searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

紅井 藻花(アカイモカ・akai-mocha)さんのプロフィール

住所
出雲市
出身
出雲市

出雲市在住 アマチュア写真家・ブロガー 鉄道・花・コハクチョウ・夕方、時々ポートレート撮影を楽しんでいます。

ブログタイトル
good choice~出雲人 紅井藻花(アカイモカ)の写真日記~
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/akai-mocha
ブログ紹介文
好きな場所に出かけて、好きな写真を撮って、刺激を受けて感じ得たことを投稿しています。
更新頻度(1年)

48回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2014/09/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、紅井 藻花(アカイモカ・akai-mocha)さんの読者になりませんか?

ハンドル名
紅井 藻花(アカイモカ・akai-mocha)さん
ブログタイトル
good choice~出雲人 紅井藻花(アカイモカ)の写真日記~
更新頻度
48回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
good choice~出雲人 紅井藻花(アカイモカ)の写真日記~

紅井 藻花(アカイモカ・akai-mocha)さんの新着記事

1件〜30件

  • 山陰モデル撮影会~桜井かや撮影会 その1~

    2020年9月21日(月・祝)晴れお彼岸に入って3日目、各地で彼岸花(曼珠沙華)が咲き出している良い天気の朝を迎えました。朝から松江市内にいたけど、連休ということもあり、市街地は県内・県外のナンバーの車が混雑して、久しく見ない活気を感じました。用事を終えて、午後からおよそ2か月ぶりに山陰モデル撮影会に参加させていただきました。モデルさんは広島から来られた桜井かやさんです。彼女を撮れることはとても嬉しく思ってました。7月のスタジオシルクで行われた撮影会での、彼女の活気ある姿からたくさんの刺激を感じて、とても楽しい想いで終わったから、今回の撮影会はとても楽しみにしていました。そして、今回は松江の古浦海水浴場での水着撮影会でした。撮影会全体を通して、天気に恵まれたし、初めて来た海水浴場ですが想像していたよりもきれいな...山陰モデル撮影会~桜井かや撮影会その1~

  • 彼岸花の季節

    2020年9月18日(金)雨のち曇り秋雨前線の影響で大雨の朝を迎えました。一気に気温が下がって、エアコンを掛けなくても車で移動できる時間が増えました。だけど、正午に行くにつれて、日差しが入り、やはりエアコンを掛けなきゃ不快になる。温度管理が難しいものです。夕方、いつも撮影する一畑電車沿線へ出かけました。明日から彼岸入りしますが、面白いものでタイミングよく沿線に花が咲き始めました。朝の雨で水たまりがまだ残っていたので、水に映る像を入れて、連写してみました。しかし、まだまだです。だけど、彼岸花は短いので1日が肝心。明日はあるかな。彼岸花の季節

  • お彼岸前のひまわり

    2020年9月17日(木)曇りのち大雨もういいや、もうこれで終わりかなと結論付けても、今どうなっているのか気になって、前回撮影した場所を車で近づいてみると、今度は別のひまわりが花が咲いて、また一畑電車が走るころを見て連写している私。紫陽花の盛りが過ぎる7月半ばから撮影をして、9月に入ってお彼岸に近づくこの時期にも撮影している。7月と違い、オレンジ色のコスモスの花の数が増えて、それらとともに景色を作っていました。ひまわりは、一斉に咲いて、一斉に土へ帰るか、人の手で処分されるものと思っていたが、それは思い込みだと知りました。背伸びして数多く一斉に咲いた光景も好きだが、咲いては枯れ、それと合わせて別の花が咲く光に花畑の面白さを知りました。あとは夕方の西の空の色次第で、全く雰囲気が変わります。9月に入り日の入りも早くな...お彼岸前のひまわり

