INDOOR HOBBIES
読者になる
住所
町田市
出身
町田市
ハンドル名
Furukiさん
ブログタイトル
INDOOR HOBBIES
ブログURL
http://furuki-yoshiki.net/wordpress/indoorhobbies/
ブログ紹介文
毎朝7時更新しています。アクアリウムや観葉植物好きの時々DIYする子持ち男が、2匹の猫と闘うブログです。(((ブログ村、村長様ありがとうございます!記事が反映されるようになりました!)))
自由文
-
更新頻度(1年)

158回 / 158日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2015/05/16

Furukiさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(IN) 10,331位 12,106位 10,099位 10,123位 10,238位 9,864位 12,363位 975,023サイト
INポイント 30 10 20 30 30 50 10 180/週
OUTポイント 100 170 160 150 210 290 190 1,270/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
花・園芸ブログ 398位 455位 386位 384位 389位 382位 465位 19,258サイト
観葉植物 4位 5位 4位 5位 4位 4位 5位 415サイト
観賞魚ブログ 164位 185位 158位 155位 156位 151位 182位 7,842サイト
水草 4位 6位 4位 4位 5位 5位 8位 1,024サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 8,334位 8,338位 8,304位 8,284位 8,209位 8,316位 8,575位 975,023サイト
INポイント 30 10 20 30 30 50 10 180/週
OUTポイント 100 170 160 150 210 290 190 1,270/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
花・園芸ブログ 217位 221位 220位 226位 220位 219位 223位 19,258サイト
観葉植物 3位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 415サイト
観賞魚ブログ 177位 183位 182位 185位 178位 180位 186位 7,842サイト
水草 5位 5位 5位 5位 6位 6位 6位 1,024サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,023サイト
INポイント 30 10 20 30 30 50 10 180/週
OUTポイント 100 170 160 150 210 290 190 1,270/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
花・園芸ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 19,258サイト
観葉植物 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 415サイト
観賞魚ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,842サイト
水草 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,024サイト

Furukiさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Furukiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Furukiさん
ブログタイトル
INDOOR HOBBIES
更新頻度
158回 / 158日(平均7.0回/週)
読者になる
INDOOR HOBBIES
  • ビカクシダを育てるには秋が最高ですね…≪写真多め×温室DIY×アガベ≫

    先日台風が来る前の休日に温室を更に強化しました。 早起きして下準備をし、 息子のお弁当もついでに作り、 幼稚園に送り出し、 今日はDIYに徹するぞと意気込んで...   ↓前記事。   1.温室強化中... 立ち上げ時は養生用プラ段で覆っていた温室でしたが、 さすがにすでにぼろが出てきてしまいました。 っというか下まで覆えてなくて、

  • パルダリウムのハイゴケが枯れてしまった原因。≪おまけ×イモリベタの混泳は出来るのか?≫

    以前パルダリウムに敷き詰めたハイゴケ。 元気な部分と、 元気じゃない部分が、 この2ヶ月できっぱりと分かれております。 果たしてこの原因は何なのか? 考えてみたいと思います。   ↓前記事。     1.枯れたハイゴケの場所。 早速枯れてしまったハイゴケについてですが、 パルダリウムの上付近に設置したものが見事に枯れてしまいました。

  • アロエ・ディコトマはこの夏生長したのだろうか。≪Aloe×成長速度≫

    今年はアロエという植物に挑戦してみましたが、 基本的に生長がゆっくりで、 水遣りもそれ程必要とはしない植物なので、 温室でほとんど放置状態の子がほとんど。笑 改めて見てみるとやはり美しいのですが...   ↓前記事。 1.アロエ・ディコトマの4カ月後。 もう4ヶ月なのか、 まだまだ4ヶ月なのか。 アロエの中でも最大種であるディコトマ。 この期間特段弱っている様子はないのですが、

  • カブトムシの標本箱をDIYしてみた!≪夏の思い出×乾燥標本×標本箱の作り方≫

    さて、カブトムシの標本作りもいよいよ大詰め。 しかしせっかく標本が出来ただけでも、 入れ物がなければ意味がありません。 標本箱は100均の素材でも作れるそうですが、 せっかくなので今回は端材と少々買い足して作ってみることにしました。   ↓前記事。   1.標本箱を作る。 今回作る標本箱のサイズは横20cm×縦15cmのもの。

