searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

陽花さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
映画いろいろ。
ブログURL
https://eigairoiro.hatenablog.com/
ブログ紹介文
何となく目に止まった映画を、何となく見始めるのが好き。ジャンル問わず、映画の感想をさらっと書いてます。
更新頻度(1年)

45回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2015/12/08

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、陽花さんをフォローしませんか?

ハンドル名
陽花さん
ブログタイトル
映画いろいろ。
更新頻度
45回 / 365日(平均0.9回/週)
フォロー
映画いろいろ。

陽花さんの新着記事

1件〜30件

  • 洋画『ルーム』 世界は本物だった

    ジャックはママと一緒に「部屋」で暮らしていた。 小さな天窓が一つあるだけのこの「部屋」が、二人の全世界だった。しかしジャックが5歳になった日、「ママは7年前にこの納屋に連れてこられて、閉じ込められたの。この「部屋」の外には本当の世界があるのよ」とママから打ち明けられる。 ↑楽天リンク ストーリーは大まかに二部構成になっているのですが、“部屋”に監禁されている前半は、見ているこちらまで息を潜めてしまうような身の毛もよだつ恐怖がありました。でもこの恐怖はママであるジョイだけが抱いているもので、ここで生まれたジャックにとっては日常であり、ママとの楽しい遊び部屋なんです。 育った環境によって当たり前で…

  • 洋画『フライト・ゲーム』 信じられるのは自分だけ

    航空保安官のビル・マークス。 今日もいつものように他の客に混ざって飛行機に搭乗したが、「指定の口座に1億5000万ドル送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺害する。」という差出人不明のメールが届いた。 保安局に報告をするビルだったが、それが事態の悪化を招くことになってしまう。 ↑Amazonリンク ビルの登場シーンは如何にもおっかない雰囲気なんだけど、飛行機に乗るのを怖がっていた幼女をみつけると優しく勇気づけていて、ほんの数分で人柄が見事に完璧に伝わるようなシーンになっているんですよね。 こういう詳細に語らずともサラッと人物像が分かる場面って、一気にそのキャラクターに惹き込まれます。強面だ…

  • 洋画『カミーユ、恋はふたたび』 泥酔したアラフォーがタイムスリップしてJKに!?

    カミーユ40代、売れない女優、25年連れ添った夫には不倫されて捨てられそう。 そんなメンタル崖っぷちで行った大晦日のパーティーで、カミーユは泥酔し、気を失ってしまった。意識が朦朧としながらも目を覚ますと、そこは病院のベッド。 そして迎えに来たのは、とうに亡くなったはずの両親。 なんとカミーユは、自分が15歳の高校時代にタイムスリップしていたのだった。 ↑Amazonリンク この映画の面白い所は、40代の容姿のまま15歳の時の自分にタイムスリップしていること。 この姿に見えているのは私達だけで、彼女の周りの人達には当時の姿に見えているんですけどね。 お酒とタバコに依存してボロボロだったカミーユが…

  • 洋画『リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986年版)』 ホラーからハッピーなミュージカルに

    今にも潰れそうな花屋で働くシーモアは、ある皆既日食の日に奇妙な植物を買った。 その植物を店先に置くと花屋は忽ち客が集まるようになり、シーモアは天才園芸家として一躍人気者に。しかしこの植物の正体は、宇宙から地球を侵略に来た恐ろしい人食い植物だった。 ↑Amazonリンク 1960年に公開された同名のホラー映画が1982年にミュージカル化され、そのミュージカル版を映画にしたのがこの作品。 1960年版↓ eigairoiro.hatenablog.com 比べると度肝を抜かれます(゚ロ゚) ポップなテーマ曲で開幕して、元がホラー映画なことを一瞬にして忘れました(笑) というかこちらはホラーよりもラ…

  • 洋画『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』 怖い話は好きですか?

