searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

あわぞうさんのプロフィール

住所
三浦市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
うっかりユーザーのパソコン奮闘記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/awazoh
ブログ紹介文
パソコンを使っていて感じたあんなこと、こんなこと、気ままに書いていきます。
更新頻度(1年)

266回 / 365日(平均5.1回/週)

ブログ村参加:2013/03/22

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、あわぞうさんをフォローしませんか?

ハンドル名
あわぞうさん
ブログタイトル
うっかりユーザーのパソコン奮闘記
更新頻度
266回 / 365日(平均5.1回/週)
フォロー
うっかりユーザーのパソコン奮闘記

あわぞうさんの新着記事

1件〜30件

  • やっちまえ:21 [Windowsキー]+[F]

    [Windowsキー]+[F]はフィードバックへのお誘いだった。コメンタリーオタクの人には便利なショートカットかな。にほんブログ村やっちまえ:21[Windowsキー]+[F]

  • やっちまえ:20 [Windowsキー]+[D]

    [Windowsキー]+[D]は全くの無反応かと思ったらそうではなく、多くのアプリに共通の3点セット[ー,□,×]の[ー]:最小化が割り当てられていた。Dは何だろう、見えなくするディサピアだろうか。にほんブログ村やっちまえ:20[Windowsキー]+[D]

  • やっちまえ:19 [Windowsキー]+[S]

    [Windowsキー]+[S]では「すべてを検索」というプログラムが動き出す。タスクバーを画面下端に寄せてある場合に、左隅のスタートボタンの隣にある虫メガネマークのボタンと同様の動作をするショートカットだ。Sはもちろんサーチだろう。にほんブログ村やっちまえ:19[Windowsキー]+[S]

  • やっちまえ:18 [Windowsキー]+[A]

    [Windowsキー]+[A]では「通知の管理」というプログラムが動き出す。タスクバーを画面下端に寄せてある場合に、右隅に出る吹き出しマークのボタンと同様の動作をするショートカットだ。新しい通知があればすぐわかるようになっているので、あまり用はないと思うが。Aはアテンションか、注意ではきつすぎるから、訳した名前では通知としてあるのかな。にほんブログ村やっちまえ:18[Windowsキー]+[A]

  • やっちまえ:17 [Windowsキー]+[P]

    [Windowsキー]+[P]では「映す」というプログラムが動き出す。これは、パソコンの画面を別の映写幕やTV画面に映して見せるもので、4通りの方法を選べるようになっている。Pはプロジクト投影は、印刷よりもパソコン側の機能発揮範囲が広そうだ。にほんブログ村やっちまえ:17[Windowsキー]+[P]

  • やっちまえ:16 [Windowsキー]+[O]

    おや、[Windowsキー]+[O]=[Windowsキー]+[O]オーの実用上の意味はゼロだった。こういう設定は、「お愛想に」とでも言うのだろうか。にほんブログ村やっちまえ:16[Windowsキー]+[O]

  • やっちまえ:15 [Windowsキー]+[I]

    [Windowsキー]+[I]も歯車ボタンと同じ「設定」のウィザードだった。ただ、中身は同じでも看板の模様を変えてある。Iはインビテーションお誘いか。にほんブログ村やっちまえ:15[Windowsキー]+[I]

  • やっちまえ:14 [Windowsキー]+[U]

    [Windowsキー]+[U]は歯車ボタンと同じ「設定」のウィザードだった。Uはユティリティ、「お役に立ちます」かな。にほんブログ村やっちまえ:14[Windowsキー]+[U]

  • やっちまえ:13 [Windowsキー]+[Y]

    [Windowsキー]+[Y]=[Shift]+[Y]なんのことはない、英・大文字入力と同じだった。義理の割り当てなのかなあ。ほかのキーにもこういうのがありそうな気もするが、まだ確かめていない。にほんブログ村やっちまえ:13[Windowsキー]+[Y]

  • やっちまえ:12 [Windowsキー]+[T]