  • リドレイの胞子培養株と山採り株。どっちがいいのかなんてあるのか。≪ビカクシダ×疑問≫

    植物を育てるという趣味を持ち始めてから、 その植物の成り立ちや、 自生地環境のイメージ、 実際に自生地に生えていた個体を育てるという、 園芸としてはこれ以上ない喜びだとは思うのですが...   ↓関連。   1.胞子培養株のビカクシダ・リドレイ。 ビカクシダの中でおそらく最も山採り個体が多く流通しているのは、

  • ベランダ(バルコニー)に人工芝を張ってみた!≪いざベランピングの道へ!×人工芝の選び方×DIY≫

    先日台風が通り過ぎた後のこと、 普段使うことのないベランダに出てみると、 埃や塵が堆積し、 ちょっと見るに堪えない状況になっていました...   どうせだったらこのベランダというスペースを遊び場に変貌させてみたい。 狭いベランダだけどベランピングなんて楽しそう... そんな思い付きでまずは人工芝を敷いてみることに...   ↓関連。   1

  • エケベリア”ラウリンゼ”が大きくなってきたぞ!≪多肉植物×巨大化計画×秋の管理≫

    まだまだ蒸し暑い日が多いので、 秋晴れというか、 残暑と感じるような気候がほとんどです。 しかし夜は窓を少し開けいれば気持ちよく眠れるシーズン。 植物が育つシーズンでもあります。 私の身長もあと数cm伸びて頂ければいいのですが...   ↓前記事。   1.エケベリア"ラウリンゼ"の1年後。 この子を育て始めてからもう1年も経つのかと思った先日。 改めて写真

  • 流木を使ってキャットウォークをDIYするぞ!≪猫との暮らし×石膏ボード用アンカーは危険≫

    もう気が付けば3年前の事... 私はDIYで壁にキャットウォークを作りました。 しかしつい先日の事。 その一部が外れ落ちるという大事件...!   ↓前記事。   1.外れ落ちたキャットウォーク。 実はこの外れ落ちたキャットウォークというのは、 猫たちが一番滞在時間の長いところ。 そんな場所なのにもかかわらず、

  • アロカシア(クワズイモ)を育ててみる。≪植え替え方法×サトイモ科×クワズイモ属≫

    増税前に駆け込み購入...!! っという訳ではないのですが、 前から気になっていた植物がありまして、 ちょうどポイントも溜まっていたので、 お迎えしてきた訳でありまして...   ↓関連。   1.アロカシアとは。 近頃やたら植物屋さんで見かけるようなった気がする。 葉っぱは薄くトリコームを纏ったように柔らかい雰囲気を出しているかと思いきや、

  • 実生アガベのホリダ1年目。≪horrida ssp.horrida×実生の植え替えは禁物?≫

    台風さえ除けば夏に比べて秋の気候は素晴らしいですね。 昼は暖かく日射しも程よい、 そして夜はいい具合に冷え込む寒暖差。 昼夜メリハリがついて、 こういった気候が植物にとっては一番なんじゃないかなと思います。   ↓前記事。   1.アガベ ホリダ(horrida ssp.horrida)の実生1年後。 去年の10月に播種したので、

  • ビカクシダ・ヒリー”paopao”が2カ月たったのでコルク仕立てに…≪コルクは×カッコいい≫

    なんだかんだと言いつつ、 やっぱりビカクシダはカッコいいし面白いですね。 っと言っても今年はあまりお迎えしていませんが、 こっそりとお迎えしていた子がおりまして...   ↓関連。   1.ビカクシダ・ヒリー"paopao"。 ビカクシダ、 そしてヒリーの中でも何十種類とありますが、 その中で兼ねてから気になっていた種類。

  • ビカクシダの葉を食べるワラジムシについて考える。≪益虫?×害虫?×あなたはどっち?笑≫

    ビカクシダを育てていると、 必ずと言って程出てくるのがコイツ。 私が管理している環境では間違いなく出ます。 完全室内の場合は出てこないのですが、 一度屋外に出すと、すぐに巣食ってきますね、ハイ。   ↓関連。   1.ワラジムシだよダンゴムシじゃないよ。 植物を育てている人であれば、 ワラジムシの存在を知らない人はいないと思います。

  • 実生パキポの根元が黒くなる原因は何だろうか。≪パキポディウム×塊根植物≫

    実生ッコたちをよく見ると、 1年目にしてもうすでにその種の表現が出ている子や、 なんだか調子の悪い子や... 中には調子が悪そうに見えて、 実は調子のいい子も...   ↓前記事。   1.実生パキポの根元が黒くしぼむ。 パキポディウムの実生は初めてなのでわからないことばかり。 中でも最も多く発症していて、 どう手をつけていいかわからない症状なのですが、

