けを、カゴをつけて、そこに餌を入れて、上に針を...初夏の風物詩!?

カテゴリー一覧
商用