  • トロッコ列車奥出雲おろち号で秋を感じた日

    2020年9月6日(日)晴れ時々曇り新型コロナウィルス感染拡大防止のため、4月に運行中止していたトロッコ列車奥出雲おろち号が、8月21日の金曜日より運行再開になりました。4月の日曜日に乗る予定で切符を撮っていたが、乗る2日前に運行中止になり、今年はもう乗ることはできないだろうと割り切ってましたが、再開できたことは嬉しいです。しかし、9月6日は台風10号の九州西接近に伴い、また運行中止になるのかなと3日前より心配していました。5日の夜は松江の方で雷と大雨でJRもバタデンも運行に影響が出ていたから尚更でした。それを理由に、翌朝にもダイヤに影響が残り、トロッコ列車奥出雲おろち号の出雲市出発が中止になり、出雲市駅から普通列車で宍道駅で、宍道駅から木次線へ乗り換えて木次駅へ向かいました。私と同じ思いをされていた方々と移動...トロッコ列車奥出雲おろち号で秋を感じた日

  • ひまわりのしずく

    2020年9月2日晴れのち曇り、だんだん強い風9月に入ってもひまわりの花を撮っている。今年ほどひまわりの花を撮った年はなかったと思う。それゆえにひまわりの花にもいろんな咲き方があるのだと知りました。こんなにもたくさん撮る機会があったのも7月から8月にかけて、台風の発生があっても、島根にはほとんど影響を受けなかったこと、梅雨が明けてから晴れの日が続いていることも理由にあるのかもしれない。しかし、今日の昼から空が多くの雲に覆われるようになり、暑かった午前が一気に気温を下げ、夜に進むにつれて風が強く、熱を帯びて吹き続けて、夜なのに外が熱いです。この風はそのひまわりたちにもダメージを受けないことはないだろう。今回の台風で大きな災いが起きないことをただただ祈るだけです。ひまわりのしずく

  • 伯備線のひまわりたち

    前回のブログの続きのお話です。山守駅跡を出発して、大山の南側の道路を通って、伯耆町へ向かいました。道中、こちらも霞んだ景色に見舞われて、カーナビなしでは不安になるであろう運転をしていました。正午を過ぎるのに幻想的な現象でした。植田正治写真美術館の前を通って、JR伯備線沿いに咲くひまわり畑をネットの情報をもとに探しました。岸本駅の近所にたくさん咲いている場所を見つけました。限られた面積に同じ方向を向いている花々は暑い外に出ていても、そのことを一瞬でも忘れさせてくれるくらい癒される景色でした。まもなく米子駅を出発した特急やくもが右から左へ通過しました。速いスピードで風を呼び起こして、花々の向きも変えるくらいでした。普段撮る一畑電車とは違うインパクトを感じました。来年も撮りに出掛けようかな?伯備線のひまわりたち

  • 旧国鉄倉吉線山守駅跡へ行く

    前回のブログの続きのお話です。泰久寺駅跡を出発して、旧国鉄倉吉線山守駅跡へ向かいました。6年前に出かけたときは、周囲は雪に包まれて、1月にもかかわらず柿の木の枝にまだ実が、オレンジに輝いて土に落ちてなかったのが印象的でした。今回は、霞んだ空の下、緑に囲まれて、車の窓を開けると涼しい風が入るかなと思ったが、生温い風でした。小鴨川を渡ろとすると対岸に倉吉線の橋梁であったとみられる施設が見えました。現場に寄ってみると、草の中に階段があることを知りましたので、上がって線路跡に行ってみました。草の中に錆びたレールを確認しましたし、ここから遠くを眺めると、小鴨川の向こうは山で木々に包まれてますが、あの中にきっと泰久寺トンネルがあり、それを越えると間もなく竹が聳えたレールの上を通り、泰久寺駅に到着していたのでしょう。その後、...旧国鉄倉吉線山守駅跡へ行く

  • 旧国鉄倉吉線廃線跡(泰久寺駅)へ行く

    前回のブログの続きのお話です。平田の一畑電車沿線沿いに咲くひまわりの花を撮影した後、鳥取県の倉吉市内へ向かいました。新型コロナウィルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が発令されて解除されて初めて鳥取県に入りました。SNSのフォロワー様の投稿を見て、撮影会で知り得た写真家さんの写真展を観覧することが第一目的でした。2時間も経たないうちに目的地に到着し、展示場では主催者の方とお会いすることができました。実はモデル撮影会の中で面識はありましたが、あいさつ程度でお別れしていたので、今回はじっくりとポートレート写真のお話が聞けてとても嬉しかったです。お別れしてから、およそ6年ぶりに関金町にある国鉄倉吉線の泰久寺駅跡へ向かいました。6年ぶりと言っても、その時は大雪の冬で目的地付近の道路も積雪が激しく断念したので、今回は初め...旧国鉄倉吉線廃線跡(泰久寺駅)へ行く

