searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
八十八(無職男・42日間歩き遍路旅からの人生)
ブログURL
https://natsuzora303.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
とある無職男が四十二日間をかけて四国八十八ヶ所を歩いた物語とその後の人生の記録です。ありがとう。
更新頻度(1年)

57回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2012/03/20

参加カテゴリ

旅行ブログ / 遍路(・巡礼)

ライフスタイルブログ / おひとりさま

※ランキングに参加していません

フォロー

ブログリーダー」を活用して、道草吾郎さんをフォローしませんか?

ハンドル名
道草吾郎さん
ブログタイトル
八十八(無職男・42日間歩き遍路旅からの人生)
更新頻度
57回 / 365日(平均1.1回/週)
フォロー
八十八(無職男・42日間歩き遍路旅からの人生)

道草吾郎さんの新着記事

1件〜30件

  • 生きる

     2020年も今日で終わり。 そして、このブログの更新も今日が最後となる。こうして今日を無事に迎えられたことに、私はほっとしている。 私の父が他界したのが昨年の一月。前日まで普通にクルマを運転していたが、朝方に救急搬送され、それからは何の言葉も発することなく、二か月半後に息を引き取った。 人間、どういう風に死んでいくのか、分からない。 もしも、突然、私が父のように死んでしまったら、このブログはどうなる...

  • 今日の一句(積み重ねて)

     ありがとう  重ね重ねて  生きていく そういう風に生きていきたいですね...

  • 神様が与えてくれたこと

     このブログの更新も今日を含めて、残り三回である。 2012年3月から始まって、8年と9カ月。よくぞ、ここまで続いたものだと我ながら感心してしまう。 私が文章を書くことが好きだと自覚したのは小学生の頃だった。 はっきり言って、小学生の頃の私は出来の良い子どもではなかった。勉強もぱっとしなければ、運動もダメ、さらにおしゃべりも苦手な目立たない子どもだった。 ただ、幸いにも、身体のほうは丈夫だったので、毎日...

  • いろいろ、なくても

     今年もいろいろありました。 例年、この時期になると、そのような思いになるのだが、今年に限っては、コロナのせいで、いろいろはなかったような気がする。 基本的に平日は家と工場の往復で終わり、週末は近場をウロウロ。そんな繰り返しだったのではないか。 いつもの年なら、春と秋に旅行したり、その合い間に県外で日帰り観光を楽しんでたりしていたが、今年はそれができなかった。 私にとって、旅やお出かけは日常に時折...

  • 今日の一句(未来へと)

     選択を  未来へつなげ  今日生きる 良い選択ができるように今日をしっかりと生き、それを未来へ、つなげていきましょう  ...

  • 七回目の年越し

     私が働く町工場。 この年末年始の休みは12月26日から新年明けの1月4日までの10連休となっている。 本来なら、10連休なんて夢のような言葉の響きである。けれど、このコロナ禍での工場の先行き不透明感、さらに最近の感染状況では積極的な外出も推奨されないことを考えると、素直には喜べない。 この年末年始は我慢と自粛をまた繰り返すことになりそうである。 思い返すと、町工場の正社員となって、今回が七回目の年越しであ...

  • 人には祭りが必要なのだろう

     今年も残り十日あまり。 言うまでもなく、今年は「新型コロナ」一色で終わってしまったような一年である。来年こそはと思うが、ここのところの感染状況を見ると、落ち着くまで、まだまだ時間はかかりそうである。 そんな中、今年、健闘したのは「鬼滅の刃」ではないだろうか。コミックス、映画、主題歌すべてが大ヒットし、関連商品も多く発売され、一大旋風を巻き起こしている。 私はテレビアニメを録画して、観ただけだが、...

  • 今日の一句(恥じることなく)

     この自分  裏切ることなく  生きていく 自分を裏切らなければ、何とかやっていけるはずです...

  • ものを大切にするって、ダメですか?

     この夏から始めたマッチングアプリ。その活動がいきなり、私のスマホではできなくなった。 というのも、アプリのバージョンアップに私のスマホが対応できなくなったからである。あとは家のパソコンを使用するしかなくなってしまった。 スマホだったら、出先でも、いろいろと確認ができたので、便利だったが、家のパソコンになってしまうと、週末の家時間か、平日の仕事終わりにしかできない。 がつがつと活動しているわけでも...

