searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
菊川弘之の月月火水木金金
ブログURL
http://market-samurai.livedoor.biz/
ブログ紹介文
各新聞・雑誌に寄稿中の菊川弘之が独自の切り口から更新をしていきます。
更新頻度(1年)

7269回 / 365日(平均139.4回/週)

ブログ村参加:2008/08/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、菊川弘之さんの読者になりませんか?

ハンドル名
菊川弘之さん
ブログタイトル
菊川弘之の月月火水木金金
更新頻度
7269回 / 365日(平均139.4回/週)
読者になる
菊川弘之の月月火水木金金

菊川弘之さんの新着記事

1件〜30件

  • 未来

    全てが失われようとも、まだ未来が残っている。~クリスチャン・ネステル・ボヴィー~

  • 東京原油(チャート分析)

     本日の東京原油は小反発。MACでは、11月11日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(29710円)~HMA(30220円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。1月高値~4月安値までの下げ幅に対する半値戻し(30510円)達成。61.8%戻しは34000円。雲が

  • ゴムRSS3号先物(チャー分析)

     本日のゴム先限(RSS3)は、反落。MACでは、11月16日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(233.3円)~HMA(240.3円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。 6月安値~10月高値までの上昇に対する61.8%で下支えられて反発。転換線が下値

  • 白金標準先物(チャー分析)

     本日の白金先限は、続伸。MACでは、11月9日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(3130円)~HMA(3200円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。RSIは高水準。 ストキャスティクスは、高水準ながらゴールデンクロス間近。上値目標は、V=3303円、E=3

  • 金標準先物(チャート分析)

     本日の金先限は反発。MACでは、11月13日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(6063円)~HMA(6201円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調継続。 一目均衡表からの下値ターゲットは、V=5942円、E=5922円などがカウント可能。3月安値~8月高値まで

  • 日経225先物(チャート分析)

     本日の日経225先物は、反発。MACでは、11月5日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(25990円)~HMA(26380円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。RSIは高水準で短期的な買われ過ぎ感示唆。 ストキャスティクスは、高水準でもち合い。短期

  • 議会公聴会冒頭発言テキスト

    米連邦準備制度理事会(FRB)は30日、パウエル議長が12月1日に出席する議会公聴会の冒頭発言テキストを公表した。議長は新型コロナウイルス感染の再拡大に懸念を示し、景気が「今後数カ月は試練」に直面する可能性があると警告した。また、コロナワクチンの開発

  • 財務長官にイエレン氏を指名

    バイデン次期米大統領は30日、財務長官にはジャネット・イエレン前FRB議長(74)を指名。イエレン氏は、1789年に米財務省が発足して以来初めての女性長官となる。雇用政策に詳しい労働経済学者で、クリントン政権下のCEA委員長。2014年から4年間は女性初

  • 米原油生産

    9月の米原油生産量は、前月比で日量28万6000バレル増の1086万バレル。ノースダコタ州と米メキシコ湾の浅瀬沖合で生産が増加。産油量は、ノースダコタ州が日量6万1000バレル、メキシコ湾沖が31万5000バレルそれぞれ増加し、テキサス州の減産分(6万

  • 寄り付き予想

    昨晩の海外市場はこちら。 本日の国内市場は、 貴金属市場は、金が +58円前後、白金が +47円前後、 原油市場は、 +400円前後、 ゴム市場は、-0.8円前後、 穀物市場は、コーンが -150円前後で始まる見通し。

  • 週間純輸出検証高(11月26日までの週)

    大豆:203万6484トンコーン:89万0033トン

  • シカゴ購買部景気指数

    11月のシカゴ購買部景気指数は、58.2。市場予想は59。

  • 昨晩のドル円

    昨晩のドル円は、前週末比25銭円安・ドル高の1ドル=104円30~40銭で終えた。米株式相場反落を受け、リスク回避のドル買いの動き。シカゴ購買部協会景気指数(PMI)は市場予想以上に低下し、米景気の回復鈍化を示唆した。ただ、主要国の株安を受けて「低リスク通貨」とさ

  • 昨晩のシカゴ穀物

    昨晩のシカゴ大豆(1月限)は大幅反落。前週日比23.25セント安の1168.50セントで終えた。土壌水分の乾燥が懸念されていたブラジルで降雨が発生したうえ、今週いっぱい、雨が降り続くとの予測が発表されたことが弱材料ととなった。シカゴコーン(3月限)は反落

