プロフィールPROFILE

<西日本の放浪記>さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
<西日本の放浪記>
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/2238ma
ブログ紹介文
西日本の隠れた名所と隠された秘密を・・ ・・・粗茶も出ませんが、楽しんでください。
更新頻度(1年)

83回 / 340日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2016/07/16

<西日本の放浪記>さんのプロフィール
読者になる

<西日本の放浪記>さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(IN) 42,436位 43,069位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,747サイト
INポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 10 60 110 10 0 0 0 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
釣りブログ 1,236位 1,237位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17,192サイト
四国釣行記 22位 20位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 239サイト
アオリイカ釣り 2位 2位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28サイト
地域生活(街) 四国ブログ 156位 161位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,016サイト
四国情報 8位 8位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 155サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 27,761位 28,548位 29,416位 30,191位 29,314位 28,510位 28,473位 977,747サイト
INポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 10 60 110 10 0 0 0 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
釣りブログ 1,393位 1,428位 1,471位 1,496位 1,459位 1,425位 1,427位 17,192サイト
四国釣行記 25位 25位 25位 25位 27位 27位 27位 239サイト
アオリイカ釣り 3位 3位 3位 3位 3位 2位 2位 28サイト
地域生活(街) 四国ブログ 85位 91位 92位 97位 99位 98位 97位 3,016サイト
四国情報 4位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 155サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,747サイト
INポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 10 60 110 10 0 0 0 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
釣りブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17,192サイト
四国釣行記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 239サイト
アオリイカ釣り 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28サイト
地域生活(街) 四国ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,016サイト
四国情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 155サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、<西日本の放浪記>さんの読者になりませんか?

ハンドル名
<西日本の放浪記>さん
ブログタイトル
<西日本の放浪記>
更新頻度
83回 / 340日(平均1.7回/週)
読者になる
<西日本の放浪記>

<西日本の放浪記>さんの新着記事

1件〜30件

  • 海の異変は釣果にも変化が・・・???

    朝晩がずいぶん寒くなってきました。今年は太刀魚の爆釣が無いままシーズンが終わりそうでしたが、ここ数週間異常に釣れています。夕暮れが近づく港、マリンピアの夕暮れですが。続々と並ぶ太刀魚釣り師達、多くはお昼から場所取りをして地合いを待っています。その間にも車はひっきりなしに入ってきます。例年だと、8月から細いのが釣れ始めて、10月末が来れば、まばらになる釣果が、今年は10月半ばから釣れ始めた太刀魚が爆釣を続けています。特に増えたのが、テンヤ釣りですか!!メーカーによって、シリコンのカバーが付いた物やワイヤーで巻くだけの簡単なものと様々です。そして、日が傾く時間になると・・・・等間隔に並ぶ車の行列はピークを迎えて、溢れた釣り師達は、ジャンボフェリーの駐車場まで溢れています。数年前までは、まばらだった釣り師が、増えたも...海の異変は釣果にも変化が・・・???

  • 徳島県南でタチウオが爆釣中

    前回予言通りに、タチウオが入れ当たり状態です。土曜日に、アジの寿司が食べたいと言う事で、何時ものポイントへ出掛けて、ちょっと周囲を散策、アジ釣りの方を見つけて聞いてみると、昨日までは釣れたが、今日は釣れない、と言う返事を頂き、疑心暗技でポイントへ座り、コマセを撒いてアジを寄せます。すると、ヤエンサイズのアジが寄ってきて、連で釣れます。「居るじゃないの!!」と思いながら気づくと小さなクーラーが一杯で、知り合いのTさんへ電話すると、取りに来て、明後日イカ釣りに行くから、明日釣りに来ようと言う話です。半分以上を袋に詰めてお土産にして機嫌よく帰ると、SGさんから電話が・・・「太刀魚どこがええん??」と言う事なので、ポイントを二ヶ所説明、あした行くとの返事、そして、昨夜、「どこにおるん?」との電話で、場所を説明すると、別...徳島県南でタチウオが爆釣中

  • 海水温が少し下がったか??晩秋の釣り!!

