searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
地球の歩き方フランス・トゥルコアン特派員ブログ https://tokuhain.arukikata.co.jp/tourcoing/

フランスの北端より、フランス・ベルギーの旬情報や、歴史、民俗、文化に関する考察をお送りします。

日本を出て20年が過ぎました。 フランスのほか、ヨーロッパやアジアの複数国で暮らし培った視点を武器に、単なる観光情報の提供だけでなく、フランスという国をいろんな角度から切り取って紹介しています。 読み物として書いたものは『コラム』と名づけてあるので、読書気分のときにどうぞ。

冠ゆき
フォロー
住所
フランス
出身
兵庫県
ブログ村参加

2014/10/25

1件〜100件

  • No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!

    昨日外出時に携帯しなければならない証明書についてご案内しましたが、その後変更があったので、ここに改めて記します。...

  • No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて

    書くのも読むのも嬉しくないニュースですが、3月18日カステックス首相がフランスの三度目のロックダウンを発表しました。 3月のすみれ ©Kanmuri Yuki 理由は、なによりも感染拡大のスピードが上がっていること。実際、発表のあった18日には一...

  • No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中

    今月3月5日パリ・オペラ座の元エトワール、パトリック・デュポン死去のニュースが流れ、バレエ界は悲嘆に暮れました。なんといってもまだ61歳と、訃報を聞くには早すぎる年齢。 パリ・オペラバスティーユ © Paris Tourist Office - P...

  • No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会

    パンデミックをきっかけに、世界各地の美術館や博物館がヴァーチャル見学を導入したニュースは何度か記事にしてきました。そのリストに、フランス北部から更にいくつかの美術館・博物館が加わりましたので、ここにお知らせします。 1) シャルル・ド=ゴール生家 ...

  • No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県

    ダンケルクは週末ロックダウン No.611で予告したように、フランス北部のダンケルクも感染者急増により、ニース同様今日から週末のロックダウンを行うことになりました。「ダンケルク」と書きはしましたが、厳密には範囲はもう少し大きく、周辺の自治体も合わせ...

  • No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?

    フランスの新型コロナウイルス感染状況についてはツイッターなどでお知らせしていますが、一言でいえば高止まりが続いている状況です。全国的な都市封鎖を何とか避けたい政府は、1月16日から、全国的に夕方18時から翌朝6時までの夜間外出禁止令を施行中です。 ...

  • No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!

    フランス北部の港町ダンケルクとその周辺は、17世紀から続くカーニヴァルの伝統で知られる地域でもあります。 ダンケルクの海辺©KanmuriYuki カーニヴァルというのは、復活祭前の40日間(日曜を入れると46日間)にあたる四旬節に先立つ期間に行わ...

  • No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

    フランス地図のまん真ん中より少しだけ南に下りた場所にオービュッソンという人口3300人ほどの小さな町があります。ミシュランで有名なクレルモン・フェラン(Clermont-Ferrand)と、磁器で有名なリモージュ(Limoges)の丁度真ん中あたり...

  • No.608フランスを代表する駄菓子カランバール、品薄の危機!

    フランス人で食べたことがない人はいないのではないか?というお菓子にカランバール(Carambar)があります。「No111フランスの子どもはみんな大好き!Carambarの魅力」でも以前紹介しましたが、元祖は細長いミルクキャラメルという感じで、素朴...

  • No.607ベルギー:1月27日~3月1日まで必要不可欠でない国外移動を禁止

    フランス北部在住者にとっては、隣の国というよりも隣の町という感覚のベルギーですが、パンデミックにより、距離が遠くなってしまいました。 ベルギーとフランスを繋ぐ橋(手前がベルギー)© KanmuriYuki ・...

  • No.606フランス:リルーパリ間のローカル電車が復活!

    フランスの北リル(リール)がパリとTGV(高速鉄道)で結ばれたのは1993年のこと。両都市を1時間で結ぶTGVの開通は画期的なことでしたが、それ以来、リルとパリの鉄道は直通のTGVのみとなって"しまい"ました。当然ながら従来の鉄道と比べ運賃は高く、...

