アイルランド不定期便
住所
アイルランド
出身
青葉区
ハンドル名
望月えりかさん
ブログタイトル
アイルランド不定期便
ブログURL
http://irishcountrylife.blog74.fc2.com/
ブログ紹介文
アイルランド西部の農村より、田舎生活の様子をエッセイにしてお届けしています。 著書に「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
自由文
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。 2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。 アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながら、オーガニックな野菜作りと食生活、地域の農家さんからいただく羊毛を使った糸紡ぎをしています。 アイルランド田舎生活 http://irishcountrylife.web.fc2.com/
更新頻度(1年)

26回 / 339日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2013/05/05

望月えりかさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(IN) 27,592位 31,288位 32,991位 27,802位 25,282位 27,861位 27,881位 972,561サイト
INポイント 10 10 10 0 10 0 10 50/週
OUTポイント 10 50 20 20 70 10 40 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 1,005位 1,164位 1,181位 949位 878位 974位 964位 35,014サイト
アイルランド情報 6位 6位 7位 5位 5位 6位 5位 139サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 26,056位 26,329位 25,854位 25,874位 25,304位 29,206位 29,161位 972,561サイト
INポイント 10 10 10 0 10 0 10 50/週
OUTポイント 10 50 20 20 70 10 40 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 1,294位 1,317位 1,303位 1,290位 1,274位 1,472位 1,453位 35,014サイト
アイルランド情報 5位 6位 4位 4位 3位 6位 6位 139サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,561サイト
INポイント 10 10 10 0 10 0 10 50/週
OUTポイント 10 50 20 20 70 10 40 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,014サイト
アイルランド情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 139サイト

望月えりかさんのブログ記事

1件〜30件

  • 友人から、羊毛のプレゼント その2

    そんな経緯から、音楽仲間で農夫のマークからプレゼントされたサフォークという品種の羊の原毛。紡いだ結果から先にご報告してしまうと・・・立派な毛糸になりました!確かに決して柔らかいとは言えないタイプの毛糸ではありますが、我慢できないほどの肌触りでもありません。私が一番最初に自分の手紡ぎ糸で編んだ、自分用のセーター(下に掲載した写真で私が着ています)と同じぐらいのかたさです。レッグウォーマーや何かのカバ...

  • 友人から、羊毛のプレゼント その1

    アイルランドには羊がたくさんいます。その多くは食肉用で、羊農家さんが好んで飼育する羊の品種というのも、だいたい決まっているものです。残念ながら、これらの羊の毛は私たちが肌にまとうウール製品にはならないというのが一般的な認識です。アイルランドの食肉用羊の毛は短く、そもそも紡ぐのに不向きです。また、せっかく紡いで糸にしても肌触りはかたく場合によってはちくちくして、とてもじゃないけれどマフラーや帽子とし...

  • たくさんの大人に囲まれて

    「ソフィー!馬が来るから下がって下がって。私と手をつなごう」数年前から参加し、毎月活動をしているガーデンクラブに行ってきました。日本から来ていた母も「面白そう、行きたい」と言うので、今日はみんなでシェアをするランチを二人分持って出かけることにしました。フィークルの村の反対側に暮らす家族が経営する、大農園での作業です。普段はホストが希望する作業内容に合わせて、持参する園芸用具をあらかじめ言い渡される...

  • 自家製サラダはミックスで

    夏によく我が家の食卓にのぼるグリーンサラダ。常に作り置きしている自家製のドレッシングと共に、いつもおいしくいただいています。レタスはもちろん畑で収穫したもの。ビニールハウスがあるので、夏だけでなく一年中新鮮なサラダを作ることができます。レタスと言えば、日本ではアイスバーグという品種のレタスをよく見かけるようです。大きなヘッドの、パリパリとした食感のレタスですね。でもレタスって、実は驚くほどたくさん...

