searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

shunさんのプロフィール

住所
東京都
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
玉川上水日記
ブログURL
http://kaeru-tama.jugem.jp/
ブログ紹介文
この日記を読むだけで、宝くじが当たった!病気が治った!恋人できた!などの報告が多数寄せられています。
更新頻度(1年)

120回 / 365日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2010/09/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、shunさんの読者になりませんか?

ハンドル名
shunさん
ブログタイトル
玉川上水日記
更新頻度
120回 / 365日(平均2.3回/週)
読者になる
玉川上水日記

shunさんの新着記事

1件〜30件

  • 嫌悪感の正体

    ▼昼は、タコの炊き込みご飯を炊いた。おこげを作りたかったが普通に炊けてしまう。おこげあっての炊き込みご飯なのに。水分が多すぎたのかな。しかし、初めからうまくいくのも案外つまらないもの。よしよし。次こそは、おこげを。夜は、余った炊き込みご飯を

  • 選択的夫婦別姓

    ▼賢いちゃん!Dogs. pic.twitter.com/ai5N6uc4g3— Helena Morrissey DBE (@MorrisseyHelena) November 13, 2020きちんと引き出しを閉めて完全犯罪

  • 北川景子になったけれど

    ▼新規感染者が続々、増えている。 アメリカではトランプ大統領がマーク・エスパー国防長官とCISA(サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁)のクリス・クレブス長官を解任した。今までも解任は多かったが、これからさらに解任や辞任が

  • フランス料理

    ▼新型コロナの感染者数が増えてきた。製薬企業ファイザーに続いてモデルナでも、新型コロナに対して有効な臨床結果が出たと発表された。ニュースを見たらNETFLIX(動画配信)とZOOM(ビデオチャット)の株価が急落し、旅行、飛行機、ホテルなどの

  • 同じ経験をしても

    ▼おにぎり君というあだ名の力士がいる。関脇の隆の勝。  力士は土俵に上がったあと、塩を撒き、気合を入れ、体を拭いてから取り組みにのぞむ。体を拭いたタオルは呼出といわれる世話係に渡す。力士によって渡し方が違う。放り投げるよ

  • 蟲毒

    ▼暖かい布団を出した。以前もらった匂い袋のようなものを入れておいたので、布団に独特な匂いがついた。良い匂いではあるのだけれど、人の家の布団で寝ているような落ち着かない気持ちになって寝つきが悪い。 Amazonプライムで配信されてい

  • 新しいスーパーに行くんだ

    ▼チラシが入っていたので、駅近くのスーパーまで遠征。新しいお店へ行くのは楽しいな。スーパーのいいところは一見さんでもまったく問題がないところ。以前、友人A子がライブに行ったところ、ある曲になると周りの観客が同じ振りで踊り出した。A子は踊りに

  • 小さいおじさん

    ▼医療関係の本を読んでいた。 もうだいぶ前になるけど、心霊番組で芸能人が怪談話をしていたときのこと。その芸能人が誰かは忘れてしまったけど、中年の男性だった。彼は「小さいおじさんが見える」と言って笑いをとっていた。その話がうけたから

  • テレビショッピング

    ▼プレミアムフライデー。それは上司の家に放火しても、あまり怒られない日。そしてハロウィンも終わり11月が来た。 今年のハロウィンはコロナのこともあり、扮装をして渋谷に集まった人は少なかった。そもそもテレビが取りあげなければ人は集ま

  • 少女漫画の男キャラ

    ▼カカオ72%の『ブラックサンダー』を食べる。『ブラックサンダー』って雑な感じのお菓子だと思っていたのに、カカオがたくさん含まれた高級チョコレートみたいなバージョンも出ていたのだな。高級な駄菓子のような、よくわからない気分になる。味は、甘さ

  • オリジナリティ

    ▼栗の渋皮煮、シュークリームを頂く。盆と正月が一緒にきた。ほほほ。甘し甘し。 上から3番目の伯母からスナネコの写真が届く。かわいや。新聞を切り抜いたものだった。写真などネットにいくらでもあるのにと思うが、伯母はそういうことも知らな

  • 変に同情しない

    ▼今年初のおでん。おでんにウインナーが入っていると、それだけで幸せな気分になる。幸せの閾値がまだまだ高い。「おでん」の「おで」を聞いたぐらいで白目をむいて卒倒するようでないと。何かのクスリをやってるのかも。   

  • その先の世界

    ▼友人に子供が生まれた。めでたし。 図書館に行けば貸出しカードは小箱のようなものに入れて受け渡しされる。スーパーのレジは透明なシートで覆われ、現金はコイントレーに入れるので直接手渡しすることはなくなった。店の入り口には消毒薬が置い

  • 観察

    ▼いつの間にか冬のような寒さ。去年買ったカーキ色のジャケットをはおり、玉川上水を散歩した。玉川上水は場所にもよるが狭い所は道幅が3、4メートルもない。散歩やマラソンをする人でそれなりに混雑していた。正面から立派なシェパードを連れたモデルのよ

  • 記者会見

    ▼頂き物のシャインマスカットが今日で尽きてしまいそうだ。ああああああ、なんということでしょう。美味しかったシャインマスカット、君のことは忘れない。葬式を出してあげたほうがよいかもしれない。しかし、あれだな、あの美味しさに慣れてしまうのは危険

