searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

青山プレップスクールさんのプロフィール

住所
東京都
出身
石川県

システムについて考えているときも、 生徒さんの成績について考えているときも、 お母様の相談に乗っているときも、 いつも考えているのは、結局は、 「人間って何だろう?」 興味が尽きることはなさそうな話題です。

ブログタイトル
ぼくの細道
ブログURL
http://mypath-migiue.blogspot.com/
ブログ紹介文
日々の生徒さんとのふれあいの中から感じること。 人間って面白いですね。
更新頻度(1年)

16回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2008/12/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、青山プレップスクールさんの読者になりませんか?

ハンドル名
青山プレップスクールさん
ブログタイトル
ぼくの細道
更新頻度
16回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
ぼくの細道

青山プレップスクールさんの新着記事

1件〜30件

  • 『勝者の資格』

    「一」にはじまり、「一」はすべて すべては不調時の過ごし方で決まる 練習とは、不可能を可能にすること 適当な仕事にスランプなし 進歩はなぜの積み重ね なぜチャレンジには限りがないか 仕事の三大要素ー計画、実行、確認 尊い知識ほど単純である 理をもって戦うという...

  • うちに来ている全女子に読んでほしい本『キリン解剖記』(2019ベストブックぼくの)

    去年から、うちの子どもたちに薦めまくっている 『キリン解剖記』 帯を読むと、「研究者たいへんだけど楽しい」本のように思いますが、 内容はそれだけにとどまりません。 むしろぼくが子供たちに読んでほしいと思っている点は、 ○ 成長物語として ○ ミステリー...

  • 小学生から宿題を出されたので、お手本を示したよ。宿題は「学べ高」に注目しよう

    小学生から、「どうしても観てほしい」と宿題を出されました。 「あるテレビ番組を、来週の月曜までに、少なくとも4話は見て、感想を述べること」 今週末は、大学入試センター試験とかもあって、時間取れないんだよー。 とはいえ、ここで逃げていては示しがつきません。 算数の...

  • 勉強は受験生だけのものではない(という文化)

    2020年(令和2年、やっくる3年) あけましておめでとうございます。 大晦日までやって、2日からやっていますというと、「受験だから大変ですよね」とよく言われます。 だけど事実としては、 □ 年末年始も来ている子の半分以上は、非受験生 ...

  • 「面倒くさい」との面倒くさい戦い

    勉強って面倒くさいですね。 そしてそれに付き合うのも、同じくらいかそれ以上に面倒くさい。 ===== やってみせ 言って聞かせて させてみて 誉めてやらねば 人は動かじ ===== この仕事を始める12年前 あー、なんて面倒くさいんだ。ぼくには絶対にでき...

  • 【小中高大】算数学び直し。数えることから始めよう

    新・青山Fプレップスクールのブログです。 ご家庭や、各種教育に携わっている方々に、何等かヒントになれば幸いです。 ゆかいに、かしこく、しなやかに、 「ゆかし」い気持ちを、「You can see!」にするんです。 20年後の未来のために。 その先へ、新・学問Fのすすめ

  • 我が子を塾の金儲けの犠牲にしてはいけない。で、結局どうするか

    ぼくがこの仕事を始めるにあたって、 (いろいろ考えたことはあったにせよ) 一番重要視したのは、「我が子を、今の教育産業の犠牲にしてはいけない」 ということ。 (それについては書きたいことはいろいろとあるけれど、それはまた) で、「結局、あなたは何をやってるの?」につ...

  • 悪気なく、単に忘れることってあるのです

    ぼく自身もあります。 悪気はないんだけど、ぽかっと忘れてしまうこと。 特に、あまり気乗りのしないことだったりすると。 子どもたちに対して、「まじかよ!」と思いたくなるときもあります。 だけど、忘れたものは仕方ないんですよね。 そこで怒っても良いことはない。特に感情的に...

