住所
-
出身
-
ハンドル名
Leeさん
ブログタイトル
Lee's Diary
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/chocolate-chocolate_001
ブログ紹介文
ドラマが好き♪ お気に入りのドラマを観て感じたことを呟いています。
自由文
更新頻度(1年)

76回 / 3470日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2009/07/25

Leeさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(IN) 4098 4265 4379 4381 4600 4760 4539 946562サイト
INポイント 100 70 110 80 70 50 70 550/週
OUTポイント 630 570 510 670 460 580 560 3980/週
PVポイント 3050 2880 3840 2370 1650 2730 2330 18850/週
テレビブログ 10 10 10 10 10 10 9 6721サイト
テレビドラマ 5 5 6 6 6 5 4 1435サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 3273 3542 3555 3171 3256 3262 3294 946562サイト
INポイント 100 70 110 80 70 50 70 550/週
OUTポイント 630 570 510 670 460 580 560 3980/週
PVポイント 3050 2880 3840 2370 1650 2730 2330 18850/週
テレビブログ 8 8 8 7 7 8 8 6721サイト
テレビドラマ 6 6 6 5 5 6 6 1435サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(PV) 2001 2090 2060 2217 2249 2265 2374 946562サイト
INポイント 100 70 110 80 70 50 70 550/週
OUTポイント 630 570 510 670 460 580 560 3980/週
PVポイント 3050 2880 3840 2370 1650 2730 2330 18850/週
テレビブログ 19 19 18 19 20 20 20 6721サイト
テレビドラマ 4 4 4 4 4 4 4 1435サイト

Leeさんのブログ記事

?
  • 私のおじさんーWATAOJIー 第2話  *感想*

    馬場(青木さやか)も、女優の霞美も、今はあんなんだけど、過去にはイロイロ辛いことも経験していた、、ってなコトなのねぇ。苦楽を共にしてきた霞美とマネージャーの関係性や、口うるさい馬場の仕事に対する想いなどが感じられ、意外といいお話だったなぁ。青木さやかさんは、ああいう嫌味なキャラクターが合うねぇ。嫌味な口調にバリエーションがあって、面白かったよ。馬場との関係を良好にするチャンスだったのに、酔っぱらって暴言を吐いてしまうひかり(岡田結実)。ダメダメだ~。でも、ひかりと馬場の関係が急に良くなるというのは、あまりにもいいお話になりすぎる気がするし、あの二人はあんな感じでいいかも~。チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いいたします<ドラマ感想>にほんブログ村私のおじさんーWATAOJIー第1話*感想*私のおじさんーWATAOJIー第2話*感想*

  • ゾンビが来たから人生見つめ直した件 第1話  *感想*

    「トクサツガガガ」と同様に、タイトルの奇抜さに興味を引かれていたドラマ。感想は書かないで視聴するタイプのドラマだと予想。その予想は外れてなかったと思うんだけど、火曜ドラマが2本とも全く面白く感じられなくて、初回リタイアしてしまったので、代わりにこのドラマの感想でも。石橋菜津美さんと瀧内公美さん、、メインが二人も初めましての演者さんのため、(どうやら今までにドラマで見かけているらしいのだが、初めましての感覚しかない)ただでさえマニアックな雰囲気のドラマが、輪をかけてマニアックなドラマに感じられたわ。初回っから、ゾンビの活躍半端ないね。グイグイくるやん。めっちゃ襲ってくるやん。神田くん(渡辺大知)、もう噛まれてるやん。あと、地味に驚いたのが、みずほ(石橋菜津美)と美佐江(瀧内公美)の因縁。さすが、「人生見つめ直した...ゾンビが来たから人生見つめ直した件第1話*感想*