    タスクバーは、使わないときには邪魔なので、ふだんは画面に出ないようにしてある。こうしておけば、ディスプレイの全面を使って見たいものだけを表示できる。必要なときには画面の最下端にポインターを持っていけば、タスクバーがクルッと現れる。マウスから手が離れているときに、タスクバーを見るためだけにマウスを握るのは、どこか気が利かない。そのときは[Windowsキー]+[T]このキー操作だけでタスクバーが現れる。にほんブログ村やっちまえ:12[Windowsキー]+[T]

  • やっちまえ:11 [Windowsキー]+[W] 続々

    [Windowsキー]+[W]で始めに目についたWhiteboardを試してみたので、ちょっと逆戻り。入り口で、アカウントがどうのセキュリティがどうのと入場審査がややこしく、何かに同意したかどうかのところでグルグル回りになり、繰り返し現れる同じ画面で、[次へ]のボタンを何度押しても次に進めなくなり、あきれ返って止めてしまった。機能優秀乗り込み不自由という交通機関のような、これは、システムの元のところに何か欠陥がありそうだ。にほんブログ村やっちまえ:11[Windowsキー]+[W]続々

  • やっちまえ:10 [Windowsキー]+[R]

    [Windowsキー]+[R]「ファイル名を指定して実行」これも使う人にはおなじみののショートカットだ。Windowsにはたくさんの補助プログラムが待ち構えていて、それが命令一下すぐに起動する。その命令の受付窓口が[Windowsキー]+[R]小窓に書き込むコマンドの記号がカギだから、それを忘れたり間違えたりすれば相手にしてくれない。にほんブログ村やっちまえ:10[Windowsキー]+[R]

  • やっちまえ:9 [Windowsキー]+[E]

    [Windowsキー]+[E]はおなじみのエクスプローラー。フォルダーシステムの総体から部屋割りまで、自由自在に観覧可能な、便利なプログラム。ただし、ヒエラルキーの概念をつかめない人には、何のためにあるのかわからないだろう。にほんブログ村やっちまえ:9[Windowsキー]+[E]

  • やっちまえ:8 [Windowsキー]+[W] 続

    [Windowsキー]+[W]で現れるアプリが、もう一つあった。「全画面表示の領域切り取り」という、持って回ったような名前がついている。近頃発行される本の書名にどこか似ている。どこかで見たような、と思ったら、これは「切り取り&スケッチ」の兄弟のようなアプリだった。そっくり同じではなく、ちょっと違うところがある。何が違うか、あとはあの格言におまかせ。「百聞は一見にしかず」にほんブログ村やっちまえ:8[Windowsキー]+[W]続

  • やっちまえ:7 [Windowsキー]+[W]

    [Windowsキー]+[W]に行ってみよう。出てきたのは二つのアプリボタン。その一つはWhiteboardという未経験のものだった。いまはやりのリモート会議、顔を並べただけではただのおしゃべり会に終わってしまいがちだが、このWhiteboardを使うと、手書きの絵図でもテキストの落とし込みでも自由にできそうなので、会議の身が厚くなりそうだ。機会を捕まえて使ってみようかと思っている。にほんブログ村やっちまえ:7[Windowsキー]+[W]

  • やっちまえ:6 [Windowsキー]+[Q]

    [Windowsキー]は、単独ではスタートボタンと同じ働きをするが、[Windowsキー]+[アルファベットキー]では、いろいろな働きをする。なかには、普段使ってないけれども、おやそうだったのかという組み合わせ設定が何かありそうな気がする。それを探ってみることにしよう。まず[Windowsキー]+[Q]これは、タスクバーにあるルーペ印のボタンと同じで検索ボックスが出てくる。一つ疑問なのは「上位のアプリ」という見出し、これどういう意味なの?タスクバーは、マウスを掴んでいるときは手早く操作できるが、両手が空いているときはキー操作のほうが早そうな気がする。それも、組み合わせを覚え込んでいればの話だが。[Windowsキー]+[なんだっけ]と考えているようでは遅くなるのが当たり前。にほんブログ村やっちまえ:6[Windowsキー]+[Q]