  • No.605仏エピファニーのお菓子ガレット・デ・ロワ

    1月6日は、カトリックではエピファニー(公現祭)と呼ばれる日にあたります。イエズス誕生のあと、東方の三博士が贈り物をもって訪れたとされる日です。(参照:「No.63公現祭(1月6日)のお菓子galette des rois」)キリスト教徒の多い国で...

  • No.603新型コロナの変異種:ブレグジット完了を前に孤立するイギリス

    ブレグジット後の移行期間が終わるまであと10日。No deal(通商取り決めなし)の離脱を避けるべく、コロナ禍においてもイギリスとEUの最後の詰めが続いています。そのあたりのフランス北部への影響を今日は書こうと思っていました。ところがなんと、先週イ...

  • No.602ベルギー入国に新型コロナ陰性証明書が必要になります!

    ご存じの通り、フランスの北にはベルギーがあり、トゥルコアン市などは国境にぴったり接しています。場所によっては、同じ通りの向こう側とこっち側で国が違うというようなところもあり、フランス北部に住んでいると、ベルギーは隣の国というよりも隣の町という存在で...

  • No.601クスクスがユネスコの無形文化遺産に!

    北アフリカの代表料理クスクス(couscous)が12月16日ユネスコの無形文化遺産に登録されました!アルジェリア、モロッコ、モーリタニア、チュニジアの四カ国共同での登録となります。北アフリカの料理ですが、フランスではすでにピザと同じくらい市民権を...

  • No.600【速報!】仏リルのグランプラスに大観覧車の設置許可が下りました!

    フランス北部リルのグランプラスには、32年前から毎年この時期大観覧車とクリスマスツリーが設置されるのが恒例となっています。グランプラスからすぐ近くのリユール広場にはクリスマスマーケットが立ち、クリスマスを待つ暗く寒い季節の気分を温かく盛りあげてくれ...

  • No.599明日解禁!仏ボージョレ・ヌーヴォー

    毎年11月第三木曜に解禁となるフランスの赤ワイン、ボージョレ・ヌーヴォー。名前通りボージョレ地方で作られる一番乗りの「新酒」で、赤ワインには珍しく若いうちが飲み頃。一般的なフランスの赤ワインより、軽くフルーティな味を特徴とします。 ルビー色のボージ...

  • No.598フランス11月11日11時 今年も鳴ります!アルミスティスの鐘

    無名戦士の墓があるパリ凱旋門 ©Kanmuri Yuki 今日11月11日は、1が並ぶことから、中国では光棍节(独身の日)と呼ばれる大大大セールの日。一方日本では、ポッキー&プリッツの日というのどかな日でもあります。 ・ フランスの11月11日と...

  • No.597「博物館の夜」今年はオンライン開催と決定!

    今年16回目になるヨーロッパ博物館・美術館の夜(Nuit Européenne des Musées)。本来であれば、例年通り5月に催されるところ、今年はパンデミックの影響で、11月14日に延長されていました。ところが秋になって訪れた第二波!再ロッ...

  • No.596再ロックダウンのフランス、ハロウィーンにはブルームーンを

    昨晩10月28日、フランスは全国の再ロックダウンを決めました。発表は昨夜20時のこと、マクロン大統領による約20分間のスピーチです。スピーチ全容は、こちらから視聴できます。...

  • No.595夜間外出禁止令のフランス北部:オンラインでマッピング鑑賞!

    みなさん、ニュースなどでお聞き及びのことでしょうが、10月14日の夜マクロン大統領が10月17日からの非常事態宣言を行い、パリやリルを含む9都市での夜間禁止令(21時~6時)が、これも10月17日から施行されることになりました。今のところ6週間続く...

  • No.594フランス&ベルギー:あなたの髪、リサイクルできます!

    パンデミックの影響で、美容院から足が遠のいた方も多いと思います。伸びた髪をバッサリいく前に、ちょっとお耳を拝借。ロングでもそうでなくても、髪のリサイクルは可能です!下に主な情報をまとめてみましたので、ご覧ください。 そのカットちょっと待って!© K...