  • トレース ー科捜研の男ー 第3話  *感想*

    現場から採取されたタバコの件、、連続幼女殺害事件、、桃(高松咲希)ちゃんの事件、、と、真野(錦戸亮)がそれぞれに調べ、それぞれに解決させている、、というところに、真野の仕事ぶりを見せてもらった満足感のようなものはあったよ。それにしても、今回も、ショッキングな要素を含んだ事件だったわねぇ。このショッキングさは、いかにも漫画が原作っぽいなぁ、、などと思ったわ。真相を描いたシーンにはインパクトがあったわ。共感されましたならポチッと、、共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです<ドラマ感想>にほんブログ村トレースー科捜研の男ー第1話*感想*トレースー科捜研の男ー第2話*感想*トレースー科捜研の男ー第3話*感想*

  • 土曜ドラマ9「神酒クリニックで乾杯を」 第2話  *感想*

    神酒(安藤政信)ったら強いのねぇ。失礼ながら、そんなに強そうには見えなかったんだけど、強いのだ、、というコトは認識したわ。初回よりもエンタメ色が強くなったように感じられ、そこを楽しんだよ。才能や個性豊かなキャラクターたちが裏カジノに潜入するシーンは面白かったわ。「あんたたち、悪党より悪党ね。」などと、椿山(小林幸子)に言わしめる、神酒クリニックの仕事のやり口も良かった。真犯人を陥れるクダリは全く気付かず、、ぐぬぬ。共感されましたならポチッと、、共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです<ドラマ感想>にほんブログ村土曜ドラマ9「神酒クリニックで乾杯を」第1話*感想*土曜ドラマ9「神酒クリニックで乾杯を」第2話*感想*

  • グッドワイフ 第2話  *感想*

    *「その男、黒か白か」*脇坂(吉田剛太郎)や佐々木(滝藤賢一)が杏子(常盤貴子)に接触してきたことで、壮一郎(唐沢寿明)のエピソードに動きや広がりを感じ、初回よりもさらに興味が持てるようになったわ。毎回サブで描きつつ、ドラマの主軸も担うこの手のエピソードって、引き伸ばしが過ぎて、興味が薄れていってしまったり、煽るだけ煽っておいて、大して面白くないストーリーだったり、、と、期待外れに終わってしまうコトが多々あるように思うのだけど、この壮一郎のエピソードは、面白いものを見せてくれそうな予感を抱かせるわ。杏子が今回担当した案件の方は、神山(賀来千香子)の父で弁護士である大輔(橋爪功)の弁護、、というのがまず面白味を感じるし、一筋縄ではいかない雰囲気を漂わせる大輔のキャラクターがいいし、大輔が何を考えているのか、何を守...グッドワイフ第2話*感想*

  • イノセンス 冤罪弁護士 第1話  *感想*

    思っていたよりも落ち着いた雰囲気。思っていた以上に地味な印象というべきか。いや、、このドラマを観る前に、BSの某エンタメ医療ドラマを視聴したため、地味に感じるのか?でも、、スタイリッシュな雰囲気をやたらと見せてくる、某木10弁護士ドラマにゲンナリしていたこともあり、この地味な印象はワリと好意的に受け止められたわ。ただ、、また弁護士ものかよ、、さすがに飽きてきたぞ、、などという、弁護士ものに対する抵抗感からか、そこまで引き込まれることはなかったんだけどね。それでも、、秋保(藤木直人)が登場したあたりからは、興味を引かれるもんがあったわ。なるほど、あのような教授も登場するのね〜。そうか、あんな大がかりな実験もするのか〜。などと思ったよ。ガリレオ風味の99.9的な弁護士ものって感じなのかしらね。とりあえず、、制作陣の...イノセンス冤罪弁護士第1話*感想*