  • CO2マスターアドバンスを使ったらインライン化が超簡単だった。≪CO2直添加×アクアリウム≫

    外部フィルターのメンテナンスを兼ねて、 今回行ったのは水流問題解決だけではなく、 CO2のインライン化。 (エアレーションもインライン化しました。) それがもう今までなんでやらなかったのかと思うくらい超簡単で...   ↓関連。   1.CO2マスターアドバンス。 もうすでにアクアリウムをやられている方であれば、 まず知らないということはないでしょう。

  • コトブキパワーボックスにエーハイムのナチュラルフローパイプを取付ける!≪アクアリウム×水流を弱める≫

    先日フィルターの送水パイプが壊れてしまったので、 いっそのこと色々と変化を加えてみたくなり、 まずは強すぎる水流を弱めてみようと思いました。   水流を弱めるといえば、 エーハイムのナチュラルフローパイプなのですが...   ↓関連。   1.コトブキパワーボックスにはナチュラルフローパイプが付けられない。 愛用しているコトブキパワーボックスSV900Xに、

  • コンパクトというのは生長が遅いのか。≪笹の雪×矮性種×アガベ≫

    2019年の台風は例年に比べると、 まだその半分も発生していないようです、 確かにいつもなら今頃は二十何号って報道されていた気もします。 っということは、 台風がまだまだ沢山やってくる可能性があるということ...   ↓前記事。   1.笹の雪コンパクト。 輝山の未発根に始まり、 姫笹の雪の酷い葉焼け事件もあったおかげで、 すっかり笹の雪が苦手アガベとなりつつある私です。

  • チランジア・ハリシーを育て始めて4年が経ちました。≪カクタスボーン着生×発根×光を目指して≫

    チランジアという植物は、 今でこそ枯らさないようになりましたが、 初めの頃は強い品種しか育てることが出来ませんでした。 つまり今でこそ育てられているのでは強い品種だけが生き残っているから...笑   ↓前記事。     1.チランジア・ハリシーの4年目。 っということで、 私の管理下なんとか生き残ってくれているチランジアの一つ。笑

  • P.Pegasusの胞子葉が白くて美しい。≪ビカクシダ×7か月目×子株大発生中≫

    ビカクシダは少し種類を増やし過ぎてしまったな。 っと日々思うのですが、 手放すことなんて出来ず、 整理できないのが現状です...笑 やはりどの種類も育ってくると、 カッコいいですし愛着が湧いてしまって...   ↓前記事。 1.P.Pegasusの胞子葉。 以前ペガサスの胞子葉がどんなものかわからない。 っと記事にしていましたが、 その後胞子葉は順調に伸びていき、 現在はこんな感じ。

  • 水挿しからついに発根したアガベ”輝山”を鉢上げ!≪未発根×水挿し期間≫

    アガベは生長がゆっくりな癖に、 調子を崩すのは早くて... 一瞬でダメになってしまうことがあります。 今回はなんとかそれを回避出来たので、 とりあえずホッと一安心な訳ですが...   ↓前記事。   1.水挿しで発根した輝山。 もうこの子を育てることは出来ないのかも... そう思っていた矢先での出来事でした。   水挿し直後こそ少し動きはあったものの、

  • ビカクシダ・グランデの成長記録。≪3年経過×貯水葉×未だ胞子葉は出ておりません≫

    私の相棒ともビカクシダのひとつ。 グランデだかスパーバムだかわからないビカクシダ。 お迎えしてからついに3年が経過しました。 未だ胞子葉は出ていませんが、 貯水葉が今までとは違う雰囲気を出してきたので記事に...   ↓前記事。   1.3年が経過したグランデ。 っということで購入から3年が経過したグランデ。 3年。 しかし購入時からの姿と見比べると、

  • 外部フィルターから水漏れ!?定期的なチェックが大切…≪アクアリウム×事件≫

    先日照明を変えて明るくなった水槽。 その後フィルターにもブラックホールを仕込み、 水の透明度をあげていたのですが、 水槽背部を確認すると...   ↓関連。   1.外部フィルターの配管から水漏れしている。 何やらバックパネルと水槽の間に水が溜まっているを見つけました。 大量に水漏れという訳ではなく、 どこからじわりじわりと水漏れしているようです。  

  • レナンセラ・モナチカの発根後から半年。≪洋ラン×夏×成長記録≫

    秋は何かと天気の変動が激しいです。 秋晴れかと思えば秋雨。 そういえば春は晴天かと思えば強風。 夏は暑すぎるし冬は寒い。 植物を育てるのは天気とのお付き合いが大事なのですが、 その前に自分が天気とお付き合いし切れないです。。。   ↓前記事。 1.レナンセラ・モナチカの約半年後。 今年1月に某植物屋さんから、 もう育てられないから...  

