chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
イカル
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2012/07/23

1件〜100件

  • 超ストレス

    友だちがいないから生活に刺激がないの趣味は何?なんて久しぶりに聞かれた困ったいま、本当に楽しみがないイケオヤジが好きで男サウナに行くのは趣味だけどそうは言えないよねほら今はズームでの会議や研修が多いよねグループワークという奴あれが超ストレス他者の意見をま

  • 自宅療養の身

    今週は意外な展開となってしまった。コロナ陽性と診断された。発熱の峠は越えた後は咳と頭痛それも軽くなってきてるもう寝込むほどではなくなった。しかし問題は病気の症状ではない。10日間の自宅療養を余儀なくされることだ。10日間の在宅ワーク仕事のスケジュールは大

  • オヤジさんに発情

    向いのアパートに住むひとり暮らしのオヤジさんに発情どうしようもない私だ昭和のヘンリー塚本その世界のようにちょうどエロビデオをみて抜く途中だったうだる暑さの日曜午後窓の向こうに例のオヤジが階段を昇ってきた彼はすり足歩行に特徴がある。日曜と言えば彼はゴルフに

  • 御馳走をつくろう

    コロナ渦で自分の行動がやや制限されることがあるよね。 この時期家でひとり過ごすにしても楽しく過ごしたい私、毎日お弁当を職場に持参しているでもそれは料理が好きだから、ではない野菜が好きだから炊いた白ごはんとたっぷり野菜を詰めるだけそういうことおかずはたいてい

  • 近いうちに会いに行こう4

    本日は土曜日市内の実家に住む母に会いに行ってきた。母は短期記憶がかなり弱くなっている。実家に到着し門扉から電話を鳴らした。電話をとり私の声を聴いてすぐに息子だとわかってくれた。今うちの前に来てると私が言うと玄関をあけてくれた。土曜日なので今日はデイサービ

  • 広告塔

    今回と同様の悲劇は続くと思う政治家が悪徳宗教の広告塔になり続けている限りねでも思い返せば宗教団体から詐欺に合いそうな事が若い頃にあった。アンケート街角でアンケートを何度か受けたことがある。若い時代まだゲイの世界もあまり知らずひとり寂しかった私は優しそうな

  • タイムトラベル

    以前所属していた職場そこの同僚の男性私より1つ年上の男性その男性を今頃になって好きになっている私タイムスリップして男を好きになってる変な話です同僚の頃にはその男性のことが嫌いで私はその人をいつも批判していた何か理由をつけて会社をサボるようなことが度々ある

  • ひとりだから、楽しい

    最近の楽しみは、とんかつのチェーン店でひとりで晩酌すること疲れた日などはその店に寄り、おいしい夕食をひとり愉しむもう、人と一緒に食べたいとは思わないひとりで、大きいテーブルに座る客は多くはないから大きい丸テーブルを使わせてもらう今夜はヒレカツとロースかつ

  • 近いうちに会いに行こう3

    6月20日月曜日この日は、珍しく平日の公休日だった。母は最近、実家にひとりになったようだ。姉の訪問はあるようだが、姉と私は会話がないので状況はよくわからない。でも、今私に出来る事は母に会って、母を元気づけることそれにつきる。もの忘れがひどいから忘れてしま

  • 助けてほしいの

    ところで、近くの公園にいる猫のお話しです。広い敷地の緑が多い公園で近くの住宅に住む飼い猫が夜な夜な公園に遊びに来たりもするそんな猫もかわいいけれど私が気になるのは野良猫さん白黒の猫と黒猫は仲が良くていつも一緒にいるそれでも何故だか彼等公園にいない時間帯も

  • coffeeタイム

    私の仕事は半分が訪問、半分がデスクワークであります。訪問はバイクでいくのだけど朝などは特に、苦い珈琲とバームが食べたくなる。甘いバームクーヘンと苦味のある珈琲その融合が、たまらない訪問の前とか後にファミリーマートでひと時のcoffeeタイムそれが仕事中の

  • 近いうちに会いにいこう 2

    近いうちに会いに行こう母に会いに行こう実は私、会いに行くという程に遠い場所に母がいるわけじゃなく、実は私、毎日通勤バスで実家の前を通っていたのです。ただ、バスを下車することができなかった姉との不和で私は母と再び疎遠になり令和以降、母の姿を見ていなかった。

