chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ケイティママ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2009/06/22

1件〜100件

  • ぴくた(激巨漢 あお〇)さんから苦情があったぶりくら市2016など、とんぶり市2021(一番読んでいただきたい固定記事 最新は次にあります)

    ぴくたさんは10年以上前のぶりくらスタッフ、その当時のメールアドレスを使い、私に対して不愉快だという苦情が入りました。名前は黄緑、返事は不要とのことでしたが、ぴくたさんのメールアドレスだったので、川口事務局長が、午前4時半過ぎに返事を出したところ、メールは届きませんでした。悪質でした。ぶりくら市2016直前のできごとでした。いつものように私だけならいいのですが、今回はぶりくら市2016を控え、非常に多忙な川口事務局長を早朝から煩わせたので、この事実を公表いたしました。心労のため、拙ブログは少しお休みをさせていただきます。疲れました。ぶりくら市2016へは、2,000名を超えるご来場者があり、本当に心から御礼を申し上げます!!2017年のぶりくら主催のイベント情報を掲載いたします。どうぞよろしくお願いいたし...ぴくた(激巨漢あお〇)さんから苦情があったぶりくら市2016など、とんぶり市2021(一番読んでいただきたい固定記事最新は次にあります)

  • インドホシガメがポロリ産み落とし

    インドホシガメのチャアム(♀)です。さきほど(20時頃)、産卵ケージを覗いたら、チャアムが産卵床に、ポロリと卵を産み落としていました。夕方にはなかったので、それ以降にポロリしたのでしょう。詳細は次のとおりです。卵の重量38g長径6.0㎝×短径3.0㎝産卵前の体重1,800g産卵後の体重1,740g産卵後はレタスを爆食しました。7月8日の卵も38gでした。有精卵でしたが、途中で発生が停止し、それでもしつこく温めていたら、腐ってしまいました。チャアムは、しばらく休養させます。にほんブログ村インドホシガメがポロリ産み落とし

  • 噛みつくペニーは単独飼育へ

    ホルスフィールドリクガメのペニー(♀→♂)です。体重が220gを超えたぐらいから、他のメスたちに激しく噛みつくようになりました。チビでも、すっかりオスのサガがでるようになり、早速単独飼育にしました。発情が激しため、食欲が落ちるかな?と思ったのですが、爆食ペニーは変わりません。にほんブログ村噛みつくペニーは単独飼育へ

  • 大きくなぁれ~~~♪

    ホルスフィールドリクガメのダイアナ(左♀)とプリンセス(右♀)です。孵化仔の誕生がないため、この小さな命が、愛おしくてしかたがありません。体重は倍ほど違いますが、2匹とも食欲旺盛です。大きくなぁれ~~~♪にほんブログ村大きくなぁれ~~~♪

  • このペアの孵化仔が見たいけど

    ニシヘルマンリクガメのちゃん太(♂手前)とマヤ(♀後ろ)です。画像より、実物はかなり黄色が強い甲羅です。2匹を同居させていましたが、ちゃん太が全く発情せず、2匹は爆食のおばはん友になり、ペアを一時的に解消しました。ちゃん太を他のメスと同居させたら、すぐに激発情しました。ちゃん太は、「マヤ命」だったのに、あんたの好みはようわからん。にほんブログ村このペアの孵化仔が見たいけど

  • チビアルダゾウガメのお水は美味しい

    ミシシッピアカミミガメのゾーイ(♀27歳)です。住まいはひょうたん池ですが、こうしてチビアルダゾウガメのお水を飲みます。新鮮で、美味しいのでしょうね。ひょうたん池の水換えは毎日していますが、それでも汚れています。「水が命」の亀のお世話は、本当に大変だと思います。水棲ガメを飼育されている人たち、心から尊敬します(私にはできません)。今朝も早朝から、ゾーイもジョーも爆食しました。私はスポーツジムがお休みのため、お盆太りが気になります。そうだ。サウナへ行う~~~♪にほんブログ村チビアルダゾウガメのお水は美味しい

  • ビルマホシガメとクズの葉

    この日のビルマホシガメの餌はクズの葉です。パクパクと美味しそうに食べる様子は、私もとても嬉しくなります。でもね。早く食べないと、クズの葉がパリパリの乾燥葉になるほどの危険な暑さです。にほんブログ村ビルマホシガメとクズの葉

  • 爆食い → 爆増

    ホルスフィールドリクガメのペニーです。お迎え時、この仔だけは、メスかどうかが不明でした。願望として、メス扱いだったのですが、オスっぽくなっています。4月初めのお迎え時の体重は155gでしたが、現在は221gあります。小さな目は少しだけ大きくなりましたが、笑える表情の癒し顔です。にほんブログ村爆食い→爆増

  • ビルマホシガメの組立体操食い

    ビルマホシガメのジャッキー(♀真ん中)が、餌を食べ始めるのを出遅れたため、オス2匹の真ん中に乗っていました。組立体操食いです。ジャッキーはいつも強い!にほんブログ村ビルマホシガメの組立体操食い

  • チビアルダゾウガメの餌探し 残暑お見舞い申し上げます。

    残暑お見舞い申し上げます。チビアルダゾウガメのジョー(♂)です。危険なほどの酷暑のため、ジョーの活動時間が朝だけになりました。それでも朝三食食べるのですが(笑)。にほんブログ村チビアルダゾウガメの餌探し残暑お見舞い申し上げます。

  • ダイアナ&プリンセス姉妹

    ホルスフィールドリクガメのダイアナ(右♀)とプリンセス(左♀)です。同腹の姉妹、プリンセスはダイアナの半分ぐらいの体重です。顔、多甲板甲羅、頭の黒い模様なども酷似、大きさが違うだけで、どこから見ても実の姉妹です。姉妹のホルスフィールドリクガメを育てることができ、なんちゅう幸せ♪、、なぜ私が小さい仔たちをお迎えしているのか・・・を、冷静に分析、孵化仔が誕生していないからです。危険な酷暑の日々、オスが発情しぃひん~~~!リクガメオスの発情は寒暖差、急に涼しくなると発情します。しばらく無理ですね。にほんブログ村ダイアナ&プリンセス姉妹

  • はじめまして プリンセスです。

    ジャパンレプタイルズショー2022夏レプにて、ホルスフィールドリクガメをお迎えしました。表向きは仕入れなのですが(汗)、転売しませんから愛亀となり、名前はプリンセスです。小さくて、おとなしいと思ったのですが、とんでもない、大食いのおもろい仔です。にほんブログ村はじめましてプリンセスです。

  • ジャパンレプタイルズショー2022夏レプ出展御礼と1年後のご報告

    ジャパンレプタイルズショー2022夏レプから、昨晩帰阪いたしました。20周年ということもあり、過去最多の出展ブース、ここ数年で最高のご来場者数ということもあり、大盛況でした。本当に楽しかったです!主催者さま&スタッフのみなさまに、心から感謝申し上げます!!ちょうど1年前の夏レプでお迎えしたホルスホールドリクガメのオスたち(右チビチビ、左チビデカ名前は前飼い主さまを継承)、1年後の成長を前飼い主さまと再会できたこともあり、ご報告いたします。チビチビ甲長12.4㎝→12.8㎝体重458g→514gチビデカ甲長13.5㎝→13.5㎝体重578g→647g見た目は、ほとんど同じ大きさになりました。チビデカの甲長が同じですが、ずっしりと重くなりました。甲羅の凹凸が全くないのは、前飼い主さまの偉業(敬服)です。チビチ...ジャパンレプタイルズショー2022夏レプ出展御礼と1年後のご報告

