プロフィールPROFILE

takeziiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
たけじいの気まぐれブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/takeziisan
ブログ紹介文
スローライフ人の日記風雑記録&フォト
更新頻度(1年)

747回 / 365日(平均14.3回/週)

ブログ村参加:2015/05/17

takeziiさんのプロフィール
読者になる

takeziiさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(IN) 2,247位 2,200位 2,181位 2,121位 2,094位 2,146位 2,160位 977,936サイト
INポイント 70 100 130 150 200 210 150 1,010/週
OUTポイント 10 40 20 60 60 20 30 240/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 6位 5位 5位 4位 4位 4位 4位 27,340サイト
気まぐれ 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 497サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 23,866位 22,788位 23,268位 22,318位 22,312位 23,254位 23,255位 977,936サイト
INポイント 70 100 130 150 200 210 150 1,010/週
OUTポイント 10 40 20 60 60 20 30 240/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 180位 167位 173位 161位 160位 167位 161位 27,340サイト
気まぐれ 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 497サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,936サイト
INポイント 70 100 130 150 200 210 150 1,010/週
OUTポイント 10 40 20 60 60 20 30 240/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,340サイト
気まぐれ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 497サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、takeziiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
takeziiさん
ブログタイトル
たけじいの気まぐれブログ
更新頻度
747回 / 365日(平均14.3回/週)
読者になる
たけじいの気まぐれブログ

takeziiさんの新着記事

1件〜30件

  • シャコバサボテンが咲き始めた

    11月15日、金曜日、全国的に冷え込みが強まり明け方、各地で今季最低気温が観測されたようだ。関東西部山沿いの当地も朝夕の冷え込み厳しくなっておりそろそろ寒さに弱い鉢植え植物を室内に運び込まなくては・・・・、今年ももうそんな季節になってしまった。シェフレラ(カポック)やクンシラン(君子蘭)、ポインセチア等々の鉢十数個、春先まで運び込んだ鉢植え植物で狭い部屋がさらに狭くなるが数十年繰り返しているわが家の年中行事?のようなもの。やおら重い腰を上げだ。特に大きくなってしまい、重くなっている、シェフレラ(カポック)やクンシラン(君子蘭)等の鉢は二人掛かりでずらしながらやっとこすっとこ。ギックリ腰要警戒しながら・・・・、中腰で持ち上げる作業は結構大変である。冬が来る前の仕事?またひとつ終わらせてとりあえずホッとしているとこ...シャコバサボテンが咲き始めた

  • キウイ収穫

    11月中旬、関東西部山沿いの当地、朝夕の冷え込みが一段と厳しくなってきている。毎年最低気温が5度前後になる頃、猫の額の庭のフェンス、ギリギリで大きくなり過ぎていささか持て余しているキウイは、大量に葉っぱをパラパラ、パラパラ落とし始める。キウイ収穫は毎年そんな頃合いを見てすることにしているが、今年はまだ葉が完全に枯れるところまでいっていない。実の方は十分良さそうな感じがしており、今日、午後になってから急遽キウイ収穫と相成った。鈴生りという状態ではなく、せめて50個位は採れそうかな?等と予想していたところ結構上の方に生っていて約150個採れ、マンズ、マンズ。早速妻は小分けにし近所の方や友人にお裾分けする段取りをしている。わが家のキウイ、剪定の仕方がまずいのかどうか、原因は不明だが1年おきに豊作、不作を繰り返している...キウイ収穫

  • 「リンゴの木の下で(In The Shade of The Old Apple Tree)」

    当地今日はまた終日曇天、最高気温も14度前後と薄ら寒い1日だった。なんだか体調イマイチ、出掛けることもせず時々読書で日が暮れて・・。ふっと思い浮かんだ曲、「リンゴの木の下で」、若い頃よくラジオ等から流れていて脳裏に焼き付いている曲ではあるが改めてネットで調べてみるとなんと今から114年も前1905年にアメリカの作曲家ハリー・ウイリアムズ、エグバート・バン・アルスタイン共作で発表された楽曲、「リンゴの木の下で(IntheShadeoftheOldAppleTree)」だった。初期にはハイデル・カルテット等の演奏のレコードがヒットしていたということだが1933年にはデューク・エリントンが取り上げ、さらにミルズ・ブラザーズやルイ・アームストロング等数多の楽団や歌手に取り上げられてスタンダード・ナンバーになったようだ。...「リンゴの木の下で(InTheShadeofTheOldAppleTree)」

