searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

イカルさんのプロフィール

住所
尼崎市
出身
未設定

ゲイをカムアウトして生きてます

ブログタイトル
ひとりカフェ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/masakij/
ブログ紹介文
同性愛のオヤジです。どうかおつきあいください。関西在住
更新頻度(1年)

31回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2012/07/23

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、イカルさんをフォローしませんか?

ハンドル名
イカルさん
ブログタイトル
ひとりカフェ
更新頻度
31回 / 365日(平均0.6回/週)
フォロー
ひとりカフェ

イカルさんの新着記事

1件〜30件

  • あと一年、がんばります。

    明日の月曜はお休みです。この週末は休みだったけれどずっと家にいました。ご飯の時に少しお酒を飲むとダメですねすぐ眠たくなって気が緩んでるから眠ってしまう。休みの日に仮眠してると死にたくなる哀しい思い出ばかりが頭をよぎる私はひとりだと、実感するあと、一年だけ

  • 仕事に行くのやめた

    日曜日の今日、デスクにたまってる書類を片づけに職場でひっそりと仕事しようと思ってた。だけどそれはやめにした。もう、がんばり過ぎているんじゃないかと。人生の前半がすごい無気力で人生の後半にやたら忙しい。お休みは仕事のことなんてぱ~っと忘れられたらいいね今日

  • アプリを使い始めた

    男と出逢うためのアプリ私はこれまで使うことはなかった。ネットの掲示板を使うことはあっても自分の顔をさらすなんて絶対にしなかった。そんな私がこの5月からアプリを使うようになった。横顔だけど、顔も掲載した。思うのは、人間ってすべて顔に出るものだなって今さらな

  • 挨拶すら出来なくなった

    私の住んでるこのマンションには罪はない。隣人の物音などほぼ聴こえてこないし南向きで外の風景も見渡せる。静かに眠ることのできる場所だ。私の部屋のドアに紙袋がぶら下がっていた。ちょうど真上の階に引っ越してきた人からの心遣いの品だった私はすぐさま挨拶とお礼を述

  • シックスナイン

    考えてみると結構、他人とのセックスはご無沙汰です。数年前にHIVの検査を受けた頃からは特に感染症に慎重になったし、今はコロナの事もある。もう、どのくらい人と肌を合わせてないんだろう?人肌が恋しい社会生活の中で知り合った男を好きになることは多々あるが、片思

  • 恋ごころ再び

    ノンケを好きになっても意味がないそれはそうだけど性的嗜好はグラデーション人生振り返れば恋愛関係直前で逃がしてしまった恋がある。昨年の夏、あきらめた男性がいる。組織の中なので、どうしても恋愛関係は難しいましてや男同士もし彼が私を好きでいてくれても状況を考え

  • 仮眠室

    私、仮眠室で眠ることが好きなんです。24時間営業してる浴場。そこにある仮眠室のこと。私がいつもいく所はリクライニングにテレビが備えてあってわりと快適に過ごせる。ひとりで眠るけど、ひとりじゃない。まわりに誰か男がいて、人の気配がある。人の気配はあるけど、ひ

  • ただ寄り添って

    ほんとうにねだだ誰かと寄り添って生きたいそれだけなのにそれだけなのに叶わないやっぱりもう叶わないのかなでもねもう、ひとりに疲れたひとりで生きていくのに疲れた。疲れてしまった。にほんブログ村

  • 年齢を重ねても素敵な男

    矢崎滋という役者さんは引退して今、東北のホテルで暮らしてるって記事をみました。都はるみと一緒のところの写真とかをみたら、ステキな男性だなって思いました。年齢を重ねても素敵な男ビジネスホテルで暮らしてるなんていう不格好な生き方も人間らしくて素敵だでも私がい

  • 老け専になった

    不思議です。自分も齢を重ねてきたせいなのか、老年の男性が愛おしくなりました。自分も疲れてきたせいでしょう疲れている年代の男性に母性本能が反応するようです。白髪が増えてきた男性、髪の毛が薄くなってきた男性、そんな男性のこと、愛おしく感じます。例えば、「チン

  • やっぱり男がほしい

    新年が明けました。年始の挨拶が病的に嫌いな私ですがそれもひと段落しましたね。今年初めての休日土曜日です。本当に一週間が疲れるようになりました。齢ですね。2月にはある認定試験がある直前なのでしばらくは禁欲生活です。若い頃は学校も試験も自分にとっては不毛でし

  • こどく忘れ

    やっと年内の仕事が終わり今日から休みになりました。仕事納めの日にも私の心は孤立感でいっぱいでしたね。病気です周りの人のせいじゃない。そんな気持ちを抱えながらも今日は大晦日ですね。と言い合える友だちもいない。今年も私はひとりぼっちでした。ひとりで生きる事に

  • 急降下

    気持ちが急降下しています。年の瀬のこんな時に穏やかな気分でいたかった。仕事の事なんだけれど、急な事態の対応がうまくいかなくてね。なんだか、社会から脅迫されてるようなそんな気分です。でもね、前向きになってますよ根性を鍛え直すいい機会だなんて考える事にしてる

  • 勘違いもはなはだしい

    金曜日の夜はへとへとでした。身体の疲れ、心の疲れぎりぎりの毎日綱渡りをしているような毎日です。それでもね、ちょっと嬉しいことがありました。以前より関わりのあった仕事関係の男性たまに私が会議に呼ぶと二つ返事できてくれる。会議の時は私の目をしっかりと見て話し