  • Dyckiaは雨ざらしでも直射でも超元気に育つようだ。≪ディッキア×夏の管理×成長記録≫

    風邪で寝込んでいた時も心強い。 ディッキアはあまり手をかけずとも元気に育ってくれました。 この夏は春先から雨ざらし直射で、 台風の時にやっと手に取ってみた... そのくらい屈強な子なのです...   ↓前記事。   1.Dyckia "toothy F2″の記録。 私がDyckia "toothy F2″を頂いたのは、 ちょうど1年前の夏でした。 &nbsp

  • ビカクシダの胞子葉がくるりと巻いてきた…だと…?≪500円で買ったコウモリランの記録≫

    先月私のファーストビカクシダでもある、 500円で買ったコウモリランの記録を記事にしたばかりですが、 その後胞子葉が思わぬ成長を遂げています。   おそらくこれも、 一種の奇形なので、 一時的なものだとは思いますが、 記念として記事にしてみたいと思います。   ↓前記事。   1.胞子葉が巻いてきた。 ビカクシダで胞子葉が巻いていると言って、 まず頭に浮かぶのが、

  • アガベ・トレードウィンズの1年後!≪agave Potatorum Tradewinds×成長記録≫

    風邪で寝込むといいことがホントありません。 熱で頭痛くて寝れないし、 かえって起きてる訳にもいかないし、 だからって横になり続けてると、 寝すぎで腰が痛くなるし... もうホンット...あああああああ!って感じでした。笑   ↓前記事。   1.トレードウィンズの1年後。 アガベに夢中になり出した去年の夏。 ヤフオクで購入したトレードウィンズ。

  • 体調不良で植物たちのお世話が難しい時にすること…≪植物の命か×自分か…≫

    実は先日、 長男が風邪をひきました。 それがなかなか治らず、 次男にも風邪が移り、 更には親まで撃沈... 約1週間、地獄の日々が続いていました。     1.風邪を引く私たち、と看病してくれた風邪を引く妻。 とある夜は私・長男・次男が皆39度以上の高熱にうなされました。 そんな地獄をなんとか乗り越えられたのも、

  • カブトムシの標本作り!軟化と展足して乾燥させてみる!≪解凍軟化×風通しの良いところで乾燥中≫

    正直1週間も冷凍庫にカブトムシを入れていると、 その存在を忘れてしまいかけていました。 ひょんな時に冷凍庫を開けて、 「あっ...やらなきゃ...」 っと言った感じでスタートです...笑   ↓前記事   1.カブトムシを軟化させる。 じっくりと冷凍させてしまったカブトムシですが、 このままではまだまだ標本の形とは言えず、 「展足」という、

  • パキポディウム・サキュレンタムの枝切り後発芽する!≪塊根植物×剪定×分岐≫

    温室の冬越しに向けて、 とりあえず防寒はするものの、 加温はせずに無加温でいいのではないかと考えつつあります... 塊根系は室内に入れてアガベとかには耐えてもらおうかなと... 霜に当てなければエケもなんとかなりそうですし...   ↓前記事。     1.剪定後のサキュレンタムが発芽するまでの日数。 パキポディウム・サキュレンタムをばっつりと剪定したのは、

  • 夏の終わりにカブトムシを思い出に残そう…!≪初めての標本作成×冷凍・乾燥方法≫

    今年はあまりカブトムシ飼育に恵まれず、 せっかく飼育小屋を作ったものの、 あまり上手に育ててあげることが出来ず、 採卵まで漕ぎつくことが出来ませんでした...   ※今回の記事は虫の接写が沢山ありますので苦手な方はご遠慮下さい。   ↓前記事。     1.亡骸を標本に...! 悲しい冒頭から始まってしまいましたが、

  • アクリル水槽の苔取りに「貝」を入れてみた結果。≪カバクチカノコガイ×アクアリウム×苔との闘い≫

    先日水槽の照明を変えた途端、 照度が高くなったとはいえ、 壁面の苔が気になります。 アクリル水槽なのでガラス水槽のようにスクレーパーですいーっと出来ないし、 オトシン系も壁面を傷つけられてしまうので...   ↓関連。   1.アクリル水槽の苔取り。 冒頭でも書いたように、 アクリル水槽はスクレーパーを使えばすぐに傷がついてしまうし、

カテゴリー一覧
商用