プロフィールPROFILE

michinoku8さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
福島『三代王権・こころのサンクチュアリ教会』
ブログURL
https://ameblo.jp/michinoku8/
ブログ紹介文
真実に目覚め神様、お父様が願う創造本然の状態に戻ることをめざし、お父様を慕う様々な立場の人を歓迎。
更新頻度(1年)

88回 / 351日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2016/01/14

michinoku8さんのプロフィール
読者になる

michinoku8さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(IN) 15,124位 14,616位 16,568位 17,641位 17,625位 18,819位 18,887位 978,347サイト
INポイント 0 30 20 10 20 30 10 120/週
OUTポイント 90 70 70 40 10 70 60 410/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 232位 224位 250位 275位 267位 300位 290位 13,112サイト
サンクチュアリ教会 13位 12位 12位 13位 13位 16位 14位 95サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 17,719位 17,979位 18,026位 18,803位 18,879位 18,098位 18,199位 978,347サイト
INポイント 0 30 20 10 20 30 10 120/週
OUTポイント 90 70 70 40 10 70 60 410/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 170位 171位 167位 177位 177位 167位 166位 13,112サイト
サンクチュアリ教会 23位 23位 22位 23位 25位 25位 25位 95サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,347サイト
INポイント 0 30 20 10 20 30 10 120/週
OUTポイント 90 70 70 40 10 70 60 410/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,112サイト
サンクチュアリ教会 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 95サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、michinoku8さんの読者になりませんか?

ハンドル名
michinoku8さん
ブログタイトル
福島『三代王権・こころのサンクチュアリ教会』
更新頻度
88回 / 351日(平均1.8回/週)
読者になる
福島『三代王権・こころのサンクチュアリ教会』

michinoku8さんの新着記事

1件〜30件

  • OUR FATHER FORSAKEN:イエスの探求(4)

    20世紀に入って歴史的イエスの探求は、名医で神学者、哲学者、音楽家でもあったアルバート・シュバイツアーによってなされた。数年間証拠を分析して、シュバイツアーは…

  • 世界の支配(10)

    ・・・・・他の株主はヨーロッパの貿易専門家のG・カーによれば、ロンドンとベルリンのロスチャイルド銀行、パリのラザードブラザーズ銀行、ヴァールブルク銀行(ハンブ…

  • 世界の支配(9)

    連邦準備制度の大きな部分を外国の銀行が占めていた事実は合州国の経済のあり方が、もはやアメリカ市民の代表者によって財務省の正しく任命された役員によって決められな…

  • OUR FATHER FORSAKEN:イエスの探求(3)

    歴史的なイエスの探求の第二のランドマークはもう一人のドイツ人教授であったデイヴィッド・フリードリッヒ・シュトラウスの"イエスの生涯"であった。この作品の中で彼…

  • 世界の支配(8)

    連邦準備制度は1914年11月16日に動き始めた。1億4300万ドルの資本で、そのお金は12の地区の銀行の株の販売からきた。FedのワシントンDCの理事会への…

  • 世界の支配(7)

    ・・・・・「法案は最も巨大なトラストを地上に誕生させてしまった。大統領がこの法案に署名した時、マネーパワーによる見えない政府が、マネートラスト調査によって存在…

  • OUR FATHER FORSAKEN イエスの探求(2)

    ・・・・・理性と啓蒙の時代(啓蒙時代17C.後半~18C.)の中で、何人かの学者が宗教的崇拝のイエスとは対照的に歴史の中のイエスのアイデンティティーを一度確立…

  • 世界の支配(6)

    ウィルソンがホワイトハウスに入った時、アルドリッチ法案はグラス法案(カーター・グラス上院議員の名から付けられた。彼はアルドリッチ法案の反対者であった。)として…

  • 世界の支配(5)

    1912年にウィルソンは卓越した銀行家バーナード・バルークによって”縄につけられた犬”のようにNYの民主党本部に連れてこられた。そこでウィルソンはもし大統領に…

  • 【『見捨てられた私達の父』新旧約聖書の神の放棄】:イエスの探求(1)

    イエスは平和の君と呼ばれている、にもかかわらずイエスは言った「私が来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために来た…

  • 世界の支配(4)

    ・・・・・だがマネートラストはこの後退にも動じなかった。1912年の大統領選挙でタフトを蹴落とすためにモルガンは新しい候補として前大統領のセオドア・ルーズベル…

  • 世界の支配(3)

