chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
幸せな起業と新規事業とビジネスと https://osakigyou.exblog.jp/

人に役立つビジネス 行動経済 起業・新規事業支援 時代の変化 習慣で化ける個人の能力 パラダイムシフト 失敗前原因分析 フランチャイズ加盟相談 ビジネスチャンス 学歴・職歴を変えるコンカレント学習の勧め

osa
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2006/01/06

1件〜100件

  • 今問われる日本でのモノづくり

     台湾を巡って米中関係は、1950年の朝鮮戦争以来の緊張感に包まれています。台湾が中国領土の一部であることは、米国政府も日本政府も国交正常化の時に確認して...

  • 誰も想像しなかった3代目の権力世襲

     日本には昔から、政治と経済とは分離して互いにけん制し合う考えが定着していました。政治家は経済界に対し細かいことは口出ししない代わり、政治に対して経済人の...

  • インフレ時に果たして起業はどうなの

     インフレ発生によって物価上昇が起こるのは、買い手を減らすための見えざる手によるもの。ただ食料品など生活必需品が上昇しますと、買わないわけにいかないので、...

  • インフレに対抗するための個人の対策

     激しい物価上昇が起こるインフレに個人が対抗するためには。40年以上以前の日本と違い、現代人はほとんどインフレ対策をしていません。まず考えないといけないの...

  • インフレはこんなところから始まった

     現在世界規模でインフレが発生している原因は、一つには新型コロナ感染の大流行です。2020年の初頭からコロナ感染が世界ではじまり、約2年半に渡って自由な消...

  • インフレに関して資料を引っ張り出して

     わが国ではこれまでに何度か、インフレの到来が間近とする騒ぎが起きています。バブル経済の崩壊以降、GDP(国民総生産)も物価もほとんど変化しない状態が20...

  • インフレを味方にした両利きの経営を

     コロナ感染、ウクライナロシア戦争、インフレ到来と激動の時代ですから、新しい会社も自社の成長戦略を考える必要があります。そんな時に役立つ経営手法が「両利き...

  • 起業もビジネスでも成功するための失敗

     起業を目指す人、ビジネスで大成することを考える人にとって、役立つ情報というと関りを持ちたい事業をしている人の経験談を聞くことです。特に、失敗を経験した人...

  • 自分が起業に向くかどうか考える前に

     自分は起業やビジネスに向いているかどうか、悩んでいる人が少なくありません。特に、これから資金を集めて起業しようか考える人にとっては、けっこう切羽つまった...

  • 苦し紛れの原発再開に大きな疑問

     わが国は今年冬以降の電力不足に備え、最大9基の原子力発電所を稼働させると岸田首相が表明しました。福島原発事故の発生をうけ、東日本と西日本の電力融通など不...

  • インフレが間近に迫っているための対策を

     日本は軽いインフレと日銀は言っていますが、既に16カ月連続で企業物価は上昇が続いています。しかも6月の単月企業物価は9.2%も上がっていますから、消費者...

  • 市場の変化が激しい食パン業界

     これから開業をしようとする時、多くの人は目先で売れゆき好調なブーム商品やサービスでの開業を考えがちです。多くのブームは一過性ですから、人気の時にはお客さ...

  • おとなしいはずの仏教国の国民として

     日本国民は欧米の国民とは違って、デモをしたり政府の政策に身体を張って反対するようなことはほとんどありません。以前からそんな日本国民の温和な政治主張の根幹...

  • 46年間一度も返済してない国の借金

     「国の財政は家計とは違いますから、ある程度の借金は必要不可欠なんです」 日本が抱える借金の話しをすると、物知り顔でこのような話をする人がいます。YouT...

  • 参院選は国民が自分の代理人を選ぶと考えると

     参議院選挙の投票日が間近に迫ってきました。過っては、政治と経済とははっきりと線引きがなされていて、経済に関わる人はあまり政治に首を突っ込まない方が賢明と...

  • 自民党にはチェイニーさんはいないのか

     現在米国議会では、昨年1月6日に起こった米国連邦議事堂襲撃事件の公聴会が行われています。当時のトランプ大統領は、自身が負けた大統領選挙で不正が行われたと...

