住所
中央区
出身
東京都
ハンドル名
菊川弘之さん
ブログタイトル
菊川弘之の月月火水木金金
ブログURL
http://market-samurai.livedoor.biz/
ブログ紹介文
各新聞・雑誌に寄稿中の菊川弘之が独自の切り口から更新をしていきます。
自由文
更新頻度(1年)

1662回 / 100日(平均116.3回/週)

ブログ村参加:2008/08/20

菊川弘之さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(IN) 47879 0 0 0 0 0 0 949549サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 60 120 100 90 20 90 110 590/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
先物取引ブログ 215 0 0 0 0 0 0 3246サイト
先物投資情報 9 0 0 0 0 0 0 219サイト
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 15962 15411 15568 15492 16203 15532 15695 949549サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 60 120 100 90 20 90 110 590/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
先物取引ブログ 108 101 105 108 107 98 94 3246サイト
先物投資情報 3 2 2 2 3 3 2 219サイト
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949549サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 60 120 100 90 20 90 110 590/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
先物取引ブログ 0 0 0 0 0 0 0 3246サイト
先物投資情報 0 0 0 0 0 0 0 219サイト

菊川弘之さんのブログ記事

?
  • 相場格言

    商いは急がず、時を待て。

  • 東京原油(チャート分析)

    本日の東京原油は続伸。MACでは、5日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(42900円)~HMA(43520円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続継続。 基準線~転換線を下値支持帯として、N=48310円、E=50650円などを試す流れ。2018年

  • 東京ゴム(チャート分析)

    本日の東京ゴムは大幅続伸。MACでは、14日のヒットした買いのトリガー継続。LMA(184.6円)~HMA(187.6円)を下値支持帯とした押し目買い基調。 上ヒゲ陰線引け。踏んだら終いとなる可能性も。

  • 東京白金(チャート分析

    本日の東京白金は続伸。MACでは、買いのトリガーヒットとなった。LMA(2826円)~HMA(2871円)を下値支持帯とした上昇トレンド。ただし、上ヒゲで引けており、早々に高値を上抜けないと、調整が意識される形状。

  • 東京金(チャート分析)

    本日の東京金は反落。MACでは、18日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(46463円)~HMA(4687円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。 8月安値を起点とした上昇チャネル継続上限突破で利食い売り。基準線~転換線を下値支持帯として、心理的節

  • 日経225(チャート分析)

    本日の日経225先物は続伸。MACでは、13日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(21050円)~HMA(21140円)を下値支持帯とした上昇トレンド形成中。 一目均衡表では、基準線~転換線を下値支持帯として、心理的節目22000円~200日移動

  • 米中覚書策定中

     強制的な技術移転や不正な機密情報入手、知的財産権、サービス、通貨、農業、非関税障壁の構造分野で六つの覚書を策定中。中国の対米貿易黒字削減のために購入する10品目リストも検討。

  • どこまで開示するかが焦点

     CNNによると、来週にも提出されると見られるモラー特別検察官の捜査結果は、機密文書の形でバー司法長官に報告され、同長官が捜査の完了を宣言する。 バー長官はこの後、議会に対し捜査の概要を通知するが、バー長官がどこまでの内容を議会や国民に説明するかは不透明

  • ナイジェリア減産へ

     1月産油量が増加したナイジェリアのブハリ大統領のスポークスマンは20日、サウジアラビア特使がナイジェリアに減産合意の順守を求めたことを受け、原油価格の押し上げに向けた減産に前向きな姿勢を表明。

  • 豪ドル上昇

     豪ドルは強い豪雇用統計結果を受けて上昇。

  • 協調減産順守率

     石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国の合同専門委員会(JTC)の4人の代表者は20日、1月の協調減産順守率は83%だったと明らかにした。

  • NY原油(チャート分析)

     昨晩のNY原油(4月限)は、続伸。基準線~転換線を下値支持帯として、心理的節目60ドル~200日移動平均線を試す流れ。

  • NY金(チャート分析)

     昨晩のNY金(4月限)は、心理的節目1350ドルをほぼ達成。2018年8月安値を起点とした上昇チャネル継続も、チャネル上限突破で、短期的な買われ過ぎ感も。転換線が下値支持。

  • NYダウ(チャート分析)

     昨晩のNYダウは、続伸。転換線を下値支持として、心理的節目26000ドル~2018年11月高値を試す流れ。

  • ドル円(チャート分析)

