searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

小関順二公式ブログさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
小関順二公式ブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kosekijunji
ブログ紹介文
プロ野球、アマチュア野球、野球史
更新頻度(1年)

1回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2015/06/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、小関順二公式ブログさんの読者になりませんか?

ハンドル名
小関順二公式ブログさん
ブログタイトル
小関順二公式ブログ
更新頻度
1回 / 365日(平均0.0回/週)
読者になる
小関順二公式ブログ

小関順二公式ブログさんの新着記事

1件〜30件

  • 2020年版 プロ野球問題だらけの12球団が出ます

    『2020年版プロ野球問題だらけの12球団』(草思社)が出ます。2000年にスタートして今年で21冊目になりました。巻頭の特集は1が「東京オリンピック金メダル大作戦」、2が「球団増のエクスパンションを今提案する理由」。野球の国際化が進んでいる現在、MLBとともに世界を牽引しなければならない日本に12球団しかないって、寂しいと思いませんか。王貞治・ソフトバンクホークス取締役会長も声を挙げている今は球団増の絶好のチャンスです。12球団の分析をやっていて注目する球団は、パ・リーグはソフトバンク、ロッテ、オリックス、セ・リーグは中日、ヤクルトです。若手の抜擢ができるかどうか、そこに一番注目しています。2020年版プロ野球問題だらけの12球団が出ます

  • 新刊『ドラフト未来予想図』のご案内

    ◇新刊案内『ドラフト未来予想図』(文藝春秋、定価1458円)・はじめに・プロ野球2018年の現在地イチロー、松坂、大谷がドラフトを変えた・12球団ドラフト戦略分析・ドラフト1965~2018人生で必要なことはすべてドラフトで学んだ・ドキュメント2018・10・25吉田、根尾、藤原……高校生たちの未来予想図・あとがきはじめにの冒頭で「過去10年間(2000年~2017年)、ドラフト会議(育成含む)を経てプロ野球の世界に入った選手は918人いる。このうち成功、もしくは成功の可能性の高い選手は、パ・リーグ95人、セ・リーグ78人の計173人。(中略)成功率は918分の173。つまり18パーセント強にすぎない。プロ野球の生存競争の厳しさをこういう部分で味わってほしい」と書きました。この数少ない成功選手を適切なポジション...新刊『ドラフト未来予想図』のご案内

  • 2018年夏の甲子園大会ベストナイン

    甲子園大会が終わった。ベストナインは人気投票にならないように「ドラフト的視野」を持って実力本位で候補を選出(最後に紹介)。候補の数が多かったのは右投手だ。全員145キロ以上投げ、吉田、柿木、奥川、井上は150キロ超え。この中から選出したベスト3が吉田、渡邉、西。球が速く投球フォームがきれいで変化球に一級のキレがあるというのが選出理由で、さらに1人選べば前評判の低かった金足農を準優勝に導いた吉田になる。左腕は3回戦で大阪桐蔭を8安打、3失点に抑えた山田。春までは腕の振れない未完の大器という評価で、既に東京の社会人に内定しているが、この大阪桐蔭戦はキレのいいカーブとスライダーで投球を組み立て、藤原を2三振、根尾を1三振に斬って取った。近江の林はカーブとスライダーが魔球。大阪桐蔭を倒す伏兵と思っていたが、準々決勝で金...2018年夏の甲子園大会ベストナイン

  • 東都大学野球リーグのベストナイン

    東都大学リーグのMVP、ベストナインなどが下記の通り選出されました。ベストナインは混迷した優勝争いを反映するように東洋大、亜細亜大、駒澤大、國學院大、中央大の5校から選出。二塁も中川でなく東洋大戦で活躍した伊藤裕季也(4年)でよかったのでは。そうなっていたら6校からの選出でした。上茶谷はベストナインで8票にとどまりました。防御率1位の清水、チームメートでリリーフ役の甲斐野央、亜大の中村稔弥に票が流れたと思われますが、優勝が懸かった亜大戦の3連投、さらに2、3回戦はいずれも6イニングを投げ、球数72、58、被安打2、1、与四死球1、0という完璧な内容。防御率2.29も2位なので満票で報いてあげたかった。捕手は頓宮が5本塁を放って選出されましたが、ディフェンス面まで含めれば長壱成(駒大4年)のほうがよかった。まあ、...東都大学野球リーグのベストナイン