  • 何故この国の借金は選挙の争点にならない

    国際通貨基金(IMF)によると、日本の国と地方を合わせた借金のGDPに対する比率は263%。2009年に財政破綻が発覚したギリシャよりも財政状況は悪く、先...

  • 日本はコロナ、ウクライナばかりでなく

    6月19日、石川県能登地方で震度6弱の大型地震が発生しました。その後もこの地方では地震が続いていますし、わたしの住む首都圏でも、このところ頻繁に茨城や福島...

  • 国の借金を減らす怖い話

    現在公開中の倍賞千恵子さん主演映画「PLAN75」が話題になっています。政府による制度プラン75は、身寄りのない75歳以上の高齢者向け政策で、支度金10万...

  • インフレの正体から経済を考える

     インフレ-ションという言葉は、わが国ではほぼ死語に近い言葉でした。実際にインフレがこの国で発生したのは、1970年代に2度発生したオイルショックの時以来...

  • インフレの正体から経済を考える

     インフレ-ションという言葉は、わが国ではほぼ死語に近い言葉でした。実際にインフレがこの国で発生したのは、1970年代に2度発生したオイルショックの時以来...

  • 副業経由で起業増加につながる可能性

     コロナ感染にしても、ウクライナへのロシア軍侵攻にしても、この世に起こる大きな変化を予測することは不可能です。大きな権力を持つ政府が、これまで変化を起こそ...

  • 米国が金利引き上げを進める時は大不況が

     米国FRBが政策金利の引き上げを実施しました。3月に0.25%、5月に0.5%に続き今回は27年ぶりの0.75%と大幅な上げです。FRB・パウエル議長は...

  • 根拠のない金融緩和を続ける結果は

     世界の先進各国は、インフレによる物価上昇と同時に不況の到来に備え金利引き上げなど対策に乗り出しています。日本の場合、デフレからの脱却ということで2013...

  • 一味違ったキャンピング事業に注目

     コロナ感染とロシア・ウクライナ戦争が起こったことで、わが国でも好調業種は少なくなりました。そんななか、人込みから離れ自然のなかでキャンプを楽しむ人は増え...

  • 飲食店起業に利用できるゴーストレストラン

     現在、飲食店で最も開業する人の多い業種はゴーストレストランです。コロナ感染が全国で猛威を振る前の2019年までは、料理のケータリングと云われあまり一般的...

  • 成功に酔いしれた結果が失敗に

     ビジネスに関わる人間は、手掛けた仕事が成功することにばかり関心が向くけれど、成功もある時点から失敗に突入しているケースがあることを知っていますか。現在な...

  • 起業のための資金が何故変わった

     日本経済がどんよりと曇っていて、まったく前方に明かりが見えない状態にあることは誰もが感じていること。何かきっかけがあるなら、もともと製造技術など優れてい...

  • 石油高騰でも政権によってこんなに対応の違いが

     今から約50年前、日本経済はたいへんな試練に立たされていました。現在と似ていて、イスラエルとエジプトなど中東諸国の間で戦争が発生、石油価格が暴騰しました...

  • せっかくの起業の成功も飽きがきたなら

    起業をするときは、収益を1円でも多く上げるための能力勝負と同時に、短期決戦の時間との闘いでもありますから、持っているあらゆる知恵と能力とを駆使します。多く...

  • 自然災害と中国の脅威とを根拠と確率で考えると

     ロシアによるウクライナ侵攻が始まって3カ月が過ぎました。日本国民はこれまで経験したことのない、戦争のライブ報道を連日目にしています。その結果でしょうが、...

  • 否応なしに語学が必要になる日本人

     コロナ感染、ロシア・ウクライナ戦争、最近はモンキーポックス(サル痘)は、世界的重要ニュースが報道機関の取材を通さず、ツイッターやフェースブックなどSNS...

  • ウクライナ戦争を受け軍事費倍増の愚策

    『81年前、対米戦争のため日本は大量の国債を発行して戦費をまかなった過去があります。過去の失敗の経験を忘れたこの時代、再び国債発行により軍事費を賄おうとす...