  • トクサツガガガ 第1話  *感想*

    *「トクサツジョシ」*やだ、、、、、面白かったわぁ。小芝風花さんが特撮女子に扮するという情報だけを仕入れての視聴。「トクサツガガガ」というインパクトのあるタイトルに興味を引かれ、期待度はワリと高かったドラマなんだけど、予想していたよりもコミカルで、くだらなくって、楽しめたよ。この感じ、、漫画が原作なのかな?などと気になったもんで、視聴後にチョロっと調べちゃったよ。いかにも漫画が原作だと思わせる、仲村叶(小芝風花)のモロモロの挙動や、心の声や、それぞれのエピソードのシュールさに惹きこまれたわ。仲村叶がカラオケ怪人に立ち向かうアタリからは、私の気持ち、高まりまくり。シシレオーの励ましを得て、カラオケ怪人をやっつける仲村叶の様子を興奮気味に見守ったわ。愛しのトライガーの君と通じるラストのクダリなんて、アタシの気持ち、...トクサツガガガ第1話*感想*

  • メゾン・ド・ポリス 第2話  *感想*

    *「PTA総選挙」*杉岡(西田尚美)と藤堂(野口五郎)の関係に驚く。アレは予想外だったわ。今回、最も驚かされたのはコレだわ。真犯人が誰であるかは、初回同様、えっらく分かり易いねぇ。登場した時点で分かってしまうという流れが2話も続くと、さすがにチョイと物足りない。でも、人間関係が明かされていく様子は、それなりに興味深く視聴できたし、いいか~。真犯人が叫んだ秘密自体は予想できず。だけど、このシーン、、驚きよりも、お寒い感じのほうが強くって、チョイと興醒めしたんだよなぁ。チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いいたします<ドラマ感想>にほんブログ村メゾン・ド・ポリス第1話*感想*メゾン・ド・ポリス第2話*感想*

  • 土曜ドラマ9「神酒クリニックで乾杯を」 第1話  *感想*

    主演の方が地味だし(すみません)、感想を書いてなかった枠だし、感想は書かないで視聴だけしようかなぁ、、などと思ってたんだけど、思いがけず面白かったので、ちょこっと感想を書きたくなったドラマ。っちゅうかさ、、某木10の弁護士ドラマの2話を観た後にさ、、なんとか感想を書こうと思ったんだけどさ、、、感想を書く気力が全く湧かなくってさ、、あのドラマの感想を振り絞るように書くくらいなら、このドラマの感想を書きたいと思ったわけよ。風変わりな設定なんだねぇ。キャラクターも個性的だし、どのキャラもえっらくキャラ立ちしてるから、漫画の原作があるのかな?などと思いきや、小説が原作だったわ。キャストの顔ぶれは地味なんだけど(何度もすみません)神酒クリニックの医師たち、それぞれに引きつけられたよ。どうやら、患者の治療だけじゃなく、事件...土曜ドラマ9「神酒クリニックで乾杯を」第1話*感想*

  • ハケン占い師アタル 第1話  *感想*

    遊川和彦さんが作り出す、それらしいキャラクターがいっぱいだ~。そんなコトを思いながら視聴。遊川和彦さんが脚本を手掛けていると事前に知っていたため、そんな風に感じたのかもねぇ。そういう先入観を少しでも無くしたくって、事前情報を積極的には仕入れないスタイルで観ているんだけど、ブログのテンプレ作ってるときに目に入ってきちゃったり、ネットに触れている時に情報が入ってきちゃったりするんだよねぇ。で、、この遊川和彦さん、、今回は演出も手掛けられてたんだねぇ。これは、ドラマ最後のクレジットで知ったわ。自分の作品の演出に口を出すという話は耳にしたことがあったけど、いままで演出ってされてたんだっけね?記憶がないなぁ。アタル(杉咲花)がいいね。サングラスとニット帽で他を寄せ付けない風貌や、それを取った時に見せる、人懐っこい雰囲気や...ハケン占い師アタル第1話*感想*

