chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
四街道市 〜整体 匠〜 の施術日記 https://ameblo.jp/seitai-takumi/

四街道市・佐倉市・千葉市稲毛区で、ぎっくり腰・坐骨神経痛・慢性腰痛・骨盤矯正を得意とする整体院です。

腰痛の達人
フォロー
住所
四街道市
出身
未設定
ブログ村参加

2011/05/01

1件〜100件

  • 【大切にしたものが残る】

    ひとりさんは「大切にしたものが残るんだよ」と言います。自由も大切、仲間も大切、お金も大切、いろいろ大切。大切なものはひとつに絞るのではなく、たくさんあっていい…

  • 【月の光】

    《月は自分の光で輝いているのではない》人間もまた、自分では意識しないところで、いろいろな人間をとおして力を添えてもらいながら、また自分が反射台になったりしなが…

  • 【愛していないのと同じ】

    「思っているだけで何もしないんじゃな、愛していないのと同じなんだよ。愛してるんだったら、態度で示せよ。」この言葉は、「男はつらいよ」に出てくる“寅さん”の言葉…

  • 【はい、チーズ】

    レス・ギブリン氏の心に響く言葉より10人中9人までが会った瞬間にあなたを好きになってしまう、、、実はあなたには、そんな魔法の力が備わっています。さらにあなたに…

  • 【言葉を選択するということは】

    ある方が、小林正観さんにこんな質問をしたそうです。「『ありがとう』と口に出してはいても、心の中では反対のことを考えることがあります。心と言葉は裏腹で、『ありが…

  • 【うれしい、たのしい、を見つける】

    中村天風師の心に響く言葉より古い日本の歌に、「おもしろき事もなき世を、おもしろく住みなすものは心なりける」というのがあります。さらに西洋の哲学者オリヴァ・イン…

  • 【死ぬまでに何をするか、何を残すか】

    小林正観さんの心に響く言葉より気の力で病気を治すという超能力者がいて、この方は、1年間に3万人ほどを治したそうです。その人とは、一度もお会いしたことがないので…

  • 【意識のステージを上げるには】

    佐藤伝氏の心に響く言葉より私はカレーが大好きで、ランチにはよくスープカレーを食べます。その日は、仕事で訪れた慣れない街で、美味しそうなカレー屋を見つけて飛び込…

  • 【キーワード】

    たとえば、「どうせ」と話し始めれば、「自分はダメだ」とか、「うまくいかないに決まっている」とか「ろくなものじゃない」・・・というように否定的な言葉が自然に続い…

  • 【大丈夫、これでいい!】

    佐藤富雄氏の心に響く言葉より幸せになりたいなら、幸せな言葉を使おう。愛されたいなら、愛される言葉を使おう。お金持ちになりたいなら、お金持ちになれる言葉を使おう…

  • 【「普遍的な笑い」は「視点」が面白い】

    「星野修さんのメルマガ」より秋元さんによれば、お笑いの世界でも「普遍的な笑い」と「飽きられる笑い」があるといいます。その年の流行語の流行語になるような言葉を生…

  • 【愉しむ】

    日本は「先憂後楽」という言葉がある。先のことを考えて「今は我慢する」ということがあってもいい。だが、それが行き過ぎると、いったい何のための人生かわからなくなる…

  • 【アンパンマンのマーチ】

    「星野修さんのメルマガ」より【リーダーは弱みを見せろ】 鈴木雅則 著ビジョンの意味を理解してもらうために、私は「アンパンマンのマーチ」を研修参加者に聞いてもら…

  • 【春遠からじ】

    どんな激しい嵐も、いつかやむものだ。どんなものだって、ピークのあとは降下する。山あれば谷あり。下がりきれば、あとはのぼるしかない。苦しみだって同じこと。永遠に…

  • 【冷蔵庫の中の物で料理をつくる】

    「星野修さんのメルマガ」より【秋元康の発想は、なぜ人の心に刺さるのか?】内藤誼人 著人生は「冷蔵庫の中の物で料理をつくる」こと。私たちは、自分にないものを考え…