  • 霞んだ出雲を走る4両のバタデン

    前回のブログの話の続きのお話です。朝、早起きして平田の一畑電車沿線へ向かって車を運転していると、空は明るいのに霞んでいる。高浜の国道バイパスを走ると霧なのか草焼の煙なのか、東の空は太陽が高く昇っているはずなのに全く形が見えてこない。霞が光を和らげてくれている。それが幻想的な景色にしてくれました。それは朝6時台で終わらず、8時に入ってからもでした。ひまわりの花を撮る前後に、この景色での4両編成の電車が来るのを、2か所で連写しました。2両での景色も撮りましたが、4両だと長い分印象が特別でした。1日に1本の運用ですからね。この季節の朝って、こんなに霞むことが多いのでしょうかねぇ。そして、その景色を感じながら目的地へ向かう乗客さんたちがどんな気持ちになっていたのか気になってしまいました。霞んだ出雲を走る4両のバタデン

  • 目が覚めたひまわりたち

    2020年8月21日(金)晴れ、霞んだ空SNSのフォロワー様の一畑電車沿線の背の低いひまわりの花たちの写真を見て、私も撮ろうと早起きして現場へ向かいました。4両編成のスーパーライナーを撮影した後、現場へ向かいました。出雲の朝は霞んでいました。いつも見える旅伏山もその時は姿を消していました。この時だけではなく、1日を通して霞んでいました。PM2.5なのか霧なのか、こんな夏の日もあるのだと少し驚いた。今年ほどひまわりの花を撮影したことがなかったことにも驚いていた。ひまわりにも背の高いひまわりもあれば、そうでもないものも様々あることを知りました。現場に来たときは、咲いている花もあれば、枯れ始めた花もあり、また、これから花になるのかなと様々でした。同じ敷地で同じ土なのに、時間差があるものなのかなと、花にもいろんな生き方...目が覚めたひまわりたち

  • 雨が降らない残暑の日々

    2020年8月20日(木)晴れ、暑い風出雲でも外は35℃を越える気温を記録している毎日です。他県では40℃越えを記録している地域も出ており、それを聞くだけでも自然とのどが渇きそうになります。最近、メディアを通して、「人の体温を越える温度」と言うフレーズを耳にするようになりました。そうか、毎日感じる暑さは、自分の体温と前後していてのだ。それを受けるのは身体を不快にさせるのだと知りりました。夕方になって外へ出ても、相変わらず暑く、熱気を帯びた風が水分を欲してしまいます。今年の8月は晴れた日が続いてます。太平洋高気圧のおかげなのか、台風が島根を含めて、1度も来ていないのも滅多にないことだと思います。その成果、夕方の西の空が赤く焼ける状態に出会えないです。それでも今日の夕方は赤くなくともオレンジに焼けてきました。西の空...雨が降らない残暑の日々

  • 盆明けの夕方

    2020年8月18日(火)晴れ、暑い風立秋が過ぎて、お盆が終わって、外を歩いて見るとコスモスの花も目にするようになりました。しかし、暑いことには変わりなく、とある場所では40℃越えを記録したそうです。もうしばらく猛暑の日が続きそうです。昼に外へ出るのも憂鬱に感じますし、だけど家の中でもエアコンなしでは、身体に変調を起こしますから、どうしようもないものです。暑い昼だけど、夕方に入るとどこからか涼しい風が入り、外へ歩いても苦にならなくなりました。いつものひまわりの花を見ると、暑さにやられたのか地面を向く花も見られるようになりました。長く咲いた花たちも続々と土へ帰り、そして、新しい花が空へ伸びていくようです。季節は秋へ進んでいます。盆明けの夕方