  • 歯を治します その後

    この4月奥歯が折れてしまって、通っていた歯科には匙を投げられてしまい、袋小路にいた私でしたが、その後どうなったと思いますか?歯はよみがえりました。歯が抜けてしまったのならあきらめもするけれど歯の根元がしっかりと残っているのにあきらめたくはなかった。ただ、

  • 朝の公園へようこそ

    いつも急ぎ足で通り過ぎる近くの公園通勤バス停までのルートで鳩や雀、野鳥たちの合間を縫って通り過ぎる鳥達はさほど人を怖れず自由に振る舞ってるいつもはゆっくりできないけれど今日は日曜朝7時30分には公園にいた。私のペンネームでもあるイカルイカルと思われるかわ

  • 近いうちに会いにいこう

    仕事をしていても、何をしていてもずっと気がかりなことがあった。母親ともう長く逢っていない丸3年は顔を見ていない電話で声を聞いたのは昨年の秋くらいコロナで命を落とす人もいるそんな世の中だしましてや認知症の母親は生きてるだろうか、動けなくなってはいないかと気

  • どうかご自愛ください

    本当に自殺が多いですね。有名人も、連鎖してる。一般人にしたって、電車の接触事故というアナウンスよくあるそれは飛込みを知らせるアナウンスだところで私は、というと毎日のように死にたいと思ってるだって一緒に笑う人もいないし一緒に語り合う人もいない仕事で他人と話

  • どんよりとした重たい空気に押しつけられて

    今、まさに無気力病只中の私です。無気力病って私が勝手に名づけただけ何もする気が起こらない病気どんよりとした重たい空気に押しつけられて動けないような感じ。生涯悩まされている病気です。病気だとわからなかった10代の頃は寝ても苦しいし起きていても苦しいし食欲も

  • 歯を治します2

    歯の治療が始まりました。以前通っていた歯科では医師が二人とも歯を抜くことを勧めてくるしそれ以外に方法はないという説明だった。というか、自分の歯を残したいという私がバカげているというそんな反応だった。それはその医師の見解なのだが、そう説明された患者はまだ寿

  • スケベな銭湯

    最近、2週続けて大阪の銭湯に出向いた。そこは以前私が大阪に勤めていた頃仕事帰りによく利用していた銭湯だ。コロナの影響から閉店に追い込まれた銭湯もある中でそこは、変わりなく営業していた。人前で裸になるのも、じわじわと汗が出るサウナも電気風呂に入るのも、私に

  • 歯を治します

    歯には執着があって、自分の歯をなんとかキープしてる。だけど、数か月前に奥歯が倒壊、それでも地面というか、根本は残ってる。どうにか、根本を土台にして歯を再生したい。インプラントとか入歯とか方法はあるけれどやっぱり、自分の歯を残したい。しかし通っていた歯科の

  • 生きていたいのに

    生きていくには何か目標というか行先を決めないといけないから、ひとまず、こうありたいなっていう希望を持つようにしてる。そうでないとただ歩いているだけの徘徊になってしまうよね。私はただ歩いている(生きている)だけの夢遊病者のような時期が実は長かった。正直、生

  • 磁石が引き合うように、出逢いたい

    19年、一緒に過ごした男性とはホモ雑誌の投稿欄で始まった。いわゆる「お見合い」だった。たしかに、彼との出逢いは私の人生を大きく幸せなものに変えてくれた。でも今思うのは、やっぱり出逢いというのは「お見合い」じゃない方がいい。磁石が引き合うようにそんなふうに

  • 孤独という奴

    毎日、仕事の帰りにスーパーに寄り買物袋を抱えひとりの部屋に帰るその、たどり着いた瞬間ため息が出てしまった。ずっとずっと、ひとり変わらないひとりの生活にため息がでた。孤独に叩きのめされてる毎日だから、ハッピーな事、実感が薄いひとり、でも頑張って生きてるから

  • 日曜日は微熱

    3回目のワクチン接種、土曜日に受けました。前回は大丈夫だったけれど今回はかなり、しんどかった。今日はは微熱でずっとずっと寝込んでいた。月曜から仕事なので身体が自動的に反応して明日は元気になるでしょうそれでもひとり身は心細いよ微熱はもう落ち着いて36度代に

  • 10年前の自分を思い描きながら

    最近、ラジオを聴くことが多くなりました。出勤の朝にバス停まで、15分くらい歩くんですよね。その時は浜村淳さんの番組を聴いてます。ナジャさんの番組を聴きながら仕事から帰ることも多い。耳からも、すごく癒されるものです。気持ちが癒される。疲れが和らぐ、そんな感