  • 【気づかいが、あなたの人生を変える】

    80代現役ポーラレディ、森本早苗氏の心に響く言葉よりお金をかけずに仕事の成果を出す方法は何かと聞かれたら、私は「気づかい」と答えます。人間関係の悩みを解決する…

  • 【財が入ってこない理由】

    どうも世の中は、出るほうが先のようです。「出入口」といいますが、「入出口」とはいいません。電車もバスも、出る人が先です。以下のお話も腑に落ちます。2500年前…

  • 【比べること】

    わたしは、この人よりも偉い、、、わたしは、あの人よりも正しい、、、わたしは、その人よりも優れている、、、と、どんなに繰り返しても幸せにはなれなかった。でも、わ…

  • 【運(うん)は動より生ず】

    小林正観さんの心に響く言葉より「般若心経」の最後の部分は「ボウジ ソワカ」といいます。この「ソワカ」とは「事が成る」「事が成就する」という意味だそうです。まっ…

  • 【世界を平和にするのは誰か?】

    立花大敬先生の「銀杏の樹」という詩が心に響きます。ある老経済学者が 世界の行末(いくすえ)を案じながら 庭を散歩していました。黄葉の銀杏の樹に、「世界を平和に…

  • 【自分を大切にしてほしいなら】

    自己主張以上に、日本人が苦手なのが、立場の異なる人の話に十分、耳を傾けることです。誰でも、その人なりの考えを持っています。相手の考えを十分に尊重しなければ、こ…

  • 【あきんど感覚】

    「読書のすすめ」清水店長の本よりご紹介させていただきます。「あきんど感覚」を持てば、商売のデカさとか、小ささとか、関係ないですよ。大きさに関係なく、幸せスパイ…

  • 【また修行を始めます】

    イラっとしたときに、笑顔になれるような態度が取れれば道が広がっていくとわかっていても、なかなかそうはできないのが人間です。だからこそ、「自分の機嫌は自分で取る…

  • 【言い訳しない人】

    西沢泰生氏の心に響く言葉よりある商社マンが3か月後の海外赴任の辞令を受け、奥さんと幼い子供たちは海外に連れていくことにしました。でも、70歳のおばあちゃんだけ…

  • 【微笑み】

    微笑む気分でないときでも微笑む。笑顔をつくることによって、脳の中の肯定的な感情をつくる部分が反応し、活性化される。落ち込んだ時に元気を出したい場合やふだんの生…

  • 【あなたが幸せと言うと】

    斎藤一人さんの心に響く言葉よりあなたが、「幸せ」と言うと、神さまが喜びます。「あなたと友だちになれて幸せ」と言うと、友だちが喜びます。「あなたと一緒になれて幸…

  • 【成功のきっかけ】

    成功のきっかけになった出来事とは?アメリカの成功者といわれている方々に聞いたその答えは、意外なものでした。一体、何がそのきっかけとなったのでしょうか?以下をど…

  • 【違い】

    『人は自分に賛同してくれる人がいると快適だが、自分と賛同しない人といると成長する。』byフランク・A・クラーク知り合いといっしょにいたり、慣れていることをした…

  • 【気合が入らないときは】

    心理カウンセラー、金藤晃一氏の心に響く言葉より「プレッシャーがあるほど燃える」という人もいるでしょう。私など、爪の垢を煎じて飲みたいぐらいです。ふつうは、プレ…

  • 【本当に感動したときの言葉】

    一人のお母さんから、とても大切なことを教えられた経験があります。そのお宅の最初に生まれた男の子は、高熱を出し、知的障害を起こしてしまいました。次に生まれた弟が…

  • 【老人を大事にする社会】

    聖路加国際病院理事長、日野原重明氏の心に響く言葉より成人した自分の子どもよりも、純真な慈(いつく)しみの愛を感じるのはむしろ孫だということは、日本の老人のあい…

  • 【あなたらしく】

    自分を変えるということは、今の自分をゴミ箱に捨て、新しい自分をゲットすることではありません。スミレはスミレだからこそ、可憐ですてきなのです。タンポポは黄色の花…

