searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

信の信州からの贈り物さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
信の信州からの贈り物
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/ssimai
ブログ紹介文
信州で単身生活を6年送り、大変お世話になりました。 その間に魅せられた、信州の自然と人の温かさを発
ブログ村参加
2014/11/27
本日のランキング(IN)
フォロー

信の信州からの贈り物さんの新着記事

1件〜100件

  • 成田山新勝寺

    お早うございます、信です。季節は進み1月睦月は大寒の次候、第七十一候水沢腹堅(さわみずこおりつめる)になりました。24節72候も、次回の大寒の末候で一巡し、次は24節の始め立春の第一候となります。まったくコロナ感染の勢いが、留まることを知らず、どんどん新規感染者数がうなぎ上りに増えています。今日にでも全国で5万人の大台に乗ると思われますが、既に検査キットの在庫も底を尽きつつあるとの報道もあり先行きに明るい兆しを求めることは出来なくなっています。それでもWHOのテドロス事務局長が「パンデミックは今年中に収束」との発言をされており、遠くに出口の光を見たような気がします。いずれにしてもコロナは本当に身近になりつつあり、どうぞ皆様、お気をつけ下さい。さて22日の千葉北総の小さな旅に戻ります。成田線佐原から成田に戻って、...成田山新勝寺

  • 上総水郷 佐原の街並み

    お早うございます、信です。昨日も雲の多いどんよりした一日でしたが、今朝もその雲が残って青空が見えません。道路も昨夜夜半に降った雨の跡が残っているようです。明日から大寒の次候になりますが、今朝はその寒さも和らいだ感じがします。季節の移ろいも花が感じるように、春へ春へと向かっているのでしょうか。さて上総水郷佐原の街に戻ります。こちらは東海酒造さんの堂々の門構えです1佐原には30を超す酒蔵があったようです酔ってこんな感じで小野川の畔を歩いたものか2また遊覧船のこたつ舟が往きます。船頭さんはうら若き女性です3酒屋さんのレトロな看板45街灯にも祇園祭の山車のオブジェ6芋アイスの幟にそそられます7川の北側です8こちらは南側9和紙の並木屋さん10和雑貨の中村屋1112鰻のちよ福さん13伊能忠敬さんの家もこの並びでした何気なく...上総水郷佐原の街並み

  • 上総佐原 水郷の街

    お早うございます、信です。昨日、天気が良かったので、朝方NHKでやっていた千葉上総の佐原に行ってきました。電車に揺られて約二時間、成田から乗り換えてさらに30分の電車旅でした。別に何か見たいものがあってのことではありませんが、小春日和の小さな旅を楽しんできました。でも何となく、自分のやりたいこと、撮りたい景色はこれだったかと自分を問いただしてしまう感じがしました。この大寒の中、雪の三百名山を目指し、見事に登頂せしめたはりさんの勇気と行動力に、惜しみない拍手を送りたいと思います。私も頑張らねば。。という訳で昨日10時前に家を出て、宇都宮線-常磐線-成田線と乗り継いで約二時間半千葉上総佐原駅です1この町がどんな街なのか端的に分かる構造です2古い街並みへ行く途中3小見川の橋上を往く四季島45まさかこんなところで出会う...上総佐原水郷の街

  • 宝登山で小さな春

    お早うございます、信です。今朝は朝焼けが綺麗に出て、西の空に綺麗な月の輝く、快晴の朝になりました。大陸性高気圧が大きく張り出して、北アルプスも荘厳な美しい姿を見せていることでしょう。少し前なら迷わず、朝一の新幹線に飛び乗って、信州の大自然に浸ったものでしたが、今はじっと我慢の週末です。サンデー毎日になって1ヵ月が過ぎました。この1ヵ月で登った山は御坂山系・鬼ヶ岳(雪頭ヶ岳)と房総・鋸山、そして宝登山くらいです。一応、目標としてきた2万歩/日はクリア出来ています。歩く時間は平均3時間/日程度でしょうか。でも出掛ける意識が大きく変わりました。コロナ禍の影響もありますが「いつでも行ける」という意識から、逆に「今行かなければ」という気持ちが薄れ随分と絶景を撮り逃しているように思えます。1ヵ月経った今、もう一度なぜ勤めを...宝登山で小さな春

  • 宝登山 蠟梅園から

    お早うございます、信です。いつもこの一行目に何を書くか悩んでしまって、この一行に1時間以上かかることがあります。とりあえず一行目が書けると、不思議にあとはスラスラと言葉が浮かんできて、前へ進むことが出来るようになります。いずれにしても大したことは書いていないのですが、その時節で思ったこと、感じたことをを自分なりに表現しておくことは、大切な作業だと思っています。ただこのところ本を読まなくなった故か、いつも思い浮かぶ文章の選択肢が、非常に少なく、貧相になってきたような気がします。文章を書くことを、もう一度勉強し直した方が良いかも知れません。巷では今日から、まん延防止重点措置の発出期間に入ります。また越境して信州に行きにくくなりました。さて18日の秩父長瀞・宝登山山頂の蠟梅園です。青空に黄色の蠟梅の花が映えます123...宝登山蠟梅園から

  • 宝登山山頂から

    お早うございます、信です。季節は進み1月睦月は大寒の初候、第七十候款冬華(ふきのはなさく)になりました。雪がまだ残る地面からぽつりぽつりと顔を出す蕗の花は、待ちこがれた春の訪れの象徴です。花とそれを支える茎の部分は「蕗の薹」とも呼ばれ、日本特産の野菜として、しゃきっとした歯ごたえやほろ苦さ、高い香りが好まれてきました。蕗の薹を天ぷらにしたり刻んで味噌と和えた蕗味噌などにしていただくと、なんだか春の味覚をいち早く日々の暮らしに取り込めた気分になれそうですね。(くらしの暦より)いよいよ全国の新規感染は4万を超え、13都県でのまん防重点措置が明日21日から、とりあえず2月13日(24日間)まで発出されることになりました。バレンタインデーの前日にしたのは、製菓業界への遠慮か、何か意図があってのことなのでしょうか?うちの...宝登山山頂から

  • 長瀞アルプスを歩く

    お早うございます、信です。いよいよ全国で3万人/日を超え、このままでは5万人/日になるのは時間の問題となりました。一気に13都県にまん延防止重点措置が明日、発出されるようで先に出された沖縄・山口・広島を入れて16都県が行動制限区域となります。程なく大阪を中心とした近畿圏も、発出されることになるでしょう。まったく昨年と同じような経緯を辿っているように思えますが、相手はオミクロン株であり、我々は既に2回ワクチン接種をしており、戦い方は大きく違っています。今回は我々の方にやや分があり、2回のワクチン接種により重症化はし難いようです。それでも感染力は強く、この第六波がピークアウトするまでに、いったい何万人が感染することでしょう。やはり家で大人しくしているしか、防御方法は無いのでしょうか。昨日は大寒の冷たい北風が吹き荒れ...長瀞アルプスを歩く

  • 北本自然園のルリビタキ

    お早うございます、信です。昨日は久しぶりに秩父の山へ登ろうと、勇んで家を出たのですが、熊谷で秩父線が運転見合わせ。宇都宮線も高崎線も遅れており、これは京浜東北線での踏切安全確認の故だったのですが、秩父線は何と簡易踏切で軽自動車と衝突事故。まったく復旧する気配が無いので、秩父行きはキャンセルして荒川の土手を歩いて吹上まで戻り、そのまま高崎線で帰ってきました。山へ行くのは見合わせろ、とのサインだったかも知れません。山も朝のうちは穏やかでしたが、午後は風が出て荒れたようでした。さて北本自然園の2回目ですが、ちょうど1年前にも同じような記事を書いていました。やはりこの時期はウォーキング+バードウォッチしか無かったのかな。メダカのT字路の湿地で、またキセキレイと会いました1胸の黄色が綺麗です2切れ長な目でした3またジョビ...北本自然園のルリビタキ

  • 北本自然観察公園にて

    お早うございます、信です。昨日朝、南太平洋トンガでの海底火山の大噴火で、津波警報が発出されており、記事を書いてからテレビを点けてビックリしました。人生長く生きていると色んなことがありますが、自然災害の中でも稀な事例と云って良いでしょう。一昨日の午後に噴火が発生し、夕方には気象庁が「潮位変化はあるが津波はない」と発表していただけに、余計ビックリしました。昨日は大学センター入試の2日目で、①コロナ禍、②東大切り付け事件、そしてこの③津波警報・注意報と大変なことが重なりましたが今年は雪も多く、受験生は無事、集中して日ごろの成果を発揮出来たか、結果が気になるところでしょう。さて今日の話題は北本自然観察園でのバードウォッチです。先日、ちらりと書きましたが、中古のテレコン1.4Eを仕入れました。TAMRONSP150-60...北本自然観察公園にて

  • 春の足音

    お早うございます、信です。季節は進み1月睦月は小寒の末候、第六十九候雉始雊(きじはじめてなく)になりました。次はいよいよ二十四節の最終、大寒です。寒いピークですが、これを越えれば立春です。オミクロン旋風のコロナ禍も、時が来ればブースター接種を受けて、春が来ればピークアウトしていくでしょう。サンデー毎日になった今年は、どんな春を迎えるのか楽しみで仕方がありません。そんな期待も込めて先日の雪の朝に戻ります。市民の森の入り口の1大きな蠟梅の木です2もうかなり咲き出しました3こちらは紫陽花4日当たりの良い、この青菜の畑の雪はもう、溶けかかっています56市民の森に戻ってミツバツツジです7早春に綺麗な紫色の花で楽しませてくれます8春が来るのをじっと待っています9センターのメタセコイヤ10豊かな青葉が繁るのは春本番の季11雪...春の足音

  • 雪景色の街角

    お早うございます、信です。寒さとともに新規感染者数が倍増していきますが、昨日はからっ風が冷たい一日でした。寒さとともに、新規感染者数もピークアウトしてくれれば嬉しいですが、今回のオミクロンの波は、どこまで上がってピークアウトするのか見当もつきません。それでも電車に乗ると、マスクをしていないオッサンがいたり、顎まで下げて大声で話すオッサンがいたりと、一度弛んだタガを締め戻すには時間がかかりそうです。こんな暗い話題を、何年続けて書けば良いのだろう。今年こそはコロナの暗いトンネルを抜けて、好きな場所へいつでも行けると思ったのに。さて今日はネタも無くなって、ご近所のウォーキング・コースから1月7日、前日降った雪が雪化粧で残っていた時間帯1いつもの散歩道が2素晴らしい被写体になりました3C-PLフィルター効果も抜群です4...雪景色の街角

  • 鯛の浦遊覧船に乗る

    お早うございます、信です。辛うじて昨日は新規感染者2万人まではいかず、18,860人までとなりましたが、倍増の勢いはまったく止まっていません。これはいったいどういうことなのか。2回のワクチン接種が全人口の7割を超え、ようやく普通の生活まで戻ろうとしていたのに。結局ワクチンなど何の効果も無かったかのように、昨年の年初と同じような状況が続く今日この頃。こんなことを毎年繰り返すのが、WithCORONAという忌まわしい時代なのか。どうにも納得できない、腑に落ちない感じがします。さて長く綴ってきた正月の房総紀行の完結です。安房小湊・鯛の浦で遊覧船に乗ることにしました1遊歩道にあったものと同じでした乗船料は¥1,400/人で、約25分とありました2しばらく待って出航です3こちらは小湊ホテル吉夢泊まった人は良い夢が見られた...鯛の浦遊覧船に乗る

  • 亀岩の洞窟

    お早うございます、信です。厳しい冬型の気圧配置で、特に北海道は二ツ玉低気圧が重なり、猛烈な爆弾低気圧になっているようです。そんな日本中を嵐が吹き荒れるように、オミクロン株の猛威も本格的に、その感染力の強さが表立ってきました。昨日の新規感染者は前日の倍で、一気に全国で13,000人を超えました。あの危険なウィルスであるデルタ株を、一気に食べつくし、さらに倍増していく勢いです。まったくウィルスの世代変わりとは、理論的にはどういうことが起こっているのでしょうか?よく分かりません。いずれにしても、また暫くは家族のことを考えれば、大人しくしている以外にないようです。さて1月3日の房総紀行に戻ります。安房神社を出て北に進路を取り、館山から君津に向かう途中市の境の山中です1駐車場からこんな山の中を、5分ほど歩くと2それは急に...亀岩の洞窟