  • 生きがい

    この前の土曜日もいつものようにいつものスパに行きました。毎日がひとり、との闘いでへとへとなんです。週末は少しくらい、楽になりたい。もちろん肉体的にもへとへとです。常連の私の好きな殿方も来てました。休憩フロアのソファで過ごしてる彼を日曜の朝に見かけることが

  • ひとり、だけど生きてます

    日曜日の午後はなぜかひとりで生きている事、実感してしまいます。人と話したいのに人が怖くなる明日からの仕事から逃げ出したくなる個人的に人と話すことのないひとりの生活が続いてるふだんは仕事なんかに追われて気が紛れているだけ日曜日に仕事から解放されると今度は、

  • 逢えてすごく つらい

    今週末も土曜日の夜から日曜にかけ男スパで過ごしておりました。スチームサウナで汗を流すと身体の疲れもココロの疲れも流されるそんな気がするマスクをした状態で休憩室で思い思いに過ごす男たちその中で、私めはスマホと格闘しておりました。通知ドットが表示されない(こ

  • やよい軒からドトール

    今週末、行きつけのスパ深夜、そして早朝スチームサウナの中で待っていたけれど彼(すてきな殿方)は現れなかった。日曜の朝、スパを出て朝ごはんを食べに、やよい軒に行った。私が着席すると隣の二人掛けの席に中年二人連れがやってきた。2人はゲイだ。直感でわかるひとり

  • すてきな殿方 2

    一目惚れで片思いの男性がいる。こんな燃えるような恋ごころがまだ私にも残っていたところが彼の事は何も知らない。話したこともない。私のよく行くスパで週末に見かける人だ。すてきな殿方だな、と思い日曜の朝、彼の後を追ったこともある。ストーカーのようにもちろん、後

  • すてきな殿方

    サウナ施設での休養が最近の週末のルーティンになってる。コロナ渦でサウナ内の飲食店も21時まで週末の大賑わいはないけれどそれなりに客は来ていて活気はある。食われノンケかな、と目をつけていた男性の姿もあったが、その男性に対する欲情はもう消えていた。もともと、

  • 食われノンケ

    彼氏や恋人のいる人はその人とだけは愛し合える。ひとり身はこういう時困る。他人との接触を避けないといけない。それはわかってる。先週も週末はサウナで過ごした。言っておくがゲイサウナではない一般のサウナだ。第6波が来てるがサウナは、賑わっていた。朝風呂や朝サウ

  • せめて、生きている短いあいだは

    冬将軍が到来するこの時期野良猫が寒さに耐えかねて路上の隅で目を開けたまま死んでるのを最近、みかけた。寒かったね本当にがんばったねそんな言葉を心でつぶやいて冥福を祈る私です。動物愛護の方々はがんばっておられる。私のようにただ、可哀想だなんて感傷にひたってる

  • 最後に友だちと食事したのは

    ふと考えてみると昨年は達成できた夢が二つあった。そして、お金も、たまる一方お金というのはあるところに集まってくるものみたい微々たる金額かも知れないけどボーナスだって使うあてがないのでそのまま預金として残ってる。でも、使うあてがないというのは悲しいものきっ

  • 男たちにまぎれて

    年末は30日まで仕事してました。年越しの瞬間はいつもノンケサウナで過ごすことにしています。今年もそうでした。男たちに紛れて、湯に浸かっていたら新年になってました。仮眠室で寝ます。カプセルもあるけど男たちの寝顔や寝息が心地いい仮眠室で休みます。そして帰宅し

  • サウナお泊り

    最近の楽しみ息抜きは、ノンケサウナのお泊り浴室では男たちと全裸で過ごし仮眠室では男たちと一緒に眠り深夜の食堂では男たちの食いっぷりを眺めたりするそんな時間が唯一の幸福そんな楽しみしかない私だサウナ自体も嫌いでなくサウナも身体を爽快にさせてくれる私が行く梅

  • 恋ごころ その4

    同じフロアの別の事務所で働く男性その男性への恋ごころはもう落ち着いた。トイレでツレションすることがたまにある。めんどくさいそう思う私あいさつだけはしておく「お疲れさまです」彼は、私に声をかけてくれる。社交辞令で声をかけてくれる天候の事とかめんどくさい私も

