searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

レミントンさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
こころスイート空間
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/kokorosweetcoocan/
ブログ紹介文
クリスチャン臨床心理士のブログです。心理カウンセリングのことや聖書の話などがあります。
更新頻度(1年)

117回 / 365日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2014/05/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、レミントンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
レミントンさん
ブログタイトル
こころスイート空間
更新頻度
117回 / 365日(平均2.2回/週)
読者になる
こころスイート空間

レミントンさんの新着記事

1件〜30件

  • やさしい聖書入門『ルカ20:41-47』

    やさしい聖書入門『ルカ20:41-47』100.「ふとわれに返る」  今回のかしょでイエスさまは、「どうして人々は、キリストをダビデの子だと言うのですか(41)」とおっしゃっています。「キリストをダビデの子だと言う」というのはつまり、詩編(しへん)の作者でもあり昔のすぐ

  • 怒りなどというおかしなもの

    怒りなどというおかしなもの 「ナスカの地上絵」というのがあるそうです。 地面にいつの頃に描(か)れたのか、とても大きな絵が描かれていて、いったいどんな人たちが何の目的で描いたのか、今ではもうわからないそうです。 この珍しい地上絵があまりに評判(ひょうばん)に

  • あなたの民は私の民

    あなたの民は私の民 それから彼女の方を向き、シモンに言われた。「この人を見ましたか」(ルカ7: 44)見てくださいこの景色。こころをなぐさめるものはなくこの目をよろこばせるものもない。荒野のような場所です。はきだめのような所です。忌み嫌われた大地です。あなたは

  • やさしい聖書入門『ルカ20:39-40』

    やさしい聖書入門『ルカ20:39-40』99.強情なこころ 今回のかしょでは「律法学者(りっぽうがくしゃ)」と呼ばれる人たちがイエスさまに、「先生、立派なお答えです」と答えたと書かれています(39)。彼らはこの前のサドカイ派の人たちに話したイエスさまのお話を聞いて、「

  • 新しい人

    新しい人 わたしが律法や預言者を廃棄(はいき)するために来た、と思ってはなりません。廃棄するためではなく成就(じょうじゅ)するために来たのです。―聖書あなたがまだ子どもだったとして学年が上がり新しい教科書をもらってそのページを開き今まで学ばなかったことを

  • やさしい聖書入門『ルカ20:27-38』

    やさしい聖書入門『ルカ20:27-38』98. 今回のかしょには「サドカイ人」という人たちが出て来ます。サドカイ人というのはユダヤ教の宗派(しゅうは)の1つ、サドカイ派の人々という意味です。 この人々は、良い意味でも悪い意味でも現実主義者(げんじつしゅぎしゃ)でした

  • 完全な人間とは

    完全な人間とは 神は二つの大きな光る物を造られた。大きいほうの光る物には昼を治めさせ、小さいほうの光る物には夜を治めさせた。―聖書「完全な人間」というものがあるとすれば、それはどんな人間でしょうか。ある女の子はこういうことを私に言いました。「私には男の子

  • クリスチャンらしい生きかたとは

    クリスチャンらしい生きかたとは しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。このようなものに反対する律法はありません。(ガラテヤ5:22-23) 次のような言葉を、教会で人が言うのを何度か聞いたことがあります。「あなたはこの一週間

  • やさしい聖書入門『ルカ20:20-26』

    やさしい聖書入門『ルカ20:20-26』97. 自動車を持っている人のところへ毎年5月頃に届くものがあります。自動車税の請求書(せいきゅうしょ)です。自動車には一台一台に税金がかけられて、それを毎年払わなければなりません。私の知り合いにそれを数年間放っておいた若者が

  • コロナという災害

    コロナという災害 皆様におかれましてはいかがおすごしですか。いま私たちは「コロナ禍(か)」という新しい災害に見舞われております。この病気にかかられた方や経済的な損失を受けられた方たちはもちろんのこと、そうでない私たちもまた出口が見えない災害に見舞われてい

  • やさしい聖書入門『ルカ20:9-19』

    やさしい聖書入門『ルカ20:9-19』96. 今回のかしょに書かれているイエスさまがなさった“たとえ話”については、次のような批判(ひはん)があるようです。今回のお話は、ある農園(のうえん)の持ち主がいて、その人が何かの理由で長い旅に出ねばならず、そのあいだ農園を

  • 本当のしあわせ

    本当のしあわせ 義人はいない。一人もいない。―聖書より あなたの前にもしも一人の子どもがいて「学校へ行きたくない」と言ったとしたらそしてもしもあなたがその子どもに何か言ってあげねばならないとしたらあなたは何と言うでしょうか理由を聞いてあげるといいかもしれ

  • いまはただ風が吹いているだけ

    いまはただ風が吹いているだけなんのことはないもうとっくに間違っていたんだ通い慣れた鉄道が高架になる前に貨物列車が行き交っていたころにテレビと古びた映画館がただ娯楽だったその頃に短波放送が少年のこころをくすぐっていたその頃にすでにもう間違っていた取り返しが

  • 「くい改め」という処方薬―しあわせに生きるために

    「くい改め」という処方薬―しあわせに生きるために イエスは答えて言われた。「まことに、まことに、あなたにつげます。人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。」(ヨハネ 3:3) 人間には、できることとできないことがありますね。しかも、人によっ

  • やさしい聖書入門『ルカ20:1-8』

    やさしい聖書入門『ルカ20:1-8』95. 今回のお話は神殿でのお話です。イエスさまはそこで福音(ふくいん)を伝えておられましたが、そこへ祭司長(さいしちょう)たちと律法(りっぽう)学者たち、それに長老(ちょうろう)たちが来てこう言ったのでした。「何の権威(けんい