  • 家売るオンナの逆襲 第2話  *感想*

    初回と比べるとぐんと好意的に受け止められたよ。それが良かったわ。初回のガチャガチャ感が続くようだったら耐えられなかったかも。キャラ紹介や、設定紹介が無くなったぶん、初回よりもスッキリしていたように感じたし、無駄に時間を使っているように思われてならない、しょうもないシーンも、初回よりは少なく思えたし、これくらいなら、許容範囲内かも。神子(泉ピン子)のエピソードをじっくり見せてくれたのも、満足感につながっているのかなぁ。神子の中の人は大嫌いなんだけどさ、、初回と比べると、さすが、、と感じさせるものはやっぱりあるしさ、、三軒家(北川景子)がどんな手腕を見せるのか、期待させるものがあったしさ、、そこに、新キャラ・留守堂(松田翔太)が上手いこと絡ませてあって、留守堂にも興味を引かれる内容となっていたしさ、、面白かったよ。...家売るオンナの逆襲第2話*感想*

  • さくらの親子丼2 第6話  *感想*

    物足りなさを感じた前回から一転、見応えあったわぁ。貞子(井頭愛海)のエピソードだけじゃなく、貞子の出産や、赤ちゃんを通じて、ハチドリの家の子供たちにも、自然に焦点が当てられているのがいいよね。それにしても、、貞子のキャラ変、凄かったわねぇ。貞子と名付けられたコトを、心の中で毒づくアタリや、仲間に嫌味を言うアタリは面白がって観ていたものの、その後、さらなる変化を見せ始める貞子には驚かされたわ。でも、このドラマらしくって、いいよね。一筋縄ではいかない問題となっていて、それも見応えを感じた要因なのかも。チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪<ドラマ感想>にほんブログ村さくらの親子丼第8話(最終回)*感想*さくらの親子丼2第1話*感想*さくらの親子丼2第2話*感想*さくらの親子丼2第3話*感想*さくらの親子丼...さくらの親子丼2第6話*感想*

  • トレース ー科捜研の男ー 第2話  *感想*

    えげつない事件だったわねぇ。DNA鑑定から浮かび上がってくる犯人の体質については、以前、何かの作品で触れたことがあって気付いたものの、犯人と被害者の因縁については予想できなかったわ。予想できない真実に衝撃を受けたし、その真実に驚愕したし、有里(関めぐみ)の気持ちを思うと、やるせなさを感じたわ。どんな救いのない真実でも、知らないほうがいいなんてことはない、、真実を知ることで遺族は初めて前に進める、、などとが真野(錦戸亮)が言っていたけれど、それは確かにそうなのだと思うけど、真実を知ることの過酷さを感じさせるストーリーだったわ。それと同時に、真野の過去に初回よりも興味を引かれたわ。共感されましたならポチッと、、共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです<ドラマ感想>にほんブログ村トレースー科捜研の男ー...トレースー科捜研の男ー第2話*感想*

  • グッドワイフ 第1話  *感想*

    思いがけず面白かったなぁ。久しぶりにちゃんとした弁護士ものドラマを観たような感覚があるわ。前のシーズンの「suits」や「リーガルV」や、今シーズンの「スキャンダル専門弁護士」に足りなかったものを見せてもらった感覚が、この初回視聴の満足感へと繋がっているのかも。変わり種の弁護士ものもいいけれど、オーソドックスな弁護士ドラマは、やっぱりいいよなぁ、、そんな事を思ったわ。登場人物がえっらい多いしさ、、どうやら蓮見杏子(常盤貴子)のお仕事の様子だけじゃなく、夫の蓮見壮一郎(唐沢寿明)のパートも描かれるみたいだしさ、、分かりづらそうだなぁ、、などと序盤では思ったものの、意外と分かりやすく、かつ、程よいエンタメ感もあって、今後に期待の持てる初回だったわ。チラっと共感していただけましたなら、ポチっとしてくださると嬉しいです...グッドワイフ第1話*感想*

