日本共産党都議会議員池川友一「都政への架け橋」
住所
町田市
出身
杉並区
ハンドル名
池川友一さん
ブログタイトル
日本共産党都議会議員池川友一「都政への架け橋」
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/u1_ikegawa
ブログ紹介文
日本共産党東京都議会議員池川友一のオフィシャルブログです。
自由文
-
更新頻度(1年)

168回 / 225日(平均5.2回/週)

ブログ村参加:2014/11/12

池川友一さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 09/09 全参加数
総合ランキング(IN) 38,888位 39,116位 39,190位 39,211位 39,226位 51,089位 51,121位 971,995サイト
INポイント 0 10 0 0 10 0 0 20/週
OUTポイント 0 10 0 0 20 0 10 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 325位 324位 328位 324位 326位 389位 395位 4,543サイト
政治家(都道府県) 8位 8位 8位 8位 8位 9位 9位 78サイト
地域生活(街) 東京ブログ 185位 183位 185位 185位 190位 251位 252位 8,589サイト
町田情報 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 125サイト
今日 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 09/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 55,848位 56,340位 56,504位 56,631位 56,555位 68,857位 68,981位 971,995サイト
INポイント 0 10 0 0 10 0 0 20/週
OUTポイント 0 10 0 0 20 0 10 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 322位 331位 330位 334位 340位 442位 430位 4,543サイト
政治家(都道府県) 6位 6位 6位 6位 6位 9位 7位 78サイト
地域生活(街) 東京ブログ 218位 222位 217位 216位 222位 313位 319位 8,589サイト
町田情報 4位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 125サイト
今日 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 09/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 971,995サイト
INポイント 0 10 0 0 10 0 0 20/週
OUTポイント 0 10 0 0 20 0 10 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,543サイト
政治家(都道府県) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 78サイト
地域生活(街) 東京ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,589サイト
町田情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 125サイト

池川友一さんのブログ記事

1件〜30件

  • 私立高校授業料の負担軽減──共産党都議団の質問に都独自の拡充を検討と知事が答弁

    都議会代表質問(質問者はとや英津子都議)で重要な前進もありました。第2回定例会に続き、私立高校生の授業料実質無償化の対象を年収910万円まで拡大することを求めました。前回の答弁は「今後も幅広い施策を活用して、子供たちの学びたいという気持ちに応えてまいります」というものでしたが、今回の質問には、小池知事が次のように答弁しました。私立高校生の授業料の負担軽減についてでございます。家庭の経済状況にかかわらず、誰もが希望する教育を受けられる環境を整えることは重要であります。都は、平成二十九年度に授業料の負担を軽減する特別奨学金を拡充するなど、私立高校等に在学する生徒の保護者の経済的負担軽減に取り組んでまいりました。現在、国において行われております私立高校授業料の実質無償化の検討状況を注視しながら、都としての今後の対応を...私立高校授業料の負担軽減──共産党都議団の質問に都独自の拡充を検討と知事が答弁

  • 共産党都議団が「台風15号による島しょ地域の被害への対策を求める申し入れ」

    各地で台風15号による深刻な被害の状況が次々と明らかになっています。日本共産党都議団は、10日に「台風15号による島しょ地域の被害への対策を求める申し入れ」を行いました。私たちが申し入れの時点で把握していた事実は、申し入れ文に反映しています。さらに大島では、「旅館の窓ガラスが何枚も割れ、断水のため後片付けもできない」「屋根が吹き飛び、店舗の営業も大きな支障。ブルーシートは不足している」などの状況です。式根島では、「倒木が多く、歩けない場所がある」「村営住宅では2階に登る階段の横パネルが吹き飛び、手すりなどの落下防止がなく危険」などの報告が寄せられています。都立大島海洋国際高校はでは、窓ガラスの一部破損、屋上防水シートのはくり、体育館の屋根のはくりなどの被害が報告されています。他の島でも被害が広がっています。また...共産党都議団が「台風15号による島しょ地域の被害への対策を求める申し入れ」

