searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
KJ SKY High
ブログURL
http://jumong007.blog133.fc2.com/
ブログ紹介文
感じたり 考えさせられるセリフが 多いですね
更新頻度(1年)

217回 / 365日(平均4.2回/週)

ブログ村参加:2010/06/01

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ユーモンさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ユーモンさん
ブログタイトル
KJ SKY High
更新頻度
217回 / 365日(平均4.2回/週)
フォロー
 KJ  SKY High

ユーモンさんの新着記事

1件〜30件

  • テバク不動産第13話(2)翡翠のネックレス

    テバク不動産第13話(2)青い塩~翡翠のネックレスインボムとジチョル「何かが変だ。 彼女は目覚めた後にチュ事務長に激しい言葉を投げつけた」「“ケンカ”なのか? あの二人は争ったことはないと思っていたが、何があったのか?」「ホン社長の俺を見る目も変だった」「病気になると人は神経質になるからな。 少し様子を見た方がいい」「…」ジアは病室を出て、チョン・ジウクに会います。(# ジウクは20年前の担当刑事)「...

  • テバク不動産第13話(1)若葉のころ

    ジアは気を失う直前に、インボムにつぶやきました。「オンマルル…。 チュゴッソ…」第13話の前半のシーンを見たところですが、「チェガ チュゴッソ(私が殺した)」と、主語があればもっと明確だったと思います。ちなみに、英文字幕でも(あえて)「Mon was killed.」(母は殺された)」と、by meが入れてありませんでした。(英語では自殺か他殺なのかを明確にしただけでした)ともかく、これまでのセリフ(脚本)・演出からは...

  • テバク不動産第12話(4)記憶の中へ

    テバク不動産第12話(4)オンマの記憶の中へ血痕が残る“1979年”の退魔記録# これまでの”鎮魂儀式”では”霊媒”を含め、誰からも血は流れていません。…顔なし亡霊は通常の儀礼では鎮魂は不可能だが、方法はある。名前のお札を書かずに、霊魂の胸を刺すことは肉体の破損に繋がる。霊魂の胸を刺すことだけが唯一の方法で、それは霊媒の胸をも刺すことである。…心臓を抜くことが唯一の退治法で、卵顔悪霊は霊媒にだけでなく霊媒師...

  • テバク不動産第12話(3)血痕が付いた記録

    (「顔なし亡霊」)テバク不動産第12話(3)血痕が付着した1979年の退魔記録ジアがインボムの実家に来ました。「ハルモニの霊魂はここにいるのか?」「いいえ、安らかに亡くなったわ」「良かった…、あ~、良かった…」「…」葬儀にはお手伝いにとチャンファ食堂のオーナー夫婦も来ました。それだけでなくキム・テジンまでも…。(本当の目的は聞きつけた”覚書”でしょう)「コマスミダ…」お通夜には近所の人々も来てくれたよう...

  • テバク不動産第12話(2)吾唯足知

    (昨年の冬の剪定後に地面に刺しておいただけの枝でした。ミスターリンカーンの小さな花が咲きました)テバク不動産第12話(2)吾唯足知 (われ ただたるを 知る)中部警察署(連行されたヤクザ者たち)「正直に答えろ。 ホン社長が不動産開発に反対しているから、 ト・ハクソンの指示であのような危害を加えたのだろう?」「そんなことは知らない」「何だと?!イ~ッシ!」カン・ハンソク刑事(チーム長)が席を立って、「全...

  • テバク不動産第12話(1)未解決

    (23日の東京の空:オリンピックですね)テバク不動産第12話(1)未解決~さらに前進を…危険を覚悟していた「テバク不動産」のゴーストバスターたちでした。その夜ト・ハクソンと会う前に、ジアはカン・ハンソク刑事に警護を依頼していました。「ト・ハクソンと会っている間、 ホン社長の身を守ってくれと言うのか?」「“鎮魂儀式”が終れば、 ト・ハクソンは私とオ・インボムを殺そうとするはずだからだわ」「ではその儀式...

  • テバク不動産第11話(4)激戦

    (2021.06.30)テバク不動産第11話(4)激戦心配なジチョル「インボムや」「?」「今回の仕事はスキップできないのか? ホン社長に相談して他の霊媒を雇って貰え」「…」「どんな記憶が得られるのか分からないが、 ともかく今回はお前の心がとても傷つくように思える」「…」「ホン社長はこの道10年でとても強い人だ。 彼女なら一人でも何とかするさ」「…」“儀式”の準備「ようやくここまで来たわ、オンマ。 オ・ソンシクの...