  • ブドウ

    ▼シャインマスカット、巨峰、よくわからない赤い奴、の詰め合わせを頂いた。よくわからない赤い奴が一番好きな味だった。よくわからない赤い奴を検索したらクイーンニーナという新品種らしい。検索して驚いたのだけどブドウって高級品なのだな。当たり前の顔

  • 白井は白井

    ▼ドイツでは、コロナで生活が苦しくなった芸術家へすみやかな給付がおこなわれた。最短では申請して2日後にはお金が振り込まれたという。それについてのジョークを見かけた。「ドイツが芸術家への支援をすばやくおこなったのは、美大に落ちたやつをほっとい

  • 初秋

    ▼あまり天気がパッとしない四連休。雨が降ったりやんだりだった。 ツバメが低く飛ぶと雨が降るといいますが、あれは湿度が高いと昆虫の体に水滴がつくからだそうで、昆虫は身が軽いため大きな影響を受けてしまい高く飛べなくなる。昆虫が低く飛ぶ

  • おぐじい

    ▼給排水管取替工事でのあれやこれや。取り替えたはいいものの調子が悪い部分もあり、いろいろ長引いている。 トイレの室内には手洗い器(画像はTOTOのサイトから)がある。手洗い器と排水パイプ(左側のパイプ)をつなぐパッキンの辺りから水

  • 一番上の伯父のこと

    ▼わけありリンゴを買ったら美味しかった。ほほほ。大きさも程よく、まったく傷んでもいない。わけあり部分がまったくわからない気味の悪さ。何か深刻なわけが潜んでいるのだろうか。食べるとペンギンにしか欲情しなくなるとか。マニアックな性癖。震えている

  • 前置きの日

    ▼この秋、初めてのリンゴ。酸味はあれど美味し。そして恒例の湿気った海苔を再利用した佃煮を作った。まだ湿気った海苔が山ほどあるわけで、一生食べ続けられるのでは。湿気った海苔で生きていく。 親戚からもらった大量の青汁(粉)を発見した。

  • 懐かしい感じ

    ▼占いはまったく信じないが、雑誌の占いコーナーは読んでしまう。季刊の雑誌だったのかもしれないが、今期の私の運勢は「浮上の見込み無し」と書かれていた。オヨヨ。今期て。なんですか、4月1日から翌年の3月31日までか。期間、長すぎないか。水底で溺

  • レーザーディスク

    ▼暑かったり、寒かったり、暑かったりで地球に弄ばれている。伊勢湾台風と同程度の台風が来るらしく、ベランダの植木を部屋に入れたりして準備した。災害の多い年よ。平安時代だったら今年だけで3回ぐらい遷都しそう。遷都するなら夏の間は北海道、冬の間は

  • 八つ当たり

    ▼夢を見た。壺をこすると、なんでも願いを叶えてくれる魔人が出てくる。魔人は中年のくたびれたおじさんで、服もヨレヨレでサイズが合っていない。魔人は「魔法でなんでも願いを叶えてあげます」というのだけど、私たち(3人ぐらいいた)は願いに興味がない

  • 眉山

    ▼今日はプレミアムフライデー。ドドドドド、ガガガガガ、ギュイーンギュイーンで給排水管交換工事5日目終了。管の交換は終わり、明日からは下地復旧に入る。騒音から解放されそう。 冷凍の枝豆を食べたら、思いのほか美味しかったのでプレミアム

  • 堪え忍ぶ日々

    ▼今日は気温が34度なので過ごしやすかった。そう書いてハッとしたが、感覚がバカになっているのでは。「今のダンナ、顔は殴らないし、ギャンブルはしても子供の給食費までは持ってかないからすごく優しー!」ってのと同じような。気がふれている。というか

  • マラソンと工事

    ▼24時間テレビが放送されていた。オリンピックはコロナにやられたが、24時間テレビは生きのびた。恐ろしい子。あの番組をとめるにはどうしたらいいのか。 今年はマラソンランナーのQちゃんこと高橋尚子さんが募金ランをやるので話題になって

  • 日傘

    ▼野球は中日ドラゴンズを応援している。スタートからビリで「今年も駄目だ! 来年に切り替えていく!」と早々に見捨てたものの、観ていない間にいつの間にか3位になっていた。私は信じていたぞ。今年こそクライマックスに出場して優勝だ! コロナで試合数

  • 生類憐れみの令

    ▼「なぜ兎は一羽二羽と数えるのか」というクイズ。ま、一匹二匹とも言いますけどー。答えは次の次の段落で。   ▼光陰矢の如しで八月も半ば。お盆休みも終わった。ゴリラ部長は、今年はコロナを言い訳に奥さんの実家に帰ら

  • 左手ダイエット

    ▼浜松で41.1度、国内での観測史上最高気温に並んだ。ちなみに過去最高(41.1度)は熊谷とのこと。やっぱり! 以前の会社では夏に熊谷出張があった。問題を起こした社員がいると「あいつは熊谷送りにするしかない」と言い合っていた。熊谷

カテゴリー一覧
商用