  • No.593十月の色は、なぜピンク?仏北部リルのモニュメントも染まります!

    10月に入りました。10月と言えば、フランスに限らず「 ピンク」がクローズアップされます。というのも、毎年10月は世界規模で「乳癌に関する啓発キャンペーン」が行われており、そのシンボルがピンクのリボンなのです。 リル市のOctobre Rose イ...

  • No.592トゥルコアンのエマウス3日間の大セール!

    今日は住民向け、しかも非常にローカルなお知らせです。トゥルコアンのエマウスが10月2,3,4日と三日間大セールを行います。 トゥルコアンのエマウスに貼ってあるピエール神父の写真(顔にぼかし加工をいれてあります) エマウスについては、こちらでも何度か...

  • No.591ニュイ・ブランシュKYOTO:日仏アートが京都を染める夜

    旅行にも行けないし、イベントはキャンセル続きだしとへこみがちだった方に朗報です。京都では今年も「ニュイ・ブランシュKYOTO」が開催されます。参加アーティスト140名以上。そのうち約半数はフランス人アーティストです。この機会にフランス現代アートの息...

  • No.589仏北部リルにヴィデオマッピングが戻ってきた!

    2018年春からフランス北部各地で開催されてきたヴィデオ・マッピング・フェスティバルについては、これまでも毎年紹介してきました。 過去記事例: No.410今週末(3/23-24)は、リールのマッピングフェスティバルへ!  No.420フランス北部...

  • No.588フランス北部マスク義務ゾーン拡大のお知らせ

    フランスでは、新型コロナ新規感染者が再び増加の傾向にあり、屋内屋外を問わず、全国的にマスク着用義務ゾーンが増えています。9月に始まる新学年度を前にして、学校でのマスク着用、またオフィスでのマスク着用のガイダンスなども発表されました。 © Kanmu...

  • No.587フランス北部2020年9月のブラッドリー事情

    No.583でお知らせしたように、9月第一週末予定されていた欧州最大の蚤の市と言われるフランス北部リルのブラッドリーは、今年2020年は中止となりました。 ただし、商店による小規模なブラッドリーが開かれる予定です。 今年は期待できないこのごちゃごち...

  • No586フランス北部リル運河沿いに夜市が立ちます!

    気温の上昇を感じることが多い数年。フランス北部リル周辺でも、たしか90年代はまだまだ30度を超える暑さでも例外的だったと記憶しています。それが今では35度を超える日が毎年あるくらいになりました。 デゥール運河 ©Suzy ...

  • No.584フランスでのホテル予約にぜひ試してみてほしいFairbooking.comサイト

    旅行、出張、移動の際、ホテル予約サイトを利用される方は多いと思います。フランスでも年々オンライン予約の利用者が増えていますが、実は大手の予約サイトはほとんどが本社がフランスにあるわけではなく、その利益は往々にして外国へと流れ、税金として国に入っては...

  • No.583フランス北部リルのブラッドリー2020年は中止になりました

    毎年のように案内しているフランス北部リルのブラッドリーは、中世に起源をもつ伝統ある町を挙げての行事です。古くは1127年の文献にその記述が見られるそうです。 現代では、欧州最大規模の蚤の市という位置づけで、町の通りがそのまま蚤の市会場になる様子は、...

  • No.582今年800歳を祝う仏アミアン大聖堂の光のショー、今夜から再開!

    最近では、マクロン大統領が生まれた町として話題に上ることが多いアミアン。とはいえ、この町の一番のシンボルはやはり大聖堂でしょう。フランスのゴシック式の聖堂の中で、最も内部空間が大きな建物です。重厚でありながら凝った彫刻が目立つファサードは美しく、繊...

  • No.578リルのピアノフェスティバル、今年はYouTubeで!

    音楽好き、特にジャズ好き、ベートーヴェン好きには耳寄りな情報です。 これまで、No.173、No.318、No.418などでお知らせしてきたように、フランス北部の町リル(リール)では、毎年6月、リール国立オーケストラ主催で、三日間のピアノ・フェステ...

  • No.577フランス人が連休明けを心待ちにする理由とは?