  • 私のおじさんーWATAOJIー 第1話  *感想*

    「メゾン・ド・ポリス」の感想でも触れたけど、こちらもおじさん推しのため、あ~あ、、どの制作陣も節操ないなぁ、、などと、やっぱり思っちゃうわぁ。あとさ、、「WATAOJI」などとタイトルに入れちゃってるアタリが、ダサくって好きじゃない。そもそも、、制作サイド主導で、ドラマタイトルを略した用語を広めようとする、最近の流れが好きじゃないんだよなぁ。ああいうコトをされると、意地でもそんな略語を使ってやるものかっ!ってなるわ。SNSでの影響を意識すると、そうなってしまうのも仕方が無いのかしらねぇ。さて、、このドラマ。主演の方に全く興味が湧かず、期待度は低かったんだけど、遠藤憲一さんがおじさん役と知り、とりあえず初回をお試し視聴。岡田結実さんの演技をしっかり観るのは初めてなんだけど、思っていた以上に好意的に受け止められたわ...私のおじさんーWATAOJIー第1話*感想*

  • メゾン・ド・ポリス 第1話  *感想*

    おっさんブームに乗っかり過ぎじゃね?などと、このドラマの設定を知った時から思ってたんだけど、このドラマって、原作があるんだねぇ。って事は、原作はブームに乗っかったワケじゃないって事なのかね?原作がいつ書かれたのか知らんけれども。そんな事を思いながら視聴した初回だったんだけどさ、、いざ観てみればさ、、おっさんの安定感、半端なかったわぁ。色んなタイプのおっさんを取り揃えてるしさ、、それぞれのおっさんがいい味出してるしさ、、あの顔ぶれの中にいると、西島秀俊さんがえっらく若く見えるしさ、、そんな西島秀俊さんが新鮮に感じられるしさ、、おっさんの中にポツンと存在するひより(高畑充希)は可愛いしさ、、キャラクターと設定に引き込まれたよ。事件の真相は分かり易いものだったけど、本間(小久保寿人)の卑劣さはインパクトがあったわ。チ...メゾン・ド・ポリス第1話*感想*

  • スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第1話  *感想*

    あんまり面白く感じなかったなぁ。途中で2度も寝落ちしたからかね?その都度、巻き戻して視聴したから、気持ちが乗り切れなかったのかね?キャラクターたちの見た目も、キャラ同士の会話も、彼らの仕事の姿勢も、、全体的な雰囲気が、えっらくありきたりな印象を受けたんだよなぁ。オシャレな感じに見せようと試みる感じだとか、軽妙さを演出しようと試みる感じだとか、、そういう感じが、なんか、もう、とてもありふれたものに思えてしまい、このドラマの個性を感じることはできなかったよ。メインキャラクターたちに不快感はないので、とりあえず次回も観てみるよ。共感されましたならポチッと、、共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです<ドラマ感想>にほんブログ村スキャンダル専門弁護士QUEEN第1話*感想*

  • 家売るオンナの逆襲 第1話  *感想*

    えっらいドタバタ、ガチャガチャしてたなぁ。こんな感じだったっけねぇ。こんな感じだったかもなぁ。連ドラは回を追うごとに楽しく視聴できるようになったものの、その後放送されたスペシャルはさして面白く感じなかったので、このドラマへの興味や耐性が失われてしまって、より煩くて落ち着きのない印象を受けるのかもしれないわねぇ。専業主婦のえり子(岡江久美子)への対応も、ユーチューバーにくまる(加藤諒)への対応も、、万智(北川景子)が見せた家を売る手腕自体は面白く視聴。万智が家を売るエピソード自体は楽しめそうな予感もある。キャラ紹介、状況紹介のドタバタ感が無くなるであろう次回からは、もう少し楽しんで視聴できるといいなぁ。チラっと共感していただけましたなら、ポチっとしてくださると嬉しいです♪<ドラマ感想>にほんブログ村家売るオンナ第...家売るオンナの逆襲第1話*感想*