  • おもちゃを前に考えること

     今年も大掃除の季節がやってきた。 十二月中に大掃除をしなければいけないという法律もないが、来る新年はきれいな状態で迎えたいのが人情というものである。 ただ、寒い時期の大掃除は気乗りがしないのも、また事実である。特に、水仕事なんかは、なおさらである。 暖かくなる五月あたりが新年のはじまりだったら、大掃除をするのにも、もっと、やる気が出てくることだろう。 さて、愚痴はともかく、大掃除といえば、不用品...

  • 今日の一句(笑い合い)

     力抜き  ただ笑い合う  明日願う そんな未来が少しでも多くあることを願って...

  • 明るい未来って、何ですか?

     全く、期待はしていなかったが、冬のボーナスの支給が決定された。 会社全体の経営状況はよく分からないが、出ないと言っていたものが出るのだから、少なくとも最悪ということはないのだろう。 ただ、今回のボーナス支給は手放しでは喜べない。 この一連のコロナ不況で、私が働く町工場では少なくないパートさんが辞めていった。そういう人たちの犠牲があってこその今回のボーナス支給である。 緩むことなく、気を引き締めて...

  • 無防備な人々

     先日、床屋さんへ行ってきた。 店に入ると、すぐにできるということで、私はつけていたマスクを外し、上着のポケットに突っ込んだ。 基本的に私は家から出ると、マスクを着用している。工場の仕事中でもそうだし、休日に出かけるときもマスクは必須である。 もう、すっかり、マスクは自分の身体の一部にでもなったような感がある。 その大切なマスクをしていないと、無防備になったようで、どうも落ち着かない。 これだけ毎...

  • 更新終了のお知らせ

     突然の発表となりますが、このブログの記事更新を今年いっぱいの2020年12月31日をもって、終了することになりました。 私が四国遍路を結願したのが、自身が四十歳となった年の2010年の10月。当初、この旅の思い出を物語にして、翌年の3月頃に(春のお遍路シーズンに合わせて)ブログという形で始める予定でした。 しかし、2011年の3月11日に東日本大震災があり、多くの方が亡くなった中で、このような能天気なブログを始めて良...

  • 今日の一句(綱引き)

     綱引いて  自分の運を  引き寄せる たぶん、幸運の綱引きは人生の至るところにあるはずさ...

  • しあわせは10分間から

     たかが10分、されど10分。 町工場への出勤前、朝の10分くらいを使って、私は読書している。朝の情報番組をBGM代わりにしての読書だが、朝一番で、まだ疲れていないからか、割と集中ができ、物語がすっと入ってくる。 この朝の読書習慣は数年前から始まった。それまでは週末の休日と帰宅後に気が向いたら読書をするだけだった。 毎朝、好きなことから一日を始められる。考えてみれば、これはとても素晴らしいことである。 好...

  • 思い込み人間の人生は

     人間は思い込みで、できているのだろうか。 どういうわけか、あるパンツ(下着のほう)をはいていると、お腹の調子が悪くなってくることがある。 最初の頃はそんなことは全く感じなかったが、ふと、その法則に気づき、今では、そのパンツをはくたびにトイレのことを心配している自分がいる。 私の経験則では、そのパンツは寿命がきていないので、まだ捨てるには至らない。はたして、パンツの方程式が私の中で疑いようのない真...

  • 今日の一句(屁理屈)

     屁理屈で  勝ったところで  先はなし もっと先につながる話をしていきたいですね...

  • 町工場から(コロナで変わった世界)

     暇もある意味では悪くないと私は思う。 私が働く町工場。受注も少し回復しているところもあるが、忙しいとまではなっていない。 はっきり言って、コロナ以前と比べたら、かなり時間的な余裕がある。休日出勤もないし、残業するほどの仕事量もない。 そんな余裕のある時間内で、工場内の整理整頓を行っている。 これまでは忙しさにかまけて、あまりそういった時間は取れなかったが、やってみると気持ちがいいものである。 整...

  • 新たな老後の楽しみに

     先日、ネットニュースを見ていたら、気になる記事があった。 それは私が住む茨城県にロングトレイルコースができるということ。袋田の滝がある県北地方を周遊する形で、全長320キロくらいになり、そのコースの整備が始まったらしい。 それにしても、全長320キロはなかなかの距離である。一日、30キロを歩いても、10日ちょっとかかる計算である。歩き好きの私にはわくわくするような歩きごたえのあるコースになりそうだ。 理想...