  • モロヘイヤが安かったので

    モロヘイヤが1袋56円(+消費税)、私の近所では爆安のお値段、だから、10袋の大人買いをしました。モロヘイヤは嗜好性は強いのですが、栄養価が高いため、レタスとキュウリをたくさん入れて、亀たちの餌にしました。みんな大喜びしていました♪モロヘイヤの上に乗っているのは、ホルスフィールドリクガメのペニー(♀)です。成長とともに、ちっこい目が少~~しだけ大きくなりまし(笑)。午前3時から、亀たちのお世話を開始し、ただいま小休憩、まだチビアルダゾウガメのジョー(♂)は起きていません。今日からジャパンレプタイルズショー2022夏レプです♪にほんブログ村モロヘイヤが安かったので

  • インドホシガメ お・た・ま・ご・あ・り

    さきほどインドホシガメのチャアムの抱卵が確定しました。飼育ケージで後肢ホリホリを始めたので、慌てて産卵ケージへ入れました。私明日から静岡なのよぉ~~。なぜ私がイベントへ行く前日にいつも抱卵がわかるのか・・・。しゃあない。なるようになるわ。にほんブログ村インドホシガメお・た・ま・ご・あ・り

  • ヤブガラシに群がるビルマホシガメ

    屋外飼育中のビルマホシガメたちは、本当にたくさん食べます。満腹中枢が壊れているかと思うほど、底なしの胃袋です。チビアルダゾウガメのジョー(♂)は、ヤブガラシの茎(ごんぶとも含む)も食べますが、我が家のビルマホシガメは葉だけを上手に食べます。上質(苦笑)のヤブガラシを見つけると、小躍りするほど嬉しい私は、もう亀ですね。にほんブログ村ヤブガラシに群がるビルマホシガメ

  • ミシシッピアカミミガメが小松菜の茎をパクッ

    ミシシッピアカミミガメのゾーイ(♀27歳)です。チビアルダゾウガメのジョー(♂)の小松菜の茎をパクッと口の中へ入れたのを目撃しました(かなり動揺)。えらいこっちゃと思い、ゾーイをひょうたん池の中へ入れたら(なぜ私がこの行動をしたのか謎、今でもわかりません)、ペッとすぐに吐き出し、餌を入れたら、パクパクと食べました。ゾーイが小松菜の茎を口の中へ入れたのは、餌の催促だったのでしょうか・・・??それともチビアルダゾウガメのジョー(♂)の餌を食べてみたかったのかなぁ~~。にほんブログ村ミシシッピアカミミガメが小松菜の茎をパクッ

  • 焦りの出遅れビルマホシガメ♀

    ビルマホシガメの餌時間、焦っているのは、植木鉢に乗っていたジャッキー(♀)でした。ジャッキーは餌の時間が少しでも遅れると、こうしてほんの少しだけ残ったもんを食べています。もうほとんど土だけの植木鉢なのですが(笑)。ジャッキーは上手に、素早く、植木鉢から降りて来ました。水入れが汚いのは、水替えの前だからです(滝汗)。亀も人間も危険な暑さのため、シャワー→餌→水替え→床のお掃除になります。にほんブログ村焦りの出遅れビルマホシガメ♀

  • 亀餌用のハイビスカスローゼル

    亀餌用に育てているハイビスカスローゼル(ピンク色の花)、昨年の種から発芽しました。いい感じで育ち、そろそろ植え替えをしようと考えていたら、主人が雑草と思い、すべて抜かれてしまったので(怒)、これは再度種蒔きをしたものです。発芽率が非常によく、画像のようにワサワサ状態です。亀餌用ですので、間引きなどをせずに、このまま育てます。少しだけ観賞したら、花も葉も、亀たちの餌になります♪採集場所の野草が草刈されたり、連日猛暑のため枯れていますので、こんな時に自家栽培の野草などが頼りになります。にほんブログ村亀餌用のハイビスカスローゼル

  • ミシシッピアカミミガメ27歳のどや顔

    ミシシッピアカミミガメのゾーイ(♀27歳)です。チビアルダゾウガメのジョー(♂)の食べ残しの上で、このどや顔。誰も取らへんよ~~。にほんブログ村ミシシッピアカミミガメ27歳のどや顔

  • ペニーは最後まで食べ続ける仔

    ホルスフィールドリクガメのペニー(♀)です。二度目の給餌ですが、他の仔たちが立ち去った後も、黙々と食べ続ける仔です。爆食する仔=可愛い仔なのですが、食べすぎや!にほんブログ村ペニーは最後まで食べ続ける仔

  • ミシシッピアカミミガメ27歳 合計31個産卵

    ミシシッピアカミミガメのゾーイ(♀27歳)です。産卵兆候は屋内へ入りたくなること・・・、でも屋内では産まず、屋外の数ヵ所の決まった場所に産卵する仔です。産卵箱でも産まず、これがゾーイの産卵スタイルです。昨日ゾーイは12個の卵を、体を斜めにしながら、卵を落としました。ゾーイは7月6日に6個、同13日に13個(この時点で今月の産卵はもうないと思っていました)、そして昨日12個、合計31個を産みました。卵の大きさは小さくはなっていましたが、それにしても31個とは(驚愕)。私にできることは、毎日ひょうたん池のお水を交換し、餌を与えること、これしかできません。27年間も一緒にいますが、体内のカルシウムを使って産卵をしていますので、決して油断はせずに、今後も飼育を続けます。ゾーイお疲れさまでした!にほんブログ村ミシシッピアカミミガメ27歳合計31個産卵

  • 底なしの食欲 ビルマホシガメ軍団

    屋外飼育中のビルマホシガメ軍団です。底なしの食欲です。桑の葉はこの3倍の量を完食しました。にほんブログ村底なしの食欲ビルマホシガメ軍団

  • チビアルダゾウガメはセロリ大好き

    チビアルダゾウガメのジョー(♂)です。酷暑が続き、ジョーは早朝と夕方だけ活動的になっています。日中は木陰を求めて移動し、爆睡しています。ジョーはセロリが大好きです。この嬉しそうな顔♪誤解があるといけませんので、記載しますが、私がセロリを与えるのはジョーだけです。他のリクガメには与えません。twitterなどが怖いのは、すぐに情報が拡散され、いつも「我が家」ではと書かないと、とんでもないことになります。ご自身の飼育個体の管理は、自己責任でお願いいたします。にほんブログ村チビアルダゾウガメはセロリ大好き

  • みんな食後のお昼寝中なのに

    ホルスフィールドリクガメのダイアナ(♀真ん中)です。他の3匹は、こちらにお尻を向けて食後のお昼寝中なのに、ダイアナだけまだ黙々と食べていました。食べすぎなので、少々心配になります。多飼育中のため、多めに餌を与えているのですが、小さなダイアナとペニーが、他の大きな仔たちよりも、食べているのが気になるところです。甲羅の凹凸が気になりますが、この2匹は、お迎え時から、ボコありです。しゃあないか。にほんブログ村みんな食後のお昼寝中なのに

  • 目立たないダイヤ

    ホルスフィールドリクガメのダイヤ(♀)です。おとなしくて、本当に目立たない仔です。ダイヤより体の小さい大食いのペニー&ダイアナにいつも圧倒されています。こういう仔ほど、気になりますので、ダイヤのことは要注意観察を続けています。ダイヤは大食いではありませんが、餌食いも良いです。他の仔たちが大食いなので、小食に見えるだけなのです。お迎え時から甲羅はツルツル、凹凸がありませんので、それまで適量を食べていたと想像しています。目立たないのも、ダイヤの個性です♪にほんブログ村目立たないダイヤ