  • よく見ること、変化に気づくこと

    問題をよく見ないと、答えなんかわかるはずがありません。 勉強が苦手でない子は、たいてい問題を見ていない。 同様に、子どものことをよく見ていないと、 どのように説明したり、導いて良いかわかるはずがありません。 その子の興味が今この瞬間どこに向いているのか、 どんな心理...

  • 働き方改革もいいけれど、学び方改革

    改元に伴う10連休 子どもたちの話を聞く限りですが、結局授業の総時間は変わらないから、 他へしわ寄せが行くだけ。 やることは変わらないから、テスト前にぎゅっと詰め込まれるだけ。 もちろん、休みだからこそ出来ることはたくさんあります。 学校の勉強だけが勉強ではない。(...

  • GWが終わって、ちょっと一息っというわけにもいかないね

    長く激しい? GWも終わって ちょっと一息と思ったけれど、 中間テストも近づいているのね。 テストのために勉強しているわけではないけれど、 テストで望む結果を出すということも、一種のスキル。 □ 日頃の勉強に抜けがないかのチェック □ テスト技術の向上の良い機会 ...

  • しりとりって大事

    親子で簡単に楽しめる。 語彙を増やす上でも、 また、記憶力や思い出す力を鍛える上でも、 しりとりって良いですよ。

  • メモって大事

    今朝、何か良いことを思いついたのですが、 忘れてしまいました・・・ 家を出て、自転車に乗って(その時は、見た夢のことを考えていた) 坂を下ったところで、携帯を忘れたことに気がついて、 家に戻りながらも、「忘れたってことあるかな?」と考えていて、 鞄の中をチェックしたら...

  • ぼくがラテン語を学び始めた理由

    最近、ラテン語を学び始めました。 (実は何度か挑戦していて挫折している・・・) 何の実用もないのですが、 ただぼくが、 「うーん、わからなくて苦しい・・・」 「やりたくないなー」 という気持ちを忘れないために。 そして、その中でどうやって何とか続けていくか、...

  • 各種教材メーカーさまへのお願い

    最近は、教材の種類も増え、 提供される会社も多種多様になっているようです。 画期的なサービスを始めたというベンチャー企業から、 誰もが知っている大企業まで、 □ スマホやタブレットを使った・・・ □ AIを駆使した・・・ □ グローバルリーダーシップを・・・ □ ...

  • 今日から、やっくる2年(矢作二年)ですね。

    2019年5月1日 新・碧山Fプレップスクールも、開校から1周り。13年目に入りました。 去年は、やっくる元年でしたので、この5月1日からやっくる2年。 新しい時代はもう始まっていますが、 それを大切に育てていこうと思います。 矢作二年 五月一日 新・碧山Fプ...

  • あの人たちって、どう考えても羽生えてるよね。そして美しい声で歌う。

    学名: novumpteryx(ノウムプテリクス) あの人たちって、どう考えても羽生えてるよね。 発想が自由で柔らかい。 従来の枠組みにとらわれていないっていうか。 そして、どこへでも行けて、何やらせてもできちゃう。 どう考えても、私たちと同じ人間だと思えない。 ...

  • (生きた教材から学ぶ:サッカーW杯編)決断の素晴らしさと、素晴らしさゆえの危惧

    ぼくは今、子どもたちの指導・監督・コーチング・各種アドバイスをする立場なので、思うところありまして。 昨日の夜のサッカーW杯、 セネガルvsコロンビア 日本vsポーランド 終電で帰って、後半15分くらいから、 つまり日本とポーランドがお互いボール回しをしていると...

  • 大垣(仮称)、ぱんがないって!!

    悲報! 大垣(仮称)、ぱんがないって!   「大迫、半端ないって」のイントネーションか、   「桐島、部活やめるってよ」のリズムで。 パンがないならどうするか? 悲嘆に暮れるのか、誰かのせいにしてグチグチ言い続けるのか。 パンがない...

  • どうしてぼくが、サッカーの予想を(得点から展開まで)バシッと当てられたのか(勉強にも通じる)

    ⇒ 小学生の落書きです。結構うまい。 蹴球世界杯。 盛り上がってますね! (ほんとかな) 見ている生徒さんが結構いるので、話題にも載せています。 先日のコロンビア戦、 ぼくの戦前の予想はこうでした。 【2-1で日本が勝つ】   なんかふらっと日本が1点取...