    No.574にも書いたように、昨日5/31はパントコート(聖霊降臨祭)だったため、今日6月1日はフランスでは祝日です。つまり、この週末は連休だったわけですが、今回に限っては、フランス人はむしろ連休明けの明日6月2日を心待ちにしています。なぜか? そ...

  • No.576馴染みのあの店も?!新型コロナで存続の危機

    約二か月のロックダウンを経て、今月半ばからさまざまな制限を解除しつつあるフランス。ここにきて、かなり大手のチェーン店複数の倒産危機が明らかになっています。今のところ特に目につくのは服飾関係と、インテリア関係の会社です。いずれも支払い停止状態にありま...

  • No.575フランス北部オープンしたビーチ一覧

    5月11日から徐々に外出制限が緩和されているフランス。ずっと立ち入り禁止となっていた海辺も開放されるところが出てきました。 ダンケルクの海辺 ©Kanmuri Yuki おりしも、今年は4月から夏の陽気の日もあるくらい暖かい春。フランス北部でもすで...

  • No.574フランスの母の日:なぜ今年は6月なの?

    今日5月10日は、5月の第2日曜で、日本では母の日です。 ヨーロッパでも、スイス、ベルギー、ドイツ、オーストリア、イタリアなどフランスの隣国の多くは、日本と同じ5月第2日曜に母の日を祝っています。 ママ大好き!とポーランド語で書かれたケーキ©Kan...

  • No.573フランス北部5/11以降も開かないショッピングセンターは?

    3月17日に始まったフランスの外出制限。 4月13日マクロン大統領がスピーチの中で5月11日を外出制限解除の日とアナウンス。 4月28日にはフィリップ首相が国会でその概要を発表。 その後、5月11日を目指し、解除の方法や条件が日夜論議されています。...

  • No.572連休中ディズニー・パリを家で楽しむ方法!

    パリ郊外マルヌ・ラ・ヴァレにあるディズニーランド・パリは、新型コロナウイルス感染防止のため、3月15日から休園しています。 休園までの背景 同園では、3月8日夜間のメンテナンス作業にあたる従業員が、最初の新型コロナウィルス陽性者となりました。その後...

  • No.571いつもと違う今年のラマダン、始まりはいつ?

    前回No.570では、いつ満月になるかによって復活祭の日程が毎年決まることを書きました。実は、今日お伝えするのも月が決める宗教行事日程の話です。 © Kanmuri Yuki それは、ラマダン。イスラム教における聖なる月です。 ...

  • No.570聖なる週から復活祭:パリ・ノートルダム寺院ミサ中継のご案内

    キリスト教で最も重要な行事 キリスト教で一番重要な行事は何か?と聞かれると、クリスマスを思い浮かべる人が多いようです。 イエズス・キリストの生誕を祝うクリスマスは確かに大切な行事ですが、それよりもっと重要なのは、処刑されたイエズスの蘇りを祝う復活祭...

  • No.569今夜はスーパームーン!今年最大の月を愛でましょう

    今日4/7から4/8にかけての夜、スーパームーンと呼ばれる満月が見られます。フランス語だと、Super Lune(シュペール・リュヌ)。ついでに言うと、4月の満月はピンクムーン(リュヌ・ローズ)とも呼ばれるので、シュペール・リュヌ・ローズということ...

  • No.568フランス:外出制限中も開いているお店はどこ?

    フランスでは、外出制限令が少なくとも4月半ばまで続くことが決まっています。食料品や医薬品などの購入はしても良いことになっていますが、そもそも開いている店のほうが少ないのが現実。 フランス北部リルの商店 ©Kanmuri Yuki...

  • No.567外出制限のさなか、フランス北部が提供するネット上のアクティビティ紹介

    フランスでは、当初2週間とされた外出制限令が、さらに2週延ばされ、少なくとも4月15日まで続くことになりました。 そういう背景もあり、前稿No.566で、ネットを通して触れられるフランス文化の一部を紹介しましたが、同様の動きはその後も増え続けていま...