  • 昨晩のNY白金

    昨晩のNY白金(1月限)は反発。前日比1.1ドル高の965.9ドルで終えた。時間外取引では、金急落を受けて軟調となった。日中取引では、ドル安や金の下げ一服を受けて堅調となり、9月17日以来の高値983.0ドルを付けた。バイデン次期大統領が、財務長官にイエレ

  • 昨晩の海外市場

    ドル円:104.38 + 0.29NY金2020/2: 1780.9 - 7.2     NY白金 2021/1:965.9 + 1.1  NYパラ 2020/12:2392.80 - 31.60     NY原油 2021/1:45.34 - 0.19シカゴ大豆 2020/1:1168.50 - 23.25シカゴコーン 2020/3:426.00 - 7.75

  • 昨晩の海外株式市場

    NYダウ:29,638.64(-271.73)S&P500:3,621.63(-16.72)ナスダック:12,198.737(-7.109)

  • 昨晩のNYダウ

    昨晩のNYダウが反落。前週末比271ドル73セント安の2万9638ドル64セントで終えた。過去最高値圏にある中、月末の利益確定や持ち高調整の売りが優勢となった。上昇が目立っていた資本財や金融などの景気敏感株を中心に幅広い銘柄に売りが出た。トランプ米政権が中国半導体受

  • 昨晩のNY原油

    昨晩のNY原油(1月限)は続落。前週末比0.19ドル安の1バレル45.34ドルで終えた。主要産油国による協調減産の延長に不透明感が強まった。アルジェリアのアッタール・エネルギー相は石油輸出国機構(OPEC)加盟国が増産を3ヶ月延期することで合意したと述べたが、協調減

  • 昨晩のNY金

    昨晩のNY金(2月限)は続落。前週末比7.2ドル安の1トロイオンス1780.9ドルで終えた。新型コロナウイルスのワクチンが早期に実用化されるとの観測から、6月19日以来の安値1767.2ドルを付けた。米ファイザーと独ビオンテックが共同開発する新型コロナウイルスのワク

  • 阿佐田哲也 勝負語録

    自分の力の限界を知るまでは、一生懸命逃げる。それが将来の格を決めることになるわけなんだね。

  • 東京原油(チャート分析)

     本日の東京原油は続落。MACでは、11月11日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(29400円)~HMA(30000円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。 1月高値~4月安値までの下げ幅に対する半値戻し(30510円)達成。61.8%戻しは34000円。雲が

  • ゴムRSS3号先物(チャート分析)

     本日のゴム先限(RSS3)は、続伸。MACでは、11月16日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(230.0円)~HMA(239.1円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。 6月安値~10月高値までの上昇に対する61.8%で下支えられて反発。転換線が下値支

  • 白金標準先物(チャー分析)

     本日の白金先限は、反発。MACでは、11月9日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(3117円)~HMA(3174円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。RSIは高水準。 ストキャスティクスは、高水準ながら保合い継続。上値目標は、V=3303円、E=3322円。

  • 金標準先物(チャート分析)

     本日の金先限は続落。MACでは、13日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(6110円)~HMA(6239円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調継続。26日の十字線レンジ下放れで下げ加速。心理的節目6000円も維持できず。一目均衡表からの下値ターゲットは、V=59

  • 日経225先物(チャート分析)

     本日の日経225先物は、反落。MACでは、5日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(25900円)~HMA(26290円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。RSIは高水準で短期的な買われ過ぎ感示唆。 ストキャスティクスは、デッドクロス間近。短期的には

  • NY金の下値目途

     NY金(2月限)は、3月安値~8月高値までの上昇幅に対する半値押し達成。同水準で下げ止まらなければ、61.8%押しと重なる心理的節目1700ドルが意識される。 半値押し、61.8%押し水準で、長い下ヒゲや、長大陽線などの底打ちパターンが出来高増を伴って

  • 日経CNBC「昼エクスプレス」

    午後は、日経CNBCでした。金についてお話ししました。概略をまとめたものは、こちら。参考にして頂ければ幸いです。

カテゴリー一覧
商用