    ・・・・・1911年6月13日議会の前でのスピーチでリンドバーグは言った。「ウォールストリートはモルガン、ロックフェラーらの支援を受けRA(Reserve A…

  • 世界の支配(2)

    ・・・・・ネルソン・アルドリッチは金融について最も精通している上院議員だったかもしれない。だが合衆国における中央銀行主義は最悪のものをもたらすはずだ。とても裕…

  • 世界の支配(1)

    いわゆるアルドリッチプランと呼ばれているものだが、それはジキル島で考案されたもので、大規模なバンキング組織を作ることを要求していた。即ちそれがNRA(the …

  • 我々の選択(2)

    アーロン・フェイス、ストーンマンダグラス高校のフットボールコーチは彼自身の体を学生の盾にした時、この愛を示した。しかし私の質問はこうである。「二人の生徒の盾に…

  • 我々の選択(1)

    私が父から学んだ事は左翼はいつも力で平和に反対するということだった。1980年代レーガン大統領の政策の代りに、我々がもし共産主義者の政策に従っていたなら、ソビ…

  • 多文化主義の弊害(3)

    ・・・・・左翼はすぐに彼女たちこそ真に女性の人権を守る人達だと主張した。もしそうなら、なぜ彼らは性の取引の売春を容易にする開催地をサポートするのか。何故彼らは…

  • 多文化主義の弊害(2)

    論理的には良さそうにだが、実際の多文化主義は全ての市民が法の下で平等として扱わられるべきであるという憲法共和国の理想への挑戦となる。多くのヨーロッパでの国々で…

  • 多文化主義の弊害(1)

    アメリカに来た移民は彼ら自身の国の文化、言語を祝ったり使ったりしている、たとえ支配的なアメリカの文化に慣れることを願ったとしてもだ。私自身の家族の場合も私の両…

  • 選択(10)

    左翼の言論の自由に対する攻撃は現実的に警戒すべきですが、少なくとも保守的で聖書に基づいた見解を示すことができるメディアもあります。私の父は数億投資してワシント…

  • 選択(9)

    ・・・・・こうした”制限付き”ビデオをチェックしてみてください。例えば”何故共産主義はナチズムの様に嫌われたか””移民!君が逃げたものに投票するな”もしそれら…

  • 選択(8)

    ・・・・・問題は大学内に限ったことではない。ユーチューブ、フェイスブック、ツイッターは左翼グループと連携している。例えばG・ソロスが設立した南部貧困法律センタ…

  • 選択(7)

    過去に対する私たちの理解が、私たちの国家にとって何が価値あるものなのか、そして今後どの方向に向かっていくべきかという私たちの認識を形作ることになる。我々の大学…

  • 選択(6)

    ・・・・・我々がそれを認めようがそうでなくても、自己正義の”茶色のシャツ”の精神は、1930年代のヨーロッパでファシズムの抬頭を許した学校管理者から同じように…

  • 選択(5)

    合衆国では言論の自由はまだ存在する。しかし実際には減ってきている。ミシガン大学で他の大学のキャンパスで、保守的な観点のスピーカーは黙らされており、実際の暴力行…

  • 選択(4)

    Chapter5で論じたように、ヨーロッパ各国で移民によってもたらされたレイプ、暴力について論ずれば、罪を犯した者たちではなく、何が起きたのかを正直に報告して…

  • 選択(3)

    2018年4月にあるシカゴ郊外地区が暴行の武器を禁止した。それはセミオートピストル、AR15のようなセミオートライフルを含む暴行の武器を禁止した。もしDeer…

  • 暴走

    お父様が聖和(逝去)されてから7年という歳月が流れた。その間の国際情勢、とりわけ日本を取り巻く極東アジア環境の変化はめまぐるしいものがあった。それもそのはずと…

  • 選択(2)

    ・・・・・2015年最高裁判所は一人の男女間での自然な結婚は不合理な偏見だと5-4で判決を下した。自然な結婚は即ち憲法違反ということだ。その瞬間何千万という献…

  • 選択(1)

    『人が神を信じるのをやめた時、人は何も信じないだろう。そして何でも信じてしまうだろう。』    C・K・チェスタートン 1913年にドイツワイマール共和国で全…

カテゴリー一覧
商用