  • テバク不動産第11話(3)事前調査

    (ボタン:2021.06.29)テバク不動産第11話(3)夜の事前調査警告か脅しか?チュ・ファジョン事務長の意識が戻りました。電話を受けてすぐにジアは病院へ…。「わ~、来てくれたのね…」「…」「どうしたの?」「…」「心配はないわよ」「…」「アイゴ、本当に心配だったようね?」「怖かったわ。 もう事務長には会えなくなるかもしれないと考えると…」「テバク不動産の秘書役はまだ続くわよ。 契約通りだわよ」「…」「どうしたの…...

  • テバク不動産第11話(2)オ・ソンシクの記憶

    (カンナ:2021.07.18)テバク不動産第11話(2)(インボムの叔父)オ・ソンシクの記憶キム・テジンの本性「あいつを捕まえても何も分からないはずだ。 死んでも会長の名前は出さない」「さすがの戦略だったんだな。 “薄汚れ”を放り出したと思って、気が変になったのかと思っていた」「あ~、オ・インボムを罠に掛けたからきっと信用を取り戻せるだろう。 ソンユや…。 テバク不動産の情報を会長に持ち帰って、 テジン・ナ...

  • テバク不動産第11話(1)証拠がない

    (2021.07.09)テバク不動産第11話(1)立証…証拠がない「オンマ…」オンマが冷蔵倉庫の扉を開け、二人を救いました。オンマの亡霊が消えて…。倒れたジアと朦朧としているインボムを発見したのはジチョルでした。「ホン社長!」「…」「やあ!インボム! インボムや!」「…」二人が目覚めたのは病院のベッドの上でした。「は~、俺たち死んだのか? 死んだんだな…、霊魂になっている…」「何を彷徨っているの? 大丈夫だわよ」...

  • テバク不動産第10話(4)オンマの愛

    # 長崎県・雲仙岳には有名なヤマボウシの大木があります。見ごろは6月いっぱいだとのことでしたが、平地(庭)では6月半ば過ぎには色褪せて散りました。梅雨が明けると植物にとっても厳しい夏がやって来ます。(写真は6月18日の撮影です)テバク不動産第10話(4)オンマの愛~救いの女神となったオンマトハク建設のビルに例のホロスコープとモニターを設置したつもりの二人「会議室、非常階段に会長室の3か所だ。 しかし...

  • テバク不動産第10話(3)二人の過去

    (13日の雲:九州北部は梅雨明けした模様:2021.07.13)テバク不動産第10話(3)二人の20年前の過去のこと朝になって「事務所は今クローズです!」「ドアが開いていた…」入って来たのはカン・ハンソク「イ・ヒョンジュのDNAがマ・カンテのナイフの血痕と一致した。 さらには、 マ・カンテのパソコンからはペ・スジョンさんの写真や動画が発見された。 彼女だけでなく、他の女性の写真も残っていた」「お疲れ様でした」「...

  • テバク不動産第10話(2)帰って来た相棒

    (2021.07.07)テバク不動産第10話(2)帰って来た相棒~二人のケミキム・テジンは好物のおでんの屋台以前の部下が来ました。「会長は元気か?」「…」「俺の奢りだ。食べろ…」「…」次いで、ト・ハクソンの秘書逃げ出そうとするキム・テジンに、「驚かないで。 痛めつけたりはしないわ」「テバク不動産には本当に亡霊が出る。 ホン社長の母親の亡霊だ」「そんなことは聞き飽きたわ。 他に探り出したものはないの?」「…、霊媒...

  • テバク不動産第10話(1)その人の記憶

    (シアターへと急ぎ、主演のコスチュームを着ていたジアでした。 鎮魂の後に霊魂の記憶が残る副反応が原因です。 近づいたインボムは投げ倒されました)テバク不動産第10話(1)その人の記憶~忘れないこと食堂に入って「あ~、腰を打ったようだ」「なぜ後を付けて来たの? あんなことするからだわ」「何か悪いことをしたみたいな言い方だな? 真夜中にまるで誰かでも殺すような勢いで出て行ったからだ」「そんなことも頭に...

  • テバク不動産第9話(4)不条理

    (2021.06.25)テバク不動産第9話(4)不条理を裁くこととは…警察署尋問を始めるカン・チーム長「俺はスジョンに会いに行っただけで、無実だ」(マ・カンテ)「“スジョン”ですって?」(ジア)「お前たちはなぜあそこにいたのか?」「ペ・スジョンさんは私の顧客です」チュ・ファジョン事務長が迎えに来て、ペ・スジョンも少し落ち着きます。そして、「その男です」「え?」「702号室の女性を殺したのはその男です」「前回質...

