searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

progkaiouさんのプロフィール

住所
東京都
出身
未設定

プログレッシブロックー通称プログレ。 そこは気軽に足を踏み入れては精神崩壊の恐れさえある、危険地帯じゃ。 そんな危険なプログレの世界に挑戦しようと修行に励むよい子のみなさんのために、わしプログレ界王が攻略法を伝授しつつレベルアップへと導くサイトじゃよ。

ブログタイトル
プログレ界王拳!
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/progkaiou/
ブログ紹介文
プログレ初心者のよい子のためにプログレ界王が贈るプログレ攻略・修行サイトじゃ
更新頻度(1年)

9回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2014/02/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、progkaiouさんの読者になりませんか?

ハンドル名
progkaiouさん
ブログタイトル
プログレ界王拳!
更新頻度
9回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
プログレ界王拳!

progkaiouさんの新着記事

1件〜30件

  • 「Work Resumed on the Tower」/News from Babel

    Sirens and Silences 1. Odysseus 2. Auschwitz/Babel 3. Klein's Bottle 4. Black Gold 5. Devils 6. Dry Leaf Work Resumed on the Tower 7. Arcades (of Glass) 8. Victory 9. Anno Mirabilis  Art Bearsの解散後、メンバーのDagmar Krause とChris Cu

  • 「Hopes and Fears」/Art Bears

    Áhá: Palace courtyard 1. On Suicide 2. The Dividing Line 3. Joan 4. Maze 5. In Two Minds Mer: Irrigated land 6. Terrain 7. The Tube 8. The Dance 9. The Pirate Song 10. Labyrinth 11. Riddle 12. Moeris Dancing 13. Piers  78年に発表さ

  • 「Whatevershebringswesing(彼女のすべてを歌に)」/Kevin Ayers

    1. There is Loving/Among Us/There is Loving 2. Margaret 3. Oh My 4. Song from the Bottom of a Well 5. Whatevershebringswesing(彼女のすべてを歌に) 6. Stranger in Blue Suede Shoes(ブルー・スエード・シューズの異邦人) 7. Champagne Cowboy Blue

  • 「Ruth Is Stranger Than Richard」/Robert Wyatt

    1. Soup Song 2. Sonia 3. Team Spirit 4. Song for Che 5. Muddy Mouse (a) 6. Solar Flares 7. Muddy Mouse (b) 8. 5 Black Notes and 1 White Note 9. Muddy Mouse (c)/Muddy Mouth (CD化に際して旧AB面が逆になっておるので注意じゃ)  元Soft Mach

  • 「Matching Mole's Little Red Record(そっくりモグラの毛語録)」/Matching Mole

    1. Starting in the Middle of the Day We Can Drink Our Politics Away(政治について一言) 2. Marchides(3月15日) 3. Nan True's Hole(娼婦ナン・トゥルー ) 4. Righteous Rhumba 5. Brandy as in Benj 6. Gloria Gloom 7. God Song(神の歌) 8. Flo

  • 「National Health」/National Health

    1. Tenemos Roads 2. Brujo 3. Borogoves (Excerpt from Part Two) 4. Borogoves (Part One) 5. Elephants カンタベリーシーンのもう一つのスーパーグループ、National Healthのセルフタイトル1stアルバムじゃ。 結成以来紆余曲折を経て参加したメンバーは元H

  • 「Hatfield and the North」/Hatfield and the North

    1. The Stubbs Effect 2. Big Jobs (Poo Poo Extract) 3. Going Up To People and Tinkling 4. Calyx 5. Son of 'There's No Place Like Homerton' 6. Aigrette 7. Rifferama 8. Fol de Rol 9. Shaving Is Boring 10. Licks for the Ladies 11. Bossa No

  • カンタベリー諸分家

    グレイとピンクの地、カンタベリー。 以前そこにあった重要な3つのバンド、カンタベリー御三家を紹介したのう。 しかしその権威はいつまでも続くものではなかった。 南斗聖拳のように多くの分派に分かれ、様々なバンドが栄枯盛衰していったんじゃ。 今回はその中から御三