  • 沈没記3

    チューブというのは不思議な空間だった。防空壕とか洞窟の中という感じなにしろ丸い曲線なのだ私がロンドンで初めてお泊りすることになった宿に到着した。スチューデントハウス到着が遅かったから部屋はないけどなんとかすると受付。社長室みたいな部屋にその日は泊まること

  • 老けホモカップル

    今日は金曜日仕事を休みにしました。最近の楽しみは朝寝坊目覚まし時計をセットせずに朝を迎える贅沢それでも9時には目が覚めて松の屋のおいしい朝定食を食べてきました。ローストンカツと納豆その組み合わせが私の定番なのだ。さてさて、私は自分の顔をさらしたくないし出

  • デイサービス

    令和になってからまだ母と会ってはいない。電話で話すこともなかった。留守メッセージには母の声が入っているのだけど会話ができずにいた。デイサービスに行くようになった。そう母はコメントを残してくれていた。久しぶりに電話で話した。久しぶりであることを母は気づいて

  • 沈没記2

    90年代後半のその頃私はまだアジアの魅力を知らず西洋にばかり興味があった。ビザがなくても入国できれば最低半年は過ごせる現地でビザをとり延長もできるというイギリスを選んだ。長居できるなら、どこでもそんな気持ちだった。関空で搭乗手続きの時には到着しても入国で

  • 沈没記1

    私、今はそれなりに働いているけれど働いてない時代もあったのです。人生にところどころに無職の時代があるんだけどそんな時、私はただ日本でプーしてたくないな、と思い海外で沈没してました。どうせなら異国で沈没してる方がオシャレ、バカですよねそんな気持ちだったので

  • 悲しくなる

    今日は金曜日明日の土曜日と本日の金曜日を振替、今日はお休みして明日、お仕事にしました。今夜は檸檬堂という好きなチューハイを飲んでもぜんぜん酔えない。仕事場の人間関係がちっともうまくいかなくてというか、最悪でココロが沈没しています。いい齢して情けないね。ア

  • くれない

    徹子の部屋に伊藤由美という銀座のママが出演していた。女に興味のない私だが素敵な女性だということは話を聴いていてわかった。高校を卒業して銀座のママに憧れて上京、その後、その道一筋で40年彼女は18の時に家出をして1週間銀座で働いた経験を楽しくて楽しくて仕方

  • 孤独に縁のない人

    若い頃から幼少の頃から不満だらけの生活その当時は不満とは気づかずただ空虚な気持ちで生きていたような気がする。だから逃避のためか何かに陶酔することでやり過ごしてきたんだと思う。そのひとつが村上春樹の小説だった。まだ昭和の時代「風の歌を聴け」が新刊として書店

  • LINEもできない

    ホントに必死で生きてきた。中年になって働きながら大学も出た。しんどかった。同性愛者だけど世間に隠さずに生きてきた風当たりはきつかった。経験を積み社会福祉士になった。もちろん今もがんばっているけどひとりには変わりがない。いつになっても何をしてもひとり。友だ

  • 一緒に観に行きませんか ラスト

    ひとりで観に行きました。塚口サンサン劇場スーパーノヴァを観ました。どうしたんでしょうか、映画評論家のおすぎさんによると素晴らしい映画のはずなのに、私はひとつの感動もなかった。何一つ、心が揺れなかった。そんな映画でした。映画の世界にどっぷりと浸かって涙を流

  • 続 一緒に観に行きませんか 

    この場所で呼びかけたけどダメでしたね。誰かと映画を一緒に観ることそれも叶わないひとりで観るひとりで日々を愉しむそれが私のこれからの人生なのかも塚口サンサン劇場ひとり早く劇場入りして客層を観察しようゲイ夫婦の映画女性が観にくるのだろうか。お仲間がくるのだろ

  • 一緒に観に行きませんか

    映画「スーパーノヴァ」私がたまに、ひとりで観に行く小劇場尼崎のサンサン劇場で間もなく公開されます。男性と一緒に暮らした経験のない私ですが、やはり愛し合う年を重ねた男性のドラマは気になります。私は愛し合う事については恵まれなかったし愛をもらうことも愛を捧げ

  • あと一年、がんばります。

    明日の月曜はお休みです。この週末は休みだったけれどずっと家にいました。ご飯の時に少しお酒を飲むとダメですねすぐ眠たくなって気が緩んでるから眠ってしまう。休みの日に仮眠してると死にたくなる哀しい思い出ばかりが頭をよぎる私はひとりだと、実感するあと、一年だけ