  • 安房神社から野鳥の森へ

    お早うございます、信です。昨日は1日冷たい雨でしたが、今朝は雲の欠片ひとつ見当たらない快晴になりました。実は久しぶりにカメラ道具を買い足しました。NikonテレコンバーターAF-STELECONVERTERTC-14EIIITC14E3を、中古ではありますが大枚5万をはたいて買い上げました。勿論、バードフォッチイングのクオリティ向上のためですが、何とTAMRONSP150-600mmとは物理的に合わず、装着出来ないことが判明。いろいろネットを調べて、やはり蛇の道はへびで金具を削って装着可能との記事を見つけ、昨日、半日かけて件の金具を削り、無事装着出来るようになりました。一応、試し撮りは成功しましたが、600*1.4の840mmでの小鳥撮影を、そのうちに実施したいと考えています。さて房総紀行に戻りますが、明けて1...安房神社から野鳥の森へ

  • 南房総 白浜の夕日

    お早うございます、信です。連休が終わって成人の日も開けて、ようやく正月気分から抜けたという感じでしょうか。今年は人と会う機会が激減して、あまり酒を飲みませんでした。あっと云う間に酒が弱くなるような気がしますが、それはそれで年相応で致し方なしということでしょうか。房総への正月旅行も4回目になりました。そろそろ区切りをつけて、次のネタに行かねばなりませんが、肝心の次のネタがありません。野島埼灯台から降りて1海岸線を歩きます。南房総・白浜のリゾート・マンション、ホテルが連なります2この向こうは太平洋3日が傾いて伊豆大島の左手です4同じような時間調整の家族連れが多かった5海岸線の岩の上にベンチがありました6そろそろホテルに向かいましょう7これは葛西臨海公園で見た磯菊(イソギク)です8漁船もそろそろ潮時でしょうか9浸食さ...南房総白浜の夕日

  • 館山城より

    お早うございます、信です。季節は進み1月睦月は小寒の次候、第六十八候水泉動(しみずあたたかをふくむ)になりました。一年でいちばん寒さの厳しい時期に向かい、人々も背をちぢこめて歩く姿が目立ちます。そうした中、地中では陽気が生じ、凍った泉では水が少しずつ動き始める、そんな様子を表す言葉です。目にはみえないけれども、自然界では少しずつ春に向かって変化が起きていることを見逃さない、先人の確かな観察眼を感じ取ることができます。(くらしの暦より)今日は成人の日です。新成人となる人は全国で120万人だそうです。1970年には246万人ですから、半数以下になってしまった訳で、数倍以上の世代の老後の年金を背負って頂く世代です。まったく本人たちには踏んだり蹴ったりで、同期と会うことすら制限される、とんでもない時代になってしまいまし...館山城より

  • 鋸山 地獄のぞき

    お早うございます、信です。昨日も快晴の良い天気で、小春日和の穏やかな一日でした。お天気に誘われて、小江戸川越の七福神巡りをしてきましたが、観光名所では若い人も多く混雑していました。うなぎ上りになった第六波の状況を考えると、混みあった場所での長居は無用で、なるべくスルーして廻ってきました。改めて1年前の記事を見てみると、第三波の渦中でほぼ同じようなことを書いていした。既に沖縄・山口・広島はまん延防止等重点措置が適用されています。皆さん、お気をつけ下さい。さて1月2日の千葉・房総半島鋸南町の鋸山に戻ります。展望台からの東京湾浦賀水道です1浜金谷港に東京湾フェリーが、着船したばかりのようです2眼下に館山自動車道と、北側の眺め3こちらは南側、保田港です4南房総の最高峰富山です5改めて眼下の館山自動車道。植生が独特な感じ...鋸山地獄のぞき

  • 海ほたるから

    お早うございます、信です。昨日は前日の雪がバリバリに凍り、ウォーキングに出ても、あちこちでペンギン歩きを強いられました。東京だけで390人を超える人たちが、転倒等で救急車で運ばれました。私の最寄りの近郊電車も、始発こそ通常運転でしたが信号機故障や、ポイント確認等々で遅延し、最大で1時間を超える遅れが出ていました。雪国の人から笑われるほど、やはり首都圏は雪に対して無防備なのです。連休明けにまた南岸低気圧が発生して、雪の予報が出ており盛んに「テレワークで」を連呼しています。さて今日から年明けに家族で行った千葉・南房総の旅を綴っていきたいと思います。旅の初めはここから1まるで東京湾フェリーの船上のようですが海ほたるSAです2来た方向右手に、筑波山がくっきりと見えます3舟の向こうに三角のアクアライン風の塔が見えます。ア...海ほたるから

  • 鬼ヶ岳を下る

    お早うございます、信です。昨日、関東は久しぶりに雪が降りました。東京では4年ぶりに大雪警報が出て、7cmほど積もったようです。日本海側の雪深い地方の人から見ると、まったく滑稽な話ですが、首都圏は雪に対する備えが無いため、5cmも積もるとパニックになります。昨日の午後のご近所ですaここでこれだけ、まとまった雪を見るのも久しぶりですb昨夜は高崎繊に遅れが出ていましたが、JRの職員が頑張って、今日は常磐線・武蔵野線以外はほぼ通常運転のようです。これだけの雪で-5℃まで落ちたのですから、夜を徹した準備が行われたのでしょう。頭が下がります。さて正月元旦から続けてきた山梨・富士山シリーズですが今日で完結です。根場から登った雪頭ヶ岳1富士山と西湖を眺め直して2ブナの森を下ります3この雪の斜面は怖かった4急な脆い岩場も5しばら...鬼ヶ岳を下る

  • 雪頭ヶ岳(せっとうがたけ)山頂から

    お早うございます、信です。昨日から爆発的に新規感染者が倍増し、全国で2,638人のコロナ感染が確認されまました。特に沖縄が一気に600人を超え、東京でも390人を超えました。オミクロン株の市中感染が始まり、一気に倍増しており第六波が始まったのは疑いようがありません。人混みに出掛けるのも程ほどにして、とにかく三密は避けないといけません。感染予防を徹底しながら、健康維持に努めたいと思います。さて12月29日の富士五湖・西湖の畔の登山の続きです。前回「鬼ヶ岳に登る」と書いておいて雪頭ヶ岳とはどういうこと?と思われるかも知れませんが、鬼ヶ岳ピークの手前に雪頭ヶ岳があります。前回記事の東入川砂防堰堤の右手に出ます1高さ14.5m、幅99mの超大型堰堤です根場は土石流で悲しい物語があるのです。大きな目印があって、迷うことな...雪頭ヶ岳(せっとうがたけ)山頂から

  • 鬼ヶ岳に登る

    お早うございます、信です。季節は進み正月睦月は小雪の初候、第六十七候芹乃栄(せりすなわちさかう)になりました。我が家では元旦に、セリがたっぷり入ったお雑煮を食べました。昨日は千葉から帰って、少し歩き怠けた体を絞るために、またいつも通りのウォーキングで27千歩、19.5km歩きました。アップダウンが無くて、山歩きのトレーニングにはなりませんが、とりあえず足腰鍛錬のベースになると信じています。これは前にもご紹介しましたが、29日の朝、河口湖町のホテルから1キーンと放射冷却の朝でした2朝8:00出掛けようとしたら、レンタカーの窓が完全氷結。霜取り用の水を掛けたら、さらに酷いことに3結局30分ほどヒーターを焚きました。道の駅なるさわにて4人知を超えた迫力です5この山はいつ登ろうか6傘雲になりそうでしたが隣の芝生では少年...鬼ヶ岳に登る

  • Swan Lakeと富士山

    お早うございます、信です。昨夜無事に千葉から戻りましたが、さすがに都内へのUターン渋滞に捕まって、帰宅までかなり時間がかかりました。お天気は2日の朝がやや曇天でしたが、お昼ごろには青空が広がり、そのまま3日も良いお天気で過ごせました。海に山にと山梨とは、また一味違った絵が撮れたと思っています。富士山シリーズの後、お送りしたいと思います。さてその富士山シリーズでに戻ります。天上山の展望台から御坂山系の黒岳1これもそのうちに登りたいと思います。ロープウェイ駅に戻ります2眼下の河口湖町3再び展望台からの富士山4左裾・富士吉田の街並み5右裾・河口湖町6手軽に登って楽しめる天上山でした7週末は激混みになることでしょう。車をしばらく東へ走らせて山中湖です8丘の上にはホテルマウント富士。今回宿泊は断念しましたが、一度泊まって...SwanLakeと富士山

  • 天上山からの富士山

    お早うございます、信です。今日は予定では、今ごろ東京湾を横切っているハズです。息子家族と千葉に一泊旅行に行ってきます。感染防止対策を徹底して行ってきたいと思います。さて12月28日の河口湖・富士山紀行です。河口湖の富士大石ハナテラスから1素晴らしい眺望でした2少し場所を移動して3鵜の島を過ぎた辺り4とても美しい富士でした5湖を周回して6ちょうど黒岳が真正面で車を停めました7天上山(カチカチ山)ロープウェイに乗りました8標高差220mを3分で上がります9眼下には富士吉田の街並み10河口湖越しに御坂山系・黒岳11こちら側には白銀の南アルプス12展望台には何故か武田菱の弾幕1314すぐ下に富士急ハイランドの目玉「FUJIYAMA」15さらに上に上がって16天上山の頂きを目指します17今日は天空ブランコは休止です18さ...天上山からの富士山

  • 天晴れな富士山

    明けましておめでとうございます。信です。今年もしっかり撮り歩いて、信州の山景を中心にマイペースで綴っていきたいと思います。よろしくお願いします。暦は正月睦月ですが、季節はまだ冬至の末候です。昨日は冷たい北風が骨まで沁みる、寒い大晦日でした。昨年はコロナ禍で明け暮れた一年でしたが、やっと落ち着いたと思ったら15番目の変異種オミクロンが現れ、新年早々この変異種への対応が、目下の国を挙げての一大事です。世界の全人類にワクチンが隈なく配布され、その7割以上が接種するまでは延々と続く闘いになりそうです。そうは云っても明日からは、千葉の海岸で家族パーティをしめやかに執り行ってきます。さて2022年寅年の最初の記事は、年末に行った山梨・富士山紀行です。しばらくネタ切れになるまで綴っていこうと思います。行ったのは12月28日、...天晴れな富士山

  • 北本自然園のカシラダカ

    お早うございます、信です。季節は進み師走12月は大晦日、冬至の末候第六十六候雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる)になりました。泣いても笑っても令和3年、2021年は今日で終わりです。明日からは令和4年、2022年を迎えます。今年も色んなことがありました。お世話になった方は数知れず。感謝、感謝です。そのことを一つ一つ噛みしめながら、除夜の鐘の音を聞きたいと思います。山梨・富士山シリーズはそのまま年明けのネタとします。ということで今日は北本自然園のバードウォッチの続きです。めだかのT字路の湿地で愛嬌を振りまくジョビ♀ちゃん1いつも良い表情を魅せてくれます2石戸の蒲桜へ行く通路でアオジ3ルリビタキが出るというので、粘ってみましたが4この日はお会い出来ませんでした。湿地帯のヨシの繁みに5カシラダカです6今、一番多い冬鳥か...北本自然園のカシラダカ

