searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

EBI印さんのプロフィール

住所
石巻市
出身
石巻市

自由文未設定

ブログタイトル
EBI印近隣探索日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/ebijirusi
ブログ紹介文
小さな城跡を見つけると、藪をかき分け突き進む。
更新頻度(1年)

379回 / 365日(平均7.3回/週)

ブログ村参加:2013/03/31

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、EBI印さんの読者になりませんか?

ハンドル名
EBI印さん
ブログタイトル
EBI印近隣探索日記
更新頻度
379回 / 365日(平均7.3回/週)
読者になる
EBI印近隣探索日記

EBI印さんの新着記事

1件〜30件

  • ダイヤモンド・プリンセス

    なんか聞き覚えと見覚えが・・・・・・・・昨年、4月に石巻に寄航していた。コロナウイルスで一躍有名に。英国船籍なのに、感染者数が日本になっているのが気になる。政府のとった政策が良いか悪いかはさておき、未だ船内に残っているスタッフと乗客は大変なストレスなんだろうな~。スタッフと乗客の皆さん頑張れ!ダイヤモンド・プリンセス

  • 茨城県大子町 月待の滝

    袋田の滝から、福島方面への帰り道、月待の滝の看板。袋田の滝を見たばかりなのだが、軽く寄り道。日本一やさしい裏見の滝とある。細い道を下っていくと。なかなかの滝白い部分は凍ってます。平日で、ほとんど人がいなかったので、どうしたらいいか分からなかったが、よく見ると、裏側へはいれる。若干足元が悪いが、いい感じ。初めて、滝を裏から見た。茨城県大子町月待の滝

  • 茨城県 袋田の滝

    日本三名爆の一つ、袋田の滝。茨城県北部、福島県との県境が近い、大子町にある。真冬の二月、もしや氷瀑が見れるかと思ったが、暖冬・・・・・・・・・少し凍ってる。トンネルを通り、展望デッキへ。絶景です。巨大である。名前は聞いたことがあったが、予想以上だ。三大名瀑とは、袋田の滝・華厳の滝・那智の滝。あとは那智の滝なんだけど、遠いな~。茨城県袋田の滝

  • 那珂市 静神社

    常陸国二之宮静神社。昨年、一之宮鹿島神宮をお参りしたので、今回は二之宮静神社をお参り。平日の朝だけあって、お参りの人はいなかった。御祭神は竹葉槌命。御祭神は、日本で初めて織物を織った神。古くは、鹿島神宮・香取神宮・静神社と東国の三守護神とされていたという。ゆっくりとお参りできた。社務所は開いてるか閉まってるかわからない感じだったが、声をかけると宮司さんが、出てきてくれたので、御朱印をお願いした。この地の歴史や、神社の由来、他の神社との関係まで、事詳しく説明を受けた。不勉強なことも多くて、すみませんでした。那珂市静神社

  • 水戸市 七ツ同公園

    日曜日は、水戸に一泊。朝一で、七ツ同公演へ。英国式庭園があり、映画「テルマエ・ロマエ」のロケも行ったという。月曜日は、世間では平日。公園はガラガラ。当然、公園内の花壇は花はない。犬の散歩の人を、時々見かけるだけ。朝早い時間の公園は清々しい。けど、ちょっと寒いかな~。数か所の池の周りをゆっくりと散歩気分で。茨城二日目の朝。水戸市七ツ同公園

  • まるで春。

    寒い日もあるが、おおむね暖かい。こんな冬は経験が無いな~。昨日は雨降りで肌寒い一日だったが、今日はポカポカ陽気。暖冬は、私には嬉しいが、冬は寒いというのが当然じゃないと困る職種もある。県内のスキー場は開店休業。昔、石油ファンヒーターのメーカーの人に聞いたが、寒くないと困る。在庫を社員が買わされるって。エアコンもしかり。冷夏の時は在庫の山。製造年が表記されてるから、来年は定価で売れない。それに、今年はコロナウイルスでイベント中止も。波乱の年になるんだろうな~。まるで春。

  • 水戸東照宮

    夕方、水戸城址を散策しながら、東照宮へ。駅前からの通り沿い。横の参道は、古い商店街になっていた。1621年、藩祖の頼房が、父の家康を祀るために創建。戦災により、当時の建物は焼失したが、戦後再建された。社務所の前には大砲が。お参りして、御朱印をいただきました参道の商店街は、夕暮れ時。良い感じなんだよな~。水戸東照宮