  • 人のお金を巻き上げ、ギャンブル依存症を増やし、治安を悪くし犯罪を増やし、貧困と格差を広げるカジノ誘致はすべきではありません

    統合型リゾートIRの誘致について、共産党都議団は都議会代表質問(とや英津子都議)で知事の姿勢をただしました。6日には、記者会見を行い、東京のIR・カジノ調査の実態について明らかにしました。詳しくは以下の資料をご覧ください。東京都のIR・カジノ調査の実態について「東京都のIR・カジノ調査の実態について」資料一覧■東京都がカジノについて、明確に調査・検討をすすめている代表質問では、「知事は、統合型リゾートIRについて検討していることを認めつつ、カジノとIRは違うと発言してきました。しかし、日本共産党都議団の情報公開請求で開示された資料から、都が臨海副都心の青海地区北側に、カジノをふくむIR導入を、具体的に、詳細に検討していることが明らかになりました。世界各地のカジノ運営事業者からヒアリングを行い、国の基本方針発表後...人のお金を巻き上げ、ギャンブル依存症を増やし、治安を悪くし犯罪を増やし、貧困と格差を広げるカジノ誘致はすべきではありません

  • 中垣ゆたか×本田亮「43万人の個展」へGO!

    敬愛する中垣ゆたかさんと本田亮さんの「43万人の個展」。パリオで開催中ですが、本当にワクワクするイベントでした。町田市が以前に行った「23万人の個展」というイベントも紹介しながら、参加型の各種イベントも準備された素晴らしい内容でした。「43万人の個展」ワークショップ終了!!!ものすごくいい出来で嬉しいです取材も入り大盛り上がりでした。9月の中旬にはパリオの外に飾られます懸垂幕!!後は14:00からのトークイベントですまだ間に合いますよろしくおねがいしますー!!#中垣ゆたか#本田亮#パリオ#町田#懸垂幕pic.twitter.com/od7C2scg9J—中垣ゆたか(@yutaramon)September7,2019中垣さん×本田さんのトークイベントは、超絶最高でした。アートにかける思いとともに、その先を見なが...中垣ゆたか×本田亮「43万人の個展」へGO!

  • 町田駅で「10月からの消費税増税10%やっぱり無理っ!」宣伝

    7日、町田駅で「10月からの消費税増税10%やっぱり無理っ!」宣伝を行いました。「栄養失調の子どもに絶食を強いるようなもの」「日本経済に壊滅的なダメージを受ける」という指摘がある中で、本当に10月から増税をしていいのかという声が広がっています。町田駅の宣伝には、党市議団からも殿村市議、細野市議、佐々木市議が参加。飛び入りで「私も訴えて良いかしら」と女性の方がマイクを握り、「消費税廃止が本当はいいけれど、今は「8%のまま」で我慢する。10%なんて無理!居ても立っても居られない」と。買いだめなんていう気にもならない。諦めないでがんばりましょう。—佐々木とも子日本共産党町田市議(@tomokoclub)September7,2019この佐々木市議のツイートでも紹介していますが「10%なんて無理。居ても立っても居られな...町田駅で「10月からの消費税増税10%やっぱり無理っ!」宣伝

  • 共産党都議団で都教育長あてに「東京2020オリンピック競技大会開催時における学校行事等についての申し入れ」

    日本共産党都議団は、都教育長あてに「東京2020オリンピック競技大会開催時における学校行事等についての申し入れ」を行いました。来年の五輪大会の期間を前後して、バスの不足が懸念されるなど報道が行われています。昨年、オリパラ組織委員会は、文部科学省に対して要請を行い、その内容について文部科学省から都道府県教育委員会、都道府県教育委員会から区市町村教育委員会へと通知が発せられています。その結果、現場レベルでは例年夏に予定している臨海学校を中止したり、部活動の合宿を取りやめる検討するなどの事態が起こっています。文部科学省(スポーツ庁)も、都教委も「お願いベース」で強制するものではないというわけですが、現場ではお願いベースを超えた取り扱いになっているのも事実です。今日の申し入れでは「中止になるのは本意ではない」という発言...共産党都議団で都教育長あてに「東京2020オリンピック競技大会開催時における学校行事等についての申し入れ」

