プロフィールPROFILE

さとみさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

突然の死。肝硬変、糖尿病、肝性脳症、溶血性貧血を抱えながらも必死に働き家族とお酒を何よりも愛した夫。一人娘と共に23日間の介護生活をおくった。それから1年。拭い去れない「哀しみ」。それでも「喜び」を探し・・「独り未亡人」として生きる奮闘記。

ブログタイトル
絶望の底から青空を見て・・・
ブログURL
https://yoshikasatomi.muragon.com/
ブログ紹介文
吐血後緊急入院、24時間の余命宣告、最愛の夫が他界した。哀しみに耐え独り未亡人として生きる奮闘記
更新頻度(1年)

122回 / 365日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2015/02/15

さとみさんのプロフィール
読者になる

さとみさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(IN) 31,559位 32,947位 32,930位 36,654位 42,719位 圏外 圏外 978,408サイト
INポイント 0 0 10 10 10 0 0 30/週
OUTポイント 30 100 310 200 20 20 20 700/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 1,115位 1,164位 1,177位 1,297位 1,479位 圏外 圏外 21,652サイト
肝臓・胆嚢・すい臓の病気 7位 7位 5位 6位 9位 圏外 圏外 125サイト
介護ブログ 287位 303位 304位 325位 340位 圏外 圏外 5,500サイト
介護 家族・友達 2位 3位 4位 4位 4位 圏外 圏外 78サイト
家族ブログ 375位 411位 412位 489位 629位 圏外 圏外 16,214サイト
死別 43位 45位 43位 52位 67位 圏外 圏外 450サイト
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 11,810位 12,934位 13,644位 18,627位 23,021位 19,946位 18,490位 978,408サイト
INポイント 0 0 10 10 10 0 0 30/週
OUTポイント 30 100 310 200 20 20 20 700/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 794位 853位 892位 1,162位 1,360位 1,232位 1,146位 21,652サイト
肝臓・胆嚢・すい臓の病気 2位 2位 2位 3位 4位 3位 2位 125サイト
介護ブログ 152位 161位 170位 202位 243位 213位 201位 5,500サイト
介護 家族・友達 1位 1位 1位 2位 3位 2位 2位 78サイト
家族ブログ 185位 207位 218位 289位 354位 310位 285位 16,214サイト
死別 40位 45位 48位 53位 60位 55位 53位 450サイト
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,408サイト
INポイント 0 0 10 10 10 0 0 30/週
OUTポイント 30 100 310 200 20 20 20 700/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,652サイト
肝臓・胆嚢・すい臓の病気 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 125サイト
介護ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,500サイト
介護 家族・友達 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 78サイト
家族ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,214サイト
死別 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 450サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、さとみさんの読者になりませんか?

ハンドル名
さとみさん
ブログタイトル
絶望の底から青空を見て・・・
更新頻度
122回 / 365日(平均2.3回/週)
読者になる
絶望の底から青空を見て・・・

さとみさんの新着記事

1件〜30件

  • バタバタ出発!

     久しぶりのプチ旅行は、姪の住む神奈川県にした。  娘と孫(娘婿はお留守番)とで、行きは新幹線、帰りは飛行機を予約した。  旅行はその準備が楽しい。    娘は、「 姉と慕う従姉妹」と会ってお喋りしたり、同じ年の子どもを一緒に遊ばせることを楽しみにしていた。  私は、姉と会...

  • 美しいものを「美しい」と感じる心

     クリスマスツリーに、  イルミネーション…  私が生きている世界は今、1年のうちで最も幸せ色に包まれようとしている。  しかし、この時期…が、私は…一年のうちで1番嫌いだ。  思い出したくもない… ことが・・・  見たくもない地獄絵図が・・・  できれば記憶から失くしてし...

  • もぅ…嫌だ!

    シュッ! 風を切る音? 当たった⁈ 何が…どこに当たった? それは、まだまだ日が昇らない薄暗い…通勤への道・・・の途中だった。 車もまばら…で… 起きて1時間近くは経っているものの、まだ起き切れていない脳と…やる気の出ない気持ちで運転していた時だった。 シュッ! 闇を切り裂...

  • 最期の仕事は…。

     いつか必ずやってくる「死」を考えない時はない。 「死ぬのが怖い」のではなく、「私はどんな死に方をするのだろうか」と考える。  その時、側には娘家族さえいてくれればいい…。  いやいや!  娘だけで…いい。    まてよ!  それでは娘が心細いだろうから…。  いや!  誰...

  • 結婚するって幸せなことなのかしら…

    主人が死んだ後… 一番そばにいて欲しかったのは母だったのかもしれない。 今も…生きていてくれれば…  私の居場所も…  生き方も随分違ったと思う。 私は迷わず…実家に帰っただろうし、母のもとで過ごしただろう。 豊かな自然に囲まれた美しい場所で…。    あくまでも…母が生き...

  • タッチにギュッ!