  • 信達三十三観音 八番札所 清水寺

    福島市内にある清水寺(せいすいじ)信達三十三観音清水観音。夕方の訪問だったが、ご住職は不在だけど、奥様に丁寧な対応していただき、御朱印を待ってる間、瑞宝閣という建物に案内され、沢山の切り絵を拝見。このほか壁や天井に沢山の切り絵。なんでも、ご住職の手によるものらしい。風景から、アニメキャラなど多岐に及ぶ切り絵。圧巻でした。その時、偶然住職が帰宅。お茶やお菓子をいただきながら、沢山の話を聞きながら、住職の撮った、お宝映像(内容は霊)に嫁はグイグイ話に入っていく。希望のものがあれば、切り絵をお分けしますと住所を書く。福島のご住職、お話が面白い方が多い。お土産までいただき、御朱印もいただく。御朱印も、ご住職が切り絵の手法で作った版で千手千眼観音。横にある線路虹がかかり、山形新幹線も通ってた。わたしは、勘違いしていたが。...信達三十三観音八番札所清水寺

  • 水戸城址

    徳川御三家の一つ、水戸徳川家の居城。最近まで、巨大な土塁が遺構として残っている城跡だったが、現在整備が進んでいる。三の丸から二の丸へ入る大手門は、昨年完成。二の丸側は、学校が立ち並び、入れないんだろうな~。近隣の雰囲気はとてもいい感じ。二の丸には、現在隅櫓の復元も進んでいるという。三の丸へ戻るとそこには、、日本でも屈指の大きさを誇る藩校、弘道館がある。が、時間は4時半・・・・・・・・・終了。もっと早く来ればよかった。改めて水戸城址に行かないと。水戸城址

  • 水戸 常盤神社

    偕楽園のお隣に鎮座する常盤神社。明治になり、水戸光圀と斉昭らを祀った常盤神社。見たことが無い地酒がいっぱい。なぜか(使いすぎor寿命?)ここで撮った写真が、SDカードにほとんど記録されてなかった。境内摂社の東湖神社、末社の三木神社・常盤稲荷神社もお参りし、御朱印をいただきました見開きで水戸常盤神社

  • 水戸偕楽園

    目的の偕楽園へ。護国神社の駐車場から、陸橋を渡り偕楽園。まだまだ梅は・・・・・・・・・・咲いていた。梅まつりまでは一週間程早かったが、暖冬のおかげで結構咲いていた。元々、無料のようだが、最近有料に。そのかわり、茨城県民は無料だそうだ。満開なら凄かったろうな~。この建物は徳川斉昭ら設計の好文亭三階へ上ると、絶景が見れる。いいな~。庭園から、千波湖、そして市街地。まるで外国のようだ。水戸偕楽園

  • 茨城県護国神社にて

    拝殿横の、地元の銘酒の菰樽を横目に見て。御朱印をお願いしに、社務所を訪ねると、雛人形が沢山飾ってあった。もうそんな季節か~。あっという間に春が来るな~。茨城県護国神社にて

  • 茨城県護国神社

    時間が出来た!よし、遠征だ。いつもは、前日に走って車中泊なんだけど、今は冬。日曜日の朝に出発。目指すは、水戸偕楽園。遠い・・・・・・・・・昼にやっと到着。まずは、お隣にある護国神社へ。明治11年、明治維新前後に殉職した、1800名の水戸藩士を祀る為に出来た鎮霊社が始まり。その後茨城県出身の戦没者を合祀。1939年、鎮霊社護国神社となり、1941年茨城県護国神社と改称し、戦後は茨城県出身の軍人・軍属を合祀。63494柱を祀る。まずは、茨城県の英霊達にご挨拶。お参りして、御朱印をいただきました。摂社の桜宮も一緒にいただきました。茨城県護国神社

  • さほど積もらなかったな~。

    昨夜は、結構積るかと思ったら、今朝は昨夜の八時半から増えてなかった。しかし、道路はズルズルだ。休日ならこんな感じも良い感じ。さほど積もらなかったな~。

  • 降ってきた。

    夕方から雪。これは積りそうだ。そして、明日朝は氷点下。道路はツルツルだろうな~八時半でこんな感じ降ってきた。

  • 福島市 篠葉沢稲荷神社

    今回の福島行の目的。篠葉沢稲荷神社。何よりも、本殿の彫刻は一見の価値あり。拝殿にお参りして、裏側へ。本殿は、彫刻の杜と呼ばれる、超絶技巧の本殿。明治26年から30年にかけて造営された本殿。朱の透かし塀の間から撮影。かげ彫りというらしい。柱だけではなく、張りにも明治期らしい彫り物が本殿側面に。日清戦争の陸海軍の激戦の図。本殿に見とれ、長い時間を。お参りして、御朱印をいただきました。福島市篠葉沢稲荷神社