  • 子どもの「むん!」っていう表情、わかりますか?

    言葉でどう表現したものか。 子どもの「むん!」っていう表情、 わかりますか? 目が見開いて、鼻の穴がちょっと開いている。 「よし、やったるで!」 そんな心境じゃないかと思うのです。 この表情が出ると、ぼくは心の中でガッツポーズをしています!

  • エビデンスだかカニデンスだか知らんけど、楽しないようにした方が良いと思う件

    これまでにないくらい急速に社会が複雑化している現代、リスク管理、コンプライアンスの重要性が増し、 また限られた予算を効率よく使うために、エビデンスを提示することを求められることも増えていると思います。 一部の声の大きい人のごり押しがまかり通った時代よりも、一歩前進とぼく...

  • 言葉を文字通りにしか解釈しない大問題

    日大アメフト部の問題、国会でのうんざりするようなさまざまな問題、さまざまな企業のさまざまな不正。 「あり得ない!」と専門家が言えば言うほど、むなしく聞こえてしまいます。 * 藤井君や大谷君に対する「ありえない」は、    楽しいニュースです! 各種問題がこ...

  • 読んで良かった、大変だ。『収容所のプルースト』

    最近読んで、人に(子どもたちも含めて)薦めまくっている本です。 『収容所のプルースト』(ジョゼフ・チャプスキ) 読みどころは2つあります。 1.極寒の収容所。文字通り一寸先は闇の中で、捕虜たちの取った行動は?    ポーランド人画家であったチャプスキは、1...

  • めだかの学校で国語・算数・理科・社会・英語

    人間到る処青山あり 人間至る 処碧山あり 生きる場所、死ぬ場所、学ぶ場所は至る処にありますよね。 それを感じてもらうために、 1Fの水槽を 見ながら授業なんてことも、 時々やっています。 学びって、国語・算数・理科・社会と分かれているものではなくて、 いつ...

  • そろそろAIの助けとか、借りられるんだろうか

    AI化というと、現状大きく2つの流れがあると思うのですが、ぼくが可能性があるなと思い興味を持っているのは、『人がより良く生きていくために、細かいレベルでアシストしてくれる機能』。(もう1つの流れは、『人間みたいなものを作ろう』) 【1.大きな目標: 「興味を持つ」、「わかる...

  • 生きてれば大変なこともあるかもしれないけれど、なんとか力強く生きていって欲しい。そのための、盾と剣と仲間と仰ぎ見る星と。

    20年後の未来のための、他にないけど当たり前の学びの方法と見方を提供する 新・碧山Fプレップスクールです。 11年が経とうとしています。 何の経験も算段も後ろ盾もないところからのスタートでした。諸先輩方に相談しても、「何それ?」、「人来るの?」、「お金の匂いがしない」な...

  • だけど、美しさは・・・

    20年後の未来のために、 学校の勉強だって役に立つよ。 新・碧山Fプレップスクールです。 時々、少しずつ、一緒に図鑑を観る時間を作っています。 遊んでいるのか。 まあ、そうなのですが。 理屈は、教えられる、 たのしさは、熱量で伝えられる、 だけど、美...

  • 相対性理論から始めよう

    20年後の未来のための学び方改革。新・碧山Fプレップスクールです。 これから先、何十年の未来を生きていく子どもたちが今、身につけるべき教養はなんでしょうか。 人工知能やロボットといったテクノロジーと共存していく未来において、その基礎となっている科学や数学を教養として...

  • 零年は準備の年(新・超・挑・親・深・汎・G+裏)

    20年後の未来のための学び方改革。新・碧山Fプレップスクールです。 今年は、なんとか零年ですね。 去年、丸10年を経た青山プレップスクール(旧称)も来年は干支が一回りすることになります。あと10年続けられたら(つまり命が持てば)幸せだなと思います。 零からのスタートで...

カテゴリー一覧
商用