searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

あつあつさんのプロフィール

住所
フランス
出身
長崎市

”経験は動く祝祭”というのが私のモットー。どこにいても、どんな時でも経験と思い出は今そこに自分と共にいると感じつつ、人と違う生き方を恐れないことを学んでる最中です。国際政治経済が実は専門。

ブログタイトル
パリは動く祝祭〜Movable Feast
ブログURL
https://ameblo.jp/atsuatsu42atsuatsu/
ブログ紹介文
我が家のシンガポール猫とスウエーデン猫、海外生活、アメリカ人パートナーとの国際結婚のドタバタ、など。
更新頻度(1年)

7回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2013/09/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、あつあつさんの読者になりませんか?

ハンドル名
あつあつさん
ブログタイトル
パリは動く祝祭〜Movable Feast
更新頻度
7回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
パリは動く祝祭〜Movable Feast

あつあつさんの新着記事

1件〜30件

  • 緩みまくるパリ

      5月11日のコロナウイルスによる外出禁止令の解除後のパリの人達の弾けっぷり。それは日本人的な価値観では分からない様な「快楽の享受のためなら死んでも本望〜!…

  • あと一週間!

       フランス全土に外出禁止令が出たのが3月17日だから今日でもうすぐ7週間目に突入。外出好きではない私でも流石にこれはなかなかきつい。 多分、私一人だったら…

  • ”シンシンの空に昇った心”

       4月14日、 人それぞれに、それぞれの思いの残る日があります。そしてその人生の中で印のついた日は毎年、毎年、季節の移り変わりと一緒に少しづつ違った色合い…

  • 外出禁止20日目のパリ

    今日は気温が22度まで上がって今年になって初めて「あ、本当の春の気配。」と感じた日曜日でした。 これまでは太陽の明かりの温かみを感じていたのが、今日は初めて空…

  • 外出禁止20日目のパリ

    今日は気温が22度まで上がって今年になって初めて「あ、本当の春の気配。」と感じた日曜日でした。これまでは太陽の陽の明かりの強さの温かみを感じていたのが、今日は…

  • 戦争中みたいなパリの生活

      人の間にも文化にも毎日の気温にも温度差があるものですが、中国の地方都市の武漢から飛び火してスタートしたコロナウイルスの脅威が一気に世界を巻き込んでありとあ…

  • パリの完全ガイド

      私の苦手な夏時間がやっと終わって、冬時間に切り替わったパリ。パリの冬は鬱々とした曇りがちでジメジメとした暗い日が続くから好きじゃない、という声も聞くのです…

  • 長男の嫁の義務(後編)

    〜前編からの続きです。  今回の滞在では以前の馴染みのある別荘を借りずに相方のお母さんの別荘のすぐ近くの昔からの知り合いの築100年ちょっとの別荘を借りました…

  • 長男の嫁の義務(前編)

     サンルイ島で愛でる中秋の名月。   面白いもので支離滅裂な、でも心に鮮烈に渦巻く生々しい感情も、ちょっと時をやり過ごして後から振り返ってみると時間に濾過され…

  • 夏のとっておきの秘密

     今日からもう8月。私にとって8月は、一年の途中で一旦後ろを振り返って見て、何も自分を追いかけてくるものがないのを確かめながら心と気持ちのスピードと張りを緩め…

  •     白昼夢を見てしまいそうな今週の酷暑のパリは明日、明後日、40度を超える予想が出ています。峠は今週の木曜日の様なのですが何と予想気温42度。  毎日、の…

  • 巴里の素敵な友人〜 エトランゼ

    ソルボンヌの学生達で賑わう週末のセーヌ川沿いは夏のバケーション時期前の今が一番活気のある時期。    孤独で自由で自分勝手な人達がわんさかと集まるパリの街。 …

  • 記録破りの猛暑のパリ

    6月としては歴史的な猛暑(熱波)に見舞わられているヨーロッパはまるで炎の真っ只中にいる様。 2003年に15000人近くの死者を出した熱波以来の猛暑なのですが…

  • 初夏の定番デザート「チェリーのクラフテイ」

        目標達成好きの相方はいつでもどこでも何時でも達成するためのプロジェクト好き。バケーションや休日でも何かしら目標と達成感を常に求めてキョロキョロするので…

  • バンクシーさんって誰??