  • 青梗菜の茎は食べん

    食欲旺盛のビルマホシガメ軍団、この日の餌は青梗菜でした。茎は食べん(悲)。にほんブログ村青梗菜の茎は食べん

  • 立つビルマホシガメ

    ビルマホシガメのラピス(♂)です。いつもこうして立っています。ラピスのこの目線では何も見えないと思うのですが、喉をボコボコさせて、上機嫌のようです。なにがおもろいんか。わからん。にほんブログ村立つビルマホシガメ

  • ダイアナとトレビス

    チビホルスフィールドリクガメのダイアナ(♀)が、トレビス山を登りました。長野県産のトレビスが安かったので(特価品でも見切り品でもなく)、7個買いました♪トレビス祭りです。にほんブログ村ダイアナとトレビス

  • ダディーのベゴニアは最高♪

    チビアルダゾウガメのジョー(♂)です。主人が大切に育てているベコニアの大鉢、ジョーが全部食べてしまいました。ジョーは大満足、主人は撃沈。いつものことですけどね。ジョーは優しいダディーが大好きです。にほんブログ村ダディーのベゴニアは最高♪

  • ヒガシヘルマンリクガメの孵化仔 セカンドクラッチ

    ヒガシヘルマンリクガメの孵化仔・ヨークっ仔です。7月18日に抱卵が確定し、本日早朝無事に産卵しました。ヨークっ仔は今年1月に初産、1個の卵を3回産みました。それがセカンドクラッチでは一度に3個、深い産卵穴を掘り、完璧な産卵作業ができました(成長の証)。詳細は次のとおりです。卵の重量18g長径3.8㎝×短径2.5㎝17g長径3.7㎝×短径2.5㎝17g長径3.7㎝×短径2.5㎝産卵前の体重880g→860g産卵後の体重780g産卵後の爆食を見て、安心しましたが、単独飼育をして休養させます。ヨークっ仔お疲れさまでした!頑張りました!!にほんブログ村ヒガシヘルマンリクガメの孵化仔セカンドクラッチ

  • ペニーは動く餌が好き♪

    ホルスフィールドリクガメのペニー(♀左)です。ペニーは動く餌が好き、この日はジェイミー(♀右)が食べていたレタスを簡単に奪って食べていました。ジェイミーは優しい仔なので、おとなしくしていました。これが、気の強い仔なら、奪い返すのですが。にほんブログ村ペニーは動く餌が好き♪

  • 甲長 21cm でした♪

    我が家で一番大きなヒガシヘルマンリクガメのメス、オスに死なれ、売りに出されていました。飼い込み個体の過去、年齢も不明、繁殖するには高齢だと思いましたが、ヘルマンリクガメ好きとしては、ほっておけなくて、我が家を終の棲家とさせたくて、何の迷いもなくお迎えしました。甲羅や腹甲成長線や形状などから、私の妄想が続きました。飼育環境や餌など、全く情報はありませんから、ひとつづつ謎解きのようで、それも楽しいです♪かなりの甲高、でっかい、食欲旺盛、これだけで十分でした。お迎え後も爆食を続け、オスを全く相手にせず(尻尾の形状と太さから産卵経験ありなんだけどな~)、餌命(苦笑)の仔です。成長線が出ていますので、これからも大きくなると思います。甲長21.0㎝体重1.8㎏堂々たるメスに成長しています。元気良すぎて、静止画像が撮れ...甲長21cmでした♪

  • ダイアナの乗り越え食い

    ホルスフィールドリクガメのダイアナ(♀)です。ダイアナの特技は奪い食い、だけだったのに、乗り越え食いもします(滝汗)。我が家で一番ちっこいのに、食い意地は一番!にほんブログ村ダイアナの乗り越え食い

  • ヒガシヘルマンリクガメの孵化仔 抱卵確定

    ヒガシヘルマンリクガメの孵化仔・ヨークっ仔の抱卵が今夕確定しました。ヨークっ仔は今年1月が初産でした。産卵床の整備をして、見守ります♪にほんブログ村ヒガシヘルマンリクガメの孵化仔抱卵確定

  • ダイアナの奪い食い

    ホルスフィールドリクガメのダイアナ(♀後ろ)、新入りで一番小さな仔です。ジェイミー(♀手前)が食べていた青梗菜の葉を、奪い取って食べていました。ジェイミーはとてもおとなしい仔なので、奪い返すことはしません。ダイアナは奪い食いをするのが、当たり前となってしまいました。にほんブログ村ダイアナの奪い食い

  • みんな大食い チビホルスフィールドリクガメ

    チビホルスフィールドリクガメのメスたちです。みんなとても大食いです。新入りのダイアナ(左上)も負けてはいません。夕方お腹が空くと、後肢立ちをして大暴れする仔たちです。愚見ですが、ヘルマンリクガメとホルスフィールドリクガメのメスを比較すると、後者の方が圧倒的に大食いです。オス同士の喧嘩(死闘)もメスに対する交尾の激しさも同様です。個体差ではなく、種の違いかと思います。にほんブログ村みんな大食いチビホルスフィールドリクガメ

  • ミシシッピアカミミガメ27歳が13個産卵

    ミシシッピアカミミガメのゾーイ(♀27歳)が、本日13個の卵(1個は割れてました)を無事に産卵しました。産みそうで、産まなかったので、心配していました。ゾーイは7月6日に6個産卵しました。今日は13個、卵の大きさは小さいのですが、驚愕の数です。産卵後、ひょうたん池の水換えをし(いつもよりもピカピカに磨き汗)、気持ち良さそうに、たくさんの餌を食べてくれました♪お卵は全部無精卵です。ゾーイお疲れさまでした!にほんブログ村ミシシッピアカミミガメ27歳が13個産卵

  • ツユクサ爆食ペア

    ヒガシヘルマンリクガメのジェイスリー(左♀)だけ、まだ抱卵がありません。怪しい行動があるのか、ないのか正直わかりませんが、毎日爆食、成長線も出ています。ジェイスリーは、メスケージ→単独飼育→そしてオスと同居させ、様子を観ています。ジェイたちはお庭で屋外飼育されていた仔たちなので、ツユクサが大好きです。同居中のオス(右)は発情することもなく、ひたすら爆食をしています。我が家はオスがおばちゃん化し、メスと仲良く生活しています。だから、産卵しても無精卵ばかり、これでいいのか・・・。にほんブログ村ツユクサ爆食ペア

  • ニシヘルマンリクガメを屋外日光浴へ

    ニシヘルマンリクガメのマヤ(♀)、そらさんちのきっぺいちゃんの母亀です。オスがそれほど発情しないため、無精卵を産んでいますので、ちょうど良い機会だから、単独飼育にして、休養させています。マヤだけでなく、他の仔もそうですが、プランターや植木鉢など、土の感触を覚えさせてたくて、屋外日光浴をしています。熱中症には注意しています。でも、今週は梅雨のような一週間、晴天が待ち遠しいです。にほんブログ村ニシヘルマンリクガメを屋外日光浴へ

  • ジャッキーの植木鉢倒し食いは日常茶飯事

    ビルマホシガメのジャッキー(♀)です。植木鉢倒し食いは日常茶飯事です。これでいいのでしょう。完全屋外飼育のため、みんな泥カメ状態ですが、大雨が降ると、汚れが流れて、美しくなります(苦笑)。雨風が入らないようなシェルターもありますが、雨の日は、みんな悠々と歩き回っています。にほんブログ村ジャッキーの植木鉢倒し食いは日常茶飯事