  • 仕事に行くのやめた

    日曜日の今日、デスクにたまってる書類を片づけに職場でひっそりと仕事しようと思ってた。だけどそれはやめにした。もう、がんばり過ぎているんじゃないかと。人生の前半がすごい無気力で人生の後半にやたら忙しい。お休みは仕事のことなんてぱ~っと忘れられたらいいね今日

  • アプリを使い始めた

    男と出逢うためのアプリ私はこれまで使うことはなかった。ネットの掲示板を使うことはあっても自分の顔をさらすなんて絶対にしなかった。そんな私がこの5月からアプリを使うようになった。横顔だけど、顔も掲載した。思うのは、人間ってすべて顔に出るものだなって今さらな

  • 挨拶すら出来なくなった

    私の住んでるこのマンションには罪はない。隣人の物音などほぼ聴こえてこないし南向きで外の風景も見渡せる。静かに眠ることのできる場所だ。私の部屋のドアに紙袋がぶら下がっていた。ちょうど真上の階に引っ越してきた人からの心遣いの品だった私はすぐさま挨拶とお礼を述

  • シックスナイン

    考えてみると結構、他人とのセックスはご無沙汰です。数年前にHIVの検査を受けた頃からは特に感染症に慎重になったし、今はコロナの事もある。もう、どのくらい人と肌を合わせてないんだろう?人肌が恋しい社会生活の中で知り合った男を好きになることは多々あるが、片思

  • 恋ごころ再び

    ノンケを好きになっても意味がないそれはそうだけど性的嗜好はグラデーション人生振り返れば恋愛関係直前で逃がしてしまった恋がある。昨年の夏、あきらめた男性がいる。組織の中なので、どうしても恋愛関係は難しいましてや男同士もし彼が私を好きでいてくれても状況を考え

  • 仮眠室

    私、仮眠室で眠ることが好きなんです。24時間営業してる浴場。そこにある仮眠室のこと。私がいつもいく所はリクライニングにテレビが備えてあってわりと快適に過ごせる。ひとりで眠るけど、ひとりじゃない。まわりに誰か男がいて、人の気配がある。人の気配はあるけど、ひ

  • ただ寄り添って

    ほんとうにねだだ誰かと寄り添って生きたいそれだけなのにそれだけなのに叶わないやっぱりもう叶わないのかなでもねもう、ひとりに疲れたひとりで生きていくのに疲れた。疲れてしまった。にほんブログ村

  • 年齢を重ねても素敵な男

    矢崎滋という役者さんは引退して今、東北のホテルで暮らしてるって記事をみました。都はるみと一緒のところの写真とかをみたら、ステキな男性だなって思いました。年齢を重ねても素敵な男ビジネスホテルで暮らしてるなんていう不格好な生き方も人間らしくて素敵だでも私がい

  • 老け専になった

    不思議です。自分も齢を重ねてきたせいなのか、老年の男性が愛おしくなりました。自分も疲れてきたせいでしょう疲れている年代の男性に母性本能が反応するようです。白髪が増えてきた男性、髪の毛が薄くなってきた男性、そんな男性のこと、愛おしく感じます。例えば、「チン

  • やっぱり男がほしい

    新年が明けました。年始の挨拶が病的に嫌いな私ですがそれもひと段落しましたね。今年初めての休日土曜日です。本当に一週間が疲れるようになりました。齢ですね。2月にはある認定試験がある直前なのでしばらくは禁欲生活です。若い頃は学校も試験も自分にとっては不毛でし

  • こどく忘れ

    やっと年内の仕事が終わり今日から休みになりました。仕事納めの日にも私の心は孤立感でいっぱいでしたね。病気です周りの人のせいじゃない。そんな気持ちを抱えながらも今日は大晦日ですね。と言い合える友だちもいない。今年も私はひとりぼっちでした。ひとりで生きる事に

  • 急降下

    気持ちが急降下しています。年の瀬のこんな時に穏やかな気分でいたかった。仕事の事なんだけれど、急な事態の対応がうまくいかなくてね。なんだか、社会から脅迫されてるようなそんな気分です。でもね、前向きになってますよ根性を鍛え直すいい機会だなんて考える事にしてる