  • 師走の北本自然園

    お早うございます、信です。昨日、山梨から戻りました。概ね天気も良く、富士山も綺麗に見ることが出来ました。念願の西湖の近くの山にも登れたので、新年い相応しい絵が撮れたと思います。先日からの寒気が続いています。北海道・日本海地方、近畿は歴史的な大雪となって、雪すかし・・雪かき作業が大変だと思います。お見舞い申し上げます。私の故郷は兄と会話をしましたが、それほど積雪は無いと云っていました。さて12月25日の北本自然観察公園です。昨年はコロナ禍でずっと観察センターは閉館でしたが、今年は開館していました。暖を取るにも、お手洗いにも、やはりセンターが開いていると安心します。中に入ってセンター横を奥に入っていって、この日最初に会ったのは良い声で鳴くシメでした1まったくあの仏頂面に似合わず、本当に可愛い綺麗な声です。メダカのT...師走の北本自然園

  • 今年の立山旅(2)奥大日岳 ~劔の展望台~

    お早うございます、信です。季節は進み12月師走は冬至の次候、第六十五候麋角解(さわしかのつのおつる)になりました。日本海側、そして近畿・東海の大雪が大変なことになっていますが、ちょっとばかり旅に行ってきます。今回は信州ではなく山をひとつ隔てた、甲州へ富士山を撮りに行ってきます。毎年恒例の冬旅ですが、今回の大雪とオミクロンで飛行機に乗る気はしません。また釧路の丹頂鶴はお預けになりそうです。今日は今年の立山旅3日目、奥大日岳です。AM5:30にテン場を出ます1キャンプ場に隣接した称名川を渡ります2昨日登った浄土山3室堂乗越までのお花畑の斜面4都合上、あまり載せませんが実にポテンシャルの高いお花畑です5前日、温泉に入れてもらったロッジ立山連峰6新室堂乗越からの奥大日7稜線に出て、少し別山側に行ったところからの眺めです...今年の立山旅(2)奥大日岳~劔の展望台~

  • 今年の立山旅

    お早うございます、信です。ネタが無くなって、北本自然園の現像作業もまだ終わっていません。今朝は寒さ厳しく布団から出る気がしませんでした。近畿・日本海側は凄い雪です。秋田・青森・北海道は猛吹雪です。青森・酸ヶ湯では積雪189cm、秋田・肘折で122cm、新潟・津南で91cmほとんどがこの2日間で降った雪の両です。大変な週末になりましたが、まだ雪は峠を越えていないようです。さて今日・明日は今年の山旅から立山です。行ったのは8月の始めでしたが、昨年は雨で1泊で撤退したため、そのリベンジを兼ねてのテン泊徘徊でした。夕方、雲が収まって19時過ぎの雄山1夕焼けショーの始まりかと思いましたが2残念ながらこの日は綺麗に焼けてくれませんでした3翌朝5:304みくりが池を越えて5この日は浄土山を登ります6立山室堂のお花畑7室堂山へ...今年の立山旅

  • 栃木岩舟町 三毳山で遊ぶ

    お早うございます、信です。日本列島全体が雪雲に包まれたかのように、大雪が降り積もっています。それがまったく想像出来ないほど、関東は快晴で一面の青空の朝を迎えました。今日も風が強く、骨身に染みる北風が吹きつけそうです。昨日、一年ぶりに北本自然観察公園に行って見ました。めだかのT字路の湿地でジョビちゃんは相変わらず元気でした1クリクリした目で2こちらを楽しませてくれます3さて21日のみかも山公園に戻ります4北側は荒れていました5日光連山は雲の中です6中世の砦を思わせる作り7富士見台でした8天狗岩の前に鎮座する琴平神社9下る途中に見えた・・ハチの巣でしょうか1011山に上がると、日の傾きが早く感じます12東の空に霞む筑波山でした13そろそろ年明け前に、甲州へ富士山を撮りに行きたいと思っています。撮影日:12月21日撮...栃木岩舟町三毳山で遊ぶ

  • みかも山を登る

    お早うございます、信です。雨上りの朝になりました。空は一面の雲で覆われ、まだ薄暗い朝です。昨日はX'masイブでしたが、何を祝うでもなく普通に過ごす夜になりました。午後のお八つでセブンイレブンで買ったケーキを食べましたが、山崎製パンの既製品でした。年末恒例の大掃除で和室の障子替えをしましたが、実に4年ぶりの大仕事でした。最近の障子紙は非常に丈夫になっており、一般的な新聞紙の4倍の強度とされています。私が買ったのはパルプ60%、化学繊維・ビニロンバインダー・蛍光剤配合40%という製品で、島忠で¥1,100でした。その代わり長さは3.6mしかなく、障子1組にしか使えません。次回はプラ部分を減らして2倍強度のものとし、長さ7.2mで¥780くらいのものにしようと思います。今後は時間もあるので、手を抜かず2年ごとに貼り...みかも山を登る

  • 熊谷 ひろせ野鳥の森 ウォーキング

    お早うございます、信です。この週末は寒波厳しいホワイトクリスマスになりそうです。美しいホワイトクリスマスなら良いですが、ドカ雪で家路に辿り着けない、立ち往生なんてことにならないようお気をつけ下さい。一昨年の正月旅行での信州飯綱の、地獄の雪道立ち往生が思い出されます。先日20日に行った会社事務所の19Fから。もう入れなくなってしまうので、この景色を撮り納め1相変わらず富士山の眺望は抜群でした218日の土曜日、久しぶりに熊谷ひろせ野鳥の森へ。いつもの池に行ってみると3シロハラですね4他の小鳥たちは出て来ません5少し歩いてみるとエナガ6メジロ7コゲラくん8また池に戻ってメジロ910良く見るといつもの倍くらいの水嵩11降りてくるのはヒヨドリばかり12常連さんによると前日までの雨で池の水嵩が増し、岸辺のスペースが無いので...熊谷ひろせ野鳥の森ウォーキング

  • 羽田ビッグバードの夕日

    お早うございます、信です。季節は進み師走12月は冬至の初候、第六十四候乃東生(なつかれくさしょうず)になりました。いよいよ大阪で、オミクロン株の市中感染が見つかりました。これはもう既に時間の問題で、空港の検疫での水際対策も、限界が生じたということでしょう。菅さんの時もデルタ株での水際対策を問われましたが、岸田さんのオミクロン対策も結果的には約3週間での市中感染発生となりました。グローバルな現代では、徹底的な水際対策も水も漏らさぬ・・とはいかないのでしょう。他ならぬ我々自身が、そういう社会を作り上げてきたのです。この上はあの「自粛」という、やや暗いイメージの予防対策を徹底していくことが、個人に求められる一番有効な対策なのでしょう。全世界がワクチンを共有し、世界人口の7割がワクチン接種するまで、新たな変異株との戦い...羽田ビッグバードの夕日

  • 東京港野鳥公園のノスリ

    お早うございます、信です。昨日は久しぶりに栃木岩舟の三毳山に出掛けましたが、東側のカタクリの観察台工事中で思うように歩けませんでした。それでも中岳頂上(210m)に出て、山頂広場でお握りを頬張ってちょっぴり里山散策を楽しめました。観察台の修復工事で、来年の春のカタクリがまた楽しみになりました。さて11日の東京港野鳥公園の続きです。昼下がりの鳥たちは昼寝の時間でしょうか。目の前を滑るように飛ぶ白鷺1こちらは青鷺2日が湖面に反射して撮るのが難しい3こう見るとまさしくアオサギです4こちらにはコサギ5ふ頭の雑木林の端っこに6ノスリのようです7鋭い眼をしていました8こちらにはカワウ910セグロセキレイか11カワウの傍で12これはイソシギか13長い嘴を器用に使っています1415また羽田からのビッグバード16時刻、風向きによ...東京港野鳥公園のノスリ

  • 東京港野鳥公園の翡翠

    お早うございます、信です。ようやく念願のサンデー毎日に入りました。昨日は退職に伴う提出書類を封印し、会社にセキュリティカードと、社給スマホを返して郵便局で書類を投函してきました。事務所に寄ろうかなと考えていたのですが、入室用のセキュリティカードを封印してしまったため、事務所にも寄らずに終わってしまいました。退職の挨拶はテレワークと、大勢の人にeメールで御礼を述べたのみとなりました。そういうご時世とは云え、FacetoFaceでお礼の挨拶が出来ないのも寂しいものです。さて今日は先日(12/11)行った東京港野鳥公園です。久しぶりに浜松町まで遠征し、モノレールで流通センターで下車、歩いて15分くらいです。入場料¥300を払って、中に入ると1思ったより木々の多さに驚きます。名残の紅葉もありました2奥のゾーンに行く、い...東京港野鳥公園の翡翠

  • 谷中湖の夕日

    お早うございます、信です。早くも12月20日を迎えました。サラリーマン最後の日になりました。明日からはサンデー毎日です。有効な時間の使い方をしなければ・・と焦るような気持ちです。エンディング・ノートを買って、ボチボチと書きつけていますが、意外と調べなければならない項目が多く、面倒になって棚上げにしています。まあボチボチやれば良いでしょう。さて12月5日の渡良瀬遊水地です。時刻はPM15:30ですが、既に日は傾きややオレンジ色になってきました。そろそろ帰りましょう1葉っぱが全て落ちた裸木もちらほら2こんなに足が長くなります3PM16:08日が落ちかけます45PM16:16落ちかけると早いです6もう半分隠れました7PM16:1989PM16:20沈みました10マジックアワーの谷中湖。左手に赤城山11中ノ島です12東...谷中湖の夕日

  • 師走の渡良瀬遊水地

    お早うございます、信です。慌ただしい師走の週末、今日も良い天気の朝です。昨日は熊谷ひろせ野鳥の森を歩きましたが、収穫は殆ど無し。ただの公園ウォーキングになりました。前日までの雨で池の水嵩が上がり、小鳥たちが寄り付かない状況になっていました。カメラマンもほとんど見かけませんでした。さて先日12月5日に歩いた、渡良瀬遊水地です。この日は栗橋から東武日光線に乗り換え、板倉東洋大前から歩きました。中央エントランスから入ります1先日登った、東の筑波山と白鷺270mmなのでここまでが精一杯です3優雅な姿でした4谷田川橋から上流側5北の日光連山6真ん中の真っ白な山は日光白根山です7群馬の袈裟丸山から、皇海山までの稜線8こちらは東側の湖面。古河の街の方角です9中ノ島です10水鳥を熱心に観察する人11北側の子供広場に入りました1...師走の渡良瀬遊水地

  • 2021 思い出の稜線 黒部源流

    お早うございます、信です。昨日のシトシトした雨が嘘のように、青空眩しい快晴の朝を迎えました。まったくの山日和な土曜日です。さて今年9月の初秋の北アルプス漫遊総集編を綴っています。ちらと振り返るつもりでしたが、悪ノリして長くなりました。水晶岳山頂でレンズをAF-SNIKKOR28-300mmに換装1湖面が蒼い黒部湖2ややガスが湧いた白馬岳3振り向けば飛騨の名峰笠ヶ岳4その左手に乗鞍、御嶽山と並びます5そして憧れのヤリホ6少し逆光で大迫力の質感でした7常念と大天井が並ぶ表銀座。右端に半身の富士山8野口五郎右肩に浅間山9昨年登った黒部五郎10次回はここでテン泊3日か雲ノ平。右手に降りて高天原の温泉にも入りたい11目の先には母なる薬師岳12錫杖さんが歩いた読売新道。足が棒になりそうです13さてそろそろ下ります14広い山...2021思い出の稜線黒部源流

  • 2021 思い出の稜線 水晶岳

    お早うございます、信です。季節は進み12月師走は大雪の末候、第六十三候鱖魚群(さけのうおむらがる)になりました。関東も小雨上がりの、どんよりとした一面の雲が覆う朝になりましたが、日本海側はこれから明日にかけて大雪が予想されています。そして間もなく冬至を迎え、それを越せばだんだんと日が長くなっていきます。さて今年9月の初秋の北アルプス漫遊記総集編を綴っています。ちらと振り返るつもりでしたが、悪ノリしてまたベタベタ日記です。鷲羽岳を越えて稜線を北へ1今日歩く稜線がくっきり2まずはワリモの岩稜3鷲羽からの鞍部で4ワリモ岩稜直下で振り返る5鷲羽岳はこっちから見ても男前。6頂上通過です7左手に薬師岳が大きく8行く先は快晴です9このザックの主は?やっぱり水晶岳でしょうか。祖父岳からも上がってきます10あの一番高いところが水...2021思い出の稜線水晶岳