    台風被害が続く東日本、しかし西日本は、秋の深まりを感じる朝夕です。先日アオリイカの試し釣りに出かけてみましたが、ホームグランドでの当たりは、朝の10時から夕方までで、全く有りませんでした。少し水潮が入っていたようですが・・・小イカも釣れなかったので、案外成長はしていないかもしれませんね。そして、知り合いから、その日に、太刀魚釣りに行くがどこが良いのかとの電話が入って、鉄板釣り場の場所を説明して、この時期なら、ここが一番と言えば、お出掛けすると、ルアー二人テンヤ一人、そして、知り合いのSGさんだったそうですが、ポイントも説明していましたが・・・・・これが餌が足りなくなるほどの当たりがあったようで、翌日連絡が来たので、お出かけしてみると、夕方から8時までに4本を掛けて、帰って来ました。例年より、海水温の下がるのが遅...海水温が少し下がったか??晩秋の釣り!!

  • 昨日の日中の釣り・・釣果は??

    巨大台風19号が、南海上に居座る昨日、お天気が良いので、県南へちょっとお出掛けして、ハッピーで赤アミを買って、アジ釣りをしてみます。まだまだアオリイカには早いです。ちいさな子イカを虐めたくないので(笑、本当は下手なのかも?)そこで釣り上げるのは、今からが美味い、豆アジというか、小アジ釣りです。サビキ仕掛けで釣ると数匹が連なって釣れるので、面白いです。ファミリー釣りにオススメの安全で手軽な釣りです。この季節は、メッキアジと言っても、メッキしてませんが、ロウニンアジの子供です。この魚は、沿岸で産まれますが、大半はこのサイズで死んでしまうのです。冬が来ると、海水温が急激に下がると、港から成長すれば沖に出るのですが・・・小さなサイズは出ていく事が出来ずに、外灯の下で、反転を繰り返し、最後は無くなるのです。11月すぎて水...昨日の日中の釣り・・釣果は??

  • 秋の夕暮れとアオリイカそしてタチウオ釣り

    昨日、夜中に目が覚めた、時間はam3時なぜかぱっちり覚めたので、仕方なく起き上がり、竿を担いでお出掛けする早朝の釣りは久方ぶりです。お気に入りのポイントについて竿を出すが、アタリすら無し、6時まで竿を出して、わずかにウキが沈んだだけで、終わりました。不完全燃焼なので、お昼から出かけて、一路南へ走り、先日相方の釣ったポイントで行くとすでに場所取りが座っています。・・・・はやっ!!!まだ4時前やで〜!!心で叫んで後ろに並びます。しかし、日が暮れて当たるのは、角っこのグループだけです。緑地公園を諦めて、辰巳に行くと、ここにもまるでネオン街の様に電気ウキが並びます。そして、和田島の岸壁に着くと・・・・満員ですが、時間が遅いのでわずかに空いた場所で、特効薬を利かすが、いかんせん、風が強くて波が大き過ぎます。それではと次の...秋の夕暮れとアオリイカそしてタチウオ釣り

  • タチウオ釣り・・・えっ船が・・・!?

    夕暮れとともに出て来る太刀魚の釣船、漁師が値のいい太刀魚を釣り上げようと、小船を出してきます。数日は、大型が釣れたので、力も入ります。トンボを引いての引き釣りで、大型の群れを探します。波止釣りでは、探せない分、寄せてくる工夫が必要です。昔は、投げ込むと釣れていたのですが、最近では、待つ釣りは、当たりが極端に少ないです。遠くに入港したクルーズ船を眺めながら、夕暮れを待ちます。MSCのスプレンディダ号が明石埠頭に着眼していましたが、出港です。近年、徳島に入港するクルーズ船は、ここの岸壁を利用します。管理がし易いのですかね。しかし、半日程で、すぐ出航していきます。黒い煙を吐きながら、タグボートに曳かれて沖へ出て行きます。クルーズ船が出てから、数十分後に当たりがありましたが、当たらないので、よそ見していて、掛け合わせミ...タチウオ釣り・・・えっ船が・・・!?

  • 秋の釣りは、コレ!?

