searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
菊川弘之の月月火水木金金
ブログURL
http://market-samurai.livedoor.biz/
ブログ紹介文
各新聞・雑誌に寄稿中の菊川弘之が独自の切り口から更新をしていきます。
更新頻度(1年)

7334回 / 365日(平均140.7回/週)

ブログ村参加:2008/08/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、菊川弘之さんの読者になりませんか?

ハンドル名
菊川弘之さん
ブログタイトル
菊川弘之の月月火水木金金
更新頻度
7334回 / 365日(平均140.7回/週)
読者になる
菊川弘之の月月火水木金金

菊川弘之さんの新着記事

2020年12月 (1件〜30件)

  • 何かを極める時

    何かを極める時、人は無傷ではいられない。~吉田秀彦(柔道金メダリスト)~

  • 昨晩の海外株式市場

    NYダウ:30,409.56(+73.89)S&P500:3,732.04(+5.00)ナスダック:12,870.002(+19.781)

  • 昨晩のドル円

    昨晩のドル円は、前日比35銭円高・ドル安の1ドル=103円15~25銭で終えた。米追加経済対策の成立や新型コロナウイルスワクチンの普及期待での株高で、流動性が高くリスク回避時に買われやすいドルが主要通貨に対して売られる流れが続いた。追加経済対策の一環である家計

  • 昨晩のシカゴ穀物

    昨晩のシカゴ大豆(3月限)は続伸。前日比4.50セント高の1300.50セント。アルゼンチンのストに関しては賃金交渉が合意に至ったと伝えられているにもかかわらず、輸出の再開に至らなかったことで同国からの供給不安が強まったことが買いを支援した。また、ドル

  • 昨晩のNY白金

    昨晩のNY白金(4月限)は続伸。前日比15.9ドル高の1078.5ドルで終えた。新型コロナウイルスのワクチン接種拡大による流行の沈静化が期待される中、リスク選好的な流れのなかで、ドルインデックスは2018年4月以来の安値を更新。これを受けた金高・株高を好

  • 昨晩のNYダウ

    昨晩のNYダウは反発した。前日比73ドル89セント高の3万0409ドル56セントで終え、過去最高値を更新。英国は30日、英製薬のアストラゼネカと英オックスフォード大学が開発した新型コロナのワクチンを承認した。先進国でワクチンの承認が相次ぎ、2021年に世界経済が回復するとの期待

  • 昨晩のNY原油

    昨晩のNY原油(2月限)は続伸。前日比0.40ドル高の1バレル48.40ドルで終えた。米エネルギー情報局(EIA)週間在庫統計で、原油在庫が市場予想以上に減った。前週比で製油所への原油投入量が増加したことや、輸入が大きく減った一方で輸出が増加したことが原油在庫の取り崩し

  • 昨晩のNY金

    昨晩のNY金(2月限)は続伸。前日比10.5ドル高の1トロイオンス1893.4ドルで終えた。米追加景気対策法案が合意に至ったことで、さらなる財政支出によるドルの相対的な価値低下が見通されていることや、新型コロナウイルスのワクチン接種が広がっていることで、景気見通しの改善を

  • 昨晩の海外市場

    ドル円:103.29 - 0.29NY金2021/2:1893.4 + 10.5     NY白金 2021/4:1078.5 + 15.9  NYパラ 2021/3:2378.40 + 34.10  NY原油 2021/2:48.40 + 0.40シカゴ大豆 2021/3:1300.50 + 4.50シカゴコーン 2021/3:474.25 + 8.25

  • 私は特別な人間ではない

    私は特別な人間ではない。しいて言えば、普通の人より、ちょっとだけ努力しただけだ。~アンドリュー・カーネギー~

  • STOCK-VOICE(2021年の注意は?)

    大納会のSTOCK-VOICEは、日経平均が30年ぶりの高値と言うことで、30年前を振り返ってみました。金・原油・穀物の2020年相場の振り返りと2021年の注意事項も合わせて。Youtubeで視聴可能です。

  • 東京原油(チャート分析)

     本日の東京原油は、小反落。MACでは、売り・買い共にシグナルなしの状態。終値ベースで、LMA(31960円)~HMA(32840円)のレンジ放れ待ち。 雲のねじれの時間帯で底打ち反転。1月高値~4月安値までの下げ幅に対する61.8%戻し(34000円)

  • ゴムRSS3号先物(チャート分析)

     本日のゴム先限(RSS3)は、反落。MACでは、23日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(230.2円)~HMA(229.3円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調継続。 基準線~転換線が上値抵抗帯。年明け以降は、徐々に雲の厚みが増す時間帯に移行する。

  • 白金標準先物(チャート分析)

     本日の白金先限は、続伸。MACでは、買いの29日にヒットしたトリガー継続。LMA(3386円)~HMA(3470円)を下値支持帯とした押し目買い基調。 心理的節目3500円~12月7日の上ヒゲ高値を上抜くと、ダブルボトムが意識される。この場合は、E=3689円