  • 本格派が続出したスポニチ大会

    先日見た社会人野球の全国大会「スポニチ大会」のさまざまな数字をホームページに紹介しました。今大会は例年にくらべストレートの速いピッチャーが多く、140キロ台中盤から150キロを計測するピッチャーが続出。この中で「ドラフト上位候補」と言えるのは齋藤友貴哉(Honda)、生田目翼(日本通運)、吉川峻平(パナソニック)、山下仁(JR西日本)たちで、個人的には邑樂(おおら)雅貴(日立製作所)の押し込むようなストレートに魅了されました。無名ですが、板東湧梧(JR東日本)、岡野祐一郎(東芝)、勝野昌慶(三菱重工名古屋)、與座健人(パナソニック)とともに中位から上位にランクされると思います。大会の印象では優勝したHondaが投手力、攻撃力、そして打者走者としての走力で他を圧倒。トップ画面のピッチャーのスピードランキングととも...本格派が続出したスポニチ大会

  • 日刊スポーツ「野球の国から 高校野球編」に登場します

    日刊スポーツ「野球の国から高校野球編」に明日29日から3日間、登場します。テーマは、29日が松坂大輔以前の甲子園大会ベストナイン、30日が松坂大輔以後の甲子園大会ベストナイン、31日が甲子園と監督です。それにさきだって、この記事を執筆していただいた金子航さんによる取材後記が日刊スポーツドットコムに掲載されました。沖縄・海邦リーグ、佐賀・鳥栖リーグ(クロスロードIN鳥栖)のことや、秋季神奈川大会で鎌倉学園が横浜高校相手に演じた8回裏の猛攻撃など、バントや非暴力について話したことをうまく拾って書いていただきました。正月元旦からは「野球の国からシリーズⅡ」の監督編がスタートします。第1回に登場するのは和歌山県立箕島高校を春夏連覇に導いた尾藤公さん。今でも忘れられないのは尾藤さんが亡くなる数年前、東京・四谷三丁目の酒場...日刊スポーツ「野球の国から高校野球編」に登場します

  • 明治神宮大会のベストナイン

    明治神宮大会が終わった。前評判の高かった大阪桐蔭の主力がほぼ〝期待外れ″という不測の事態こそあったが、好選手が多く満足できた。私が見た範囲でのベストナイン候補は次の通り。[高校の部ベストナイン](捕手)黒岩陽介(静岡2年)、大松将吾(聖光学院2年)(一塁)松浪基(創成館2年)(二塁)藤森涼一(明徳義塾2年)(三塁)成瀬和人(静岡2年)、杉原健介(創成館2年)(遊撃)村松開人(静岡2年)(外野)渡部颯太(明徳義塾2年)上田優弥(日本航空石川2年)斎藤來音(静岡1年)(左腕)(右腕)市川悠太(明徳義塾2年)、根尾昂(大阪桐蔭2年)、柿木蓮(大阪桐蔭2年)この顔ぶれを見てわかるように投手は候補が少なかった。大阪桐蔭から2人選んでいるが前評判の高さや以前に見た印象からすれば、今大会のピッチングは全然満足できない。野手は...明治神宮大会のベストナイン