  • 思い出の稜線 鷲羽岳

    お早うございます、信です。昨日は朝方は雲が多い曇天でしたが、みるみるうちに雲が飛んで、小春日和の快晴の一日になりました。今朝も快晴は続いていますが、放射冷却でキーンと冷えた朝です。今年の山歩きを振り返っています。9月初秋の北アルプスです。双六岳から三俣蓮華岳に稜線をつたって移動します。数年前に歩いた道ですが・・すっかり忘れて「こんなに登るんだっけ」1思わず歩いてきた道を振り返ります2山道具をコンパクトに纏めた若者。いったい何日、山にいたんだろう3三俣蓮華岳とうちゃこ。もうワンワンとガスが上がってました4そのまま三俣山荘でテン場の受付5ナナカマドが良い色でした6放射冷却で冷え込んだ朝が明けて7皆さん帰り支度ですが、私は鷲羽岳へ8モルゲンに染まる三俣蓮華9北アルプスの男前鷲羽岳を登ります10この山の前景は、まったく...思い出の稜線鷲羽岳

  • 思い出の稜線から

    お早うございます、信です。そう云えば季節は12月師走は大雪の次候、第六十二候熊蟄穴(くまあなにこもる)になっていました。いよいよ私のサラリーマン生活を、ピリオドを打つことにしましたが、今週いっぱいで終わりです。まだまだ先だと思っていたのが、あっと云う間に最後の日を迎えそうです。とりあえず、次のネタに行く前に今年の山歩きを振り返ります。そんなに振り返れるほど、沢山は登っていませんが、9月初秋の北アルプスです。今年も新穂高・中尾温泉に前泊して贅沢な山歩きとなりました。9月19日雨上りの快晴の日曜日、左俣林道から入山しました1私にとっては久しぶりの小池新道です。賑やかな秩父沢でした2イタドリヶ原で振り返ると乗鞍・御嶽が送ってくれました3鏡平で一休み。鏡池は風で水面が揺れました4絶景を楽しみました56鏡平山荘は増築工事...思い出の稜線から

  • 軽井沢 野鳥の森でルリビタキ

    お早うございます、信です。昨日は北風が身に沁みる一日でしたが、今日はさらに冷たい雨が加わります。12月4日の軽井沢野鳥の森です。中西悟堂ゆかりの国設の森軽井沢野鳥の森は、標高950mから1100mに位置する高原の森です。広さは約100ha。このうちの半分ほどに約3kmの遊歩道が設置されています。日本野鳥の会の創設者である中西悟堂(なかにしごどう/1895~1984年)が、軽井沢・星野の地を「日本三大野鳥生息地」と呼び、星野嘉助による野鳥の保護活動が行われていたことなどから、1974年に環境省(当時は環境庁)により、国設野鳥の森に指定されました。星野嘉助:星野温泉(現・星野リゾート)の2代目経営者。中西悟堂を師と仰ぎ、野鳥の保護活動に力を尽くした。この日の浅間山は一日、荒れていました1バードウォッチングのベストシ...軽井沢野鳥の森でルリビタキ

  • 中軽井沢 野鳥の森

    お早うございます、信です。師走も10日が過ぎて、巷はさらに喧騒が増してきたような気がします。アメリカで発生した竜巻では、80人以上の犠牲者が数えられ、12月にしては異常なほどの高温であったことが要因として考えられるようです。振り返って日本では、昨日の午後も茨城南部での地震(震度4)で、首都圏の交通が一時的にマヒし、私も帰宅時にそのあおりを喰いました。地球温暖化対策は、我々が思っているよりもずっと深刻で、最早タイムアウトしているのかも知れません。さて今日は昨日に続いて鳥です。12月4日に行った中軽井沢の野鳥の森です。大宮から新幹線で軽井沢へ。4日は土曜日で軽井沢で7割方、降りたようです。しなの鉄道で1駅、中軽井沢で降りました。すごく立派な駅舎です1かつての中仙道沓掛宿から、明治43年に信越線沓掛駅として開業し、昭...中軽井沢野鳥の森

  • 六義園の白鷺

    お早うございます、信です。昨日は暖かく快晴の一日でした。羽田の展望デッキから、夕日で富士山のシルエットが綺麗に浮かび上がっていました。アメルカで大きな竜巻が発生し、南部から中西部の6州で大きな被害が報告されたようです。特にケンタッキー州メイフィールドでは、ろうそく工場が倒壊し、がれきで110人が下敷きになっているとのこと。一刻も早い救出を祈るばかりですが、改めて自然の猛威を思わずにはいられません。地球環境を壊した人間たちに、大自然が牙を剥いて襲ってきているような気がします。さて筑波山登山から、次の話題にいく前に一話。11月30日に歩いた東京駒込六義園から水香江(すいこうのえ)から剡渓流(ぜんけいりゅう)を歩く途中白鷺を見かけました1雄が雌を追いかけて2でも逃げられて3ひとりぼっちに4剡渓流の枝に佇みます567寂...六義園の白鷺

  • 晩秋の筑波山 女体山に登る

    お早うございます、信です。師走に入って2回目の週末です。今日は天気が良さそうですが、日曜から月曜にかけて、大寒気団が北からやって来そうです。公明党が先の衆院選の公約とした「子供たちへの支援」として、18歳以下の子供たちに対する10万円給付がモメています。5万円は現金で、あとの5万円はクーポンで、という税金を使うことを何とも思わない、財務省官僚が考え付いた愚策です。この施策の行方は、岸田内閣の命取りになりかねません。もう我が家には18歳以下の子供はいませんが、この内閣の志向・方向性が示される試金石になりそうです。さて12月2日の筑波山です。男体山から下って、御幸ヶ原を突っ切り反対側の女体山に向かいます。せきれい茶屋前の神棚です1せきれい石です2この岩の上に鶺鴒が停まって、男体山・女体山の神に府負の営みを教えたとい...晩秋の筑波山女体山に登る

  • 晩秋の筑波山に登る

    お早うございます、信です。丸二日間の長い雨が上がり、暗い曇天の朝ですが、今日はこれから晴れてくるようです。東京庭園シリーズを終わりにして、久しぶりに山です。12月2日に筑波山に登って来たので、その様子をレポします。毎年この師走に登っているので、お馴染みな絵ばかりですがお付き合い下さい。お休みをもらってWeekdayの2日、家を出たのは8時過ぎ。これも久しぶりのつくばエクスプレスに乗って、つくば駅AM10:00発のバスに間に合いました。モミジと神橋です1お馴染みガマの油ののぼり23三代将軍家光が寄贈した随神門です4これは1811年再建の四代目のようです5山の安全祈願をして出発です6ケーブルカー駅への階段78右手に折れて910筑波の森へ分け入ります1112今回も御幸コースです13しばらくは整備された階段を14そして...晩秋の筑波山に登る

  • 晩秋の筑波山 男体山に登る

    お早うございます、信です。さて12月2日の筑波山地残の様子です。今回も前回と同じ御幸ヶ原コースで登りましたmapケーブルカーの軌道の右手を登ってきましたが1どこかで潜るようです。大杉です2二本並んでいます2岩と大杉のゴルジュを越えると3男女川の源流です4恋ぞつもりて淵となりぬるそんな感覚、忘れちゃったなぁ感慨に耽っていると、足元は根っこ地獄5コケルと大怪我です6こんな場所です7稜線まであと500mこんな木が多く出て来ます。植生は豊かです89いよいよ稜線は間近です10スタジイか1112稜線直下は階段が続きます。相変わらずキツイ13登り始めから1時間半、稜線(御幸ヶ原)に到着です。北側の展望が広がって、日光山系、北の男体山です14その右手、那須の高原山から那須岳あたり1516こちらはすぐ北側の足尾山、加波山あたりで...晩秋の筑波山男体山に登る

  • 小石川後楽園 松原から音羽の滝

    お早うございます、信です。季節は進み11月霜月は大雪の初候、第六十一候閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)になりました。昨夜から降り出して、冷たい雨の朝になりました。そういえば先週から炬燵を出しました。温かくて一度入ると出たくなくなりますが、不思議なもので若い時ほどべったり潜り込むことはなくなりました。入ったまま動かないと、何となくボケそうな危機感が働くのかも知れません。さて今日も小石川後楽園の2回目です。内庭から戻って大泉水です1鳴門です2鳴門から望む大泉水3後楽園は外側に木々がなく、どうしてもビルが入ります。左手は住友不動産のファーストタワーだと思います。松原の紅葉です45大きな石灯籠でした6松原の先の紅葉です78緑との対比が良い感じでした9振り向くと白糸の滝10少し先に丸屋(まろや)です11案内から茅葺で栗の...小石川後楽園松原から音羽の滝

  • 小石川後楽園 黄門様のお庭から

    こんにちは、信です。今日は午後の投稿となりました。とりあえず六義園は終わりにして、小石川後楽園に移ります。駒込から地下鉄南北線に乗り、3つ目の後楽園で降ります。東京ドームの外側を廻り、南側に移動して西門(正門)から入ります1入口のモミジが印象的でした2入園料は同じ¥300です3このマップの右上が後楽園駅です。東京ドームのアルバイトセンター外側を廻って、南の西門(正門)から入りますmap正面、大泉水の向こうに東京ドームの屋根4こんな感じです入ってすぐ右手に西行堂跡。5藩祖頼房の時代、西行法師の木像を安置したお堂があったようです。残念ながら戦災で焼失しました。そのまま竜田川を北上し紅葉林へ67そのまま延段を上がり、木曽川を東上します8向こう側は白雲台です9寝覚の滝です。木曽川の寝覚ノ床を模したのでしょうか10昨年1...小石川後楽園黄門様のお庭から

  • 晩秋の六義園 水香江からつつじ茶屋へ

    お早うございます、信です。12月最初の週末も良く歩きました。土曜日は軽井沢・野鳥の森、昨日は渡良瀬遊水地で2日間で5万歩を超えました。距離にして約36.5kmくらいです。昨日も北関東は良いお天気でしたが、夕方富士山が雲に隠れていたのですが、案の定、今朝は雲が広がっています。きょうから2~3日天気が崩れるようです。さて今日も先月30日の東京・駒込六義園です。吹上峯を西に下って、そのまま北側に水香江(すいこうのえ)を歩きますmapライトアップの名所です今年もコロナ禍の影響で、ライトアップは2年連続で中止になっています。残念です1水香江の案内です23宵の群青にライトアップされドライアイスの雲海が、青い光で幻想的に煌めく景色を想像してみて下さい4北から吹上峯に上がる小径です56つつじ茶屋が見えてきました78回りのモミジ...晩秋の六義園水香江からつつじ茶屋へ

  • 晩秋の六義園 藤代峠から銀花亭跡へ

    お早うございます、信です。師走に入って初めての週末です。間もなくサンデー毎日で曜日の感覚も忘れるのでしょうか。昨日は関東は良いお天気で、久しぶりに軽井沢へバードウォッチに出掛けました。安中榛名まではまだ紅い葉をたたえていましたが、碓氷トンネルを越えると、世界が変ったかのように、悉く葉が落ちて軽井沢駅前のスキー場が営業していました。バードウォッチも一年ぶりの感覚で、ほとんど収穫はありませんでしたが、数羽、ベニマシコやホオジロなどを観察していました。浅間おろしの寒風が身に沁みた、師走の週末でした。さて11月30日の東京・駒込六義園の続きです。藤波橋を渡り、蛛道(ささがにのみち)を南に紀川の浜辺に出ます。この櫨(ハゼ)は渡月橋の先にあったもの1昨日はこれを左奥から狙ってました2六義園で最も高い藤代峠3さっそく登ります...晩秋の六義園藤代峠から銀花亭跡へ