  • 高校生の声が都政を動かしています──生活指導と頭髪指導について、都教委が画期的な新しい「通知」

    高校生の声が、都政を動かしています。このブログでも「#この髪どうしてダメですかという子どもたちが発する素朴な疑問に、学校や教育行政はどれだけ向き合えているのか」など、学校での頭髪指導について書いてきました。また、6月に行った都議会での一般質問でもこうした実態を取り上げました。都立高校の髪染め問題について「毎日」「朝日」などマスコミがこの問題について相次いで報道しています。参考:「高校生がこうして声を上げていることは希望だね」──都立高校で「おかしい」と声をあげた高校生と原のり子都議、私で対談した「ブラック校則──政治を動かす高校生」が掲載されましたこうした中で、9月4日、東京都教育委員会指導部高等学校教育指導課長名で、都立高校と都立中等教育学校の校長あてに、「人権尊重の理念に立った生活指導の在り方について(通知...高校生の声が都政を動かしています──生活指導と頭髪指導について、都教委が画期的な新しい「通知」

  • 市民とつながる、都政につなぐ──池川友一活動報告ニュース「都政への架け橋」(第70号)

    「池川友一活動報告ニュース都政への架け橋」の第70号ができました。今週のニュースは、都民とともに都政を動かす都政報告会の告知について記事を書いています。以下、画像をクリックしていただくと、PDFファイルが開きます。にほんブログ村←日本共産党池川友一のオフィシャルブログ「都政への架け橋」を見ていただきありがとうございます。一日1回、応援クリックをお願いします。市民とつながる、都政につなぐ──池川友一活動報告ニュース「都政への架け橋」(第70号)

  • 共産党都議団は、都市計画審議会条例の改正案を提案──都市計画は、東京の未来のまちづくりとともに多くの地権者の権利を制限することから住民生活に大きな影響を及ぼす

    日本共産党都議団は、2019年都議会第3回定例会に、「東京都都市計画審議会条例の一部を改正する条例(案)」を提出することを記者会見で発表しました。都市計画審議会は、東京都が都市計画を定めるときに、都市計画法に基づき、都市計画案を調査審議する機関です。都市計画は、東京の未来のまちづくりにかかわるとともに、たくさんの地権者の権利を制限することから、住民の生活に大きな影響を及ぼします。だからこそ、慎重かつ十分な調査と審議が求められていますところが、現行の審議会条例には、そのような審議を求める規定がなく、個々の案件に対する審議も、1人もしくは2人の審議会委員が発言するにとどまり、活発な審議が行われているとは言い難いのが実情です。近年、都市計画を民間が提案することが増えています。しかし、都都市計画審議会や都議会都市整備委...共産党都議団は、都市計画審議会条例の改正案を提案──都市計画は、東京の未来のまちづくりとともに多くの地権者の権利を制限することから住民生活に大きな影響を及ぼす

  • 文書質問趣意書「不妊検査・不妊治療について」(2019年第1回定例会)

    不妊検査と不妊治療について、要件を拡大した取り組みと事実婚への対象拡大について質問しました。2019年第1回都議会定例会文書質問趣意書提出者池川友一質問事項一不妊検査・不妊治療について一不妊検査・不妊治療について厚生労働省は「不妊治療の1つである体外受精と顕微授精による出生児数の推移は、平成18年の約2万人から平成26年には4.7万人へと増加し、総出生児数に占める割合も平成18年の1.79%から平成26年には4.71%へと増加している」(厚生労働省発行「不妊のこと、1人で悩まないで『不妊専門相談センター』の相談対応を中心とした取組に関する調査」より)という調査を報告しています。不妊に悩む方に対する支援は社会的要請であり、東京都もその対象や内容について拡充してきました。同時に不妊や不育症について、正確な知識の普及...文書質問趣意書「不妊検査・不妊治療について」(2019年第1回定例会)