  • お盆のひまわり畑

    2020年8月16日(日)晴れ、暑い風。暑い毎日が続いてます。時々、勢いのある通り雨を受けて、濡れたアスファルトから涼しさを感じますが、それは一瞬の出来事で、すぐに意識を変化させる暑さに戻ります。今年の出雲のお盆は、今の現実ゆえ静かだったかな。相次いで夏のイベントが中止になり、大きな道路でも渋滞になるような車の往来や人の往来も少なく感じました。どちらかというと、涼みを兼ねて、空調施設の整った大型施設に集中したのかなと感じます。私は相変わらず一人でひまわりの花が見える一畑電車沿線で撮影をしておりました。時々、フォロワー様にもお会いすることができて、短時間でしたがリアルでお話しできたのは嬉しいことでした。ひまわりの花の奥に見える一畑電車、やはりいつもと比べてお客さんは少なく見えました。早く元に戻ってほしいと願ってい...お盆のひまわり畑

  • スタジオシルク撮影会~HINATA撮影会~その3

    前回のブログの続きのお話です。午後に入り、撮影会第三部開始しました。モデルの陽さんは高校の学生服にお団子ヘアにチェンジして、より大人びた女性の印象を受けました。第二部で外で撮影したことに感触を感じて、主催者にお願いして前半はスタジオで、後半は再度外へ出て彼女を撮らせていただきました。スタジオ内はプライベートっぽい写真、外では学校の放課後をイメージして背景を意識しながら撮っていきました。長い時間の撮影会にもかかわらず、彼女は最後まで楽しそうに表現をしてくれました。特に外は午前と比べて涼しい風が吹く数が多くなったが暑いことに変わりなく、熱中症を心配したけど、彼女はそんな素振りを見せず、撮影者の希望や注文を聞いてこなしてくれました。彼女の姿勢に感動しました。彼女の今後のご活躍をお祈りいたします。スタジオシルク撮影会~HINATA撮影会~その3

  • スタジオシルク撮影会~HINATA撮影会~その2

    前回のブログの続きのお話です。モデルさんの衣装チェンジ完了後、撮影会第2部に入りました。第2部は外とスタジオの二つのパターンでの撮影でした。正午に近い時間だったから、空気が熱く、これぞ夏と感じるくらい青い空でした。だけど、時々吹く風が涼しく、遠く近く聴こえる蝉の鳴き声が心地良いものでした。あと、この場所からほんの少しだが走る一畑電車が見えることに気付いた。それをバックに彼女を撮ることも試みたが手前の車で隠れて夢に終わりました。モデルの陽さんはデニムのホットパンツに白いシャツ、麦わら帽子に衣装チェンジされ、如何にも夏休みの昼を窺える雰囲気を出してくれました。そして、時々髪が靡くこともあり、長い髪の長所が活かされる瞬間を撮ることもできました。外は暑かったけど、スタジオにはない雰囲気で彼女を撮れたのは良かったです。こ...スタジオシルク撮影会~HINATA撮影会~その2

  • スタジオシルク撮影会~HINATA撮影会~ その1

    2020年8月9日(日)晴れ、青い空先週の霞んだ空が幻だったかのような青い空の朝を迎えました。暦の上では秋に入りましたが、これぞ夏本番って印象を受ける暑く時々涼しい風が吹く1日でした。1か月ぶりのスタジオシルク主催の撮影会に参加しました。スタジオ内での撮影でエアコンが心地良く効き、悩みを抱えず撮影に臨めました。今回は、モデルスタジオミューズ様の新人モデルの陽(ひなた)さんを撮らせていただきました。すべてを通して、元気が溢れて笑顔いっぱいで被写体になり切ってくれました。1回目は黒のワンピースに二つのセットを背景に撮影しました。この場所ではもう3回以上利用させて頂いてますが、季節やモデルさんによって微妙に雰囲気が変わって良いものでした。スタジオシルク撮影会~HINATA撮影会~その1