    花屋で働く、ドジでノロマなシーモア。 今日もヘマをやらかして、店長に「店の為になることをしなければ、今度こそクビだ」と言われてしまう。 そこでシーモアは、枯れかけのハエトリグサのような植物を持って行くことに。しかし、その植物にはとんでもない秘密があった。 ↑楽天リンク 『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』は日本版ミュージカルのPVで知って興味を持ったんですが、こういう物語だったとは…💧 シーモアは純粋に花が好きで、ハエトリグサ(仮)のことも一生懸命に世話をして元気を取り戻してもらおうとするんです。 しかも「オードリージュニア」と、片思い中の彼女の名前をつけて(笑) けれどジュニアは、どんな高級…

  • 洋画『テッド・バンディ』 仮面を被った悪魔

    シングルマザーのリズは、バーで出会ったテッドと運命的な恋に落ちる。 容姿端麗で人当たりの良い彼は、リズの娘のモリーともすぐに打ち解けた。 ほどなくして、リズとテッドは結婚の約束を交わす。だがその矢先、テッドは女性誘拐の容疑をかけられ逮捕。 さらには、連続殺人の容疑者となり指名手配されてしまう。 ↑Amazonリンク テッド・バンディとは、1970年代に世間を震撼させた、シリアルキラーの語源となった人物。 描かれるのは実際にあった事件ですが、この記事はあくまでサスペンス映画として鑑賞した感想です。 このお話、不思議に思うことが幾つかあったんですよね。 特にリズに対して。 まず、テッドが警察に目を…

  • 洋画『パパは奮闘中!』 失ってから気づくこと。

    オリヴィエは妻の突然の失踪により、仕事と子どもの世話の両立に迫られた。自分では何事も順風満帆だと信じていたオリヴィエ。 しかしこの事件をきっかけに、今まで見えていなかった家庭の問題や、職場環境の問題に気づき始める。 ↑Amazonリンク 冒頭に登場するオリヴィエの妻ローラは一見とても優しいお母さんなんですが、実はかなり思い詰めている描写があります。 そして何の言葉も残さず、突然いなくなってしまうんです。 オリヴィエの方も表面的には良いお父さんですが、内面が透けてくると言葉の端々に、態度に、相手の気持ちに配慮することを知らない人間なんだというのが見えてくるですよね。 悪気はないけれど、言葉選びを…

  • 洋画『ピッチ・パーフェクト』 好きは強みになる

    音楽の道を目指すベッカだが、大学教授である父親の勧めで渋々大学へ進学。 校内ラジオ局でバイトしている時間が、唯一の楽しみだった。そんなある日。 シャワールームで歌っていた鼻歌が、アカペラサークルのクロエの耳に入る。 彼女の歌声に可能性を感じたクロエは、大学のアカペラグループ「バーデン・ベラーズ」にスカウト。 ベッカは流されるまま、グループに加入することに…。 ↑Amazonリンク バーデン・ベラーズは、リーダーがグループの伝統を守ろうと固執するあまり頭が固くなっていて、存続危機にあるんです。 新入部員オーディションで集まったメンバーも、みんな自己主張強すぎで全くまとまらない。 そんなバラバラな…

  • 洋画『2012』 世界滅亡の日

    ↑楽天リンク 科学的な説明は難しいので超ざっくり言うと、学者さん達の調査によって「近々、今保たれている地球のバランスが変わって、地震や火山が活発になってヤバいことになるよ!」ということが分かったんです。 それも予想を上回る速さで地殻変動が起きてしまうので、人々はパニックの中どう生き延びるかっていうSF作品です。 こういった映画でありそうなパターンとして、 科学技術がものすごく進歩していて、技術者達の頑張りによって地殻変動すらも食い止められてしまう感動物語。 主人公が超絶ラッキーマンで、数々のピンチも潜り抜けて命拾いする爽快アクション。 というのを想像したんですね。 しかし、そんなの甘かった。甘…

  • 洋画『シャザム!』 ヒーローになって大人の階段上っちゃう!?