  • 福島市 蓬莱岩と村上薬師堂

    信達三十三観音を巡ってる途中、蓬莱岩の小さな看板、先を急いでいたが、なぜか惹かれたので立ち寄り。蓬莱岩って何だろうか?車で細い道を入っていくと、薬師堂が見え、そこに車を停めた。都の戦乱を避けた、後醍醐天皇の皇子を祀った場所に建てた薬師堂のようだ。で、蓬莱岩って?薬師堂の横に立て看板。下を覗くと。お~絶景。仙人伝説が伝わる、中国の蓬莱山を思わせるという蓬莱岩。奇岩が点在するとい阿武隈峡でも、群を抜く存在感・・・・・・・他を見てないので、何とも言えないが、絶景には間違いない。なんの下調べもなしで、ここに来ると、感動。よく見ると、下に人がいる。薬師堂から下に降りようとしたが途中の橋が腐ってた。何とか降りれるが、上がってくるのが大変そうなので、断念。こういう突然の発見は嬉しい。福島市蓬莱岩と村上薬師堂

  • 伊達市 野崎寺観音 信達三十三観音

    二十四番札所である長谷寺で、二十五番札所も長谷寺で管理していて、御朱印も一緒にいただいたので、お参りに。すぐ近くというので、移動。車で数分。この日は、ともかく寒かった(強風も)小高い丘に・・・・・・・・・ここは、古墳だそうだ。長谷寺でいただいた御朱印。周辺には、公園になっていて、いい感じ。伊達市野崎寺観音信達三十三観音

  • やっと初積雪。

    朝、目が覚めると雪。やっと積雪。今年は、雪が少ないんじゃなくて、雪が無かった。水不足を考えると、雪は嬉しいが、実際はあまりうれしくはないな~。今日は、0度前後の気温だし。朝から寒いな~。やっと初積雪。

  • 伊達市 長谷寺 

    信達三十三観音二十四札所。伊達市長谷寺。山門は旧保原陣屋の正門を昭和61年に移築し改築。境内にはありがたやありがたや。我が夫婦の夢は四国八十八か所巡礼。とりあえず、行けないので、ここでお参り。観音様は、境内の横。卯花広智寺観音と呼ばれる。御本尊は観世音菩薩。お参りして、御朱印をいただきました。伊達市長谷寺

  • 仙台七福神 鉤取寺 福禄寿

    毘沙門堂をお参りする前、参拝。こちらは太白区、毘沙門堂は若林区。結構移動が大変なので、用事があった太白区の鉤取寺を先にお参り。太白区鉤取(かぎとり)の鉤取寺(こうしゅじ)仙台七福神の一つ、福禄寿を祀る曹洞宗、輪王寺の末寺、834年の創建の古寺。山門を含め、建物は皆新しい。本堂の前に行って、お参りし、御朱印をお願いすると、待ってる間に本堂の中でお参りできた。仙台七福神も、残すは、寿老尊と弁財天になったな~。周辺も良い感じ。仙台七福神鉤取寺福禄寿

  • 仙台七福神 満福寺 

    仙台七福神の一つ、毘沙門天を祀る満福寺毘沙門堂。仙台駅からも車で数分、今は無き(移転)嫁の元の勤め先の横。仙台七福神、結構巡るのが大変。この日は夕方近くだったので、御朱印はあきらめていたが、無事いただけました。仙台七福神満福寺

  • 護衛艦たかなみ中東派遣

    護衛艦「たかなみ」が、中東へ派遣されることになり、2日横須賀を出港「たかなみ」といえば、東日本大震災の時には、石巻沖での救助活動。工業港のそばにあった幼稚園の、屋根の上に取り残された、園児や先生たちの救助が思い出される。旧海軍、駆逐艦「高波」も、ルンガ沖海戦時の身を挺した活躍。栄光の艦名に恥じない「たかなみ」の無事帰国を祈るばかり。護衛艦たかなみ中東派遣

  • 朝、薬局へ行くと。

    朝買い物があって、近くの薬局へ。必要なものをかごに入れて、店内を見ると。マスクが無い。完売だ。我が家では、数日前に買い置きしていたので、差し当たって必要ないが、こんな田舎でもマスク完売。これなら、都会では、とっくに完売なんだろうな~。但し。観光客が来るような場所ではない、石巻のような田舎でもと考えるが、石巻のような漁港や工業港などがある港湾都市は、外部からの人が入ってくることが多い。空港のようなある程度の厳密な検査等があるかどうか?中国からの研修生も多いが、本国の状況をどう考えているのかが不憫だ。封鎖された武漢から、距離が離れれば感染率は減るという。一日も早い終息が望まれる。朝、薬局へ行くと。

