searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

しげじさんのプロフィール

住所
京都府
出身
左京区

デジカメで京都のどこにでもあるような景色を撮り歩いています。 カメラをぶら下げて、カブでとことこと路地を走り、たまには遠出もしています。 ペーパークラフトはポーランド製の船舶を中心に作成していますが、のんびりペースなので、完成まではかなり時間がかかっています。

ブログタイトル
ペーパー写楽
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/shigeji8888
ブログ紹介文
趣味のカメラ、カブ、ペーパークラフトで遊んでます。
更新頻度(1年)

347回 / 365日(平均6.7回/週)

ブログ村参加:2010/07/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、しげじさんの読者になりませんか?

ハンドル名
しげじさん
ブログタイトル
ペーパー写楽
更新頻度
347回 / 365日(平均6.7回/週)
読者になる
ペーパー写楽

しげじさんの新着記事

1件〜30件

  • 船舶モデルAdmiral Graf Spee-フリーのペーパークラフトを作る-その3

    今回は船体側板と甲板の工作。しかしまあ、手順とか何も無いため、考えることしきり。頭の体操になっていいです。ゲーム機で脳トレをやるよりいいかも。今までの作成過程はこちら手順をあれこれ考えた結果、船首と船尾の部品を先に取り付けたほうが良いみたい。側板は船首部分をドライバーでカーブを付けておいた。船首側左右を貼り、歪まないよう重しを載せて1時間ほど放置。船尾側も同じように左右貼って全体に重しを載せて1時間放置。メインの壁の貼り付け。このとき取り付ける部品ののりしろにボンドを付けるのではなく、甲板に描かれたガイドラインの内側にボンドを付けたほうがやりやすい。一つの角度ずつやれば簡単。加工がかなり難しかったですけど、何とかここまで出来た。さて、この後が難読の連続。印刷物とにらめっこして、頭の中の空間で組み立ててから、実際...船舶モデルAdmiralGrafSpee-フリーのペーパークラフトを作る-その3

  • 京都市内は暑い暑い

    昨日は仕事を昼過ぎに終えて外に出てみるとムーっと暑い。紫外線がバシバシと体にあたる。ビタミンDの補給補給っと。うだるような暑さとはこのことか。紫外線がビルのガラスに反射して二重に襲ってくる。ビタミンDの補給補給っと。以外にも鴨川の木陰に座ると心地よい。帰宅して家に入り一箇所の窓を開けると、ヒューヒューと風が飛び込んでくる。涼しいです。しかし、一箇所の窓でなぜこんなに風が入り込んでくるんじゃ?2階に上がって窓を確認してみるとフルオープン。数日前からフルオープン。まあ、これだけ開けっぴろげだと、泥棒も家に誰かいると思っていたのかも。京都市内は暑い暑い

  • いけず石-パート2

    普段よく通っている道でも、「いけず石」を意識して走ってみると、あちこちにある。「ありゃま~、こんなところにもあったんですね」と驚いてしまう。毎日自転車で通過している四つ角にありました。けっこう大きいです。ここにも遠慮がちに置いてある。ご丁寧に「いけず石」の上に植木鉢。楽しい車がまた停車していた。店主の言っていたとおり、キャラクターが前回と変わっている。そのお店の壁に「ひょっこりはん」のようなものが顔を出したりしている。どういう仕組で動いているのか分からない。今度、店主に会ったら聞いてみる。路地に入ると大きな「いけず石」に頻繁に出会う。こうやって探してみると面白い。今度は「いけずババア」か「いけずジジイ」を探してみる。ここに一人いますけど。いけず石-パート2