  • <ドラマ>レ・ミゼラブル 終わりなき旅路 *感想*

    録画してあったヤツをやっと観たよ。長かったけど、最後まで飽きることなく視聴できたわ。料理したり、食事したり、手芸したりしながら、、だったんだけどね。舞台が日本だし、現代だし、、(ながら見だし、、)途中からレ・ミゼラブルを観ている意識がスッカリ失われてしまい、不破唯(山本美月)を見ても、チビ梢ちゃんを見ても、田辺夫妻を見ても、彼らがレミゼの登場人物なのだと気付かず、、、汗。あら、梢ちゃんの保育事情まで描くんだ~放送時間が沢山あると、色んなエピソードが描けちゃうわね~などと、呑気に観てたわ。で、、不破唯が息を引き取る間際になって、あ、、そうだった、、コレ、、レ・ミゼラブルだった、、などと、思い出したわ。レミゼを意識していても、意識していなくても、、それなりに興味深く視聴できていたのだから、それでいいや~。若き頃の馬...<ドラマ>レ・ミゼラブル終わりなき旅路*感想*

  • トレース ー科捜研の男ー 第1話  *感想*

    クセが強い。クセが強すぎるぞ、虎丸(船越英一郎)。ただでさえ中の人の演技のクセが強いというのに、クセの強いキャラをクセたっぷりに描いてくるもんだから、もう、クセの強さ、半端ないわっ。しかもさ、、出番、えっらく多いしさ、、語りまくるしさ、、視聴し終わった後の印象、主人公よりも虎丸のほうがあるしさ、、虎丸一色だった印象の初回だったわ。内容は、オーソドックスなドラマといった印象。目新しさは感じなかったけれども、思っていたよりも観られたよ。回想シーンの中で真犯人が登場してくるクダリは、思いがけないものがあってインパクトがあったし、真野(錦戸亮)の仕事のスタンスも印象的だったしね。これで、虎丸がもう少し控えめであれば、真野の仕事っぷりをもう少し描いていれば、真野の印象はもっと残ったのかも。共感されましたならポチッと、、共...トレースー科捜研の男ー第1話*感想*

  • 3年A組─今から皆さんは、人質です─ 第1話  *感想*

    状況設定は突飛だと思うものの、新鮮味はあまり感じず。むしろ、突飛な状況や展開をチョイとお寒く感じてしまったよ。この寒さ、、この枠っぽいなぁ。こんな感じなんじゃないかと思っていた通りの寒さだったわ。一颯(菅田将暉)は何者で、どのような目的があるのか、、澪奈(上白石萌歌)の自殺の真相は何なのか、、3年A組の生徒たちは、この状況をどのように過ごしていくことになるのか、、などなど、、興味を引かれる点も多くあり、時おり寒さを感じつつも、その寒さと戦いながら、最後まで見守った感じの初回だったわ。展開は気になるので視聴は続けていくとは思うのだけど、感想は書けるかなぁ、、、。チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪<ドラマ感想>にほんブログ村3年A組─今から皆さんは、人質です─第1話*感想*

  • さくらの親子丼2 第5話  *感想*

    今までの回比べると、ストーリー展開がゆっくりな印象。重複して描いているところも見られるため、引き伸ばしている印象も強く、見応えはあまり感じず、、、。今までの回と比べると物足りなさがあるわ。この一回では終わらせないほど、製作陣が力を入れているのであろう貞子回だというのに、そこまて引き込まれないというのが、残念な気持ちをより強くさせてしまっているような気がするわ。次回は見応えを感じられるかな?チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪<ドラマ感想>にほんブログ村さくらの親子丼第8話(最終回)*感想*さくらの親子丼2第1話*感想*さくらの親子丼2第2話*感想*さくらの親子丼2第3話*感想*さくらの親子丼2第4話*感想*さくらの親子丼2第5話*感想*