     なっちゃんが、  バイバイをする時… 「ばぁば。  タッチとギュー!」と言う。  そう!  今一番…私が求めているものは・・  ギューッと抱きしめてくれる…  力強くって…  安心できる…  あの両腕・・で  あっちゃんに「ギュー」してもらいたいんだ!

  • 私も母のようになりたい!

     母を思う時…  いつも笑っていて…  いつも白い割烹着着て…台所に立っていて…  料理が上手で…  母のちらし寿司は天下一品だった。  じっと座っていることがなくて… 走り回っていて… 「ポクッと死にたい!」が口癖で…  本当にポクッ!っと死んでしまうものだから・・・  ...

  • 私の大切な三人は貴女を見てる…。

     10月21日  分娩室の前で、心待ちに待っていてくれた人…  あっちゃんは、ビデオカメラを持って…  母は、両手を握りしめて…  父は、母の横に座り神妙な顔つきで…  元気な貴女の産声…を待っていた。  今日は、娘の誕生日!  ありがとう…そしておめでとう!    生きて...

  • 寂しさには、耐えられても…

     何故!  何故…涙が出るんだろぅ。  なっちゃんの運動会。  入場して準備体操…。  海賊♫がどうのこうの〜♫…という軽快な音楽に拍子を合わせ、リズミカルに小さな体で一生懸命に踊る姿が…    涙で見えない!  娘に… 「ここ…泣くところやないやろ!」と言われても、涙が止...

  • 嵐の夜は…

    台風情報も聞かないで… 私は一人で・・ 時折吹いてくる風も無視して… 二人の動画を見てる! 少し不安な夜はこれ…が一番。 怖いものなんてないけれど… まだまだ心配なことは結構あるんだよなぁ。 神奈川に住む姪の家族… 千葉に住む甥の家族…大丈夫かなぁ…って・・・ 早く過ぎ去れ...

  • 本当に…生きているだけでいい?

    人には様々な苦悩ある。 私もいろいろな気持ちと闘いながら生きてきた。大したことはない!誰もそうだ! そんな時… 職員の家族の哀しみを知った。30代半ばの職員はただいま妊娠7ヶ月。2歳になる女の子もいる。 その女の子がRSウイルスが原因で肺炎になり…脳炎になり・・一時は命も危...

  • 死別差別

    愛おしい人が亡くなってしまった…その壮絶な哀しみは同じなのに… 主人を亡くしてどのくらいの月日が経った頃だろうか…。私の心は崩壊して醜い悪魔になっていた。(もともとその要素は存在していたのだろう) 哀しみの中…私は・・ あなたは、 まだ若いから、これから先には新しい人生が始...

  • 私も半分なくなっている。

    「死」… 人はみんな死ぬ… 私も…。 そして、そばにいる大切な人も… 「死」は恐怖だった。 「死」は残酷だった。 「死」は容易く起こることではないと思っていた。 時々… 告別式の案内を示す看板を車の窓から見る。達筆な字で書かれたその名前…。 そこに、まさか… 母の名前が… ...

  • 伯母の死と涙の訳

    ピアノの発表会は、毎年オーダメイドのワンピースを着た。一緒にレッスンを受けていた妹は、母が用意した既製の服を着ていた。 小学校6年生まで、毎週土曜日は伯母の家でお泊り。料理上手な伯母は、あの頃で言うハイカラな料理を作ってくれた。多分フォークとナイフの使い方も伯母に教わったの...

  • 夜な夜な

    私の愛し方…。 求めない! 懇願しない! 目の前にいるように… できれば…涙を流さず… (一度流すと、止めどなく流れ続けるから・・・) 写真を胸に抱き… 「待っててね! こっちの心配事がなくなったら直ぐに逝くから…」って・・・ あっちゃんの頬を撫でながら… 冷たい写真立てを...

  • 何もかも棄ててしまいたい!

    まだ陽は昇っていなかった。 数日前の同じ時刻なら… 街は、ちょうど…新しい陽の光に包まれようとしている時だった。 あまりにも眩しすぎて…前の信号機が見えないほど・・・ 私はサングラスをかけて運転した。 今日…同じ時刻。 まだ暗闇の中にいた。 季節は確実に変わっていたんだなぁ...

  • ほろ酔い…フワフワあの世行き

    なんて…いい気分なんだぁ! 頭がフワフワ… 心もポカポカ…ユラユラ… ただ…友達の話を聞いて、何がおもしろいんだか…⁈笑っている。 目が開かない! 眠い訳ではないが… いい気持ちで眠れそうな・・そんな感じ…。 実は出張の帰り… 仲のいい職員と帰り掛けに、たこ焼き屋さんで一杯...

  • 真面目に生きた挙句がこうだから…。

    この街に来て… 主人と暮らした家を出て、 アパートを探した。 アパート代だけでも稼ごうと、職場を見つけた。 真面目に生きた挙句がこうですから…。 何とも…言えないこんな自分の人生に時々発狂したくなることも…。叫びたくなることも…。 だけど、自分の心に素直に行動した結果が・・...