  • セミの鳴き声とひまわりと一畑電車

    2020年8月8日(土)雨のち曇り梅雨明けしてまもなく高濃度のPM2.5が出雲の空をかすめて、昨日までその空模様に違和感を感じ続けてました。空は青くない、だけど暑い。そして、耳を澄ませばセミの鳴き声とひまわり。所によってはひまわりの花のほかにコスモスの花も咲いていました。そして、土曜日は明るくなる前から雨が降り続き、昼から雨が上がり、だけど決してPM2.5が洗い流されてなく、霞んだまま夕方を迎えました。人によっては今日からお盆休みですが、新型コロナウィルスの関係で比較的車の往来は少なかったように思えました。まだ、始まったばかりですが、今年は静かな夏になりそうです。夕方、撮影のため、セミの鳴き声とひまわりの花を観察しながら、電車が来るのを待ちました。しばらくすると、遠く近く遮断機の警報器の音が聞こえてきました。ガ...セミの鳴き声とひまわりと一畑電車

  • 霞んだ夏休み

    前回のブログの続きのお話です。毎日が新型コロナウィルス関連の話で、特に都道府県別の感染者の発生数の情報が流れ続け、それを受けるものとして、当たり前と思ってた生活を改めさせられる毎日で、かつ当たり前と思ってやってきたことは、実は特別な毎日だったかなと感じてしまうときもあります。そして、もう一つ気になっていることが、週明けからの霞んだ空の毎日の違和感です。島根県の測定情報を見ると、どうも基準値を超えた数値のPM2.5が出雲の空を漂っている結果によるようです。そうならば、呼吸器等を守ることも重要で、不要な外出を控えたり、エアコンは重要になりそうです。この問題も長期化するならば、外へ散歩しながら写真を撮るのも考え物ですね。暦の上では、まもなく夏が終わりますが、こうゆうので暗い気持ちになったまま終わりたくないですね…霞んだ夏休み

  • 背の低い2輪のひまわりの花

    2020.08.04今日も出雲はとても霞んでいました。出雲市内から見える北山山系が朝も昼も夕方も…その環境の中で、ひまわりが日が昇る方に向いて高く咲いていますが、あの背が低い2輪のひまわりが、個人的にとても気に入っています。もう数日すると後ろのひまわりたちと同じ高さになるのだろうか、それとも…背の低い2輪のひまわりの花

  • 梅雨が終わり霞んだ夏

    2020年8月2日晴れ、霞んだ空梅雨が明けてから、次の週に入りました。いろんな場所で見どころだった紫陽花から、今はひまわりの花が目立って見えるようになりました。また、数は少ないけどコスモスの花も目にするようになりました。梅雨が明けて、青い空が見えた先週末でしたが、今週に入り、外気温が高くて、エアコンが必須になったが、外を見ると、昼に入っても空が濃く霞んでいました。もしやPM2.5・黄砂と思いながら散歩に出かけて、時々ネットで確認とってみたものの外出注意報が出ていなかったので、気になりながらも散歩を続けました。ひまわりの花が見える場所から、電車が来るのを待ち、西の空を眺めてました。太陽が沈むにつれて、霧が掛っているような空模様が濃くなりました。スッキリした空の夏は果たして今年は経験できるのだろうか?梅雨が終わり霞んだ夏

  • 山陰モデル撮影会~桜井かや撮影会 in スタジオシルク~その2

    前回のブログの続きのお話です。外の空気を取り入れて、気持ちを新たにして、撮影会第二部開始です。撮影会第二部は警察官の衣装にチェンジしてのはじまりでした。念のためにストロボも用意しておりましたが、どちらも使用することを止めて、スタジオ内の複数のライトの効果を信じて、単焦点レンズを替えながら、ISO100かISO200でほとんど60分の1秒のシャッター速度の連写で撮り続けました。時々カメラの液晶画面で確認すれば、ピントが合っていると安心しましたが、パソコンの大きな画面で確認すると、想像していたもののピントが合ってないブレている写真が多くあることが分かりました。きちんとピントが合っている写真は限られた数でした。だけど、その中でもキャッチライトのある写真をいくつか残すことができたことはとてもうれしいことでした。第一部と...山陰モデル撮影会~桜井かや撮影会inスタジオシルク~その2

