タイのsoiでディ&ナイト
読者になる
住所
渋谷区
出身
渋谷区
ハンドル名
LKさん
ブログタイトル
タイのsoiでディ&ナイト
ブログURL
http://pattaya-a-gogo.hatenadiary.com/
ブログ紹介文
タイを中心にアジアの旅に興味がある海外初めての人にも楽しんでもらえるブログ
自由文
-
更新頻度(1年)

8回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2016/06/10

LKさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,335サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 2 0 0 2/週
PVポイント 14 28 44 42 72 44 50 294/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,073サイト
アジア旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 708サイト
今日 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 99,453位 102,601位 103,041位 102,938位 102,671位 圏外 圏外 975,335サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 2 0 0 2/週
PVポイント 14 28 44 42 72 44 50 294/週
旅行ブログ 4,685位 4,840位 4,912位 4,876位 4,873位 圏外 圏外 43,073サイト
アジア旅行 64位 65位 66位 65位 64位 圏外 圏外 708サイト
今日 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 全参加数
総合ランキング(PV) 13,770位 13,873位 13,895位 13,759位 13,537位 13,865位 13,719位 975,335サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 2 0 0 2/週
PVポイント 14 28 44 42 72 44 50 294/週
旅行ブログ 732位 734位 739位 730位 716位 739位 722位 43,073サイト
アジア旅行 9位 9位 10位 9位 9位 11位 10位 708サイト

LKさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、LKさんの読者になりませんか?

ハンドル名
LKさん
ブログタイトル
タイのsoiでディ&ナイト
更新頻度
8回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
タイのsoiでディ&ナイト
  • タイの田舎に行く『バスとLCC』そのための準備と心得

    陸から行くか空から行くかタイ国内 タイで田舎に行くと言えば長距離バスだ。いまでこそ価格の安いLCCが普及してきたが、長距離バス(ロットゥア)の存在感はゆるぎない。 自分もバンコクのモチットからチェンマイまで乗車したことがある。 (12時間くらいだったろうか?) 今でこそLCCを多用するようになってしまったが、ロットゥア(超距離バス)への憧憬は変わらない。 以下見てみよう。 SPONSOR LINK //

  • 『ロンクルアマーケットから臨むポイペト』 国境の街4【タイ・カンボジア】

    歩いては周りきれない巨大さのロンクルア すでに「2」で述べたがバスターミナルからここまでは6km、 トゥクトゥク運賃の料金は100バーツだ。 アランヤプラテートと言えばこの「ロンクルアマーケット」を外すわけにはいかないだろう。 というよりここ以外にないと思ってる諸兄がほとんどではないか? カンボジア入国に際してもここを通ることと思う。 そこへ暑さ真っただ中の午後に散策をしてみた。 ※タイ人との会話では「ロングルア」が通りがいいだろう。 SPONSOR LINK //

  • 『アランヤプラテートの食と遊園地』 国境の街3【タイ・カンボジア】

    アランヤプラテートで食事するならここだ カンボジアでのアクシデントで時間を取られてしまい市内散策が出来なかったが、 このバスステーション~国鉄駅~ロンクルアマーケットのエリアを抑えとけば 短期滞在なら間違いないと思う。 そんなアランで気軽に食べるにはどこへ行けばいいだろう。 SPONSOR LINK //

  • 『アランヤプラテートのホテルに泊まる』 国境の街2【タイ・カンボジア】

    アランヤプラテート・バスターミナル付近の風景 バンコクからロットゥで行く アランヤプラテートに行くのにあまりにも情報が少ないので、今回アラン特集と言わんばかりにシリーズでアップしてみた。 なにかの参考になれば幸いである。 アランヤプラテートとは タイ中部サケオ県の郡でカンボジアと国境を接する街だ。 ここには『ロンクルアマーケット』という巨大なマーケットがあり、 買い物に行く人、またカンボジアに行くための通過点とする人なんかで 溢れている。 タイ人は「アラン」と呼んでいたので、アランヤプラテートとフルネームで呼ばずとも通じるだろう。 なおアランヤプラテートとは「僻地」の意味らしい。 SPONSO…

