プロフィールPROFILE

蓮さんのプロフィール

住所
中国
出身
伊方町

自由文未設定

ブログタイトル
中国語翻訳者日誌
ブログURL
https://ameblo.jp/juchi-2610/
ブログ紹介文
中国語翻訳者の日々
更新頻度(1年)

33回 / 241日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2012/09/02

蓮さんのプロフィール
読者になる

蓮さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,178サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 10 10 10 40 30 120/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,727サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,320サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,267サイト
中国情報(チャイナ) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,138サイト
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 35,557位 35,885位 35,960位 35,995位 36,043位 36,011位 40,894位 978,178サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 10 10 10 40 30 120/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 150位 160位 158位 154位 147位 152位 181位 12,727サイト
書評・レビュー 39位 42位 42位 39位 38位 39位 49位 3,320サイト
海外生活ブログ 2,141位 2,130位 2,159位 2,168位 2,178位 2,180位 2,395位 35,267サイト
中国情報(チャイナ) 43位 43位 43位 43位 45位 47位 48位 1,138サイト
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,178サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 10 10 10 40 30 120/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,727サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,320サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,267サイト
中国情報(チャイナ) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,138サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、蓮さんの読者になりませんか?

ハンドル名
蓮さん
ブログタイトル
中国語翻訳者日誌
更新頻度
33回 / 241日(平均1.0回/週)
読者になる
中国語翻訳者日誌

蓮さんの新着記事

1件〜30件

  • 2019年国慶節休暇備忘録

    10月1日(火)晴れ 朝、特19番のバスで清華大学芸術博物館に『与天久長――周・秦・漢・唐の文化と芸術特別展覧会』を観に行った。 見応えのありそうな展覧会だか…

  • 読みたくさせる作家論

      ドナルド・キーンの『思い出の作家たち』を四国の田舎へ行く列車で少しだけ読み、大阪へ帰ってくる列車の中でその大半を読んだ。 取り上げられている作家は谷崎潤一…

  • 寻找线索

        又看了《寻找无双》。这次我掌握了这篇小说的线索。我估计再看几次将可享受读这篇小说的乐趣。    这次我对如下部分划了字下线;    “人活在世界上,就…

  • ユクンドウスとユスティーネ

     《唱歌祭の夜出会ったユクンドウスとユスティーネ。市民革命と大企業勃興時代の混乱に、二人の愛も翻弄されてしまうが……。》 岩波文庫『失はれた笑ひ』のキャッチフ…

  • 荒诞无稽的小说

        “荒诞无稽的小说”,这是我读完《傻瓜的诗篇》后的坦率的看法。    一个精神病科的年轻医生对女生精神病患者产生了暧昧之感,对她进行性骚扰。后来那女生的…

  • 『暗いブティック通り』のこと

     王小波の『万寿寺』の中で主人公、王二が交通事故で入院していたときに読んだ本としてモディアノのこの『暗いブティック通り』のことが紹介されていた。 この小説が王…

  • 还是看不懂

        我第五次看了《红拂夜奔》,可是很多部分依然看不懂,所以很无聊。如果这样下去,说不定看懂这本小说之前,我的眼睛看不见了。    这次我划了下线的部分如下…

  • 詩情

     井上靖の『額田女王』を読んだ。文庫本で500ページ近い長篇だが、途中飽きることもなく、面白く読んだ。 この本は今年の春節休みに大阪に帰り、北京に戻ってくる直…

  • 中国の対外出版事業に微力を尽くす

    これは2019年9月4日、中国外文局建局70周年座談会が開かれた際に、外国人従業員を代表して話した内容です。スピーチは日本語で行い、中国語の字幕翻訳は若い同僚…

  • 不如后记好

        作家在《所有的判决,都是人生剪影(代后记)》里写了;    “一份处理决定和判决书,只能告诉我们什么不能干,而优秀的文学,是让我们洞见,在判决裁定后面…

  • 内田樹と津川晨

     内田樹の本は何年か前に『日本辺境論』を読んだことがあるだけのはずなのに、彼のブログを読んでいた時期があったせいか、他にも彼の本を何冊か読んだ気になっていた。…

  • 《万寿寺》真的好看吗?