  • 副業として考えた時の仲人ビジネス

     電気自動車テスラのCEO イーロン・マスク氏が、「日本は将来消滅する」と発言して話題になっています。近年、日本は1年間に鳥取県や島根県といった人口の少な...

  • 今後の円安に向け価格戦略を考え直す時

     現在の日本経済の位置情報を正確に云い当てるのは、経済学者でも難しいのではないでしょうか。特に政治家となると、冷静な分析と云うよりも、人の話を聞いて考える...

  • 今の日本に活力を与えるのは起業なのに

     今の日本は、1945年の敗戦後で最も危機的な状況のなかにあると思います。国の借金も簡単には返済できる金額でなくなっていますし、大震災、コロナ禍、ウクライ...

  • 欧米の流れから遅れる日本のビジネスパーソン

     世界的に新型コロナ感染は収まりつつあります。コロナが収まると経済活動も本格化することが見込まれますが、日本とアメリカとでは労働者の就業に関する考え方が逆...

  • 日本がこのまま突き進むとどうなる

     コロナ感染が発生から2年を過ぎた中国では、再び大変な感染拡大が起こっています。2019年暮れ武漢から始まったといわれる新型コロナウイルスは、ブーメランの...

  • コロナ禍で普及が始まったトランクルーム

     最近、住宅街の近くには、大半のところでコインランドリーを見ることが増えました。コロナ感染が流行する前、ランドリーの洗濯用途が広がり技術の進歩とも相まって...

  • 日本の消滅を発言したイーロン・マスク氏

     EVのテスラや宇宙開発のスペースXで時代の先導する経営者イーロン・マスク氏が、「出生率が死亡率を超えるために何かを変えない限り、日本はいずれ存在しなくな...

  • 海難事故での経営コンサルタントの立場は

     知床半島沖で発生した遊覧船転覆事故では、船を運営している会社の無責任な経営体質が問題になっています。最大57人のお客さんを乗せ海上を遊覧するわけですから...

  • データサイエンスが幅を利かせる中で

     この10年ほどの間にビジネススタイルが大きく変わりました。何が変わったかと云いますと、多くのデータを駆使する統計の手法がビジネスの主流になっていることで...

  • 憲法改正に関して日本国民の忘れ物

     19年9月、山梨県道志村のキャンプ場で行方不明になっていた小学一年生の少女の靴が見つかったようです。これまで最後に見かけられていたとする場所とはまったく...

  • ロシアのプロパガンダ報道を笑っていたら

     ロシアウ・クライナ戦争が始まって2カ月を超えました。連日報道されるニュースを見ながら、ロシア国民はプーチン大統領による国内向け報道の多くにはプロパガンダ...

  • 三代目が変えようとする日本の美徳

     これまでに家族経営をしている会社の三代目社長が、会社を倒産させたケースを何度か見てきました。この三代目というのがどこもよく似ていて、お祖父さんが会社を興...

  • こんなところにもビジネスで成功するコツが

     これまでビジネスで多くの人に会いましたが、話をメモする経営者に会うと緊張します。言葉のひと言ひと言に誤りがないよう気をつかいますから、試験を受ける受験生...

  • 円安が進むと80年代英国の二の舞に

     既にニュースでご承知と思いますが、4月に入ってから円の為替相場が急速に円安に振れており、年初は1ドル=113円台だった相場が128円付近にまで円安が進ん...

  • ラストワンマイルに小企業のビジネスチャンスも

     世界中でIT化が急速に普及するに従って、ネットを活用したEC(電子商取引)が急増しています。アマゾンや楽天などネット販売は、米中と比較しますと日本はその...

  • ウクライナの惨状から軍備増強を言い出す愚行

     連日ロシアによる攻撃が続くウクライナの戦況を見ていますと、心底戦争の怖さを感じます。その昔、自分が子供のころ聞かされた戦争で戦場に行った人の話、米軍の空...

  • もしビジネスでの幸福を追求するなら

     日本は国連が実施している幸福度ランキングでは、幸福度の低い国の一国で先進国の中では最低レベルに甘んじています。その理由として、「国民に将来に対する不安が...