  • やっちまえ:5 時間差キャプチャ

    スクリーンショットは、[Win]+[Shift]+[S]のキー操作で、いちいちスタートメニュからアプリを探し出さなくても使えるのだが、それではうまくいかないこともある。キー操作で画面に現れていたポップアップが消えてしまい、そこをキャプチャしたいときには困るのだ。「引っ込まないで、そのまま、そのまま」というときには、時間差キャプチャという機能がある。スタートメニュの「切り取り&スケッチ」から通常操作でこのアプリを起動し、右クリックで現れるメニュから、2段階で時間差を選べるようになっている。3秒はわかるが、10秒も経ってからキャプチャというのはどういう場合なのか、貧困な想像力ではすぐには思いつかない。にほんブログ村やっちまえ:5時間差キャプチャ

  • やっちまえ:4 変なOffice

    フリーのオフィスアプリは、いろいろある。ひとつ奇妙なのを見つけた。WordのA4・1ぺーじ文書がメール添付で送られてきて、それを印刷してみると、1ページに収まらず2ページになってしまう。印刷されたものは、大きな余白がとられている。開かれたファイルのページにも、大きな余白がある。そのフリー・オフィスでは、余白の調整ができないのだ。書式設定メニュのどこを探しても、A4に5~6センチもある既定余白を縮める設定が見つからない。フリーとは不自由という意味なのか。にほんブログ村やっちまえ:4変なOffice

  • やっちまえ:3 既定回復

    IMEの動きがおかしくなった。「あ」と「A」の切り替えがうまくいかない。「A」にしたとき切り替わったという表示が出ない。スペース入力のつもりでスペースキーを押すと、記憶単語が出てきて、それの始末が大変面倒。IMEのプロパティで、これまでしたことのない「既定に戻す」操作を思い切ってしてみる。「あ」と「A」の切り替えは正常に戻ったが、さて、ほかの設定がどうなっているのか、差し当たりの使い方には影響なさそうなので考えないことにした。にほんブログ村やっちまえ:3既定回復

  • やっちまえ:2 切り取り

    スクリーンショットは、[Win]+[Shift]+[S]のキー操作で、いちいちスタートメニュからアプリを探し出さなくても使えるので便利だが、もっと便利なアプリがあるらしい。Greenshotというフリーソフトがそれ。いまのスクリーンショットでもうちょっと、という感じが出たときに使ってみようと思う。そのとき、Greenshotを思い出すように、あたまがクリーンになっているかどうか、「後で」にはそういう気がかりが残る。にほんブログ村やっちまえ:2切り取り

  • やっちまえ:1 QRコード

    GoogleChromeで開いているページのURLを作ることができる。ページのどこかで右クリックで現れるメニュに案内看板があるので、そこから入ればよい。スマホ向けのリンク指定には、これは便利だ。にほんブログ村やっちまえ:1QRコード

  • さあ困った:31 フォント:2

    昔のフォントを使えないかと、うろうろ探していたら、「Windows10のバージョン1809以降では、使いたいフォントがある場合、この方法を使えばどのユーザーでも自由にフォントをインストールして利用することができる」という記事が見つかった。1.昔買っておいたフォント集のCDから必要なフォントを選び出し、USBメモリにコピー、2.c:ドライブにあるフォントファイルのフォルダC:・・・\Windows\Fontsを探ぐり当て、そのフォルダを開いておいて、3.フォントファイルをコピーしておいたUSBメモリで、メニュから「インストール」これで見慣れたフォントを使えるようになった、万歳。(注)なぜUSBメモリに回り道?CDドライブなしのパソコンにインストールしたので。にほんブログ村さあ困った:31フォント:2

  • さあ困った:30 フォント

    Windows10で和文を印刷すると、実に汚らしい文書が出来上がる。業務用なら文字の美醜は二の次だからよいけれども、手紙には向かない。昔の教科書体など、きっちり印刷できるフォントを、無料で入手できる方法はないものだろうか。にほんブログ村さあ困った:30フォント