  • 晩秋の東京駒込 六義園

    お早うございます、信です。今朝は寝坊しました。久しぶりに会社へ出て、若い人たちの元気に触れた影響かも知れません。やはり会社を盛り上げている、若い人たちが動く職場には活気があります。残念ながら、もう私はその風景の一部にはなれません。浮いた自分を感じて、早々に用事を済ませテレワークに復帰しました。11月30日にお休みをもらって、久しぶりに東京都内の駒込六義園に行ってきました。何しろコロナが始まって以来、都内は素通りしたことはあっても、電車で降りることはありませんでした。このブログの記録を見ると、前回訪問は2019/12/24(2年前のクリマスイブ)でした。私のブログに「コロナ」の文字が出るのは2020年2月の厳冬・上高地の巻ですから、まったくのコロナ禍の前夜でした。六義園南の正門から入って、内庭大門です1修学旅行の...晩秋の東京駒込六義園

  • 近所のウォーキング

    お早うございます、信です。季節は進み11月霜月は小雪の末候、第六十候橘始黄(たちばなはじめてきばむ)になりました。柑橘類の木は身近には無いので、テレワーク後のウォーキングで見てみることにしましょう。昨日は休みをもらって、久しぶりに木枯らしの筑波山に登ってきました。歩くことは毎日のウォーキングに鍛え、筋肉は維持しているつもりですが、登る筋肉は鍛えられません。今の状態を知るに、とても良いトレーニングになりました。いよいよネタが無いので、今朝はこの週末に歩いた近所のスナップです。私のiPhone12で撮ったもので、画質はイマイチですがお許し下さい。上尾イオンに行く途中の、上尾運動公園のモミジ。良い色でした1公園の銀杏並木2上尾イオンの密かな楽しみ。ドーナッツ屋さんのドーナッツとホット・コーヒー31Fの「JACKINT...近所のウォーキング

  • 晩秋の森林公園 夕日のカエデ園

    お早うございます、信です。このところずっと紅葉狩りシリーズです。山はどうなった?信州へはいつ行くの?私自身、問いかけていますが、明確な答えは出てきません。不気味な変異株「O:オミクロン」株が、いよいよ日本に入国していました。一昨日に1人、昨日に1人と入国が判明し、医療機関で隔離され、とりあえずは水際で抑えられているようですが、もう市中感染は時間の問題です。まだまだコロナ禍は人類の脅威として、我々の眼前に存在しています。さて11月23日の武蔵丘陵森林公園のカエデ園です。毎年、この時期は「紅葉見ナイト」というイベントが開催されますが、今年はコロナ禍で平日のみの開催。この日はライトアップはありません。それでもたくさんの人たち1ライトアップの用意はされています234人気の紅葉5若いカップルが似合います6毎年人気の真っ赤...晩秋の森林公園夕日のカエデ園

  • 晩秋の森林公園 カエデ園から

    お早うございます、信です。暦はいよいよ師走に入りました。坊主が街中を走り回る、そんな気持ちが急かされる季節です。予報にもあった通り、今朝は物凄い雨になりました。暴風雨で首都圏の電車がマヒしています。午前中いっぱいは交通網は影響がありそうです。既に川崎・横浜に大雨洪水注意報が出ています。さて11月23日の森林公園に戻りますが、毎年来ている森林公園のカエデ園です。今年も良い色に染まっています1時刻はPM14:50頃、既に薄暗くなっています23毎年「紅葉見ナイト」というイベントをやっていますが4コロナ禍のため、今年は平日のみの開催です56西側は傾いた木漏れ日で7良い具合に逆光になっています。紅葉と山茶花8今ごろはもう9良い色合いになっているでしょう1011ライトアップはありませんが12たくさんの人が来ていました131...晩秋の森林公園カエデ園から

  • 晩秋の森林公園 椿園から運動広場

    お早うございます、信です。今朝も東の空が焼けています。こんな日はマジックアワーに雪を被った北アルプスが、崇高なモルゲンロートで染まることでしょう。そんな絵を撮りに行きたいものです。さて23日勤労感謝の日の武蔵丘陵森林公園散策です。西田沼から椿園を上がって、記念塔前に出ますこのモミジはまだ色づき始め1山茶花を見ながら登ります2345こんな渋い黄葉も6記念塔前の椿。椿の花はまだまだ、これからでした7メインストリートが落ち葉で埋まっています8人が多いので、あざみくぼ橋へ降りて、運動公園のあざみくぼ沼へ9カヌーが浮かんでいました10ここでカヌーは初めて見ました。11ぽんぽこ山も大盛況。すごい行列でした12あざみくぼ沼を周遊して131415中央広場へ1617そのまま渓流広場へ出ます1819ここはやまゆりの小径2021渓流...晩秋の森林公園椿園から運動広場

  • 錦秋の森林公園を歩く

    お早うございます、信です。この週末は朝晩の放射冷却が強く、大陸からの強い北西風に晒され、関東らしいからっ風が吹き荒れた休日になりました。お陰で夕方、綺麗な夕日の中で、くっきりとした富士山のシルエットを拝むことが出来ました。そう云えば、そろそろ雪を被った富士山を眺めるには、良い季節になりました。11月23日の勤労感謝の日、1ヶ月ぶりに森林公園を歩きました。前回は多少色づきが見られた程度でしたが、もう見頃を迎えていました。今回も南口から入ります1エントランスの駐車場はほぼ満車状態でかなり人が入っているようだったので2なるべくメインストリートは避けて日本庭園へ3表通りからは隠れます4まだ色づき半ばの木もありましたが5ここはもう終盤です6そのまま西田沼へ7この沼の遊歩道は大好きです8静かで小鳥の声だけ9誰も続いて来る人...錦秋の森林公園を歩く

  • 武蔵嵐山 大蔵館へ

    お早うございます、信です。昨日はからっ風が吹き抜けて、体感温度が低くなる、北風小僧の寒太郎な一日でした。今朝も放射冷却でキンキンに冷えた関東です。あれほど猛威を振るったコロナウィルスも、嘘のように鳴りを潜め、全国で25,000人を超えた新規感染者も、昨日は161人と0.6%にまで下がっています。それでも南アフリカで発生した変異株「オミクロン」が、また世界的に猛威を振るいそうな気配で、各国とも水際対策に躍起です。安倍・菅内閣はゴテゴテでしたが、果たして岸田内閣は大阪・吉村知事のように、危機感を国民と同じように共有し、納得できる一手を打ってくれるのでしょうか。それはまだ未知数ですが、10日間隔離だけで良いのか・・不安です。さて11月21日の嵐山渓谷ウォーキングです。ススキの原っぱが良い感じでした1昔はどこも、こんな...武蔵嵐山大蔵館へ

  • 嵐山渓谷を歩く

    お早うございます、信です。季節は進み11月霜月は小雪の次候、第五十九候朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)になりました。もう標高1,000m以上の山は落葉して、寒々しい山景が広がっているのでしょうか。先日4年ぶりに武蔵嵐山の槻川渓谷を歩いてきました。バードウォッチや、花を見には来ているのですが、紅葉狩りは4年ぶりです。東武東上線武蔵嵐山駅から歩いて約30分です1一人ならば、迷いなく登っていく道ですが2今日もうちのクマさんと一緒です3これは南天かな?5槻川の飛び石橋です。この左手にバーベキュー場があります6槻川の清流7澄んでいます8モミジの色づきは9まだやや早いか1011この赤い実は?1213展望台に来ると人が多いてビックリ14早々に退散して15奥へ進みます161718まだ見頃には早いか。12月初旬がピークでしょう...嵐山渓谷を歩く

  • 平林寺・もみじ山

    お早うございます、信です。今日も関東は雲一つない快晴で、放射冷却でキンキンに冷えた朝を迎えました。家が小さいのでリビングでテレワークをしていると、近くのテレビからワイドショーが聞こえてきて、否応なくニュース通になります。このところ凄惨な事件が多いのは、その取り巻く社会が、血の通わない結果だけを求めるだけのものになっている故でしょうか。昔で云う結いとか、向こう三軒両隣とか、隣組とか、そういう血の通ったコミュニティが、いつの間にか消えてしまいました。今は子供を叱る大人が少なくなりました。公園でも他人の子供を叱る大人は皆無です。我々はもう一度、血の通ったコミュニティ作りを、努力せねばならないような気がします。さて新座市野火止平林寺散策です。大河内松平家廟所をスルーして、もみじ山に向かいます。境内のマップですmap向か...平林寺・もみじ山

  • 平林寺・放生池

    お早うございます、信です。今朝は底冷えのする朝になりました。先週から朝だけ、エアコン暖房を入れるようになりましたが、乾燥した空気が一層、乾燥されるため静電気が飛び、乾燥肌はさらに過酷な状態になります。今日あたり加湿器をひっぱり出して来ようと思います。さて11月20日の野火止・平林寺の紅葉狩り徘徊です。仏殿から放生池(ほうじょういけ)に進みます1経蔵と参集所の間から。向こうからもこっちを狙ってます2放生池です。ここにも野火止用水は流れているのか3山茶花でしょうか567ついつい誘われて同じような絵に8放生池(ほうじょういけ)境内散策の憩いの場。池の水はかつて野火止用水(平林寺堀)から通じていました。中島には弁天堂があります。(平林寺hpより)今は用水とは分離されているようです9墓所へ行く手前。片割れ地蔵です10なぜ...平林寺・放生池

  • 平林寺・本堂

    お早うございます、信です。今朝はオレンジ色の朝焼けになりました。秋の快晴の一日になりそうです。皆さま時を過ごさず、旬の紅葉を追いかけて余念がありませんが、私もご多分に漏れず、しっかりあちこち歩いております。週末は野火止・平林寺、翌日は里山で紅葉狩りをして5万を歩きましたが、昨日も武蔵丘陵の森林公園を2.3万歩いてきました。ちょうどカエデ園は良い色づきでしったが、その様子はまた後日、見て頂きます。私の愛するsora先輩がブログを一旦休止されました。古希を迎えて、新たなステージを目指すと書いておられました。残念ですが、また復活される日を待っています。さて11月20日の野火止・平林寺の紅葉です。山門「凌霄閣」を過ぎて仏殿に進みます1良い色づきのモミジです23親子でモミジ拾い4まだ山門辺りで紅葉狩り5良いショットが撮れ...平林寺・本堂

  • 野火止 金鳳山平林寺

    お早うございます、信です。季節は進み11月霜月は小雪の初候、第五十八候虹蔵不見(にじかくれてみえず)になりました。昨日は午後から冷たい雨の一日でしたが、今朝は雨雲も飛んで、小春日和の朝を迎えました。これならまた2万を超えて歩けそうです。早いもので勤労感謝の日を迎えました。現役の頃は、この辺りから急に忙しくなり、あとは大晦日まで急坂を転げるように、多忙を極めて流れていった記憶があります。今は急かされる用事もなく、感慨深い日々を顧みながらブログを書いています。さて今日からは、先日歩いた新座市野火止の平林寺の紅葉です。このブログ記録では2017年以来の4年ぶりの訪問となりました。武蔵野線、新座駅を降りて南口駅前から、マンションの横手がスタートです。野火止用水です1公園の銀杏の落葉が盛んです。毎日の掃除も大変でしょう2...野火止金鳳山平林寺

  • 街のアーベントロートと月食

    お早うございます、信です。昨夜は久しぶりの雨になりました。21時ごろから降り出すとの予報でしたが、週末ウォーキングから戻った午後6時頃、既に家の周りはしっかりした雨の中でした。それでも週末のウォーキング中は、降られることもなく、また2日間で5万歩をはるかに超えて歩き通せました。昨夜のニュースで東京都知事の小池さんを久しぶりに見ましたが、このまま激務に復帰出来るのでしょうか病み上がりなので、やや存在感の薄い、いつもの強気な小池節を聞くことは出来ませんでした。11月19日金曜日のテレワーク終了前。うちのクマさんが買い物から帰って来て「すごい夕焼けだ」というので、カメラを抱えて非常階段を駆け上がりました1確かにいつもの夕焼けとは2ちょっと色合いが違います3秩父の山々もくっきり4それにしてもよく焼けました左手のマンショ...街のアーベントロートと月食