    アユ釣りも、終盤になり、転がし漁で、釣る場所が増えて、友釣り師が消えていきました。画像は、勝浦川の入漁規約です。来年はこの規約が、少し変更になるように聞いたのですが、さて、どうなるのか???そして、この条件で川釣りを楽しむのですが、友釣り区が竿釣り区に変わってしまえば、友釣りは出来にくいので、敬遠するのですね。しかし、まだ釣りたいと知り合いは、今までしていない転がし釣りで囮アユの確保にチャレンジしています。まぁ、ここ数日は、飼っているのが使えると言う返事でした。さて、いかほど友釣りに掛かるでしょうかね。そして、釣り好きの人達の関心は、川から海に変わっています。そこで、聞こえてくるのが、磯釣りと波止釣りです。磯へ出掛けると、チヌ(黒鯛)やグレ(メジナ)時には、トビウオやアイゴ、真鯛などもお土産になります。そして、...秋の釣りは、コレ!?

  • 川から海へ移住、あっ 違った移動だ!!

    秋風が吹き、野山にコスモスが目立ち始めました。四国の秋は、今年は早い感じです。そして、沢山居たアユ釣り師たちも、川から海へ移動したのか、めっきり減って来ました。そこで、今年は早くから切り替えて、タチウオ釣りの釣行をしていますが。先程、知り合いから電話で、「昼間は太刀魚釣れんだろう!?」「昼間から釣るのは、おまはん達夫婦だけじゃ!!」と言い切られたので、昼間に連れた証拠写真、まだ明るいので、よく見えますが。「オ~~~イSGさん見てるか!!」これが、夕方?昼間の3時過ぎに釣れたところです。いつも、この時間からよく当たります。太刀魚はよるだけではありませんよ!!もちろん夜になれば、アタリは沢山あります。時には画像のケミホタルが、空を飛んで、ジャンプして、元気な奴は、電気ウキまでも持って飛び上がります。しかし、こんな太...川から海へ移住、あっ違った移動だ!!

  • タチウオの捌き方と夜釣りの楽しみ方

    西の空が真っ赤に染まり始めるとどこからともなく現れる、夜の釣り師達、今、人気のタチウオ釣りです。一昔前は、夜の釣りは、黒鯛(チヌ)でしたが、手軽にルアーなどで狙えることから、タチウオが大人気となっています。その釣り方は、疑似餌で釣るルアーや餌を投げて巻き上げる引き釣り、そして、キビナゴや秋刀魚、アジをつけて、電気ウキで釣る、ウキ釣りと有ります。今日はその釣れたタチウオを捌く方法です。画像は昨夜の釣果です。持ち帰り7本、リリースも8本、です。アタリは、餌の数だけ有りました(笑)そして、これを、頭と尻尾を切って、お腹もざっくり切って退けます。マグロやブリなら、トロと呼ばれますが・・如何せん、小さいタチウオのトロは食えまへん!!?そして、お腹の方に包丁を入れて、骨の上を走らせます。背中の方は、背びれの上を軽く包丁の先...タチウオの捌き方と夜釣りの楽しみ方

  • 終盤のアユ釣りからタチウオ釣りに切り替えか・・??

    アユは初夏に荒瀬をドンドン登って渓谷の水温が低いところを求めて来ましたが。初秋には、渓谷を降りながら、抱卵して、子供を小石に産みつけて、雄がそこに白子をかけて、受精卵とします。これから見られるのは、靴が浸かるか浸からない程度の浅い小石の並ぶところで、ナブラが見られます。秋の景色ですかね。昼間から夕暮れにかけて小石が敷き詰められたところで、水が波紋を広げている所を見られると思います。その為に今は、縁などの流れの緩やかな所で、卵を大きく育てている所ですから、初夏の様に、目印が飛んでいく様な、アタリは、友釣りでも味わえません。しかし、釣り上げるとびっくりする様なサイズも居てるので、友釣りがやめられない理由となりますかね。囮鮎もでかいのですが・・・取れた野鮎はそれ以上ですから、・・・これは囮に出来ないと両手で掴んでおチ...終盤のアユ釣りからタチウオ釣りに切り替えか・・??