  • 平岩弓枝著 御宿かわせみ4 「山茶花は見た」

    図書館から借りていた平岩弓枝著「山茶花は見た」(文春文庫)を読み終えた。「御宿かわせみシリーズ」の第4弾目の作品である。本書には表題の「山茶花は見た」をはじめ、「女難剣難」、「江戸の怪猫」、「鴉を飼う女」、「鬼女」、「ぼてふり安」、「人は見かけに」、「夕涼み殺人事件」の短編8作品が収録されている。ほぼ1話完結の連作短編構成になっているため記憶力減退爺さんにもすこぶる読み易い。平岩弓枝著御宿かわせみ4「山茶花は見た」御宿かわせみシリーズは江戸時代末期、江戸大川端(永代橋の西詰あたり)の小さな旅籠「かわせみ」を舞台に女主人庄司るいとるいと夫婦同然の八丁堀り与力の次男坊神林東吾、東吾の親友で八丁堀り定廻り同心畝源三郎、「かわせみ」の老番頭嘉助、かわせみの女中頭お吉等、お馴染みの登場人物が中心となって次々巻き起こる市井...平岩弓枝著御宿かわせみ4「山茶花は見た」

  • キョウヨウ有るけど 

    夫婦共月に数回は、病院通いが有る。「キョウヨウ有る?」「教養有る?」にあらず「今日用が有る?」の方だ。わが家では病院通いも「用」の内、日々そんな会話から始まる。当地今日はまた雲一つ見えない大快晴、絶好の行楽日和であるが雨の降った翌日の好天は絶好の畑仕事日和でもあり、どうしても今日は畑仕事を・・・、ところが今日は毎月一回の処方薬を貰うためだけの通院日。朝一番に受診したがやっぱり1時間以上掛かってしまい・・・・、午後は妻の方が歯医者の定期検査予約有り・・・、やむなく、午前中2時間だけの畑仕事と相成った。(1)ノラボウ菜の苗植え付け下準備、昨年までの古いイチゴの株を全て片付け、耕し、貝殻石灰散布、近日中に植え付け予定、(2)小松菜の畝の草取り、追肥、土寄せ、(3)リーフレタス収穫、今回もサトイモの収穫、サツマミモの収...キョウヨウ有るけど

  • リアクションボタン表示

    gooブログのリニューアルが実行されてからすでに数ヶ月経っているが相変わらず「新しいスマートエディタ」に移行もせず、「旧テンプレート」のまま続けている当ブログである。記憶力減退後期高齢者の自分のための「備忘雑記録」、「記憶補助ツール」と決め込んでいる当ブログ。今の所敢えて移行する必要性を感じていないこと、自分にとって慣れて使い勝手がよいフォームだと思っていること、等々、頑固な年寄りらしい?理由である。予めgooブログより予告されてはいたことだがそんなPC版旧テンプレートにも今日11月12日から「リアクションボタン」が表示されるようになった。これまでは「いいね」、「応援」、「続き希望」、「役立った」を確認したりボタンを押したい場合は、いちいちスマホのgooブログを開いてみないとならなかったがPCで見ることが出来ボ...リアクションボタン表示

  • 月齢14のお月さん

    当地今日は終日曇時々小雨で青空等見えなかったが先程相互フォロワー登録しているある方のブログを拝見、明日12日が満月と知りふっと夜空を仰いだところ、なんと雲の切れ間からまんまるお月さんが姿を見せているではないか。月齢14のお月さんである。明日の夜の天気は分らないし忘れてしまう可能性大、せっかくだから・・・、という分けでカシャ、カシャ、月齢14のお月さん