  • 【大和言葉を美しく話す】

    高橋氏の心に響く言葉より大和言葉とは、太古の昔に私たちの先祖が創り出した日本固有の言葉。また、その伝統の上に生まれた言葉です。「山(やま)」「川(かわ)」「夢…

  • 【今】

    次々と何かを追い求めているあいだは、人は「今」を充実して生きることができない。不確かな「もっと素晴らしい将来」のためばかりに生き続けているのである。だが、人に…

  • 【素直に・・・】

    誰かにほめられたら素直に「ありがとう」と言うようにしよう。相手の言葉をさえぎって「大したことじゃないよ」などとは言わないで。あなたにはほめられる資格がある。愛…

  • 【イメージのチカラ】

    渡部昇一氏の心に響く言葉より人間は、悪いイメージをもっていると悪いほうに行き、よいイメージをもっているとよいほうに動くものです。朱(しゅ)に交われば赤くなる」…

  • 【誰かのために】

    木下晴弘氏の心に響く言葉より私がいつもお世話になっている野田塾という塾が名古屋にあります。その塾では学習の成果を測るため、定期的にテストをしています。その塾の…

  • 【孟子の性善説】

    今日は「孟子」がいう「性善説」のお話です。あわれみの心は、人間ならだれでも持っている。むかしの聖人が血の通った政治を行い得たのは、この心を持っていたからである…

  • 【自信】

    世の中には自信たっぷりな人と、自信のなさそうな人がいる。両者を比べると、能力でそんなに大きな開きがあるわけではない。いったいどこから自信のあるなしが出てくるの…

  • 【大事】

    「大事を成さんと欲すれば、小なることを怠らず努べし。小積もりて大と成ればなり」こう言ったのは、かの二宮尊徳翁である。世の中はとかく小事を厭い、大事を欲するが、…

  • 【病気は気付き】

    志賀内泰弘氏の心に響く言葉より沖縄に島袋勉さんという友人がいます。彼は、「義足のランナー」として知られています。2001年4月10日午後10時5分頃、島袋さん…

  • 【役割】

    馬に乗る人がいれば、その馬を引く人がいて、荷物を背負って従う人がいる、、、三者そろって旅人の「ご一行様」が成立するのです。それぞれが自分に与えられた役割を全う…

  • 【おかあさんへ】

    「致知出版社のメルマガ」よりおかあさん、ぼくはりっぱなひとになりますから、いつまでもいつまでも、ぼくのむねの中から、どっこへもいかずにみていてください。【東井…

  • 【言葉の力】

    「美しい言葉を贈れば、優しい言葉が返ってくる」私は、他人と話をするとき、この言葉を思い出すようにしています。美辞麗句を並び立てるということではありません。その…

  • 【したたかな人間にならない】

    鍵山秀三郎氏の心に響く言葉より実践を通して学ぶ。このことに、異論のある人はいないと思います。ところが、実践だけで生きてきた人は、どうしてもしたたかな人間になり…

  • 【緊張とリラックス】

    無能唱元氏の心に響く言葉より長いこと考えてきて、ある日、私は、人間の生命活動とは、結局たった一つのことを繰り返しているに過ぎないのではないか、ということに思い…

  • 【雨の日には】

    雨が降ったら傘をさしなさい。雨が降ったら、雨いやだなと思わないこと。雨の日だからやめようと思わないこと。何できょうに限って雨が降るのかなと否定するのではなく、…

  • 【癒し】

    つらい目にあったら、きちんと自分をケアしておくこと。癒しとは、完全に穏やかな状態に回復することである。癒しというと、ふつう肉体の癒しが考えられるが、感情や精神…

  • 【頑固にこだわり過ぎる人】

    精神科医、斎藤茂太氏の心に響く言葉より健康マニアの二人がいる。食事はできるだけ自然のものをと心がけ、玄米に無農薬の野菜、魚や植物性たんぱく質中心、塩はどこそこ…

  • 【なんじの行いは、なんじにかえる】