  • 30年でグローバル世界が幕を下ろしたら

     コロナ感染の大流行が収束し、ロシア軍がウクライナから撤退した後の世界がどうなるか、ビジネスに関わる人には最大の関心事と思われます。一つはっきりしているの...

  • 他人任せで開業するのはとんでもなく危険

     多くの人は忘れたかも知れませんが、将来の開業を考えている人にとって「かぼちゃの馬車」事件は多くの教訓を残した事件でした。不動産会社のスマートディズは、2...

  • 高騰するガソリン価格で米欧と比べて考えると

     ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに、先進諸国はロシアへの制裁の一環として石油輸入を徐々に減らしています。そのため世界的石油価格の高騰が起こり、米欧各...

  • トルコと共に金利を上げられない日本の悲劇

     3月にアメリカが政策金利をゼロから0.25%に引き上げて以降、新興国を中心に各国も金利引き上げに走っています。コロナ感染とロシアのウクライナ侵攻によって...

  • 現状肯定派と将来希望派とに割れる日本

     ロシアはウクライナに対し侵攻したことによって、次第に世界経済から排除される道を歩んでいるように思います。アメリカと並ぶ軍事大国とはいえ、経済力ではGDP...

  • 現在の異常時には異常時の対応があるのでは?

     今から50年以上も昔、アメリカとベトナムとの間でベトナム戦争が起こりました。当時、日本の学生はベトナム戦争反対で各地でデモが発生しました。ただ当く離れた...

  • あまりに夢のない現代の日本社会なのでは

     第一生命が調査した小・中・高校生がなりたい仕事によると、小学女子だけが「パティシエ」で他のすべての子供の希望の仕事が「会社員」なのでびっくりしました。子...

  • 日本が先進国から転げ落ちる日は近い?

     コロナ感染前までは、わが国にアジアをはじめ多くの国から外国人観光客が訪れていました。また自動車や精密部品など製造している会社は、外国メーカーとの間でやり...

  • ロシア侵攻で起こる日本の問題を整理 

     ロシア軍によるウクライナイ侵攻が始まってひと月以上になります。これまで戦争という言葉はよく聞きますし、自分で発することもありました。しかし、リアルタイム...

  • 変われない日本の小企業が変わるためには

     ロシアのウクライナ侵攻が進むなか、世界規模の大手企業は次々とロシアから事業の撤退を進めています。一方日本から進出している会社の場合、何とか現地の資産を残...

  • 物価上昇のなか100円ショップ開業は

     世界的にインフレ傾向が強くなっていますが、こんな時に100円ショップの開業は当たるかどうか関心が高まっています。最近は下火になってきましたが、わが国にデ...

  • 経営者はビジネスだけの時代は終わった

     2月24日から始まったロシアによるウクライナ侵攻を通して、国と国とが自国の利益のために争う戦争がいかに非人道的なものか、知った人は多いと思います。映画や...

  • 学習塾開業でネットアプリの活用も一手

     中高年の人が起業する場合、学習塾での開業は比較的失敗の少ない事業として長いこと人気を集めていました。最近は、少子化が進行して小中学生の絶対数が減少してい...

  • アベノミクスの期限切れで逆回転したら

     コロナ感染がわが国で急速に広がっていた2020年夏、当時の安倍晋三首相が盛んに口のしていた治療薬「アビガン」が、このほどひっそりと治験申請を取り下げまし...

  • 大きく成功したことが次の成功につながらない

     ロシアによるウクライナ侵攻は、世界を揺るがす大問題になっています。2014年、今回と同じようにプーチン大統領はウクライナ・クルミア半島に軍隊を侵攻させま...

  • この時代の大きな流れから起業を考えろ

     今月1日から日本経済新聞最終面の「私の履歴書」にMetaMoji社長の浮川和宣さんが登場しています。浮川さんは、一太郎で有名なジャストシステムの創業者。...

  • ウクライナでもビジネスでも情報を見分ける力

     現代のビジネスにおいては、情報を制した者が勝利を収めると言われ続けてきました。その情報も玉石混交が当たり前の中から、玉だけを探し続けるのはとても難しい技...