  • 勘違いもはなはだしい

    金曜日の夜はへとへとでした。身体の疲れ、心の疲れぎりぎりの毎日綱渡りをしているような毎日です。それでもね、ちょっと嬉しいことがありました。以前より関わりのあった仕事関係の男性たまに私が会議に呼ぶと二つ返事できてくれる。会議の時は私の目をしっかりと見て話し

  • きたきり雀

    こんにちわ。見えない読者様にこんにちわ。私は生きています。今日はお休みなので朝寝坊しました。土曜の朝だけが、ほっとする時間なのかも知れない。月曜からの仕事の準備日常生活の雑用2月の試験の受験対策そんなことでいつも週末はつぶれてしまうけれどでも冬のボーナス

  • 一人寝がつらくて

    金曜の夜といっても私には何も楽しみがない。家族で食事に行くとかお友だちと約束があるとかそんな声ばかり聞かされる。うんざりする週末私には雑用は山ほどあっても行く場所なんてどこにもないというより無性に一人で夜を超えるのがつらくなりました。昨晩は巷の男サウナに

  • やんちゃなカラス

    梅田の堂山スギ薬局の道路を挟んだ向かいの樹の下に鳩がいっぱい集まるエリアがあるんです。午前中にそこを通ると、暖かい日差しに鳩が日向ぼっこを楽しんでいる光景があります。鳩は人に慣れているから、私がかなり近づいても逃げようとはせずのんびりと過ごしています。真

  • ミニトリップ

    あいかわらず多忙で退屈な毎日を送ってます。多忙だけどしょうもない日々そんな意味です。週末の金曜は身体が疲れ軽い頭痛もあった。だから梅田の温泉で身体の疲れを癒しその日は泊まることにした。堂山のいきなりステーキでサーロインをミディアムで焼いてもらいおいしく頂

  • 弱音を吐いた

    ノイローゼは少し楽になりました。土曜の今日はなんとか開放的に過ごしてます。それでも明日の日曜は仕事場に行かないと気持ちが落ちつかない仕事病になってます。今の仕事をしてから海外にも行けなくなった。少し楽になったのはおそらく上司の男性に「もう私、気が狂いそう

  • このところ、精神障害

    それは今に始まったことではなくて10代の頃からなんです。心療内科にいっても原因とか病名とかわからないのです。医師は適当に病名をつけて処方する。でも解決とか改善にはならない。だから自分で対処していくしかない私の病なんです。多くは人間関係が基になっていてその

  • 「時のないホテル」

    ユーミンのアルバムで私がLPレコードとして初めて購入したのが「時のないホテル」だ。遠い時代昭和の時代の話だ。その後ユーミン独特の世界をアルバムを通じてリアルに楽しんだ。「水の中のアジアへ」「悲しいほどお天気」「昨晩お会いしましょう」この辺がユーミンの傑作

  • 大き目のナスビ

    シルバーウィーク私も4連休は一応頂くことにしました。私は齢を重ねた受験生、なので今朝も勉強しているうちにランチタイムになりました。だけど気分転換したいので土曜の晩から京都祇園に。祇園にあるノンケサウナで夜を明かした。若い男が多かった。若い男に興味がない。

  • 夫がほしい

    ただそれだけです。夫がほしい。そんなことを記すと私は女性になった元男のように思われるかも知れませんがそうではありません。普通の男として生きています。チンポもキンタマもついてる中年オヤジです。それでも、男として夫がほしいのです。ただ、司令塔のような存在指示

  • 新しい恋

    資格試験を受けることが今の私の生きがいになってる。来たる2月に国家試験があるんです。私はそれに向けて日々闘ってます。疲れた身体、落ちこんだ心なかなか吸収してくれない記憶回路そんな自分と闘いながら生活してます。恋ごころが成就せず片思いで終わった事は悔しさで

  • 振られた

    土曜日の今夜はレモンチューハイをジョッキでぐいぐい飲みたい願望があった。松の屋でとんかつのお弁当も買ってきて食べて、飲み終えた。ひとり、食べて飲んでる時だけが幸せになれる。哀しい生活昔も今も、そんな感じです。いや、彼氏や友だちがいた頃は一緒に食べたり飲ん

  • 罰が当たった

    変に喉が渇くこれは身体の異変だろうか?健康診断がコロナで延期になっている私もいい歳だ。病に侵されているのかも知れない。父は癌の手遅れで亡くなった。検査を受けてなかったわけではないが、阪神大震災とかいろんな事が重なり自分のことは後回しにしていた父長い期間、