  • 終盤のアユ釣りと太刀魚釣り!?

    今年のアユの友釣りも終盤に入りました。勝浦川のアユたちは、抱卵を始めて、釣った鮎も白子や卵を持っています。ぽっちゃりしたお腹は、メス鮎ですが・・これを泳がせるとオスが群がってきます。アハ、アユの世界も同じです、綺麗なメスにはたくさんのオスが引き寄せられるので、数回使って、ヘトヘトのメスが帰ってきます(笑)画像は、星谷の竿釣り区ですが、転がし量に人気ポイントも、書かれなくて人が居なくなりました。しかし、友釣りにはボチボチとかかるので、友釣り師は、ひっきりなしに入っています。そして稲葉も、相変わらず多くは無いですが、人が切れ目なく入ってきます。そして、竿を曲げて、取り込む姿も見受けられます。もちろん星谷でも、掛けている人は居ます。大きい鮎なので、流れの緩やかなポイントを探して、取り込みのイメージをしておくと、掛かっ...終盤のアユ釣りと太刀魚釣り!?

  • 終盤のポイントは・・・アユの友釣り!?

    今日は、帰りに建てたのぼりを知っているので、様子見でお散歩です。稲葉では相変わらず、竿を出す人は少ないです。ガラ空きのポイントにはアユがのんびりと餌をついばんでました。そして、今山の橋の上で眺めると解禁日の様な賑わいです。上流の瀬から下流の瀬までの間は700〜800mですが、このトロ場にたくさんの竿が並んでます。掛かっていると言う情報は、瞬く間に広がる様です。その後上流の星谷へ行くと、ここでも友釣りが、数人入っています。知り合いに声を掛けると、数匹かけたと言う事で眺めている間にも数匹かけていました。橋の上から見ると、たくさんの巨アユが追いかけっこしているので、ここに入れるとすぐ掛かると話していると、近くの友釣り師が寄って来て、即、掛けました。しかし、毎日転がし釣りの針が入っている所は、次が、きません。長い間、泳...終盤のポイントは・・・アユの友釣り!?

  • ダブルヘッダーin ”川”と”海”

    今日は、少し早めに川へ行くと、少し濁りが出ているが、30cm以上は見えるので、友釣りの出来る可能性は有ります。そこで、まずは囮アユを確保します。2回投げると仕掛けが浮くので、鉛を変えるほどではないので、仕掛けを少し重いのに変えて、転がすとまずは1匹確保、次が掛かっていたのですが、外したので、1匹でチャレンジです。そこへ、先日知り合った方がおい出たので、同行してポイントへ、そして囮アユを放すと、即乗りですが。風が強くて、引き寄せ出来ません。強風と流れが同じなので、悪戦苦闘です。1匹かけましたが、風の止むのを待つしか有りません。そこへいつものByanから電話、「どこにおるん、シーちゃん6匹掛けとるわ」との声、しかし風が止みそうに無いので、竿を折るより安全を・・・と言う事で、同行者に挨拶して、納竿して、シーちゃんの居...ダブルヘッダーin”川”と”海”

  • 賑やかだった日曜日!?

    9月の声を聞けば、アユ釣りも終盤ですが、経験豊富な釣り師は、アユ釣りはこれからが、本番と言う方も居てます。その理由は、夏のアユは、スイカの香りと柔らかいその身が、塩焼きして、尾ビレや背ビレを外して、首から抜けば、まるで漫画のサンマのように内臓もまとめて撮れるのですが。食べた時に少し柔らかいです。しかし、これからのアユは、焼けば、まるで鯛の身の様に、ポロポロと溢れる甘い身が味わえます。ゆえにアユはこれから美味いと言って、連日おいでる方も居ます。アハ、小生もその一人かも・・・・(笑)夕暮れの近ずくイナバの様子ですが、本流に魚は見えず、支流で、わずかに数匹が確認出来ました。放流をトンでするので、型が小さい方が数は放流出来ます。今年は数が、例年より少なくなった原因ですかね。しかし、組合長は4回放流したと話していたので、...賑やかだった日曜日!?

  • 出たっ・・・尺アユが勝浦川で釣れた!?