  • 飲食店はコロナ禍でも増えている不思議

     コロナ感染によるパンデミックが起こって以降、事業で最も影響を受けた業種の一つに飲食店があります。日本では、感染拡大が広がるとすぐ飲食店の営業時間削減が進...

  • デジタルよりも紙とエンピツなどと言わないで

     日本社会はIT化が遅れているため、他のIT先進国に追いつけ追い越せでマイナンバー制度がはじまり、デジタル庁が設置されました。その一環として始まっているの...

  • 日本にまた一つ不確実性がのしかかる

     多くの人はロシアによるウクライナ侵攻の報道に不安が高まっていると思います。1100兆円を超える多額の財政赤字があるわが国は、新型コロナ感染によって経済は...

  • ロシアが侵攻に向かった経済的な背景

     ロシヤによる隣国ウクライナへの侵攻にはびっくりしました。アメリカ政権にはロシア軍の行動がほぼ筒抜けで、攻撃間近と公表されたなら侵攻を見合わせそうなもので...

  • 下がり続ける円購買力低下の衝撃

     北京冬季オリンピックで日本選手が活躍する最中、日本の通貨「円」の購買力の低下が公表されました。2010年を100円としたとき、2021年は「67.55円...

  • 3月以降日本経済の景色が変わっていく

     新型コロナの感染爆発が起こり、北京オリンピックが開催され、22年の厳冬もそろそろ終わろうとしています。例年通りの花粉症と一緒に春は間近にやってきます。た...

  • 普段から事業の視野を考えていますか

     ビジネスにおいて、この先の展開で何が起こるか事前に幅広く予測しておくことは大事です。目先のことばかり考えている人が、まったく思いもしなかったことが起こっ...

  • イノベーションを探すための簡単なマニュアル

     最近はビジネスで行き詰まった会社に、イノベーションの必要性が語られることが多くなりました。ここの文章においてもイノベーションはよく出てきます。では、イノ...

  • コロナ後の変わる消費行動を考える

     小売りに関わる事業者のほとんどの人が、「例えコロナ感染が収まったとしても、コロナ前の状態に戻ることはないだろう」と言い切ります。既にネット販売では、コロ...

  • 日本の起業では大事なこのポイントが忘れられてる

     起業に成功するかどうかを考えるとき、開業資金、スタッフ、提供する商品やサービスなど誰もが頭に浮かべるフレームがあります。ただ意外と見落としがちなのが、お...

  • 開業を決断するときに大事なのは

     コロナ感染拡大以降、倒産する会社が減っていることがよくニュースになります。開業する会社も減っていますが、飲食店に限って言うとそこそこ増えていると昨年日本...

  • コロナ禍で傷んだ日本経済を整理すると

     日本で新型コロナウイルスの大規模感染が始まって2年が経ちます。ほぼ100年前の日本においてスペイン風邪が大流行したとはいえあまり参考にはならず、この2年...

  • 親ガチャの考え方は不幸の手紙と同じレベル

     最近、「親ガチャ」という言葉をよく見たり聞いたりすることが多くなりました。誰にでも理解しやすい言葉のニュアンスです。しかも昔から、自分の生まれ育った環境...

  • 会社経営に欠かせない人間の習性から学ぶ姿勢

     過って優秀な経営者やビジネスパーソンと言われる人は、人間がもつ習性をよく熟知していて巧みにビジネスに生かすことで成功を収めていました。現在はこの人の習性...

  • 不況が近づくと資格試験を考える人たち

     わが国では昔から、不況が近いと喧伝されると決まってビジネスパーソンは国家資格を取得することで、不況を乗り越えようする心理が働きます。代表的な例では、行政...

  • 飲食店経営がこれまでになく難しい理由

     今からほんの2月ほど前まで、首都圏の飲食店は人手不足によって、年末の書き入れ時をどう乗り切るか大騒ぎをしていました。特に営業自粛が続いていた居酒屋などは...

  • イノベーションにマッチした会社組織を作るには

     手軽なイノベーションということを前回書きましたが、現実にイノベーションに関わっている人にとって手軽に成果がでるわけではありません。お客さんの欲しいモノ、...