  • 9・22都政報告会やります

    都政報告会を行います。2017年の都議選から2年。町田初の日本共産党都議として、市民と都政の架け橋として党市議団とも連携しながら、仕事をしてきました。「暮らしに役立つ都政に変える」──2年間の都議会での取り組みを報告します。また、都政に関するご要望もお寄せください。休日の午前中ですが、ぜひお出かけください。お待ちしています。とき●9月22日(日)10時ところ●町田市健康福祉会館4階講習室(https://www.city.machida.tokyo.jp/iryo/iryo/kenkoufukushi/kennkouhukusikaikan.html)上のチラシは画像をクリックするとPDFが開きます。にほんブログ村←日本共産党池川友一のオフィシャルブログ「都政への架け橋」を見ていただきありがとうございます。一日...9・22都政報告会やります

  •  日本共産党都議団は、小池知事と青山佾人事委員会委員長に対して、「同性パートナーがいる職員への福利厚生制度の適用、およびパートナーシップ制度を求める申し入れ」

    日本共産党都議団は、小池知事と青山佾人事委員会委員長に対して、「同性パートナーがいる職員への福利厚生制度の適用、およびパートナーシップ制度を求める申し入れ」を行いました。申し入れの冒頭にも書いていますが、この申し入れは当事者である都職員の方の勇気の一歩がきっかけです。東京都は、「東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現をめざす条例」を制定しました。この立場から、都政のあらゆる施策を点検し見直していくことが求められています。今回の私たちの申し入れの立脚点もこの「人権条例」にあります。秘書事務担当部長は「知事、所管局に伝え、人事委と共有する」、人事委員会担当課長は「事実を確認し公平に判断する」と答えています。事実婚を選択する一人として、先人たちが積み重ね、作り上げ、勝ち取ってきたものの大きさを日々実感... 日本共産党都議団は、小池知事と青山佾人事委員会委員長に対して、「同性パートナーがいる職員への福利厚生制度の適用、およびパートナーシップ制度を求める申し入れ」

  • 発熱しました

    発熱しました。久しぶりに、39度を超えて倒れています。いくつか、リスケをさせてもらい静養です。ひたすらに睡眠をとっていますが、大人になってからの高熱はツライです。以上です。にほんブログ村←日本共産党池川友一のオフィシャルブログ「都政への架け橋」を見ていただきありがとうございます。一日1回、応援クリックをお願いします。発熱しました

  • 「市民参加」こそが立川市を発展させる地方自治の理念を輝かせる──立川市長選挙で酒井大史候補の応援に行きました

    立川市長選挙の応援に行きました。立川市民連合と政策協定を結んだ、酒井大史候補を日本共産党、立憲民主党、国民民主党、社民党、生活者ネットワーク、緑の党が支援しています。#立川市長選日本共産党は、立川市民連合を介した政策協定にもとづき、元都議の酒井大史氏を支持、支援します。参院選での「共通政策」と、立川の市民と野党で積み上げてきた市長選政策を土台に、幅広い一致点を確認。24日の調印式には、共産、立憲、国民、みどり、社民、ネットが一同に🔥pic.twitter.com/MvbdXFNasf—松村りょうすけ(亮佑)(@akahigepapa)August22,2019#立川市長選#酒井大史今日は、日本共産党が酒井さんの宣伝カーを1日借りて、池川都議、5人の党市議団が訴え。本日ラストは立川駅北口で19〜20時。酒井さん本...「市民参加」こそが立川市を発展させる地方自治の理念を輝かせる──立川市長選挙で酒井大史候補の応援に行きました

