searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

michinoku8さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
福島『三代王権・こころのサンクチュアリ教会』
ブログURL
https://ameblo.jp/michinoku8/
ブログ紹介文
真実に目覚め神様、お父様が願う創造本然の状態に戻ることをめざし、お父様を慕う様々な立場の人を歓迎。
更新頻度(1年)

111回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2016/01/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、michinoku8さんの読者になりませんか?

ハンドル名
michinoku8さん
ブログタイトル
福島『三代王権・こころのサンクチュアリ教会』
更新頻度
111回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
福島『三代王権・こころのサンクチュアリ教会』

michinoku8さんの新着記事

1件〜30件

  • 総攻撃

    アメリカの大統領選挙が近づくにつれて、予想されたようにますますメディアによるトランプ攻撃が激しくなってきた。つい最近も所得税の問題がとりだたされた。先程なされ…

  • 国連での戦い

    アメリカ、トランプ大統領が毎年恒例の国連で演説をした。内容は素晴らしいものであった。以下ワシントンタイムズの記事からの大約である。 トランプ大統領は国連にコロ…

  • 日本の精神

    世界には様々な民族が存在しそれぞれが独特の個性を備えている。日本では古来からお互いが助け合いながら反映してきた。決して他社の者を奪ったりすることはなかった。現…

  • 内戦

    ・・・・・今年の最大の山場ともいえるアメリカ大統領選挙が迫ってきた。振り返ればメディアは2016年の選挙でトランプ当選以前から徹底したトランプ批判を行ってきた…

  • 平和と罰(5)

    ・・・・・彼らが犯したものではないと信じていた犯罪を告白することを強要したので、条約のこの部分がドイツ人を怒らせることになった。歴史家のエリック・フオン・キュ…

  • 予見

    ・・・・・うちあわせもしないのに、二人の者がともに行くだろうか。獲物もないのに獅子が森の中で吠えるだろうか。獲物を捕らえもせずに若獅子が穴の中から声をとどろか…

  • 平和と罰(4)

    ・・・・・しかし、帝国の失ったものは罰の一部に過ぎなかった。ドイツは武装車両、戦車をつくることを禁止された。重砲の製造、空軍の維持も禁止された。ドイツの艦隊と…

  • マスク、ワクチン

    ・・・・・また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。そこで、この刻印のあ…

  • 切迫した時

    アメリカの対中戦略が明確になってきているなか、世界は、いや自由を愛する国家は決断していかなくてはいけない時になってきている。多くの国家が中国と言う国がどの様な…

  • 生物化学兵器

    中国とWHOが武漢ウイルスを初期段階で意図的に封じ込めることをせず、世界にまき散らした罪は人類史に残る大罪になった。世界共通の人々の公衆衛生のために貢献すべき…

  • 神社

    日本の隅々にある神社。その多くの神社で年に一回の例祭が行われる。今もその例祭は私達の生活の中に溶け込み人々の交流の場となり、地域を活性させることに大きく貢献し…

  • イエスの復活(1)

     「イスラエルの人たち、これから話すことを聞いてください。ナザレの人イエスこそ、神から遣わされた方です。神はイエスを通してあなた方の間で行われた奇跡と、不思議…

  • やっぱりそうか。

    またまた出てきたというのか、やっぱりそうかと言うのが率直な感想だ。・・・・・ソウル近郊の京畿道は道内の広州にある韓国元慰安婦の女性らが暮らす支援施設「ナヌムの…

  • それは誰だ?

    8月15日の終戦の日を迎える。恒例のごとく、戦争に関する報道番組が流されるが、その多くはご存じのように戦争の悲惨さを知らせるものだ。「ここで、だれだれを亡くし…

  • 選挙民の悲劇

    日本国における、主権者は国民である。当然ながら善良なる国民の声が反映されなければいけない。それを示す手段として、我々のような一国民は選挙でその意思を示していく…

  • 平和と罰(3)

    ・・・・・日本には赤道の北のドイツ領の島、山東省のドイツの利権が渡された。赤道の南にあるドイツ領の島はオーストラリアとニュージーランドに与えられた。ドイツのア…

  • 中国?

    アメリカの対中戦略が鮮明になりつつある今日、日本が一体どのように行動するかを、アメリカは当然注視している。トランプ政権の発足以来、日本の安部総理との個人的関係…

  • 獣の刻印

    ・・・・・そして、大きなしるしを行って、人々の前で天から地上へ火を降らせた。さらに先の獣の前で行うことの許されたしるしによって、地上に住む人々を惑わせ、また、…

  • 自由世界の存亡

    ポンペイォ国務長官がトランプ政権の対中政策に関して、カリフォルニア州のニクソン大統領図書館で演説し、習近平国家主席を破綻した全体主義思想の真の信奉者と批判した…

  • 明かされる真実

    連日のように我々が耳にするのが今日のコロナ感染者数。そんな中、アメリカFox Newsのインタビューに答えたのが、最近アメリカに亡命した香港大学公共衛生学院に…

  • 平和と罰(2)

    ・・・・・戦争の終結を迎え、ロイド・ジョージ首相下のイギリスをはドイツに最大限の厳しさを要求した。彼はパリの講和会議に向かう際にドイツに戦争の全費用を要求する…

  • 平和と罰(1)

    ・・・・・我々はこの集まりで出会わなければならない全ての憎しみの力を感じざるを得ない。我々がこの戦争の唯一の犯罪者であるということを認めることを要求されている…

  • 卵の孵化(13)

    ・・・・・1918年11月11日に長い戦争は終結した。戦争に参戦した200万人のアメリカ人のうち116000人が亡くなり、204000人が負傷した。ヨーロッパ…

  • 今後を決める

    トランプ大統領の就任以来、いやそれ以前の選挙戦より一貫してアメリカのメディアはトランプ批判を続けている。当然日本のメディアもそれに追従している。先日ボルトン暴…

  • 卵の孵化(12)

    1914年6月17日にウィンストン・チャーチルは石油会社に投資する法案を提出して、その後実際にはイギリス政府が部分的に所有しており、ロスチャイルドの銀行によっ…

  • どこに向かう?

    連日のように我々が耳にするのが今日のコロナ感染者数。東京都で何人、北海道で何人、北九州で何人そして全国で何人と連日報道される。自粛生活で多くの人が経済的な打撃…

  • 卵の孵化(11)

    戦争は現代の戦争を引き起こした。巨大な計画がアメリカ国中に芽生えた。軍用機、潜水艦、戦艦、空母、戦車、携帯式マシンガン、機関銃、火災放射器,自動小銃を生産する…

  • 巡り合せ

    時の流れの中には不思議な時がある。しかも人が関与しない巡り合せで起こる時である。2017年9月23日がそうであった。この6月21日もまた巡り合わせの日であった…

  • 深刻化する犯罪

    朝鮮半島情勢が生臭くなってきた。従北主義者のムン大統領にとって決断の時が迫ってきている。今まではアメリカ、北に上手く交渉を重ねながらその位置を保ってきたつもり…

  • イエス:その証拠(7)

    ・・・・・1994年カレステン・テーデ、(ドイツのバーダーボルンの基礎的認識論研究所の所長)は走査線レーザー顕微鏡を用いてこれらの断片をより慎重に検査した。こ…

カテゴリー一覧
商用