  • 小松菜の茎を食べてくれる♪

    ヒガシヘルマンリクガメのジェイたちは、我が家で小松菜の茎を食べてくれる仔たちです。お迎え直後は、どの仔も食べてくれるのですが、時間の経過と共に、贅沢になるようで、葉だけ食べて、茎だけ上手に残します。同様に、青梗菜の茎もです。食べ残しの茎は、全部チビアルダゾウガメのジョー(♂)の餌になりますので、無駄がありません。にほんブログ村小松菜の茎を食べてくれる♪

  • ジョーとクズの葉

    チビアルダゾウガメのジョー(♂)です。柔かいクズの葉を大量に採集でき、早速ジョーの餌にしました。ジョーの嬉しい顔は、私の嬉しい顔でもあります♪にほんブログ村ジョーとクズの葉

  • ジャッキーのかるわざ

    ビルマホシガメのジャッキー(♀)です。食欲旺盛、餌が足りないと(十分与えていますが)、でっかいのに、機敏に動きます。植木鉢(サイズは10号)にも、ひょいっと登ります(目撃)。にほんブログ村ジャッキーのかるわざ

  • チビホルスフィールドリクガメのダイアナ&ペニー

    チビホルスフィールドリクガメのダイアナ(手前♀)とペニー(後ろ♀)です。甲羅の色合いも肌の色も違いますが、共通点は大食いのメスです。我が家ではペニーが、一番小さいホルスフィールドリクガメでしたが、今はダイアナが一番小さい仔になりました。2匹の成長がとても楽しみです。ペニーは一番ちっこい目のホルスフィールドリクガメです(笑)。笑える愛嬌のある顔立ちは、私の癒しとなっています。にほんブログ村チビホルスフィールドリクガメのダイアナ&ペニー

  • ヒガシヘルマンリクガメの産み残しポロリ

    ヒガシヘルマンリクガメのジェイワンが、今朝6時過ぎ、産卵床の上にポロリと、卵を落としているのを発見しました。ジェイワンは6月16日5個の卵を産卵(我が家では初産)しました。今回は、産み残し産卵だと思うのですが、産卵歴のデータがありません。体重は通常に戻っていますが、これからも要注意観察を続けます。詳細は次のとおりです。重量20g長径4.0㎝×短径2.5㎝産卵前の体重1,070g産卵後の体重1,000gジェイたちのように、産卵経験がある飼い込みの仔たちは、我が家での飼育環境に慣れるのに戸惑いがあったと思います。私も亀たちも手探り状態なのです。ジェイワンは産卵後爆食をしました♪にほんブログ村ヒガシヘルマンリクガメの産み残しポロリ

  • インドホシガメの産卵

    本日インドホシガメのチャアムが無事に産卵しました。詳細は次のとおりです。早朝産卵床に埋もれた卵を発見しました。卵の重量20g長径4.0cm×短径3.0cm産卵前の体重1,940g→1.840g(体重の減少はチャアムらしい現象)産卵後の体重1,740g14時ごろ画像の卵を発見しました(産卵床に突き刺さっていました)。卵の重量38g長径6.0cm×短径3.0cm(過去最大)産卵前の体重1,740g産卵後の体重1,700gチャアムの産卵歴は、2014年2016年2018年2020年、そして今年は2022年♪数年に一度のサイクルですが、大きなカルシウムのコブが自然に取れたことにより、身軽に動けるようになったので、産卵サイクルに変化があるかもしれません。産卵後の爆食を見て、安心しました。にほんブログ村インドホシガメの産卵

  • ペニーの爆食ぶり

    ホルスフィールドリクガメのペニー(♀)です。餌は桑の葉、少量のトッピングは赤色のパプリカとキュウリ、早速桑の山を登り、キュウリを食べていました。お目目ちっこいのが、チャームポイントです。にほんブログ村ペニーの爆食ぶり

  • アカツメグサとヤブガラシ

    屋外飼育中のビルマホシガメたちです。餌はアカツメグサとヤブガラシ、どちらも大好物です。アカツメグサはシーズンの終わりかな?にほんブログ村アカツメグサとヤブガラシ

  • 入れてくれ~ は、抱卵の証

    ミシシッピアカミミガメのゾーイ(♀27歳)です。住まいは屋外のひょうたん池、チビアルダゾウガメのジョー(♂)にくっついて行動しています。ゾーイが、屋内へ入れてくれ~~!は、抱卵の証です。触診をすると、ほらね。お卵あり。とても分かりやすい仔です。この後、6個のお卵を排泄(産卵)しました♪にほんブログ村入れてくれ~は、抱卵の証

  • はじめまして ダイアナです。

    レプタイルズフィーバー2022にて、ホルスフィールドリクガメをお迎えしました♪名前はダイアナです。ダイアナは国内繁殖個体、お庭で育った仔です。仕入れという名目の愛亀です。ご覧の通り、激しい多甲板甲羅です。少し前から、気になっていた仔ですが、決断するのに迷いがありました。それが、同じ個体とは思えないほど成長していました♪これはもうお迎えするしかありませんでした。我が家での初温浴、爪切りをしました。とても愛らしいお顔のダイアナです♪にほんブログ村はじめましてダイアナです。

  • レプタイルズフィーバー二日目にセカンドクラッチ

    レプタイルズフィーバー2022が大盛況に終わりました。楽しかった♪の二日間でした。主催者さま&スタッフのみなさま、拙ブースにお越しくださったみなさま、関わってくださった出展者のみなさまに、心から御礼を申し上げます!老体と心に刺激をいただき、今日から、また地味に愛亀たちのお世話をしています(老体に鞭を打ち仕事もしています)。昨日帰宅後、予想通りですが、ヒガシヘルマンリクガメのジェイツーがセカンドクラッチを終えていました。詳細は次のとおりです。卵の重量20g長径4cm×短径3㎝20g長径4cm×短径3㎝割れた卵1個(画像手前)産卵前の体重1,000g産卵後の体重950gジェイツーは6月6日も卵が1個割れていました。今回も同様に、卵殻の強度はありましたが、卵が大きかったのかな?と想像しています。ジェイ達は飼い込...レプタイルズフィーバー二日目にセカンドクラッチ

  • バラの木食い 追記あり

    チビアルダゾウガメのジョー(♂)です。バラの花を食べただけでは物足りなく、植木鉢を倒して、枝も幹も食べていました。根は残っているから、大丈夫~~~と私、主人は悲鳴を上げていました。その後ジョーはさらに食べ続け、幹がなくなり、ほんまに根だけに近い状態になりました。鋭い棘があるのですが、大丈夫なようです(汗)。今日も亀たちのお世話をして、南港ATCホールへ向かいます。午前7時50分出かける直前にヒガシヘルマンリクガメが、産卵ケージで後ろ足ホリホリ、このまま産むのかな・・・。お留守番はいますが、頼りになりません。私は後ろ髪を引かれる思いで、南港ATCホールへ向かいます(雨が降ってます)。にほんブログ村バラの木食い追記あり

  • バラの花は食べるもんだよ 今日は レプタイルズフィーバー

    チビアルダゾウガメのジョー(♂)です。主人が大切に育てているバラですが、ジョーは美味しそうに花を食べていました。我が家は、これでいいのです。これで平和なのです。**************************今日からレプタイルズフィーバーです。明日もネズミの下僕として頑張ります。可愛いデグーハチワレパイド多め、チビネズミ、黒モル、ハゲハム、カラーマウス他、亀もちらほら。あと、新作ガチャも大量入荷。会場でお会いしましょう。(昨日の川口さんのTwitterから転載)私はといえば、つい先ほど抱卵中のミシシッピアカミミガメのゾーイが部屋へ入りたくて、ステンレス製の網戸をぶち破り(高いのよぉ~~)、部屋の中へ入ってきました。ヒガシヘルマンリクガメが飼育ケージで後肢ホリホリ→産卵ケージへ入れるとピタッと止め、産む...バラの花は食べるもんだよ今日はレプタイルズフィーバー

  • 桑の葉 独り占めできひんかった

    ビルマホシガメのビビ(♀手前)が、ひとりぽっちだったので、桑の葉を置いたら、他の3匹が一斉にどこかから現れました(笑)。ビビは、独り占めできひんかった。にほんブログ村桑の葉独り占めできひんかった

  • ジェイワン 産み残しかな?