  • 爺さんも 歩けば当たる ブログネタ

    当地昨日まで続いていた快晴がウソのように今日はまた、雲が低く垂れ込め時々小雨がパラつく寒々しい日となった。午後やや明るくなったところでちょっくら近くを歩いてこようと出掛けたが、やっぱり途中でポツポツ降り始め、大急ぎで引き上げてきたところだ。こんな空模様の日にはもしかしたらカワセミ(翡翠)に遇えるかも知れない・・・、そんな予感が当たって、いた!、いた!、やっぱりいた!なかなか写真写りのいい場所には止まってくれず、老眼で、コンデジではピント合わせもままならない距離だったがピンボケながらなんとか何枚か写っており、ラッキー!、毎度お馴染み、アオサギダイサギとアオサギ、微妙な関係?マユミの実蔦の葉絡まる壁、自然のアートツツジ??皇帝ダリアトチノキサザンカ(山茶花)かな??スマホの歩数計で約9,800歩、「爺さんも歩けば当...爺さんも歩けば当たるブログネタ

  • あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の 長々し夜を ひとりかも寝む

    先日書棚に収まっていた「百人一首」の解説本にふっと目が止まり、引っ張り出しページを捲っているが久し振りに「百人一首」に触れ、改めて目から鱗になっている。多分息子が学生時代に使っていたものを置いていったものだがなかなか詳しく解説されており面白い。今更になって向学心?、・・・・いえいえい、とんでもない。またまた頭の体操に?、ブログネタ?に・・・、してしまおう等と思いつつ・・・。季節は秋。百人一首には「秋」を詠んだ歌も多い。今も昔も秋は日本人の心情を映す季節なのかも知れない。秋の夜は長い。長くて長くて時間を持て余す。読書の秋、芸術の秋、音楽鑑賞の秋等とも言われる。紅葉、夕暮れ等深まり行く秋の風景からはそこはかとない寂しさや人恋しさが呼び起こされる。あしびきの山鳥の尾のしだり尾の長々し夜をひとりかも寝む歌番号3作者柿本...あしびきの山鳥の尾のしだり尾の長々し夜をひとりかも寝む

  • 「ワシントン広場の夜はふけて」

    秋の日は釣瓶落とし、あっと言う間に日が暮れてしまうが、夕食が遅いわが家、ますます夜が長く感じられる今日この頃である。ふっと思い浮かんだ曲・・・・「ワシントン広場の夜はふけて」若い頃よくラジオ等から流れていて脳裏に焼き付いた曲ではあるが、改めてネットで調べてみると「ワシントン広場の夜はふけて(WashingtonSquare)」はボブ・ゴールドステイン、デヴィット・シャイア作詞・作曲、1963年にヴィレッジ・ストンパーズ(VillegeStompers)が発売したデキシーランド・ジャズで、世界的に大ヒットし、全米ヒットチャート、ビルボード2位を記録した曲である。ワシントン広場とはニューヨーク市グリニッジ・ヴィレッジのワシントン・スクエア公園のことだと言われている。日本でも当時ダニー飯田とパラダイスキング、バッキー...「ワシントン広場の夜はふけて」

  • 日の出時刻

    日々の各地の日の出時刻、日の入時刻はネット等で確認出来るが同じ地域でも観測場所の地形等で数分は異なるはずであくまでも目安であろう。当地今日の日の出時刻は6時14分頃になっているが東方に雲が有りはっきりしなかった。因みに当地今年2019年6月22日、夏至の日の出時刻は4時28分頃だった。2019年6月22日の記事→「のびきって夏至に逢ふたる葵かな・・正岡子規」夏至の頃から比べると2時間近く(1時間46分)日の出が遅いことになる。当然目覚める時間帯はまだ真っ暗、ますます冷え込みも厳しくなっており夏季のような早朝散歩という分けにはいかなくなる。しばらくは爽快な青空の下紅葉を愛でながら歩きたいものだ。日の出時刻

  • 11月第2土曜日

    11月に入ったばかりと思っていたのにあっと言う間にもう中旬、時の過ぎ行く速さに愕然としてしまう。そろそろサトイモの収穫、サツマイモの収穫、それにキウイの収穫もしないと・・・・・・・、何ごとも後手、後手、切羽詰ってからやおら重い腰を上げる性分の爺さん、気にしながらも「まぁいいか」、そしてまた1日過ぎてしまった。今日は妻の通院の送り迎えしただけ・・・・か、足の筋肉痛、少々残っているけど、ほとんど歩いていないし・・・・・。こんな日こそ泳いでくるべし・・・。19時~20時のスイミングクラブ成人クラスレッスンに出席し先程帰ってきたところだ。11月第2土曜日、今日はO指導員による背泳ぎ中心のレッスン、毎度のこと、基本、基本の繰り返しだったが、特にストローク、姿勢をチェックされた。どういう分けか今日も欠席者多くいつもの半数以...11月第2土曜日