  • 「Being」/Wigwam

    1. Proletarian 2. InspiRed Machine 3. Petty-Bourgeois 4. Pride of the Biosphere 5. Pedagogue 6. Crisader 7. The Planetist 8. Maestro Mercy 9. Prophet 10. Marvelry Skimmer 74年発表、フィンランドのWigwamの4枚めのアルバムにしてトータルコン

  • 「Ranshart」/Ruphus

    1. Music Is My Light 2. Easy Lovers, Heavy Moaners 3. Fallen Wonders 4. Pictures of a Day 5. Back Side ノルウェーのRuphusの74年発表の2枚目のアルバムじゃ。 前作でツインヴォーカルを聴かせてくれた男女シンガー Rune SundbyとGudny Aspaasが脱退し、

  • 「Rockpommel's Land(御伽の国へ)」/Grobschnitt

    (各曲タイトル下にYouTubeリンク有り) 1. Ernie's Journey(アーニーの旅) 2. Severity Town(厳格な町) 3. Anywhere(どこへでも) 4. Rockpommel's Land(御伽の国へ) ゲルマンの大道芸人プログレ、Grobschnittの77年発表、4枚目のアルバムじゃ。 シンフォ

  • 「Please Don't Touch!」/Steve Hackett

    1. Narnia 2. Carry On Up the Vicarage 3. Racing in A 4. Kim 5. How Can I? 6. Hoping Love Will Last 7. Land of a Thousand Autumns 8. Please Don't Touch 9. The Voice of Necam 10. Icarus Ascending 78年に発表された、元Genesisのギタリスト、St

  • 「Welcome」/SBB

    1. Walkin’ Around The Stormy Bay 2. Loneliness 3. Why No Peace 4. Welcome Warm Nights And Days 5. Rainbow Man 6. How Can I Begin 7. Last Man At The Station 1979年に発表されたポーランドのSBBの8枚目のスタジオアルバムで、西ドイツで発売された

  • 「Svitanie(たそがれ)」/M Efekt

    1. Vysoká stolička, dlhý popol(ベビー・チェア、長い灰) 2. Ej, padá, padá rosenka(露は落ちゆく) 3. V sobotu popoludní(土曜日の午後) 4. Svitanie(たそがれ) M Efekt名義で1977年に発表した7作目、単独名義としては6作目のスタジオアルバム

  • 「Stranice našeg vremena(Dab in the Middle)」/Smak

    1. Tendži - Tandži(Horse of Chrome) 2. Povedi me s njim(Dark Roads) 3. Maht - Tema(What's That, Man?) 4. The Pages of Our Time 5. Nebo je samo drum bez dna(Early to Bed Early to Rise) 6. Ulazak u harem(Entrance to Harem) 7. Ponoćni lova

  • 「Reise Zum Mittelpunkt Des Menschen(内的宇宙への旅)」/Stern Meissen

    ※YouTubeリンクは2曲目、4曲目のみじゃ。すまんのう。1. Allein(孤独)2. Hinwendung(転機) 3. Romanze(ロマンス(華想曲)) 4. Innenwelt(内的世界) 5. Menschenzeit(人間の時代) 81年発表のStern Meissenとバンド名を短縮して発表した4作目、スタジ

  • 「Weißes Gold(錬金術師の物語)」/Stern-Combo Meißen

    1. Ouvertüre(オーヴァーチュア) 2. Der Traum(夢) 3. Des Goldes Bann(破門) 4. Der Goldmacher(錬金術師) 5. Die Flucht(逃走) 6. Zweifel(疑惑) 7. Die Erkenntnis(洞察) 8. Weißes Gold(白金) 旧東ドイツの文芸人民委員、Stern-Co

  • 「Gammapolis」/Omega

    1. Start 2. Gammapolis I 3. Nyári éjek asszonya(Lady of the Summer Night) 4. Őrültek órája(Rush Hour) 5. A száműzött(Return of the Outcast) 6. Hajnal a város felett(Dawn in the City) 7. Arc nélküli ember(Man without a Face) 8. Ezüst

