chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
KUMIの句日記 https://blog.goo.ne.jp/hamakumi151617

一日一句の句修行中、ブログは原則毎日更新。花と自然が大好き、写真で東京・多摩の風景を紹介しています。

KUMI
フォロー
住所
国分寺市
出身
目黒区
ブログ村参加

2010/12/03

arrow_drop_down
  • 毎日ゲリラ雷雨

    天気晴少しは涼しい写真・・と思った府中郷土の森の人工滝。この流れの先は水遊びの出来る広い人工池になっていて、水浴びが出来る。多摩川の水を使っているから水量には問題ない・・といっても今年は?。この時期は子供で賑わうはずだが、暑すぎて、どうだろう?今日も37℃予報。一晩中冷房しているから、冬の布団に近い用意をしていても体がかったるくなる。ま、熱中症になるより良いかも。このところ、あまりゲリラ豪雨に影響されないこのあたりま頑丈な建物が揺れるほどの凄まじい雷鳴で、短時間とはいえ猛烈な雨。昨夜は本当に怖かった。停電が一番怖い。うっかりエレベーターに閉じ込められたら・・と思うので部屋を出ないことにしている。昼間は猛暑で外出したい気分にもなれないし、夕方になれば黒雲が近付いてきて凄まじい驟雨。夕立ち、などという穏やかな...毎日ゲリラ雷雨

  • 災害級猛暑

    天気晴のち雷雨本日の最高気温予測、37℃(多摩地域)海の近い都心よりも暑くなる。猛暑続きの時期になると思い出す風景。最後の海外への旅行になった、ナイアガラの写真。展望台に立って見ているだけでも涼しくなれそうだ。でも、滝見の観光船で滝を浴びると、もっと涼しい・・乗船時にビニールコートは貰えるけれど着ないで乗ったら涼しさ百倍、です。ナイアガラの写真、ここ何度載せているかも。難民船に見えなくもない。暑さのせいにしたいけれど、それどころではなく、実は、私にも認知症の「兆し」かと思うことが起きている。先日学習した専門医の話では「決まった毎週の予定や約束を忘れるのが始まりの兆候」とのこと。実は、毎月のネット句会、投句締切が毎月15日と解り易い日になっているのに、今年は日にちを忘れて投句しなかったのが二回目だ。今月なぞ...災害級猛暑

  • 梅雨明けそして明るい認知症

    天気曇のち晴ともかく、梅雨明けだという。が、まだ湿度は高いしすっきりしなくて・・梅雨明けらしい写真を捜したら、10年近く前のものが。前のマンションからのもの。今日は富士山はおろか、奥多摩の山並みすら見えない。同じ富士山でも、ここからではすっきりとは見えないので、あまり期待は出来ないけれど・・雨が上がると、何となく窓辺へ寄ってしまう。私だけではなく、富士山の見えない側の部屋の人で「今日は見えるかしら?」と、ラウンジへ来る人が。埼玉から来た彼女も、富士山が辛うじて見える家に住んでいたという。今月は通院ばかりで、昨日は点滴治療の日だったが、先月に続きお休みにしてもらった。「白斑」が思ったよりも良くならず、その他諸々の副作用らしき症状も少しも回復の兆しもないし。検査結果が悪くなかったので、体力的にも、あと1ヶ月休...梅雨明けそして明るい認知症

  • 運不運

    天気雨山百合の花。前の住まいのマンションの敷地に、誰が植えたのか1本だけ咲いた。ふるさとの林にはたくさん咲いたので、懐かしい花だ。百合の花の種類は色々あれど、香も含めて山百合がいちばん好き。このあたりでは滅多に見られないが、昭和記念公園の外れの林にはたくさん咲く場所がある。一度行ったのだが、普段行かない場所なので遠回りしてしまい、やぶ蚊に刺されてさんざんだったことを思い出す。最近はぐっすり眠れて、睡眠だけは健康・・などと思っているが、眠っても眠っても眠くて仕方がない。その眠さ、今朝はトランプ氏銃撃事件のニュースですっ飛んだ。私は今、ご飯は皆よりも30分遅く食べるので(ゲホゲホジイサンと一緒の時間帯にならないため)7時からの報道番組を見ていて一報を知った。これは大変な・・と思ったら、弾は片耳貫通しただけだっ...運不運

  • 戻り梅雨

    天気雨今年のこの天気の変わりようを戻り梅雨、と言うかどうかは定かではないが、ともかく梅雨明けのようは猛暑に晒された日々のあとに、ジメジメの雨が続くようだ。気温は少し低くなったものの、蒸し暑い。大雨になるかも・・というのも、半世紀前の正常な今頃の天候。梅雨明けには雷雨・豪雨は付き物だった。でも、今朝のニュースの、松山の城山下の大規模ながけ崩れにはびっくり。昔の人は堅固な地盤にしか城は築かない。だから、城跡が今も残っているのだ。松山の人は本当にびっくりしたことだろう。地球が壊れていくような・・写真は、ダリアの花。ノウゼンカズラと同じ時に撮っているので、公園の花壇だと思うが、覚えがない。ダリアと百日草は、昔は普通の家の庭に咲かせる定番だったような・・さて、コロナが遠ざかっているかのような世間の動き。でも今は熱中...戻り梅雨

  • 猛暑三日

    天気晴そろそろ盛りかもしれない、公園のノウゼンカズラ。10年前?の写真。35℃以上の気温の日を猛暑日、と言うようだ。うんざりの猛暑日続き、涼しい室内に籠っている年寄りには関係ないでしょ、と思わないでください。夜間もエアコンで部屋の気温は28℃以下にして熱中症予防、それでも寝汗は掻くから枕もシーツもびっしょり。かといってこれ以上部屋を低温にしたら、足元に湯たんぽが必要になりそう・・体に均一の快適な気温を・・というのは無理そうだ。ひとまず、終夜冷房を28℃にして、薄い羽毛布団で眠り、朝まで熟睡、という今の状態が一番良いようだ。でも、体の求めていない環境で過ごしているので、体調も余計におかしくなる。猛暑はひとまず終わり、今度は梅雨の後半になるらしい。これもまた、気温気圧にふり回されそうだ。毎週のように病院で検査...猛暑三日

  • 猛暑・ゲリラ豪雨・そして熱帯夜

    天気晴37℃写真は昭和記念公園らしい。蓮の花の名所ではないので、他のものを撮影に行ったときに撮ったようだ。さて、昨日からの話を書いて一時保存しなかったら、久々にうっかり全部が消滅した。どこかにある筈・・って見つからないので書き直し。というか、省略して書きます。ともかく昨日も猛暑で、午後はゲリラ雷雨、どんどんガラガラと怖いくらいに鳴った。雨はこのあたりは少し標高が高いので怖くないけれど、市内も無事だったようだ。都心はかなり降ったようで。そのあとは、お決まりの熱帯夜。「今年からの熱帯夜の過ごし方」を書いたけれど・・消えた。簡単に言うと、廊下は一日中冷房しているので、室内は冷房を切ってもその冷気があるから30℃を越えることはない。でも、湿度も高い猛暑日と熱帯夜には室内も自己管理で冷房入れないと・・。無論、自己管...猛暑・ゲリラ豪雨・そして熱帯夜

  • もう4年に・・

    晴一時曇写真の千日紅は4年前のもの。ここへ入る前の今頃は、まだ公園へカメラを持っての散歩に行っていたのだ。多分、コロナに脅えなくて済む広い公園へ行き、ほっと出来ていたのだろう。でも、このころからだんだんに体力減少して、視線を下に向けての「作業」がきつくなっていた。大好きな胡瓜の塩揉み用薄切りが、「命がけ」になってきたころだった。包丁持ったまま、目眩で倒れそうになったりして、コロナの恐怖もあり、独居生活がだんだん辛くなってくる時期だった。しかし・・考えると、たった4年前のことだ。昨日はまた、4日前とは別の検査で通院、それさえとても1人で行く元気はない。新しい箇所の検査のことは省略する。病気のデパートの品数が増えたって、もう驚かない。通院の往復はバスに乗れば何とかなるが、広い病院内を移動するのは結構気力体力を...もう4年に・・

  • 一瞬の梅雨晴間

    朝の北の空。晴間が出ているように見えるけれど、南側は雲だらけで富士山はもとより山並はまったく見えなかった。今年の梅雨は短いらしいが、今日は前線が少し北上して、東北地方に雨をもたらしているらしい。前線はまた南下するという。水不足の新潟や東北の米作地帯に恵みの雨になって欲しい・・でも、最近は降れば多すぎる雨、になるのだから困ったもの。忙しい日だった。午前中、今日は月1回の出張美容師の来る日で。簡単にカットだけしてもらう。行きつけの美容院へはもう2年近く行っていない。サービスが良かったし行きたい気持もあるが、もう、疲れそうな距離になってしまった。何でもいい、サッパリ出来れば。で、終わったら都知事選の期日前投票に。昨日と今日の2日だけ、駅前の市民ホールの会議室が投票所になっている。市役所だとバスで行かねばならない...一瞬の梅雨晴間

  • 通院のために生きる?

    天気曇今頃、あちこちの公園の池では睡蓮や蓮が咲き始めただろう。見に行けないのを寂しいと思うけれど、今の体力で見に行っても楽しめないと思うから諦められる。ホント、体力ありません。という日々、先月半ばの狭心症騒ぎから、通院=検査ばかりが続いている。病院は歩いても(健康なら)15分くらい、バスが1時間に20本くらい出ていて、駅前のバス停までは数分かかるけれど、乗れば病院の玄関に横づけ。ほんと、元気ならばどうということのない通院なのに・・今は一人での通院がおぼつかない。傘とか水とか持つとどうしてもバッグと手提げと二つになってしまう。荷物を一つにしてデイバックに詰め込んで背負えば・・と言ってくれる人も居るけれど、ペースメーカーという邪魔なものが肩甲骨の真下にあって、背負い紐が器械に当たるのでこれは器械によくない。男...通院のために生きる?

  • 荒梅雨

    天気雨梅雨だからよく降って当然、最近は線状降水帯などという大雨の雲の塊りが暴れる。しとしと雨の続く梅雨の始まり、などという天気は、もう来ないのだろう。あまり雨の降り込まないベランダもびっしょりで、涼しいのに硝子戸を開けられない。写真は、他の写真を捜していたら目に止まった一枚。10年くらい前の今頃のもので、ヒナは生まれたばかりのようだ。何羽が育ったのかブログを調べればわかるけれど、毎年何組ものヒナが生まれ、2.3羽残れば良い方だった。さてさて、ここで暮らし始めてから認知症の多さには驚かなくなったものの、今日は改めて「そうなの・・」と考えなおしてしまった。昨日から、食事は30分遅れにしてもらい、不快騒音から逃れてほっとしたのだが・・昨日、同じテーブルで食事する軽度認知症のお2人には事情を話しておいた。左隣のE...荒梅雨

  • わがままを貫きました

    天気曇写真は夏桔梗、咲き終ってこれを伐り詰めれば晩秋に再び咲くのだそうだ。公園の一画に咲いていたが、今も咲くのやら。実は、この2ヶ月以上もの間、凄く悩んでいたことがある。食堂でのジイサンたちの騒音、というか、食堂へ響き渡る吐き気を催すような凄まじい痰切りと空咳と。食事の終わり頃から、毎食時に不愉快極まりない音がすぐ後のテーブルから聞こえてくる。一人は病気のせいではないらしいが、大きな体で咳払いなどするので凄い音だ。本人は異常に耳が遠いのに補聴器は付けていない。もう一人は、痰を切らないと詰まって大変なことになりそうな病気を持っているらしい。が、とにかくニワトリの首を絞めたときのような声の咳払いが続くこともあって、耳を塞ぐが、声がしてから耳を塞いでは間に合わず。看護師と、介護士の責任者にそれを訴えたら「どうに...わがままを貫きました