  • 町田市障がい者福祉センターひかり療育園「第39回センターまつり」

    町田市障がい者福祉センターひかり療育園で、第39回センターまつりが開催されました。毎年、出席させていただいていますが、とても楽しませてもらっています。町田市障がい者福祉センターひかり療育園のお祭りに伺いました。何と39回目という事で、市長も地元の皆さんに支えて頂いたおかげと謝辞を述べていました。「高次脳機能障がい者の家族会」のコーヒーコーナーでは1杯飲むと手作小物が貰えてお得など、わが家の晩ご飯は模擬店で買い込んだ物ばかりに。pic.twitter.com/OYe2SpTvC6—佐々木とも子日本共産党町田市議(@tomokoclub)August24,2019どんぐり和太鼓クラブの演奏でオープニング。新たに式典の司会も利用者さんが行うという挑戦もありました。恒例の提灯は、シルクハット。すかしのある作品など創意工...町田市障がい者福祉センターひかり療育園「第39回センターまつり」

  • 「都内公立小中学校の体育館のエアコン設置と計画状況」がこれだ!

    「学校の体育館にエアコンがつく」──昨年の夏の「災害レベル」の猛暑を受けて、都議会では共産党都議団が論戦の先頭に立ち、学校体育館へのエアコン設置に道をひらきました。都立高校は3年間(〜2021年度)で全校に。区市町村に対しても、これまでの普通教室や特別教室などの補助よりも手厚くして支援することになりました。参考→学校体育館へのエアコン設置をめぐる一連の経過についてでは、都内でどんな状況になっているのか。8月25日付「東京民報」が丁寧に取材し、記事にしています。そこに掲載されているのが、次の表です。この表を作成した時点から、動きがあり9月議会で武蔵村山市は全校にエアコン設置を行う補正予算を計上するという情報があります。これを見ると、かなりの自治体で具体化がはかられ、設置に向けて動き出していることがわかります。とは...「都内公立小中学校の体育館のエアコン設置と計画状況」がこれだ!

  • 各国地域のオリンピック委員会(NOC)を対象とした選手団団長セミナーの東京都レセプションに出席しました

    21日、各国地域のオリンピック委員会(NOC)を対象とした選手団団長セミナーの東京都レセプションに出席しました。このセミナーは、東京2020大会の計画、進捗状況、選手村や競技会場の視察などが行われています。「暑さ」への対応が急務であり、私たちは以前から時期をずらして対応すべきだと求めてきましたが、結果的にはオリンピックは、7月下旬から8月上旬の開催という当初の予定通りとなっています。参考→「IOCも想定外?五輪テスト大会でわかった日本の暑さ」(朝日)アスリートファースト、そして観客やボランティアの方々の体調管理も含めて、対応が迫られています。このレセプションは、当然ながら英語。英語が話せないわけですが、各国の方と通訳の方を介して少しだけ会話をさせていただきました。にほんブログ村←日本共産党池川友一のオフィシャル...各国地域のオリンピック委員会(NOC)を対象とした選手団団長セミナーの東京都レセプションに出席しました

  • 市民とつながる、都政につなぐ──池川友一活動報告ニュース「都政への架け橋」(第69号)

    「池川友一活動報告ニュース都政への架け橋」の第69号ができました。今週のニュースは、幼児教育・保育の「無償化」の表と裏給食の食材料費は実費負担!?核兵器の廃絶を過去に目を閉ざす者は現在にも盲目について記事を書いています。以下、画像をクリックしていただくと、PDFファイルが開きます。にほんブログ村←日本共産党池川友一のオフィシャルブログ「都政への架け橋」を見ていただきありがとうございます。一日1回、応援クリックをお願いします。市民とつながる、都政につなぐ──池川友一活動報告ニュース「都政への架け橋」(第69号)