  • ただあなたが寂しいとひとこと言いさえすれば

    ただあなたが寂しいとひとこと言いさえすれば~You're Only Lonely- J.D.Souther~世界があなたの足元で崩れ去ってしまいそうなときそしてそれがあなたの小さな肩にのしかかっていると感じられるその時にあなたが自分を孤独で儚いと感じてしまい誰かにしっかり抱きしめてほし

  • しっかりしろよキリスト教!―私たちに足りないもの

    しっかりしろよキリスト教!―私たちに足りないもの 私たちがもしも短期間で何度か同じことを体験するなら、そのことはありふれたよくあることと言えるかもしれません。たとえば最近タトゥーをした若い人をちらほらと見かけるようになりましたが、それはタトゥーをしている

  • やさしい聖書入門『ルカ19:45-48』

    やさしい聖書入門『ルカ19:45-48』94. 今回のかしょの最初の部分は説明が必要だと思います。最初に「それからイエスは宮(みや)に入って、商売人たちを追い出し始め(45)」と書かれています。この「それから」というのは、前回見たようにイエスさまがこの宮(神殿)をふく

  • いつもよろこんでいて

    いつもよろこんでいてあなたに知ってほしいことがあるあなたに願いを知ってほしいいつもよろこんでいてほしい何でも私に話しておくれいつもわらっているあなたを私はずっと見ていたいあなたの毎日を話してほしいうれしいこと楽しみなこと心配なこと胸を痛めていることをみな

  • やさしい聖書入門『ルカ19:37-44』

    やさしい聖書入門『ルカ19:37-44』93. 前回にこのコーナーで見たとおり、イエスさまはとうとうエルサレムの都(みやこ)までやって来られました。そしてそこで人々から大歓迎(だいかんげい)をお受けになったのですが、今回はさらに都のちかく、ほんの1キロほどのところに

  • カウンセリングのお知らせ

    こころスィート空間ではカウンセリングをお受けしています。(カウンセリングをお受けになられましても、教会に行くことやキリスト教への入信をお勧めすることはありません。クリスチャンでないかたも、どうぞ安心してご相談ください。)カウンセリングには3種類あります。①

  • エリヤの症例

    エリヤの症例 聖書にはとてもたくさんの人物名が出てきますが、でもその中には特に有名な人たちもいます。エリヤはその一人です。この人は紀元前9世紀に北イスラエル王国にいたとされる預言者(よげんしゃ)で、彼が生きていた頃の社会のようすの特殊性とともにハデなエピ

  • やさしい聖書入門『ルカ19:28-36』

    やさしい聖書入門『ルカ19:28-36』92. 今回のお話は、「これらのことを話してから、イエスはさらに進んで、エルサレムへと上って行かれた(28)」という言葉で始まっています。「これらのこと」というのはこのコーナーでこれまでに見たように、「神の国がどのようなものなの

  • 勉強中の子どもたちへの手紙

    勉強中の子どもたちへの手紙あなたがもしもあと少ししたら1学期の通知表をもらってくる小学生やいまテスト期間まっさかりの中学生や進路のことを考えている高校生なら1つ聞いてもらいたいことがある。「勉強というものは将来の役にたつ」これは本当のことだ。科学的な裏付け

  • やさしい聖書入門『ルカの福音書19:11-27』

    やさしい聖書入門『ルカの福音書19:11-27』91. 今回のお話は、「人々がこれらのことばに耳をかたむけていたとき、イエスはつづけて一つのたとえを話された(11)」という言葉で始まっています。「これらのことば」というのはつまり、このところこのコーナーで学んでいただい

  • 愛をめぐる独りずもう―古い対人関係とそのアップデート

    愛をめぐる独りずもう―古い対人関係とそのアップデート ひとり遊びだけがただ1つ彼のもの/いつもいつも行きつくところ そこにいるあいだじゅう/ずっとそれをやっている 自分でカードを配っていながら/幸運のカードは回ってこない 一通りの遊びが終わると/また一か

  • やさしい聖書入門『ルカ19:1-10』

    やさしい聖書入門『ルカ19:1-10』90. 今回のお話は、イエスさまがエリコという町に入ってその中を通っておられた時のお話です。聖書を前から読んでいる人は、この「エリコ」という町の名前を前にも見たことがあるかもしれませんね。その通り、エリコという名前の町は、何度

  • 聖者の沈黙―「聖書にこう書いてある」と他人に言うおろかさ

    聖者の沈黙―「聖書にこう書いてある」と他人に言うおろかさ 初めにことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。この方は、初めに神とともにおられた。―聖書(ヨハネの福音書1:1-2) 聖書にこういう話が出て来ます。ある日、律法学者とパリサイ人が、

  • やさしい聖書入門『ルカ18:35-43』

    やさしい聖書入門『ルカ18:35-43』89. これまでのお話は、「それでは誰が救われることができるのだろうか(26)」という人間の側の問いと、それに対する「人にはできないことが、神にはできる(27)」というイエスさまからの答えを受けて、それからさらに、ではその救いがど

  • よはいかにして呪われし者となりしか

    よはいかにして呪われし者となりしか1.海の辺に波が寄せるがごとくに祝福の拍手がなっていたその日乾ききらぬ髪の毛もそのままに白き衣の余韻のなかで新生のよろこびと重みとがただただ漂っていたいまだその意味もわからぬままにただただ歓喜のみがむせていた2.光はあくまで

カテゴリー一覧
商用