ハンドル名
終生30歳さん
ブログタイトル
逆襲するさらりーまん
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/creativeness
ブログ紹介文
50代にして英検1級・通訳案内士試験合格。しかしまだまだ通過点。あわてず、めげす、マイペース学習記録
自由文
表面的な結果だけに目が向けられ、肝心な中身は、国も会社も全く当てにならない昨今ですが、現実もそれはそれとして、折り合いをつけながらも、あせらず、ゆっくり、自分らしく、日々の少しずつの学習記録、思うことなどを書いていきます。
更新頻度(1年)

15回 / 271日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2010/03/15

終生30歳さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/18 04/17 04/16 04/15 04/14 04/13 全参加数
総合ランキング(IN) 11,911位 12,164位 13,195位 12,726位 12,791位 12,794位 12,769位 956,941サイト
INポイント 0 30 30 20 20 27 27 154/週
OUTポイント 0 30 20 30 9 27 36 152/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
英語ブログ 36位 37位 48位 45位 44位 44位 43位 10,640サイト
英語学習記録 2位 2位 3位 2位 2位 2位 2位 907サイト
今日 04/18 04/17 04/16 04/15 04/14 04/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 33,039位 33,400位 30,658位 29,143位 31,515位 31,519位 32,362位 956,941サイト
INポイント 0 30 30 20 20 27 27 154/週
OUTポイント 0 30 20 30 9 27 36 152/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
英語ブログ 148位 147位 133位 122位 132位 129位 141位 10,640サイト
英語学習記録 10位 10位 10位 9位 10位 11位 11位 907サイト
今日 04/18 04/17 04/16 04/15 04/14 04/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 956,941サイト
INポイント 0 30 30 20 20 27 27 154/週
OUTポイント 0 30 20 30 9 27 36 152/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
英語ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,640サイト
英語学習記録 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 907サイト

終生30歳さんのブログ記事

  • ほんやく検定 結果報告

    1月の下旬に受けたほんやく検定の結果が郵送されてきました。結果は、またしても『不合格』です。今回は試験当日もかなり出来がよかったし、自分の回答を記録に残し、後で読み返してもそれほど変な翻訳ではなかったので、まず合格しているものと結構自信がありましたが、結果は『不合格』。なにが悪いのか自分でもよく分かりませんが、こなれた日本語になっていないことが原因でしょう。7月にまた受験します。ほんやく検定結果報告

  • 最近の学習状況

    朝夕はまだ寒いですが、昼間はだいぶ暖かくなり、だんだん春の足音が近づいてきました。とはいえ、来週はまた寒くなるとの予報ですが。1か月以上ブログの記事が更新出来なかったにも関わらず、たくさんの方々に弊ブログにご訪問頂き、有難うごさいます。言い訳めいていますが、この1か月間、還暦を過ぎた僕の『就活』で色々と忙しく、ブログを更新する時間がありませんでした。最近、大抵の大企業は、『政府の指導』によって、60歳の定年を過ぎても、同じ会社に再雇用という形で65歳前後まで働けるようになってきましたが、僕の場合は以前ブログの記事で書きましたように、65歳までの再雇用の道は選ばず、色々と考えましたがスッパリと60歳で大学卒業以来37年間務めていた会社を辞めました。60歳以上も積極的に雇用を延長しろ、という『政府の指導』や『一億総...最近の学習状況

  • ほんやく検定 受験記録

    昨日、ほんやく検定を受験しました。この試験は時間になったらネットで問題が配信され、回答をアップするというネット試験です。昨年の今頃も受験しましたが、不合格でした。今年も昨年と同じく、英文和訳で、カテゴリーは政治経済です。英文はTheJapanTimesから採ったもので、それほど難しくはなく、アメリカの下院選挙についてでした。今回は画像を150%に設定していましたので、前回のように問題文が小さくてよく読めない、ということもなく、時間も相当余りました。文章は難しくなくてもこなれた日本語になっているかというとまた別問題で、今回も3級にも引っかからないかもしれない。(1級から3級は回答の出来で決められます。)ほんやく検定に合格するのは今年の目標の一つでしたので、合格するまで受け続けます。ほんやく検定受験記録

  • 2019年(第72回)ライスボウル観戦記

    一昨日のことになりますが、東京ドームまでライスボウルを観戦に行ってきました。対戦は一昨年と同じ関西学院と富士通の対戦です。昨年は日大と富士通の対戦だったので、僕は見に行きませんでした。一塁側の関西学院サイドはいつものように青色基調。一方3塁側の富士通はいつものように赤基調です。国家斉唱は新妻聖子さんでした。さてチアガールの応援とともに、決戦の雰囲気はいやがおうでも盛り上がります。しかし、試合の方は、富士通が圧倒的に優位に進みました。一昨年活躍したキャメロンやゴードンという選手は引退しましたが、代わりにLBのニクソン・トラ―ション(186cm、106kg)は4人がかりでタックルしても中々倒れない。またQBのバードソン・マイケル(家の写真の右端の選手)も超大型(195cm、110kg)で、これも簡単には倒れない。富...2019年(第72回)ライスボウル観戦記