  • 【タイ・スワンナプーム空港の公共交通センター】国境の街へ行く1

    スワンナプーム空港からバスで行くタイの地方都市 バンコクには地方へ行くためのバスステーションが2つある。 その他にも乗合いのバン、乗合いタクシーとも言われるロットゥの 長距離移動のための発着場。 スワンナプーム空港にも地方都市へ行くバスの出発所がある。 それが「公共交通センター」だ。 『PUBLIC TRANSPORTATION CENTER』で公共交通センターらしい。 ここでもそう呼ばせてもらうことにする。 見てみよう。 SPONSOR LINK //

  • 2019年の「タイの祝祭日」と酒類販売禁止日カレンダー。どうするGWの旅行計画は?

    2019年 今年のタイの祝休日 インフルエンザが猛威を振るう激寒の日本列島だが、今年のゴールデンウィークは10連休になるもようだ。 なんでも祝日と祝日にはさまれた平日は「国民の平日」とするらしい。 そうなると頭に浮かぶのが海外旅行ではないだろうか。 旅先はさまざまだがここはタイにシンパシーを感じる方々のために、タイにもある祝日と「酒類販売が禁止となる日」をみていきたい。 SPONSOR LINK //

  • タイ航空の『ローファット・ローカロリー』な機内食

    タイ航空のヘルシーな機内食を食べる 以前から機内食を甘ったるく感じていた。 そこでどうしたもんかと思案してたらベジタリアンからハラルまで実に豊富であることに気づいた。 ベジタリアンフードだけでもゆうに5種類から数えられる。 そんなタイ航空の機内食で今回、「ローファット・ミール」をバンコク往復の空の上で食べてみた。 以下見て見たい。 SPONSOR LINK //

  • 【チェンマイのイーペン祭り】コムローイが夜空を覆う満月の夜

    チェンマイのロイクラトーン チェンマイでは「イーペン祭り」と呼ばれる夜空にランタン(コムローイ)を飛ばす祭りが今年も開催される。 バンコクでもランタンを飛ばせたんだが火災の恐れからいまではチェンマイのみで見れるイベントとなった。 SPONSOR LINK //

  • LCCこそ成田国際空港のラウンジでプライオリティパス

    成田空港出国エリアでラウンジに入る 少し前にエントリーしたが楽天プレミアカードに入会した。 クレジットカードは<自分は1枚あれば十分>のタイプなので、これまでクレジットカードの特典みたいなものには関心を持ってなかった。 だがラウンジの存在に気づきそれにはこの楽天プレミアカードがいいらしいと気づいてしまい、早速使ってみた。 出発の朝、まずは成田国際空港だ。 SPONSOR LINK //

  • カンボジアVISAを大使館で代金と取得方法2018年【赤坂】

    カンボジア大使館、最寄駅は「青山一丁目」4番出口 偶然だがカンボジア続きになってしまったブログ更新。たんなる気まぐれなのだがカンボジに再び気を引かれたためだ。 だが行くには一手間かかる。 正確にはカンボジア入国の際にだがタイとは違いヴィザが必要だ。 そのヴィザを桜咲く赤坂カンボジア大使館まで申請に行ってきた。 SPONSOR LINK //

  • プノンペン国際空港からレイルリンクで中心部へ行けるようになる

    プノンペン空港列車開通は4月10日 プノンペン国際空から都内中心部を結ぶ鉄道路線が来月4月10日開通予定らしい。 これは昨年から報道されててここに来て日にちも出て来たのでおそらくオープンは堅いのではないか。 カンボジア公共事業省によるとインフラは殆ど完成していて、わずかな作業を残すのみらしい。 -Phnom Penh Postより SPONSOR LINK //