  • さあ困った:29 ピン止め

    何でも書き留めておく.txtファイルのショートカットを、デスクトップに置いてある。これが別の画面で隠れているとき、タスクバーにあると便利なのだが。通常、タスクバーには、ファイルのショートカットはピン止めできない。ところが、「Windows10でタスクバーに任意のファイルを『ピン留め』する方法」という記事が見つかった。それによると、ショートカットの作成で項目に[アプリのパス][半角スペース][ファイルのパス]を入力すればよいとあるので、試してみた。その結果、実際にピン止めされたのは、「エクスプローラー」の起動アイコンだった。はてさて。どこで間違ったのか。にほんブログ村さあ困った:29ピン止め

  • さあ困った:28 ページのタイトル

    ChromeかEdgeでどこかのページを見ていて、このページ抑えておこうという場合、ページのタイトルをコピーして、.txtファイルに貼り付けておきたくなる。そんなとき、スクロールしてページタイトルを探し出すのは面倒なもの。見ている画面のままで、うろうろ探さずパットできる方法がある。そのページのどこが出ていてもよいから、[Ctrl]+[D]とやれば、ブックマークの登録ウイザードが出てくる。出てくる画面ではページタイトルが選択された状態になっている。そこですかさず[Ctrl]+[C]とやればコピーが取れ、後は好きなところに貼り付ければよい。このとき、[Ctrl]キーは押しなおす必要がなく、押したままで[D]を押した指を[C]に移すだけ。☆のマークなんか使わないほうが早いよ。にほんブログ村さあ困った:28ページのタイトル

  • さあ困った:27 リーディングリスト

    Chromeのバーの「その他のブクマーク」の隣に「リーディングリスト」というボタンがいつの間にか居座った。初めてでもちろん使い方もわからず、ただあるだけの幅広のボタンが目障りなので消してしまいたい。方法が見つかった。目障りがなくなると、いくらか良い気分になる。にほんブログ村さあ困った:27リーディングリスト

  • さあ困った:26 命令文:2

    シャットダウン・ショートカット命令文の、オプションの解説をようやく見つけた。コマンドプロンプトWindowsの便利な使い方システム管理→shutdownshutdown-s-f-t0このオプションにその解説を当てはめてみるとこうなる。「シャットダウンせよ、アプリは強制終了、今すぐに」ずいぶん念の入った命令ではある。にほんブログ村さあ困った:26命令文:2

  • さあ困った:25 命令文

    シャットダウンのショーカットを作るとき、指定通りに命令文を書き入れればうまくいった。shutdown-s-f-t0この命令文、はじめのshutdownは文字通りなのだが、後についているオプションにはどういう意味があるのか。探ってみたがわからない。どなたか教えて・・・。にほんブログ村さあ困った:25命令文

  • さあ困った:24 シャットダウン:2

    シャットダウンの操作が面倒なら、デスクトップのアイコンからダブルクリック一発でシャットダウンできるようにしてしまおう。デスクトップのメニュで「新規作成」⇒「ショートカット」、そこに命令文を書き入れる。shutdown-s-f-t0こう書いてやればすぐに出来上がる。アイコンの図柄はお好みのものに入れ替えてもよい。にほんブログ村さあ困った:24シャットダウン:2

  • さあ困った:23 シャットダウン

    「今日はこれで終わります」と講師が声をかけても、シャットダウン操作をせずに、サポーターの顔を見ながらじっと待っている受講者、まったくの初心とはいいながら、5回目になっても、まだ自分でシャットダウン操作をしない。なぜだろうか、と考えたら、通常のシャットダウンが、小さなマークや文字を探りながらの3段階で面倒だからという、退歩的結論に達した。たしかに、この操作方法、気が利かないよね。にほんブログ村さあ困った:23シャットダウン

カテゴリー一覧
商用