  • 信越線 横川駅へ

    お早うございます、信です。東の空は雲が無く、今日も晴天が期待出来る朝になりました。予報では曇りで、夜になって雨となっていますが、ひとまず夕方までは降られることはないようです。さて11月14日の碓氷峠アプトの道、廃線ウォークも今日で終わりです。第三号トンネルを抜けました1碓氷湖が眼下に広がります2もう暗くなり始めたので、湖畔には降りません3傾いた日で一層鮮やかです4暖かいホット・コーヒーが飲みたかったですが5うちのクマさんから「却下」されました。最後の1号トンネルを抜けて6峠の湯で栗餡どら焼きと、暖かいお茶で一休み。峠の湯から、この日最終のトロッコ列車7上信越自動車道碓氷橋8裏妙義の怪異な山塊が、一層不気味に見えます9霧積渓谷にまだ傾いた日が差しています10横川駅横の裏妙義・御山です11間もなく日が沈みます12碓...信越線横川駅へ

  • 碓氷第三橋梁 めがね橋

    お早うございます、信です。昨日はテレワーク終了間際、うちのクマさんが凄い夕焼けを教えてくれて、カメラを持って非常階段を駆け上がりました。それからウォーキングがてら、月食を楽しみましたが、関東は雲が多く朧月の月食になりました。さて11月14日の碓氷峠アプトの道ウォーキングを綴ってきましたが、そろそろ完結です。子供のころ(多分幼稚園の頃)母と一緒に、田舎の石川・能登から、母の郷里である東京へ連れて行ってもらった、微かな記憶があります。多分、昭和30年代のことなので、蒸気機関車で碓氷峠を越えたと思いますが、記憶がまったくありません。また就職して年末年始に、埼玉の寮から夜行の急行「能登」で何度か帰郷した際は、まだ上越新幹線が開通しておらず、上越線湯沢・長岡経由で直江津へ出ていました。1982年以降、上越新幹線が開通営業...碓氷第三橋梁めがね橋

  • アプトの道 熊ノ平より

    お早うございます、信です。昨日はテレワークの後、いつも通りウォーキングに出ましたが、宵の月が綺麗で街を明るく照らしていました。今日の夕方、140年ぶりに皆既月食がありそうです。ちょうど夕方のウォーキング時間に始まりそうなので、楽しみにしています。さて11月14日の碓氷峠アプトの道廃線ウォーキングを綴っています。私が歩いているのは、明治26年(1893年)開通し、昭和38年(1963年)まで70年間、使用された旧碓氷線の廃線です。昭和39年(1964年)から平成9年(1997年)までは、峠の湯から右に入る新線が使われました。そちらの廃線ウォークはレール、架線がそのまま現存で、真っ暗な長いトンネルが続くため、別途ガイドが案内する有料ツアーとなっています。第六号トンネルを抜けて第四橋梁です(ちなみに第三橋梁がめがね橋...アプトの道熊ノ平より

  • 碓氷峠・アプトの道 めがね橋へ 

    お早うございます、信です。今朝はどんよりとした雲が、一面の空を覆う肌寒く、やや暗い朝を迎えました。東京の小池都知事が、10月27日に再度の過労による入院をされてから、一度も姿を見せることがありません。東京都の話題と云えば、収束したコロナの話題と、聞けば聞くほど情けない無免許運転議員の話ばかりです。驚くのは地元の区民が、ほんの少数にせよ「踏ん張って続けて欲しい」と云ってる人がいることです。普通の感覚で云えば、選挙民として恥ずかしくなると思うのですが、やはり東京は広いです。11月14日の碓氷峠アプトの道ウォーキングを綴っていますが、トンネルの絵が並んでしまいました。何しろ10個もトンネルが続くので、自然トンネルの絵が多くなります。こちらは昨日の続き、1号トンネルの出口です1碓氷峠アプトの道のマップはこちらをご覧くだ...碓氷峠・アプトの道めがね橋へ

  • 上州横川 アプトの道を往く

    お早うございます、信です。季節は進み11月霜月は立冬の末候、第五十七候金盞香(きんせんかさく)になりました。霜月も半ばが過ぎ、師走がだんだんと近づきつつあります。何と1年の速いことか!振り返ると一瞬の幻のような感慨に浸ってしまいます。さて長瀞紅葉散策の翌日は、久しぶりに碓氷の関を歩こうと、高崎から信越線に乗り換え横川駅へ。AM9:30に家を出て、横川駅に着いたのはちょうどお昼でした。駅前に聳える妙義山と妙義湖を挟んだ裏側、裏妙義の御岳です1びゅうバスは軽井沢行きのJR運行バスです。駅裏の良い色に染まったモミジ2秋のグラデーションです3園内周遊の「グリーンブリース号」4園内1周、約800mの2フィート(610mm)ゲージ軌道を周回するPoppoタウンのスター「グリーンブリーズ」号。日本で鉄道営業が始まった当時、ド...上州横川アプトの道を往く

  • 上長瀞 月の石もみじ公園から

    お早うございます、信です。最近、とみに日の入りの時間が早くなって、昨日は16:30頃には日が沈んでしまい、テレワーク後のウォーキングは真っ暗でスタートと云うのが日課です。いよいよ怖くなって、昨夜100円ショップで黄色の反射板を買いました。何が怖いって、勿論、車が一番怖いですが、後ろから飛ばしてくる自転車も、かなり怖いです。昨日、上高地閉山祭が行われ、お昼のニュースで紹介されていました。今年のグリーンアルプスのシーズンも、とりあえずは終わりました。既にグリーンアルプスどころか、山の上は白銀の世界で、下手をすると吹雪になりますから、若し行くなら天気だけは見極めて行きたいですね。あっと云う間に遭難して、沢山の人たちに迷惑をかけることになります。さて11月13日の秩父散策に戻りますが、上長瀞の荒川河川敷に降りてきました...上長瀞月の石もみじ公園から

  • 秩父・羊山より

    お早うございます、信です。先週から良いお天気が続いていますが、今朝も抜けるような青空で始まりました。この週末は秩父の里山、西上州の里山と、2日で5万歩くらいよく歩きました。巻頭の街中もポツポツと季節の色づきを、感じるようになってきました。さて今日はその13日の土曜日に歩いた秩父・羊山から。羊山と云えば春の芝桜が有名ですが、今回は紅葉狩りです。大宮駅で久しぶりに四季島に遭いました。これから日光・茨城の遅い紅葉を楽しむのでしょうか1さて秩父駅で降りて、早速、コナラが綺麗な柞祖(ははそそ)霊社へ2ハハソとは…コナラなど、ブナ科コナラ属の総称とあり、木の種類を表しているとのこと。由緒書きを見ると、鎮守の杜からの名前であるとあるので、このあたりにはコナラの木が繁茂していたのであろう。その名の通り、コナラの黄葉が美しい境内...秩父・羊山より

  • 雪割橋

    お早うございます、信です。今朝は放射冷却で寒い朝になりました。でも日中は小春日和の一日になりそうです。さてネタが無くなってしまいましたが、しぶとく福島での一コマで一話。新白河駅に帰る途中に寄った、阿武隈川に架かる雪割橋です。国道289号(甲子道路)沿いにある、西郷村と由井ヶ原を結ぶ橋です1昭和32年竣工の四代目の橋から、今年5月竣工の五代目を見上げています。橋の下は高さ50mほどの雪割渓谷です2着いたのはPM16:40過ぎで、既に真っ暗でしたが3f/2.8SS1/25ISO2500でかろうじて撮れていました4もっと早い時間に寄れれば良かったのですが5678やはり少なくとも三脚は必要です910次回は日があるうちに行きたいと思います1112近くにあった熊供養塔13昭和46年に西郷村の熊撃ち名人の独古さんが、百頭目の...雪割橋

  • 会津下郷 塔の岪(へつり)

    お早うございます、信です。季節は進み11月霜月は立冬の次候、第五十六候地始凍(ちはじめてこおる)になりました。朝晩の気温差が大きくなってきます。お気をつけ下さい。関東も今朝は昨日と同じようですが、週末はことに朝が冷えるようです。さて11月6日に行った南会津の紅葉狩りは、大内宿を出て塔の岪(へつり)に寄り道しました。会津野岩鉄道の塔のへつり駅です1何度も来てますが飽きません2間もなく会津田島行きの列車が来るようです3しばらくしてやって来ました4会津田島行き1両編成です5立っている人もいました6木々のオレンジ色の中に溶け込んでいきます7塔のへつりの手前側駐車場8紅葉が良い色に染まっていました9阿賀川の畔へ降りていきます10100万年とも云われる、阿賀川の浸食で出来た奇岩の塔です1112131415161718192...会津下郷塔の岪(へつり)

  • 大内宿 本陣から

    お早うございます、信です。昨日、第101代内閣総理大臣が指名され、第二次岸田内閣が発足しました。公明党の選挙公約とした、バラマキ政策も受け入れられ、そのままの形ではないにせよ実現しそうです。我々国民全体の借金は、1,212兆4,680億円に達します。一人当たり約1,000万円の借金です。これをずっと子や孫の代に先送りしていく訳ですから、未来の子供たちは我々を何と呼ぶのでしょうか。考えるだに怖いような気がします。さて11月6日に行った南会津下郷の大内宿散策です。宿場町のメインストリートを北上して、北の子安観音堂に上がりました。眼下に大内宿街道が俯瞰出来ます1木漏れ日で暖かい午後です2千葉の中学生の、修学旅行にも出会いました3先日の白馬でも会ったので、ちょうど時期をずらした就学旅行シーズンのようです。子安観音堂です...大内宿本陣から

  • 南会津下郷 大内宿から

    お早うございます、信です。今朝は久しぶりに朝焼けしました。東の空が赤く染まっています。昨日は丸一日の雨で、日中はかなり降りました。関東では神奈川・横須賀あたりに大雨警報が出ていました。テレワーク後に雨が上がっていたので散歩に出ましたが、もう真っ暗で、霧雨が残り早々に帰宅しました。さて11月6日の土曜日、白河から天栄村を抜けて、南会津下郷の大内宿に来ました。隣の山の上は、既に落葉しています1駐車場の楓は良い色でした234すぐ隣の山も良い色合いです5反対側には美しい棚田が広がっていました6大内宿のメインストリートに入っていきます7美しい茅葺の家8大内宿の案内です会津西街道(下野街道)を整備したのは会津藩主保科正之と云われますが、400年の歴史を誇る街並みです。「高遠そば」の三澤屋さんです9美しい佇まいの造りです10...南会津下郷大内宿から

  • 白河の関を越えて紅葉狩り

    お早うございます、信です。久しぶりに雨の朝になりました。昨日よりいくらか暖かく、シトシトと秋雨が降っています。この雨がやむと、また一段と寒くなるのでしょう。今日から数日、先週(11月6日)行った福島南部の紅葉狩り紀行です。大宮から1時間、各駅新幹線のやまびこで新白河へ。駅レンタカーを借りて、新蕎麦が美味しいという天栄村の道の駅「季の里」でランチです。美味しいお蕎麦に舌鼓を打って、すぐ近くの羽鳥湖へ1落葉松林が綺麗でした2昭和31年(1956)矢吹ケ原を開墾するために作られた羽鳥ダム水をたたえる羽鳥湖です3近くにあった観光マップですここが天栄村の中心のようです。そのまま西へ車を進めます4途中の路上で、真っ赤に染まった山手つかずの山でしょうか5この雑木林を歩きたかった6これもそんな一コマ7思わず車を停めて撮りました...白河の関を越えて紅葉狩り

  • 足利で紅葉狩り

    お早うございます、信です。今朝は何とも灰色の空になりました。今週は薄暗い曇天のスタートとなりました。昨日は天気予報が良い方にズレて、丸一日の青空の中、久しぶりに3万歩を超えて歩きました。今日は11月3日の、久しぶりに歩いた足利の街から。1年ぶりの織姫神社です1今年2月に、三週間も燃えた山火事の被害状況はどうなのか気にはなっていたのですが2結局は煙草の不始末が原因と聞きましたが3織姫神社に参拝しました4足利の人は七五三は織姫神社ではなく、鑁阿寺へ行かれるようです。そのまま裏の両崖山へ。これは古墳山です5この日は西の、太田の金山が良く見えました6そのままもみじ谷へ7まだまだ色づき始めです8仕方が無いので下に降りて9逆光でもみじ谷を見上げます10少しはましでした11でもまだまだ早すぎます12見頃は今月末辺りか13小菊...足利で紅葉狩り