  • 熊・異常気象の影響か

    天気曇写真は10年以上前の今日、新潟の山の中で。いつも毎年、私の誕生日頃には山菜採りに行っていた。標高千メートルくらいは今頃、ワラビと、山にしか生えない根曲がり竹のタケノコが採れる。だから、地元の人たちは熊を恐れながらも山へ入っていくのだ。ことに根曲がり竹のタケノコは高価らしい。採るのに苦労するので、私はあまり採ったことがないけれど。何だか、狭心症です、と診断されてから体調が悪くなった。梅雨のせいもあるだろうけれど、とにかく体が思うようにならない。それでもせねばならないことはあって、昨日はシャワーを浴びて午後には月1回のLINE句会。メンバー3人のうちの1人が、転倒で腕を骨折してしまったという。私よりずっと若いのに・・人ごとではない。外出すると細心の注意をしているつもり。右眼の半分下が見えない緑内障なので...熊・異常気象の影響か

  • もう梅雨晴間

    梅雨入り三日目にしてもう梅雨の晴れ間は広がり、久々の富士山も。写真は以前の住まいからの梅雨晴間の富士山。ここからでは電線電柱が邪魔で写真にならないし、今のところ、カメラはやめている。訃報は、唯一生き残っている姉のご主人のもの。90歳だし、長く患っていたので突然ではないけれど・・身内がどんどん居なくなるし、私の体調は悪いままで少しでも回復するところはないし・・落ち込んでいた。落ち込むのは簡単、でも元気を出すのは力が必要。というような昨今の状態になってしまった。昨日は、誕生日には2日早いけれどあーちゃんが来てくれた。いつもは通院の付き添いの時だけなので「自由時間」をとれなかったが、昨日は色々と助かった。仏壇の供花に買ってきてくれた花の中に紅花(べにばな)が入っていた。私のために別の容器へ。みちのくの紅花(べに...もう梅雨晴間

  • 梅雨入り・そして夏至

    天気雨夏至に梅雨入り、とは奇妙なもの。普通ならそろそろ梅雨の中休みのはずだ。写真は、6年前の同じ6月21日に公園で撮ったもの。公園の池近くの日のあまり当たらない場所に、遅くまで咲いている見事な紫陽花の一叢があった。雨の翌日で、とても良い写真が撮れたので覚えている。この数日後、夫のがんは小康状態だったので、湯治に行った。それにしても、6年前の私はあんなに元気があったというのに、たった6年でこの変わりよう・・もっとも、同行していた夫の方はもうこの世に居ないのだから、生きている私は運が良いのかも。紫陽花の写真は、もう最後にしましょ。キリがない。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~と、ここまで書いたら、近い親戚の訃報が入りました。私は何も出来ないけれど、あれこれ連絡、とかありますのでブログ...梅雨入り・そして夏至

  • 夕焼け

    天気晴昨日は寒いくらいの雨の一日だったが、今日は真夏の日差しだ。写真の夕焼けは数年前にカメラで撮ったもの。夕焼けが季語になっている、と知ったのは俳句を始めてからのこと。最初は不思議に思ったが、考えれば水蒸気が染まるのだから湿気の多い夏には夕焼けになりやすい。梅雨どきは晴れる日も少なくて梅雨夕焼けは貴重な筈なのに・・上の写真は、まさに貴重な梅雨どきの夕焼けだったらしい。下は雨上がりの昨日の、久々の夕焼け。もっと綺麗だったのにスマホでは今ひとつ?昨日の未明、というか一昨日の真夜中、と言うのか丑三つ時、又もや胸痛に襲われた。先週ほどの痛みではないし。痛い範囲も狭い。でも三日しかたっていないのに同じような・・ということで、先週「また同じようなことがあったらERへ連絡を」という病院の循環器科の話を思い出して、昨日は...夕焼け

  • 介護もAI任せに?

    天気晴のち曇一昨日の夕焼け。梅雨夕焼けではないが湿気の多い空なので、まずまずに染まった。でも雲が多くなり、それっきり。そして昨日は、梅雨明けのような空で。今日は、もうすぐ梅雨入り?と思わせる蒸し暑い曇天。明日は大雨になるかもしれない、というので、午後、慌てて必要なものをドラッグストアへ買いに出た。まだ靴も履けない指の痛み・・それよりも、だんだんエンジン(心臓)の動きが悪くなるようで。7.8月は循環器科月間になる。車ではないが古くなったバッテリー、交換しなくてはならない。ペースメーカーの話です。人間の画像を簡単にAIで作れるようになって、現都知事は、選挙用に自分のAI「ユリコ」を作ったそうだ。私はまだ見ていないが、喋る内容は本人のもの?なにを信じて良いか解らなくなる。今日、チラとネットニュースで見たのは、高...介護もAI任せに?

  • 梅雨よ、いずこ(何処)に

    天気晴のち曇梅雨入りしないうちに猛暑がやってきて梅雨明けのような陽気が続いている。南関東は雨不足で農作物がかなり酷い状態になっているようで、食べる側も困る。何しろ、キャベツやブロッコリーが高値になった、と聞けば食事から高値の野菜の料理が減る。自分で食事を作っていれば、食べたいものなら少しくらいは高くても買う・・ということは、ここではない。今年になって食事代は値上げしたけれど効果なし、のようだ。光熱費も上がっているし。もっと上げてくれても良い、と私は思っていても、家族の支払いで何とか入所している人も居るようだ・・公営の特養ホームならもう少し安く済むといってもなかなか移れないようだし・・え?私?お金持ちではありませんけど、古いマンションを売り払ったお金を懐にしたホームレス。年金だけでは有料ホームの費用は払いき...梅雨よ、いずこ(何処)に

  • 真夜中の闘い・・不明の疼痛

    天気曇がち写真は昨日買った、地元の紫陽花。白い花はアナベルという西洋紫陽花。水揚げが難しい。紫陽花は雨の翌日に買うのが正解だ。この花は水揚げにちょっと失敗した。昨日は免疫療法の日で、まず血液・レントゲン検査。そのあとで予診があって主治医の診察。皮膚科の診察の話がり、昨日は思い切って休みたい、と申し出た。ドクター、皮膚科の診察結果を見て、案外と簡単に受け入れてくれた。がんの大きさは前回と変わらないし、今の状態なら数ヶ月は無治療でも大丈夫なこともある、と。7月は皮膚の症状など回復傾向を見て、ということになった。何だか祈りたい気分だった・・どうぞ、無治療の日々が無事に楽しいものでありますよう。などと思って迎えた夜のこと。夜中・・2時頃だった・・背中が痛くて目を覚ました。右上半身が肩から背中へとにかく痛む。肩甲骨...真夜中の闘い・・不明の疼痛

  • 青空と紫陽花そして免疫慮法のこと

    天気晴紫陽花を見に行く体力も余裕もないが、梅雨前線に嫌われた関東は今日は空が綺麗で紫陽花には気の毒だ。2018年の今頃の写真。何でたった数年でこんなに体力が・・と思うけれど、こんなに病気だらけでよくまあ生きてる・・と思えば納得する。昨日も明日も通院で、今日はその間の一日だから、午前はまず入浴。そのあとは洗濯。そして・・明日の通院の準備をしなくては・・そして15日は句会の締切と結社誌の投句の締切と・・などなど、忙しい。ともかく、自分の病気と真面目に向き合わねば・・という今週の通院だ。紫陽花は、通院のバスから眺めることにして諦めよう。空の色の紫陽花。やっぱりこの色がいちばん紫陽花らしく見える。でも、眩しい日差しの中、というのはあまり似合わない。で、昨日は免疫療法の副作用と思われるもろもろの皮膚トラブルで、先月...青空と紫陽花そして免疫慮法のこと

  • 花びら不足の四葩

    天気晴山紫陽花の中で、私の好きな花・・高幡不動尊の先日の写真の続き。紫陽花の別名は「四葩の花」花びらが4枚、と決まっている。額紫陽花も毬咲きも。ところが、この原種に近い紫陽花の中には、花びらが3枚のものもある。その中で、この色が私の好みだった。小さな小さな花なので、撮影には地面に膝をつかないと・・という丈だった。さて、今日の午後、ドラッグストアへ用あって出たついでに、地元の紫陽花の花束を買ってきた。青紫は日本では少ない色。ヨーロッパへ行くと、土が酸性なのでこの色や赤紫が多い。でも紫陽花はやはり青い色の方が好まれる、ということで、愛好家は酸性の肥料をたくさん使うらしい。日本原産の紫陽花がヨーロッパへ渡り色々と改良されて、日本へ再輸入される。この色もその「里帰り」の花かもしれない。ちょうど7月初旬の紫陽花の季...花びら不足の四葩

  • 80ー20 クリアしたけれど

    天気曇がち他のサイトで、山紫陽花の写真を見たら、急に高幡不動尊の山紫陽花の見ごろ・・と思い出してしまった。写真は10年以上前のもの。古いデジイチが懐かしい。本当は昨日のリベンジで午後にでも紫陽花を見に出てみようと思ったのに、どうにも体調が・・情けないことに動きたくならない。おまけに、足の親指、膿を持ったまま少しずつ回復していると思っていたら・・今度は反対の足の指が痛くなってきた。同じように爪の横からバイキンが入ったような。注意して消毒と薬は欠かさなかったのに・・ということで、気分も萎えた。さて、80-20という運動は今もあるのだろうか。我々が老人に差し掛かる頃、80歳になっても20本の自前の歯を残す、ということが必要、と叫ばれた。こんな話題を今日出すのは、実は、昼食に豚肉の冷しゃぶが出たら、肉が固かったと...80ー20クリアしたけれど

  • ゲリラ豪雨の翌日

    天気晴ゲリラ豪雨は昨日のこと。写真の楓の新緑は今日のもの。昨日夕刻からの雷雨は、あまりゲリラ豪雨の来ないこのあたりでも凄まじかった。その雷雨の来る前の北の空、不気味な雲が。部屋を出ないと南側の空は確認出来なかったが、そのうちにガラガラドカン・ピカピカ・ザーザー・・怖くなってパソコンは切った。施設の建物はさほど大きくはないが、線路が近いからか防音はとっても良く出来ていて、部屋に居ればあまり雷鳴も聞こえないくらいだが、昨夜はさすがにガラス戸がびりびりした。ふっと、停電したら困る・・と思ったが、そこまではいかずに終わった。で、あれだけ降ったのだから街の新緑と紫陽花でも見に・・と午前中に買い物がてら出かけてみた。紫陽花も咲き始めていたし、施設の前の緑がかったヤマボウシが大分見ごろになっていた。下手なスマホ写真。修...ゲリラ豪雨の翌日

  • カンパニュラ・夏のさきがけ

    天気晴れたり曇ったりのち一時雨梅雨前線は南下し、今週は明日から当分安定した天気になるのだという。このまま梅雨、と覚悟していたので有難いこと。何とか、降らなくてあまり暑くない日々が続いて欲しい。写真のカンパニュラ(ツリガネソウ?)、地元産の花。そろそろ出回り始めた。久々に駅構内の地場産の野菜の店へ。花も売っていて、矮小ヒマワリもあったが、狭い部屋にヒマワリは暑苦しいし仏壇には合いそうにない。昨日の売れ残りの花束が3割引きで売っていた。昨日は涼しかったので、水揚げしたら生き返った。そして、ブルーベリーも出回り始めた。まだ一種類だけだったが。毎年、甘い種類のブルーベリーの名を覚えようと思いながら、翌年は忘れてしまう。これは、まだ走りの種類なのかそれほど甘くはなかった。さて、ちょっと自慢です。ブルーベリーの名産地...カンパニュラ・夏のさきがけ