  • 明けましておめでとうございます

    皆さん、明けましておめでとうございます。関東地方はよく晴れた暖かい元旦でした。さて、今年の僕の目標ですが、次の3つに決めました。1、自分のやりたいこと、生きがいにつながる仕事に就く。NPOでもボランティアのようなことでも構いません。特に高額な年収はもう食べていくのに必要ありませんので、やりたいことが出来るか、中身重視です。2、ほんやく検定でせめて3級を取る。3、ゴルフのスコア90を切る。あまり高い目標を立ててもどうせ挫折するのは目に見えていますので、今年はこの3つです。本年も宜しくお願いします。明けましておめでとうございます

  • 2018年も大変お世話になりました

    関東地方では、気温は低いですが、晴れたすがすがしい大晦日です。あっというまに2018年も12月31日になってしまいました。最近特に時の流れが速いと感じます。今年の一番の出来事は、大学を卒業して37年間勤めた会社を定年退職したことです。このまま”隠居”生活を送るつもりはなく、現在何か役立てる仕事はないか求職中です。元旦に立てた今年の目標は1、TOEIC950点以上を取る。2、ほんやく検定を受ける。(合否に関わらず、まず受ける。)3、ゴルフのスコア100を切る。でした。1、は忙しさにかまけて受験もしていない。2、は7月に受けましたが不合格3、は1月3日に95を出して目標を88に変更しましたが、今だに95を超えていないので、未達成というべきでしょう。2019年の目標はまた明日の元旦に立てますが、TOEICはもう受けな...2018年も大変お世話になりました

  • 特に何もないクリスマスイブ

    今日はクリスマスイブですね。バブルの頃のクリスマスイブは、ティファニーや有名宝飾店の前は彼女へのプレゼントを買う男の列や(いっぱいもらう人気のある女性はあくる日に質屋に持ち込んで現金に換えてしまう。)一食数万円もするフレンチやイタリアンの高級レストランは1か月以上前から予約で一杯、ついでに12月24日のホテルも予約で一杯という、狂騒的な状態でしたが、ここ数年はすっかり落ち着いてきましたね。僕もクリスマスイブが嬉しい歳でもないので、昼間はしこしこと年賀状を書き、夜は家でチキンとケーキを食べ、特に何事もないクリスマスイブです。さて、前の会社の退職のばたばたに紛れて、中々読めなかった『TIME』ですが、ようやく9月17日号(!)を全ページ読了しました。ばたばたして購読料の支払いを忘れていた期間があり、次は12月10日...特に何もないクリスマスイブ

  • 紀平選手すごい!

    前にも書きましたが、スポーツはやるのも見るのも好きでしたが、最近はやるほうはゴルフだけ(テニスはあまりに膝に負担がかかるため、数年前にやめました。)ですが、見る方は大きな世界大会の試合は見ています。フィギアスケートのグランプリファイナルで紀平選手がシニアデビュー初年度にして浅田真央さん以来の金メダルに輝いたのは皆さんご存知のとおりです。僕もショートとフリーの両方をTVで観ましたが、これはとてつもなくすごいことです。紀平選手は関西出身なので親近感がありますが、県大会やインターハイ出場ですと(それも大変なことですが)努力と根性でなんとかなりますが、世界トップ6クラスになると、レベルは上限で紙一重、努力や練習量や根性だけではどうしようもない天分というものがあると思います。神様は数年に一度、とんでもない天才を世に送り出...紀平選手すごい!

  • 最近の学習状況

    随分とご無沙汰しています。ここ数週間の英語学習状況です。まず、サイマルアカデミーのインターネット講座の一つである『英日実務翻訳講座(全10回)』を終了しました。この講座では、いわゆる受験英語の直訳的な英文和訳に対し、否定的な見解で貫かれていますが、ではどこまでこなれた日本語の意訳にすればいいのか、もう一つ決め手に欠いているような気がしました。英文は文末からではなく、文頭から順に訳していく、ということと意味チャンク(意味を持つ文章の集まり)ごとに訳していく、そのためには元の英文をすっきりと分かりやすい英文に書き換えることが重要、とのことですが、翻訳には翻訳者の個性も反映し、こればかりは自分で訳した文章を、第三者の翻訳家から数多く添削してもらう以外、上達の道はなさそうです。次にここ2か月の環境の激変にかまけて、ほっ...最近の学習状況

  • 株式投資ー オマハの賢人 ウオーレン・バシェット

    秋晴れのスカッとした日が続いたと思ったら今週は雨模様です。銀行に預けても、普通預金の金利が、一部のネット銀行を除いて、年0.001%(仮に1万円預けたとしても受け取れる金利は0.1円!)6か月以上定期預金でも年0.01%(1万円預けても金利は1円)という歴史上稀にみる低金利、実質ゼロ金利では、お金を銀行に預けずに自分で運用しようとする人が増えても当然です。僕も30年前から自分で株式や投資信託への投資を行っています。9月末に定年退職し、次の仕事のオファーまで平日でも余裕があるので、最近はネットで企業の株価の上げ下げはほぼ毎日注視しています。ですが、どの会社の株が上がるかなんて、誰にも予測出来ませんので、まあ株式投資や他人(ディーラー)に投資をしてもらう投資信託はギャンブルと同じです。また日本での株価の動きはファン...株式投資ーオマハの賢人ウオーレン・バシェット