  • 「Pašijové Hry Velikonoční(Passion Play)」/The Plastic People Of The Universe

    1. Exodus 12 2. Nebo Jití jest Hospodinovo(For It Is The Lord¨s Passower) 3. Kázání na hoře(The Sermon On The Mount) 4. Nepotřebujeme krále(What Need Have We Of A King) 5. Čist jsem od krve(I Am Innocent Of Blood) 6. Zhřešil Jsem

  • 「Svět hledačů(世界の探索者)/M. Efekt」

    1. Za krokem žen(女性の足取りの最後)2. Hledám své vlastní já(独自の自己を探して)3. Rajky(楽園の鳥)4. Zmoudření babím létem(小春日和の悟り)5. Zázrak jedné noci(ある夜の奇跡)(YouTubeリンクはボーナストラック含む)旧チェコのBlue effect

  • 「Corna Dama」/Smak

    1. Crna dama(Black Lady) 2. Stvar ljubavi(Matter of Love) 3. Domaći zadatak(Domestic Lesson) 4. `Alo(Hello) 5. Tegoba(Suffer) 6. Daire(Tambourine) 7. Plava pesma(Here Alone (Sad Once More)) ()内は英語盤タイトル 旧ユーゴスラヴィ

  • 「Krywań, Krywań」/Skaldowie

    1. Krywaniu, Krywaniu 2. Juhas zmarł 3. Jeszcze kocham 4. Gdzie mam ciebie szukać 5. Fioletowa dama ポーランドのビートロックグループとして国際的な人気を誇っておったSkaldowieが7作目(海外コンピレーションを除く)としてリリースしたアルバムじゃ

  • 「Pamięć」/SBB

    1. W kołysce dłoni twych (ojcu) 2. Z których krwi krew moja 3. Pamięć w kamień wrast ポーランドプログレトリオの雄、SBBの3rdアルバムにして2作目のスタジオ盤じゃ。 前作とメンバーは同じじゃが前作では語りとスキャットのみだったんじゃがヴォーカル

  • 東欧プログレ七人民委員会議

    ヨーロッパにプログレの旋風が吹き荒れた頃、その嵐から鉄のカーテンによって遮られた地域があった。 当時の共産圏、東欧諸国じゃ。 西側に住む我々には想像もつかん情報の制限された地域じゃったが、その鉄のカーテンの向こう側にもなんとプログレは生息しておったんじゃ

  • 「Peter Gabriel (III、Melt)」/Peter Gabriel

    1. Intruder(侵入者) 2. No Self Control 3. Start 4. I Don't Remember(記憶喪失) 5. Family Snapshot 6. And Through the Wire 7. Games Without Frontiers 8. Not One of Us(異邦人) 9. Lead a Normal Life 10. Biko 1980年発表のPeter Gabrielの

  • 「A Curious Feeling」/Tony Banks

     1. From the Undertow(波)2. Lucky Me 3. The Lie 4. After the Lie 5. A Curious Feeling 6. Forever Morning 7. You 8. Somebody Else's Dream(他人の夢) 9. The Waters of Lethe(忘れ川) 10. For a While 11. In the Dark  「そして3人が残った

  • 「Smallcreep's Day」/Mike Rutherford

    1. Smallcreep's Day I. "Between the Tick & the Tock"  II. "Working in Line"  III. "After Hours"  IV. "Cats and Rats (In This Neighbourhood)"  V. "Smallcreep Alone"  VI. "Out Into the Daylight"  VII. "At the End of the Day" 2. Moonshin

  • 「Unorthodox Behaviour(異常行為)」/Brand X

    1. Nuclear Burn 2. Euthanasia Waltz(安楽死のワルツ) 3. Born Ugly 4. Smacks of Euphoric Hysteria 5. Unorthodox Behaviour(異常行為) 6. Running on Three 7. Touch Wood 「超人的なテクニックを持つジェネシスのドラマー、フィル・コリンズがニュ

カテゴリー一覧
商用