  • 私の相手は「死別」

    私には可愛い姪が3人いる。 1人は妹の長女で、看護師である妹を見て育ったせいか彼女もまた、医療系の学校に今通っている。 2人は姉の長女と次女で、今では2人ともりっぱなお母さんだ。 自分の人生を想うとき… つい、一番近くにいる姉妹の人生と比べてみることがある。 姉は…子どもが...

  • 心の変容

    年々… 年々… 哀しんだり、泣いて叫んだり…して 一緒にいられない寂しさを・・・ 涙をこぼして… 声を荒げて叫ぶことは・・・ …減っている。 会えない分… その愛おしさは募るけれど、 彼を想う時・・ 苦しくて…息ができないほど心臓の芯が…ギリギリと痛くて痛くて…と、いうこと...

  • ㊙︎・・これって犯罪ですか?

    ショッピング… ZARA・・・ 三連休の中日は、娘とAEONに。 あっちゃんが好きなお店…。 ZARA… すっかり店内は秋・冬模様…。 女性服、子供服…ひと通り見て回る。もちろん男性服も…。 その入り口で立ち止まる。 ショーウィンドウには、カッコ良くきめた男性マネキンが立っ...

  • やさしい看板

    「空気いれてかれぇ〜」 面白い看板だと…以前から気になっていた。 通勤の車窓から見える。 帰り道、信号待ちで止まった。店の前。 やさしい…看板 「空気いれてかれぇ〜」 店の中から出て来たのは、笑顔の素敵な多分30代後半のお兄さん。 空気入れの長いホース片手に次々と空気を入れ...

  • 私は…死ぬまで女優

    私には今3つの世界がある。 どの世界の中の私も本当の私である。 だけど…どの世界の中の私も…本当の私ではない気もする。 人生は自作自演の劇場だ…。 主人も… あの時… 役者人生最期の力を振り絞って自分で思う「自分の人生の終わり」の時をここぞと決め、 自分にとっても家族にとっ...

  • 死別ブログランキングの分母が「約270→449」に思う。

    死別・・・ 死別…というカテゴリーにたどり着いた時、私はきっとボロボロだったと思う。死ねるもんなら死にたいと思っていたし、大好きな人が死んだ…という現実が受け入れられなくて… 私は明日も生きているのだろうか… 「生きる」ことが「しんどい」とその時初めて思った。 そう・・思っ...

  • エレベーターを降りるとそこは天国だった

    エレベーターに乗ろうとしたらメールが届いた。 「今!どこですか?」 エレベーターを降りると、そこは、 初めての「ビアガーデン!」というところだった。 白いテーブルに白い椅子が行儀よく並んでいた。白いテントみたいな屋根?の隙間から、黒い空が見える。吹いてくる風は、なま暖かいが...

  • 絶望の底から叫んでる!

    一旗上げて! 故郷に錦を飾って…なんて・・ そんな事等…到底考えてはいないが・・ このまま…あっちゃんのところへ逝く…その日まで・・ このまま…の形で、 ただ…なるようになれと… まるで…死んだように… ただ今のまま、このまま 私の人生が終わるということは…不本意である。 ...

  • あっちゃんの嘘

    生まれて初めてのビアガーデン! 9月でもあるんだ。ビアガーデン! 明日は、職場の親睦会。 私は、飲み会が嫌いだ。 それは、 あっちゃんが死んでから…。 お酒を飲み交わし、喋り合う会は、適当に理由を作って参加しなくなった。 2年前の歓迎会の時は「義香さんが来なければ始まらない...

  • 愛しているから会いたくない!

    「できれば…縁を切りたいと思っているんです…」 えっ! 「嘘でしょ…!?」 水頭症という脳の中に水がたまってくる病気を治療するためのシャント手術を幼児期に施していたが、最近大量にたまった脳脊髄液が,脳を圧迫するようになったのか、脳の働きに悪影響を与えてしまっているらしく、夏...

  • 無関心

    新婚さんいらっしゃい!のテレビ番組が好きでした。 休日昼間の放送でもあり、よくソファに寝そべってダラダラと見ていました。 大家族のテレビ番組も…。 夫婦ネタを大激論する番組「妻は怒っています!」なんてタイトルがあると面白おかしく見ていました。 芸能人の結婚会見とか…!少し興...

  • 流されるまま…生きている

    向日葵が…少しだけ・・・ 申し訳なさそうに咲いていた。 夏の終わりを惜しんでか…人々の向日葵を眺める目も… 今まさに夏の終わりを華やかに彩ってくれたことへの感謝の想いと労いの思いを…抱いているように見えた。 最後の力を振りしぼり、両手を力一杯ひろげ、太陽を浴びている向日葵と...

カテゴリー一覧
商用