     ドル円は、転換線が下値支持線として機能。一方、上値では200日移動平均線が抵抗として控える。

  • 寄り付き予想

    昨晩の海外市場はこちら。 本日の東京市場は、 貴金属市場は、金が +54 円前後、白金が +33 円前後、 原油市場は、 +90 円前後、 穀物市場は、大豆が +180 円前後、コーンが -170 円前後で始まる見通し。

  • メイ首相とユンケル欧州委員長が共同会見

    ・安全策問題に関して適切な法的保証が必要。・バルニエ首席交渉官とバークレーEU離脱担当相に代替措置の検討を課す。・月内に再び協議することで合意。・離脱合意案の政治宣言について、双方の立場に合致する追加や変更が可能かどうかを議論。

  • FOMC議事録

    ・安定した拡大が続くと見込む。・下振れリスクが強まった。・世界および中国の成長鈍化を懸念。・労働市場は力強く、インフレは目標付近。・辛抱強い姿勢は時間と伴に見通しがより明確に。・貿易、財政、政府機関閉鎖が懸念。・2019年に利上げが必要か確信

  • モラー特別検察官捜査終結へ

    米CNNテレビは20日、トランプ政権のロシア疑惑に関するモラー特別検察官の捜査が、早ければ来週にも終結する見込みだと報じた。

  • 米石油協会(API)週間原油在庫

    原油:4億4850万バレル(前週比130万バレル増)クッシング在庫:320万バレル増。原油処理量:日量3万2000バレル増。ガソリン在庫:160万バレル減。ディスティレート(留出油)在庫:75万8000バレル減。原油輸入量:700万バレル(日量

  • 昨晩の海外株式市場

    NYダウ:25954.44(+63.12)S&P500:2784.70(+4.94)ナスダック:7489.07(+2.30)CME日経平均先物:21400(大証終比:-20)

  • 東京外為市場のドンの一言

    東京外為市場のドンこと堀内昭利氏の一言。最近、日本が没落するとか言う話を聞いたり、読んだりして、正直暗い気持ちになった。ま、 今日も貿易収支が発表されたけど、日本が4か月連続で赤字など私には信じられない。オイルショックでもあるまいし。アベノミクスがどう

  • プーチン大統領

    プーチン大統領は20日、モスクワで内政・外交の基本方針を示す年次教書演説を行い、対日関係について「日本との政治的対話と経済協力を続ける。平和条約締結のために相互に受け入れ可能な条件を共に模索する用意がある」と語った。

  • 昨晩の海外市場

    ドル円 110.90 + 0.27 NY金  2018/4 1347.9 + 3.1           NY白金 2018/4 834.2 + 13.2   NYパラ 2018/3 1462.10 + 8.20       NY原油 2018/3 56.92 + 0.83           シカゴ大豆  2018/3  902.50 + 1.75   

  • FOMC議事録

    米連邦準備理事会(FRB)は20日、1月29~30日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公表した。保有資産を縮小する「量的引き締め」を巡って議論し、ほぼ全ての参加者が「終了時期は2019年後半」とみていることが分かった。当初の想定よりも大幅に早く終結する

  • 昨晩のNY金

    昨晩のNY金(4月限)は3日続伸した。前日比3.1ドル高の1トロイオンス1347.9ドルで終えた。一時1349.8ドルと中心限月として昨年4月以来の高値を付けた。米中の通商協議で米国が人民元の安定を要請し、人民元が上昇したことや、スペインのボレル外相の英国の欧州連合(EU

  • 昨晩のNY原油

    昨晩のNY原油(3月限)は6日続伸した。前日比0.83ドル高の1バレル56.92ドルで取引を終えた。一時57.55ドルと期近物として昨年11月中旬以来ほぼ3カ月ぶりの高値を付けた。米中貿易協議進展期待から買いが優勢となった。産油国が協調減産を順守する姿勢を示していることも

  • 昨晩のNYダウ

    昨晩のNYダウは3日続伸した。前日比63ドル12セント(0.2%)高の2万5954ドル44セントと昨年11月9日以来ほぼ3カ月ぶり高値で終えた。米連邦準備理事会(FRB)が保有資産の縮小を年内にも終了するとの観測が強まったうえ、米中貿易交渉の進展期待から中国売上高比率が高い化

  • 相場格言

    余り物に値なし

  • 東京原油(チャート分析)

     本日の東京原油は小反発。MACでは、5日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(42410円)~HMA(43200円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続継続。  V=44110円達成。基準線~転換線を下値支持帯として、N=48310円、E=50650