searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

風になれさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
風になれ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kaze2008kaze
ブログ紹介文
大自然のふところで山歩きを楽しむ生活。 いつの日にか、森にそよぐ風になれたら・・
更新頻度(1年)

246回 / 365日(平均4.7回/週)

ブログ村参加:2014/09/30

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、風になれさんをフォローしませんか?

ハンドル名
風になれさん
ブログタイトル
風になれ
更新頻度
246回 / 365日(平均4.7回/週)
フォロー
風になれ

風になれさんの新着記事

1件〜30件

  • 2021/06/13

    2021/06/13

  • 山に向かう

    さあ、金曜日だ。ここしばらく真夏のような太陽の晴天が続いたけど、この週末は梅雨らしい天気に逆戻りする予報。山が僕を呼んでいる。息が詰まりそうな街から抜け出そう。仕事を終えたら山に向かおう。山に向かう

  • iPhoneとApple Watchの連携

    アップルウォッチをつけ始めて日が浅いので、まだ機能の全容はつかめていない。バッテリーは一日で50%程度まで消費するので、毎日充電している。コロナ禍でマスクをした状態でiPhoneを使い始めることが多い。ところが顔認証ではじかれるのでマスクを外して顔認証をしなくてはならないのが面倒だった。AppleWatchをつけているとiPhoneと同期をとってくれるので顔認証をしなくてもスマホが使えるようになった。ちょっとした利便性だけど、マスクを外す手間が省かれるのは大いに助かる。AppleWatchの世界の入口に立ったばかり。探究心を煽られる日々だ。iPhoneとAppleWatchの連携

  • アップルウォッチとFitbit

    アップルウォッチを買った。これまでずっと気になっていたアイテムだったけど、長くFitbitという活動量計を腕にはめて活用してきたので乗り換えるタイミングがなかなか掴めなかった。どちらもスマートウォッチとしては優越つけがたいアイテムだ。ただアップルウォッチの血中酸素量が測定できる機能に惹かれていたし、もともと僕はMacFanなので、いつかはアップルウォッチとは思っていた。それで今回、満を持してApple社からアップルウォッチをネット購入したというわけだ。届いた梱包を開いて、アップルウォッチをあれこれいじっている僕を見て、娘が冷ややかに一言。しばらく、これで楽しく遊べるね。新しいアイテムの機能や使い方を探るのは楽しいものだ。飽きない。これまで使ってきたFitbitは娘に払い下げ。娘は喜んで腕にはめた。これから大切に...アップルウォッチとFitbit

  • 芝刈りの季節

    新しい一週間が始まる。金曜日の夜からのOFFタイムで心身ともに完璧にリフレッシュできた。睡眠も十分とれた。気持ちのいい朝だ。友人からホールインワンの報が内祝いの品とともに我が家に届いた。コンペでホールインワンをされたようだ。僕はゴルフをしないのでよくわからないけど、ホールインワンは狙って達成できるものではないと思う。運だ。持っている運がなしえた偉業だ。おめでとう。僕は毎週、山小屋の芝刈りに精を出している。ゴルフに行くことを芝刈りに行くという言い方があるけど、僕の芝刈りは正真正銘の芝刈りだ。芝刈り機のエンジンをブルンブルン言わせて草を刈る。今の時期、雑草は勢いよく伸びる。1週間もすれば雑草が大きく伸びているので、毎週の芝刈りをサボるわけにはいかない。今週末も芝刈りだ。芝刈りの季節

  • 金曜日の朝

    さあ、金曜日だ。朝から外は雨だけど、心の中は晴天、日本晴れ。僕の1週間はこの日のためにあるといっても過言ではないくらい。気持ちのいい朝だ。金曜日の朝

  • 梅雨の合間に

    今週末は晴れの予報だ。週末だけは雨が降らないでほしいと毎週祈る気持ちで願っているけど、願いが通じたのかもしれない。6月に入った。今年も早半ばだ。断捨離とかあれこれやらなくっちゃーと思うことは山積しているけど、なかなか進まない。コロナのせいではなくて、僕の気持ちのせいだ。鹿肉を友人からいただいた。さっそく唐揚げにした。猪肉も鹿肉も脂がさっぱりしているので大好きだ。美味しくいただいた。さあ、今週もあと二日。そろそろ準備をして仕事に出かけよう。梅雨の合間に

  • 癒し隊長のバースデイ

    我が家の癒し隊の隊長が6回目の誕生日を迎えた。早いものだ。ハナちゃんのために大好物の鶏肉のモモ肉を美味しく焼いてバースデイを祝った。食べるものを食べると娘の腕の中で最高速おネム〜。癒し隊の隊長さん、毎日お仕事、ご苦労さま。これからもよろしく。癒し隊長のバースデイ