  • テバク不動産第9話(3)ストーカー

    (ガーベラ:2021.06.25)テバク不動産第9話(3)ストーカー~店長のマ・カンテジアは事前調査終え、帰るとインボムがまだいました「話とは何なの?」「あの日ここである記憶が蘇った。 今まで俺は、 叔父がなぜ亡くなったのか理解できない状態で生きてきた。 しかし、テバク不動産との出会いで初めて道が開けた。 そして、 20年前にここで何があったかを知ればすべてが明確になると思っていた」友達がいないインボムを慰...

  • テバク不動産第9話(2)オ・ソンシクのメモ

    (ジチョルとスジョンはSNSなどで知り合ったようです)テバク不動産第9話(2)オ・ソンシクのメモ今日は初デートまずは花屋そして、待ち合わせのカフェあれこれ話し方や話題を考えていたものの、スジョンの美貌にすっかり気が動転。一方的にしゃべりまくるジチョルでした。「俺の話は退屈だったかな…?」「あ~、オッパ…。 オッパは不動産会社で働いているのよね?」「ああ…」アパートの売却が目下の課題だったスジョンは、早速...

  • テバク不動産第9話(1)2days

    テバク不動産第9話(1)2days~振り返る時間ジアが知った20年前の過去は、オ・ソンシクが放火殺人を犯し自責の念から自殺したという情報。他方インボムは、ジアの母親(霊媒師)が叔父を殺したのではないかと疑っていること。お互いの疑問を伏せたままでしたので、ここで衝突!「出て行きなさい。 もう会いたくないわ」「…」「事務長は既に知っていたのかしら?」「数時間前に知ったわ。 チャン元チーム長から電話があって…...

  • テバク不動産第8話(4)ふたりの衝突

    (芙蓉:2021.06.20@Nagasaki)テバク不動産第8話(4)ふたりの衝突ピョルが去った翌日ピョルの両親が警察を訪ねて、「ピョルは自動車事故ではありませんでした。 フェンスからの落下事故でした」「?」「そのフェンスは私も建設を認めたものです」「目撃証言を得たのですか?」「いいえ。ピョリ本人から聞きました」「え?ピョルが?「私だけでなく、不動産会社のホン社長も聞いています」「“不動産”のホン社長…、つまり“テバ...

  • テバク不動産第8話(3) 噓(うそ)

    (ナンテンの花:2021.06.19)テバク不動産第8話(3) 子供の嘘と大人の差別インボムは事故現場を塩で囲います。そこにピョルの母親が来ます。「オ・インボム…。 あなたが連絡したのよね?」「いや、違う…」「社長さん。 お願いですからピョリの顔を一度だけでも見たいのです」「いいえ。亡霊なのですから見てはいけません」「私は何も恐れはしません。 娘が天国へ逝く前の最期に一目だけです」「…」「どうか私の心を救って下...

  • テバク不動産第8話(2)ランデブーパーク

    (つるバラ・カクテル:2021.06.19)テバク不動産第8話(2)ランデブーパークの夜ピョルという名の女の子の霊「動かないで。 子供の霊が背中まで来ているわ」「何をしているのか?」「顔を確認するまでそのままで…」そこに警備員「そこで何をしているのか?」一緒に来たのはピョルの母親でした。「うちに来たお客様なんです」「ああそうでしたか…。 警備の強化を求められていたので…」ピョルはすぐさに「…(オンマ)」…。声は...

  • テバク不動産第8話(1)顔のない亡霊

    (ヤマボウシ:2021.06.15)テバク不動産第8話(1)顔のない亡霊(英文訳ではegg ghost)ジアの記録庫…黒馬年の3月のこと。首都建設の労働者たちの多くが疫病で亡くなった。そこに現われた“顔のない”男。…黒鳥年の2月のこと。漢陽に顔のない男が現れたという噂が広まってから3日後に、漢陽の南部に大きな火災が発生した。焼失した家屋は2000にのぼった…春も近い白龍年の閏(うるう)2月(#)のこと。慶尚道に卵のように...