  • 十薬の庭

    天気曇ご近所の裏庭の十薬が咲き揃い、紫陽花も咲き始めて、ともかくも6月が来てしまった。十薬の咲く光景は好きなので楽しませてもらっているが、多分、近々抜き取られるだろうと思う。このお宅の裏庭に沿って細い市道があり、人間だけは通れるので、私は花を楽しませてもらっている。昨日は、愛知に住む姪が上京のついでに寄ってくれて、ランチを一緒に摂ってから部屋で延々と話し込んでしまった。去年までは千葉の彼女の実家近くに住んでいて、ここは日帰り圏だった。要介護の父親を施設で看取って実家を片付けて・・などなど、話をしていたら際限がない。母親(私の長姉)は50代で亡くなっていて、父親の方は長生きをしてしまった。家の処分までして、色々あって・・という話は省略。自分の娘の嫁ぎ先近くへ家を買ったそうだ。一人住まいの中古住宅、愛知の田舎...十薬の庭

  • 「百歳になっても大丈夫」

    天気晴のち曇空に高々と枇杷の実が・・近所の家の庭の枇杷。先端が、こんなことになっていた。昨日の午後、眼科への途中で。上の写真の木の本体です。昨日の午後、2ヶ月ぶりに眼科へ。足指はまだ痛むけれど駅前までは何とか歩けるので、片道1500歩くらいの通院は大丈夫だろう、と思ったのだが・・半分ほど歩いたら結構痛くなった。昼に飲む鎮痛剤は飲んだかしらん?と考えるが思い出せない。部屋なら、錠剤の殻があるかどうかが証拠になるのだけれど。周りの認知症がうつってきてしまったみたいな。最近は、緑内障の視野検査も以前の「手動式検査」はしなくなった。私の体力を考慮してのことなのかはよくわからない。ともあれ、新しい検査機器が増えていて、その画面を覗いて写真を撮るだけだった。私の右眼の緑内障は、最近はかなり進んでいるみたいで、左眼を閉...「百歳になっても大丈夫」

  • ああ、気象病

    天気降ったり止んだり最近、猫を見ていない。犬は窓の外を見ていれば厭でも散歩の犬連れは見える。ノラの意外と居ない地域のようで。写真の可愛い猫は、確か日光中禅寺の近くに居た。寒冷地なので普通のノラは居ないはず。寺住まいの猫だったかもしれない。朝、テレビで「天気痛・気象病」の話を放送していた。この数年、やっと認知されてきたけれど、私は何十年も前から罹っている。若い頃から梅雨の時期には体調を壊した。幸い頭痛持ちではなかったけれど、前線が活発になったり台風が来たり、という日には目眩耳鳴り・・あまりにもひどいので5年前、病院で目眩専門医に検査して貰ったが、いわゆる耳からのものではない、と言われた。今は、直接の原因は頚椎椎間板症(昔の交通事故の後遺症)だという。でも、雨の前になると酷くなるのは相変わらず。気象病の専門医...ああ、気象病

  • 走り梅雨?

    天気曇りがち写真は、広島へ行ったときの宮島での新緑。何だか走り梅雨めいてきて新緑のきらきらした光景をあまり見ていないので、ちょっと写真を開いてみた。何だか解らず忙しい。体調も良くないけれどテレビやYouTubuやらは良く見るので何も出来ない寝たきり老人にはなっていない。でも、そんなことばかりしているから、すぐに一日が終ってしまう。家事なんて、買い物と洗濯くらいしかしてないのに。バアサントークも、最近は食事の時間の前に隣の人と交わすくらい。耳の遠い人と認知症の人は遠ざかっているので、入所者とはあまり話さない。私と話したくて来る人も最近は居ないし・・でも別に困らない。同じテーブルで食事する最近入所の方、認知症のごく初期ではあるけれどとても性格は良いし耳さえ遠くなければ・・と思っていたら、あらま。今日の夕食に来...走り梅雨?

  • 三つ巴の症状

    天気晴ペチュニアは、施設の前のプランターに咲いた。どこへも行かないのでこのくらいの花にも少しは感動する。昨日は膠原病の診察、今日は皮膚科・・二日続きの通院になってしまった。血行の悪さからレイノー現象が酷くなり足指の腫瘍やら指先の痺れやリウマチの症状やら・・でも、暖かくなったので膠原病の症状も少しは軽くなってきた。が、最近は何だか解らない湿疹など出てきて、膠原病のせいにしていた。事実、膠原病の症状には数えきれないほどのものがあって、そのせいにしておけば何となく諦められる。ところが昨日、湿疹その他、「膠原病からくるものとは言い切れないので、皮膚科で診てもらいましょう」ということになり、皮膚科へ紹介してくれて「明日の10時に、行ってください」って・・忙しい話。で、今日の受診になった。皮膚科は初めてのこと。初診な...三つ巴の症状

  • サツキ(杜鵑花)咲く街

    天気晴れたり曇ったりこんな日に外へ出ないのはもったいない・・というような、五月らしいちょっと暑くて風の気持良い日。でも、最近は常時目眩と息切れ、おまけに足指もまだ痛むし・・と、出かけられない理由はたくさんある。とはいえ、部屋に居たら眠くなってうたた寝してしまいそう・・と思い、意を決して駅前のスーパーまで。何とも寂しい行動半径200m、だ。それでも、市の花・サツキの大分咲き揃った駅の周辺は気分が良い。駅前の市民ホールの周りは、午前中に清掃の人が掃除していることもあって綺麗な街になっている。ここは、ホールの横道になる。車は一方通行だが、駅に近いから朝晩は人通りも多い。最近、訪日観光の外国人の話などをYouTubeでよく見る。日本の街でびっくりすることは・・裏通りでもゴミが落ちていない。タバコを吸う人が居ないし...サツキ(杜鵑花)咲く街

  • 滝の音

    天気曇がち8年前の今頃、友人夫妻と行った日光の竜頭ノ滝。紅葉のシーズンにも行ったが、新緑の方が似合う滝だと思った。そして湯滝。空の蒼さが懐かしい。朝、シャワーを浴びていたら、急に今頃行った日光を思い出してしまった。今朝になって又、足の指が痛み始めて今日も歩けそうにない・・と思ったので旅行のことを思い出したのだろうか。この5月は、亡姉の「後始末」がやっと終わりを迎えて少し楽になった頃。もっとも、この「平和」は長続きしなかったけれど。朝のうちにシャワーを浴び、タオルなど洗濯。そして午後は訪問医の診察・・といったって愚痴を聞いてくれるだけで。でも、愚痴をまとめて聞いてくれるのはドクターくらいしか居ないから。私のたくさんの病気のことを知らない人にあれこれと話すには、注釈が多くなってしまう。医師なら「レイノー現象が...滝の音

  • 初夏の好きな花

    天気曇昨日は暑い暑いと報道されていても、私はちっとも暑さなど感じないで、冷房に切り替えた館内のエアコンに体が冷え切ってしまった。たまらず、外の駐車場へ「日向ぼっこ」に出て体を暖めた・・というよりも「解凍」した。こんなに血行が悪かったら、この夏は熱中症ではなく冷凍症になるかもしれない。膠原病がこんな病気とは知らなかった。というより、血行が悪いから膠原病の症状が悪くなる?ニワトリが先か卵が先か。今日はさほど暑くないらしいが、やはり足元だけは冷えそうだ。夏の寒さ対策も考えておかねば。じゃがいもの花が好き。ここから少し南へ行けばまだ畑が残っていて、今頃はジャガイモの花が目立つ。子供の頃、農家ではなかったが借りた土地を畑にして、ジャガイモ・サツマイモは母が作っていた。ジャガイモの収穫が何よりも嬉しかった。でも、サツ...初夏の好きな花

  • 寝不足・膠原病・その他

    天気晴初夏らしい陽気が二日続いていて、風もやっと冷たくないし外を歩くのも今のうち・・という天気なのに、私はまた、足指の痛みが復活したような・・未明に足のズキズキで目が覚めてしまい、今朝は4時過ぎの始発電車の音を聞いてしまった。それから眠ってすぐに目覚ましが鳴って6時。最近は目覚ましの鳴る前の5時半頃には目が覚めて、体をほぐしながら起き上がれたというのに・・今朝は最悪。おまけに、口唇ヘルペスが治療しても良くならず、顎の方まで拡がって痛いのと痒いのに耐えて・・食事もあまり美味しく楽しく、という訳にはいかない。愚痴を言っても病気が良くなる訳もなくて、しかも膠原病なのか免疫療法の副作用なのかサッパリ解らない。来週の膠原病の通院で、少しは何か解るかな?とにかく口周りが普通の状態になれば足指はガマンする。いえ、口周り...寝不足・膠原病・その他

  • 背中、伸ばそう

    天気晴写真はちょうど10年前のもの。当時は公園にカワセミがよく来ていた。その後、水の浄化のために噴水を作ったらカワセミは居を移したのか、あまり見かけなくなった。噴水の作る「波」で、水面が乱れて小魚が見えなくなったから・・と、カワセミ狙いのカメラオジサンたちが話していたが、私もそう思った。一瞬の漁には、静かな水面が役だっていたらしい。と、そんなことを写真で思い出したが、今日は自分の姿に大ショック。って、今さら見慣れた自分のみすぼらしい姿にショックを受けた訳ではない。歩道から見た市営ホール横のガラス窓に、猫背の貧相なバアサンの歩く姿が。私と同じようなブラウスを着ているわねえ、と思ったら・・自分だった。大ショック。いつの間にこんな猫背になってしまったの?首を引いて背中を真っすぐにしてみたものの、あんまり変わり映...背中、伸ばそう

  • 認知症予防になっている?

    天気雨一日中、かなりの雨が降っていた。海沿いはもっと豪雨になっているのかもしれないが、このあたりはそこまでは降っていない。でも、頭は重いし耳鳴りはマックスだし、良い体調ではない。おまけにこの1週間、口唇ヘルペスが酷くて飲み物はストローがないと・・という歯抜けの幼児のような状態だ。とはいえ、どうせ何もしない一日ならば2日後が投句締切のネット句会の句でも作るか・・と思い立つ。3月には締め切り日を一日間違えてしまったばかり。2日前なら早すぎることはない。大雨では外へ出る訳にもいかないので、「緑」「鳥」という題に合わせて写真を捜して・・上の写真は、10年前、結社の定例吟行句会で向島百花園へ行ったときのもの。スマホに替えてすぐくらいのスマホ写真だ。門を入ってすぐの柏の木を見上げた写真。真冬でも枯葉を落とさない柏の木...認知症予防になっている?

  • 母の日、とりとめない今日の話

    天気曇がち写真は公園の入り口に咲く大木のユリの木の花。公園の入り口までなら、まだ何とか歩けるかなあ・・と思うけれど、まだ靴が履けないので何とも言えない。今日は母の日。昼食はオムライスの特別メニューだったが、写真にするような見栄えもなく。オムライスにトマトクリームソースというのが掛けられていて、いつものハンバーグに使うスソースよりはちょっと洒落た味だった。後ろの席から、介護士の大声。「今日は母の日なのでご馳走ですよ」話しかけた人の答えは「母の日、っていつ?」「だから今日ですよ」「今日、っていつ?」話すだけ、無駄。昨日だったか一昨日だったか、新聞に「65歳以上の高齢者の3人に1人が認知症か認知症の初期段階」と。あら、3人に1人、というのは80歳以上の話だと思っていたのに。MCI=軽度認知障害の人を入れての数字...母の日、とりとめない今日の話

  • 初夏・えごの花とツバメ

    天気晴施設に隣り合う林のえごの花が満開になり、花を零し始めた。今は隣り合う林、となったが、私が今住む場所は、この武蔵野の名残りの林の半分の土地を借りて建っている。だから、もっと大きなえごの木があって、普段は通らない道だったが駅から近いのでえごの花だけを見に来たものだ。あの、大好きだった大木のえごの木を倒して建てた施設で暮らしている・・何だか縁があったのだろうか。上の写真は、ここへ入る前に撮ったもの。実は、午後になると西日へカメラを向ける位置なので、写真にならない。今日は午前中、シャワー浴びていたりで出かけそこなったので撮れなかった。午後になって、用事がてら出てみたのだが・・やっぱり、スマホでの西日の林の写真は無理だった。金網が張ってあり、林の中へは入れないし。木は数本あって、散り始めてきたので地面が真っ白...初夏・えごの花とツバメ

  • 免疫療法・何十回目だっけ?