  • いけず石

    京都には「いけず石」が町のあちこちにあったりする。昔の名残で壁を守るためとか軒先を守るため、さらに鬼門除けのための石だったかもしれない。ただね~、今となっては車で曲がるときとかは死角になり、ボディー下をこすったりする。本当にいけずな石である。で、自転車通勤のときに行けず石を撮ってみた。これは壁を守るためですかね。この道は細くて、車同士がすれ違うのが困難なところ。さらにこの石のために離合不可となってしまっている。蹴飛ばしたろか。ここにも置いてある。大きさや高さが半端なのである。車からの死角にならないように、もっと高さのある石か、どでかい「いけず岩」にしたほうが良い。鴨川で見つけたコブシの実。この形から「こぶし」という名が付いたんでしょうかね。家にもシュウカイドウが咲き始めた。可憐な花である。さて、自転車で町中を散...いけず石

  • 船舶モデルAdmiral Graf Spee-フリーのペーパークラフトを作る-その2

    感動しながら印刷したAdmiralGrafSpeeを作ってみることにした。いままでの過程はこちら底面フレームの貼り合わせ。中心部にキールが通るため分割して接着。キールは交互に折りながら底面に接着し、上から各コマを接着。ボンドはたっぷりと付けて、接着してから微調整ができるようにする。甲板は最後部から接着し、3ページ目の中央にある壁面を接着。船首の甲板を先に接着してから中央部の甲板を接着。実船の画像を見ると、このように中央甲板が庇のようになる。さて、船体側面をどのように取り付けるか少々悩みます。船舶モデルAdmiralGrafSpee-フリーのペーパークラフトを作る-その2

  • コロナ退治に角大師

    昨日、檀家となっているお寺さんに行くと、角大師の護符を分けて戴いた。ちょうど京都新聞のジュニアタイムズに漫画で紹介されていてタイミング的に驚いた。護符の入った袋には以下のように書かれていた。元三大師(角大師)元三大師とは正月3日に入滅した比叡山十八代天台座主慈恵大師良源大僧正です。「比叡山中興の祖」また「西教寺再興の祖」として学問、人材育成等に力を注いだ優れた大師です。その一方「角大師、降魔大師」という疫病よけ護符や「観音百籤」のおみくじ等で祈願し民衆を救いました。西教寺では毎年正月二日、三日の元三大師の命日に法要をつとめています。古来より元三大師信仰が厚く、江戸時代(寛政二年)の角大師の護符の版木があり、ご利益のある護符として受け継がれてきました。正月二日、三日総本山貫主大僧正がご祈祷なされた「角大師護符を各...コロナ退治に角大師

  • 梅雨明けに名水求めて若狭へ

    お米の美味しいところは水が良い。自分は新潟、富山、福井のお米が好き。富山に行ったとき、入善の名水を持って帰りましたけど、その水もすこぶる良い。コーヒーの味が一段とよくなり、まろやかな香りと味になる。で、近くの名水といえばいつもの若狭瓜割。梅雨明けの青空を見ながらドライブ。青空が広がると鯖街道にバイクの季節がやってくる。いいですね~。バイク乗りの方のマナーは最高に良い。木陰のところだと28℃前後。エアコンはつけず、窓をすべて開けて走るのが気持ちいい。いつもの若狭瓜割。土日は営業している喫茶店とかの方がいなくて、意外と空いている。ここの水も富山の黒部や入善の名水に負けてはいない。売店には野菜も売っている。今は野菜高騰なのに、安いです。売店のお勧めはお豆腐。美味しいですよ。名水の流れるところ、冷風も流れる。梅雨明けの...梅雨明けに名水求めて若狭へ

  • 船舶モデルAdmiral Graf Spee-フリーのペーパークラフトを作る-その1

    ペーパークラフトを作り始めた頃、すごくいいサイトが有り、ダウンロードしていたのですけど、そのファイルが行方不明となり諦めていましたが、なんとそのサイトが復活?しているではありませんか。素晴らしいモデルばかりで、当時びっくり仰天していたことを思い出す。そのサイトがこちらいやあ~素晴らしいです。直訳するとこのように書かれています。このウェブサイトは、偉大なモデラー、ファブリツィオプルデンツィアーティの作品へのオマージュです。すべてのモデルは、ウェイバックマシン、ビング、ダックダックゴーゴー、グーグルの奇妙さを利用してインターネットを掘り起こして収集されたものです。警告!このサイトに表示されているすべてのモデルは、ファブリツィオプルデンツィアーティのオリジナルの作品と所有物です。無料でダウンロードして、個人使用のみに...船舶モデルAdmiralGrafSpee-フリーのペーパークラフトを作る-その1