  • 快晴・紅葉の白馬へ ~5.五竜とおみ~

    お早うございます、信です。昨日は良いお天気だったので、少し遠出して新白河から天栄町、大内宿、南会津と廻ってきました。特に天栄町の山中は、どこも真っ赤に紅葉していて、素晴らしい紅葉狩りドライブになりました。その1/10も絵は残せませんでしたが、また後日、見て頂きます。さて10月30日の白馬紅葉狩り紀行ですが、岩岳を出て五竜とおみのテレキャビンに乗ってALPS360展望台を目指します。エスカルプラザからゴンドラ乗り場に行く途中12写り込みが出てしまいますが3五竜も良い色づきでした4ALPS360展望台から五竜岳5大黒岳を挟んで唐松岳6八方の長大な尾根を挟んで白馬三山7真白き火打山89妙高山から飯綱山まで10正面は虫倉山と奥に四阿山11また28-300mmで五竜ズーム12こちらは白岳13大黒岳です14そして唐松岳15...快晴・紅葉の白馬へ~5.五竜とおみ~

  • 快晴・紅葉の白馬へ ~4.木漏れ日の森~

    お早うございます、信です。今朝は美しい朝焼けになりました。上高地も穂高が金色に輝き、立山も朝焼けの残像が広がって、冠雪で真っ白な室堂に彩りを加えていました。11月最初の週末を迎えましたが、明日は立冬とは思えないほど暖かさを含んでいます。さて10月30日の白馬岩岳ねずこの森の紅葉紀行を綴っていますが、森の一番奥から折り返して戻っています。戻りは約200mの緩やかな登りになります。帰りは日に向かって歩くようになります123456789101112131415161718192021222324252627快晴・紅葉の白馬へ~4.木漏れ日の森~

  • 快晴・紅葉の白馬へ ~3.ねずこの森~

    お早うございます、信です。もう週末を迎えました。今週は真ん中に文化の日を挟んで、あっと云う間に週末です。そう云えば文化の日は、久しぶりに足利を歩きましたが、この週末も山日和になりそうなので、秩父の山か、もう一度信州か悩んでいます。こういう悩みが一番楽しくて、テレワークもサブPCとにらめっこする時間が長くなります。でも文化の日も高速は30km近い大渋滞でしたから、行く場所もそこそこ考えないと・・何となく日常が戻りつつあり、嬉しいような、悩ましいような。。さて10月30日の白馬紅葉紀行です。MountainHorborを出て「ねずこの森」を歩きます。色とりどりの森です1主役はブナですが、やはり山カエデです2森に入る手前で、白馬岳が仰げます3ブナの森に入っていきます4ねずこの森のマップはこんな感じです5ブナの大木.。...快晴・紅葉の白馬へ~3.ねずこの森~

  • 快晴・紅葉の白馬へ ~2.HAKUBA MOUNTAIN HARBOR~

    お早うございます、信です。昨日も秋晴れの良いお天気でしたが、湿度が高く気温が上がって山は霞んでいました。今日は足利の山に紅葉狩りに行きましたが、まだ見頃には早いようでした。移動には電車を使いましたが、首都圏近郊とは云え田舎ですが、それでも電車に乗ると周りを見渡してしまいます。変な人はいないか・・思わず探してしまうのですが、何をもって「変な人」と判断するのか。そういう自分が明らかに「変なジジイ」と思われるので、首をすくめて大人しく座っていようと努力します。まったく嫌な世の中になったものだ。さて10月30日の紅葉狩り白馬紀行を続けましょう。岩岳と云えばHAKUBAMOUNTAINHARBORです。大きなブナの林を抜けて行きます1子供たちが遊んでいます2行列が出来たMOUNTAINHARBORに入ります3天狗の大下り...快晴・紅葉の白馬へ~2.HAKUBAMOUNTAINHARBOR~

  • 快晴・紅葉の白馬へ ~1.岩岳ゴンドラ~

    お早うございます、信です。いよいよ錫杖さんの上高地も始まりました→大正池から田代池へはりさんは乗鞍でしたが、落葉松の紅葉が綺麗です。私も現地で秋晴れのコントラストを見てきただけに、凄みのある絵がこれから展開されることと思います。さて負けじと今日から私も10月30日の、力こぶ付き紅葉の白馬シリーズ開幕です。うちのクマさんが三段紅葉の白馬を見たいと云うので、急遽29日の金曜日にテレワーク終了後、長野駅前のホテルに移動しました。新幹線を降りると寒さの違いに驚きましたが、翌朝はもっと寒いようでした。翌朝はホテルの朝食をゆっくり食べて、AM8時にすぐ隣のレンタカーから車を借りて出発です。国道19号から、柏葉有料道路へ入りトンネルを抜けると1期待通りの絶景です2安庭の道祖神も優しく迎えてくれました3定番の白馬サンサンパーク...快晴・紅葉の白馬へ~1.岩岳ゴンドラ~

  • 小諸なる古城のほとりから上田へ

    お早うございます、信です。季節は進み11月霜月は霜降の末候、第五十四候楓蔦黄(もみじつたきばむ)になりました。そう云えば昨日から11月霜月に入りました。昨日の朝はスマホの地震速報で起こされましたが、衆院選は自民党は議席を減らしたものの、単独過半数は確保し、与党政権の安定は確固としたものになりました。自民・立憲民主で失った議席が、そのまま維新の議席に移ったような結果です。非常に微妙な選択となりました。衆院選に隠れてしまいましたが、長野市長選は荻原健司さんが、医療系会社役員の土屋さんを抑えて当選されました。8年続いた前市長の加藤さんの政策を、継続・発展させると訴えていたようです。さて錦秋の白馬は明日から始めますが、もう一日、しなの鉄道ラインをお送りします。小諸・懐古園の菊花展です1一年の丹精の成果です23古城に菊花...小諸なる古城のほとりから上田へ

  • 秋の小諸・懐古園へ

    お早うございます、信です。今朝はけたたましい地震速報で起こされました。大した地震ではなくて一安心でした。いよいよはりさんの信州・秋紀行始まりました。素晴らしい山岳紅葉のベスト・タイミングのNiceShotばかりです。私も負けずに白馬を現像・編集中ですが、今一ホワイトバランスが決まりません。少し時間が掛かりそうです。10月24日の信州紀行です。軽井沢・雲場池を出て軽井沢駅に戻りました。しなの鉄道・小諸行きの115系湘南色の普通電車です1出番待ちのSR1(有料・快速電車)2車窓からの浅間山を楽しみながら、あっと云う間に小諸へ3思ったより色づきは良いようです45でもまだまだ青いか6二の丸跡から望む浅間山系(右から浅間山、黒斑山、篭ノ登山)7噴煙は見えませんでした8西側には草笛の向こうに北アルプス9黒門橋を渡り紅葉ヶ丘...秋の小諸・懐古園へ

  • 秋の軽井沢(雲場池・右岸より)

    お早うございます、信です。先週に続いて、昨日も秋晴れ快晴の白馬を歩いてきました。はりさんが上高地を歩かれていたようなので、はりさんの上高地の絶景のあと、お送りしたいと思います。昨日、柏葉から下って長野の街中で、衆院選と同日選挙の長野市長選で活動中の、荻原健司さんの宣伝カーが廻っていたのでちょうど折よくご挨拶させて頂きました(すいません。選挙民ではありませんが・・)若々しい爽やかな印象が快い印象でした。さて今回も10月24日に行った軽井沢・雲場池の紅葉レポ後半です。今がちょうど見頃となっています。一番北側の端まできました1東側から西側に廻ります2こちらが上流なので右岸に移ります34池の淵の躑躅が良い色で囲んでいます56浮島です7目の前のモミジ8この週末辺りがピークでしょうか9青空で良いコンディションで廻れました1...秋の軽井沢(雲場池・右岸より)

  • 秋の軽井沢へ(雲場池の紅葉)

    お早うございます、信です。昨日のうちに信州に移動しました。長野のホテルに泊まりましたが、食事をしてから白馬に移動します。朝焼けが綺麗で秋晴れ間違い無しです。今回は10月24日に行った軽井沢の紅葉レポです。今がちょうど見頃となっています。軽井沢駅のコンコースで1先週末「はなフェスタ」と称して、コンコースで花苗配布のイベントがありました。駅を出ると気持の良い秋晴れです離山の奥に浅間山がくっきりと見えました2何となくD810が戻って以来、WBがしっくりしません。街中の紅葉の具合を測りながら3この喫茶店は良い雰囲気でした4雲場池に向けて歩きます5別荘地も良い色づきでした6しっとりとした喫茶店。カフェと云うべきか7駅から歩いて20分。雲場池です8鴨さんが優雅に泳いでいます9反時計回りに周回します。レストランの裏の調整池1...秋の軽井沢へ(雲場池の紅葉)

  • 秋の日光山(瀧尾神社)

    お早うございます、信です。この週末は久しく天気が安定しそうです。とは云っても紅葉は標高2,000mを下ったでしょうから、戸隠や、奥裾花あたりが見頃を迎えたことでしょう。少し足を伸ばして、歩いてみたいと思っています。さて10月23日の日光山散策です。滝尾神社の参道を歩いています。瀧尾神社へ行く途中、開山堂の次にあるのが1北野神社です。祀っているのは菅原道真公です2案内です1661年といえば徳川四代家綱の時代ですね。二荒山神社本社で御朱印は頂けるそうです3さらに北上します4途中、工事のため参道は通行止め5でも向こうから人が来るのですがクマさんに叱られて、やむなく車道へ出ます6日光山側で大掛かりな工事が行われていました。詳細は不明ですが、この上は輪王寺行者堂あたりではないかと思われます。多分、これまでの水害による修復...秋の日光山(瀧尾神社)

  • 秋の日光山へ

    お早うございます、信です。季節は進み10月神無月は霜降の次候、第五十三候霎時施(こさめときどきふる)になりました。早いもので10月も半ば過ぎ、秋の一日は足が速いような気がします。日が短いので、その感覚が身に沁みて感じるのかも知れません。さて今日は秋の日光山内です。とは云っても行ったのは10月23日の週末で、紅葉はいろは坂がピークのようでした。日光市内も車が混んでいて、奥日光に上がると大渋滞で帰りが大変なので、日光山内の散策だけにしました。JR日光駅を出ると、北風に雲が湧く男体山1相変わらず美しい駅です2WBの設定がおかしいのか、ややフィルターがかったような絵になりました。日光山に入る前に観音寺へ3ここは静かで穴場です4でも色づきはまだ早いようでした。5やはり市内は11月霜月に入ってからか。神橋です。この前の通り...秋の日光山へ

  • 初秋の森林公園(ダリア花園)

    お早うございます、信です。昨日、プリンセス・マコが正式に結婚して、皇室から離籍されました。様々なスキャンダルを書かれ、そしてコロナ禍で3年も待った結婚。作り上げたスキャンダルを食い物にしてきた奴らにとっては、やや残念な結果になったことでしょう。でも本人たちが望む、穏やかな日々が訪れ、明るい家庭を築かれることを願ってやみません。さて今日も森林公園ネタですが、他にネタが無い訳ではないのですがせっかく綺麗なダリア園を、ボツにはしたくなかったので一話。ハロウィン・イベント(森のHalloweenNight)に向けて準備が進んでいます110月18日(月曜日)~22日(金曜日)、25日(月曜日)~29日(金曜日)の平日のみ限定で、夜間開園『森のハロウィンナイト』を開催いたします。だそうです。これはヨメナ2カエデ園がサブ会場...初秋の森林公園(ダリア花園)

  • 初秋の森林公園(ケイトウ広場)