    幼い頃に母親とはぐれ、孤児となった14歳のビリー・バットソン。 彼は母親を探す為、グループホームや里親の家を抜け出してはバットソン姓の女性の家を訪ねてまわっていた。しかしある日――。 ビリーは地下鉄に乗っていると、魔物が封印されている「永遠の岩」へ召喚された。 そこにいた勇者シャザムは老衰により後継者を探しており、ビリーは強引に力の継承される。 するとビリーは、超人的なパワーを持ったヒーローに変身。 七つの大罪の魔物達と戦う羽目になってしまう…。 ↑Amazonリンク 菅田将暉さんが吹き替えをしているコミカルなCMを見て興味を持ったんですが、思っていたよりしっかり面白い映画でした←失礼w ムキ…

  • 洋画『シェルブールの雨傘』 クラシックな恋物語に意外な結末

    シェルブールに住む20歳のギイと、結婚を誓い会った恋人の17歳のジュヌヴィエーヴ。 しかしジュヌヴィエーヴの母親は、まだ若い二人の結婚を猛反対。 さらにはギイの元に召集令状が届き、二人の思いは引き裂かれてしまう。 ↑Amazonリンク 1964年公開の映画で、古き良きレトロな雰囲気と、フランスの風景がとってもお洒落な作品です。 ミュージカル映画なのですが、まず驚いたのが最初から最後まで全編通して歌なんですよね。 いくらミュージカルと言っても、大抵は歌ではないセリフのシーンもあるじゃないですか。 でも『シェルブールの雨傘』はそれが一切無いので、ちょっとオペラみたいだなと思いました。(オペラ見たこ…

  • 邦画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』 時を重ねるほど遠くなる君

    ※この記事はネタバレを含みます。 ~あらすじ~ある日の通学中、南山高寿は同じ電車に乗り合わせた福寿愛美に一目惚れをする。 運命を感じた高寿は、勇気を出して彼女に声をかけた。高寿の思いに好意に応える愛美だが、突然涙を流すのだった。 ↑Amazonリンク タイムトラベル系が好きな私には非常に興味をそそられる物語で、切ない恋愛が苦手な私には凄くモヤモヤが残るお話でした(T_T) 映画の始まりは高寿の一目惚れ告白が上手いこと行って、トントン拍子に愛美とイイ感じになっていきます。 ただ愛美は妙に涙もろく、高寿と親しくなるほど寂しそうな表情を見せるようになるんです。 愛美は何を隠しているんだろう?と疑問を…

  • アニメ「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」

    すみっコ達がいつものようにカフェに行くと、地下室から大きな物音がしました。 心配になって見に行くと、そこには古びた絵本が一冊。 その絵本を眺めていると、すみっコ達はたちまち絵本の中に吸い込まれてしまいました。絵本の世界に入ると、自分のおうちが見つからないひとりぼっちのヒヨコが…。 みんなはヒヨコのおうちを探す為、絵本の世界を冒険することに。 ↑Amazonリンク こちらは大人も楽しめる!泣ける!と評判だったので、密かに気になっていた作品です。 まずはすみっコ達のプロフィールですが、とんかつ → 脂ばかりで残されてしまった、とんかつの端っこ。 ざっそう → ブーケになる日を夢見ているが、すぐ踏ま…

  • 洋画『エージェント・ウルトラ』 スプーン1本あれば良い

    過去の記憶をなくしているマイクは、恋人に支えられながら日々を過ごしていた。しかしある日、アルバイト先で店番をしていたマイクに突然暴漢が襲ってきた。 その瞬間、眠っていた能力が覚醒。 何故襲われたのかも分からないまま、反射的に暴漢を返り討ちにしてまう。実はマイクは、CIAが高度な戦闘能力をプログラムした最強エージェントだった。 自分の力に怯えるマイクだが、“失敗作”の抹消に動くCIAから命を狙われる身に…。 ↑Amazonリンク 「最終兵器彼女」みたいな設定かと思いましたが、「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」の方が近いですね。 犯罪歴のある若者から選ばれた者が極秘実験のサンプルとして使われ、マ…

  • アニメ『コウノトリ大作戦!』 赤ちゃんってどこから来るの?

    コウノトリが人に赤ん坊を届けていたのも今は昔。 現在のコウノトリ山は、危険でお金にならない赤ちゃん配達は禁止され、荷物宅配会社「コーナーストア」になりかわっていた。そんなことは露知らず、一人ぼっちで淋しい思いをしていたネイトは物置で「赤ちゃん申込書」を発見。 ネイトは親になりすまし、大喜びで弟がほしいと注文する。コーナーストアに申込書が届くと、手違いで眠っていた赤ちゃん製造マシンが作動してしまう。 会社のタブーを破ってしまったジュニアはクビを恐れ、社長の目を盗んで赤ちゃんを届けに行くことに。 ↑Amazonリンク この映画は子ども向けの作品とされているようですが、大人こそグッと来る内容だと思い…