  • NorthCrownメカニカル式のテンキーは仕事で使いやすいです

    テレワーク用に2300円で買ったテンキーなんですが、使い心地がすこぶるいい。このテンキーに慣れるとやめられない。で、このテンキーを会社に持っていって入力作業。はかどります。事務所で音が少し響きますがお構いなし。オカマいなし。こうなると東プレかFILCOが欲しくなってくる。この前、マツコ・デラックスでやっていましたけど、メカニカルキーボードも欲しくなる。気分を良くして昨日もご出勤。ただ、明け方の大雨で高野川も濁流。七月雨を集めて早し高野川。大文字山にも雲が漂ってました。御池通り東洞院あたり。京都は観光バスもなく静かです。NorthCrownメカニカル式のテンキーは仕事で使いやすいです

  • 仕事が2日続くと疲れます

    2日連続の自転車通勤で朝9時から夕方5時半までのお仕事。慣れないことをやると疲れます。入力作業をやっていると途中で眠たくなり、USBの扇風機で何とか我慢。で、出勤時はワルナスビに笑われたりする。「あんたのほうが悪いんとちゃうか」と言われているみたい。ヒルガオも河川敷の道に咲いている。朝は雨が降りませんでしたけど帰りが心配。天気予報では昼から雨。仕事の心配をするより雨の心配をしながら職場へ。帰宅時は残念ながら予報通り雨。梅雨明けはまだですか~。仕事が2日続くと疲れます

  • フリーのペーパクラフト-単葉機-POTEZ 36-13を作ってみる-その3

    いよいよ完成間近ですかね。今回は主翼前方にあるフラップとプロペラ関係の組み立て。今までの作成過程はこちらこの機種は前方にもフラップが付く。どういった仕組みなのかは分からない。エンジンの組立。OHVのロッドは細かすぎるのでやめておいた。フラップとプロペラを付けて完成としました。フランスらしい可愛らしさがある。縁取りの赤がいい。今まで作った同縮尺サイズの飛行機と並べてみた。さて、次は何を作ろうか迷っている。やはり船舶ですかね。フリーのペーパクラフト-単葉機-POTEZ36-13を作ってみる-その3

  • アルトワークスで枚方市

    昨日は枚方市へ資料を受け取りに行くお仕事。枚方市(ひらかたし)なので(まいかたし)と読まないように。そうでないと「ひらパー」が「まいパー」になってしまう。折りたたみ式のケースを3箱積んでお昼の12時過ぎに出発。第二京阪道路沿いの道を木津川を過ぎたあたりまで走る。ただね~この高速沿いの道は信号がズタズタ。青になって少し走ると赤信号。京都府警の交通課は信号のシーケンスで遊んでいる。スムーズな交通形態を全く意識せず、とりあえず止めて止めて事故を防いでいるだけ。頭がどうかしていると思う。正直言ってアホの集まりです。木津川を過ぎたあたりから1号線を走ることにした。空いてますやん~。ウン十年ぶりの洞ヶ峠。交差点の隅っこで筒井順慶が日和見をしているかも。1号線から307号線へ右折した。宮之阪って本当に坂なんですね。市役所前の...アルトワークスで枚方市