  • 毎日が日曜日

    ご無沙汰しております。9月末に37年間勤めた会社を定年退職してプータロー生活も早や3週間。毎日が日曜日です。ごの間、ゴルフに3回行ったり、株のデイトレーディングをやったり、映画を見たりして過ごしていますが、ナマケものでは人後におちない僕もさすがに退屈してきました。(見方によれば、なにもしなくても食べていけるのは結構なことだ、という考えもありますが。)11月からは再就職活動を開始します。コミックのダイジェスト版を読んで興味を持ったので、『LIFESHIFT100年時代の人生戦略』を読みました。この本によれば、かなり高い確率で現在50歳代の人の寿命は90歳を超え、20歳代の人の平均寿命は100歳を超えるということです。いままでは、人生は学校での勉強、卒業して就職、定年後の老後の3つのステージしかなかったが、今後は平...毎日が日曜日

  • 定年後の生き方

    一か月ほどブログの更新が滞っており、その間にもブログをご覧いただいた方には感謝します。私事ですが、実は私は今月末(9月末)に定年退職(60歳)となり、この一か月間、定年後の生き方について、色々悩み、考えていました。政府の年金受給が基本65歳からになり、会社は定年を65歳まで引き上げるか、希望があれば65歳まで雇用するか、定年そのものを廃止するかの3つのうち、一つを選ばなければならないことが義務付けられています。ウチの会社の場合は希望すれば65歳まで雇用する道を選んでいますが、そもそもここには法律の落とし穴があり、現役時代(60歳時点)の給与として何十%を保証しなければならない、という明確な取り決めがないので、企業はやりたい放題です。たいていの企業では現役時代の50%をもらえれば非常に良い方で、30%ぐらいしか貰...定年後の生き方

  • トランプとプーチンの関係

    暑い日が続いていますね。気象台始まって以来の暑さを記録したところもあるようだし、汗かきで夏が苦手な僕は少々バテ気味です。さて『TIME』TIME7月30日号を今日やっと全ページ読み終えました。まだ1週間遅れです。上の不気味な表紙の写真は、トランプ大統領とプーチン大統領を重ね合わせたものです。トランプ大統領の選挙活動時代の2016年にロシアが介入したことはほとんど明白な事実になっていますが、7月17日にヘルシンキでトランプ大統領とプーチン大統領は会談を行い、『2人の親密さ』を内外にアピールしています。そもそもシリアではアメリカはISISを攻撃している反政府軍を支援しており、ロシアは反対に現アサド大統領の政府軍を支援しており、局地的ですが、戦火を交わしたこともあります。一方でトランプ大統領は長年の同盟諸国であるNA...トランプとプーチンの関係

  • 『TIME』とタイの少年の救出劇

    土曜日は関東地方は台風で雨風が強かったですが、今日はまた真夏の日差しが照り付けています。さて、2週間遅れの『TIME』ですが、昨日は台風でどこも外出しませんでしたので、一挙に40ページほど読み、なんとか”1週間遅れ”のレベルまで到達しました。7月23日号の『TIME』は上の表紙にもあるように、民主主義(Democracy)の危機と、それでも民主主義は勝ち進んで行く(prevail)という内容でしたが、記事の内容はもとNATO軍の最高司令官のスタヴリディスが書いたもので、西側諸国よりの視点で、常識的なあまり面白いものではありませんでした。2006年には民主的な選挙で議員が選ばれる国が世界の全人口のうち46%だったのが、2018年には39%になると言われています。民主主義は人道的で柔軟性があるが、物事を決めるのに煩...『TIME』とタイの少年の救出劇

  • 『TIME』まだ1週間半遅れ

    またまたとんでもなく暑い週末でしたね。僕もぐだぐだしています。『TIME』7月9日号を読み始めたのですが、まだ半分程度しか読み終えていません。次週の7月16日は幸か不幸か『TIME』休刊日で、次の7月23日号はすでに発刊しているので、1週間半遅れ、ということになります。7月9日号のカバー・ストーリーはサウジアラビアの女性の権利開放についてでしたが、サウジアラビアのサルマン皇太子が、仕事への女性の解放(現在の女性の就業率は22%)、女性の運転免許の許可など、他の先進国ならば当たり前のことの改革を進めています。また女性は外出するときは、アバヤ(全身を覆うガウンのようなもの)やベールを身につけなければ、『ムタヤ』という宗教警察官が近寄ってきて、尋問されたりひどい時には投獄されたりしたのですが、サルマン皇太子は『ムタヤ...『TIME』まだ1週間半遅れ