  • 捨てない。直して使おう

    数年間使っている砂糖入れ、シュガーポットのふたが割れてしまいました。以前にも一度同じところが割れて、その時は接着剤でどうにかくっつけました。割れた部分はひびのように残ってしまい、決してもとの美しい状態には戻りませんでしたが、それでもふたとしてはちゃんと機能していたので使い続けていたのです。今回は小さな破片がいくつもあります。これをくっつけるのは至難の業・・・もう修正不可能かも。そもそも、このシュガ...

  • 子ども時代の記憶。自分を作るもの

    私は神奈川県横浜市北部の団地で育ちました。緑のあふれる住宅地で、子どもの頃は近所の子たちや同級生らと一緒に、自転車に乗っていろいろなところに行ったものです。親が付き添うなんていうことはもちろんなく、むしろ私たちがどこにいるかを知っている親は、当時いなかったのではないでしょうか。小学校の後ろにあった、マムシの出る「裏山」。ナマズのいる池がいくつもある早野、竹林に入ってたけのこを見つけたり、おたまじゃ...

  • 友人に編む手紡ぎセーター

    今年の3月にようやっと仕上がった、初挑戦のアイスランドのセーター、ロピ。その後もお気に入りの一枚として大活躍しています。編み込みが胸元にあるからなのか、とにかくあたたかいセーターで、着こめば着こむほど私の体型になじんでくる気がします。編みかけのこのセーターが、我が家に来ていた友人の目にたまたま留まったそうなのです。普段は連絡などし合わない彼女から突然電話をもらい、早口で「エリカの紡いだ毛糸でセータ...

  • 地域に暮らすということ

    隣人が数週間前に転んで足を骨折してしまいました。地域看護師さんがシャワーを手伝いに来てくれたりしているようですが、一人暮らしなのでちょっとしたことにも難儀するようです。私たちもひんぱんに彼女の家を出入りしては、手を貸しています。「数日前からひどい頭痛なのよ」という隣人、「行きつけのお医者さんに薬を出してもらったのだけど、それを車で取りに行くなんてこと、エリカに頼んでもいい?」と電話があり、今朝ひと...

  • これも食べちゃおう。ゼンマイ

    いつか、誰かから「アイルランドのゼンマイも食べることができる」と聞いたことがありました。私は日本の住宅地で育ったのでいわゆる「山菜」というものが身近になく、テレビのニュースで山菜狩りを旬の行事として見る程度でした。ですから、「ゼンマイ」という食べ物も聞いたことはあったし、大人になってからはそれがシダ植物の新芽であることも理解はしていたのです。アイルランドの田舎に暮らして15年。アイルランドは雨量が多...

  • 野菜を買わずに越した冬

    今年もツバメが帰ってきました。畑で仕事をしていたら、初めてカッコーを聞きました。長い冬が終わりを告げ、アイルランドに春がやってきました。この冬、我が家は初めて野菜を買わず、初めて自分たちの畑の野菜だけで乗り切ることができました・・・!私たちにとって、これはとても意味のあることです。それも、我慢をして辛抱して乗り越えたというより、あっさりとできてしまったのです。長年この土を耕し、肥やし、つながってき...

  • 事件の報道に思うこと

    今週はどんな記事を書こう?畑のこと、紡ぎのこと、新しいレシピや週末のこと?書きたいことはいつも山ほどある、私の暮らしです。書きかけになったままの記事もたくさん眠っていて、ときどきそれを掘り起こしては新たに書き直すこともあります。何年も前の下書きだったりすると、言っていることがあいまいだったり今の私とはまるで違うものの考え方だったりして、人というのはいくつになっても少しずつ成長しているものなのだなあ...

  • スイバを摘んで、サラダにしよう

    スイバ?何それ?なじみのない名前です。私も今回記事を書くまで、この日本語名を知りませんでした。英語ではSorrel(ソレル)。いくつか種類があるようですが、中でも定番のCommon Sorrelは、私たちの家の周りでも簡単に見つけることができます。スイバは、食べられる野草です。日本では野生のスイバの新芽をとって食べるそうです。春の山菜のひとつですね。アイルランドでは、ピューレにしたり魚料理の添え物にしたり。初春のス...