    今日は日曜日、雨のはずが、お日様ニコニコ!?じゃ川に入ろうと、お出かけします。昨日は、どこもいっぱいだったので、今日も多いだろうな〜??と川で、囮アユを掛けていると、囮持参の方から、頂きまして、それでお遊び・・・しかし、毎日なので、今日はどうも調子が違う!?2匹掛けて終わりです。全てを囮を貸してくれた方に返して、川から出て、タバコを吸っていると、上流で粘っていた人が帰って来ました。開口一番、今日の魚はデカイと、囮缶に移し変えているので、物差しを持ってご挨拶!?測ってみると、・・・「デタッ・・尺アユ!?」大きかったと、数は10匹ほどですが、満足の釣りをしたようです。そりゃ、尺なら、その引きは相当だったと思います。これから、まだ2ヶ月弱、どれ程大きくなるのか??川は、水温低下で、底の磨いた石がくっきり見えています。...出たっ・・・尺アユが勝浦川で釣れた!?

  • 巨アユを探すin勝浦川!?

    9月の声を聞けば、川の鮎釣りも晩期に入りますが。今年は、ちょっと違います。お盆を過ぎても、アユの市場相場が、下がりません。8千円台を維持しています。例年は、4千円乗ったところなのですが、異常な高値です。そして、川の水温は、お盆を過ぎれば下がり始めて、入水すれば、寒いと感じるようになれば、野アユも身が締まって、塩焼きしてもポロポロと身が爆ぜて上品な味を味わえます。そして、この時期のアユを刺身にして味わうのは、例年の恒例で、女房は・・・・まだ刺身ダメ?と連日聞いてきます。そこで、一昨日の獲物をお刺身にしてみました。前の方は、氷水で締めて、アライです。旨味と高貴な味わいは、まさに<川の貴婦人>と言う感じです。誰もいない川で、ちょっと竿を出せば、掛かってきたのは、27cmです。今年は30cm越えのアユと会えそうな雰囲気...巨アユを探すin勝浦川!?

  • 9月の声が聞こえる鮎の友釣りin勝浦川!?

    昨日までは、しとしとと雨が降ってましたが、今日は一転晴れ渡ったので、川に入りますが。連日囮アユを掛けているので、鮎が出て来ません。どこ行ったのか??知り合いは、転がし釣りを早朝からしているが、掛からないと、嘆いて居ます。隣でチョン掛けで、囮アユを取って、離すと、即乗りして、3匹掛けたところで、知り合いのByanが来て、囮アユを持って行きます。先日は、Byanがくるとトラブルが増えて、0.2のラインで、23cmを付けて、放すとライントラブルで、竿を起こすと、ラインが切れて、付けたばかりの囮アユを逃した事があるので、今日は慎重に掛けて行きます。最終は、6時間弱で、12匹で、マズマズの出来ですか!!そのうち、転がしで掛らんと嘆く知り合いにおすそ分けして、持ち帰りは、コレです。Byanと連絡が取れないので、出掛けてみる...9月の声が聞こえる鮎の友釣りin勝浦川!?

  • 終盤になるアユ釣りin 勝浦川

    今日は、朝から小雨が、街を染めています。秋の長雨、数日続く様です。そして、数日前からよく釣れている勝浦川、人出は多くて、釣り師ってこんなに居るのと言う感じです。画像は、土曜日の今山の様子ですが、橋のカミには、一団になった車が止まってました。皆さん、どこで聞くのか釣れ始めると賑やかになります。昨日は、稲葉でも、ポチポチと当たるので、友釣り師は増えています。橋の下から、竿が並んでました。その前日は、こんな感じで、クルマはなかったのですが、昨日は、晴れ間が無くなるとばかりに、たくさんに人が出てました。そして、週末前に網入れをしたポイントは、アユが全く見えません。それでも竿を出すSさんは、力の釣りを楽しんでました。(笑)竿先を叩きながら逃げる魚??友釣り師の方は、経験あると思いますが・・・どうしようもなくて、走り回りま...終盤になるアユ釣りin勝浦川

  • 今日は雨のはずが・・・・!?