  • きたきり雀

    こんにちわ。見えない読者様にこんにちわ。私は生きています。今日はお休みなので朝寝坊しました。土曜の朝だけが、ほっとする時間なのかも知れない。月曜からの仕事の準備日常生活の雑用2月の試験の受験対策そんなことでいつも週末はつぶれてしまうけれどでも冬のボーナス

  • 一人寝がつらくて

    金曜の夜といっても私には何も楽しみがない。家族で食事に行くとかお友だちと約束があるとかそんな声ばかり聞かされる。うんざりする週末私には雑用は山ほどあっても行く場所なんてどこにもないというより無性に一人で夜を超えるのがつらくなりました。昨晩は巷の男サウナに

  • やんちゃなカラス

    梅田の堂山スギ薬局の道路を挟んだ向かいの樹の下に鳩がいっぱい集まるエリアがあるんです。午前中にそこを通ると、暖かい日差しに鳩が日向ぼっこを楽しんでいる光景があります。鳩は人に慣れているから、私がかなり近づいても逃げようとはせずのんびりと過ごしています。真

  • ミニトリップ

    あいかわらず多忙で退屈な毎日を送ってます。多忙だけどしょうもない日々そんな意味です。週末の金曜は身体が疲れ軽い頭痛もあった。だから梅田の温泉で身体の疲れを癒しその日は泊まることにした。堂山のいきなりステーキでサーロインをミディアムで焼いてもらいおいしく頂

  • 弱音を吐いた

    ノイローゼは少し楽になりました。土曜の今日はなんとか開放的に過ごしてます。それでも明日の日曜は仕事場に行かないと気持ちが落ちつかない仕事病になってます。今の仕事をしてから海外にも行けなくなった。少し楽になったのはおそらく上司の男性に「もう私、気が狂いそう

  • このところ、精神障害

    それは今に始まったことではなくて10代の頃からなんです。心療内科にいっても原因とか病名とかわからないのです。医師は適当に病名をつけて処方する。でも解決とか改善にはならない。だから自分で対処していくしかない私の病なんです。多くは人間関係が基になっていてその

  • 「時のないホテル」

    ユーミンのアルバムで私がLPレコードとして初めて購入したのが「時のないホテル」だ。遠い時代昭和の時代の話だ。その後ユーミン独特の世界をアルバムを通じてリアルに楽しんだ。「水の中のアジアへ」「悲しいほどお天気」「昨晩お会いしましょう」この辺がユーミンの傑作

  • 大き目のナスビ

    シルバーウィーク私も4連休は一応頂くことにしました。私は齢を重ねた受験生、なので今朝も勉強しているうちにランチタイムになりました。だけど気分転換したいので土曜の晩から京都祇園に。祇園にあるノンケサウナで夜を明かした。若い男が多かった。若い男に興味がない。

  • 夫がほしい

    ただそれだけです。夫がほしい。そんなことを記すと私は女性になった元男のように思われるかも知れませんがそうではありません。普通の男として生きています。チンポもキンタマもついてる中年オヤジです。それでも、男として夫がほしいのです。ただ、司令塔のような存在指示

  • 新しい恋

    資格試験を受けることが今の私の生きがいになってる。来たる2月に国家試験があるんです。私はそれに向けて日々闘ってます。疲れた身体、落ちこんだ心なかなか吸収してくれない記憶回路そんな自分と闘いながら生活してます。恋ごころが成就せず片思いで終わった事は悔しさで

  • 振られた

    土曜日の今夜はレモンチューハイをジョッキでぐいぐい飲みたい願望があった。松の屋でとんかつのお弁当も買ってきて食べて、飲み終えた。ひとり、食べて飲んでる時だけが幸せになれる。哀しい生活昔も今も、そんな感じです。いや、彼氏や友だちがいた頃は一緒に食べたり飲ん

  • 罰が当たった

    変に喉が渇くこれは身体の異変だろうか?健康診断がコロナで延期になっている私もいい歳だ。病に侵されているのかも知れない。父は癌の手遅れで亡くなった。検査を受けてなかったわけではないが、阪神大震災とかいろんな事が重なり自分のことは後回しにしていた父長い期間、

  • 苦い人生

    台風が通り過ぎようとしているけど、台風どころじゃない。私の心の中は孤独感が停滞してる。仕事場でもひとり私生活でもひとりもう家族にも会いたくないし仕事関係者にも会いたくない孤独でいいからひとりでいたい。孤独感だけじゃない、不安もかなり大きい。それから憤りも

  • 恋ごころ~ラスト~

    好きだなんて愚かな告白はしない。その代わり釣りが趣味の彼に勇気を出して言いました。「私を連れて行ってくれませんか?」まさか私がそんな積極的なコメントをするなんて彼はきっと驚いていたはずです。これは遠回しの告白釣りはしたことありませんでも連れて行ってくださ

  • 恋ごころ その3

    悲しいことばかりの人生だとせっかく他人が愛をくれてもそれに気づかないそんなものなのかも知れません。すべてのことに悲観的になってしまう。そんな弱い弱い私と強い強い彼が赤い糸でつながっているのかも知れませんね。彼は黒い大きな車に乗っています。釣りが好きだと噂

  • 恋ごころ その2

    私の関係者にもコロナ陽性者が現れ始めてる来週は在宅ワークになるかも知れません。大変は大変です。しかし現実の問題はコロナの事より他にある。切実な問題があるのだ。私には好きな男性がいる。同じ1階の別フロアで働く親会社の人彼は相変らず素敵だし私にも優しい表情で

カテゴリー一覧
商用