    天気曇のち晴蒲公英の絮の盛り・・と言うとおかしいけれど、施設の駐車場の周りの蒲公英が花より絮の方が目立っていて、それもまた綺麗なもの。絮になっても歳時記での季語は春になっている。何だか多忙な病人は、最近ブログもサボリ気味だ。昨日は免疫療法の点滴の日だったから帰宅後もぐったりで、ほぼ一日それどころではなかった。でも、他の日は・・最近はテレビかyoutube鑑賞で忙しいですねえ・・昨日は半年に一回の肺のCT検査の日。ついでに転移先候補の脳も調べてくれた。いずれも半年前と同じ・・つまり、肺がんは当初よりも小さくなった状態で変わらず、リンパにも脳にも転移ナシ。ようするに半年前と何も変わらないのだ。免疫療法というのは、完治を目指す治療ではないので、今の私はこのまま生きなさい、と肺がんに言われているようなもの。ええと...免疫療法・何十回目だっけ?

  • 立夏過ぎ

    天気曇一時雨4連休も今日でお終い。で、昨日は立夏でこどもの日。写真は、ここへ入所する前の今頃、散歩途中で見かけた風景。コロナ禍の始まったあとも、まだ体力はあったので散歩には変わらずに出かけた。国の史跡になっているので、JRの線路のそばにこんな草原みたいなところがある。はい、見てのとおり、いくら広い場所とはいえ犬が一人で・・いいえ、犬だけが歩いているのは困る場所。望遠で撮影しながら飼主を捜したら、公園の端に居た。私のほかに人の姿がなかったので、犬を信じている飼主がリードを外したようだ。私の姿を見ると、飼い主は犬の名前を呼んだ。でも、新緑の中を行く白い犬・・良い風景ではある。昨日は、職場の後輩が小さな可愛い花籠を持って面会に来てくれた。同じJRの路線に住んでいるので、何かあると助けてもらう。健康な彼女だが、先...立夏過ぎ

  • 行く春

    天気晴GWの後半の三連休、渋滞と混雑のテレビ画面を眺めるだけで・・コロナ後の、平和な日常が戻ったようだ。外の世界は私に関係ないけれど、世の歯車が元へ戻ったことは嬉しい。昨日に続き、少しでも外へ出ておかないと・・という私には有難い晴天だ。夏日で暑いらしいけれど半径200mくらいを往来するだけなので、日差しも風も気持が良い。駅前のベンチから、あっというまに新緑となった欅の写真を・・とスマホを取り出したが、太陽の光線の中では何が何だか解らずにシャッター押した。欅はあまり画面に入らなかった。カメラのファインダーが懐かしい。ご近所の家の花たち。クレマチス、デージー、テイカカズラテイカカズラはまだ咲き始めだったが、このお宅の塀いっぱいに這わせている。咲き始めると、甘い香りが三軒先まで漂う。夏の季語なのでこれからが本番...行く春

  • 五月来る

    天気曇のち晴今頃の陽気が私は大好き・・なのだけれど、昨今の気象の落ち着きのなさでは夏を迎える時期になっても空の安定は全くない。昔のメーデーの頃って、ともかくからりと晴れて歩くとちょっと汗ばむような日々が続いて。GWとはそういうものだった。でも、昨日は一日冷たいくらいの雨・・私に言わせれば「八十八夜寒」だった。そう、昨日はもう八十八夜だった。写真は、近所の家の塀からはみ出したバラを空を背景に撮ったもの。スマホで、久々の写真らしき写真になった。先週買ったバックベルト付サンダルは軽快で、足指の痛みも少し回復したし、雨上がりを外へ出ることが出来た。朝一番(9時)でシャワーを浴び、体調(お腹)も良さそうなので急遽昼食は外食に決めた。先日、おやつに友人と寄ったカフェが気になっていてそれっきりだったのだ。外へ出たら、あ...五月来る

  • マスクよ、さようなら

    天気曇がち公園のヤグルマソウ。ここへ入所する前の今頃のカメラ写真だ。一人暮らしにはだんだん慣れてきたのにコロナ騒ぎはだんだん大きくなり・・という時期だった。あの頃はまだまだ元気で、散歩に公園まで行っていたのだ。散歩道ではマスクせずに、すれ違う人が居たらマスクをする・・という暮らしも楽ではなかった。とにかく、私はマスク大嫌い。入院中の夫のところへ行くと、コロナ前にもかかわらず病院にはマスク着用、と書かれていた。息苦しくて辛かったので、看護師の目のないところでは外していたものだ。さて、2020年以後、ほぼマスクを外さずに暮らしていて、最近になりようやく建物の外と自室内では外すことにしていたが・・先週から、完全にやめることとした。館内、常時マスク着用している人は入所者ではもう数人だけ。職員も必要な時だけの人が増...マスクよ、さようなら

  • 「昭和の日」

    天気曇がち昭和記念公園は昭和天皇の記念に作られた国営の公園。さて、今日は入園料の無料になる日・・と思って今頃の写真を、と思ったがGWには昭和記念公園には行っていない。いくら無料になるといったって、わざわざ人の多い日に行くのも・・と避けていたのだ。なので、上は別の都立庭園の新緑。今日の昼食はナポリタン、ポテトサラダ、コンソメスープ、デザートに缶詰のパイナップル。「昭和の日の特別メニュー」だった。ところが、どうも良く解らない人ばかりのようで、配膳する職員も「昭和の特別メニューだそうですよ」と配っているだけの職員があったり、配膳された皿を見て「昔のナポリタンより細いな」と文句言ったり。今日が昭和天皇の誕生日で、昭和には天皇誕生日として祝日になっていたのに、どっぷり昭和を生きてきたというのに自覚のない人ばかりのよ...「昭和の日」

  • 睡眠不足の国民?

    天気晴昨日から夏日で、暑さの話がニュースに出てくる。私はちっとも暑いと思わなくて困ってしまう。午後、新しく買ったバックベルト付サンダルの試し歩行に出てみた。暑いのかなあ・・日差しの下が気分良い。やはり、踵が安定すると、親指を押さえつけないサンダルでも普通の歩行が出来る、、と解った。安心、安心。で、少し歩けるところまで行ってみようと思ったら・・あら、スマホを忘れた。咲いている花に出逢っても素通りしかない。おまけに、いつもなら身分証明になる、倒れたときの必需品・ペースメーカー手帳も忘れた。せめて障害者手帳を持っていれば・・それも忘れた。暑い、と言うので水のボトルは持たなきゃ、と神経がそちらへ向いてしまったのだ。外を歩いていて緊急事態になったことはないが、何も持たない時に限り・・ということはありそうだ。いずれに...睡眠不足の国民?

  • 花ももの里

    天気晴のち曇昨日は夏のように暑くなり(と、人の言うほど私は感じなくて)今日も暑くなる・・というので、午前中に用事を済ませに外へ出た。買い物は昨日、ネットスーパーに注文しておいた。足指の痛みは大分減少したものの、靴は相変わらず履けない。靴屋にようやく夏の外出用サンダルが並んだので、親指を出して履けてバックベルトのあるサンダルを買うことが出来た。草履よりも歩きやすそうだ。草履は、親指が鼻緒で擦れて長くは履いていられない。スーパーまでがせいぜいの歩ける距離なので、サンダルにすればもう少し距離を伸ばせるかも・・と、甘い考え。最近は息切れが酷い。ちょっと片付けなど体力を使っただけでしばらくは休みたくなる。天気のせいにばかりしていたけれど、そうでもないかもしれず・・連休明けの病院の検査が少し怖い。福島の写真を懐かしく...花ももの里

  • わが日常は・・寒暖差と格闘

    天気曇時々雨昨日から又もや気温が平年並みになった。ということは、夏が来たような陽気から私にとっては寒いと感じる陽気になり、「寒暖差」という気象病の一種に襲われて目眩との闘い・・でもこれ、何が原因なのかはっきりしなくなっている。頚椎のせい、というのは間違いないものの、100%が頚椎ではない。色々病気を持っていると信号の壊れた交通整理が出来ない交差点みたいなもので・・ま、頑張るしかない。昨日の話。朝、あまりにも目眩が酷くて食堂へ一人で行けそうにない。緊急ボタンを押し、症状を簡単に告げて食堂へ行けない、と。食堂の配膳の終わった7時45分くらいに夜勤の介護士が食事を持ってきてくれた。トレーをテーブルに置き「また来るからね」と言って、忙しいのか何も聞かず。食欲だけはあるから、何とか味噌汁と煮物とお浸しの小鉢でご飯を...わが日常は・・寒暖差と格闘

  • 桜の記憶・高遠桜

    天気曇がち時々雨初夏になったかと思えば、又もや天候不順の春先の気候になってしまった。何が何だか・・ともかく天気に体調を任せて、病気なのか薬の副作用なのか解らない症状と暮らすだけ。運の悪い桜の話ばかりではない。なぜか、京都仁和寺の御室桜は、若い頃から三度も行っていて、その度に快晴の満開の花を満喫した。ネット情報もない時代なのに、これは運が良かった、としか言いようがない。残念ながら、最後の訪問も20年以上前で、デジカメの写真を保存していない。もう一つが、上の写真の、信州高遠城址。高遠の桜は変わっていて、ソメイヨシノより小さな花で濃いピンク、木もさほど大きくはない。15年以上も前のこと。写真が劣化しているけれど、濃いピンクの花の向こうに残雪の南アルプス・・ちょうど今頃のこと、暑いくらいの晴天だった。JRで、日帰...桜の記憶・高遠桜

  • 桜の記憶・三春の滝桜

    天気晴のち曇朝から、テレビで弘前の満開の桜の中継を放送している。今年はこの時期に満開なのかぁ、とムカつく。一分咲きとも言えない弘前へは行っている。連休を避けて4月25日過ぎだった。俳句仲間がその前年にGWの最後あたりに行ったら、もう葉桜だったのだという。その前年はGWが満開だったので、同じ時期を狙ったとか。で、私も、その句友の言うGWの直前なら、満開ではなくても咲いた風景は間に合うだろう、と思った。のだが、行った年はGWが満開だったそうだ。桜は人間の都合に合わせてくれない。明日が「満開、見ごろ」と思っても、日帰りできる場所ではないから、宿泊先の確保は難しい。三春の滝桜は、ちょうど今頃、夫と行った長距離ドライブの最後。しかも金婚の年だったから良く覚えている。残念ながら、写真のように満開はとうに過ぎていて、花...桜の記憶・三春の滝桜

  • 藤の季節へ

    天気曇がち黄砂写真は、無論10年以上前のもの。神代植物園の藤棚・・だと思うが。こちらは、足利フラワーパークの、有名な巨木の藤。どちらもGW明けに行っているが、今年は桜がやたら早く咲いたので、そろそろ咲くかもしれない。枝張りが凄いことになっていて、カメラに入りきれないので全景を撮るのはやめた。本当に開いた口が塞がらぬ・・というくらいの藤・藤・藤のシャワーというか大豪雨というか。足利の藤は、これだけではないので、見る価値大いにあり。このあたりからは日帰りの「藤見のツアーバス」が出ていた。私が行ったのは新潟の帰りだった。あまり時間がなくてゆっくり出来なかった。桜で花見疲れしているうちに、藤が咲いてくる。以外と見落とす人が多いようだ。このあたりでも、市の公園には藤棚があるけれど・・手入れが悪いのか、あまり花付きは...藤の季節へ

  • 花筏

    天気晴のち曇春がどんどん進んでいく。写真は、先日載せた数年前の国営昭和記念公園のチューリップ、というか花筏を載せたくて選んだもの。なぜわざわざ花筏を?と思ったのは、テレビ中継で桜の散る風景を写し、「お濠には散った桜が水面を覆うくらいたくさん浮かんで、それも美しい風景です」みたいに美人のレポーター(多分、アナウンサー)。散った桜がたくさん浮かんで・・・はいはい、それを漢字二文字で何と表現しますか?せっかく花筏、という表現があるのに、俳句に無縁でもそのくらいの表現は大学卒業までの間に教わらなかったの?教わらなくても桜の実況をするくらいなら、勉強してくださいよ。最近、そういう表現の貧しさに溜息の出ることがある。ま、花びら単独で浮いていては筏、とは表現しないけれど、たくさん散ればいずれは花筏になるだろう。花吹雪が...花筏