    ヒガシヘルマンリクガメのジェイワン(♀)です。この日の餌は、朝摘みの桑の葉、ツユクサ、ノゲシ、ジェイワンは餌桶からすぐに食べ始めました。この暑さで、野草が枯れはじめていますので、有難い朝摘み餌です。ジェイワンは6月16日に5個産卵しました。産後の爆食ぶりがすごいので、触診をしたら、お卵がありました。ジェイワンは我が家では初産だったため、産卵歴がありませんが、6月16日の産み残しかな?と思います。でも、我が家には数週間ぐらいで、セカンドクラッチした仔もいます・・・。にほんブログ村ジェイワン産み残しかな?

  • ご飯の催促は諦めません。

    チビアルダゾウガメのジョー(♂)、猛烈な暑さにも負けず、食欲旺盛です。ジョーはルーフバルコニーの一番涼しい場所の植木鉢などをなぎ倒して、自分の居場所を作りました(賢)。私はジョーの大きな甲羅にシャワーを浴びさせ、打ち水をして少しでも涼しくなるようにしています(それでも暑い)。ご飯の催促は、決して諦めません。もらえるまで、ここから動きません。いつもジョーが勝ちます。にほんブログ村ご飯の催促は諦めません。

  • その仲間たちの笑けるほどの食欲

    ホルスフィールドリクガメその仲間たちの3匹・メスたちです。画像手前のジェイミーは、自分の餌を確保するために、ダイヤ(左)を押さえつけていました。食べすぎかと思うほどの量を食べます。笑けます。餌量が足りないと、大暴れします(苦笑)。この画像は、二度目の給餌タイム、『私たちまだ餌はもらってない!』の顔して、一心不乱の食べ続ける仔たちです。急成長をさせたくないので、低カロリーの餌を多くしています。にほんブログ村その仲間たちの笑けるほどの食欲

  • ジャックの卍寝

    ホルスフィールドリクガメのジャック(♂)です。卍寝中。心が癒されます。にほんブログ村ジャックの卍寝

  • ホルスフィールドリクガメと金色羅皇(こんじきらおう)

    ホルスフィールドリクガメのペニー(♀)、我が家で一番小さなホルスですが、食い意地はすごいです。黄色いスイカ(金色羅皇こんじきらおう)が、少し値引きされていたので、私と亀用に買いました♪とても甘く、種が非常に少なく、食べやすく、とても美味しかったです。ペニーはちっこい目を大きく開いて、食べていました。にほんブログ村ホルスフィールドリクガメと金色羅皇(こんじきらおう)

  • ヒガシヘルマンリクガメのセカンドクラッチ確定

    ヒガシヘルマンリクガメのジェイツー(♀)です。ジェイツーは産卵経験のある飼い込みのメスですが、我が家での初産は6月6日、22gの卵を2つ、小さな割れた卵を産みました。産卵後の体重は920g、現在は1,040g+です。6月6日の卵は全部無精卵でした。産卵後の爆食は、セカンドクラッチの可能性があります。よく聞かれるのですが、セカンドクラッチまでの期間ですが、個体差があり、わりません。我が家の場合は、早い仔で数週間後にセカンドクラッチでした。産卵記録のある仔は、セカンドクラッチではなく、産み残しの場合もあります。生き物ですから、過去の例が参考にならない場合もありますが、詳細な産卵歴は、今後の参考になることがあります。こちらの都合どおりにいかない場合が多く、なにしろ産むのは亀たちですから、私は、私ができる産卵環境...ヒガシヘルマンリクガメのセカンドクラッチ確定

  • ヒガシヘルマンリクガメのジェイフォーが産卵

    昨日twitterでは、産卵中の画像を掲載済みですが、ヒガシヘルマンリクガメのジェイフォーが産卵しました。産卵穴が掘れないと思っていましたが、他の仔たちと同様に、深~~~い産卵穴を掘ることができる仔でした(謝罪)。詳細は次のとおりです。卵の重量22g長径4.2㎝×短径2.5㎝21g長径4.1㎝×短径2.5㎝産卵前の体重800g→750g→720g→730g産卵後の体重680g小さな体で、体重を激減させながら、大きな卵を2個も産んでくれました。産卵後はレタスを爆食し、少し安心しましたが、体重が激減しているので、単独飼育をしてしっかりお世話をします!ジェイたちは(ワン・ツー・フォー)、我が家では初産です。スリーだけまだ産卵はしていません。卵はありますが、無精卵です。当然ですが、無精卵は有精卵にはなりませんが、...ヒガシヘルマンリクガメのジェイフォーが産卵

  • 方向は合っているチビデカ

    ホルスフィールドリクガメのチビデカ(♂)は、マウマウの方向は合っているのですが、成功しているのかどうかはわかりません。ジェシカ(♀)には、石ころ扱いされながらも、一生懸命にマウマウをすることがあります。ジェシカは爆食中でした。にほんブログ村方向は合っているチビデカ

  • ホルスフィールドリクガメのジェイスリー

    ホルスフィールドリクガメのジェイスリー(♀)です。メスケージで生活をさせていたら、他のメスの前肢に噛みつき、オスのような本格的なマウマウを始めたので、単独飼育をしています。我が家ではメスがオス化するのは、抱卵の合図ですが、触診をしても、卵は未確認です。ツユクサのプランターに入れたら、何の躊躇もなく、すぐに食べ始めました。屋外飼育をされていた飼い込み個体なので、きっとそれまでも食べていたのでしょうね♪にほんブログ村ホルスフィールドリクガメのジェイスリー

  • 雨降り大好き ミシシッピアカミミガメ

    ミシシッピアカミミガメのゾーイ(♀27歳)です。水棲亀ですから、当然のことながら、雨が大好きです。室内からゾーイを見ていたら、まぁ~~とっても楽しそう♪雨水を飲み、雨に打たれ、嬉しそうな顔をしていました。そうだよね。住まいがひょうたん池では小さいね。にほんブログ村雨降り大好きミシシッピアカミミガメ

  • ジェイミーはプライスレス

    ホルスフィールドリクガメのジェイミー(♀)です。ジェイミーは、販売する上で、商品価値のない仔です(飼い込み・引き取り個体、お店としては、売ることができない仔でした)。誰が決めたんや!と思うのですが、厳しい現実です。→私はすぐにお迎えを決めました♪配合飼料で育てられたため、甲羅はボコボコの凹凸あり、癒着箇所もあり、不揃いの乱れた成長線、甲羅が縮んでいますので、お尻が丸見え、肩が丸見えなど、かなり個性的な仔です。お迎え後、一度も配合飼料を与えていませんが、何でも美味しそうに食べ、食欲旺盛、とても愛らしいお顔、商品価値はなくても、私には最高の仔、プライスレスです♪にほんブログ村ジェイミーはプライスレス