  • アルトワークスでYKKセンターパークとトンテキの八角さんへ

    雨降りで立山や黒部トロッコ方面には行かず、息子さん夫婦の案内でYKKセンターパークに行くことになった。魚の駅生地からすぐのところにある。広大な工場の敷地の中にセンターパークがある。ファスナーやアルミサッシが展示してあるところに入ってみた。検温とマスク着用で受付を済ませ、撮っていい場所と撮っては駄目な場所の案内もあった。こちらは撮っていい場所。可愛くメルヘンチックに展示されていたりする。これは撮って良かったのか忘れてしもた。ファスナーの歴史や仕組みが丁寧に展示してあり、見ていて面白い。ただ、コロナウィルスの関係で普段触れることができるものも駄目になったりしている。記念撮影。広大な敷地には芝生が敷き詰められている。何だか抹茶のキットカットみたい。というより、ファスナーを模していると思われる。もう一つの建物はカフェに...アルトワークスでYKKセンターパークとトンテキの八角さんへ

  • アルトワークスで魚の駅生地と入善名水

    滑川市は道路の街路樹が綺麗で公園も多い。そんないい道なのに歩いている人や自転車、バイクを見かけない。完璧なほどの車社会になっている。静かでいい街です。夜は息子さん夫婦と一緒に魚津にある「お気軽寿司小政」さんに行った。新鮮ですごく美味な魚介類のオンパレード。きつい雨が降っているのにお客さんが絶えないのは分かる気がする。店前には家族連れも雨の中、何組か待っている。コースで最後に寿司が出てきた。お腹いっぱいになりました。これでお一人様3千円は安いです。息子さん夫婦と別れて、自分たちはルートイン魚津で宿泊。大きな人工温泉施設があるのでここに決めた。連休中なので朝食付きでお一人6000円ほど。受付で支払いを済ませ部屋に上がろうとしたら、「あれ?領収書はいらないんですか」と言われた。「今、GOTOキャンペーン中ですから宿泊...アルトワークスで魚の駅生地と入善名水

  • アルトワークスで富山県滑川へ

    4連休初日はコロナの感染者増を顧みず、富山の息子さんに会いにいった。あいにくの雨。道の駅追坂峠で休憩して敦賀インターから高速に乗った。尼御前SAで休憩。GOTOキャンペーンのおかげなのか、駐車場はほぼ満杯の状態。途中の南条SAはグルメが人気なのか、満車で入場規制がされていた。東京の人には悪いですが、他地域は元気を取り戻しております。夜の街というドスケベ~の若者が原因でGOTOが外れてしまった東京の方、残念でした~。尼御前あたりは雨もやんでいて、砂浜には泳ぐ家族も見られた。気温は22度くらい、見ているだけでも寒い。滑川ICに到着。降りてから近くのガソリンスタンドへ。走行距離は317km、ガソリンは12.31リットルで1526円。高速代金2850円。2名で4376円で滑川まで来ることができました。滑川と言えばほたる...アルトワークスで富山県滑川へ

  • フリーのペーパクラフト-単葉機-POTEZ 36-13を作ってみる-その2

    簡単かと思っていたボディはかなり難しかった。今回の飛行機は寸法がすこし曖昧なところがあり、仮組みしてからの作業が多くなる。主翼の組み立て。カーブのガイドとなる部品を接着。位置をしっかりと決めてから接着。主翼の支柱を組付け。支柱の内部には手芸用の紙巻き線を使った。車輪の組付け。今回は半田付けは行わず瞬間接着剤を使用。尾翼の取り付け。赤くて可愛らしい機体です。さて、あとはプロペラや翼の先端の細かい処理が待っている。フリーのペーパクラフト-単葉機-POTEZ36-13を作ってみる-その2

  • フリーのペーパクラフト-単葉機-POTEZ 36-13を作ってみる-その1

    複葉機を2機作ってみると楽しくなってくる。ケースは百円ショップで売っている400円のものに入れてみた。でも、まだ空きスペースがある。さらに2段にすると、もっと飾れるようである。で、今回色合いを考えて赤色の単葉機をつくってみることにした。ダウンロードサイトは先に作った2機と同じところ。詳しくはこちら印刷はクラフト用紙2枚。ただ、エンジンとかを考えてコピー用紙にも印刷しておくと良い。学校工作用紙にフレームになる部品を木工用ボンドで貼り付けてからカット。切り抜いたあとは、角度が付く箇所をカッターナイフで軽い切込みをいれておく。どこに角度が付くかは部品番号20を見ながら行う。よ~く形を考えて逆に取り付けないように接着。頭の体操になる。S2の部品がどこに付くのか考えることしきり。S2の部品は無視して先に進んでみた。どうも...フリーのペーパクラフト-単葉機-POTEZ36-13を作ってみる-その1