  • さくらの親子丼2 第4話  *感想*

    香(塩野瑛久)の語りから始まったので、今回は香に焦点を当てた回なのだと思いきや、なんと、鍋島(相島一之)のエピソードまであった~。しかも、鍋島のお父さんまでついてきた~。いやぁ、、このドラマのエピソードの豊富さに感心するわぁ。鍋島の重苦しい背景に、香の悲しい過去に、香と希輔(秋野大作)の交流に、香に見られる変化、、などなど、、充実した内容になっていて興味深く視聴したわ。今までの回でもそうだけど、メイン以外の子供たちの描写も疎かにしてないところも、いいよね。まさかの鍋島エピソードにも驚かされたんだけど、香の過去にも驚いたわ。んな、大袈裟な、、そんなに、過剰に反応しなくっても、、などと、思わず心の中で突っ込んでしまった、香の希介サンタへの反応には、ちゃんと理由があったのねぇ。しかも、あんな哀しい理由だったとは、、思...さくらの親子丼2第4話*感想*

  • <ドラマ>アシガール SP  *感想*

    相変わらず唯(黒島結菜)は、喋り方も、感情表現も、拙いのお。久しぶりに観る唯に良くも(悪くも)衝撃を受けたわ。いや、、可愛いからいいんだけどねぇ。唯ちゃん好きだし、あえての拙さというトコロもあるだろうし、あれでこその唯だと思うしね。久しぶりに観たため、チョッと衝撃的だったけれども。ドラマ自体は楽しく視聴。状況は違えども、その内容は、連ドラの時とさして変わりないような気もするが、楽しめたからいいや~。思いがけない発想から生み出されるタイムマシンや、そのタイムマシンに両親の細かい注文がついているアタリがいいね、、軽くって。どちらの世界で共に生きるのか、唯と若君(健太郎)が選択するというのは、軽さの中心にある芯を見た気がしたし、でも、最後はやっぱり能天気な唯、、というのも、このドラマらしくって良かった。憧れの制服デー...<ドラマ>アシガールSP*感想*

  • さくらの親子丼2 第3話  *感想* 

    いいね。今までの中で一番好きなストーリーだったかも。詩(祷キララ)の淡々とした語りが良かったし、詩の背景が分かっていく過程が興味深かったし、「20億光年の孤独」の語りで終わる感じも、今までにはない雰囲気や余韻が感じられて、印象的だったわ。詩を抱きしめることしかできない、、という、さくら(真矢ミキ)の対応もグッとくるものがあったしね。さくらが作る美味しそうな食べ物がたくさん出てくるのもいいね。私、親子丼が好きじゃないのよ、、、汗。お店で親子丼を食べたのは1度しかないので、本当に美味しい親子丼とめぐり会っていないのかもしれないのだけど。卵とじや、丼ものが、そこまで好きじゃないので、お金を出してまで、親子丼を選ぶことはないのよねぇ。なので、親子丼以外の食べ物もたくさん出てくるコトが、チョッと嬉しい。チラっと共感してい...さくらの親子丼2第3話*感想*

  • <ドラマ>下町ロケット ーヤタガラスー 第11話(最終回)  *感想*

    秋ドラマはすっかり視聴し終わった気でいたけど、コレがあったわ。っつうか、最終回ってなってるけど、やっぱり最終回じゃないんだね。正月にスペシャルドラマが放送されるようなコトを、どこかで見かけてはいたんだけど、詳しく調べる気にもならないでいたのよ。そしたら、最終回って表示されてたからさ、、あれ?スペシャルドラマがどうのって話は違ってたのかな??などと思ったりしてたのよ。で、、やっぱり、あるのねぇ、、ってなったのよ。このドラマで見られてきた無駄に思えるパートや、かったるい展開や、薄っぺらく思えてならない回というのは、このスペシャルドラマ化のせいだったのかしらね?スペシャルドラマで描くためのパートを残しておくために、あれやこれやと苦心して引き伸ばした結果がアレ、、ってことかしらね?このドラマにはさして期待してないので、...<ドラマ>下町ロケットーヤタガラスー第11話(最終回)*感想*