  • 洋画『ブロードウェイと銃弾』 作家になりきれなかった夢見る作家

    売れない劇作家デビッドだが、念願かなって自分の戯曲をブロードウェイ舞台にかけることになった。 しかし舞台の出資者はマフィアのボスで、彼はろくに演技もできない自分の愛人を主演に据えろと要求、さらに監視役に部下のチーチまで送り込んできた。いざ稽古に入れば、今度は演者達から「脚本がつまらない」と次々不満が湧き始める。 芸術とは縁遠いチーチすらもこれを見兼ね、デビッドの脚本に手を加えることに…。 ↑Amazonリンク どのくらいの作品から古い映画、レトロ映画と区切るのか分からなくなっている私です。 この物語の設定が1928年なのもありますが、1994年に公開されたとは思えない、昔の喜劇映画を見ているよ…

  • 洋画『ウォーターワールド』 海洋惑星と化した未来の地球

    温暖化によって北極と南極の氷は溶け、海面が上昇。 かつての陸は深い海に沈み、生き残った人類は「環礁」と呼ばれる浮遊島で命を繋いでいる。 そして彼らの間では、地球のどこかに存在するという「ドライランド」の伝説が広まっていた。 ↑Amazonリンク 「ウォーターワールド」を元にしたアクションショーがUSJにあるんですが、このショーのビデオを見せてもらう機会があって、元になった映画はどんな作品なんだろうと気になって見てみました。 設定は個人的に大好物な未来の地球。 地球は海に覆われてしまったので、“土”の希少価値が物凄く上がっているんです。 それで人類は乾いた大地が広がる楽園「ドライランド」がどこか…

  • 洋画『アナと世界の終わり』 キャンディーケーンで世界と戦う!

    夢も希望もないこの町にサヨナラしようと、アナは高校卒業後は進学せず世界を旅する計画を立てていた。 しかし、その計画が父親にバレてしまい大喧嘩に。 親友ジョンの励ましで気持ちを切り替え登校するアナだったが、外へ出ると町の様子は一変していた…。 ↑Amazonリンク 自分らしさとは何か、迷える進路、型にはめようとする大人達への反発など、等身大の高校生を描くミュージカル映画でありながら、ジャンルはゾンビ系パニックホラー(゚д゚) これ、PVがカオスで見た時からずっと気になってました(笑) この日はクリスマス。 密かに蔓延していたウイルスにより、気づけば町中ゾンビだらけ。 喧嘩別れしてしまった父親を助…

  • 邦画『his』 自分を偽る苦しさ

    自分が同性愛者だと周囲に知られるのを恐れ、田舎で静かな一人暮らしをしていた迅。 そこへ、かつての恋人である渚が子どもを連れて現れた。動揺を隠せない迅だが、小さな子どもを連れた渚を見放すことはできず、葛藤を抱えながらも三人での生活が始まる。 ↑Amazonリンク ちょっと複雑なので整理すると、 迅と渚は学生時代に交際していたのだけれど、渚から一方的にお別れ。 渚はその後知り合った玲奈と親しくなり結婚、娘の空が生まれる。 しかし現在は離婚調停中で、空を連れて迅の元をやってきた。 迅はショックですよ、渚はゲイだと思ってたのに(実際ゲイ)女の人と結婚して子ども作って連れてくるとか…。 玲奈の方も渚がゲ…

  • 邦画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』 

    5歳の頃から母親から暴力を受け、大人の顔色を伺いながら自分を抑えつけるようにして育ったタイジ。 しかしいくら自分を犠牲にしても母親に思いは届かず、このままでは壊れてしまうと17歳で家出した。トラウマを抱えて大人になったタイジだが、本音を打ち明けられる仲間と出会い、もう一度母親と向き合う決意をする。 ↑Amazonリンク 太賀くんと吉田羊さんの共演と聞いて非常に気になっていた作品。 でも虐待で子どもが苦しめられるお話なので、かなり胸を抉られるような内容です。 めちゃくちゃショッキング。 開始15分でもうボロボロ涙が溢れて、最後まで泣きっぱなしでした。 これ実話なんですよねぇ。 子ども時代のタイジ…