  • 石巻市 禅昌寺

    三陸三十三観音霊場7番札所禅昌寺。松島の円通院・瑞巌寺から始まり、三陸海岸を北上し、岩手県宮古市の常安寺までの三十三観音を巡る。近隣だけでも、○○三十三観音が沢山ある。しかも、移動距離が凄い。禅昌寺は、石巻警察署からほど近く、市内の人にとっては、三角茶屋のところの方が解りやすい。この日は、寒さが厳しく、平日だったので、境内は人影もまばらだったが、時折お墓参りの方が訪れていた。境内には、不動堂、若宮丸の供養碑若宮丸とは、江戸時代、石巻を出帆したが、江戸に向かう途中遭難してしまい、ロシアに漂着。その後大陸を横断、大西洋・太平洋をへて帰国図らずも、世界一周を初めてした日本人たちとなる。庫裏に行って御朱印をお願いしました。寒い中、ありがとうございました。石巻市禅昌寺

  • 伊達市 梁川天神社

    今日は、都合で急な休み。遠出して御朱印をいただきに福島へ。2月に入り、節分の特別御朱印がいただける梁川天神社。拝殿前には、道真くんと奥の松の菰樽。天神社の御祭神は、もちろん菅原道真。その他に、武甕槌神、経津主神、天児家根神。江戸時代には、天神社に東照宮を造営したが台風によって大破してしまい、天神社に合祀された。全国の天神社で、東照宮を祀ってるのは、梁川天神社が唯一とされてる。境内のあちこちに道真くんに願い事を書いておいてある。節分限定の御朱印をいただきました。見開きで、金文字の「福」二度目の参拝だが、普段の御朱印も特徴的でよかったが、こういうのもいいな~。伊達市梁川天神社

  • 一月も終わりだが。

    やはり暖冬。12月と1月に積雪が無い。こんな冬は初めてかも。昨日や今日は昼間外にいても、上着がいらない程。関東でも積雪があったというのに、東北の沿岸部には、全く雪が無い。挙句に、一昨日は大雨。水不足が心配だ。一月も終わりだが。

  • 枕缶終了・・・・・

    コンビーフの枕缶が終了のニュースを見た。スーパーで見つけたので一缶購入したが、K&K?ん?たしか野崎だったはず。終了は野崎だけかと思ったら、調べるとK&Kも、缶のリニューアルがあり、枕缶はもうすぐ終了のようだ。好きなんだよな~。コンビーフ。それに、この缶の開け方好きなんだよな~。まあ、缶が変わるだけでコンビーフが無くなるわけじゃないんだけど・・・・・・ちょっと寂しいか。枕缶終了・・・・・

  • 石巻市 一皇子神社

    市内で仕事中の立ち寄り。久しぶりだな~。市内、大門崎の零羊崎神社の鳥居の横にある一皇子神社。小さな神社ではあるが、名前の由来の一皇子とは、後醍醐天皇の皇子、護良親王。石巻に伝わるお話では、鎌倉で殺害された護良親王が、実は殺害したといわれる淵辺氏により、南朝方だった葛西氏の勢力圏の苦し、隠れ住んだといわれる。この周辺には、地名として御所入・御所浦・吉野などのゆかりがありそうな地名が残っている。ただし、この周辺は、震災の海からの津波がぶち当たった場所。沢山の被害者が、ご遺体になってあったところ。知人の一人が、車で流され、この辺でご遺体となって発見されたらしい。それもあって、震災後なかなか訪れることができなかった。ご冥福をお祈りいたします。石巻市一皇子神社

  • 仙台市 大年寺

    秋に訪れたばかりだが、その時は一人だったので、是非嫁にも見せてやりたくて再訪。私には、仙台を含め、宮城で一番美しい参道(あくまで私見)文家財のなってる山門を通ると。一直線に石段が。かつて、大伽藍があったことを思い起こされる参道。今では、登り切っても一般の墓地があり、、4代以降の歴代藩主の墓がある。上まで行って、振り返ると上る途中で、嫁はヘロヘロ(慢性の運動不足)上って降りて山門へ伊達家4代藩主の寄贈の山門高麗門(開けた門扉の上にも屋根が付く)をくぐって本堂へ山門から登って本堂ではなく、山門の横の駐車場の奥にあります。御朱印をお願いして、本堂へお参り。前回(10月)とは違った御朱印でした。仙台市大年寺

カテゴリー一覧
商用