  • 今日の一句(曖昧)

      イエス・ノー  その合い間で  生き延びる 中間点で、うまくやり過ごすことも大切です...

  • ちょっと、そこまで(2020・常陸大宮編)

     この前の休日、県北にある常陸大宮市まで、お出かけをしてきた。 今回の主たる目的はハイキングと温泉。これなら、それほど密にはならないだろう。 クルマで下道を一時間半ほど走り、常陸大宮市の緒川地域に到着。物産センター・かざぐるまにクルマを駐車し、おがわ富士(砂羅向山、小舟富士、小瀬富士)の里山を巡るハイキングコースへ入っていく。 どれもが200メートル級の低山だが、このハイキングコースは傾斜がきついと...

  • 背中を見送りながら

     先日、高校時代の同級生の父親が亡くなった。 彼とは同じクラスで仲良くしてもらったし、卒業後もしばらくは何度か一緒に出掛けたりしていた。 この時勢で、お葬式はこじんまりとするということで、共通の友人を代表にして、香典を持って行ってもらった。 昨年、私も父をなくしたが、祖父母から自分たちの親の世代が亡くなっていく年齢になってきたのかなと思う。 私は結婚もしていないので、子どももいない。そういう人間か...

  • コロナチャンスを活かせるか

     早いもので、今年ももう十一月。残り二ヶ月である。 振り返るまでもなく、今年はコロナ一色という感じで、近年稀にみる残念な一年として、終わりそうである。 しかし、私を含め、知り合いで、コロナに感染したという話は聞こえてこない。 確実に近くにあるはずだけれど、一方で、どこか遠くにある存在で、いまひとつ実感が湧いてこないというのも事実である。 見えない敵に対して、手洗いやマスク着用など感染対策をそれぞれ...

  • 今日の一句(気づき)

     あきらめて  はじめて知る  楽しさを 苦しいと思っていたことが実は楽しいことだったなんて…...

  • ハンコと大人の関係

     政権が変わってから、押印をなくそうという動きが進んでいる。 確かに、書類の一つ一つにハンコを押していく作業は面倒くさい。外出時、ハンコを持ってくることを忘れてしまうこともあるし、一度でうまく押せないことも多々ある。 ハンコ不要となれば、少なくとも、そういう煩わしさは減るだろう。 半面、生まれた時から、ハンコの存在が当たり前の時代に育った年代としては、この世界から完全にハンコがなくなってしまうのは...

  • ラブラブカップルは泣けるね

     先日、テレビを見ていたら、二十代のラブラブカップルがとある番組に出演していた。 それは画面からも伝わるもう見事なラブラブぶりで、このふたりはとってもとっても毎日が楽しいのだろうなと私は思った。 そう思うと同時に、私はちょっと泣きそうになった。 恋愛に関しては、ほぼ引きこもりの人生を私は送ってきたので、そのような楽しい思い出も記憶もほぼ皆無といっていい。 どんなにあがいても、彼らのような若い頃には...

  • 今日の一句(大器晩成では)

     早くしろ  大器晩成  遅すぎる 年を取ってからでは楽しめないことも色々とありますから...

  • 移動販売と平均寿命の関係は

     先日、自宅の近くに洋菓子の移動販売がやってきた。 ものは試しと思い、私は切り落としチーズケーキバーの詰め合わせを買ってみた。家に戻り、早速食べてみると、普通に美味しいので、ちょっとずつ、食べていこうと思っている。 今や、ネット販売が隆盛になっているが、こういう昔ながらの移動販売は売っている相手の顔が見えるし、商品も確認できるので、安心感はある。 北海道直送の牛乳、こだわり豆腐、焼き立てパンなど、...

  • 知るべきか、知らざるべきか

     ちょっと前、左手の小指のあたりが変色した。 青なじみ(茨城あたりの方言で青あざのこと)までの変色ではないが、肌色が濃いというか、赤みが強いというか、明らかに他の部分とコントラストになっていた。 ひょっとしたら、知らぬ間に骨折したのではないかとも思ったが、押してみると痛むくらいで、明確な痛みはないし、普通に指も動く。 あるいは訳の分からない虫にでも刺されたか。田舎なので、様々な虫が家には侵入してく...

カテゴリー一覧
商用