  • 一冬一着、手紡ぎ&手編みのセーター 後編

    きれいな色模様の入ったヨークが特徴のアイスランドのセーター、ロピに初挑戦して編んだのが去年の冬のこと。時間をかけて編みこんだヨークの寸法に誤差があり、これではだぼだぼでとても着れないということが判明しました。リビングルームのカウチに放置されていたセーターを、ちくっ、ちくっと胸を刺す罪悪感にかられながらも知らんぷりをしていた私ですが、さすがに次の冬がやって来るとそろそろいい加減自分の怠惰な性格を呪い...

  • 登ってきました、クレア州で一番高い山

    本の編集の仕事で缶詰めになることが多かった1月が、過ぎていきました。慣れない作業にもかかわらず、少しもストレスを感じることなく、むしろ楽しんで本作りを進めることができました。これはひとえに理解ある編集者さんのおかげです。本を読んでくださった皆さんから、少しずつ感想が届いています。これがとても嬉しく、私の日々の糧になっています。何という幸運に恵まれたことでしょう。ありがとうございます。ホッと一息つく...

  • 望月えりか 初の著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」刊行です

    はい。タイトルの通りでございます。なんと。突然のお知らせとなりますが、このたび私にとって初の著書が刊行されることになりました・・・!見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし 望月えりか著 (出版舎ジグ)出版してくださったのは、生まれたばかりの出版舎ジグさん。編集者の女性からお話をいただいてから本の刊行に至るまで、実に膨大な作業を一つ一つこなしながらの長い道のりでした。本の出版は、私にとって初...

  • 一冬一枚、手紡ぎ&手編みのセーター 前編

    ここ数年、冬になるとセーターを編んでいる私。一冬に一枚は作っているのかもしれません。パットさんに編んだりもしますが、セーター編みの技術をもっと磨きたいと思っている私は、一にも二にも自分用のセーターばかりを編みます。まだ他人に編めるだけの経験が伴っていないと感じるのと、まずは自分で試着をし、着心地を確認したいからなのです。ちょうど快適と感じる袖の長さや首回り、胴の幅や脇、丈などは、日々着続けることで...

  • アイルランド産。天然のりのおすそ分け

    アイルランドは、ご存知の通り日本と同じく島国です。大西洋に浮かぶアイルランドは豊かな海に恵まれ、海岸沿いの地域ではシーフードを使った料理が多いものです。魚や貝だけでなく、アイルランドではここ数年で海藻もまた注目されるようになってきました。食用だけでなく、化粧品の原材料などとしても使われているようです。ずいぶん昔、ある友人が海藻狩りに連れて行ってくれたことがありました(「いざ、西クレアへ海藻狩りに」...

  • ショウガを知らない義弟

    アイルランド島には32の州があります。「県」と訳されることもあるので、都道府県のようなものと考えてよいでしょう。さらにはこれらを地域別に分ける呼称があり、これは関東とか関西、東北、北陸、四国地方と似たような意味合いで使われています。私たちの暮らす州はクレア州(County Clare)で、クレア州はアイルランド南西部のマンスター地方に入ります。首都のあるダブリン州のある島の反対側、アイルランド東部はレンスター地...

  • 価格競争しないで!「義理」の山で越える冬

    毎年、冬支度の季節になると我が家は家をあたためる燃料となる薪を調達します。私たちの土地に植えてある木々の剪定で出る枝のいろいろや、家の敷地内でとれる薪もありますが、まだ一冬を越せるほどの量ではないので、たいていは薪を販売する地域の農家さんなどから購入しています。近くに住んでいる人たちなので、特大のバッグに入った薪を家まで配達してくれ、助かります。今回は、いつもの農家さんからではなくちょっと新しい人...