  • コレステロール・コントロール

    今年9月に受けた市の「後期高齢者健康診断」の診査結果説明が先日有り、その折に、病院で配布している小冊子やチラシを数種貰い受けてきた。今回の診査結果ではこれまでずっと引っかっていた脂質異常症(高脂血症)[トリグリセライド(中性脂肪)値やLDLコレステロール(悪玉コレステロール)値等が基準値より高い症状]についてやや改善されていていささか気を良くもしたが、やはり気になるのはコレステロール関連情報である。「脂質異常症(高脂血症)」とは血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)やトリグリセライド(中性脂肪)が過剰な状態、またはHDLコレステロール(善玉コレステロール)が少ない状態を言う。特にLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が異常に高いと血管にコレステロールが蓄積され動脈硬化を起こし、放置していると狭心...コレステロール・コントロール

  • 平岩弓枝著 御宿かわせみ3 「水郷から来た女」

    図書館から借りていた平岩弓枝著「水郷から来た女」(文春文庫)を読み終えた。「御宿かわせみシリーズ」の第3弾目の作品、「秋の七福神」、「江戸の初春」、「湯の宿」、「桐の花散る、水郷から来た女」、「風鈴が切れた」、「女がひとり」、「夏の夜ばなし」、「女主人殺人事件」の短編9作品が収録されている。平岩弓枝著御宿かわせみ3「水郷から来た女」江戸大川端の柳橋の小さな旅籠「かわせみ」の女主人るい、るいと夫婦同然の関係の八丁堀与力の次男坊の東吾、東吾の友人で八丁堀り定廻り同心畝源三郎、かわせみの奉公人嘉助、お吉等を中心に、おなじみの登場人物が四季折々の風物を配して江戸情緒たっぷりに次々巻き起こる市井の事件を解決していく物語、捕物帳である。ほぼ一話完結の連作短編構成になっているため記憶力減退爺さんにもすこぶる読み易い。「秋の七...平岩弓枝著御宿かわせみ3「水郷から来た女」

  • 「スターダスト(Stardust)」

    ジャズのスタンダードナンバー「スターダスト(Stardust)」については再三書き込んでいたにもかかわらず記憶力減退爺さん、ふっと思い浮かべてついついまた書き込んでしまった。そのことに途中で気がついたので前回記事と以下同文とする。2019年2月18日の記事→「スターダスト(Stardust)」今回はテナーサックス演奏による「スターダスト」をYouTubeから共有させていただいた。スコット・ハミルトン(ScottHamilton)&エディ・ヒギンズ・カルテット(EdhieHigginsQurtet)演奏の「スターダスト(Stardust)」「コーヒーの香りとジャズの秋の夜」(余談)先日1~2年前に1度読んだことの有る本をすっかり忘れていて図書館からまた借りてきてしまった。少し読み始めてからなんとなく気が付き「ブロ...「スターダスト(Stardust)」

  • さびしさに 宿を立ち出てて ながむれば いづこも同じ 秋の夕暮れ

    昭和20年代から30年代前半、M男は幼年期、少年期を北陸の山村で過した。太平洋戦争末期、戦禍を逃れ東京から父親の郷里に自主疎開しそのまま定住して家だった。仮設住宅の如くの粗末な家で貧しい暮らしが続いていたが母親や祖母が東京から持ち運んだ物の中に、当時の地元の人には珍しがられたりある意味やっかみの目で見られたりしたような物が結構有ったような気がしている。ほとんど記憶喪失しているが例えば大きなラッパの付いた手回しの蓄音機、浪曲、童謡、歌謡曲等のレコード(SP盤)、五月人形、母親の白いブラウス(農村ではまだ和装が多くPTAで目だっていた)、百人一首(かるた)や花かるた、家族合わせかるた、トランプ、スゴロク等遊び小物。その中のひとつ「百人一首(かるた)」M男の家では毎年正月になると必ず家族全員で百人一首かるたとりをして...さびしさに宿を立ち出ててながむればいづこも同じ秋の夕暮れ