  • 楽しい車

    仕事帰りに自転車でよく通る道。ある車に会いたくて通ったりもする。でも、その車は忙しくて駐車していることはマレ。やっと会えました。写真を撮ろうとすると店主さんがちょうど現れた。「写真撮っていいですか」「良いよ~、たくさん撮ってね」腕が出ているところが良い。運転席に座っている方の名前はわからない。誰ですかね~。たぶん有名人だと思う。こういった顔立ちはジャニーズで見飽きているから興味がわかない。助手席は千鳥。店主さん「色々な方のバージョンを作っているから、また見に来てね~」愛想のいい店主さんで話をしていても楽しい。この道を通るときの楽しみが増えた。楽しい車

  • 遅ればせながらエアコン始めました

    我が家は京都市内と言っても山の麓で比較的涼しい。この夏も長雨でエアコンを点けたことが無かった。窓を開けていれば丁度いい風が入ってきて心地よかった。でもね~、昨晩は無風で蒸し暑く、昼間の35度の気温せいか、家全体が熱くなりムンムン。エアコン始めました。涼しいでございます。しかし慣れないせいか、ポンポンが痛くなってきた。昨日は滋賀県へ荷物の受け取りのみの仕事。比叡山の山中越えは涼しい。窓全開で走ると爽やかさも感じる。大津市に降りると熱気ムンムン、普段、車のエアコンをほとんど点けないのですが、ONしました。エアコン始めました。しかし慣れないせいか、ポンポンが痛くなってきた。遅ればせながらエアコン始めました

  • NIKON D300sに55-200mmのレンズを付けて府立植物園-その2

    京都府立植物園には蓮を鑑賞できる場所が3箇所ある。一箇所目は一番北側にある大きな植木鉢で育てられた蓮。清楚です。遠慮がちです。こちらを通ってさくら園の中にある蓮池さんにいってみる。群生していますけど、池の中央に咲いていて遠かったです。また木陰で休憩。シマタニワタリノキ休憩をしたあと、球形の花はすごく可愛らしく見えた。バラ園を通過。派手な花のところも通過。一番東側にある紫陽花園の中にある蓮池さん。蓮は高貴な感じがします。なにか近寄りがたいような。あ~あ、レンコン食べたい。NIKOND300sに55-200mmのレンズを付けて府立植物園-その2

  • NIKON D300sに55-200mmのレンズを付けて府立植物園-その1

    晴れ間が出てきたので植物園に行ってみた。アオイ科のタイタンビカス大きくて派手。同じアオイ科のモミジアオイシソ科のハナトラノオ暑くて暑くて、木陰のあるところに避難。久しぶりに熱中症になるのではないかと思った。睡蓮のところに来てみると珍しくキイトトンボに出会った。暑くてまた瓢箪のところで休憩。続きは後日。NIKOND300sに55-200mmのレンズを付けて府立植物園-その1

  • フリーのペーパクラフト-複葉機-Nie-17 "Lou Camel"を作ってみる-その3

    ほぼ出来上がってきたLouCamelも、あとはエンジンやプロペラを付けるだけ。これまでの作成過程はこちら実機のNie-17の画像を見ると、エンジンの基部のオレンジの箇所がかなり出っ張っていたので、真似るように厚紙で細工した。エンジンの各気筒はコピー用紙に印刷してから丸める。丸めるときに指がつりそうになる。カウルを外した状態として、プロペラを付けることにした。機銃の取り付け。尾翼のエルロン操作用の張線の取り付け。これで完成ですかね。格好いいです~。張線を追加したROTHMANSと並べてみた。次はどれにするか、またこのサイトからダウンロードしてみようと思う。フリーのペーパクラフト-複葉機-Nie-17"LouCamel"を作ってみる-その3