    昨日は、降ったり止んだりのお天気でした。そんな中で、海を見に行くと、港でアジ釣りをする人を見かけました。昔は、この波止でよく釣ったのですが、今は進入禁止になっています。次々と港が、釣り師に閉鎖されています。その理由の最大は、ごみの放置です。夏場は、数日でハエが集り匂いを発する沖アミエビの空袋や空き缶の放置が、最大の原因です。そして、港を後にして、何時もの場所へ行き囮アユを確保!?20cmくらいのベストサイズを確保して、知り合いのSさんが泳がせると、即ノリで、大きく弧を描くガマアユの竿、それを四苦八苦しながら取り込んで、囮に使えず囮かんに入れるが、弱った囮アユを再利用するが、川が雨で濁ってきていたので、待ってましたと出てきたヌシ、竿先を叩いています。しかし、どうする事も出来ずにおらえていると、パキ〜ンと2番が折れ...今日は雨のはずが・・・・!?

  • さて・・・何を釣りに行くのか??

    晴天が続き始めた四国徳島、先日増水した時には、勝浦川にかに文字を助けると、でかいカニが4杯入ってました。モクズかには、川のカニですが。人によっては美味しいと人気があります。これからは、水が出ると下流へ下がり、秋には産卵のために大挙して移動します。そして、晴れ渡る昨日は、ちょっと海を眺めに行くと、「オッ、スミ跡!!!」アオリイカの新子が釣れ始めたようです。スミ跡はあちらこちらにありますが、その大きさから、コロッケサイズが、数杯と100gくらいが1杯ですか!!澄み渡る青空と広い海、如何ですか。アオリイカを釣ってみたいと思われる方は、9月に入れば、コロッケサイズが、エギを追いかけて来ます。遊ぶなら最適で、活性も高いので、よく乗って来ます。しかし、小さいので、証拠の写真を撮れば、放流してやりましょうかね。11月過ぎれば...さて・・・何を釣りに行くのか??

  • 台風前日のアユ釣り!?口ケンカ?

    台風10号の迷走ぶりを見て、今日が最終と13日の昼前に出かけて、いつものように囮アユを取っていますが、連日なので、アユもなかなか取れません。そこへ、知り合いのSGさんが来たので、「囮アユを買って来てくれ!?」「どしたん?」「野アユが取れん!!」(泣)「入ろうかと来たのに、あかんな〜」と帰って、数十分後に、囮アユを買って、やって来ました。しかし、その時には、囮アユも取れて、3匹釣っています。その後、続けていると、SGさんも、買って来た囮アユで、上流に入ります。1時間ほどして、近づいて来ます。「どしたん??よけ(たくさん)釣れた?」「あかん?全然釣れんで囮アユが浮いて来た!!」「囮アユ貸して・・」そこで、今、釣れて交換したばかりの、23cmの囮アユを竿先を送り出して、渡すと・・「こんな大きいの付けるん??」「あぁ、...台風前日のアユ釣り!?口ケンカ?

  • 台風前のアユ釣りin勝浦川

    今の増水前に放流したという情報で、毎日お出かけ、10匹ほどは連れていますが。例年の比ではありません。時折、喉に掛かって、ご臨終も出てきます。そこで、今日は上勝へ登ってみました。久方振り?では無いですが、知り合いのおじさんと久方振りに会って、今年は厳しいな〜が、挨拶になってしまいました。そして、今日は、オクの定位置で、10打数7安打、がっくしで帰って来ました。魚がでかい分トラブルが絶えません。初心者は難しいです(笑)そして見かけた、下手な転がし釣り、声を掛けると、SGさんの知り合いで今年から、アユ釣りを始めたとの事、転がしで1匹かけたので、すぐ、友釣りしな!!と声をかけて友釣りを始めると、握りすぎて、プカプカ!!あかんわ!!言った、途端、竿が、しなる!!竿のしなりを見て、叔父さん、すぐにタモを準備!!「早い早い、...台風前のアユ釣りin勝浦川

  • やっと、下流域も釣れそうになった勝浦川!?