  • 久し振りの山歩き

    当地今日も絶好の行楽日和だった。、義姉と一緒に1泊で浜松に出掛ける妻を朝最寄りの駅に送った後、さてどうしようか。家に閉じ籠っているには勿体無い?ような天気、しばらく山歩きしていないし、果たして歩けるのかどうか、足試し、足慣らしのつもりで高尾山周辺でも歩いてみるか・・・、とりあえず電車に乗ってJR高尾駅へ、さあ、どこにしようか?まだ決めかねていたが、やっぱり小仏行きバスに乗り込んでしまい、バスの中で決めて日影バス停で下車した。ところが日影沢林道入口には「人車通行止」の看板が立てられており、エッ!「日影沢林道」も、「北東尾根コース」も、「いろはの森コース」も通行止?先日の台風19号でいたるところ林道決壊、土砂崩れ、倒木等の被害が有り、復旧の見通しが立っていない様子だ。いったい、どんな状態なのだろうか。先行する男性が...久し振りの山歩き

  • 運動消費カロリー

    当地今日も終日快晴、好天に誘われて午後わざわざプリンターのインクカートリッジ1個買うために家電量販店までテクテクウオーキング。スマホの歩数計では6,000歩程度。「右左、上見て下見る爺散歩」とてカロリー消耗期待薄。11月第1水曜日、19時~20時のスイミングクラブ成人クラスレッスンに出席、先程帰宅したところだ。今日はN指導員によるクロール中心レッスン、ストローク、特に手の伸ばし方、手首を曲げるタイミングについてチェックされた。仕上げには25m×4回、50m×6回スイムも有り多分トータル1,000m泳いだ感じで十分、十分だったが、例によって居残りクロール50m×10本、4種目25m×4本、ヘトヘトになりながらなんとか後ろにくっ付いて泳ぎ切り引き上げてきた。今年9月に市の医療保険部が毎年実施している「後期高齢者健康...運動消費カロリー

  • 読めない書けない難漢字 No.14

    習ったことの無い漢字でもすっかり忘れてしまった漢字でも、いざ「読め!」、「書け」と言われても咄嗟には読めない、書けない漢字でもパソコンやスマホの漢字変換ソフトのお陰で平気で使えてしまう時代である。知ったかぶりして書いているつもりがなくてもそんな漢字を無意識に使っていることに後から気が付きなんとなく後ろめたさのような気持ちになってしまうことも有る。かっては知らない漢字、分らない漢字を使いたい時は国語辞典、漢和辞典で調べてから自分で書き、読んだものだが今はクリック一発で入力まで出来てしまうためほとんど機械頼り、脳はますます記憶をしようとしなくなっているんではないかとさえ思う。便利さの反面、まるで意味の異なる漢字に変換されたのに気が付かずにいて大恥をかくこともしばしばである。ふっと気が付いた漢字「穿る」もその類だ。頻...読めない書けない難漢字No.14

  • 深まる秋

    当地今日も快晴、好天に誘われて午前中、図書館まで歩いて行ってきたが、午後も家の中に閉じ籠っていては勿体無い?天気・・・、少し遠出したい気分だったが車は妻がサークルへ乗っていったため歩くしか無し、周辺をちょこっと歩いてきた。色付いてきたイチョウ、ハナミズキ?藤の実?シオン?おまけスマホの歩数計で今日のトータルは約13,000歩、「ブログネタ探し探しの爺散歩」とてあまり運動効果は期待出来そうにないがとりあえず今日のところは目標クリア。深まる秋

  • 畠山健二著 「本所おけら長屋」(五)

    図書館から借りていた畠山健二著「本所おけら長屋」(五)(PHP文芸文庫)を読み終えた。「本所おけら長屋」シリーズの第5弾の作品である。畠山健二著「本所おけら長屋」(五)(目次)その壱ねのこくその弐そめさしその参はるこいその四まさゆめその後わけありお江戸、本所亀沢町にある「おけら長屋」には貧しいくせにお節介、人情に厚い住人達が次々巻き起こる騒動に笑いと涙で体当たりしまーるくおさめて暮している。米屋奉公人の万造、酒屋奉公人の松吉、左官の八五郎と女房のお里、娘のお糸、後家女のお染、剣の腕は超一流の浪人島田鉄斎、万松(万造と松吉)の暴走にひきづられがちの大家の徳兵衛、畳職人の喜四郎と女房お奈津、呉服屋手代の久蔵と女房お梅、表具職人卯之吉と女房のお千代、たが屋の佐平と女房のお咲、乾物屋隠居の与兵衛、魚屋の辰次、八百屋の金...畠山健二著「本所おけら長屋」(五)