    我第五次看了《万寿寺》,可是还没有读懂。我记得李银河曾经说过,《万寿寺》是她最喜欢的王小波的作品之一。我上次看的时候也觉得这部作品很不错,不过这次我对这篇小说…

  • 歴史を知るということ

     中国の中世の歴史について詳細に書いてある宮崎市定の『大唐帝国――中国の中世』を読みながら、本筋から多少離れてはいても、面白いな、なるほど、と思ったのは筆者が…

  • 郑王府―找寻王小波的影子

        今天(七月六日)下午我去看郑王府里面的教育部宿舍了。    王小波七岁的时候,全家搬至教育部宿舍、大木仓胡同北一号家属院内。除了在云南和山东插队的时候…

  • 房伟著《王小波论》读后感

         我看过房伟写的《革命星空下的「坏孩子」・・王小波传》,那本书给我的印象不坏,所以我在网上看到了这本《王小波论》的广告之后,马上就购买了。    与《…

  • 芥川龍之介の臂力

     この『上海游記/江南游記』には表題になっている作品以外に『長江游記』『北京日記抄』『雑信一束』が収録されている。 紀行文の類いはほとんど読まないし、芥川龍之…

  • 忧郁的“黑铁公寓”

         我第四次看完《王小波全集 第十卷 未竟稿 黑铁时代》了。今后我也还想继续看下去,直到我的生命结束为止。    描述“黑铁公寓”生活的《大学四年级》《…

  • 2017年秋天:八大处日记(六)

     10月30日(星期一)晴   我把注解和图片说明部分的稿子都改好了,XZ老师的修改意见很有道理,说明她翻译经验很丰富。目录的改稿也完成了。从明天起我要重新看…

  • 2017年秋天:八大处日记(五)

    10月23日(星期一)晴   牙不疼,我就有精神了。   今天我上午和下午都比较认真地看了稿子。   中午我一个人又去看了证果寺。这已经是第三次了。山上的红叶…

  • 2017年秋天:八大处日记(四)

     10月16日(星期一)晴   今天我也继续对三位老师修改好的稿子进行确认了。三个人都有丰富的翻译经验,确认他们修改好的稿子,对我来说是一个很好的学习机会。 …

  • 2017年秋天:八大处日记(三)

      10月9日(星期一)雨  因为今天下雨,不出去散步了。  来这里工作已经有两个星期,我估计还要再继续工作两个星期。因此,如何与大家愉快地工作,这是一个要考…

  • 2017年秋天:八大处日记(二)

      10月2日(星期一)阴有时有小雨    来这里已经一个星期了。工作顺利。    小W也回家,日语班只有我和小L两个人了。看样子,小L恢复健康了。其它语种的…

  • ドキドキさせてくれる小説

    小島信夫の『うるわしき日々』文庫版の裏表紙に次のよう惹句がある。《八十を過ぎた老作家は、作者自身を思わせて、五十過ぎの重度アルコール中毒の息子の世話に奮闘する…

  • 别人的情书

         我喜欢王小波的作品,百看不厌,包括他写给李银河的信。不过,这些毕竟是给李银河的情书,其部分内容有点肉麻。    我这次划了下线的部分信的内容如下; …

  • 黄登可さんのこと――今道友信の『美について』を読んで

     今道友信の『美について』を読んでみようと思ったのは、約40年前、黄登可さんに中国語の初歩を教えてもらっていたころに、彼が東大の大学院で今道先生の下でこの『美…

  • 去看王小波

      今天(5月3日)我去王小波的墓地了。  他的墓在北京郊区的佛山陵园内。我是先坐地铁4号线和16号线,然后从温阳路地铁站打的去的。从家里需要差不多两个多小时…

  • 王小波的精神家园

      这本《我的精神家园》比《沉默的大多数》好懂些。这本书我也已经看了四次了。  我这次划了下线的文章如下;  “一个女孩子来到人世间,应该像男孩一样,有权利寻…

  • 歴史を歩く楽しみ

     歴史というと、試験で人名や年代を暗記しなければならなかったせいもあってか、中学時代はそうでもなかったと思うのだけれど、高校に入ってからはまったく勉強する気が…

  • “不希望它太严肃”

      在这本书的自序里,王小波写着;  “不管什么书,我都不希望它太严肃,这一本也不例外。”  包括这次,这本书我已经看了四次,可是差不多一半儿的文章还看不大懂…

  • 王小波两处故居之谜

      两个星期多前的四月五日,我去看了烟台市牟平区水道镇青虎山村的王小波故居。王小波上世纪七十年代初,曾在那里插过队。  去看之前,我简单地看了房伟写的王小波传…

カテゴリー一覧
商用