  • アメリカンエキスプレス・スカイトラベラー受け取りまで2018年

    マイレージ獲得に弾みをつけるスカイトラベラー 確定申告の時期がやってきて常々これをクレジットカードで支払って、かつマイレージに繋げればと漠然と考えてた。 そこでネットを彷徨ってて出会ったのがアメリカンエキスプレスのスカイトラベラー AMEX Sky Traveler使用は別段新しい手法ではないし、以前から利用されてる諸氏も多いだろうが、自分と同じく漠然と考えてる方もまた多いだろう。自身の備忘録と共に何か参考にしていただけたらと思いエントリーして見た。 SPONSOR LINK //

  • 【2018年】楽天プレミアムカード入会で会費無料のプライオリティパスを持つまで

    タイ旅行前に入会しておく楽天プレミアムカード(MasterCard) 次回のタイ旅行までちょっと間があいてて、その間を繋ぐものとしてサイト廻りしたり色んなことを思案してたら空港のラウンジが頭に浮かんだ。 海外の空港でラウンジを利用するには高額な会費を払わないとならない。 だが『楽天プレミアムカード』に入会すればプライオリティパスが無料で取得できるようだ。 別段新しいことではなく多くの諸氏に取ってはお馴染みでいまさらな感じだろう。 だが自分は「クレジットカードは一枚あればいい」と言うタイプなので特典には関心が薄く最近知った次第だ。 スワンナプーム空港での景色を少し変えてみようと入会してみた。 S…

  • 2018年タイの祝休日と酒類販売禁止日カレンダー。タイ旅行の計画どうする?

    2018年 今年のタイの祝休日 早いもので年も明けて通常カレンダーになろうという日本。日々寒い日が続き思い出す事だろう南の国を。 そうなると一番に思い浮かぶのがタイではないだろうか。 そこで今年のタイの祝休日はどんなもんだろうかと、タイのカレンダーも気になるところだ。 タイ旅行の計画を立てるなら見ておいて損はないと思う。 SPONSOR LINK //

  • バンコクのマッカサン駅。その変貌して行く姿を見てみる【タイ2017】

    次のバンコクの顔になるかマッカサン まだシティーラインなどない頃はタクシーで直接ホテル直行というのが大方のバンコク入りだったと思う。 けど、ここ数年はバンコクの都市交通も劇的に変化し、スワンナプーム空港から電車でバンコク入りという手段も一般的になってきた。 そうなると最初にハローなのがパヤタイ(PHAYA THAI)、ないしはここマッカサンとなるのではないだろうか。 SPONSOR LINK // にほんブログ村

  • 【年末にタイ旅行】航空券は安く取りたいもんだ(2017年)

    クリスマス一か月前に考えるバンコク行き 自分は年末は日本にいることが多いんだが、どうしたわけか今年はクリスマス時期に訪タイしようか未だに思案中。 そこで毎日これからの旅行プランを立ててるとこなので同じく 「今からチケットを取って行けるのか?」という方達と日々同じ気持ちで過ごしてる。 もっとも悩まされるもの 航空券 SPONSOR LINK // にほんブログ村

  • 【パタヤのソイブアカオ】長期滞在に向いた人気エリア

    パタヤビーチから徐々に離れて過ごす 最初は海が見えないこの内陸のソイに違和感を覚える事だろ。 ただその海(ビーチ)も決して遠くなるわけではなく、違う景色を求めるようになるとこのソイが何かと便利に思えてくることだろう。 THIS is Soi Buakhao SPONSOR LINK // にほんブログ村

  • スワンナプーム空港で早朝の時間つぶし【バンコク】

    タイのスワンナプーム空港に早朝に着いたら何する? タイ航空(TG) 東京羽田空港出発の場合 自分は羽田からだと深夜の0時発の便があるので、最近はもっぱらタイ航空の深夜便を利用している。いずれもバンコク・スワンナプーム空港に到着するのは早朝の5時台である。 TG 661 0.20 発 5:25着 「天国の門」・・は言い過ぎだろうか。無事通過すればそこはタイである。(入国審査) そこで自分の例を出すならば朝8:00のパタヤ行きバスを利用するので空港で時間を潰さねばならない。 早朝の、それも飛行機で6時間ほど深夜に飛んで来た後のの3時間半は短いようで長い。まぁ旅の高揚感があるので待ち自体が楽しくもあ…