    2日続けて、上勝町へ登ってみました。下流は笹濁りがある8日に上勝町の某所へ入ると、「お〜久方ぶりに香魚の香りを嗅ぎましたが、2匹で、セットバラし、激流に飲まれて、帰ってきませんでした。ガックシ!!次に使えそうな囮が無いので、それで納竿しましたが・・・気になって2日釣りを決めまして、翌日も、前日早く帰ったので、囮を確保していましたから、それを持って山の上に走り、はじめのポイントで、囮を出すが、反応が無く、日が当たるのを待って、次のポイントへ走り、そこで竿出し、するとそこからは、循環の釣り、10匹かけて6匹取り込んで、終了です。場所によっては、残り鮎が居てます。そして、8月のはじめ、この増水前に下流域は再放流しているので、大きさは20センチクラスが、釣れていると思います。遅い放流ですが、先の放流鮎は、すでに23cm...やっと、下流域も釣れそうになった勝浦川!?

  • 炎天下のアユ釣りin勝浦川

    今日も日中は、降り注ぐ火の暑さでの釣りでした。皆さん日曜日なので、下流域も賑やかになっています。いつものところで遊んでいると、上流には3人下流にも数人で、いつもは貸切の場所が、賑やかなので、囮を一つ取って泳がせるが、掛かる気配も無いので、早々にお休みです。吹き出しの水で身体を洗って、稲葉へ行くと、支流で釣り人が居ますが、その上で、水遊びして居ます。下水の水を流す勝浦川は、口に含める水では有りません。見かねて、小さな子供を連れた方には、湧き水の場所を進めました。少し狭いですが、そちらが断然綺麗です。もう下流の川では、泳ぐことは、汚いので止めることです。泳ぎたいなら、上勝町まで少し遠いですが・・・お出かけになる方が、断然安全で綺麗です。あっ・・・アユ釣りの話ですが、昨日は、のぞきに行ってみると、知り合いの夫婦が釣っ...炎天下のアユ釣りin勝浦川

  • やっと例年の夏になったかin勝浦川!?

    降り注ぐ太陽の熱は、30度を超えて、暑さが身にしみて、800mmのボトルのジュースも足りないほどに喉が乾きます。クーラーには、2本を凍らせて、一本には水を入れて、時折、頭からかけます。それでもすぐ乾く状態になりました、昨日の稲葉にも、人が出始めて、新コケによってくる鮎の姿も確認出来ました。これから、鮎釣り本番の下流域です。今年は、ここも1ヶ月ほどのズレを生じていますが・・放流鮎がデカイので、引き味は格別です。先週、会長が来て、対面で釣りましたが、3匹で、面白くないと怒ってましたが・・・一昨日は、早朝から電話がかかり、Sと二人で入った時に、16匹掛かったと、報告です。よほど嬉しかったのでしょうか、今年は、「つ」の釣りが多いので、桁が変わるとバンザイです。そして、水曜日には、県南へ走り、ひさ空振りに恵比寿浜波止を覗...やっと例年の夏になったかin勝浦川!?

  • やっぱり鮎は沢山居ました by勝浦川下流域

    灼熱の太陽が、肌に刺さるように照ってくると、苔の付いた石では、次々と鮎が、餌を食み始めます。やはり、日照不足が、アタリを遠のかせていた様です。昨日も、下流域にも人が増えています。今年の鮎は見ていると、浮き上がって泳いでいます。そして、ポイントへ入ると腹を返すので、ポイントが見つけにくいですが。どうやら、海産の養殖で、浮いて餌を食べる時間が長すぎた様です。転がし釣りの方は期待はずれで、針にかからないあゆが多いでしょうかね。しかし友釣りは、コケをはみ出したので、そこに入れば、必ず飛びついてきます。そして、楽天ポイントが、期限切れを起こすので、釣り針を頂戴しましたが。これはダメでした。小鮎は掛かるかもしれませんが、20cm以上の鮎は、多くが外れます。あと数ミリ、針先が長ければ、逃げないですが針先が短くて、長時間のやり...やっぱり鮎は沢山居ましたby勝浦川下流域

  • な〜つ〜!?曇りからの炎天下!?