  • ロザリアンの熱い思い

    今朝のラジオ深夜便「明日へのことば」で園芸研究家の高木絢子さんの話を聴いた。50年越しの生粋のロザリアンだ。バラに対する熱い思いが話ぶりからひしひしと伝わってきた。花を咲かせるのは労働だとあっけらかんと言われた。薔薇中心の生活を過ごされている。そして薔薇を学ぶために毎年のように海外に行かれている。その熱意は尋常じゃない。年齢を感じさせないロザリアンの話のお陰で、爽やかな一日のスタートがきれそうだ。ロザリアンの熱い思い

  • 足元を見つめる

    一日一日、過ぎるのが本当に早い。ついこの前、お正月だったような・・・。何より一日24時間が早いこと。朝、出勤し、仕事帰りにスポーツジムに立ち寄って、家に戻り夕食を食べ終えたら一日の終わりだ。こうして一日、一月、一年が足早に過ぎていく。まさに光陰矢の如しだ。歳をとるはずだ。コロナ禍で気ままな旅に出ることも、山登りの遠征も自粛して、積もった本を友とする内向的な生活が続いている。長い人生の中で、このように一度立ち止まって自分の足元を見つめるのも悪くはないと思っている。足元を見つめる

  • 月曜日の朝

    月曜日の朝だ。土日はとびきり気持ちのいいお天気だった。週末が天気に恵まれると月曜日を気持ちよくスタートが切れる。娘と二人分の味噌汁と卵焼きを作って、一人朝食を済ませた。娘はハナと一緒にまだ寝入っている。平々凡々な静かな朝。僕一人だけの世界。食後のコーヒーを飲みながら、出勤時間まで過ごす至福の時。月曜日の朝

  • ワクチン接種の選択

    メディアで毎日流れる情報や身の回りの話題はもっぱらコロナ、コロナ。これでは自然と気が滅入る。それほど騒ぎ続けるほどの話題かと開き直りたくもなる。ワクチン接種の予約騒動もうんざり。一日でも早くワクチン接種を望む人がいる限り、僕はワクチン接種をせずにそういう人たちに貴重なワクチンを譲ろうと考えている。そして国民に一通りワクチン接種が行き渡った時に、改めて僕はワクチン接種という権利行使の選択と向き合おうと思っている。ワクチン接種の選択

  • Mountain Mountainのアイス

    今年は早い梅雨入りだった。例年より22日ほど早いので、梅雨明けも早いのかと思ったら、どうやらそういう単純なものでもないらしい。早い梅雨明けは期待できず、長梅雨になる可能性が高いという記事を読んでガックリ。手練り練乳のお店『MountainMountain』に立ち寄ってアイスを食べた。とにかく、美味しい。練乳のアイスだからシンプル。そのシンプルさが練乳アイスの味を際立たせて、美味しかった。癖になりそうなアイスの味だった。毎週通い続けている蒜山だけど、まだまだ知らないことがある。知らない味がある。MountainMountainのアイス

  • 上蒜山を歩く

    久しぶりの山歩きだった。梅雨入り直前の曇天だったけど、土曜日の朝、上蒜山の登山口に向かった。稜線に出ると気持ちのいい風が吹き抜けて心地よい。額に汗が垂れてきた。気持ちのいい汗だ。蒜山山頂に着く頃、空が怪しくなってきた。小雨も時折落ちてきた。少し休んでから下り始める。登山者が少ない。お天気がすぐれなかったためか、山中では数組の登山者と出会っただけだった。出発してから3時間半足らずで上蒜山を往復し、雨が降り出す前に小屋に戻ることができた。上蒜山を歩く

  • 週末の朝

    花金の朝。週末だ。僕の心のカレンダーでは今日で1週間がおしまい。完全にオフになる最終日だ。今週も、夕方から県北に向かおう。岡山も梅雨入りが近いのかなあ。今日も朝からどんよりした空だ。週末は曇り空になりそうだけど、雨は降らないでほしいなあ。さあ、そろそろ仕事に向かおう。週末の朝

  • 生涯現役の道 その3

    生涯現役を貫くために必要なものは気力と体力。気力、意欲のメンタル面を支える体力が源なので、前提として健康であり続けなくてはいけない。僕はどちらかと言うと健康意識は高い方だと自負している。体重も運動量も日常的にチェックしているし、食生活も野菜を採るように心がけているし・・・。タバコはやらないし、お酒は週末だけだ。毎週、4〜5日は休肝日を設けているし・・・。ストレスを溜めないセルフコントロールもやっているし・・・。しかし、いくら気をつけていても想定外のことは起きうるものだから、あとは神のみぞ知るだ。運を天に任せるほかない。生涯現役をどこまで続けられるか、自分自身に対する挑戦状のように見えてきた。生涯現役の道その3