  • この円安気味のときこそ「スワンナプーム空港でのタイバーツ両替え」

    // EXCHANGE atスワンナプーム空港(両替え)2017 無事入国審査もすみ荷物のピックアップも終った。いよいよ移動だとなるが、 その前に空港でいくつか済ましておくと、後々便利なことがある。 1 プリペイドSIMの購入2 タイバーツへの両替え もしかしたら日本で両替えを考えてる諸氏もいるのではないだろうか? だがそれはちょっと待ってほしい。 SPONSOR LINK //

  • バンコク移動に欠かせないBTSスカイトレインに乗る-2017【タイ】

    BTS(スカイトレイン)でバンコク観光 2017年 BTSとはスカイトレインの名でも知られているバンコク中心部を走る高架電車である。 最近では初のタイ旅行を前にしてスワンナプーム空港やタイバーツレートなどと並んで関心を持たれるのではないだろうか。 アソークやサラディーン、サイアムなどを通り、このBTSでの移動はタクシーよりも便利かと思う。 そこで都会のバンコク観光を楽しむためにBTSマニュアルを作ってみた SPONSOR LINK //

  • フアランポーン駅を基点にバンコクを動けば違う風景が見れる

    フアランポーン駅(Hua Lamphong )の景色 タイの刊行物やタイ国鉄などでの正式呼称は「クルンテープ駅」となる。 もしタイで駅の場所など尋ねたりするならクルンテープの方がいいかもしれない。 ただ自分は「フアランポーンへ」でトゥクトゥクに乗った記憶があるが、それは偶然なのかも知れない。 無難に<クルンテェープ>がいいだろう。 自分の印象だとこの駅は日本でいうところの「上野駅」に相当するのかなと思う。 地方から出てくる人を人生の悲喜こもごもと共に運んで来る終着駅、 <国の中央駅>ではあるが東京駅ではないなぁと。 SPONSOR LINK //

  • タイ国鉄(SRT)で安くドンムアンからバンコク都内入りする【バンコク移動】

    バンコク都内入りにタイ国鉄(SRT)乗車 バンコクを中心としたタイ旅行でおよそこの列車にのることはまずないだろう。 都内の移動であればBTSや地下鉄のMRT、それにタクシーを使うと思う。これらは非常に利便性がよく今後ICカードの統合などを経て、ますます使いやすくなるだろう。 スワンナプーム空港からは別組織にはなるが同傘下のSRTが走ってる。 pattaya-a-gogo.hatenadiary.com そこへ気まぐれにドンムアン空港からこの鉄の権化のようなSRT北本線に乗りバンコク都内入りしてみた。 SPONSOR LINK //

  • タイ旅行「機内持ち込み出来ないもの」・「制限があるもの」を列挙してみた

    飛行機の<持ち込み手荷物>にある制限とは 飛行機に搭乗するには各種の制限や決まりことがある。 これは旅を楽しく安全におくるためにも大事なことだ。 とくにテロや航空事故の不安にさいなまれる現代においては、いまより厳しくなることも予想される。 そこであらためてここで確認してみたいと思う。 以下に上げるものは一般旅行者が観光旅行など余暇を楽しむ際のもので、 詳細な規則を確認したい向きは航空当局のWEBサイトを見てほしい。 SPONSOR LINK // にほんブログ村