  • 日の出前・彼は誰時

    当地今日の日の出時刻は6時8分頃、日の入時刻は16時44分頃となっている。日長時間は約10時間36分。随分と短くなっている。久し振りに日の出前の東の空に目をやると朝焼けが見事。穏やかな1日の始まりである。日の出前のことは「彼は誰時(かはたれどき)」とも呼ばれるのだそうだ。まだ薄暗い時刻、あれは誰と見分けが付かないという意味で因みに日の入直後のことは「誰そ彼時(たそがれどき)」と呼ばれるのだそうだ。今更になって目から鱗である。日の出前・彼は誰時

  • コーヒーの香りとジャズの秋の夜

    若い頃から毎年秋深まり行くこの時期になると必ず思い浮かんでくる曲、聴きたくなってしまう曲が何曲か有る。そのひとつは昭和30年代、北陸の山村育ちが地方都市に出て、あるイベントで初めて目の前のバンド演奏を見る機会があったが、演奏曲の1曲だった、「鈴懸の径」である。それまで音楽等にまるで興味関心も無かった田舎者だったが、どういう分けか「鈴懸の径」が鮮烈に脳裏に焼き付いてしまい後年になってもある種郷愁を伴って思い浮かんでくるのである。やっぱり今年も聴いているところだ。鈴木章治とリズムエース演奏の「鈴懸の径」(YouTubeから共有させていただく)「コーヒーの香りとジャズの秋の夜」コーヒーの香りとジャズの秋の夜

  • 途中で諦めなくって良かった?

    当地、今日は文句無しの晴天、絶好の行楽日和ではあるが、雨が降った翌日は絶好の畑仕事日和?でもあり、お出掛け情報を横目にしながらやおら重い腰を上げ畑に向かった。(1)京水菜、大根、ネギ等々の畝草取り京水菜・・・今年はバラツキ有り不作?サラダ菜はまずまず、大根1本だけ試し堀り、今季初収穫(2)先日植えつけたイチゴの畝、先日種蒔きしたキヌサヤエンドウ、スナップエンドウの畝等々に水やり(3)サツマイモ試し堀り、買うと高いサツマイモ、今年初めて挑戦したサツマイモ作り、しかし植え付け直後から8月中頃まで5回に渡りイノシシに苗を穿り返される受難。その都度植え直したり、防獣ネットで囲ったりしたが、それだけ根付く時期は遅くなってしまい、多分実が生るまでには至らないだろうと判断、途中で諦めて片付けてしまうところだったが、勿体無い精...途中で諦めなくって良かった?

  • 「朝日のようにさわやかに」

    今日は国民の祝日の一つ「文化の日」である。明治天皇の誕生日にあたり明治時代には「天長節」、昭和初期には「明治節」として祝日だったが、1948年(昭和23年)に公布、施行された「国民の祝日に関する法律(祝日法)」で「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨として「文化の日」と定められた。ネットで「今日は何の日」を見ると「まんがの日」、「レコードの日」、「文具の日」等々でもある。11月3日は晴天になる確率が高い日と言われているが当地朝の内青空が見えていたものの次第に曇ってきた。天気予報では夕方から夜半にかけて雨のなるようだ。今日は出掛ける予定も無く手持ち無沙汰な時間古いCD等を引っ張り出して聴いているところだ。CD「TheModernJazzQuartet」(全10曲)その中の1曲、「朝日のようにさわやかに(S...「朝日のようにさわやかに」