  • No.566フランスの新型コロナウィルス対策変遷+日本から観賞できるフランス紹介

    新型コロナウィルス感染の広がりの推移 パリ市 © Kanmuri Yuki フランスで、最初に新型コロナウィルスによるフランス人死者が出たのは、2月26日のことでした(それ以前に中国人観光客が一人死亡)。それからまだ1か月もたたない今日3月20日。...

  • No.565仏ブルターニュ謎の文字解読作戦、結果発表!

    フランス、ブルターニュの小さな町プルガステル=ダウラスに残る、謎の文字が刻まれた岩々。2019年春始まったその意味を探るキャンペーンの結果が、このほど発表されました。 Plougastel-Daoulasに残る岩に刻まれた文字 キャンペーンを開催し...

  • No.564仏ブルターニュの浜辺に残る謎の文字、解読大作戦の行方

    2019年の5月書いた、フランスはブルターニュの海岸に残る謎の文字の解読者を募集するニュース記事を覚えていらっしゃいますか? こちらです!!   ⇓ 『No.506現代のシャンポリオン募集!仏ブルターニュ岩に刻まれた謎の文字』 ・...

  • No.563新型コロナウィルスCovid-19、フランスの現況

    フランスでは、昨日2/17に辞任したアニエス・ビュザン保健相に代わり、オリヴィエ・ヴェランが新しく保健大臣に就任しました。 その機会に、新型コロナウィルスのフランスでの現状を発表しましたので、ここに紹介しておきましょう。発表によれば、今のところ感染...

  • No.562パリ・ルーヴル美術館レオナルド・ダ・ヴィンチ展を3夜無料で開放!

    昨秋よりパリのルーヴル美術館で人気を呼んでいるレオナルド・ダ・ヴィンチ展。 レオナルド・ダ・ヴィンチ, La Belle Ferronnière © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) Michel Urtado ...

  • No.561フランス2~3月スト:2/17のパリはブラック・マンデーか?

    次から次へと湧きおこる新しいニュースに埋もれた感がありますが、実は、フランスの定年制度改革に反対するストの動きは、まだ収束していません。 今の時点で、大きなストやデモの可能性が高い日程を下に挙げておきましょう。 ...

  • No.559フランス北部リル、2020年世界デザイン首都に!

    「世界デザイン首都(World Design Capital)」というのは、2008年からカナダのモントリオールに本拠地を置くWDO(ワールド デザイン オーガニゼーション)(その前身は産業デザイン社会国際会議(International Coun...

  • No.558お得情報!フランス国鉄チケット500万枚大幅値下げ!

    ここのところのストで遠のいた利用者に戻ってきてもらおうと、フランス国鉄が思い切ったチケットの値段引き下げを行います! 期間は、1月23日(木)~30日(木)の一週間。 対象となるのは、今から2020年4月15日までのTGV Inouï と Ouig...

  • No.557最も安全な航空会社ランキング2020 by Airline Ratings

    世界の航空会社のランキングは、いくつかの機関が毎年発表しています。 そのうち、今日ご紹介したいのは、Airline Ratings によるもの。 ...

  • No.556フランス全国のUGC映画館で2019年の傑作鑑賞が一律3.5ユーロ!

    クリスマスの休戦協定もなく、スト持越しのまま年が明けたフランス。収束まではまだ時間がかかりそうで、パリ市内にはこれまで見たこともないほど多くの自転車が行き交う毎日です。 UGC Ciné Cité Lille...

  • No.555フランス北部リル無料クリスマスコンサートのご案内

    しばらくストの話題が続きましたが、せっかくの12月。クリスマスの催しも紹介したいと思います。 クリスマスを待つ期間、待降節にもすでに入り、リルでも無料のクリスマスのコンサートが複数予定されています。 リルのノートルダム大聖堂 ©Kanmuri Yu...

  • No.553フランス12/5スト:北部リルの交通網イレヴィアの運行状況

    かねてよりお知らせしているように、フランスは12月5日複数の職業の労働組合によるストが計画されています。 フランス北部リル(リール、Lille)とその周辺を結ぶ交通網イレヴィア(Ilévia) についても同様です。12月5日の運行状況の予測が発表さ...