  • チビデカ 方向は合ってまっせ

    ホルスフィールドリクガメのチビデカ(♂)です。産卵経験のあるジェシカに発情することがあります。チビチビ(♂)は、メスの甲羅の真横からマウマウしていますが(汗)、チビデカの場合、方向は合っているのですが、成功しているかどうかは謎です。ジェシカの前飼い主さんに伺ったら、とても強い仔!だそうです。我が家でも同じ、ジェシカは強い、オスを石ころ扱いしています。ジェシカの孵化仔はとても美しい仔でした。我が家では、オスがまだ修行中ですから、孵化仔誕生は少し先になりそうですね。にほんブログ村チビデカ方向は合ってまっせ

  • ハローマミー♪ は抱卵の合図

    ミシシッピアカミミガメのゾーイ(♀27歳)です。リビングルームの出入り口から、ハローマミー♪という感じです。これは、抱卵の合図です。ゾーイは、抱卵すると、なぜか屋内へ入りたがります。触診をしたら、やはりお卵あり、そして、本日午後、卵を6個屋外で無事に産みました。もちろん無精卵です。ゾーイお疲れさまでした!にほんブログ村ハローマミー♪は抱卵の合図

  • 抱卵中ジェイフォーのどや顔

    ヒガシヘルマンリクガメのジェイフォー、産卵ケージ生活をしています。触診をしたら、両後肢のつけ根に、それぞれ小さな卵がありました(以前は、1つの卵しか確認できませんでした)。ジェイフォーは体の大きさ、尻尾の形状などから、私の妄想では、初産だと思います。産卵ケージ内で大暴れをするようになり(産卵兆候のひとつ)、とにかく脱出したいようです。6月16日に産卵したジェイワンは、産卵ケージから一度落下、ジェイフォーは二度も落下しましたので、落下防止の対策をしました。ジェイフォーのこのどや顔、なんか嬉しそうです。その後、産卵ケージの脱出防止をしたのですが、今朝はガラス蓋を体全体で持ち上げて、落下させました(焦)。産卵土を厚くしていますが、爪先立ちをするから、仕方がありません。早く産んでくれ~~~。にほんブログ村抱卵中ジェイフォーのどや顔

  • ストロベリームーンの翌日 ジェイワンが産卵

    ヒガシヘルマンリクガメのジェイワンが、ストロベリームーンの翌日・昨日産卵しました。産卵穴が掘れず、苦労していましたが、なんと深~~~い穴を掘り産卵、産卵穴を埋め戻し、産卵ケージ全体の土をカチカチに固めて産卵場所を隠し、余裕の知らんぷりをしていました(騙された私)。詳細は次のとおりです。卵の重量18g長径3.9㎝×短径2.5㎝20g長径4.0㎝×短径2.6㎝19g長径4.0㎝×短径2.5㎝24g長径4.5㎝×短径2.5㎝23g長径4.5㎝×短径2.5㎝産卵前の体重1,156g産卵後の体重975g我が家ではジェイワンは初産、大きな卵を5個も抱えて、大変だったと思いますが、本当に頑張ってくれました。感謝しかありません。餌は食べていましたが、大暴れの結果、体重が減少しました。産卵後の爆食、安堵しました。ジェイワン...ストロベリームーンの翌日ジェイワンが産卵

  • 幼体時から育てられたチビデカとチビチビ

    ホルスフィールドリクガメのチビデカ(♂右)とチビチビ(♂左)です。前飼い主さまからのお名前を、そのまま引き継いで呼んでいます。凹凸の全くない甲羅と艶は、前飼い主さまの偉業です。今はメスと同居を試みていますが、ほとんど単独飼育、運動量も多い仔たちですが、2匹とも増量中です。幼体時から一緒に育てられた仔たちですが(前飼い主さま宅でも単独飼育)、オスのサガが非常に強く、オス同士は死闘を繰り返すため、一緒には飼育できません。ヘルマンリクガメのオス同士とは比べられないほど、非常に激しく、驚愕するレベルです。この画像でもわかりますが、2匹を同時に置いたその瞬間、チビチビ(左)が、チビデカ(右)に噛みつこうとしていました。私への威嚇も激しく、大きな口を開けて、噛みつこうとします。甘噛みではなく、本気噛みでした(痛さ体験...幼体時から育てられたチビデカとチビチビ

  • ストロベリームーン、ジェイワンは産卵穴が掘れません。

    昨晩は満月(ストロベリームーン)、あちこちで亀たちが産卵していると思いました。我が家の抱卵中のジェイワン(J1)は、大暴れをして、産卵ケージ(2段目)から落ちました(焦幸い怪我無し)。実は、ジェイワンは産卵穴が掘れないようです。我が家へお迎えする前は、飼育ケージの床材に産み落としていた仔でした。我が家では産卵ケージ生活、産卵穴を掘ろうとするのですが、掘り方がわからないようで、右後肢で溝を掘り、左後肢で溝を掘り、2本のレールができます。ジェイツーは、初めから、両後肢を使って、深~~い産卵穴を掘れたのですが、ジェイワンのような仔も我が家もいました。それが産卵を重ねると、上手に掘れるようになります。個性的ないろいろなメスがいて、それも楽しいリクガメ飼育が、産卵に関しては心配です。にほんブログ村ストロベリームーン、ジェイワンは産卵穴が掘れません。

  • チビチビとその仲間たち解散

    ホルスフィールドリクガメのチビチビ(♂)が、発情するようになり、チビチビとその仲間たち(チビメス3匹)は解散することになりました。チビチビはお嫁さん候補のカレンに早速マウマウしていました。でもね。方向がちゃう(滝汗)。チビチビに学習能力がありますように(数日間様子を見ているが、ない・・・)。カレンがストレスになるようなら、チビチビを単独飼育をしますが、カレンはチビチビを相手にせず、爆食を続けています(画像ご参考)。にほんブログ村チビチビとその仲間たち解散

  • ヒガシヘルマンリクガメの抱卵確定

    ヒガシヘルマンリクガメのジェイフォー(J4)の抱卵が、昨日確定しました。我が家には、ヒガシヘルマンリクガメのジェイワン(J1)~ジェイフォー(J4)のメスが4匹います。ジェイワンは抱卵中(未産卵)、ジェイツーは、2個産卵済み(残念ながら2個とも無精卵)、ジェイスリーは、飼育ケージ内で後肢ホリホリ、触診しても卵なし、そして、ジェイフォーの抱卵が確定しました。ジェイたちはお庭で屋外飼育をされていました(冬は屋内飼育)。4匹とも甲羅の凹凸がなく、人工飼育とは思えない仔たちです。ジェイフォーをツユクサプランターに置いたら、迷うことなく、すぐに食べ始めました。きっとお庭で食べていたのでしょうね。我が家はお庭はありませんが、こうして屋外のプランターで自由にさせています。母亀の体調を最優先し、卵詰まりがないようにします...ヒガシヘルマンリクガメの抱卵確定

  • なんで、ここにいるん!