    中国の歴史書「孟子」に出てくる【汝(なんじ)の行いは、汝(なんじ)にかえる】というお話です。【なんじの行いは、なんじにかえる】鄒(すう)と魯(ろ)が戦ったとき…

  • 【人間を滅ぼす七つの大罪】

    「インド独立の父」マハトマ・ガンディーは【人間を滅ぼす七つの大罪】というものを指摘しています。【人間を滅ぼす七つの大罪】1、仕事なき富仕事をせずに富を得てしま…

  • 【怒りの息の色】

    笠巻勝利氏の心に響く言葉よりアメリカの心理学者エルマ・ゲイツ博士は人間のはきだす息を使って、つぎのような実験をした。人間がはきだす息を冷却したガラス管に集め、…

  • 【私は運がいいと20回言う】

    田中真澄氏の心に響く言葉より松下幸之助氏が採用試験の面接で人を選ぶ際は、「運のよさそうな人、愛嬌のいい人、辛抱に耐えられそうな人」の3つを基準にしたそうですが…

  • 【ありがとうの言葉】

    一九七二年に私はインドでナラシマン先生にお目にかかる機会がありました。もとは公務員だったのですが、一念発起して、南インドの山の中に住む少数民族の巡回診療に当た…

  • 【大丈夫、と首を縦に振る】

    志賀内泰弘氏の心に響く言葉よりとことん落ち込んで本当につらい状態にある場合には、心のベクトルを力づくで明るい方へ向けようとしても、萎えた心がついていかず、限界…

  • 【目立たぬよう、際立たぬよう】

    浜松医科大学名誉教授、高田明和氏の心に響く言葉より自分の成功を皆に知ってもらいたい、そして自分がいかに力があるかわかってもらいたいと思うのは人情です。しかし、…

  • 【優しい言葉】

    『やさしい言葉は、たとえ簡単な言葉でも、ずっとずっと心にこだまする。』byマザー・テレサ最後にほめてもらったのはいつだろう?元気そうに見えるとか、仕事をよくが…

  • 【宿命と運命】

    誰もが宿命と運命を持っていますが、自分の一生を考えるとき、宿命と運命の違いをしっかり区別して理解することが重要になってきます。宿命とは、命のあり方のことです。…

  • 【酢豚にパイナップル】

    最新号の「DANA(ダーナ)」に掲載されていた「大谷徹奘(おおたにてつじょう)師」のお話です。私はパイナップルが大好きなんです。あるとき、酢豚の中にパイナップ…

  • 【最高の料理】

    ミシェル・ピクマル氏の心に響く言葉より昔々、あるところに、食通で有名な王さまがいました。その王さまは「食べるために生きているようなもの」と言われるほど、毎日の…

  • 【手慣れてしまったものは、何ですか?】

    慣れというものは怖いですね。以下のお話に納得です。【手慣れてしまったものは、何ですか? by 岡本太郎】人は何かに手慣れてしまうと、手を抜き始めます。すると、…

  • 【笑顔はつくらなければならない】

    石川洋氏の心に響く言葉より私にとって大事に励ましてくださる方で、かとうみちこさんという女性がおります。この人は高校生のときに、無腐性壊死という、助からない病気…

  • 【気分転換】

    元気がでない、やる気が起きない、何をするのも面倒だ、疲れているのに眠れない、いくら眠っても足りない、仕事の能率が悪くなった、動作が鈍くなった、考えが進まずなか…

  • 【他人からの迷惑】

    ひろさちや氏の心に響く言葉より新幹線の列車の中で、子どもをギャアギャア泣かせている母親がいる。他人の迷惑も考えずに・・・と、腹立たしくなる。私たち古い世代の人…

  • 【おもしろい人には、また会いたくなる】

    中島孝志氏の心に響く言葉より「あんた、おもしろいねぇ」もしあなたがよくそう言われるなら、人生は順風満帆、これからも成功は間違いないだろう。なぜなら、おもしろい…

  • 【ありがとう、幸せです】

    医師、鎌田實氏の心に響く言葉より2002年の春、突然、山口さんという夫婦から電話がかかってきた。面識はない。話を聞くと、どうもコンサートの“押し売り”らしい。…

  • 【ありがたいという言葉】