  • ディズニー映画『アラジン』実写版 アップデートされる名作

    ↑字幕版Amazonリンク 『アラジン』アニメ版の一作目がベースとなってリメイクされた実写版。 本音としては「不朽の名作を弄らないでほしいっ」 そう胸に秘めて見るのを躊躇ってました。 なのですが、YouTubeで唐突に実写版アラジンの動画がお勧めに出てきまして、そこでビックリなネタバレ(というか大オチ)を見てしまったんですよ。 知っている人は知っている設定だったようですが、これは自分の目で真相を確かめねばと即行視聴しました。 実写版を見てみた感想ですが、改変された部分に寂しさもありつつ、でも新しいエピソードに面白さもあって、リメイクっていうのは時代に合わせて更新されていくことなんだなぁと私の認…

  • 洋画『サンズ・オブ・ザ・デッド』 孤独を癒したのはゾンビだった…?

    ゾンビ街から脱出したモリーと恋人ニックは、友人が待つ飛行場を目指していた。しかし車が砂に嵌り動けなくなっている所をゾンビに襲われ、ニックは敢え無く帰らぬ人に。 50km以上の道のりを独り、歩いて進むことになったモリー。 食料も体力も底を尽きそうになった時、彼女を支えたのは…。 ↑Amazonリンク ゾンビ映画にも色々あるのね~!と新鮮な気持ちになったこの作品。 なんにも無い砂漠で、暑いし疲れたし、ヘロヘロになりながらコカインで気を紛らしているモリー。 そこへ、ニックを襲った後もしつこく追っかけてくるゾンビが一体。 そう、一体だけなんですよ。 ゾンビはモリーの歩く速さに追い付けないので、後追いみ…

  • 洋画『パッセンジャーズ』 切ない現実

    飛行機の墜落事故があり、セラピストのクレアは被害者のケアにあたっていた。しかし、患者の証言と航空会社の証言には相違が。 そして事件の真相に近づくたびに患者は一人、また一人と失踪。 クレアは航空会社が過失を隠すために口封じしていると疑い、事故の真相を探る。 ↑Amazonリンク(吹替版) 墜落事故の物語に対して“面白い”という言葉を使うのは抵抗感がありますが、散りばめられた伏線が繋がっていくと「そういうことだったのかー!」と衝撃を受けました。 これはこれは見た人と感想を話したくなる映画ですね~。 あなたは最初、どこに目をつけましたか?と。 言っちゃえば序盤から違和感はかなりあるんですよ。 むしろ…

  • 洋画『リトル・ミス・サンシャイン』 やらない後悔より、やる後悔

    憧れの美少女コンテスト、『ミス・サンシャイン』の出場権を手にしたオリーヴ。しかし諸事情により、会場へは今にも壊れそうなオンボロのミニバスで、家族全員で向かうことに。案の定、旅が始まって間もなく車のクラッチが故障。 オリーヴが夢の舞台に立つことはできるのか。 ↑Amazonリンク オリーヴの家族がこれまた複雑。 おじいちゃんのエドウィンは老人ホームでヘロインをやって強制退去。 伯父のフランクは自殺未遂をして療養中。 兄ドウェーンはテストパイロットを目指していて、空軍士官学校に入るまで“沈黙の誓い”を立てており口が利けない。 父リチャードはライフコーチとしてのプロジェクトを成功させる為、大きな契約…

  • 洋画『クローバーフィールド/HAKAISHA』 撮影してる場合じゃないでしょう!?

    ロブの栄転を祝うパーティーの最中、突然爆発音が響いた。 外に出ると街は未知の巨大怪物に襲撃されており、人々は軍隊の指示で避難することに。ロブや仲間も混乱の中移動を始めるが、恋人ベスが「落下物に挟まれて動けなくなっている」と電話で助けを求めてきた。 仲間達に引き止められるロブだが、別れ際に本当の思いを告げられていなかったことを悔やみ、彼女のもとへ向かう。 ↑Amazonリンク まずストーリーの感想より何より、めちゃくちゃ酔いましたorzロブの友人ハッドがホームビデオを撮影していた流れのまま騒動を撮り続けるので、走ったり転倒したりの手ブレもそのまま映画になってるんです。ドキュメンタリータッチの主観…

  • 洋画『10 クローバーフィールド・レーン』 本当の世界はどうなってる?