  • 花吹雪

    天気晴昨日の話。久しぶりに昨日撮った写真を載せてみたものの・・どうも去年買い替えたスマホは野外ではあまり良く撮れない。というか、撮り方がよく解っていない。せっかく車で公園に連れていってもらい、花吹雪を存分に浴びたのに・・もっと、花びらいっぱいの写真を撮りたかった。ソメイヨシノは終わり近くで少し風が来ただけで花吹雪。でも、八重桜系のサトザクラが交替で咲き始めていた。いつも行き慣れていた近くの都立公園、色々と咲いているが名所というほどではないから、来るのは市内かごく近接の町の人しか来ない。ちょっと足を延ばせば桜の名所なら昭和記念公園とか小金井公園とか・・でも、日差しの下で幼時連れでお花見のお弁当を食べるには最適の場所だ。とにかく私は、何とか足指の痛みも少し和らいできたので、ほぼベンチに座りっぱなし状態でお花見...花吹雪

  • わが現況は・・キビシイです

    天気晴今週の昭和記念公園は最後の桜になるだろう、と公園のHPにあった。上の写真は、前回の写真撮影の最後に撮ったもの。帰り際の写真。午前のかなり早い時間に行き、昼食は立川の街で食べたので、週日でも早めにいかないと結構人が多い。広いので押すな押すなの混雑はないけれど、チューリップの遊歩道では人を写さずに撮影するのが難しくなる。今日明日は、そんなことになりそうだ。毎日、バーチャル花見のような桜の風景を載せてきたけれど・・ちょっとお休み。本当は、私の体調もあんまりよくない。数値で出ること(血圧とか酸素飽和度とか)は正常、とくに悪化した訳ではないけれど、目眩というか体力というか、とにかくこのまま弱っていったら老衰が近い?というような。足指は、「暖かくなったら良くなっていきますよ」とドクターの言ったとおりで、かなり楽...わが現況は・・キビシイです

  • 桜散る記憶・国営昭和記念公園

    天気晴のち曇今日あたり、昭和記念公園は写真のような光景になっているかとも。写真は、2014年4月のもの。この年は今年のように都心の桜開花が遅れ、多摩地域との開花の「時差」があまりなかった。本来ならば、都心のソメイヨシノが満開になっても、昭和記念公園は数日遅れになるのだが。桜とチューリップと菜の花。早咲きのポピーが咲いていた。そして水辺は花屑と花筏。でも、この小川は人工の川なので、花筏が流れていくことはない。桜の開花が遅れると、こんな百花繚乱の風景になるので、春の昭和記念公園は楽しい。私のチューリップの写真を見て「どうしたらそんな光線で撮れるの」と友人に聞かれた。チューリップ目線になってシャッターを押す。つまりは、チューリップの中へしゃがむこと。運が良ければ、結婚写真の前撮りのこんな風景に出逢える。無断撮影...桜散る記憶・国営昭和記念公園

  • 桜の記憶・井の頭公園

    天気雨2006年の写真を出してみたら、変色している?もう少し新しい写真もあるが、これにこだわったのには理由があって・・。素晴らしい満開の日に行けたこと。そして、見てのとおりの池畔の古木は、その後、かなり傷んだ木もあった。この時はともかく見事に池すれすれに咲く光景を楽しめた。人気の吉祥寺駅から歩いてすぐのため、朝早く行かないとゆっくりと写真は撮れない。ともかく便利に桜を楽しめる。落花のあとのピンクの池も、見事なもの。この年はまだ、散ってはいなかった。隣り合った自然文化園の動物園のニホンザル園。ともかく見ていて飽きないのが猿の群。小さな動物園は日本の動物だけを集めているので、日本リスのリス園もあって、檻の中へ入ることが出来る。餌を持っていなくても人間に馴れていて体に登ってきたり。この日は花子と猿だけ見て帰った...桜の記憶・井の頭公園

  • 桜の記憶・花まつり

    天気曇のち時々雨今日は花まつり。この日も以前は、家に居れば甘茶を頂きにお寺まで散歩しているので、花御堂の写真はある筈・・と探したら、やっと見つかった。ブログを始めたばかりの2010年のもので、時間が早かったのか花御堂はまだ綺麗に飾りつけてはいなかった。でも境内の山桜の写真は珍しい。この桜、戦後すぐの宮様のお手植えという山桜。ソメイヨシノよりも少し遅い開花で、仏生会の日には必ず咲く、とご住職の奥さまの話だった。「でも、それも最近は早く咲き過ぎて葉っぱが目立つことが多くなったのですよ」と。甘茶を檀家の方たちが用意しているので、頂くことも出来る。この日は4月8日の花まつり当日だったが、当日に近い土日を利用して「市民花まつり」が開催されて史跡の跡地は賑やかになる。コロナで開催が中止になっていたが、今年はどうだった...桜の記憶・花まつり

  • 桜の記憶・目黒川

    天気曇のち晴ようやく春の体感の暖かさになった。桜は満開、見どころは凄い人出だろうと想像がつく。そういえば、最近はTVに目黒川の桜の映像がよく流れる。あの年に行ったっけ・・と思い出させてくれた。2011年4月7日・・つまり、東日本大震災の年の今日と同じ日、目黒川へ行っている。今年のように開花の遅い、いつまでも寒い年だったのを思い出した。花見なんかしている場合じゃないでしょ、と震災のニュースを見ながら思いつつ、毎日のように近場へ出かけていたっけ。両岸に桜がびっしりと咲かなければ、どうということもない都会の川。でも、桜はあの頃も有名になっていた。都心に近いので都会方面に行きたい人は、上野へ行くか目黒川へ行くか・・などという感じで。私はそれまで、桜は多摩で十分、と思い避けていた。わざわざ行く気になったのは、大震災...桜の記憶・目黒川

  • 桜の記憶・立川市根川

    天気時々雨花冷12℃今日は、どこかでこんな風景が見られたかも・・日本中どこにでもある満開の川沿いの桜並木。2015年、昨日の写真の帰路に途中下車して寄った立川市の根川沿いの桜。見事に満開だった。この手前も桜並木で、川沿いの遊歩道がずっと続いている。花見に来ている人もあったが、週半ばで散歩の人が目立つくらいで、もったいないような満開だった。この川は「水無川」と呼ばれ、水が殆ど流れていない。が、地下水脈は延々続いていて、この先は昭和記念公園も通っていて、同じように川沿いの見事な桜並木になっている。マンションへ入居の前は立川市に住んでいたが、当時はこの地下水を水道にしていたので美味しかった。地下水を汲み上げている場所がある。花筏の下を泳ぐ鯉花筏を恨めしそうに見ている鴨。泳いでいたのだが、岸へ上がってきてしまった...桜の記憶・立川市根川

  • 桜の記憶・高幡不動尊

    天気晴写真は、2015年4月3日の高幡不動尊。ブログに掲載した写真もあると思うので重複するかも。数え切れないほど訪れているのに、桜の季節はあまり行った記憶がない。上の写真の枝垂桜は、境内のソメイヨシノに少し遅れて満開になる。この花の満開を見に行くのが楽しみで、その頃、ソメイヨシノはもう遅かった。紫陽花と紅葉の季節にはよく行った。ともかく、わが家も実家も真言宗だったので、お不動様は親しみやすかったのだ。モノレールが開通して家から近くなり、記憶する初詣はいつも高幡不動尊だった。正確には、高幡山明王院金剛寺。成田山新勝寺同様、不動尊が有名。入り口近くの土方歳三像。市内にある土方家の菩提寺でもある。上の写真は、大日堂前から境内を見下ろす。その境内を貫く通り、五重塔前に枝垂桜が何本か咲いている。まだ満開には遠い。四...桜の記憶・高幡不動尊

  • 枝垂桜・武蔵国分寺跡

    天気晴れたり曇ったり昨日は夏の陽気になって、久々に買い物に出たら、私の冷え切った体がやっと解凍された気分だった。普通の人に笑われそうだが、昨日の突然の暑さが私には「今年初めて感じた春」だった。そのくらい、私の体は血が巡っていないようだ。膠原病ってんなものかも。それも昨日だけの話。平年並みの気温、という今日になったらもう、指先が冷え切っている。いつもなら今頃が見ごろになっている、散歩道の桜。武蔵国分寺は今も存在するが、薬師堂と山門以外に古い建物はない。広大な寺院も七重の塔も、新田義貞の乱で燃やし尽くされた。ただ、お寺さんの南側の広い土地は、国指定の史跡になっていて保存されている。とっても有難いこと。その土地の一画に割合に新しいが枝垂桜を植えてあって、今はそれが素晴らしい風景になった。この写真は10年前のもの...枝垂桜・武蔵国分寺跡

  • 桜開花・そして黄砂

    天気晴黄砂ようやく昨日が東京の開花宣言となり、今日は気温も上がって穏やかな天気になる筈が・・黄砂です。朝、8時頃になっても春霞?いや黄砂?という窓の外の風景の濁りよう。その後、日差しは届くようになったものの富士山は薄ぼんやり、丹沢山塊も奥多摩の山並すら黄砂に薄れていた。今朝は3時半ごろから指が痛くて眠れなかったので、目は痒いし、一日中眠いし・・折角穏やかに晴れたのに、という日になった。気温は夏日(25℃)になったというが、部屋に居てはちっとも暖かさは感じない。かといって外の黄砂混じりの空気にまみれるのも・・室内でも目は痒さ限界、外へなぞ行けません。北九州の日本海側はもっとひどいそうで、お気の毒としか言いようがない。あちらの町、こちらの町、と桜まつりとか桜フェスティバルとか催しているけれど、咲き揃うのは来週...桜開花・そして黄砂

  • 桜の記憶・唐木田川井家の枝垂桜

    天気曇のち晴ようやく、菜種梅雨から抜け出せたようで。午後には久しぶりに青空となった。海沿いでは暴風雨のような気象になって交通も乱れたようだが、こちらは安泰。窓から見える電車は、いつものように走っていた。今日の桜も、例年なら今頃は見ごろになっているはずの枝垂桜。多摩市の唐木田という小田急線の駅から数分で行ける公園内の樹齢200年の桜。個人の所有の土地だが、今は市が保存しているようだ。多分、昔は田んぼの畔に咲いたのだろう。とにかく見事だ。20年以上世話になっている句会の、3月の定例句会はこの桜を見に行く「お花見吟行」を続けていた。今年も、無論開催されて一昨日に吟行していると思う。2017年3月の定例句会の日(毎月第4水曜)に行って、そのときはまだ、三分咲だった。都心の枝垂桜が見ごろになっても、多摩地域は満開ま...桜の記憶・唐木田川井家の枝垂桜

  • 桜の記憶・六義園

    天気降ったりやんだり今日が天候不順の最後になり、明日からは春本番が続く、という・・予報を信じたいけれど、最近は裏切られることがある。病気色々になる前から天気や気温で体調を左右されていたが、今はもう、気圧の降下する前日から体調がおかしくなる。昨日の昼ごろまでは何とか保っていた体調、昨日の午後、久々の買い物にちょっと出たら色々とおかしくなった。ま、何とかパソコンを開く元気と食欲はあるので、大丈夫かな?桜の開花は1週間遅れになったようだ。いつもの年ならとうに満開過ぎの写真の桜も一昨日の後楽園の桜も、今年はまだ咲き始めだという。後楽園の枝垂桜と同じ時期に咲く六義園(りくぎえん)の桜。この木は都心でも珍しい大木の枝垂桜。さぞ樹齢も古いかと思いきや、戦後に植えられたものと知りびっくりした。とにかく大木で、見応えがある...桜の記憶・六義園