  • 「ヒバクシャの人たちはあの日のことを一日も忘れたことはない」──まちだ平和のつどい

    20日、まちだ平和のつどいに参加しました。お話は、「ヒバクシャ国際署名」キャンペーンリーダーの林田光弘さん。言葉を選びながら、ヒバクシャの生き方を語る姿に心揺さぶられました。そして、継承するというのは一人ひとりのヒバクシャのストーリーを語り継いでいくことなのだと感じました。ヒバクシャ国際署名は、それ自身がヒバクシャが呼びかけてそれに賛同した個人や団体が広げていく継承活動なのです。ヒバクシャの人たちは「あの日のことを一日も忘れたことはない」──ヒバク体験を語ることは、身をすり減らしていることです。親や子ども、近所の友だちなど身近な人の命日を思い出すことであり、自分があの時こうしていればという後悔の念に苛まれます。こうしたヒバクシャの覚悟を私たちは受け継ぎ、語り継いでいくことが求められています。■核兵器を持つことは...「ヒバクシャの人たちはあの日のことを一日も忘れたことはない」──まちだ平和のつどい

  • 「難聴と補聴器に支援を」──日本共産党都議団報告ポスターができました

    「難聴と補聴器に支援を」──日本共産党都議団報告ポスターができました。(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)共産党都議団として、系統的に取り組み、難聴は高齢者にとって身近な問題早期からの補聴器使用は、日常生活の質の向上を図る上で有効なものと認識など、都側から重要な答弁を引き出しました。日本耳鼻咽喉科学会の理事長も「早期の補聴器使用というのが、この対策の一番の柱」と発言しています。国際的な到達点からしても、「人生100年時代」という現状からしても、「きこえ」の支援は待ったなしです。にほんブログ村←日本共産党池川友一のオフィシャルブログ「都政への架け橋」を見ていただきありがとうございます。一日1回、応援クリックをお願いします。「難聴と補聴器に支援を」──日本共産党都議団報告ポスターができました

  • 「聞こえのバリアフリーに政治のサポートを ●切実さ増す加齢性難聴への支援」──『議会と自治体』(2019年9月号)に掲載されました

    先日、日本共産党中央委員会が発行している理論政治誌「前衛」にレポートを書いたとポスティングしましたが、並行して「議会と自治体」にもレポートを書いていました。タイトルは「聞こえのバリアフリーに政治のサポートを●切実さ増す加齢性難聴への支援」。この間取り組んできた、聞こえのバリアフリーの質問について書きました。527人の方にご協力いただきました。ありがとうございます──「難聴と補聴器に関するアンケート」(結果速報版)加齢性難聴と補聴器使用について都議会で質問──重要な前進がありましたブログでもいくつか書いています。この課題は、都内自治体でも、全国各地でも取り上げられています。私自身が、本当に驚くような切実な実態が寄せられました。引き続き、運動と論戦で突破していきたいと思います。にほんブログ村←日本共産党池川友一のオ...「聞こえのバリアフリーに政治のサポートを●切実さ増す加齢性難聴への支援」──『議会と自治体』(2019年9月号)に掲載されました

  • 「無償化」と言いながら、給食食材料費は保護者の負担? しかも自治体間格差? 給食は、保育・教育の一環です

    筆圧濃く、書きたいことがあります。幼児教育・保育の「無償化」に伴う対応です。■消費税増税とセットの「無償化」は低所得者には負担増だけが残る前提として、「無償化」財源が消費税増税分というのは、本当にひどい話です。消費税というのは、所得の低い人ほど負担が重い不公平な税制です。(出典→https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-10-19/2018101901_03_1.html)この通りです。消費税というのは、逆進性が働いているのです。今回の幼児教育・保育の「無償化」というのは、基本的に保育料のことを指します。内閣府のホームページには、次のような記述があります。(出典→https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/musyouka/index...「無償化」と言いながら、給食食材料費は保護者の負担?しかも自治体間格差?給食は、保育・教育の一環です