    ミシシッピアカミミガメのゾーイ(♀27歳)です。なんで、ここにいるん!ビルマホシガメの飼育場所は、チビアルダゾウガメのジョー(♂)が入らないように、ジョーの小路をバリケードしています。ジョーは通り抜けられた記憶があり、毎日何度もバリケード前まで来ますが・・・。しかし、ゾーイは、バリケードを楽々突破しました(驚)。ゾーイも今までの記憶があります。カメの記憶力は侮れません。ゾーイは悪さをしないので、大丈夫です。にほんブログ村なんで、ここにいるん!

  • ミズとリクの合同日光浴

    ミシシッピアカミミガメのゾーイ(♀27歳左)とチビアルダゾウガメのジョー(♂右)です。ゾーイは、いつも画像のようにジョーを見ています♪ジョーは爆睡中なのですが。2匹とも餌を食べた後、必ず日光浴をします。ミズとリクの合同日光浴です。室内から撮ったのでわからなかったのですが、ジョーの左後肢の所にうん〇が映っていました(汗)。小さく見えますが、巨大サツマイモサイズです。そしてゾーイも小さく見えますが、体重は3㎏+あります。にほんブログ村ミズとリクの合同日光浴

  • 早起きオスたち

    早朝まだそれほど気温が上がっていないのに、オスたちはすでにパトロールに出かけています。6月4日九州爬虫類フェス(九レプ)へ行く当日、チビアルダゾウガメのジョー(♂)の起床時間が、午前4時44分だったように、ビルマホシガメのオスたちも早起きなのでしょうね。青梗菜を与えたら、早速食べていました。その一方、メスたちはシェルターの中で爆睡していました。にほんブログ村早起きオスたち

  • マミー 私 独り占めできなかった

    ビルマホシガメのビビ(♀下)です。昨日掲載記事の画像は、レタスを独り占め♪できたと思ったら、すぐに他の仔たちが駆け付けました。いつものんびりしているのに、こんな時だけ俊足!ビビ撃沈。青梗菜の茎は食べないので、残飯整理役・チビアルダゾウガメのジョー(♂)に与えます。葉野菜は高いのよ~~~。にほんブログ村マミー私独り占めできなかった

  • おやつ我慢して貯めた1万円 九州爬虫類フェス2022 私物語

    九州爬虫類フェス(九レプ)2022私物語を聞いてください。毎回アツアツの太宰府天満宮の梅が枝餅を差し入れてくださるのは、Kパパ&Kくん(小学3年生)。昨年Kくんは某ヤモリを買い、今年はペアにしようと、おやつなどを我慢し(100円貯金泣けた)、1年間貯めたお金が1万円でした。いつもより到着が遅いなぁ~~と思っていたら、車で博多へ向かう途中、後ろからトラックに突っ込まれました(大丈夫かいなKくんは車酔い体質)。それでもなんとか会場へ到着し、昨年のお店に行ったら、いなかった・・・(Kくん撃沈)。Kくんにヤモリの名前を聞いたのですが、元気がなく、小さな声だったので、私は名前が聞き取れませんでした。私ヤモリの知識はございません。えらいこっちゃ。えらいこっちゃ。そんな時、頼りになるのが、ぶりくら事務局長の川口さん、そ...おやつ我慢して貯めた1万円九州爬虫類フェス2022私物語

  • 九州爬虫類フェスの翌朝に産卵

    ヒガシヘルマンリクガメのジェイツー(J2♀)です。私が九州爬虫類フェス2022出展のため留守にしている間、産卵ケージに入れていた仔、産んでいませんでしたが、かなり大暴れした痕跡がありました。そして昨日の早朝産卵していました。我が家で産卵するのは初めてでしたが、深~~い産卵穴を掘るなど、ちゃんと産卵作業ができる仔でした。詳細は次のとおりです。卵の重量23g長径4.0㎝×短径3.0㎝23g同上そして小さな割れた卵1個(画像手前)産卵前の体重1,050g→1,025g産卵前の体重920g産卵後もすぐに爆食い、安心しました。にほんブログ村九州爬虫類フェスの翌朝に産卵

  • 九州爬虫類フェス(九レプ)2022 出展御礼

    九州爬虫類フェス(九レプ)2022から、昨晩帰阪いたしました。画像は、拙ブース前のぶりくら・ぶりぃ堂ブース、ちょっとおすまし2名+ひたすら食べ続ける1名で、2日間とっても楽しそうでした♪♪中年になっても、少年のような3人組、微笑ましかったです(仲間たちからは爆笑の渦)。非常に多くのご来場者さま、大盛況でした。主催者さま&スタッフさまなど関係者の皆様に大感謝です!!大笑いしてバチが当たったのか、帰阪後悪夢が私に襲いかかりました。パソコンの受信メールが0になりました(大慌て、涙)。不幸中の幸いですが、常に整理していたお陰で、被害は最小限でしたが、川口さんにお手間をかけさせることになりました(謝罪)。仕入れも兼ねて出展したのですが、候補はありましたが、即買いするまでには至りませんでした。連れて行った仔は、優秀な...九州爬虫類フェス(九レプ)2022出展御礼

  • ペニーはトレビス好き

    我が家で一番小さいホルスフィールドリクガメのペニー(♀)です。チビチビ(♂)の仲間たちの一員です。小さいと思っているのですが、ぐ~んぐ~~んと成長しています。とにかく食べる~食べる~~♪特にトレビスが大好きです。早く食べないと、他の仔たちに食べられてしまうので、ペニーの特技は、高速食いです。午前3時起床、亀たちのお世話をして、ただいま小休憩、誰も起きていないと思ったら、川口事務局長からぶりくら市・とんぶり市関連のたくさんのメールが届いていました。闇の中から、餌を食べる咀嚼音が聞こえています(爆)。にほんブログ村ペニーはトレビス好き

  • ヒガシヘルマンリクガメの抱卵確定

    ヒガシヘルマンリクガメのジェイツー(J2)、今朝抱卵が確定しました。先月抱卵が確定したジェイワンは、まだ産卵していません(右後肢の付け根に卵あり)。卵が体内の中で動くため、時々卵が消えます(汗)。産卵兆候は一度もなしです。ジェイツーは、両後肢の付け根に卵がありました。お腹がパンパンのはずです。私明朝から九州爬虫類フェスに出展のため博多へ行きます。頼りにならない留守番はいるのですが・・・。ジェイワンもジェイツーも我が家では初めての産卵です。なんとかなるでしょう~~。にほんブログ村ヒガシヘルマンリクガメの抱卵確定

  • 早朝のお散歩

    ビルマホシガメのラピス(♂)です。共同シェルターにいなかったのは、ラピスでした(苦笑)。早朝からお散歩中でした。どこからどう入ったら、この場所へ行けたのか(爆)。屋外飼育は、みんな自由に行動でき、イキイキして、見守る私もとても楽しいです♪にほんブログ村早朝のお散歩

  • あれ? 1匹いないけど。

    ビルマホシガメの共同シェルターです。前夜確認した時は、3匹いたのに・・・。1匹どっか行きました。にほんブログ村あれ?1匹いないけど。

  • ノゲシが発芽中

    ヒガシヘルマンリクガメの孫亀です。あちこちから、ノゲシがこぼれ種(吹き飛ばされた種)から、自然に発芽中。もう少ししたら、みんなの餌になります♪にほんブログ村ノゲシが発芽中

  • チビホルスフィールドリクガメとウチワサボテン

    チビホルスフィールドリクガメのペニー(♀)です。我が家はウチワサボテンもグラパラリーフと同様に、年中屋外放置状態です。ウチワサボテンは、風通しの良い場所に置いても、表面にカイガラムシが付着します。これからの季節ウチワサボテンの新芽の成長が早く、ウチワが大きくなると、亀餌になります♪にほんブログ村チビホルスフィールドリクガメとウチワサボテン