  • No.552フランス12/5スト:運休となるユーロスターリスト

    今週木曜12/5に始まるフランス国鉄ストを受け、国際特急列車であるユーロスター(Eurostar)はすでに12/5~8の列車複数の運休を決めています。詳しくはこちらのサイト(英語)にありますが、下に運休となる列車リストを写しておきます。 ...

  • No.551フランス12/5からのストについて最新情報

    再び12/5スト関連の話題です。 No.548やその続報であるNo.549でお知らせしたように、フランスでは、12/5さまざまな職業のストが計画されており、特に交通網は全国的に麻痺状態になるとみられています。 パリ、シャルル・ド・ゴール空港のTGV...

  • No.550パリと北部を結ぶTGVストのお知らせ

    待降節近づく11月末になると、各地でクリスマスの催しが増えてきます。 次の記事では、フランス語でマルシェ・ド・ノエルと呼ばれるクリスマスマーケットや、クリスマスソングのコンサートなどを紹介したいと思っていました。 ところが、急遽来週のSNCFストの...

  • No.549フランス12/5開始のスト。1995年の再現か?

    No.548の続報 です。フランス政府の退職制度改正案に反発して、12月5日から決行される予定のストですが、業種を越えて更に広範囲に拡がりつつあります。 まず、旅行者にとって最も影響のある交通機関について今現在分かるところは次の通り。 夜のパリ北駅...

  • No.548フランス交通機関12/5から無期限ストの可能性高まる

    政府が長年懸案としてきた年金制度の改革に反発し、そこここでぷすぷすと煙を出すようにストが勃発しているフランス。 以前からツイッターでお知らせしているように、12月5日は、複数の職業間にまたがる大規模なストが決行されるおそれが強まってきました。 簡単...

  • No.546マリー・アントワネット最期の76日に寄り添ったロザリーの話

    フランス最後の王妃マリー・アントワネットが処刑されたのは、1793年10月16日のことでした。最期の日々を過ごしたのは、パリのコンシエルジュリー(Conciergerie)。 コンシエルジュリーでは、王妃の命日となる今年の10月16日から2020年...

  • No.545フランス国鉄10/19も続く「予告のないスト」と今後

    昨日10/18、フランス国鉄では、予告のないストが決行され、全国でダイヤが乱れました。パリでは、ロワシーのシャルル・ド・ゴール空港と市内を結ぶRERのB線のダイヤも大きく乱れました。 これは、10/16にアルデンヌ地方で起きた列車事故から、フランス...

  • No.544フランス第一回「城の夜」開催!

    ここ数年、文化イベントとして定着してきたものに、「〇〇の夜」があります。これまでも何度か紹介した「博物館の夜(La nuit des musées)」や「大聖堂の夜(La nuit des cathédrales)」「図書館の夜(la nuit d...

  • No.543仏リール、ロミーにはもう会いましたか?

    ここ数週間の間に、フランス北部リル(リール)を訪れた方。特に、フランス国鉄でリル・フランドル駅に降り立った方は、もうすでにロミーの歓迎を受けたことでしょう。 ロミー(Romy)というのは、先月9月14日にリル・フランドル駅に登場した女性の上半身像の...

  • No.542ベルギーで一番美味しいえびコロッケが食べられるレストラン!

    ベルギーは、知る人ぞ知る食通の国。その名物料理には、ウサギのビール煮、牛肉のビール煮、アンディーブのグラタン、ムール・フリット、ワッフル、スペキュロスなどが数えられ、そのうちのいくつかは、フランス北部の名物料理とも重なります。 えびコロッケ(コンク...

  • No.541ヨーロッパ文化遺産の日は、今週末です!

    毎年9月の第三週末は、「ヨーロッパ文化遺産の日」。今年で36回目となるこの催し、簡単に言えば、美術館、博物館、教会、文化施設、企業、アトリエ、工場、モニュメントなどなどが、門戸を開く日です。 JEP2019のポスター ヨーロッパ文化遺産の日とは? ...

  • No.540仏コンピエーニュで国際花火コンクール開催!