  • 桜の記憶・小石川後楽園

    天気雨相変わらず降りやまない菜種梅雨、靴を履けない身では外出もままならず・・体調は低空飛行で、ちょっと動くと酸素不足の水槽の金魚みたいに息切れして溺れそう。もう、書くことと言えば体調の愚痴と世間さまへの怒りくらいしかないので、桜の咲く間は、過去へ遡ってみようと思った。あまり過去のことばかり書くのは不本意ではある。でも、パソコンを開ける来年が私にあるやらないやら、という身なのでお許しを。古い写真の蔵出しも最後かもしれないし・・。撮影年については、あやふやなものもある。パソコンの中でも写真は劣化するらしく、古く見えるのは仕方ないのかも。保存状態が悪いらしい。この小石川後楽園の枝垂桜は、おおよそ15年近く前かもしれない。園内には他にも枝垂桜はあるが、上の写真は入口近くの桜で、当時から古木に思えた。でも、まだ10...桜の記憶・小石川後楽園

  • いつまで続く菜種梅雨

    天気雨桜が咲けない気温の日々ばかり。都心ではほつほつ咲き始めたらしいが、何しろ冷たい雨。冬と春の空気の攻防が続いてているのだろう、私の体調には最悪の戦いだ。桜の咲く時期って、案外とそんな日が多い。だから「花冷」という季語も出来た訳で。今日は寒いけれど、桜が咲いていなくては「花冷」とは言えない。まさに菜種梅雨だ。私の大嫌いな気候で、今日も最悪状態。でも、最悪状態にも慣れてしまったようで、ゆっくり動けば目眩も我慢出来る。去年のブログを見たら、3月22日に国立へ行って駅前から満開の大学通りの桜を満喫していた。体調が良かったらしい。桜は去年が早過ぎたのだが、このところ、毎年3月中には咲いた。多摩の桜は都心よりも数日~1週間遅い開花。なので、都心が散った頃にこちら方面へ来れば、大混雑のない花見がゆっくりと出来る。外...いつまで続く菜種梅雨

  • 眠ってばかり

    天気時々雨のち晴まだ寒さ継続のお彼岸。写真は数年前に撮った近くの市の公園の白木蓮。数本が、日当たりの良い場所のせいか今頃よりも早く咲いた。みごとに咲くのにわざわざ見に行く人が居る訳ではなく、犬の散歩の人が見上げるくらい。空を背景に撮れる場所で、どこから撮っても写真になる木だった。今日、なぜこの花を選んだかというと・・辛夷と木蓮の違いが解らない、と他の場所で読んだから。先日載せた辛夷を再掲するので比較していただければ・・比較したら余計に解らなくなった、という人は、実際の木の下へ行き確かめて欲しい。花びらに厚みのあるのが木蓮。薄い花びらは辛夷。散った花びらが茶色くなって汚い色になるのが木蓮。花の大きさは、木にもよるが木蓮の方が大きい。でも、遠くからでは見分けのつかないこともある。辛夷の木は、以前の居住地のマン...眠ってばかり

  • 主役の入れ替わり・・かも

    天気晴黄水仙があちこちに咲いていて、やはり春の季語にふさわしい・・などと思っていてもなかなか本物の写真を撮る機会もない。今日は午前中から膠原病の検査と診察。昨日の寒い風がそのまま残っているような日で、真冬の寒さ。施設の建物の横に黄水仙が1茎だけ咲いているけれど、近づく気にもなれない冷たい風だった。主役の入れ替わり・・何のこと?ハイ、私の病気です。肺がんの治療中の心臓病持ち患者が膠原病になった・・という筋書きだったが、どうもこの頃は膠原病が全面に出てきてしまったようだ。膠原病の強皮症からくる血流の悪さで、末端の指先に出来た潰瘍へ菌が棲みついて悪さをする。その結果、歩くのも不自由なくらいに足の指が痛み、箸を使えないほどに手の指が痛み・・というこの1年。膠原病は簡単に説明できない難病で、症状も様々で、まったく知...主役の入れ替わり・・かも

  • 寒い彼岸中日

    天気曇のち一時雷雨数年前のこの時期に撮った写真、こんな青空は暫く見ていない。辛夷も咲いた筈なのにまだ見ていない。明日は通院日なので、多分バスの窓からは見えると思う。暫く書けなかったブログ、書かなかったのには理由があり・・昨日はLineでのいつもの3人句会。各々が席題5つづつ出すので、合計15句を出句してのLineでの句会、午後1時からずっとかかりっきりでの15句作句なので、とてもそのあとでブログなんか書く元気は出なかった。よくまあ、2時間余りで15句も作れますねえ、といつもながら自分を称賛した。一昨日は・・多分、まだ目もボヤけるし寒暖差と気圧の上下で体調は毎日が雲を踏む状態だ。今日も、朝からフラフラ状態で、天気予報を見たら昼過ぎには1000hPaを切るような、台風に近い低気圧が通っているらしく。午後3時半...寒い彼岸中日

  • 足元も見よう

    天気晴のち曇りがち20℃晩春の陽気になったのだという。外へ出ないのでその実感はない。体調は昨日の午後よりも良くないし・・多分、明日は陽気が逆戻りするので、気圧が急降下しているのかもしれない。写真は、土佐水木(トサミズキ)。そろそろ咲いている頃。昨日、天気予報のテレビの桜開花状況中継で、都心のどこかの公園の桜の映像が。その固い蕾の下に土佐水木や日向水木が咲き始めていた。桜の蕾なんか見上げて画面に写されたって、楽しくも何ともない。私が天気予報士なら「桜はまだですが、その下には黄色い花が咲き始めています、ちょっと視線を下にも移してみましょう」という実況をすると思う。土佐水木より小さい花が日向水木。多分、これは日向水木だと思う。以前のマンションの前にたくさん咲いた。桜の咲く前の寒さのぶり返しに負けずほつほつと咲く...足元も見よう

  • 桜開花は足踏み?

    天気晴写真は、多分もう咲いている、公園の山茱萸(サンシュユ)の花。昨日今日と、かなり暖かくなったものの、ずっと冬が戻っていたので、開花予報が又狂ってしまったようだ。私にはあまり関係ないけれど、気分には少し影響するかも。一昨日の木曜、クリニックは東京都では休診日、なので昨日は眼科へ行く予定をしていたのだが・・足指の痛みと目眩とで、徒歩10分の眼科までも自信がなくなった。で、付添を頼んでいた近所の若い友人が、ご主人に頼んで車を出してくれた。いつもいつも無理を頼んでばかりで、本当に申し訳ない・・いくら暇の作れるご主人とはいえ、色々とご自分の予定もあるのに・・酷い目眩の原因は、急激な寒暖差の生じた陽気で、自律神経がおかしくなって血圧が上昇したから、らしい。目の霞む原因は、やはりドライアイと花粉症のようで。薬が切れ...桜開花は足踏み?

  • 目が・・ちょっと休みます

    昨日から右眼がぼやけ始めて、今日は左眼を瞑ると目の前が濃霧状態。花粉症でキズがついたのかもしれません。片目でのパソコンは疲れますので、明日通院して回復するまでお休みします。目が・・ちょっと休みます

  • じいさんの身だしなみ

    天気雨写真は、馬酔木(あせび)の花。桜の咲く前に遠慮がちな花を咲かせるので、何となく見逃されているような低木。散歩に行くとあちこち目につくので、私は好きな花だ。ちょっと出れば、その辺にも咲いているのだが・・今日は雨。おまけに、昨日、介護サンダルで出掛けてちっとも楽に歩けなかったので、歩行する自信すらなくなった。早く靴を履きたい・・いつ、そんな日が戻ってくるのやら。昨日は寝不足で一日不快な日だったが、夕食後、目の覚めてしまうようなことがあった。部屋へ帰ろうと、1人で食堂からエレベーターに乗ったら、最近入所したばかりのジイサンが私の後から乗ってきた。歩行器に掴って歩いている。太ってはいないが、身長は180㎝近くもあるかというような大男。私の席の斜め後に座っているので、立っている姿を見たのは初めてだ。が、びっく...じいさんの身だしなみ

  • 3.11

    天気晴昨日からあまり落ち着かない気分で、おまけに足指が痛み今日は酷い寝不足で、気分冴えないまま一日を過ごした。やっとのこと、外出する気になれる気温と陽気。明日はまた雨だというし、と、この機会を逃せない・・午後、買い物に出てみた。靴は履けないので介護用のサンダルで厚いソックスにして出かけたものの・・寒さや冷えは感じなかったが、やはり介護用サンダルは室内とは違い歩きにくい。おまけに寝不足なのでフラフラ状態、買いたいものの半分も買えなかった。気になっていた仏壇の花が買えてなんとなくほっとした。午後2時46分までには帰る。あの時刻を思い出すのもイヤなこと。でも、やはり命ある者は命を落とした方たちへ合掌せねば。被災された方たちの13年は私の13年と比較にならない苦労の日々だったと思う。でも、私の13年も、随分と苦労...3.11

  • 落ち付かぬ

    天気晴写真は、数年前に撮った片栗の花。年によるけれど、今年は何でも早いのでとっくに咲いているかもしれない。隣駅前の都立庭園の狭い土手にたくさん咲く。自生の花を見るためにはかなり歩かねばならないが、ここは駅の改札口を出て僅か数分の庭園だ。毎年のように見に行っていたけれど・・そんな近い場所も、今の私には遠くなってしまった。お雛様は片付けた。がんを患ってからは毎年、片付ける時には来年飾ることはもうないかも・・と思ったものだ。でも、それから15年。毎年、飾ってきた。なぜか、今年はもうそういうことも考えなくなってしまった。来年、が来なくて当たり前、と思うようになってしまったのかもしれない。大好きな片栗の花の写真を見ても、咲き揃っているあの光景をまた見に行きたい、とは切望していない。明日は3.11で、もう13年前のこ...落ち付かぬ

  • ちょっとだけ後悔すること

    天気晴昨日までの体調の悪さは、やはり南岸低気圧のための気圧低下だったのか・・と思い知らされた。今日は、普通にいつもの目眩だけで済み、朝一番で(といってもここでは9時になるが)何日かぶりにシャワーを浴びてすっきりした。午後にはリハビリがてら出かけてみようか・・と思ったが、北風がまだ強い。靴を履けないのでサンダルか草履では足の指が冷え、痺れてしまうかも。と想って外出はやめた。予報を見ると、明日から徐々に春の気温へ近づいていくようなので焦りは禁物。まだまだ足指は回復に遠くて、明け方、痛くて眠れないのは相変わらずだ。おまけに今朝は4時過ぎ、緊急地震速報で眼が覚めた。揺れが来ないので、房総で又?・・と思ったらその通り。震度4以上にはならないものの、不気味な日々が続いている。昨夜、千葉に住む義姪と別のことでLineの...ちょっとだけ後悔すること

  • 毎年恒例?春の雪

    天気雪のち雨のち曇朝、6時半ごろの窓の外。もう雪はチラチラと舞う程度で止む時刻になっていたが、写真の手前、ベランダの手摺りにも積もっていた。見下ろすと、道路も真っ白なので、このあたりの積雪は数センチにはなったのかも。都心でも積ったようだ。ここ数年、3月に雪の降ることが多い。「暖冬なのに今夜は雪なの?おかしなお天気ねえ」と昨日、食堂で誰かの声がしていた。はいはい、暖冬だから余計、南関東には雪が3月に降ることが多いのですよ、と言ったって、ま、解るお年寄りはあまり居ないかも・・私は天気オタクばあさんなので大体のことは解るのデス。来世の天気予報士を目指しております。ここでそれを披露するつもりはないが、最近は関東平野に空っ風の吹く日が少なくなった。その分、3月になり太平洋側に低気圧が出来やすくなるのだろうか。ここへ...毎年恒例?春の雪

  • パソコン入門のきっかけ・ある訃報

    天気雨のち曇未明に雪が降ったらしく、起きてカーテンを開いたら家々の屋根が真っ白。といってもたいした雪ではなく、細かい雨にだんだん消えてしまった。明け方、足指が痛くて眠れず、昨日も今日も寝不足で昼間、ソファで座ったままのうたた寝。おまけに点滴の副作用なのか寒暖差・気圧の差なのか、体調は最悪。動かねば・・と焦ってもそうもいかず。句会のグループLineで、吟行仲間だったKさんの訃報を知った。私よりはるかに若い彼のこと、え、と驚いたが考えれば糖尿病でインスリン注射をしながらの吟行だった。経営コンサルタントか何かの自営業だったので、女性の多い週日の句会にもご一緒出来た。実は、パソコンのことを詳しく教えてくれたのはKさん。まだパソコンを買う前に、句会の集まりで「パソコンの通信とは何ぞや」のような話をしてくれた。つまり...パソコン入門のきっかけ・ある訃報

  • まさか・・彼女も認知症?