  • シロバナタンポポが消えた

    10号サイズ(3鉢)に植えてあったシロバナタンポポと緋色タンポポが、消・え・ま・し・た(笑)。ビルマホシガメのジャッキー(♀)、7㎏以上のでっかい仔、足長い・ごんぶと、餌しか頭にない仔だから、植木鉢もプランターもひょいっと身軽に登ります。シロバナタンポポは種を取ってあるから、大丈夫ですよ♪にほんブログ村シロバナタンポポが消えた

  • ビルマホシガメの屋外飼育開始

    少し前から、ビルマホシガメの屋外飼育を開始しました。食欲など注意深く観察をしていますが、問題はなさそうです。食欲旺盛です。画像は、ビルマホシガメのジャッキー(♀)です。ジャッキーのお気に入りの場所へ、シェルターを置いたら、入ってくれました(嬉)。ジャッキーはまだ成長中、シェルターからお尻が出ています。追加:お尻だけ出るのが嫌なのか、90度右に方向転換し、今では全身シェルターに入っています。にほんブログ村ビルマホシガメの屋外飼育開始

  • 爬虫類用スペシャルフード ほんまかいな → ほんまやった

    kame-yaナオさんが販売されているスペフー(爬虫類用スペシャルフード)です。とんぶり市で販売されていましたが、2年続けて完売のため購入することができず(社員として、早朝からすることがたくさんあるため)、3年目でやっとで入手できました(スタッフの上原さんとご一緒)。その後、翌年のとんぶり市で、そして今回は初めて通販で購入しました(迅速対応に感謝)。実は、ナオさんがとんぶり市でビルマホシガメを初出展された時、私はアコさん(akoproduction)と一緒に、生体とお値段のチェックに行きました(初公表私は興味津々のうるさい婆苦笑)。その当時から、アコさんも私もビルマホシガメの繁殖をしていました(正しくは現在形)。生体の美しさ、それに見合うお値段設定に納得(私たちは国内繁殖個体の安売り反対)、とても嬉しい気持ちと...爬虫類用スペシャルフードほんまかいな→ほんまやった

  • チビチビの仲間たちは食欲旺盛

    ホルスフィールドリクガメのチビチビ(♂左手前)の仲間たちは、食欲旺盛、とにかくよく食べます。チビチビは、画像では圧倒されているように見えますが、しっかり食べています♪10分ほどの日光浴もさせています(熱中症に要注意)。にほんブログ村チビチビの仲間たちは食欲旺盛

  • ハイイエロー甲羅のケツ

    ヒガシヘルマンリクガメのコボ(♂)です。ハイイエロー個体です。我が家のオスは、めったに発情しませんので(滝汗)、食っちゃ寝の生活を送り、コボも黄色の成長線が見えます。この遺伝子を残したいのにね。にほんブログ村ハイイエロー甲羅のケツ

  • どや! ちゃん太のお尻尾

    ニシヘルマンリクガメの父亀・ちゃん太です。めったに発情しませんが、ご立派なお尻尾です。ちょっと嫌になります。にほんブログ村どや!ちゃん太のお尻尾

  • 映える黄色の甲羅

    ニシヘルマンリクガメの父亀・ちゃん太です。リクガメの甲羅は、太陽光の下で輝きます(私にはそう見えます)。ちゃん太は、映える黄色の甲羅です。にほんブログ村映える黄色の甲羅

  • 入れませんよ

    インドホシガメのパイロット(♂)です。お尻の個性的な模様で、どこの国内繁殖個体かすぐにわかります♪リクガメって、頭が隠れていれば安心するみたいで、お尻丸出しです(笑)。そして、私が亀部屋から戻ってみると、パイロットが消えていました(驚)!マジック?と思いましたが、パイロットは椅子の中へ入っていました。そこは入れないと思っていた私、油断と思い込みは、リクガメ飼育には厳禁だと思いました!にほんブログ村入れませんよ

  • チビホルスフィールドリクガメと満開のグラパラリーフ

    我が家のチビホルスフィールドリクガメ、満開のグラパラリーフの上に乗せられて、怪訝なお顔をしていました。ぎょっこんなに目がちっこい?と思い、確認しましたが、実物はもう少し大きい(笑)。マロママさんからいただいたグラパラリーフは(我が家のはチビアルダゾウガメのジョーが根こそぎ完食)、年中屋外放置、寒い時期は成長が止まりますが、通年亀餌になり、とても重宝しています。にほんブログ村チビホルスフィールドリクガメと満開のグラパラリーフ

  • 笑ってる場合ちゃう!

    インドホシガメのパイロット(♂)です。室内温浴中(窓は開けていました)、すごい音がしたので、見に行ったら、この状態でした。笑いながら(私にはそう見えた)、起き上がろうとして生殖器を披露していました(画像は自粛)。『パイロット、笑ってる場合ちゃう!』甲羅・腹甲模様も美しく、なによりも健康体なのに、いつもメスたちに石ころ扱いされる原因は、これか!と楽しく妄想中です。にほんブログ村笑ってる場合ちゃう!

  • インドホシガメのオス 700g台に

    インドホシガメのパイロット(♂4月で満6歳)、「ジョーの小路」の端を爆走中(真ん中は爆走しない笑)、安定の700g台になりました♪餌の上を歩き回り、他の仔たちの邪魔をするのですが、私が見ていない時に、爆食しているようで、体重は右肩上がり、700g台になりました。甲羅の凹凸がそれほどなく、四肢はごんぶと、がっしりした体格です。オスは発情を繰り返すため、成長が遅くなるのですが、パイロットは違います。オスには強く(オス同士の優位マウマウ好き)、メスには弱く(メスにマウマウしているのかな滝汗)、メスたちには石ころ扱いされているため、いつも甲羅が汚れている仔です。鼻水を一度も出したことがなく、就寝前の生死確認(汗)時には、目を輝かせ、遊んでもらえると思っている仔(夜更かし大好き)です。とにかくおもろい仔です。にほんブログ...インドホシガメのオス700g台に

  • ホルスフィールドリクガメと仲間たち

    ホルスフィールドリクガメのチビチビ(♂前飼い主さまから譲り受けた名前左下)と仲間たちです。仲間たちは、全部メスですが、まだ小さいせいか、チビチビは発情することなく、みんな仲良く、食っちゃ寝をしています。みんな、みんな増量中♪チビチビがもう少し大きくなったら、カレン(♀)と会わせます。にほんブログ村ホルスフィールドリクガメと仲間たち

  • ボクも向こうに行きたい

    チビアルダゾウガメのジョー(♂)です。エアコンの室外機が大きくなり、「ジョーの小路」を進むことができません。毎日何度も室外機の手前まで行き、「回れ右」して戻っています。置き土産は、いつも巨大サツマイモサイズのうん〇(笑)。いつかは通れると思っているのかな(絶対に無理)。ジョーは通り抜けられませんが、ミシシッピアカミミガメのゾーイ(♀27歳)は、これまでどおりに、スタスタと歩いています。ジョーのず~~と向こう側の小さな黒い物体がゾーイです。にほんブログ村ボクも向こうに行きたい

ブログリーダー」を活用して、ケイティママさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ケイティママさん
ブログタイトル
ニシヘルマンリクガメ&アルダブラゾウガメ
フォロー
ニシヘルマンリクガメ&アルダブラゾウガメ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用