    日本で花火というと、やはり季節は夏!ですが、海外ではそうとも限りません。 フランスの場合、確かに7月14日のパリ祭には花火が欠かせませんが、夏至から間もない時期とあり、日が驚くほど長く、花火が始まるのは11時も回ってから。子どもなどは、花火開始前に...

  • No.539フランス北部9/14イベントまとめてご紹介

    新年度となる9月に入り、フランスはどこも文化イベント花盛りです。 明日9/14土曜日にも、注目したいイベントが複数あり、とても一つずつ取り上げている時間がないので、ここに3つまとめてご紹介します。 ...

  • No.538パリのメトロ、ストの後はオールナイト運行!

    No.536でお知らせしたように、今日9/12夜から9/14朝7時まで、大きなストが予定されているフランス・パリの交通機関RATP((エール・アー・テー・ペーと読みます!)。 RATP社は、地下鉄(メトロ)、バス、路面電車(トラム)、RER近郊列車...

  • No.537パリのツタンカーメン展会期延長のお知らせ

    「No.486パリで50余年ぶりにツタンカーメン秘宝展開催!」で紹介したエキスポ。想像以上に反響が大きく、書いた私もツタンカーメンの人気ぶりを実感しています。 紀元前1324年に僅か18歳でこの世を去ったツタンカーメン王は、3300年以上も経った現...

  • No.536パリの交通機関RATPストのお知らせ

    フランスの首都パリの地下鉄、バス、トラム(路面電車)と一部RER(A線とB線)を運営管理しているRATP社の労働組合の大半がストを計画しています © Paris Tourist Office - Photographe : Amélie Dupon...

  • No.535フランス北部ブーヴィーヌ「音と光」中世祭のご案内

    フランス北部リル(リール)から、約15キロメートル東に、ブーヴィーヌという町があります。フランス史に詳しくなければ特に目を止めることもない地名ですが、実はブーヴィーヌは、歴史の重要な舞台となったことがあるのです。 ブーヴィーヌの戦いの顛末を語る聖ピ...

  • No.534フランス北部ワットルローのベルルーフ祭!

    9月に入り、週末は何かとイベントの多いフランス。今年は、9月1日が日曜なので、9月の第一週末を、8/31-9/1と考えるか、9/7-8と考えるか、それぞれのイベントで差があるようです。 リル(リール)のブラッドリーは、8/31-9/1を第一週末と考...

  • No.533仏北部アルマンティエール、中世から続くニユール祭!

    フランス北部では、9月以降さまざまな伝統のお祭りが開かれます。 この地方(フランス北部からベルギーにかけて)の祭りの特徴には、大まかに言って、下の2点がよく見られます。 1)街頭でパレード(しばしば土地の「巨人」が参加)を見学する 2)高い位置(多...

  • No.532フランスなど9月のスト予告まとめ

    フランスの9月は新年度の始まり! さまざまな活動が再開され、世の中はにぎやかに。紙面を飾るニュースも溢れんばかりの季節です。 一方、同じように9月になって再び表面化してくるのが社会問題。 ということで、労働組合によるストの呼びかけがあちこちから聞こ...

  • No.531パリ・オリンピック:フランス人幹部が東京に学ぶ極意?

    東京オリンピックまで1年を切り、日本では交通機関をはじめ各方面で準備調整が取られています。エスカレータを歩かないようにする、とか、来年5月から東京―鹿児島間の新幹線に持ち込む大型スーツケースは申請が必要になるだとか、挙げる例にも困りません。 ところ...

  • No.530仏シャンボール城500周年当日を迎えます!

    フランス、ロワール川沿いの数あるお城の中でも、最も美しいもののひとつに数えられるのが、シャンボール城です。 シャンボール城 ©Jean-Michel Turpin フランス国王フランソワ1世とレオナルド・ダ・ヴィンチの構想をもとに着工されてから、来...

  • No.529パリ南西サン・クルー公園の大花火大会!

    パリからやや南西に位置するサン・クルー(Saint-Cloud)公園は、磁器で有名なセーヴルの近く、ちょうど、パリとヴェルサイユの間あたりにに位置する巨大な森の中の庭園です。その歴史は、16世紀にフランス国王妃カトリーヌ・ド・メディシスが土地を購入...