  • 苦い人生

    台風が通り過ぎようとしているけど、台風どころじゃない。私の心の中は孤独感が停滞してる。仕事場でもひとり私生活でもひとりもう家族にも会いたくないし仕事関係者にも会いたくない孤独でいいからひとりでいたい。孤独感だけじゃない、不安もかなり大きい。それから憤りも

  • 恋ごころ~ラスト~

    好きだなんて愚かな告白はしない。その代わり釣りが趣味の彼に勇気を出して言いました。「私を連れて行ってくれませんか?」まさか私がそんな積極的なコメントをするなんて彼はきっと驚いていたはずです。これは遠回しの告白釣りはしたことありませんでも連れて行ってくださ

  • 恋ごころ その3

    悲しいことばかりの人生だとせっかく他人が愛をくれてもそれに気づかないそんなものなのかも知れません。すべてのことに悲観的になってしまう。そんな弱い弱い私と強い強い彼が赤い糸でつながっているのかも知れませんね。彼は黒い大きな車に乗っています。釣りが好きだと噂

  • 恋ごころ その2

    私の関係者にもコロナ陽性者が現れ始めてる来週は在宅ワークになるかも知れません。大変は大変です。しかし現実の問題はコロナの事より他にある。切実な問題があるのだ。私には好きな男性がいる。同じ1階の別フロアで働く親会社の人彼は相変らず素敵だし私にも優しい表情で

  • ワーキングプアに変わりはない

    コロナの影響で仕事がなくなったとか名店が店じまいしてしまったとか内定取り消しとかいろんな事が起こっているね。私のやってる相談援助の仕事というのは増える一方なのです。増えたからと言って稼ぎが多くなるわけじゃなくワーキングプアに変わりはない。休養したい一人で

  • 休養したい

    30歳の若い俳優が死にましたね。そのニュースに隠れてリリアン葬儀のニュースが載ってました。リリアンさんもよくは知らないけれど人に愛された人だったように思う。誰にも愛されないこの私が生きていく意味がわからない。仕事だって誰にも求められていない必要とされていな

  • 揚子江本店が閉店した

    この週末も多忙でした。土日はお休みなのですが、事務仕事がたまってるから密かに仕事場のデスクで夜な夜な格闘したりしてます。孤独な生活には変わりません。友だちも恋人もいないし家族とも連絡をとっていない。まさに私のような者を天涯孤独というのでしょうかね。それで

  • スパ巡り

    独りでも楽しめる場所といえば都会の温泉とかスパだよね。再開し始めた近くのスパに行ってきました。塚口の温泉、湯の華廊リニューアルしてからは初めて、ここは落ち着いた雰囲気で男の浴室は男のスタッフが対応してくれるから安心だ。スタジアムサウナは熱すぎるけど、スチ

  • 恋ごころ

    ノンケの人に優しくされて、勘違いしています。同じ社屋で働く、親会社の男性です。退社が遅い私、そして彼も遅い彼は退社するとき、必ず私のいるフロアの私のデスクを覗き込んで優しい眼で、挨拶してくれる。 「俺はもう帰るよお前はいつも頑張ってるな無理すんなよ、じゃ

  • お肉がうまく焼けた

    サーロインステーキがうまくレアで焼けました。おいしく食べることができた。嬉しいです。週末だけど家にいます。風邪をひくこともできないご時世だから夜遊びもできません。ちょっと微熱が出ても会社では加害者にされてしまうでしょう。仕事はめちゃくちゃ忙しいです。不況

  • 続 井戸の底にいる

    井戸の底で暮らしています。きっと精神病なのでしょう14才の時から顕著になった不安病が今も続いてる。井戸の底にいると思うと安心できる。仕事は今週もがんばりました。本当にがんばった。木曜日、有休をもらったはずなのに金曜の夜は頭が朦朧としていた。人間関係とパソ

  • 井戸の底にいる

    不安になる症状には病院にいけば、抗うつ薬が処方される。私にも抗うつ薬が処方されたけれど副作用が出たからすぐにやめた。不安病の私に言えることは、不安には「安心」が効く「安心」が不安を消してくれるのだ。不安を抑えようとしなくてもいい。安心が優るような環境に居

  • みにくい男 かなしい男

    頼もしい上司だなんて私の錯覚でした。また、職場が以前のごとく針の筵に戻ってしまった。また敵ばかりの信用できない輩ばかりの痛々しい職場に戻った。その男は、お気に入り熟年女性との雑談に花を咲かせてばかりいるし、気に入らない女性職員を本人がいないところで貶める