  • 金標準先物(チャート分析)

     本日の金先限は続落。MACでは、12月4日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(6244円)~HMA(6301円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。 11月30日安値~12月9日高値までの上昇に対する半値押し(6090円)で下支えられた一方、8月高値を起点と

  • 日経225先物(チャート分析)

     本日の日経225先物は、反落。MACでは、29日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(26590円)~HMA(26900円)を下値支持帯とした上昇トレンド。 3月安値を起点とした上昇チャネルの中心線と重なる基準線~転換線が下値支持として機能中。 11

  • 米石油協会(API)週間在庫

    原油在庫:前週比478万5000バレル減ガソリン在庫:前週比71万8000バレル減留出油:前週比187万7000バレル減クッシング原油在庫:前週比13万1000バレル増

  • 寄付き予想

    昨晩の海外市場はこちら。 本日の東京市場は、 貴金属市場は、金が-9円前後、白金が+4円前後。 原油市場は、+40円前後。 穀物市場は、コーンが+90円前後。 ゴムが、-5.7円前後で始まる見通し。

  • 昨晩のドル円

    昨晩のドル円は、前日比25銭円高・ドル安の1ドル=103円50~60銭で終えた。英国と欧州連合(EU)は前週、自由貿易協定(FTA)で合意した。流動性の高くリスク回避時に買われやすいドルが対ユーロなどで下落し、円買い・ドル売りにつながった。ただし、クリスマスと年末の

  • 昨晩のシカゴ穀物

    昨晩のシカゴ大豆(3月限)は大幅反発。前日比38.75セント高の1296.00セント。アルゼンチンのストは終結観測が強まっているにもかかわらず、前日に値を下げたことで修正に一巡感が強まったことで押し目買い圧力が強まった。シカゴコーン(3月限)は続伸。前

  • 昨晩のNYダウ

    昨晩のNYダウは4営業日ぶりに反落。前日比68ドル30セント安の3万0335ドル67セントで終えた。追加経済対策の成立を好感した買いで前日に過去最高値を更新したこともあり、年末年始を控え、利益確定売りが優勢だった。経済対策に盛り込まれた現金給付をさらに増額する案への期待が

  • 昨晩の海外株式市場

    NYダウ:30,335.67(-68.30)S&P500:3,727.04(-8.32)ナスダック:12,850.221(-49.202)

  • 昨晩のNY原油

    昨晩のNY原油(2月限)は反発。前日比0.38ドル高の1バレル48.00ドルで終えた。世界各国で新型コロナウイルスのワクチン接種が始まっていることによる経済活動の正常化や、米国の追加景気対策が石油需要を下支えすることが期待されている。米国の追加経済対策が27日に成立し、

  • 昨晩のNY白金

    昨晩のNY白金(4月限)は続伸。前日比13.5ドル高の1056.6ドルで終えた。前日に続き、リスク選好のドル安や金堅調を受けて買い優勢となり、時間外取引の高値を突破すると、テクニカル要因の買いが入って上値を伸ばし、1073.4ドルまで上昇した。ただ上院共

  • 昨晩のNY金

    昨晩のNY金(2月限)は反発。前日比2.5ドル高の1トロイオンス1882.9ドルで終えた。リスク選好の動きが支援要因となったが、買い一巡後は手仕舞売りなどが出て1875.6ドルまで下落した。その後は、ドル安を受けて押し目を買われると、時間外取引の高値を突破し、1891.3

  • 昨晩の海外市場

    ドル円:103.53 - 0.28NY金2021/2:1882.9 + 2.5     NY白金 2021/4:1062.6 + 13.5  NYパラ 2021/4:2344.30 - 7.50  NY原油 2021/2:48.00 + 0.38シカゴ大豆 2021/3:1296.00 + 38.75シカゴコーン 2021/3:466.00 + 9.00

  • 大どんでん返しシナリオ

    合衆国憲法を守るために認められているペンス副大統領の選挙人決定の開票時(1月6日)の権限に注目が集まってきた。お客様メニュー「市場分析レポート」「大どんでん返しシナリオ」や、コラム「びっくり大仰天シナリオは?」を参考にして頂ければ幸いです。

  • 成功

    成功が努力より先に来るのは、辞書の中だけ。~ヴィダル・サスーン(実業家)~

  • 東京原油(チャート分析)

     本日の東京原油は、反発。MACでは、売り・買い共にシグナルなしの状態。終値ベースで、LMA(31970円)~HMA(32820円)のレンジ放れ待ち。 雲のねじれの時間帯で底打ち反転。1月高値~4月安値までの下げ幅に対する61.8%戻し(34000円)を

  • ゴムRSS3号先物(チャート分析)

     本日のゴム先限(RSS3)は、小反発。MACでは、23日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(232.3円)~HMA(241.4円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調継続。 雲のねじれが相次ぐと共に、雲の厚みは薄く、支持線としても抵抗線としても信頼が落ち

カテゴリー一覧
商用