  • りんごのお酒、できました

    この前の秋に初めて仕込んでみた、りんごのお酒、サイダー(シードル)。(その時の様子はこちらの記事→「自宅のりんごでサイダー(シードル)作り」)サイダー作りは、ワインのように何か月もかかるわけではないのよね、数週間で飲めるのよね、ということはあらかじめ分かっていたのに、クリスマスが終わった頃にハッと「あれっ、そういえばサイダーどうなってる?!」最初は心配になるほどの勢いで発酵し、ガスをぽこぽこぽこぽ...

  • 手紡ぎ毛糸でいっぱいのバスケット

    この冬、アイルランドは暖冬です。霜の降りるような朝も11月までで、それからは日中13~14℃という気温。厳しい寒さとは無縁です。それどころか、木々や植物たちも困惑しているようで、ブラックベリーの花が咲いていたり、新芽の出ているメープルの木があったりします。このまま春がやって来るのでしょうか。さて、私の冬の手仕事といえば糸紡ぎと編み物。編み物は、おかげさまでiichiさんで出しているハンドメイドのお店を通してク...

  • ゆっくり、Humbleに。

    あけましておめでとうございます。アイルランド不定期便読者の皆さま、お元気でいらっしゃいますか。先月先々月と多忙であったり不安定な時期で、こんなに不定期便をお休みしてしまったのは初めてかもしれません。さっきページの確認をしたら、1ヶ月以上更新されていないとのことで広告が出ている始末。すっかり寂れた格好となってしまいました。元旦の夜にこの記事を書いていますが、新年に向けての抱負などがまったくない私。目...

  • 手作りの馬小屋の結末

    リラの乗馬のためにポニーを飼い始めたのは2015年のこと。もうあれから3年も経つんですね~、あっという間です。ポニーを迎える準備の一つとして、冬場に雨風をしのぐ馬小屋があるといいのではないかということで、パットさんが冬の冷たい空気の中せっせと作業していたのを思い出しました。セメントを買ってきて水と混ぜてコンクリートを流し込み、骨組みを立てて屋根をつけて・・というもろもろの作業をすべて一人でこなすパット...

  • 熱を下げる!エルダーフラワーのお茶

    2週間ほど前、風邪をひき久し振りに寝込みました。39度近くの高熱とのどの痛み。これだけ熱が出ると、日常生活というものをまともに送れなくなります。家事ですらままならず、パットさんに普段以上に頑張ってもらって何とか数日を乗り切ることができました。私が病に伏せていることを聞いた友人が、電話をくれました。熱があってね、辛いのよねと話していると「エリカ、エルダーフラワーのお茶はあるの?」と言います。乾燥させた...

  • アイルランド人が最も好きなジャガイモの調理法

    アイルランド料理といえば何といってもジャガイモ。アイルランド不定期便でも、ジャガイモに関する記事を過去にいろいろ書いています。☆アイルランドのソウルフード、ジャガイモの話☆ジャガイモとアイルランド人☆アイルランドの大飢饉の原因、ブライト☆今年は豊作のジャガイモ☆シンプルでおいしい、ジャガイモと西洋ねぎのスープ☆ジャガイモはおかずにならない?☆毎年恒例、ジャガイモの収穫うわー、ジャガイモだらけの不定期便・...

  • にんじんがおいしい、10月の畑

    それにしても今年の夏は畑が忙しかったです。お天気に恵まれ、畑の野菜たちは今が盛りとばかりにぐんぐん育ってくれました。自分たちで育てた新鮮な野菜で毎日の食事がとれるというのは、私たちにとって何にも代え難い暮らしの道です。おいしい野菜がたくさん穫れるのは嬉しいこと。収穫というのは、野菜を種から育てたことを思えばまさに感激の瞬間なわけですが・・・いやはや、毎日毎日できる野菜を毎日毎日収穫というのは実に大...