  • 生涯現役の道 その2

    生涯現役というと聖路加国際病院の日野原重明先生だ。4年ほど前に105歳で亡くなったけど、正真正銘、生涯現役を貫かれた。105歳まで現役を続けることは言うは易く、行うは、なかなか凡人にできるものではない。僕は時々、亡き妻の言葉を思い出す。彼女は、生前、僕にちょくちょく「お父さんは死ぬまで働いてね」って言い続けた。ことあるごとに「死ぬまで働いて」って笑顔で僕を説いた。そしてその言われたままにその道を、今、トレースしようとしている。死ぬまで働くことを選択した以上、楽しく明るく生涯現役の道を進みたい。生涯現役の道その2

  • 生涯現役の道

    毎日のように税金の納付書が届く。車の自動車税、バイクの軽自動車税に不動産の固定資産税・・・。口座振替の手続きをしているので振込の手間はかからないけど、支払いばかりでは気分的に凹む。まだ今は現役のため毎月手元に入ってくるものがあるからこれくらいの凹み感ですんでいるけど、これが年金生活だったら精神的なダメージは相当なものだろうなあ。引き算ばかりの生活だとこんなに次々と納付書で支払いを迫られると気分がどよーん思考回路に陥りそうだ。そうならないためにはどうする。生涯現役の道を貫いて、いつまでも働き続けて、いつか力尽きたらバタンと斃れる道か。仕事をするのは好きなので、そういう道もいいかなあ。どんな仕事でもいいから生涯現役を貫くかあ・・・・。生涯現役の道

  • Royal Saluteを愉しむ

    ゴールデンウィークがあっという間に終わってしまった。また、気持ちをもとの生活に戻して、今日から気持ちも新たに仕事に向かおう。息子の工房で大切にしまっていたスコッチウィスキーRoyalSaluteの封を切った。長年放置していたボトルなのでコルク栓はボロボロになっていた。ストレートで一口ふくむ。旨い。ウィスキーの味はよくわからないけど、21年物はやっぱり違うなあ。香りが深くて、まろやか。いい酒は違うなあ。いい酒を静かに嗜む歳になってきたということなのかなあ。RoyalSaluteを愉しむ

  • あっという間の5日間

    あっという間の5日間だった。あれこれとやりたいことは山ほどあったけど、結局これと言ったことは何もできなかった。ただ、のんびりと過ごしただけ。時間に縛られず、小鳥のさえずりで目を覚まし、気ままに本を読んだりした。孫たちが訪ねてきたので、孫のペースで一緒に遊んだ。こんな幸せな時間もいい。こんな連休の過ごし方もいい。あっという間の5日間

  • 5連休が待ち遠しい

    久しぶりに朝から雨が降り続いている。連休が迫っているので、今は雨が降ってもいいけど、連休中は晴れてほしいなあ。5連休なんてやっぱりゴールデンで贅沢に感じる。さて何をしようか。山にも登りたいし、自転車も漕ぎたいし、ランニングもしたいし、GS-Adventureバイクで走りたい。本も読みたいし、ギターも弾きたいし、ハンドパンも奏でたい。散歩もしたい。この週末の5日間にやりたいことは尽きない。金曜日の夕方が待ち遠しい。5連休が待ち遠しい

  • たかが水、されど水

    やっと水が出るようになった。水に不自由する長い長い山小屋生活からついに解放された。井戸の水道工事が無事終わったと業者の方から電話が入った。金曜日の夜、山小屋に入り、真っ先に蛇口をひねると水が渾々と出た。やったあー!ただ水が出るさまを眺めるだけで自然と顔がほころぶ。うれしい。水に不自由する生活が長く続いたお陰で、水のありがたみが骨身に沁みる貴重な経験ができたとも言える。流れ出る水をガラスコップに汲んで久しぶりに井戸水を飲む。美味い。水道水とはまるで違う別物の天然水だ。コーヒーを淹れる。コーヒーの味もまるで違う。うまい。たかが水だけど、されど水だ。美味しい水を心ゆくまで飲める幸せ。人間が生活する上で水って大切なんだなあ。豊かな自然界に恵まれた日本。水だけ取り上げても日本は世界一、天然自然に恵まれた素晴らしい国だと思...たかが水、されど水

  • 井戸工事

    さあプレミアムフライデーの花金だ。今日から山小屋の井戸の工事が再開する。すでに井戸の掃除作業は終わっているので、あとは工事が早く無事完了することだけを強く願っている。今晩から水が使えるかどうかまだわからない。それでも、期待で胸を膨らませながら仕事を終えたら山に向かおう。井戸工事