    ミシェルは車の衝突事故に遭った後、目を覚ますと見知らぬシェルターの中で拘束されていた。そこへ自らを命の恩人だという男、ハワードが現れる。 ミシェルは解放するよう要求するが、彼から信じられない言葉が…。 ↑Amazonリンク ハワードが言うには、外は何者かに襲われて有毒物質に汚染されているから、シェルターから出るのは危険だって止めるんですよ。 でもいきなりそんなこと言われても信じられないじゃないですか。 目が覚めたら閉じ込められてたし。 このハワードの言葉が本当なのか嘘なのか、脱出すべきか従うべきか、狭いシェルターの中で限られた情報から見極めていくストーリーです。 ハワードって男が、ただの命の恩…

  • 洋画『スパイダーウィックの謎』 困った時はハチミツとクラッカー

    現実社会に疲れた皆さん、少年たちの夢あふれる冒険ファンタジーでございますよ! ↑Amazonリンク 双子の兄弟のジャレッドとサイモン、姉のマロリーは母のヘレンに連れられて、森の奥深くにある大伯父の屋敷に引っ越してきます。 ボロボロだし不気味だし、極め付きには窓辺に塩が盛られているという…これ、出るやつやん。 すると予感的中、壁の裏から気配を感じたジャレッドは、物音を追って壁を叩くと隠し部屋を発見。 そこで「決して読んではいけない」と警告が書かれた本を見つけ、思わずを中を見てしまいます。 ジャレッドがみつけた本というのは、80年前に大伯父さんが書いたもの。 好奇心の赴くままに、様々な妖精の生態や…

  • 洋画『オリエント急行殺人事件』 傷ついた者たち

    休暇を楽しむはずだったエルキュール・ポアロだが、事件解決の依頼を受けて急遽、豪華寝台列車オリエント急行に乗車した。 しかし、その列車の中でも依頼が――。アメリカ人富豪のラチェットから「何者かに脅迫を受けている」と身辺警護を頼まれるが、ポアロは彼の品行から依頼を拒否。 その夜、ラチェットは自室で刺殺されているのが発見された。鉄道会社から捜査を頼まれたポアロは、乗客一人ひとりに聞き込みを開始する。 ↑Amazonリンク アガサ・クリスティの古典的な雰囲気を、優雅で壮大に映像化した作品。 最初から最後まで、ずーっとお洒落(゚∀゚)1930年代のエレガントな装いが好物な私にとっては、画面に映る風景や人…

  • DBDプレイヤーが見る映画『サイレントヒル』 初めまして静岡

    遅ればせながら『Dead by Daylight』というゲームにハマっている私。 エンジョイ勢ですけども。 ゲーム内容としてはキラーとサバイバーに分かれて隠れ鬼をするようなものなんですが、数多くあるステージの中で「ミッドウィッチ小学校」という所が苦手なんです。 有名なホラー映画をモチーフにしたキャラクターやステージが多く登場することも楽しみの一つとなっているDBD。 どうやら「ミッドウィッチ小学校」は、ホラーゲーム『サイレントヒル』とのコラボステージとのこと。 私、サイレントヒルやったことありません(゚д゚) 「シェリルって誰?三角様って誰?なんで三角被ってるの?」 ということで、元ネタを確認…

  • 洋画『僕のワンダフル・ジャーニー』 何度も生まれ変わっても。

    固い絆で結ばれたイーサンと愛犬ベイリー。 ベイリーは3度の犬生を終えても、転生して大好きなイーサンの元へ戻ってきた。しかし今生を終える時はこれまでと違い、イーサンに「(育児放棄されている孫娘の)CJを守ってほしい」と頼まれる。 再び仔犬として転生したベイリーは、イーサンとの約束を果たす為CJの元へ走り出した。 ↑Amazonリンク この映画、上演時間は108分と短めなんですけど、文章にするとややこしくなるのでサラッとまとめると↓ イーサン夫婦とベイリーは、亡き息子の嫁グロリアと娘CJと暮らしてた グロリアがイーサン夫婦と喧嘩して出て行く ベイリー病死 、「モーリー」として転生して11歳のCJと…

カテゴリー一覧
商用