searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

日日是好日さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
老人バックパッカーの世界旅
ブログURL
https://teruya00.muragon.com/
ブログ紹介文
定年退職し、第2の青春で、若いときにかなえることができなかったバックパックの海外旅を実現します。
更新頻度(1年)

8回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2016/04/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、日日是好日さんの読者になりませんか?

ハンドル名
日日是好日さん
ブログタイトル
老人バックパッカーの世界旅
更新頻度
8回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
老人バックパッカーの世界旅

日日是好日さんの新着記事

1件〜30件

  • 帰国しました

    4月21日に帰国し、PCを新しく購入しました。やはりスピードが違うのと、何よりハングアップすることがなさそうです。写真は、トランジットのために(安い航空券なので)モスクワ空港にだいぶ滞在しましたので、時間がたっぷりあり、それを利用して四苦八苦しながらアップロードしました。こ...

  • アルバニア、ティラナにて

    今ポーランドのワルシャワですが、何とかここまで完成できました。すぐにハングアップするので、これ以上は無理です。帰国後(4月中旬予定)時間が有れば、書きたいと思っています。最後はルーマニアから、イスタンブールによって帰国の予定です。 アルバニアのティラナへのバスのキップを買う...

  • マケドニア、オフリドにて

    度々ハングアップするので、スコピエ編をアップするのにだいぶ時間が掛かりました。この状態が続くと、アップすることが難しくなりそうです。まあ、出来るだけ続けます。今はもうクロアチアの首都ザブレグに来ています。 民泊のアパートに着きました。庭先のベンチに荷物を置いて、暫く待ちまし...

  • マケドニア、スコピエにて

    ブルガリアからマケドニア、スコピエへの途中の景色です。やはり、寒そうです。 スコピエのバスターミナルの周りは閑散としていて、街の中心がよく分かりませんでしたが、聴きまわってやっと分かって向かうと、2階建てバスが走っていまた。観光を意識したものだそうです。 市街はライトアップ...

  • ブルガリア、ソフィアにて(その弐)

    写真を羅列しすぎると、ブログ作成をしていて、よくハングルので新たなページにします。 アパート(いわゆる民拍)のオーナーのおばあさん(後で考えてみると、一人暮らしみたいですが、英語がうまくてインテリジェントレベルのかなり高い方でした)が、バスでそこへ行き方を懇切丁寧に書いてく...

  • ブルガリア、ソフィアにて(その壱)

    ソフィアでも色々な予期しなかった遭遇がありました。今、アルバニアのサランガでソフィアでのことを思い出しながら、書いているのですが、なかなか日本のルーティーンの生活では出来ない貴重な体験もありました。 夜行バスでソフィアに着き、バスステーションで夜明けを待って外へ出てみると、...

  • イスタンブールにて(その弐)

    イスタンブール最大のモスクコンプレックスと言われているSleymaniye Moskから、アジア側を眺めたものです。ボルポラス海峡のクルージングに行ったときに、ひときわ大きくて目立ったので、来てみました。 モスクの中はひときわ幽玄な小宇宙をなしていました。 次の日も来て見た...

  • イスタンブールにて(その壱)

    パソコンの調子(4年以上前のASUS)が悪いのか、ネットが悪いのか、余りに遅く度々ハングアップします。このままではいつまでもアップできませんので、今日我慢できるところまで続けてこれ以上どうしようもないときは、中途半端であっても公開することとします。 --→何とかその壱は終え...

  • まずはバンコクにて(2019年1月29日ー2月6日)

    何とか日本から抜け出して、バンコクに行ってまったりすごすことが出来ました。今年の旅の始まりの序章です。 宿はチャイナタウン近くの安宿で、Silomにも歩いていける便利なところです。もっとも僕のたびのモットーは、いっぱい歩くこと(2万歩が最低線で3万歩が目標です。6日間のうち...

  • スラバヤにて その弐

    昨日はインフォーメーションセンターから出るツアー(7,500ルピア、60円)があったのでいってきました。外人は僕一人で、現地の方の家族ずれが多か ったです。全部で15人ぐらいいたでしょうか。インドネシア語での案内でしたが、一緒にいた現地の方が英語で説明してくれたりして、また...

カテゴリー一覧
商用