    筑波大学名誉教授、村上和雄氏の心に響く言葉より「ありがたい」という言葉は、日本人ならごく当たり前のように使っている言葉ですが、ほかの国の言葉では同じようなニュ…

  • 【自分を育てる3つのアプローチ】

    【致知一日一言】より世界一にエステティシャンにして、顔を洗うという毎日の小さな習慣を通して体得した人生の真理を広く世に伝え続ける今野華都子さん。本日は、そんな…

  • 【決断】

    望みどおりの道が開けていれば、そりゃ誰も迷いはしません。ラクな道があるならば、誰だって容易に判断も選択もできる。どれを選んでも苦しいし、怖いし、寂しいし、リス…

  • 【いつか、本当の世界を見るときが来る】

    春日大社元宮司、医学博士、葉室頼昭氏の心に響く言葉よりこの世の中は、見えないものが真実、実在なんですよ。宇宙は見えないんです。見えるものは、ほんのわずかしかな…

  • 【喜ばれるように生きるためのポイント】

    小林正観さんの心に響く言葉より喜ばれるように生きるうえで、重要なポイントがあります。たとえば、喫茶店をしている人がお客様に喜んでもらおうと考えたとき、初めに新…

  • 【人は迷うようにできている】

    立花大敬先生の詩集からご紹介させていただきます。【たちかえる】人間は迷うようにできているこれはもう間違いないことだと思うおシャカさまでも 弟子たちが言うことを…

  • 【与えられた仕事を楽しめるかどうか】

    松浦弥太郎氏の心に響く言葉より僕が経営する古書店カウブックスの大切な仕事は、掃除です。6年前に開店した時から、スタッフにはことあるごとに「見えないところをきれ…

  • 【不良長寿のすすめ】

    順天堂大学医学部教授、奥村康氏の心に響く言葉より患者さんの、こんな嘆きの声をよく耳にします。「健康第一で生きてきた私がガンになるなんて。好きな酒もタバコもやめ…

  • 【丁寧に生きる】

    植西聡氏の心に響く言葉より運が悪い人の特徴には、ちょっとした気配りや、あいさつ、正しい言葉づかいができないことがあります。大好きな彼、近所の人、嫌いな人、ビル…

  • 【家事を素敵なものに変えた言葉】

    「星野修さんのメルマガ」より【3秒でみんなハッピーになる名言セラピー】ひすいこたろう著私は、専業主婦なのですが、毎日の食事、家の中や外回りの掃除、洗濯、買い物…

  • 【運がいいと言い続ける】

    小林正観さんの心に響く言葉よりヨーロッパのある機関のトップをやっている人に、ある日本人がこう尋ねました。「あなたはたくさんのいろんなヨーロッパの要人・要職にあ…

  • 【生きているだけで運がいい】

    裏千家、千玄室氏の心に響く言葉より普通に生活をしていると忘れがちですが、私たちは「生かされている」のです。そのことにもっと感謝しなければいけません。生きている…

  • 【笑顔とカラダ】

    社会教育家、田中真澄氏の心に響く言葉より医学博士の徳久克己氏は、自分の臨床の経験を通して、著書『心とカラダと運命』の中で、こう書いている。「顔が笑っている時に…

  • 【卜伝(ぼくでん)先生の高弟】

    向谷匡史氏の心に響く言葉より武道界の長老と食事をしていて、水が入ったグラスを置く位置について注意されたことがある。私のグラスが手元に近いため、箸(はし)を伸ば…

  • 【奇跡は毎日起きる】

    奇跡とは辞書で調べると「通常では起きないような事が起こること」とあります。日本で唯一のダーウィン・メダル(生物学における世界最高レベルの賞)を受賞している遺伝…

  • 【言い訳はいらない】

    ドン・エシッグ氏の心に響く言葉より「立派なことを言うより立派なことをするほうが立派だ」これは偉大な政治家であり発明家でもあったベンジャミン・フランクリンの言葉…

  • 【ゆっくり】

    『止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい。』by孔子思い通りに物事が進まなかったり、時間がかかったりすると、いらいらしてしまう。仕事、友人関係、…