    お早うございます、信です。先週末に、うちのクマさんがタンスの中を夏物から、秋・冬物に入れ替えをしてもらいました。今年はいつまでも暑い日が続き、衣替えをするのがずいぶんと遅くなったような気がします。でも今はもう、朝起きてすぐにフリース・靴下が欲しくなる程、寒くなりました。さて10月16日の森林公園の運動広場の赤そば畑です。お天気はイマイチでした1この先にポンポコ山があります。陽が差さず風が冷たい日でしたが、さすがに子供は風の子です2運動広場の赤そば畑でした3すぐに西口に移動して4ケイトウ畑です5もう冬の花畑準備のため、終了したようです6記事にするのが遅すぎたようです789渓流広場で一休みして10トチノキが良い色になっていました11今度はコリウス畑です12これはまだ今でも見れます13美しいパッチワークです14151...初秋の森林公園(ケイトウ広場)

  • 初秋の森林公園で

    お早うございます、信です。昨日は素晴らしい秋晴れになったので、軽井沢から小諸、上田へとしなの鉄道を乗り継ぎながら歩いてきました。この週末は、うちのクマさんと一足早い、北関東の紅葉狩りをしましたが、一番良い色合いは軽井沢の雲場池でした。追って詳細はご報告します。さて10月16日に訪れた武蔵丘陵森林公園です。ほぼ3ヶ月に一度、Q毎に来ています。季節感が感じられる散策です。いつもの南口から1エントランスの大きな欅2展望広場のススキが、風で揺れていました3こちらの欅はやや色づき4曇り空でレストランの灯りが綺麗です5久々にうちのクマさん登場6早速行った山野草園でヤマジノホトトギス7サラシナショウマも咲いていました8白花のヤマジノホトトギス9いつも山で見るアキノキリンソウ10森林公園で見ると、これはまた新鮮でした。サラシナ...初秋の森林公園で

  • 秋の山寺から家路へ

    お早うございます、信です。季節は進み10月神無月は霜降の初候、第五十二候霜始降(しもはじめてふる)になりました。昨日は久しぶりに日光に行ってきましたが、紅葉はいろは坂を駆け降りる途中で、日光山内はまだ青モミジでした。それでも市内は冷たい北風にもめげず、コロナ禍からの開放感か、沢山の人が訪れ、車列は大渋滞になっていました。さて長々と続けてまいりました、秋の出羽の国紅葉の山旅・山寺シリーズもこれで完結です。山寺の最上部である奥ノ院もお参りさせて頂きました。奥ノ院から下って五大堂に向かいます1すぐ近くに釈迦ヶ峰の胎内堂が見えます2橋が架かっていて行けそうですが当然、観光客は立入禁止です。昔からこうだったか・・釈迦ヶ峰が割れているように見えます34納経堂と開山堂です。その右手に五大堂への階段5このモミジは良い色づきにな...秋の山寺から家路へ

  • 秋の山寺 静かなせみ塚

    お早うございます、信です。昨日は丸一日、シトシト冷たい雨が降りましたが、今朝は上がって綺麗な朝焼けの秋晴れとなりました。D810をブラ下げて、青空の下を歩いてみたいと思います。さて秋の山寺、宝珠山立石寺の続きです。紅葉にはまだ早い山寺でした。でも人が少なく、静かに落ち着いて廻れました。山寺の鳥観図です。7番の四寸道を過ぎましたmap静かな山の階段です12やぐらが見えます3どなたか帽子をお布施になったようです4赤い前掛けが蝶ネクタイに見えて、とてもお洒落でした。百丈岩が近づきました5百丈岩の足元せみ塚です7この日は静かなせみ塚でした。案内板ですさらに登ります8三十番竹生嶋とあります10こちらは長命寺11弥陀洞(みだどう)が見えてきました12新第三紀中新世の凝灰岩が削られ、阿弥陀如来の姿を造りだしたといわれるもの。...秋の山寺静かなせみ塚

  • 寒露の山寺へ

    お早うございます、信です。出羽の国の紅葉狩り山旅は終わりましたが、鶴岡に泊まった翌日、山形駅まで帰るついでに寄り道をしました。ススキが揺れる月山湖PA(上り)です1何も見えなかった下りPAとは違って月山湖が少しだけ望めました2寒河江のハイウェイオアシスで一休み3最上川の畔でホテル、日帰り温泉、産直センター、広い公園がセットになっていて良いところでした。4一度、ゆっくり寄り道したい場所です。さてゆっくり山形市内に入って、北山形で左折します。山寺です。2年ぶりに訪れました5石段横に可憐な秋桜6ちょうど仙山線の下り電車がやってきました。2日前に私もこれに乗ってきました7根本中道です8沢山のお人形が並んだお地蔵様9花手水かと思ったら・・水みくじでした10奥の細道芭蕉さんがいました11曽良さんと12山内に入ります13月曜...寒露の山寺へ

  • 海坂藩 鶴岡の街で

    お早うございます、信です。昨日、阿蘇山が噴火しました。草千里のレストハウスから中継がされていましたが、上空3,500mまで噴煙が上がったようです。中岳火口の監視カメラに、噴石がガンガン飛んでくるのが見えていました。火口から1km以上に火砕流があったそうですが、16人ほどの登山者は、全員無事に下山されたようです。噴火の規模からして、犠牲者が無かったのは奇跡としか思えません。本当に皆さんご無事で何よりでした。さてまだ10月10日です。鳥海山を下って鉾立駐車場に下りました。山頂は見えませんが、日本海側の高気圧が乾いた爽やかな風が誘って、多くの観光客が来ていました。昨日沢山載せた、山形側の斜面です12駐車場から仰ぐ稲倉岳です3大平山荘の駐車場に寄りました。芥川賞作家森敦の「鳥海山」の句碑です。「鳥海山はわが観想の幻の山...海坂藩鶴岡の街で

  • 出羽の紅葉山旅紀行 ~8.鉾立展望台~ 

    お早うございます、信です。今朝は美しい朝焼けがあって、空には一片の雲もありません。素晴らしい秋晴れの一日を迎えそうです。これが週末ならザックを背負って、秩父の里山に心が飛ぶ山日和な朝です。出羽の国の紅葉狩り山旅を綴っていますが、ようやく鳥海山も今日で終わります。ガスに巻かれ、登れなかったフラストを晴らすように、登山口の紅葉を追っていました。間もなく鉾立の登山口です1登山道右手の正面に稲倉岳2奈曽渓谷への深い谷34恐る恐る覗いた、お椀の底です5ここから鳥越川が仁賀保の町を抜け白雪川に合流して日本海に注ぎます6何度も撮っていた稲倉岳7白糸の滝の斜面です8斜面の植生です9日が差して美しく映えます10山形側の斜面1112豊富な植生と彩り13141516若者たちが賑やかに下りていきます17ナナカマドの実の先に水平線18青...出羽の紅葉山旅紀行~8.鉾立展望台~

  • 出羽の紅葉山旅紀行 ~7.鳥海山の紅葉~ 

    お早うございます、信です。季節は進み10月神無月は寒露の末候、第五十一候蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)になりました。週末には霜降に入ります。昨日はまさしく秋晴れの、雲一つない青空が広がりましたが、今朝はそれが嘘のように、どんより雲一面の暗い空になりました。変りやすい秋の空を象徴しているようです。出羽国紅葉狩り山旅紀行も7回目になりました。鳥海山の山神にはフラれてしまって、早々と下山を決意しました。賽の河原から下っていきます1下山は多くを語らず・・ですが2ピークも登っていないのに3下山もスルーでは何も無くなってしまいます4風力発電が盛んな秋田・仁賀保市天気も良くなってきたので5下山は紅葉をゆっくり愛でながら降りましょう6美しい斜面です7ナナカマドの登山道を下りていきます89豊かな植生が、色どりを添えます10こんな...出羽の紅葉山旅紀行~7.鳥海山の紅葉~

  • 出羽の紅葉山旅紀行 ~6.鳥海湖から笙ヶ岳~ 

    お早うございます、信です。昨日、一日で季節がガラリと変わりました。北海道の中山峠で積雪となり、北アルプスも多くの小屋で雪になりました。上高地はガスで見えませんが、立山はもう真っ白で、冬のベールを被せたように美しい朝焼けになっています。山は長い冬山の季節にに入りました。これからは里山の紅葉を楽しむ季節になるでしょう。このところあちこちと歩いていて、どんぐりを豊富に見かけます。今年は森の実が豊作なのか、ちょうど良い塩梅になってくれればと、これから歩く里山を想います。さてさて出羽国の紅葉山旅紀行ですが、御浜小屋から撤退し、賽の河原から鳥海湖を目指して登り返してきました。御浜と鳥海湖の分岐です1振り向けば笙ヶ岳(しょうがだけ)2右手には鍋森3不思議な空間でした4鳥海湖に下りて行きます5笙ヶ岳斜面の草紅葉が美しい6木道で...出羽の紅葉山旅紀行~6.鳥海湖から笙ヶ岳~

  • 出羽の紅葉山旅紀行 ~5.御浜から鍋森へ~ 

    お早うございます、信です。一昨日、ようやくNIKONから、愛機D810が修理完了で戻って来たので早速、秋の森林公園の様子を撮って来ました。勿論、紅葉はまだまだですが、赤ソバ、ケイトウ、コリウス、ダリア等、季節の花をたくさん撮ってきたので出羽の紅葉山旅の後、見て頂きたいと思います。さて出羽国の紅葉狩り山旅紀行を綴っていますが、舞台は鳥海山の賽の河原から御浜小屋への愛宕坂です。薄っすら稲倉岳1秋田にかほの街2斜面をしばらくトラバースしていきます3山形側大平山荘(吹浦口)の道と合流です4この後、すぐに御浜小屋に到着しますが小屋を過ぎて稜線に上がると、もの凄い横風5稜線がどんなところにあるのか、その先がどうなっているのかまったく見えません。時々起こる突風に、身の危険を感じました。あっと云う間に体温が低下それでも合羽を着...出羽の紅葉山旅紀行~5.御浜から鍋森へ~

  • 出羽の紅葉山旅紀行 ~4.鉾立展望台~ 

    お早うございます、信です。昨日、ヒマに任せてサブ機のWindows11へのUpgradeをやってみました。前もってWindows11のUSB媒体は作ってあったのですが、すんなり1時間足らずで再インストールが出来てしまいました。心配したTPM2.0、SecureBootも何事もなくクリアしていました。特にSecureBootはインストール前の自己チェックでNGだったので、ダメかなと思いましたがUpgradeではなく、クリアインストールで問題なくインストール出来ました。使い勝手はまったく今までと変わりません。拍子抜けするほどです。タスクバーアイコンが真ん中に集まり、スタートメニューが画面真ん中に展開するぐらいです。当然、CPUチップやマザーボード、SSD等、主要部品は変えていませんので速くなったりもしません。まあ使...出羽の紅葉山旅紀行~4.鉾立展望台~

  • 酒田の街で

    お早うございます、信です。昨日は秋晴れの快晴の一日でした。湿度も低く、爽やかな秋風が穏やかに流れ、秋山散策にはもってこいの山日和でした。テレワーク後の散歩も、遠くまで歩きたくなりますが、暗くなるのが早くなり、どうしても沿道が明るく、歩道が整備された広い道を選ぶようになります。本能的に交通事故から身を守るためでしょうか。さて出羽国の紅葉山旅紀行ですが、月山を下り、この日の宿を取った酒田に移動します。レンタカーのNaviに案内を任せたら、R112の旧道を北上し、湯殿山を大きく迂回する道を走りました。これが所謂、酷道でえらく狭い場所ががあったり、未舗装の箇所があったりしてハラハラしましたが、湯殿山道路と交差したので月山道路に出ることが出来ました。途中のドライブインからの眺めです1梵字川の源流の沢で、大きく道も迂回して...酒田の街で

ブログリーダー」を活用して、信の信州からの贈り物さんをフォローしませんか?

ハンドル名
信の信州からの贈り物さん
ブログタイトル
信の信州からの贈り物
フォロー
信の信州からの贈り物
カテゴリー一覧
商用