  • 手軽なイノベーションが求められる現代

     日本経済を好転させるためには、長いこと「イノベーション」の必要性が言われてきました。国民の多くの人が買いたいと思っているモノを作って市場を流通させること...

  • 否応なく迫ってくる人生最後の生き方

     これからの日本社会を生きるには、歳をとって高齢になっても仕事を続けざるを得ない時代になってきそうです。当人の意思や希望とは関係なしに、否応なく80歳、9...

  • 日本の株や不動産はバブルがはじまっている?

     2022年に入って株価は不安定な状態が続いています。日経平均株価は、13年から9年間に渡り日銀の金融緩和策をテコに上昇を続けてきました。安倍内閣以降の政...

  • このままコロナコロナだけで大丈夫?

     昨年暮れから、オミクロン型新型コロナが大流行しているヨーロッパでは、早くも感染収束後を見越した動きが始まっています。これまでは、コロナ感染を世界的な大流...

  • これから起業する人にとって朗報かも

     日本で起業する人が少ない理由の一つとして、起業で失敗すると日本では信用をすべて失うことがあります。米国では挑戦したビジネスでの失敗は、貴重な経験としてそ...

  • 成功のためのキーワードは「運がよかった」

     わたしの仕事の場合は、主に中小企業経営者の方を対象に仕事をしていて、多くの成功談、失敗談を聞かせてもらっています。そこで成功している人のほとんどの方が、...

  • 学歴に関係なく起業できる資本主義の魅力

     「タビオ」会長の越智直正さんが82歳で亡くなりました。越智さんは全国各地で精力的に講演活動をしていて、マスコミにも登場していたので話を聞いたことがある人...

  • 縮む日本経済が変われない壁

     最近読んだビジネス書のなかに、「今後日本では、後払い(ポストペィ)型電子マネーが普及するのでクレジットカード会社は姿を消す。それは、メールの普及によって...

  • 中高年はいつまでデジタルビジネスの一線で働ける?

     この正月、メディアによく取り上げられたキーワードに“Z世代”があります。アメリカ発の言葉ですが、1995年から2010年に生まれた若い世代のことで、ほぼ...

  • 米国ではじまったコロナ後の働き方の動き

     2年に渡る新型コロナ感染を経験して、世界のビジネスでは新たな変化を生んでいます。中でも今米国で進んでいる新たな仕事探しの波は、今後の日本においても参考に...

  • 新年に今年一年を考えてみては

    新年おめでとうございます  年の暮れから連日寒い日が続いていますが、日本経済も負けずに寒く厳しい一年になりそうです。2020年、21年と新型コロナ対策で大...

  • 今年も一年ありがとうございました

     今年も後一日を残すだけです。今年は1月からほぼコロナ騒動に振り回された一年でした。昨年に続いて新型コロナ感染が2年目になりますし、今年は特に首都圏は長い...

  • 仕事に慣れてしまったときに何が起こる

     起業や新規事業でビジネスを軌道に乗せるためには、開業した事業がお客さんに受け入れられる必用があります。同時に、開業後の目まぐるしい業務でしっかりと成果を...

  • トルコのインフレは他人事とは思えない

     地球の北半球では、これから到来する本格的な冬の寒さに心細い思いをしてる人が沢山います。気温の寒さばかりでなく、世界規模のインフレで物価高が続き厳しい生活...

  • 21世紀に入って著名起業家がいなくなったのは

     わが国を代表する起業家というと、令和の今の時代でもホンダの本田宗一郎やソニーの盛田昭夫の名前が最初にあがります。時代は大きく変わって、日本電産 永守重信...

  • 外国人の投票権を経済の視点で考えると

     東京・武蔵野市議会では、外国籍住民に選挙での投票権を与えるかどうかの議決をして否決されました。武蔵野市は20代のころ、わたしも横河電機近くに住んでいたこ...

ブログリーダー」を活用して、osaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
osaさん
ブログタイトル
幸せな起業と新規事業とビジネスと
フォロー
幸せな起業と新規事業とビジネスと

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用