  • 寂しい祇園祭の山鉾の町家を歩いてみた

    昨日、本来ならば宵宮のはずの町並みを昼休みに歩いてみた。布袋山の御神体が展示されている。少ないながらも祭りに合わせた店もある。今年は和を感じさせるマスクやエコバッグが目立っていた。賑わいはありませんが、それなりに雰囲気はあります。祭り囃子も聞こえずでございます。人形もマスク姿に。さすがに仁丹看板の将軍さんにはマスクは描かれていない。霰天神山にお参りすることにした。御前神さまがおられた。神妙に拝ませていただいた。ちまきをゲット。最後に占出山へお参り。毎年、ここには山を飾る緞通などが展示されているが、今年は寂しすぎます。幸い、神功皇后さまのところは開けられていたので、無事お参りすることができました。今年は葵祭、祇園祭、時代祭と京都の三大祭が縮小して行われ、何だか季節感が無くなった気がします。寂しい祇園祭の山鉾の町家を歩いてみた

  • アルトワークス5AGSでワークマンと滋賀県庁

    このところ4万キロを越えたワークスの調子がすこぶる良い。何だか一体感が増してきた感じ。車の重さで搖さぶられることは全く無く、軽さの良さが際立ってきている。吸い付くようなハンドリングて運転そのものが楽しい。で、昨日は滋賀県庁までドライブお仕事。滋賀県庁へ行く前に、防水が切れてきた合羽を買いにワークマンへ。大原を越えて和邇インターから雄琴インター。雄琴駅に電車がやってきた。ワークマンで買ったのがこれ。軽くて涼しい感じがした。これで雨の日の自転車通勤も安心。また雄琴インターから南方面に乗った。皇子山で降りればいいのに慣れた比叡山のところで降りた。滋賀県庁が見えた。無事、荷物を積み込んで事務所へ。細い道を通り圓城寺の交差点。運転が楽しい山中越。京都市内の道は車が多いです。事務所は街なかで車を停めるのに気を使う。幸い?祇...アルトワークス5AGSでワークマンと滋賀県庁

  • 雀と一緒に雨宿り

    一昨日は雨ニモマケズ風ニモマケズ自転車通勤。朝は小ぶりで問題はありませんでしたが、帰りは土砂ブリブリ。途中で雨がきつくなったので府立大学近くのベンチで雨宿り。防水の効かなくなった合羽はシャツに冷たい雨が染み込んでくる。木立の中のベンチは葉っぱが雨除けとなってあまり濡れない。ふと左側を見ると雀も一緒に雨宿り。犬には吠えられ、猫には逃げられる自分であるが、鳥だけは近寄ってくる。鳥にとっては自分が大木に見えるのか?スズメ「ウドの大木に見えてます」雀と一緒に雨宿り

  • フリーのペーパクラフト-複葉機-Nie-17 "Lou Camel"を作ってみる-その2

    ボディが出来たので、次は翼関係。これまでの作成過程はこちら主翼にドライバーの胴の部分でカーブを付けてから、補強と形を整えるための部品を接着。下翼との支柱を立てる。ボディとの支柱の位置に千枚通しで穴加工。後ろの三角形の支柱は、長さが足りないように思えるため、後で角度調整用の厚紙を入れた。主翼とボディの合体。写りが悪いですけど、張線は手芸用紙巻ワイヤー#28か#30の白を使っている。Amazonで200本入500円程度で買える。それを100円均一の筆ペンで黒く塗る。大まかな位置でカットしてから長さを微調整。最初、コンパスのようなデバイダーを使っていましたけど、こちらのほうが早くて楽。両端に瞬間接着剤のゼリータイプで接着。瞬間接着剤はLOCTITEが一番使いやすい。下側の翼を接着。車輪も付けた。車輪がぐらつかないため...フリーのペーパクラフト-複葉機-Nie-17"LouCamel"を作ってみる-その2