    こんな時に出掛けるのは、勿論涼しいお山です。昨日下流で、囮を取るつもりが掛かりすぎて、7匹掛けて、サイズがデカ過ぎて、あっちこっちに、振り分けて、2匹をキープ!?おとり缶で、飼っていますが、市販のぶくぶくの泡でなくて、循環型の活性炭入りだと、分の嫌な臭いもないし、水も濁らず元気に飼えます。そして、昨日、知り合いのBヤンが、囮がいると来たので、一つ渡して、次は掛けて、4匹ほどをお山に持っていくとの事です。<おっ、Byanも行くんか??>と思っていると、「どこがええか??」と聞くので、「テニスコート前は、あまり掛けたのを見てないし、長瀞上のごろた石も、最近、車を見ていないし、あとは殿川内かのう!!」「ところでどこ行くん??」と聞くので、まずはごろた石かと言うと、朝、電話がかかり、奥はざんざんぶりで、あかんわ!?と言...な〜つ〜!?曇りからの炎天下!?

  • ちょっとドライブして、ハマチを・・??

    梅雨の残り雨??台風の影響??連日よく降って、川は、増水してアユ釣りには行けません!!そこで、ちょっとドライブして、ハマチ狙いでなくて、あれ後のトツカアジ狙いで出かけて見ました。台風が来ると、沖で泳いでいる魚は、影に入ろうとして、湾内や港周辺に回遊してきます。昔からコレを狙うと、思いがけない大漁などがあるので、出かけて見ました。赤アミの中サイズのブロックを持って、二人で、港を探します。そして見つけた小さな波止です。車から直接では無いですが、面白そうなので、ウキを付けてサビキを飛ばします。ウキ下は、極限まで底に近づけて待ちます。豆アジがかかって踊るウキ!!仕方なく上げて来ると、豆アジです。「お前釣りに来たんじゃ無い!!」と怒っても次々と掛かります。仕方なく捨て置くと、突然走り出したのは、ウキと道糸です。そこでおも...ちょっとドライブして、ハマチを・・??

  • まだ、本格的に照らない四国の空!?

    ジリジリと照つける太陽が待ち遠しいです。照りこむと、少々水が多くても、鮎は激流を登って、餌の苔をハムのですが、今年は梅雨がダラダラ長くて、本格的な夏空が来ません。人気釣り場も、連日、解禁が嘘のように、誰も居ません。そして、鮎は、転がし釣りで、時折、掛かります。サイズは先の更新で書きましたが、23cm前後の良型です。昨日も、1時間ちょっとで、知り合いと話しながら、3匹かけましたが、1匹は23cmでした。そして、掛からない理由は、あゆが浮き上がって、中層を泳いで居ます。鮎に異変が起きているのです。今年は鮎好きには、厳しい夏のようですが・・・照り込めば変化を起こしますから、期待しますかね。そして、期待と言えば、ドラゴンを期待して、岸壁で竿を出しますが、場所取りにまずは大変です。人のせり合うのが嫌いで、マニアックな今津...まだ、本格的に照らない四国の空!?

  • あれだけ釣れた鮎が・・どこ行ったのか?勝浦川

    解禁からの雨で、照り込みが足りない勝浦川、解禁当初は、海産の鮎を養殖していたので、成長は早くて、中型あゆが、釣れると興奮してまっ黄色い尾ビレや追星を、付けていましたが。平水に成る程、見えなくなって、何処にも居ません??そして、友釣り師が、敬遠するような場所へ、ロープを腰につけて、降りていきます。すると、居ないはずです。先行者が・・・・・ガックシ!!!でも釣りをするなら、足跡が、水面を向いているはずが、通り抜けです。ニヤリ!!これは猫の足跡か??今年も、昨日の群れ鮎が、一夜で消える現象が起きているようです。そこで、上流を早々に引き上げて、下流へ行ってみると、鮎は沢山居てます。それも、こんなサイズが、群れています。お日様が当たると・・・・・・一気に捨て石を回り始めます。まるで、落ち鮎のような、23cmのサイズが、か...あれだけ釣れた鮎が・・どこ行ったのか?勝浦川

カテゴリー一覧
商用