  • 山陰モデル撮影会~桜井かや撮影会 in スタジオシルク~その1

    2020年7月12日(日)曇り時々雨およそ1年ぶりに山陰モデル撮影会に参加しました。新年に入ってから初めて主催者にお会いできて、一緒に撮影できたことはうれしいことでした。新型コロナウィルスがなければ、こんな思いは抱かなかったでしょう。今回は広島県から来られた桜井かやさんをスタジオシルクでコスプレ衣装での撮影会でした。SNSのフォロワー様の投稿記事を通して、彼女の写真を拝見しておりましたが、撮影することは私には初めてでした。また、今月をもって所属事務所をご卒業と窺っておりましたから、貴重な撮影会に参加できてうれしかったです。限られた時間だから、今回も1枚でも多く作品になる写真を撮りたい、その思いでいっぱいでした。撮影開始から終わりまで、本当退屈を知らない時間でした。彼女はモデルとしての姿勢が研ぎ澄まされていて、ど...山陰モデル撮影会~桜井かや撮影会inスタジオシルク~その1

  • chie撮影会 by スタジオシルク in 大社 ~その3~

    前回のブログの続きの話で、これで今回の撮影会の最後のお話です。第三部は稲佐の浜に出て、海風と太陽の光を受けながら、chieさんを撮り始めました。撮影時間中、一度でいいから、ここから見えるはっきりと見える三瓶山を背景に彼女を撮りたかった。しかし、その願いは届かず、最後まで雲が離れていきませんでした。こちらにも県外から車で来た人や地元の方を、弁天島を中心に集まっていた。海水浴を楽しんでいる人もいて、カモメやカラスが低空飛行で飛び交っていた。雨の日と雨の日の間の穏やかな夏の景色を素直に楽しませてもらいました。お昼に入ってから雲の量が増えたから、穏やかな明るさになったかと思ったけど、白い砂浜と穏やかな波が方角によっては、瞼を閉じてしまう。減光フィルターを用意しておいて良かった。そして、砂浜がレフ板の役割も果たしたのかな...chie撮影会byスタジオシルクin大社~その3~

  • chie撮影会 in 大社 ~その2~

    前回のブログの続きのお話です。旧大社駅での撮影が無事に終わりました。ひさしぶりに人物撮影ができて、正直に楽しかった。初対面の方を撮ることに緊張したのは確かだったけど、主催者やモデル撮影会でご一緒する参加メンバーと同じ時を過ごせるのは、一人で鉄道風景を撮るのとは違って良いものだと思いました。大社の町の中にあるお店でランチをしてから、午後からは稲佐の浜へ移動して、第2部開始です。稲佐の浜の近くの松の森から浜へ行くまでが第2部でした。昼間から少し曇天模様になり、そのおかげで落ち着いた明るさになり、減光フィルターを使用しなくても安心して撮影できました。これも梅雨の季節の特長なのだろうとポジティブにとらえました。また、紫陽花の花もあり、背景として活用しました。そして、おもしろいことに学習机の椅子が存在しており、違和感のあ...chie撮影会in大社~その2~

  • スタジオシルクモデル撮影会 in 大社 ~その1~

    2020年7月5日(日)晴れ、涼しい風緊急事態宣言解除されて初めてのモデル撮影会に参加させていただきました。あまりにも久しぶりでドキドキしていたせいか、想像以上に早く起きたので、予習もかねて開始1時間前に旧大社駅へ着き、一通り見て回っても、時間がまだあったので、ここから一畑電車出雲大社前駅へ歩いて往復しました。神門通りは以前と比べて参拝客も増えてきていることに気付く。旧大社駅へ戻ると、地元の方が物販されたり、人の入れ替えが結構あったことには少し驚きました。まだ、コロナウィルスの件で安心できない状態ですが、じわりじわりと活性してほしいと願います。今回のモデルさんは太田千恵さんでした。彼女を撮影したのは初めてでした。薄緑のワンピースに麦わら帽子、落ち着いた様子の中に時々見える幼さの要素をお持ちのようで、最初から最後...スタジオシルクモデル撮影会in大社~その1~