  • DAHON K3とROUTEで田中神社にお参り

    昨日は久しぶりに雨の降らない日。自転車で田中神社にお参りすることにした。いい天気とは言い難いです。お墓参りを無事に済ませた。一乗寺の線路沿いを走る。おやまあ、線路沿いにお地蔵さんがおられた。今日もひえいに会えました。田中神社到着。御祭神:大国主命田中神社は全国の田中さんの祖とも言われている。きちんとお参り。玉栁稲荷神社にもお参り。お目当ての孔雀さんに会えた。境内に孔雀がいる神社ってここぐらいだと思う。前部で3羽いましたけど、以前見た白い孔雀は見当たらなかった。どうしたんでしょうかね。卵が先が孔雀が先か。帰りは京大農学部の中を通った。陽がさし始めましたけど、木陰は涼しいです。北白川の疎水で休憩。シトロエンちゃんは健在でした。一乗寺下り松の交差点で交通事故があったみた。救急車の向こうに黒い車が停まっていて、バンパー...DAHONK3とROUTEで田中神社にお参り

  • トイレが直りました

    土曜日の午前9時に予約をしていたら、9時10分前ぐらいに来はった。雨がきつく降っている中、9時まで車の中で時間つぶしをしてはる。「トイレの修理の方ですか」「どうぞ入ってください」で、修理開始。リモコンの発信部をタブレットで確認。あ~そういえば、赤外線信号が出ているか、スマホやタブレットのカメラで確認できるのを忘れていた。「こうやれば簡単に信号の確認ができるんです。リモコンは正常で受信部の故障と思われます」「お願いします。ついでに電源ランプのチカチカも直しておいてください」作業はテキパキ。手洗い部を外し、タンク本体を外すと、色々な基盤が付いている。タンク側に付いている受光部の部品をチャッチャと取替。受光部は新しい部品になりました。電源のチカチカも直りました。リモコンで何度もテストをやって修理完了。20分ほどで作業...トイレが直りました

  • フリーのペーパクラフト-複葉機-Nie-17 "Lou Camel"を作ってみる-その1

    この前、SV-4C-Rothmansを作ってみましたけど、並べて楽しみたいため、あと一機作ってみたくなった。ダウンロードサイトはこちらでSV-4C-Rothmansと同じところ。素晴らしいモデルがわんさかとある。印刷はA4クラフト用紙2枚。フレームは1mm厚の用紙に貼り付け、カッターナイフで切る。ボンドをたっぷりと付けて時間をかけて乾燥させた。しっかりと接着できたことを確認。シートを取り付けた。CamelなのでCamelのタバコの上に載せてみた。ボディはフレームに合わせて接着しますが、前部の部品は角度の付いた部分と円形の部分が混在するため、加工はかなり難しい。フリーのペーパクラフト-複葉機-Nie-17"LouCamel"を作ってみる-その1

  • 雨降りはRICOH WG-40をぶら下げて自転車散歩

    もう雲の中にある雨粒はスッカラカンになっているはずなのに、毎日が雨。たまの雨なら気分転換にいいけれど、これだけ降るとしつこく感じる。自分の高血圧に負けないように、太平洋高血圧が日本列島のはるか北側にまで張り出してくれないかと思う。この梅雨時期に持ち出すカメラはいつもこれ。雨に濡れようが、手が滑って落とそうが、全くもって頑丈。手放せない1台となっている。小雨になり自転車散歩開始。松ヶ崎疎水は水が少なく、ジャングルのようになっている。洛北高校前交差点。小さい頃からお世話になっている葵書房さんは今も健在。下鴨本通りから西側の細い道に入ってみた。くねくねとして、行き止まりなのかどうか判断できない道が多い。細い道が交わる箇所に祠が見えた。下鴨松ノ木町地蔵堂で立派な建物に祀られている。出町柳でコーヒー豆を買って、河原で一休...雨降りはRICOHWG-40をぶら下げて自転車散歩

カテゴリー一覧
商用