    天気晴免疫療法の点滴から5日、ちょうど副作用の最盛期?へ入る時期。その時にもよるが、今月はチトきつい。色々あっても膠原病の症状なのか化学療法の副作用なのか、自分でも解らない。化学療法室の看護師さんに話したら私のような患者は他にも居て、どちらなのか判明しないのは医師も同じだと言っていた。ともかく、足指の痛みは膠原病の強皮症からくる血行の悪さからの炎症、頭痛は点滴のせい。病院で処方してもらった痛み止めを目いっぱい飲んでいる。鎮痛剤はクセになりそうで余り飲まないようにしてきたが、明け方の3時4時くらいに足がズキズキ痛むと眠れない。今日は内科医の診察日で聴いてみたら「そのための薬なので気にしないで飲んだ方がいいですよ」と。ドクターの言うことは、自分の都合の良い方にとるのが得策だ。さて、食堂のテーブルの、私の隣の席...まさか・・彼女も認知症?

  • 雛の日

    天気晴写真は、ここへ来た翌年に撮っている、近くの公園の水仙。まだまだ散歩の元気はあったのだ。今は・・足指が痛くなくても、この公園までカメラを持って行く元気はないかも。情けない話。今日は雛祭で、少し雛の日らしい昼食が出た。ちらし寿司に筍と蕗の煮物、菜花の辛し和え、お吸い物とフルーツは缶詰の梨。去年は・・と見たら、ふくさ寿司と稲荷寿司だった。どちらにしても少しは有難いメニューだ。午後は、ボランティアの人の琴とピアノの演奏会。コロナ禍がおさまってからは、少しづつそういう演奏会などが入るようになった。コロナ騒ぎの前には、色々と賑やかだったらしい。老人ホームへボランティア、というのはよく耳にした話だが、自分がその受け手になることは考えてもいなかった。演奏会を聴きに出たくても出られない体になることなぞ、予想もしていな...雛の日

  • 地震が止まらない

    天気晴のち曇りがち日の出あとの空。どことなく春めいた雲になった。明け方、足指が痛んで5時前に目が覚めてしまった。鎮痛剤は一日に4回まで、6時間を経過したら飲んでいいことになっている。寝る間際の11時に飲んだのでもう次を飲んでもいいか・・と、起きてガサガサと薬を出したりしていると目が覚めてしまった。どうせ、ズキズキの痛みでは眠れる訳もなくて・・見た目には腫れも大分ひいてきて、治癒に向かっているように見えるけれど、しつこいです。着替えを済ませた頃、スマホの地震警報が鳴った。え?全然揺れないのに・・とテレビを付けると、最近頻繁に起きている房総半島東方沖が震源地。警報は現在地とあーちゃんの住む横浜が震度3以上でないと鳴らない設定にしているので、あれ?と思ったらこちらではなく横浜が震度3だった。ともあれ、このところ...地震が止まらない

  • 歩けるしあわせ

    天気晴のち曇昨日が、2月の最終日と勘違いをして、一昨日の句を作ってしまった。今日になって「うるう年」だった、と気づいた。オリンピックの年、と知っていたし、大きな文字のカレンダーを毎日みているのに、思い込みが強いので時々こういうことがある。はい、これは認知能力と関係のない、幼稚能力です。今月最後の写真、猫柳。猫の居る境内の隅っこにあるが、今年は2月初めに暖かい日があったので、もうほおけてしまったかもしれない。昨日は肺がんの免疫療法の日で午前から病院へ。足指の痛みは相変わらず。バス停までは何とか靴を履いていったものの、病院へ着いたら、やはり草履に履き替えてしまった。草履なら普通に歩けるけれど、鼻緒で擦れる親指が痛くなった。おまけに昨日は、点滴のあと気分が良くなくて夜はぐったり。頭痛もするので鎮痛剤は飲み続けて...歩けるしあわせ

  • 遙かなる安曇野

    天気晴寒い。窓の外の木々の揺れを見ているだけでも空っ風が感じられる日で、とても外へ出る気にもなれない。明日は月1回の検査・点滴治療の日で、靴もまだ履けないし、夏の草履でバスへ乗る訳にもいかないし・・ともう、なるようにしかならないだろう。もう2月は終わる。今年の奇妙な2月の気候みたいな年のあったことを思い出した。2月といえば雪国へせっせと行って雪の写真は結構残っているけれど、あの、雪のない信州の写真は?と探したらこのパソコンへ移してあった。2009年2月半ば、長野の句会の計画した一泊の「安曇野吟行」。雪と白鳥が主たる目的だったのだが・・雪の安曇野、を思って楽しみにしていたら、雪なんて遠くの山の頂きにしかなくて、すっかり春の装いだった。あの当時から温暖化のへんてこりんな気象が増えていたのだ。地元の人も、こんな...遙かなる安曇野

  • 杉花粉大飛散始まる

    天気晴写真は、猫の居た境内の枝垂れ梅。写真の猫はもう居ないだろうが、梅は咲いていると思う。昨日から天候が冬型に戻って気温も今頃の寒さに安定するようだ。一昨日は風がなくて暖かさを感じたので、面会に来てくれた義姪母娘と久々に買い物に出た。靴はまだ履けないので、古い上履き用草履を履いて。ちょっと出ただけなのに、花粉の飛散が多くなったようで帰ったら目がショボショボになった。涙が止まらない。眼科の点眼薬を多めに貰ってあるのでまだ安心。今日は風が強いので、かなり飛散しているらしい。少し窓を開けただけでもクシャミが・・最近はあまり外へ出ないので以前ほどには花粉を体感しなくなったものの、我が花粉症歴はもう半世紀に及ぶ。最初はまだ花粉症の定義のない頃で、春先になると「何で鼻風邪をひくのだろう」と疑問に思っていたものだ。人間...杉花粉大飛散始まる

  • 突然、ということ

    天気晴一昨日(22日)、ブログを書こうと思ったら書きたい内容を忘れた、と書いたが、夜遅くなって思い出した。突然、心不全で亡くなった女優の山本陽子さんのことだった。昨日書けば良かったのだが・・昨日は寒さがひとしお、の天皇誕生日。エレベーターの下降が止まらず、体調に最悪がプラスされてしまった。で、今日はというと朝からやっと晴れて、耳鳴りはかなりおさまったし、目眩も何とかなる状態へ。足指の痛みも少しずつ良い方へいっている。病気のデパートなので、最期は何の病気を選ぼうか、というような私だが、やはり心不全で突然、と聞くと気になる。しかも同年代で、小柄なのも同じで・・美人だけは真逆だけれど・・親しみのある女優さんだった。今月初めにテレビで見たばかり。何ともお元気で、まだ舞台をされる計画があるというので羨ましい健康、と...突然、ということ

  • エレベータ―が止まらない・・ような

    天気雨一昨日は初夏の陽気、昨日から一転、真冬へのエレベーターの逆走が始まった。ずーっと下り続けるエレベーターに乗っている気分で。今日の最高気温は8℃くらい?明日はもっと下がって雨が雪になるかも・・って、天皇誕生日ですよ。何か書こうと思ったがちょっと用あって部屋を出たら、忘れてしまった。忘れたことが何なのか・・(ブログに書きたいこと)と覚えているから、ま、認知症ではないだろう。今日は2.22でにゃんにゃんの日。お寺さんの境内には人なつこいノラ猫が居て、人を見るとひっくり返って撫でろ、と要求したっけ。あんな猫、他には居ない。境内をデートの場所にするのもこれからの季節の猫。猫好きと思われているようだが、犬も好きだ。ただ、流行の小さな洋犬はあまり好きになれない。子供の頃は柴系の雑種を飼っていて、一緒に海で泳いだり...エレベータ―が止まらない・・ような

  • 雪の消えた雪国

    天気晴23℃季節外れの暖かさ、などというのを通り越して、初夏の気候になってしまい、雪国では雪が解けて消えて、地球の終わりのような風景になってしまったようだ。2月半ば、といえば雪はまだまだ積もる時期なのに・・上の塗り絵の風景は今年、幻になってしまったのだろう。今年だけならいいけれど。10年近く前の3月に入ってからの標高1000mあたりの雪。日当たりの良いところでは根明け(雪国で言う木の根っこの周りの融雪)が始まり、やっと春近し、を感じる頃なのに。長岡市内の小さなスキー場は、とうとうゲレンデに雪が積もらず、今冬はスキー場の営業は諦めたという。豪雪地帯でこれなのだから、他の地域の雪や氷のイベントは皆、中止になったようだ。無論、この暖気がずっと居座る訳ではなくて、今夜からは空気は入れ代わるという。もう私の体はつい...雪の消えた雪国

  • 迎春花・・もう咲いたかな

    天気雨のち曇写真は、武蔵国分寺の迎春花(黄梅)。中国原産の花だが、日本にはかなり昔からあったようだ。旧暦正月頃に咲き始めるので迎春花、と言われるようになったとか。今年は早く咲いたかもしれない。散歩道では、この境内と近所の家の石垣に咲くのを知っている。お寺の境内では梅よりも早く咲き、まさに春を迎える花、だった。靴が履けないので、ちょっとした食べ物などペーパー類と一緒にネットスーパーへ頼んでいる。でも、何もかも売っている訳ではないし、やっぱりドラッグストアへ行かなくては・・というものがある。とにかく強皮症で傷めている指の治療関連の包帯とか絆創膏とか、手足を温めるための使い捨てカイロ・・これ、やはり元祖「〇ッテの〇カロン」が一番長持ちする。他の会社の製品の小型のものは7.8時間保温、と書いてあるが本当にその通り...迎春花・・もう咲いたかな

  • MCI、少し知ったこと

    天気曇テレビの映像が、朝からやたら河津桜満開の風景ばかり。半月早く咲いてしまったので、伊豆方面は今週末、大変な混雑になるかも。写真は公園の花ミモザと河津桜。5年前の3月に入ってからのもの。でも、今年の異常陽気ではもう咲いてしまったかも。今日も部屋に籠るしかなく。足指の痛みは良くも悪くもならないが、腫れている甲が気になる。ともかく靴が履けないので、何とか室内履きにしている夏用の草履で外へ出るしか・・と考えている。駅前くらいまでなら、草履で歩けそうだ。そんな訳で明け方、痛みで目が覚めてしまう。鎮痛剤が切れるのだ。で、憧れていた「年寄の早起き」が出来ている。目が覚めて鎮痛剤を飲み、時計を見ると5時近い。昨日はそれから眠ったが、今朝は痛くて「二度寝」はとても出来そうにないので起きてしまった。まる5時間はノンストッ...MCI、少し知ったこと