  • 老後を考える

    ラジオ深夜便「明日へのことば」で社会学者の上野千鶴子さんの話を聴く。全共闘世代の学者らしく切れ味のいい老後の話は痛快だった。特に介護保険の話は色々と考えさせられた。人生100年時代に入った日本にとって老後問題は喫緊の課題だ。介護保険制度施行後20年経過したことで現場は確実に変わったが、社会保障費を抑えたい国家財政の事情から介護保険の行く末は不安なのだとか。僕も下り坂に入っている。知的好奇心の高い人も手先を使う人も誰でも認知症になる。目指せ要介護認定者と上野千鶴子さんは話を締め括られた。要介護も認知症も期せずしてその時が訪れたら素直に受け入れるしかないという覚悟は必要だろう。老後を考える

  • オリンピックの応援の仕方

    今朝のラジオ深夜便「明日へのことば」にパックンことパトリック・ハーランさんが登場。日米のスポーツのあり方の違いが面白かった。10歳から18歳まで毎朝、近所の新聞配達をされたそうだ。その時に乗った自転車を今も日本で大切にされているとか。パックンはスポーツ大好き人間で、いろんなスポーツに取り組まれた話は愉快だった。話の最後に東京オリンピックの話題になり、日本人ばかりの観客になりそうなので、日本人が各国の応援団をすることを提案された。とてもいい提案だ。2019に日本で開催されたラグビーW杯でも日本人が各国の応援を楽しんだことがあったので、日本人選手ばかりを応援するのではなくて、外国の選手を代理応援をする楽しみ方が広がるといいと思った。オリンピックの応援の仕方

  • 水風呂

    水風呂にハマり、今ではすっかり生活習慣レベルまで日常的に定着している。平日、スポーツジムでも水風呂に入り、週末に関金温泉に行っても水風呂は欠かせない。何ていうか冷暖の妙というか、大きな温度差に快感を覚える。ジムでは僕が水風呂に静かに浸かっている姿を見た仲間たちから、行でもしているのか、と揶揄われるけど、行をしている意識はない。単に気持ちがいいからだ。考えてみると、滝に打たれたり、清流に浸かって精神修養をする人も僕と同じような気持ちよさを感じているからじゃないのかなあ。湯上がりの気持ちよさと言ったら他に例えようがないくらいの気持ちよさがある。水風呂は僕にとって毎日の元気の源になっている。水風呂

  • 雑草との闘い

    芝刈り機をひっぱり出してきた。今年、初出動だ。雑草が少し伸びてきたので、早めに刈ることにした。ガソリンを補給してエンジン始動。ハナちゃんは芝刈り機のエンジン音を恐れることもなく、付かず離れずの距離を保ちながら芝刈り作業を見守っている。娘は黙々と雑草を抜き取ってくれた。雑草との闘いは始まったばかりだ。これから雪花が舞う頃まで闘いは続く。さて、今週末には井戸の修繕工事が始まるはず。のんびりした工事屋さんさんなので延び延びが続いて今週になった。工事が始まる予定だけど未定かもしれないなあという諦観の境地だ。井戸水が出たらもっけもんくらいの小さな期待を持っている。雑草との闘い

  • 2021/04/18

    2021/04/18

  • 週末の過ごし方

    さあ、花金だ。でも山小屋の井戸工事は来週末まで延期になったので、ややテンションは下がり気味。特に娘は・・・。水に不自由する生活はQualityOfLifeのレベルが下がるので、娘のテンションが下がるのは仕方ないけど・・・もうしばらくの我慢だ。ハナちゃんのフィラリア予防薬とノミ・マダニ予防薬をもらいに動物病院まで娘に行ってもらい、ついでにフィラリア抗原検査をしてもらった。検査結果は陰性、一安心だ。検査は健康を確認するためだけど、山のなかに連れて歩くことがあるので念のための検査だ。週末はまたのんびり散歩を楽しもう。新緑が眩い季節だ。Haveaniceweekend!週末の過ごし方

  • 池江璃花子さんの復活

    昨晩、11:40から再放送されたNHKスペシャル番組を観た。池江璃花子さんが白血病から立ち直って競泳に復活するまでの苦闘を語り、その様子が映し出された。深夜だけど、眠気も吹っ飛び、食い入るように最後まで見続けた。テレビを見ながら、100日後に始まる東京オリンピックで池江璃花子さんが泳ぐ姿をぜひ世界中の人たちに観てもらいたいと強く思った。きっと病気と闘っている世界中の多くの人たちに希望と勇気をあげるはずだ。璃花子さんの笑顔が素晴らしい。病気と真剣に向き合い、奇跡の復活を遂げた池江璃花子さんが東京オリンピックのプールの舞台で活躍する姿を早く見たいものだ。池江璃花子さんの復活

カテゴリー一覧
商用