  • 平岩弓枝著 御宿かわせみ2 「江戸の子守唄」

    図書館から借りていた平岩弓枝著「江戸の子守唄」(文春文庫)を読み終えた。「御宿かわせみシリーズ」の第2作目の作品である。今年3月に初めて読んだ第1作目「御宿かわせみ」、気が付くとあれから半年以上も経ってしまっている。ふっとまた続編を読みたい気分になり手を伸ばしてしまった。34作品にも及ぶ「御宿かわせみシリーズ」とて「何年かかるか?気が遠くなってしまいそうだ」等とブログに書き込んでいたことを思い出した。→2019年31月4日の記事平岩弓枝著「御宿かわせみ」平岩弓枝著御宿かわせみ2「江戸の子守唄」(目次)「江戸の子守唄」「お役者松」「迷子石」「幼なじみ」「宵節句」「ほととぎす啼く」「七夕の客」「王子の滝」本書には上記8編の短編が収録されている。各編がほぼ一話完結になっている連作短編構成になっているため記憶力減退爺さ...平岩弓枝著御宿かわせみ2「江戸の子守唄」

  • 有酸素運動

    なんやかんや有ってずっと休んでしまった(サボってしまった)スイミングクラブ成人クラスレッスン、今日はどうしても・・・・・・、やおら重い腰を上げ10日振りに出席し、先程帰ってきたところだ。11月第1週土曜日、今日はレギュラー指導員O氏不在のためベテラン指導員E氏によるクロール中心レッスンだった。毎度のこと基本、基本の繰り返しだが特にバタ足と姿勢について細かくチェックされた。3連休初日だから?、ラグビーワールドカップ決勝戦中継放送有るから?欠席者多数で、いつもの半数、レッスン終了後居残ったのも女性2名、男性1名3人のみ、お互い意気上がらず、軽く流して引き上げてきた。「スイミング」・・・・思えば細ーく長ーく良くも続いているものだと我ながら感心しているところだ。元々は40代の中ごろ1度、ギックリ腰になりその後も頻繁に腰...有酸素運動

  • 振り返り記事 「アメイジング・グレイス」

    gooブログから丁度1年前に書き込んでいた記事が届いた。「そうだった。そうだった」「昨年はこの時期親戚の葬儀や法事で3回も帰郷したんだっけ」記憶が蘇ってくる。2018年11月2日の記事▼「アメイジング・グレイス(AmazingGrace)」西高東低の気圧配置が強まってきており、北陸地方等日本海側は雨、風の天気予報でしたが昨日、今日は、時々青空も見える等ラッキーな天気でした。昨年11月に永眠した母親の一周忌の法要......>続きを読む振り返り記事「アメイジング・グレイス」

  • 越後湯沢苗場紅葉バスツアー・その4

    苗場ドラゴンドラ山麓駅からバスはくねくねした山道を下り、苗場プリンスホテル前を通過、三国街道(国道17号線)を南下、まもなく三国トンネルとなる。(7)三国トンネル(三国随道)三国トンネルは三国峠(標高1,304m)のほぼ真下を通るトンネルで全長は1,218m。坑口付近の標高は群馬県側が約1,100m、新潟県側が約1,076m。群馬県新潟県を繋ぐ自動車道には谷川岳を貫通する関越自動車道が有るがその関越トンネルは全長11kmに及ぶ長大トンネルのため、道路法の規定に基づき危険物積載車両の通行が禁止・制限されており危険物積載車両等は月夜野IC、湯沢ICで降り三国街道(国道17号線)・三国トンネルを通過することになっている。主要、重要な国道であり、トンネルであるが、1959年(昭和34年)に開通したトンネルですでに60年...越後湯沢苗場紅葉バスツアー・その4

  • 「Goodbye Day」

    11月1日、今年も残すところ2ケ月、加齢と共に時の過ぎ行く速さがどんどん加速しているんではないかという錯覚を覚えている。今日もあっと言う間に1日が終わってしまい・・・・。「秋の日は釣瓶落とし」と言われるが人生の黄昏を迎えている類には秋の夕暮れはひとしお物寂しさが募ってくる。ふっと思い浮かんだ曲。「GoodbyeDays」。今更になってネットで調べてみると今から38年前1981年にリリースされた作詞来生えつこ、作曲来生たかお、唄来生たかおの曲である。歌音痴だった若い頃の有る日、二次会のカラオケで仕事仲間の一人が見事に歌いこなしたことが有り、目から鱗、それ以来来生たかおの隠れファンになった気分でいるのである。いる聴いても詩がいい、ムードがいい。来生たかおの「GoodbyeDays」(YouTubeから共有)♪Goo...「GoodbyeDay」

カテゴリー一覧
商用