     パリにもやっと夏日らしいお天気がやって来ました。 そのせいか気持ちも開放的になって相方は早速、バスティーユで毎週開かれる日曜のマルシェで買ってきた新鮮な桃と…

  • メタボ急降下

     ジムへ行く途中のいつもの景色。 人生でまさか、と思う事三つあげてください、と言われたら私の場合は、 朝から晩まで英語で生活する事になるとは30代まで夢にも思…

  • テイラーのネコちゃん達❤️〜 私もME!

        相方が先日、「今日インタビューをしてきた待ち合わせのビストロ、すごく良かったからあつあつも今度行こう。」と頬をピンク色にして帰って来たのは一週間ほど前…

  • パリの美味しいチョコレート屋さん〜レ・トロワ・ショコラ

    パリにもやっと初夏の陽気が訪れて、街中の花達も一気に咲きほころび始めました。 花は命の息吹。そして花々の鮮やかな色彩とほのかな香りの記憶は気持ちを優しく過去か…

  • ノートルダム大聖堂・火災の後

        先日のノートルダム大聖堂の火災のニュースはフランス国内のみならず全世界を駆け巡り思いがけずに沢山の方達から連絡をいただきました。    人それぞれ、様…

  • ノートルダム寺院が燃えている。

     信じられない出来事が目の前で起こると言葉が出ない。  相方が「え!?」 と素っ頓狂な声を出して「ノートルダムがたった今燃えているってニュースでやっている。」…

  • ”シンシンの空に昇った心”

      4月14日はシンガポールからずっと一緒に旅してきた元ストリートキャットのシンシンが三年前のこの日、スウエーデンのウプサラで雪の散らつく寒い夜にお空に昇った…

  • あれれ。今、何歳だっけ?

     もうすぐ4月。一年の四分の一近くがもう過ぎてしまったなんて驚きですが、良く考えて見ると2019年に入ってからは母と父がヨーロッパ旅行中にパリに立ち寄ってくれ…

  • アメリカ人なのに波平さん。〜ザ・昭和のお父さん

      毎日の日常生活の中で私が一番苦手なもの。それは皿洗い。 前夜、綺麗にキッチンのカウンターを片付けて「やれ、終わった。」と翌朝朝ごはんを終えて見るとそこには…

  • ”特別な1枚”

    カラスに突かれ続けて抵抗する力さへ失ってただただその「時」を待つしかなかった頭を血塗れにしてうずくまっていた小さな命を見過ごせず、心の声に従って手を差し伸べて…

  • 50にして初体験〜催涙ガスを浴びる。

     この世に生まれ落ちてから半世紀プラスちょっとの年月が経つと、昔の様に「こんなの初めて〜!」とかいうセリフを無邪気に言うチャンスもめっきりと減って、ほとんどの…

  • パリの大晦日~ゲイとレズビアンの老人と私達

     年末にパリの地下鉄の駅の階段を男性が女性の手を繋いで歩く姿。何気ない日常の風景の中に何故かお互いの信頼と愛情を感じた後ろ姿でした。   一日の生活の中で仕事…

  • ピノキオとシンデレラ~人前で泣く。

        クリスマスも終わって後はもう猪突猛進の勢いで一気に年越しに入って2019年を迎えるパリ一年目の私達。 毎年クリスマスの終わったこの時期に日本に帰りたい…

  • メリットのメリー・クリスマス〜Presenceする日

        「え、え~と。ジンクピリジオン?」 シャワーを浴びながら相方が使っているらしいどこの家庭のバスルームにも一つは必ずひっそりと隅に置いてあるに違いないニ…

  • フランス・パリで起こった一揆 ~堪忍袋の緒の切れた黄色いチョッキの人達

        書店でフランスについて書かれた本を手に取ると、何故か「おしゃれなフランス人」、「フランス人女性は結婚してもいつまでも女」とかファッション雑誌向けのエレ…

  • マライア・キャリーからの注意~Caution

        これを書いてる今日はアメリカでは感謝祭。私が感謝する事は何だろう、と考えてみると  今日を飢える事なく屋根のある家の下で雨の日も雪の日も暖かく過ごす家…

カテゴリー一覧
商用