  • 雨上がりの散歩道

    2020年6月14日(日)雨のち曇り先週の金曜日に、出雲は梅雨入りをして、土曜日・日曜日は時々目の前の景色が白くなるほどの大雨が降り、災害発生など不安を感じざるを得ませんでした。しかし、夕方に入り撮影に出かけるころには、雨が止み、次は大きな風が吹き出して、雨雲が絶え間なく東の空へ早く流れて行きました。島根県内で大きな被害が起きなかったようで安心しました。この雨によってなのか、写真に見える紫陽花がより彩り深くなり、またこの景色を撮影したくなる。明日は晴天の予報です。雨上がりの散歩道

  • 木次の桜坂

    先週の全国に発令された緊急事態宣言により、島根県内でも不要不急な外出が控えられるようになり、外の環境が1日経つにつれて激しく変化していることに気付く。飲食店では、5月6日まで閉めているお店、手の洗浄、除菌剤を手へ掛けてからの入店、テイクアウトでの提供の変更など、外食がだんだん難しくなり、自炊の機会が増えています。その結果なのでしょうか、材料買出にスーパー等へ出かけると昼間でもレジで並ぶことが多く、感染予防のため間隔をあけて並ぶから、少数で長い行列を経験します。4月に入ってから参加予定だったイベント等も中止になり、写真を撮る機会が減り、家にいる時間が多くなりました。当分の間はこの状態が続くのでしょう。コロナウィルス自体の特徴が未だはっきりされていない現実の中、自分がコロナウィルスに感染しないように、リアルでの人と...木次の桜坂

  • 遠くから桜を眺めて…

    2020年4月13日(月)終日雨今年の2月から流行感染しているコロナウィルスが4月に入ってからも収束するところが、より身近に感じるようになりました。先週末には松江市で感染者が発生してから、島根県内でも不要な外出を抑えること、松江水郷祭をはじめとする県内各地で予定されているイベントは中止・延期。自分の行動により危機管理や行動責任が課せられているのが正直なところだと思います。10年前の新型インフルエンザとは段違いの事態で、今の現実を思うと正直ブログを打って投稿することも躊躇しています。しかし、落ち込んだままだと良い方向へ進まないので、今は三密を守り、写真の整理と編集に専念しようと思います。4月5日にトロッコ列車奥出雲おろち号が運行されるに合わせて、木次へ花見を兼ねて撮影に出かけたときの写真を投稿します。感染に気を付...遠くから桜を眺めて…

  • Kyoko撮影会 in フォトスタジオシルク ~その2~

    前回のブログのお話の続きです。休憩を挟んで、午後からは少しの間外へ出ての撮影でした。雨が上がって少し時間が経過した状態。レンガや草からは水分がなくなっているが、ベンチがまだ乾ききっていない。スタジオ内での撮影と違う面白さを感じました。前半の衣装はショートパンツでしたので、脚線美を意識しながら撮影してました。ハイアングル、ローアングル、アイレベル、どの角度で撮っても印象が変わるから、それが面白く感じました。ローアングルで撮るのが妥当かなと思っていたけど、ベンチを利用してポーズを取ってもらいハインアグルで撮ると、案外良い写真が撮れていると思いました。後半はスタジオに入り、白いレースとライトを利用したセット、そしてブラウンの壁紙を背景にしたセットでの撮影でした。外と違って光源が複数あるからアングル次第でいろんな雰囲気...Kyoko撮影会inフォトスタジオシルク~その2~

  • Kyoko撮影会~その1~

    2020年3月10日(火)終日雨最近、スタジオを利用したモデル撮影会に参加させていただきました。撮影したデータを数日掛けて確認して少しずつ編集をしています。モデルスタジオミューズに所属のKyokoさんが今回の撮影会の主役でした。彼女は、昨年の夏に参加させて頂いた木次の石照庭園での山陰モデル撮影会にて、対面して以来初めてリアルでお会いして今回の撮影会で初めて撮らせていただきました。とにかく彼女は笑顔の素敵で脚線美に長けた方でした。そのことを意識しながらも、笑顔を出していない表情を窺いながら連写をしました。そして、スタジオのセットや小道具と上手く組み合わさるように…撮影会の前半は、暗い壁紙と明るい壁紙、ともにそれからはみ出ないようにかつフェイスアップを控えめ全身を焦点に、35mmの単焦点レンズと50㎜の単焦点レンズ...Kyoko撮影会~その1~

カテゴリー一覧
商用