  • 【行為の意味】

    【行為の意味】という宮澤章二さんの詩をご紹介させていただきます。あなたの「こころ」はどんな形ですか、とひとに聞かれても答えようがない自分にも他人にも「こころ」…

  • 【限りある命の価値】

    松本零士氏のSFアニメである『銀河鉄道999』は、主人公の星野鉄郎が永遠の命を得るために、「機械の体をくれる星」を目指して旅をする物語である。ところが、ついに…

  • 【心の底から大笑いする】

    藤木相元氏の心に響く言葉よりシェイクスピアの有名な劇中に「不幸を治す薬は、ただ希望よりほかにございません」という名台詞(めいぜりふ)があります。この名台詞こそ…

  • 【選択】

    誰かに教わった正しい道より、自分の選んだ間違った道を歩きたい。人生においては、正しいか間違っているかは、いちばん大切な問題ではありません。その道を自分で選んだ…

  • 【知ろうとすること】

    リンゴの木からリンゴが落ちるのを見て万有引力を思いついたといわれている、“アイザック・ニュートン”さんのお話です。ある日、畑仕事にちっとも力を注がず、本ばかり…

  • 【修行とは無茶ぶり】

    立川流真打、立川談慶氏の心に響く言葉より弟子入りのときに、立川談志師匠に言われた言葉。「修行とは不合理や矛盾に耐えること。前座の役目は俺を快適にすること」ここ…

  • 【続ける】

    大きな成功、目標、夢を得るためには、時間がかかることを常に意識します。すなわち、小さなことの積み重ねが、夢をかなえてくれることになるのです。しかし、多くの人は…

  • 【限りある命の価値】

    松本零士氏のSFアニメである『銀河鉄道999』は、主人公の星野鉄郎が永遠の命を得るために、「機械の体をくれる星」を目指して旅をする物語である。ところが、ついに…

  • 【人生をおもしろくするコツ】

    吉沢久子氏の心に響く言葉よりたとえば、一泊二日の旅行が決まったとき、「そんなに短いと、どこもまわれない」とグチをいうのか、あるいは短い旅でも行けると決まったら…

  • 【変化できる者】

    あの坂本龍馬さんのエピソードです。龍馬の性格を表すこんなエピソードがあります。当時、土佐では長刀を差すのが流行っており、龍馬の知人檜垣清治も流行の長刀を自慢げ…

  • 【ごめんなさい】

    謝るのはカッコ悪いし、恥ずかしいし、面倒くさいかもしれない。でも、その一手を打っておくことが、どれだけ後々のためになるかを想像してみればいい。自分は恥をかいた…

  • 【仙人と鼠のお話】

    ある日、仙人が食事をしようと腰をおろしたときのことです。突然、空から鼠(ねずみ)が落ちてきました。どうもカラスが落としたようです。仙人は鼠を家に入れ、お米を食…

  • 【モノに対しても愛情を注げる人】

    中谷彰宏氏の心に響く言葉より英文学者の小田島雄志先生は、パチンコが大好きです。ふだんから優しい方なので、パチンコが出ない時も、パチンコの機械に向かって、「君も…

  • 【今が一番幸せだ】

    京都・清水寺の貫主であられた大西良慶師は、107歳で天寿を全うしました。大西良慶師が百歳を迎えられたお祝いの席のこと、ある外国人からこんな質問をされます。「和…

  • 【人のことは言えない】

    井内由佳氏の心に響く言葉よりよく、商店の店主や中小企業の社長さんが、人を採用するときに「いい人が来ますように」と言って相談しに来られます。厳しい言い方になりま…

  • 【今日という一日】

    あるところに一人娘(7歳)を亡くした夫婦がいました。子どもを亡くしてから一年経ったころ、「娘にもう一度会いたい」と嘆いていました。ある日、水色の天使がその夫婦…

  • 【変える】

    運命を変えたいと思っている人は多い。でも、自分は変えたくないと思っている。これでは、運命など変わりはしない。自分が「本当に変わりたい」という願い、変える勇気が…

ブログリーダー」を活用して、腰痛の達人さんをフォローしませんか?

ハンドル名
腰痛の達人さん
ブログタイトル
四街道市 〜整体 匠〜 の施術日記
フォロー
四街道市 〜整体 匠〜 の施術日記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用