  • No.528マッピング・フェス最後を飾るのはアラス!

    前稿に書いたように、ヴァカンスの終わりと新年度の始まりが重なる今週末は、イベント盛りだくさん! アラスの鐘楼を照らすVideo Mapping Festival アラスでは、無料のヴィデオ・マッピングがお勧め! これは、No.485で幕開けを紹介し...

  • No.527欧州最大級の蚤の市「リルのブラッドリー」2019年は8/31-9/1開催!

    毎年のことですが、8月も15日を過ぎると、フランスのヴァカンシエ(ヴァカンス中の人々)たちが、ぞろぞろと都市部に戻ってきます。そうして、夏の間、町ではまばら気味だったイベントの類が、一気にあちこちで再開します。 今年は、9月1日が日曜日。9月の第一...

  • No.526マティス美術館庭園を占拠する真っ赤な彫刻!

    画家アンリ・マティスといえば、鮮やかな色彩、シンプルな切り絵、迷いのない力強い線などが頭に浮かびます。南仏で過ごした晩年のせいか、つい南のイメージと重なりますが、実は、その生まれは、フランス北部のことでした。 ル・カトー・カンブレジ©Kanmuri...

  • No.525フランス、ル・ブルジェ航空宇宙博物館の無料イベント『星々の夜』!

    今日は、空好き、天文好き、宇宙好きな方へのお知らせです。 表題通り、フランス、パリ北方のル・ブルジェ航空宇宙博物館(Musée de l'Air et de l'Espace au Bourget)で、『星々の夜(La Nuit des étoil...

  • No.524仏モン・サン・ミシェルに赤い鳥居!その理由お教えします。

    フランスの観光地の中で、世界的に知名度の高い場所のひとつが、ノルマンディのモン・サン・ミシェルです。遠くから見るとまるで要塞のようにみえるモン・サン・ミシェルは、小島に築かれた聖ミシェル僧院を取り巻くように建物が増え、今のような様相となりました。 ...

  • No.523月面着陸から50年!仏北部リルでの週末イベント紹介

    1969年7月20日、アポロ11号が月面着陸し、人類が最初の一歩を月に踏み出してから、今年でちょうど50年になります。 Eldorado 月の週末イベントポスター それを記念し、パリのグランパレでは「月」展が来週まで開催中です。このエキスポについて...

  • No.522ムーラン・ルージュの屋根の上で無料の映画を見る夕べ

    パリのムーラン・ルージュといえば、元祖キャバレーともいえる場所。 ただし、日本のキャバレーを連想してはいけません。 フランスでキャバレーと言えば、ダンスや歌のナイトショーを堪能できるクラブのことです。その中でもムーラン・ルージュやリドなどのショーは...

  • No.521フランス北部リルのメトロ夏期工事のお知らせ

    No.520では、フランス北部の交通機関Ilévia(イレヴィア)のトラム工事をお知らせしました。今回は、それに続き、メトロの工事のお知らせです。 ...

  • No.520フランス北部リルのトラム夏期工事の詳細

    前稿では、パリの交通機関の夏期工事についてお知らせしましたが、フランス北部トゥルコアンでも、この夏はトラムが工事のため長期間動いていません。 6/29~8/26までトラムの工事中と書いてある停留所©Kanmuri Yuki ...

  • No.519パリ交通機関2019年夏期工事による一部閉鎖のお知らせ

    ヴァカンス大国として知られるフランス。実際、夏は都会の人口が減り、いろいろな経済活動が緩やかになったり、ストップしたりします。 それを思えば、交通機関が、パリの人口が減るこの時期を狙って工事を行うのも無理ないことでしょう。とはいえ、観光客はそれと知...

ブログリーダー」を活用して、冠ゆきさんをフォローしませんか?

ハンドル名
冠ゆきさん
ブログタイトル
地球の歩き方フランス・トゥルコアン特派員ブログ
フォロー
地球の歩き方フランス・トゥルコアン特派員ブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用