  • 1位田嶋大樹(JR東日本)の入団でオリックスに追い風が

    日本ハムと並んで今回のドラフトで最も納得いく指名をしたのがオリックスだ。慢性的に不足している先発型の左腕、それもアマチュアナンバーワンの即戦力候補と言われている田嶋大樹(JR東日本)を西武との競合の末に交渉権を獲得したのだ。もともと先発陣は金子千尋、西勇輝、山岡泰輔の3本柱がしっかりチームを支え、リリーフ陣も抑えの平野佳寿がメジャー移籍でいなくなっても、昨年新人で55試合に登板して31ホールドポイントを挙げた黒木優太がいて、中継ぎ陣も以下の表組のように若手から中堅の速球派がひしめいている。ここにさらにプラス要素として田嶋が加入しようとしているのだ。表組に載せられなかった控えも充実していて、山崎福也、東明大貴、塚原頌平、比嘉幹貴、海田智行、金田和之、赤間謙、ヘルメン(来季の去就不明)、さらにドラフト2位の鈴木康平...1位田嶋大樹(JR東日本)の入団でオリックスに追い風が

  • 清宮幸太郎は日本ハムのクリーンアップを打つ

    来年の日本ハムは選手の入れ替えが激しそう。退団が噂されているのが長くチームを牽引してきた中田翔(一塁)、大谷翔平(投手&指名打者)、増井浩俊(抑え投手)、大野奨太(捕手)の4人。17年シーズン途中には投手陣の主力だったメンドーサ(投手)、谷元圭介(投手)がチームを出ている。残されたメンバーとドラフト組で新たなチームを予想してみた。――スターティングメンバー――――ピッチングスタッフ――(捕手)清水優心22歳1松本剛[先発][中継ぎ][抑え](一塁)清宮幸太郎19歳2近藤健介有原航平26歳宮西尚生33歳マーティン32歳(二塁)石井一成24歳3西川遥輝加藤貴之26歳鍵谷陽平28歳(三塁)レアード31歳4レアード高梨裕稔27歳西村天裕25歳(遊撃)中島卓也27歳5清宮幸太郎上沢直之24歳公文克彦26歳(左翼)大田泰示...清宮幸太郎は日本ハムのクリーンアップを打つ

  • 清宮幸太郎はDeNAが獲得!

    昨日、Koboパーク宮城のイーグルスドームで「プロ野球大好き芸人勝手にプロ野球ドラフト会議」が行われました。ひいき球団の〝代表″としてクジを引く芸人はブルーリバー川原さん(ワタナベエンターテインメント・ソフトバンク)、キューティー上木さん(浅井企画・西武)、かみじょうたけさん(松竹芸能・楽天)、ヤマグチクエストさん(人力舎・オリックス)、とにかく明るい安村さん(よしもとクリエイティブ・日本ハム)、パップコーン須田さん(ワタナベエンターテインメント・ロッテ)の面々で、MCはいけだてつやさん(人力舎)、私は解説とセ・リーグ6球団の指名をまかされました。Rakuten.FMTOHOKUの公開生放送で、パ・リーグTVでも放送されたようです。IT企業・楽天らしく芸人がスマホを使って指名するのですが、電脳IQが低い私は紙に...清宮幸太郎はDeNAが獲得!

  • 今年のドラフト会議はダブル解説

    ドラフト会議が10月26日(木曜日)17時から行われます。1965(昭和40)年からスタートして今年で52年目。巨人V9の1年目だったことを考えると感慨もひとしおです。それから9年後、巨人の独走にストップがかかり観客動員数はゆるやかに上昇に転じていきます。私が中継の解説をするようになったのは1999年が最初で今年が19年目。20年は続けたいと思っていたのであと一歩です。今年はスポーツジャーナリスト・西尾典文さんとのダブル解説。最初に知り合ったのは西尾さんが筑波大学の大学院生だった頃で付き合いはもう15年以上になります。その間1回も嫌な気分になったことがありません。この3年くらいは私より球場に足を運んで緻密に選手を見ています。こんな頼もしい相棒はいません。あと6日、清宮幸太郎、安田尚憲、中村奨成、石川翔、田嶋大樹...今年のドラフト会議はダブル解説

カテゴリー一覧
商用