  • テバク不動産第7話(4)1979年

    (ドクダミ:2021.06.09)テバク不動産第7話(4)1979年の記録?屋敷を借りる意向がある顧客と一緒にユ・ヨンスンとテバク不動産先に来たインボムが(副作用のために)庭木の剪定をしていました。「やあ、オ・インボム。 いったい何をしているの?」「はっ!」(慌てて剪定ばさみを隠すインボム)「よく育ったわ。 私が生まれた時にアボジが植栽したのよ」「…」「何も変わらないわ。私が年取っただけだわ。 冬は雪ダルマ...

  • テバク不動産第7話(3)思い出の家

    (芙蓉:2021.06.21)テバク不動産第7話(3)思い出の家ユ・ヨンスンが20歳のころ「50年もあの屋敷には住んではいないのですね? 不思議に思っているのですが、 住まないには何か理由があるのですか? しかも、売却は考えてはいませんでしたね?」「…」「テバク不動産を訪問された際にも売却には少し躊躇していましたね?」「投資を目的とするなら売らないのも選択肢の一つではあります」(インボム)「私は…、父がなぜ亡...

  • テバク不動産第7話(2)50年前の人

    テバク不動産第7話(2)50年前からの亡霊?インボムは20年前当時の警察署の元幹部を訪問します。(引退してコンピにの店主をしているようです)「私は叔父の件では、 放火のことも殺人のことも自殺も信じたくないのです」「しかし、それなりの理由があってのことだ。 我々は最初はゴールデン建設ではないかと思った。 地区の開発を決定したからだ。 しかし不思議なことに、 ト・ハクソンがオ・ソンシクの自殺の前に訪ね...

  • テバク不動産第7話(1)ジアと詐欺師たち

    (2021.06.03)テバク不動産第7話(1)ジアと詐欺師たち~詐欺師×4なのか?オ・ソンシクの霊が乗り移ってスーパー霊媒に変身したインボムでした。「アパートをくれと言っている」「そんな馬鹿なことを?!」「アパートだ!」そして、ト・ハクソン腕を折るところ、ジアが落ちていた小刀で縄を切ってインボムにネックレスを付けます。インボムは病院へ「いったい何があったのか?」「大げさに騒がないでよ。 あなたはどこも傷つ...

  • テバク不動産第6話(4)チュ・ファジョン事務長

    (2021.06.06)テバク不動産第6話(4)チュ・ファジョン事務長警察署「犠牲者の遺体がある場所がなぜ分かったのですか?」「知るわけはないでしょう。 私は亡くなった大学生のカップルリングを探しに地下まで降りただけです」「そしてホン・ジアさんが指輪のために壁を壊したのですか?」「それは私の性格もあり、 始めたからには彼に協力しようとしただけです」そこにチュ・ファジョン事務長「話が終ったら、社長を引き取りま...

  • テバク不動産第6話(3)罪と亡霊

    (2021.06.06)テバク不動産第6話(3)罪を犯した者と死者の亡霊チュ事務長は警察から驚くべき情報を得ました。「オ・ソンシクの死後、 オ・ソンシクの母親が甥を連れて故郷に帰った。 その甥のオ・インボムは高等学校を卒業した後にすぐに家を出たから、 彼女は一人暮らしだ」「え?! “オ・インボム”?」「ああ」しかしチュ・ファジョンは、警察から貰った資料を破り事実を伏せてしまいます。「オ・ソンシクの甥の件で警察...

  • テバク不動産第6話(2)物的証拠

    (引き続き菖蒲園より)テバク不動産第6話(2)物的証拠~認められない証言警察にコネを持つチュ・ファジョン事務長「確かにイ・ソンシルさんはチョンハ・ビルを出ているわ。 警察が入手している監視カメラの記録からだわ」「アイゴ~、いったいどこに行ってしまったのか…?」「顔も名前も分かったからには、まずは悪霊を退治しましょう」チョンハビル「霊魂が残り、遺体がないということはどういうことだろう?」「自分の仕事...

  • テバク不動産第6話(1)屋上ベーカリー

    (菖蒲園:2021.06.08@長崎県大村市)テバク不動産第6話(1)屋上ベーカリー&カフェチョンハビルのサウナにも亡霊がいた…。霊気を感じたジアは、「オ・インボム。 ネックレスを付けなさい」「ああ…、社長」地下1階のサウナに向かったジア悪霊退治の後で、まだふらつきながら階下のサウナに降りたインボム「ホン社長…、ここにいるのですか?」そこでジアが大浴場に落ちる音を聞きました。「ホン社長!」「…」「ホン社長! ホ...

カテゴリー一覧
商用