searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
そんな時は釣りでしょう!
ブログURL
http://propinreservoir.blog66.fc2.com/
ブログ紹介文
ブラックバス、ワカサギ、渓流釣りや、カーオーディオをメインとした車イジリの趣味ブログです。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2016/01/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、フローターマンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
フローターマンさん
ブログタイトル
そんな時は釣りでしょう!
更新頻度
集計中
読者になる
そんな時は釣りでしょう!

フローターマンさんの新着記事

1件〜30件

  • 父の認知症 7

    最後に、身内に認知症患者がでて感じたこと、気付いたことを書きたいと思う。全ての家庭、全ての患者にあてはまるわけではないが、他の病気と違い、この病気は患者より家族が苦しむ病気なので、一つでも同じ境遇の方の支えになってもらえればと思います。まず初めに、認知症になる前段階として検査を受けること。今の薬はかなり効くらしいが治すことはできない。だがかなり初期の段階だと快方に向かう場合もあるようだ。仕事を辞め...

  • 父の認知症 6

    免許を返納し家に帰宅したが、すでにさっきあった出来事や言われたことを忘れかけていた。免許を返したことは覚えていたが、警察は何をしに来たのか、なぜ免許を取られたのかはもはや記憶にはないようだ。車に乗るからカギをよこせ➞警察が来て返納したことを説明➞なぜ免許返納になった➞病気の説明をする➞自分はどこも悪くない➞病院に通っていることを伝える➞病院に行っている自覚はない➞再び病気と通院していることを説明➞仕事が出...

  • 父の認知症 5

    父には警察が来ることを伝えていたが案の定忘れていたようで、警察からの電話で会社に戻ってきた。このような案件を担当してるであろう女性警察官が一人で来ていた。事務所のテーブルに警察官と父が向かい合って座り、私と母は少し離れた場所から見ていた。後から考えると、母や私が同じ席に着かず父と警察が面と向かって話したのが、一瞬ではあれ自分の問題だと考えさせれたと思う。警察官が父に医者から出ている診断書のこと、そ...

  • 父の認知症 4

    免許センターからへ書類を郵送してから数日後。警察から電話が来た。後日、免許失効(行政処分)についての書類が郵送されるが、その書き方などについての説明だ。認知症の免許失効は、違反者と同じ行政処分となる。そのため、違反者に対して異議申し立ての機会がもたれている。「あの違反はこういう事情があったためしょうがなかった。」「街路樹に隠れて標識が見えなかった」など自分に非がない、軽くしてもらおうと思う人が意見...

  • 父の認知症 3

    数年前から自営の会社を閉めてもらいたいと思っていた。仕事はほとんどない。たまに近所や知り合いから仕事が入るが、金額にすれば数千円程度の仕事。その仕事をするために毎月5万程度の金が経費で飛んでいく。いくら説明しても「仕事がないから営業してるんだろ!」の一点張り。父は仕事以外出来ることがなく、さらに認知症になると普段と違うことに不安を感じるらしい。毎日同じ時間に同じことを繰り返す。それだと頭を使う必要...

  • 鋳物ストーブ設置&リフォーム 5

    薪ストーブを設置するにはいくつかのルールがあります。1.重い鋳物ストーブの場合は床が耐えられること。2.低温火災を起こさないようにする。3.煙突の取り回し大きく分けてこの3つがメインかと。比較的新しい丈夫な家なら1は問題ないでしょう。見た目や使い勝手を気にしないなら床に直接空気層を設けた板を敷き、レンガなどを敷き詰めれば床を工事することなく済みます。壁と十分距離があれば低温火災の心配もないですし、...

  • 父の認知症 2

    一日のうちに同じことを何度も聞いてくることは当たり前だったが、その都度会話は成立していた。しかし私や母が気付いてから4年。時々会話が成立しなくなってきた。この頃になると、毎年夏のうちに薪を準備し寒くなると薪ストーブを設置する昔からのこともやらなくなり、月一回の煙突掃除もせず、燃えが悪いと薪をとにかく細かく割るようになった。たかだか数分の会話の冒頭に話したことを覚えていない。作業場と家が離れているの...

カテゴリー一覧
商用