  • 人生100年時代は、1世紀というスパンでものを見ていくことが求められていると感じる──現在とは、過去と未来の闘争の場である

    終戦の日。いまから、わずか74年前だと思うと、戦争というのが遠い話ではないと感じます。私が生まれたのは戦後40年の1985年。私が還暦になる年が、ちょうど戦後100年です。その日まで戦争することがなければ、1世紀の間、日本は戦争しなかったということになります。歴史は、1世紀単位で見ることが大事だと、学生時代にみんなで議論しました。人類の進化の歴史の速度から考えると、いまほど目まぐるしく、激しく、変化の早い時代だと思います。こういう時代だからこそ、直面する課題にしっかりと向き合うとともに、少し尺度を長くして歴史をみることが大事ではないかと感じます。日本国憲法の前文は、次のように新たな国のあり方を提起しています。「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意」「日本国民は、恒久の平和を念願し...人生100年時代は、1世紀というスパンでものを見ていくことが求められていると感じる──現在とは、過去と未来の闘争の場である

  • 「長崎平和宣言」の下にあるアレ

    長崎市に掲載されている、「長崎平和宣言」。格調高い、素晴らしい「平和宣言」でした。特に、日本政府に訴えます。日本は今、核兵器禁止条約に背を向けています。唯一の戦争被爆国の責任として、一刻も早く核兵器禁止条約に署名、批准してください。そのためにも朝鮮半島非核化の動きを捉え、「核の傘」ではなく、「非核の傘」となる北東アジア非核兵器地帯の検討を始めてください。そして何よりも「戦争をしない」という決意を込めた日本国憲法の平和の理念の堅持と、それを世界に広げるリーダーシップを発揮することを求めます。と、政府の対応に対して真正面からものをいう姿勢は、核兵器廃絶に向けた覚悟を感じます。実は、その「平和宣言」の下段に「長崎平和宣言に賛同される方は、「賛同」ボタンをクリックしてください。」と書いてあり、賛同ボタンがそこにはありま...「長崎平和宣言」の下にあるアレ

  • 町田市国際版画美術館「畦地梅太郎わたしの山男」展──展示は本当に楽しく、参加型企画もありました

    町田市国際版画美術館で開催中の「畦地梅太郎わたしの山男」展へ。晩年、鶴川で制作活動をしていた畦地さん。畦地作品は、モンベルのTシャツでもお馴染みです。素朴な感じと意志を感じる作品が多く、見ていて和みます。山男が6人家族だという新発見も。「うちと同じじゃん」という娘のリアクションも。「夏休み!山男総選挙」が実施されていて、ポスター掲示板に投票用紙と投票箱と(きっと選挙管理委員会と共同してやっているのかと)参加型の企画って、子どもたちにはとてもいいなと感じました。好きな作品の一つである鶴川市民センターの緞帳に描かれている「みどり、さわやか」は試作ともに展示されていました。町田市国際版画美術館の「畦地梅太郎わたしの山男」展へ。畦地作品は、モンベルのTシャツでもお馴染み。素朴な感じと意志を感じる作品が多く、見ていて和む...町田市国際版画美術館「畦地梅太郎わたしの山男」展──展示は本当に楽しく、参加型企画もありました

  • まちだ市民連合などが主催したナイト☆平和宣伝へ

    町田駅で行われた「ナイト☆平和宣伝」に参加しました。まちだ市民連合やさよなら原発町田の会など、多くの団体が主催した宣伝。共産党からは、田中美穂市議も参加。私も短いスピーチをさせていただきました。一部だけ紹介します。6日のヒロシマ、9日のナガサキ、そして15日の終戦記念日。8月は日本全国で平和について、核兵器について考える機会が増えます。広島と長崎の平和宣言は、政府に対して核兵器禁止条約に調印することを迫りました。しかし、首相のあいさつは本当に空虚で、ヒバクシャを先頭に一刻も早く核兵器を廃絶してほしいという願いには向き合うことはありませんでした。平和宣言の中では、日本国憲法がその中心に座っています。ヒバクシャみなさんを先頭にしたこのたたかいをしっかりと引き継いで、唯一の戦争被爆国として日本が核保有国に核廃絶を迫り...まちだ市民連合などが主催したナイト☆平和宣伝へ