  • 春一番・そして吹き返し

    天気晴4年前の公園の辛夷の花芽。梅についで公園に咲く花、今年はもうすぐ咲いてしまうかも。昨日は平年より半月早い春一番、何だか暖かかったらしいけれど、私の足指は凍ったままだった。そして、今日はシナリオ通りの吹き返しの北風。春先の関東、南風が吹いたあとの吹き返しは冷たい。母に「吹き返しがあるから暖かくなっても油断するな」とよく言われた。海からの北風はひとしお寒かった。昨日も今日も風に乗って奥多摩の杉花粉が漂っているようだ。目が痒い。買い物はあるし、出かけたいのに靴の履けない日々、でも昨日今日の風には出ない方が安心かもしれない。この足指の状態、もしかしたら相当な期間になるかもしれない。内科の医師に処方してくれた抗生物質の炎症を抑える薬は、悪化はしない、という効果はありそう。でも、副作用でやはり胃腸障害が・・だか...春一番・そして吹き返し

  • 雛飾る

    天気晴18℃昨日に続いての異常な暖かさ、というけれど私には相変わらず暑いくらいの暖かさとかは感じられない。何とか睡眠不足からは逃れられたものの、靴はいつ履けるやら・・の足で、変らぬ冬籠り。といっても春の陽気なので冬籠りもおかしいかも。ホームの玄関に、今年も雛壇飾りが出来上がった。去年退職した介護士さんが親に揃えてもらったという立派な七段飾り。40年くらい前のものになるようだが、こんな凄い雛飾り、余程のお邸でなかったら飾れない、と思うのだが・・彼女は「そんなことないんですよ、普通の家だったのに」と言っていた。自分の家にはもう飾れないから、とホームへ置いていったもの。何だか写真がボケているのは、光線のせい?スマホの写真がいつまで経っても上達しない。慣れた頃にスマホを買い替えてしまうし・・上の雛飾りは一昨日用意...雛飾る

  • ああ寝不足

    天気晴写真は、ここへ越してきた年(2020年)の今頃、そのへんで咲いていたイヌフグリ。この秋の終わりにここへ入所した。4年前なのに、今と比べると何とも元気だったようだ。公園や畑の際にいくらでも咲いている。昼間は気温が上がって4月の陽気だったとか。北海道では半世紀ぶりの暖かさだという。私はちっとも暖かくない。昨日・今日と、滅多にない寝不足になった。原因は、足の親指の痛みで眠れなかったこと。全く眠っていない訳ではなく、眠りついた頃から2時間くらいは熟睡している。そのあとは・・2時間置きに夜間見回りの介護士がドアを開いたのに気づいている。10時・0時・2時・4時・・午後10時はまだ起きているけれど。いつも、介護士の見回りは気づくことが珍しいくらい、私は熟睡している。痛み止めを6時間置きに飲むことにしているが、そ...ああ寝不足

  • 春めくという

    天気晴のち曇明日、冷気が抜けると一転して春の気候が来るのだという。無論、一ヶ月先の気候が長く続いたら地球もお終いかと思うけれど、とにかく暖かくなるのは今の私には有難い。来年のことなど考えてはいないので、冷気による指先の症状が少しでも回復してくれれば・・靴が履けるようになりたい。写真は、今頃はもう咲いていると思うマンサク。春を告げて先ず咲く花、なのでマンサク(満作)と言うとも。供花の花束に入っていた一本の菜の花、仏壇とは別のカップへ入れて置いたら、蕾があっという間に咲いてきた。今年は、昨日が旧暦の新年なのだという。春節は中国や東南アジアでは祝うようだが、なぜか日本では無視されている。節分など、節季の行事は残っているのに。ともかく景気の悪い日本へ観光客として来てくれる正月休みの中国人に感謝しなければならない。...春めくという

  • やはり暖冬

    天気晴昨日は膠原病の診察日で、バスの窓から眺めるあちこちの家の庭に白梅が眩しかった。隣接する市の花は「梅」。なので、広大な梅林もある。よく見に行ったのでそこの写真もあるはずが・・見つからなかった。もしかしたら、梅の開花時期は花粉症のひどい時期でもあって、あまり熱心に写真を撮っていないのかも。上の写真は10年ほど前の今頃、でも昨日見た白梅は満開近い木もあった。寒さは今日からは一層緩むとかで、やはり暖冬なのだ。とはいえ、私の強皮症からくる血行障害の足指の「ヒョウ疽」は、元々は冷えが要因。寒になってからも今年はそれほど寒くなかったのに・・罹病して3年目、だんだん酷い症状の出る冬になってしまった。皹・皸のたぐいからしもやけになった?くらいに思っていのに、「ヒョウ疽」と、昨日はドクターがはっきり言った。右手中指も同...やはり暖冬

  • 雪なのにドライアイとは・・

    天気晴写真は、昨日のものではありません。昨日の未明まで降った雪、昨日があまり天気よくならなかったので「雪晴」という感じがなく。なので上の写真は、2018年の大雪の翌朝の町です。町内であありますが、今の私にはとてもここまで行く元気は・・下は、昨日の朝の風景。一昨日、寝る前に見たときは12.3㎝くらいは積もったかな?という程度だった。積もった雪の上に、昨日は雨も少し降った。でも今朝はかなり冷え込んだので、街は凍結した道で色々大変だったようで。東京の雪はいつもこうなる。でも、何年に一度かの雪のために新潟県のような万全の雪対策は無駄な訳で。都民それぞれが人の迷惑にならぬことをしてもらいたい・・などと、都知事のような言いようではあるけれど、今朝も窓の下の凍った道を駅へ向かうサラリーマンが、転倒しそうになりながらツル...雪なのにドライアイとは・・

  • 大雪警報

    天気曇のち雪暗くなる前に慌てて写真を撮ってきた。ボヤけているのは降る雪のせいです。1階応接間から撮った写真。晴れた日の、一昨日のものと比べれば解る。一晩降り続いたら東京周辺はどんな騒ぎとなるやら。東京の大雪といふ十糎KUMIかなり前の私の句。ま、10㎝降れば首都は大騒ぎになる。多摩地域には大雪警報が出ている。住む人の多くは東京以外から来た人なので、東京以南からの人は本当の寒さも大雪も知らないのでは?。この人も?駅から帰宅らしい女性、足元はパンプス、手袋もしていなかった。明日の朝はこういう人たちが転倒する。手袋をしない若者がとっても多いので、ポケットに手を入れて歩いている。雪を甘くみているから転倒する。百均の手袋くらい買えば・・と言いたくなる。出勤する職員の足が奪われて、朝になっても夜勤の二人だけだったらど...大雪警報

  • 立春・思い出の河津桜

    天気曇一昨日だったか、テレビで熱海桜が見ごろになっている、と報道していた。熱海桜といったって「河津桜」と同じじゃないの?と今までは思っていたが、微妙に親の「桜」が違うらしい。でもエドヒガンの血筋なので、花は熱海も河津も同じに見える。写真は、2014年の2月22日に河津へ行ったときのもの。今年はもう見ごろ、ということだが、この年はまだ咲かない木がたくさんあった。対岸の木は日当たりの関係からか、開花にムラがあった。。ソメイヨシノと違い、開花している時期が長いので見ごろは半月以上続くようだ。ともあれ、今日は立春。春めいた写真を探してはきたけれど、実際は、寒い。底冷えする。明日から明後日にかけては南岸低気圧が出来て大雪になるかも・・という。東京が大雪になることは立春過ぎが多い。とにかく今日も寒いし、足指の痛みは去...立春・思い出の河津桜

  • 節分・雑感

    天気晴申し分ない青空の節分、1階の応接間から隣の雑木林の今日の空の写真。両手の人差し指と左足の親指の炎症は治る気配もなく続いている。血管を改良するという膠原病の薬は数日分を飲んだけれど効果はゼロ。数日分ではまだ意味がないのか、悪化しなくなったのが効果なのか。昨日は、足の状態を診た看護師が「ほおっておいたら大変なことになる、これを見過ごしている病院は酷い・・云々」と、病院とドクターを悪く言うので私は感情的になってしまい、ひと騒動に。だって、ドクターを無能扱いされては、いったい、私が今生きているのは何故?若い看護師で熱心なのは解るかれど、自分の考えを前面に出してはダメでしょ。と言いたかった・・バアサンはこれから色々迷惑かけるから、そこまでは言わない。要するに、膠原病の主治医が「経過観察」と言った日は先月18日...節分・雑感

  • 施設入所のきっかけ

    天気晴2月へ突入。陰暦2月は別名「梅見月」とも言う。現在では3月になるだろうか。写真は、ここへ入った年の2月に公園で。入所が10月だから、夫の四十九日を過ぎたこの時期はまだ、「寡婦暮らし」を暫く楽しむ覚悟だったかもしれない。コロナ禍の始まるまであと少し。今日、昼前に救急車がやってきた。救急車は珍しくもない介護老人ホーム。私の部屋からよく見下ろせる。あまりいい気分ではない。でも、4階の人は朝食の時に皆、変りなかったようだし、廊下もあまり騒がしくない。他の階の人だろうと思っていたら・・すぐに近い部屋のKさんが部屋で転倒して、頭を戸棚の角にぶつけて血だらけになったのだという。足が少し不自由だが私よりも元気な90歳過ぎの方。転倒して足腰が立たなくなった訳ではないらしい。救急車のストレッチャーが来なかったのであまり...施設入所のきっかけ

  • 一月尽

    天気晴そろそろ寒明けになるので、今のうちに真冬の写真でも・・と探したが、雪国の写真しかない。以前の住まいの裏はよく霜柱が出来た。登校の子供たちが踏み躙ってしまうけれど。という写真。今のこのあたりではこんな立派な霜柱は見られそうにない。というか、今年は暖冬で、出来なかったかも。ちょっと外へ出られれば何か写真になりそうな晴天なのに・・今日もお籠り。足指の大事をとってのお籠りだが、免疫療法の点滴後の2週目3週目にかけては、どうしても目眩やらトイレタイムやらが増えてしまい、外出もあまり楽ではない。それにしても・・この、足と手の指先のトラブルはいつ治るやら。右手中指の「ヒョウ疽」は、治癒まで1年かかった。後遺症なのか今も変形した爪の周りが痛む。ま、何事も数ヶ月単位で考えた方が良さそうで。そろそろ、セツブンソウが咲き...一月尽

  • 俳句結社も変化して

    天気晴ちょうど10年前の写真。冬の花を探していたらベランダに積もった雪の写真が。この年は2月に2回も大雪になったのだ。この写真は2回目の降雪。今年はどうも雪ナシの冬になりそうな。今日の昼間は少し暖かいようだが、相変わらずの冬籠りバアサン。体調はどちらかといえば免疫療法の副作用も軽い日で、昨日一昨日のように頭痛も出ないし、ちょっと買い物・・くらいは行けるのに。右足の親指の大事をとって。明け方、昨日同様に痛くて目が覚める。寝る前に飲んだ鎮痛剤が切れるのだ。見た目はあまり変わらないので、病院の血流改善の飲み薬の様子見で我慢我慢。今年から創刊された結社誌は隔月刊、あまり句の作れなくなった私のペースにはちょうど良いかも・・と思っているが、今日、メールで「5月号の投句のお知らせ」が。え!この間、3月号の投句をしたばか...俳句結社も変化して

  • 楽しみは食事だけ・・その食事事情

    天気晴陽射しはなんとなく春めいて見える・・と窓越しに見ながら、今日も引き籠り暮らし。足の親指は悪化はしていないが、無理して出かけて余計に歩けなくなっても困るのでもう、諦め気分。4年前に撮った写真にロウバイの花が。どこで撮ったのか不明。今年は見ることも香りに出逢うこともなく終わりそうだ。昨日、「有料老人ホームの食事事情」を少し書いた。高級なホームではない、ランクからしたら普通以下の有料ホームかもしれないが、食事代(人件費は別)としてまあまあの費用を払っている。このご時世なので今年から3000円値上げされた。当然のことだし、私としてはもう5000円くらい多くして食材に良いものを・・と思うけれど、家族が負担している人も多いから、そうはいかないようだ。内容は、三食とおやつ付。いずれも一汁三菜、朝は一汁二菜にふりか...楽しみは食事だけ・・その食事事情

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、KUMIさんをフォローしませんか?

ハンドル名
KUMIさん
ブログタイトル
KUMIの句日記
フォロー
KUMIの句日記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用