  • ソンクラーン(水掛け祭り)に移動と参加。その楽しみ方から注意まで【タイ旅行】

    タイの正月ソンクラーンとは(Songkran Festival) ソンクラーン(水掛)参加は町に出るだけ <enjoy編> ソンクラーン(水掛)には町ごとにメッカがある ソンクラーン(水掛祭り)で注意すること <注意編> 移動 参加の際の攻撃武器並びにプロテクション 氷入りの冷水は冷たい 走行中の車からの攻撃もある。またソンテウ乗車時も注意 スマホ・デジカメ・財布の安全な保持 2017年のソンクラーンの日程 SPONSOR LINK // タイの正月ソンクラーンとは(Songkran Festival) ソンクラーンとはタイの旧正月のことで、その正月のお祝いとしていつしか「水を掛け合う」ことに…

  • 新装なるパンティップ・プラザ、そのバンコクの秋葉原と言われる電脳モール【バンコク】

    デジタル化を意識した新装パンティップ・プラザ 2017年3月追記 2017年1月の終わり、自分はこのバンコクでも有名な「老舗」の電脳ショッピングセンターの変り具合いが気になり、時間のない中を駆け足で覗いて見た。 2016年8月8日に2年に及ぶ改装を終え新装オープンのパンティッププラザ その新装なったパンティッププラザは客のデジタルライフに特化し、電子製品の充実を図っていきたいとの事だ。 そこでこの機会にパンティッププラザを見て行きたいと思う SPONSOR LINK //

  • バンコクのパヤタイ周辺はちょっとした隠れ家空間に変貌

    パヤタイ(Phaya Thai)かつての下町を歩いてみた ここで降りたのは残念ながら別の用があったからで割ける時間はそれほどなかった。 だがそのわずかな時間をカンボジア行き3泊分の荷物が入ったノースフェイスのバックを担ぎ、食事に散策にと充てた。 そこで見たパヤタイは新鮮で今度は時間を取って訪れたいと思った。 さりげない顔をしたかつての下町、パヤタイを見てみよう。 SPONSOR LINK //

  • スワンナプーム空港から『パヤタイ駅』へシティーラインで行く【バンコク】

    シティーラインで行くバンコク到着から乗り方 今回スワンナプーム空港からこのシティーラインを利用して初めて「パヤタイ駅」まで行った。降りるのもまた初めてである。 終点でもありまたBTS(スカイトレイン)との連絡もしているこの駅、 食事やショッピングなんかでも利便性が高いことに改めて気が付いた次第だ。 また「サイアム」や「ナナ」などにホテルを取ってても案外使えるのがパヤタイ駅でもある。 まずは空港駅から見ていきたいと思う。 SPONSOR LINK //

  • パタヤビーチの爽やか日曜日の朝

    パタヤビーチロードを朝歩いてみた 今年初となるタイ旅行をカンボジアから始め2月になってパタヤ入りした。 ちょうど乾季だったため日中はすこぶる暑いが木陰に入れば大変過ごしやすく快適な毎日だった。 そこである日朝早く起きれたので、そう滅多に機会がないのでビーチロードまで出て砂浜などを歩いてみた。 そんなある日曜の風景だ。 SPONSOR LINK //

  • 2017年タイの祝休日と酒類販売禁止日カレンダー。今年のタイの休みは?

    2017年 今年のタイの祝休日 さて年も明けて早や2週間が過ぎました。毎日寒い日が続きほんとうんざりだ。 そんな時浮かぶのが南国の太陽に海。とくればタイだ。 そこで今年のタイの祝休日はどんなもんだろうか見てみたい。 少なからずタイ旅行に影響もあると思うよ。 SPONSOR LINK //

  • 【年末は日本】おすすめは何処へも行けないならこもって映画に海外ドラマだ

    2017年 新年の日本でどうする? 「・・・熱いぜ」 南国タイへ出発した人も多いだろう年の瀬。身体に気をつけて楽しんでほしい。 だが幸か不幸か極寒の日本で一人静かに過ごすのならやはり 『映画と海外ドラマ』がおすすめだ。 最新から過去の作品の「アメリカ映画・海外ドラマ」と「イギリス海外ドラマ」にわけてつづってみた。この機にじっくり観返してみたい SPONSOR LINK //

カテゴリー一覧
商用