  • 古くて新しい問題「子どもの権利とスポーツの原則」(ユニセフ)をきちんと広げていくこと──子どもの権利条約第31条って大事だ

    スポーツと子どもの権利の関係について、どういう方向に進むことが必要なのか。その指針の一つが、ユニセフが発表した「子どもの権利とスポーツの原則」(以下、「原則」)です。この「原則」のパンフレットのまえがきには、すべての子どもたちは、安心して楽しめる環境でスポーツをする権利を持っています。最も基本的なものとして、遊ぶこと(play)は子どもの権利として、「子どもの権利条約(児童の権利の関する条約)の第31条に掲げられています。「子どもの権利とスポーツの原則」は、ユニセフとして初めて、私たち一人ひとりが関心をもつこの古くて新しい問題を取り上げる文書です。という一節が出てきます。子どもの権利条約第31条には、「締約国は、休息及び余暇についての児童の権利並びに児童がその年齢に適した遊び及びレクリエーションの活動を行い並び...古くて新しい問題「子どもの権利とスポーツの原則」(ユニセフ)をきちんと広げていくこと──子どもの権利条約第31条って大事だ

  • 「日本国憲法の平和主義を体現」「日本国憲法の平和の理念の堅持」──広島と長崎の「平和宣言」

    胸に迫るものがありました。何かといえば、広島と長崎の平和宣言です。広島「平和宣言」→http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1110537278566/index.html長崎「平和宣言」→https://nagasakipeace.jp/japanese/peace/appeal.html毎年、格調高い「平和宣言」ですが、核兵器禁止条約という画期的な世界の流れが後押しするような気がしています。ヒバクシャを先頭にした運動がこうした動きを作り出していることに、本当に胸が熱くなります。広島市の秋葉市長は、「一人の人間の力は小さく弱くても、一人一人が平和を望むことで、戦争を起こそうとする力を食い止めることができると信じています。」という当時15歳だった女性の信条を単な...「日本国憲法の平和主義を体現」「日本国憲法の平和の理念の堅持」──広島と長崎の「平和宣言」

  • 小池知事に対して、関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典」への知事の「追悼の辞」送付を求める要請

    日本共産党都議団は、小池知事に対して「『関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典』への知事の『追悼の辞』送付を求める要請」を行いました。「人権条例」を制定した東京都の知事として、歴史の事実に向き合い、悲劇を二度と繰り返さないために。以下、要請全文です。2019年8月8日東京都知事小池百合子殿日本共産党東京都議会議員団「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典」への知事の「追悼の辞」送付を求める要請小池百合子都知事は昨年と一昨年、「9・1関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典」への「追悼の辞」の送付をとりやめました。都立横網町公園に追悼の碑が建立された1973年以来、歴代都知事が行ってきたものです。小池知事の「追悼の辞」送付中止に対し、幅広い市民、多くのメディアが厳しい批判の声をあげ、送付を求めています。同式典は、関東大震災時に「朝鮮人が暴...小池知事に対して、関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典」への知事の「追悼の辞」送付を求める要請

  • 「『ブラック校則』をただす 子どもの権利を主体にした都政運営に」──前衛9月号に掲載されました

    ささやかですが、日本共産党中央委員会が発行している理論政治誌「前衛」(2019年9月号)に、文章を書きました。テーマは、「『ブラック校則』をただす子どもの権利を主体にした都政運営に」です。原稿の中心は、6月に行った都議会一般質問です。ブログでも、いくつか記事を掲載しています。#この髪どうしてダメですかという子どもたちが発する素朴な疑問に、学校や教育行政はどれだけ向き合えているのか「高校生がこうして声を上げていることは希望だね」──都立高校で「おかしい」と声をあげた高校生と原のり子都議、私で対談した「ブラック校則──政治を動かす高校生」が掲載されました都議会で取り上げた子どもの権利と校則に関する質問に「子どもたちが声を上げているのは希望ですね」──東京民報に掲載されました都議会本会議で質問──あらゆる場面で子ども...「『ブラック校則』をただす子どもの権利を主体にした都政運営に」──前衛9月号に掲載されました