  • 4月から上司が代わった

    私の事業所はある地域を任された部長職が事業所の管理職も兼務しています。着任した男性の部長は私の隣のデスクです要は彼が、頼りがいのある人物で安心しているということです。孤独しか感じなかった職場が少し、温かい場所に変わりました。彼のことは、男として興味はない

  • 普段と変わらない感じ

    ステキな男性だなと思ったのは私の勘違いだったようです。私がメールすれば返事はあるものの、私がメールしないと彼からはメールがない。関係が成り立たないと後から気づいた。バカな私です。愚かな私にはホントに愚かな者しか集まってこないようです。外出が自由にできなく

  • 好きな人が現れた

    もう出逢いなんて訪れないとあきらめていた。会う瞬間まで、悲観的になっていた。どうせ、現れる男はセックスのことしか頭にないゲス野郎だと。そう私には好きになれる相手がいなかったのだ。しかし3月7日の土曜、会うことになったその中年男性は見事に私の理想の人だった

  • ひとりは私の宿命

    まだ生きてますよ。まだ存在しています。ひとりであることには変わりませんけどね。仕事があるから、長い時間、群れの中で生活していてさみしさも半減しているのかも知れません。心の病に陥らないのはそのおかげかもね。でも、土日ひとりに戻るとやはり虚しい。ひとりは私の

  • ゲイの男は好きになれない

    私のブログを読んでくれている人はいるのでしょうか。だけど、孤独を共感できる人だけでいい。ひとりで苦しんでる人だけが訪れてくれたらいいと思ってます。ぎりぎりですが、私はまだ生きてます。社会で生きてます。心無い連中ばかりの社会で生きていくにはほとほと疲れるけ

  • 大晦日の夜

    年をまたぐ瞬間にひとりでいると、つらくなるので大阪の一般サウナに向かった。大晦日にひとりで男サウナにいる男というのは、どこかしら孤独な男だと思う。そんな孤独な輩たちと一緒にいれば気が休まると思った。ボクシングを観る男たち紅白を観る男たち孤独のグルメを観る

  • 孤独が友だちでした。

    このブログを見守っていて下さる方は何名いるのでしょうか。いるのかいないのか、それはわかりませんが、そんな方々への伝言です。年末なのに、元気で過ごしたい時期なのに私に、またもや哀しい出来事が起こりました。私生活でも仕事関係でもとうとう一人ぼっちになってしま

  • 男の肉

    お元気ですか?私はこの年末、不安と不満が頂点に達してます。土曜日、今日はお休みにしました。土日は基本、休みなのですが、職場に出向きデスクワークをするとか休日が休日でなくなることも多々ある。しかし今日は昼寝をして、ぼんやり過ごした。ぼんやりと過ごすことで不

  • 友だちがいないから

    友だちがいないからLINEには興味がなかった。でもゲイの掲示板で知り合った人に勧められLINEデビューすることになった。人のことは嫌いになってもやはり人と出逢いたい。私生活では出逢いが皆無になってしまったが、仕事関係では出逢いの機会が多い。職場の同じフロアに入っ

  • ひとめぼれ

    毎日、超多忙に暮らしてます。落ちこむこともあるし、ときめくこともある。メンタルクリニックにいくのはもうやめにした。私が飲んでいたセルトラリンという薬には副作用があるようで、こころが楽になる前にあきらめてしまった。射精が出来なくなるというか絶頂の感覚がなく

  • メンタルクリニック

    初めて受診した。待合室にいる時から気分が悪かった。あまり人に見られたくないのに待合室には人がいた。それも数人。カップルで来てる奴らもいてそいつらが話す会話が耳障りだった。医師の質問もありきたりのものだった。私の人生を否定する、もしくは何かの型にはめようと

  • レスキューして

    土曜日メンタルクリニックに行くつもりだったけど行けなかった。私の場合は眠れないとか自傷行為とかそんな医師の処方がただちに要る状態じゃない。例えるならずっとずっと不安という暗闇の中にいて動けない時としてパニックになるそんな状態だ。病院ってレスキューしてもら

ブログリーダー」を活用して、イカルさんをフォローしませんか?

ハンドル名
イカルさん
ブログタイトル
イカルライフ
フォロー
イカルライフ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用