  • さくらの親子丼2 第2話  *感想* 

    まだ2話だというのに、動きが大きいストーリーだねぇ。「ハチドリの家」の場所が外部の者に把握され、良からぬ人物たちがシェルターに乗り込んでくる、、という今回。シェルター内で暴行にまで達してしまうという重大エピソードを見せられ、コレ、最終回間近でやるヤツじゃん、、こんなドでかいヤツを2話で見せちゃうの?などと、チョッと面食らう。しかも、相手は何だかとってもタチの悪そうな人物だし、玲奈(尾碕真花)はとてつもなく無茶なコトをしでかしているし、、ひゃあ~コレ、めっちゃヤバイじゃ~んっなどと思いながら観ていれば、思ってもいなかった展開、、さらに面食らう。アレは予想できなかったわ。偶然が過ぎるぞ、、都合が良すぎるぞ、、などと思わなくもないのだが、それでも、面白い展開だと思ったわ。さくらの今までの活動が窺えるし、その活動が長く...さくらの親子丼2第2話*感想*

  • さくらの親子丼2 第1話  *感想* 

    なるほど~今作では舞台が変わるのねぇ。子どもシェルターという存在は初めて知ったよ私。DV被害者のシェルターというのは聞いたことがあったけど、子供を対象とした施設もあるんだねぇ。義父からの性的暴行、妊娠、記憶喪失、失語症、、母親の元に戻った当日の暴行被害、、などなど、、この舞台で暮らす子供たちの壮絶な状況に衝撃を受ける。初回っから、ガツンと盛り込んできたねぇ。個性的な子供たちとさくら(真矢みき)は、どんな日々を過ごしていくことになるのか、、じっくり見守っていきたい。チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪<ドラマ感想>にほんブログ村さくらの親子丼第8話(最終回)*感想*さくらの親子丼2第1話*感想*

  • ドラマスペシャル 東野圭吾 手紙  *感想*

    やっぱり、このお話はいいねぇ、、などと、、視聴後にしみじみ思ったわ。でも、、実は、原作の内容も、映画の内容も、すっかり忘れちゃっててさ、(どちらもかなり昔のコトなのよ・・・)今回のドラマ版を観ながら、ああ、、そうだった、、そうそう、こんなんだったわ、、などと思い出しながら観てたんだけどね、、、汗。犯罪者の親族が置かれる厳しい状況、、被害者の親族の癒えぬ想いや、犯人に対する感情、、罪を犯すこととは、、罪と向き合うこととは、、罪を償うこととは、、といった問題、、差別にあい、もがき、苦しみながらも、前を向いて生きていく直貴(亀梨和也)の姿、、直貴を支え、励ます由実子(本田翼)の様子、、などなど、、考えさせられる要素が盛りだくさんで、興味深く視聴したわ。武島剛志(佐藤隆太)が良かったなぁ。直貴の置かれている状況を、これ...ドラマスペシャル東野圭吾手紙*感想*

  • 土曜ドラマスペシャル・炎上弁護人 *感想*

    タイトルを知った時点で、なんでまた、似たようなコトを、、しかも、同じ土曜ドラマ枠で、、などと思っていたドラマ。視聴の段階になっても、終始、頭の隅にそのコトが残っていた気がするわ。同じようにネットの恐ろしさや、ネットに依存したり、翻弄される人の様子を描いた、「フェイクニュース」の印象がまだ残っていることもあって、あのドラマと比べながらの視聴となったよ。観やすさや、分かり易さは、「炎上弁護人」のほうがあるかなぁ。「フェイクニュース」よりも扱う情報量が少なめだし、あちらよりもテンポがゆっくりなので、より多くの人たちに受けいられるドラマとなっている印象。放送時間もこちらのほうが短いしね。でも、あまりにもストーリーが分かり易すぎる気もしたなぁ。放火犯や、コトの真相は、すぐに読めちゃうしさ、、炎上する過程や、蔓延する悪意や...土曜ドラマスペシャル・炎上弁護人*感想*