chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
真っ白わんこのバブー https://babou.life

札幌在住、カメラ好き飼い主の愛犬写真生活。09年10月、地元のテレビでちょこっとだけ紹介されました。

真っ白でふわふわ、わがままウェスティの「バブー」。3歳になって可愛さ炸裂。基本はおとぼけ顔で、人間みたいに、とっても表情豊かなバブーとのお散歩風景を中心にお届け中。北海道の自然がいっぱいの癒しのフォト日記。

eri-pon
フォロー
住所
豊平区
出身
豊平区
ブログ村参加

2005/11/13

1件〜100件

  • モグモグ動画(音声付き)

    今日はバブーが元気になったことのお知らせ。モグモグ動画付きです。シニア犬と生活していると、何よりうれしいのがパクパク美味しそうに食べてくれること。人間も同じですが、動物たるもの、食べる気力を失ってしまったら命の終わりが近づいているということ

  • クイズの回答

    さて、お待たせしました。ウェスティ・カレンダー・クイズの回答です。正解は4月!!こちらの写真↓がバブーでした!!正解だった方、おめでとうございます。不正解だった方、大丈夫です。ウェスティの見分けは難しいんです。飼い主の私も間違えそうですが、

  • ウェスティ・カレンダー、バブーはどれだ!?クイズ

    もう9月も終わり。コロナが始まってからというもの、時間軸に狂いが生じて、何かを思い出そうとした時にそれが1年前のことだったのか2年前のことだったのか、ちゃんとカレンダーを確認しないと、もはや時間の経過がわからないという・・・、そんな状況です

  • いい日もあれば悪い日も

    強制給餌をやめてから1週間。念のため輸液の点滴は続けていますが回数は2日に1回。あまり多すぎると体が吸収できずに腹水がたまる可能性があるというこで、量も100㏄に減らして様子をみています。今日のバブーは朝からずっと食欲旺盛で、用意したものは

  • 外の空気

    今朝、いつもより少し遅く起きると、ちょうど夫のポールがバブーを抱っこして外の空気を吸わせているところでした。寝たきりのバブーには刺激も大事ですからね。大切なことです。バブーが元気だった頃、特に雨の日はお散歩を面倒くさく思ったことが何度もあり

  • 値上がり

    原油高に原材料高、ウクライナ問題や円安の影響もあって、なんでもかんでも値上がり。札幌は一気に秋の気配どころか、暖房を使いたくなるほど寒くなってきたので、これから長い冬を迎えると思うとなんだか気持ちまで寒くなってきます。今日は、今シーズンの除

  • 目と目で通じ合う

    ピンチを乗り越えて食欲を取り戻し、元気を取り戻したバブー。目ヂカラが出てきました。こんな顔の時は何かを訴えようとしています。トイレシートを変えて欲しいのか、お水が飲みたいのか、何か。あと、「わんっ!」って声を出すようになりました。たとえば、

  • プロフェッショナル

    嬉しいことにバブーの体調が安定していることもあって、私の親知らずの移植話に連日お付き合いいただき恐縮です。今回治療してくれた札幌K病院の口腔外科ドクターМ。凄いドクターのようです。白髪混じりで私と同世代のアラフィフ、素敵なロマンスグレー。今

  • 抜糸

    親知らずを移植してから8日目。今日は抜糸の日でした。予約は15時半。なのに、呼ばれたのは18時。待ち時間は2時間以上。抜糸自体は2分で終了。日本一と言われる技術をお持ちのドクターなのでわがままは言えませんが、口腔外科の混み具合はちょっと異常

  • はじめての車椅子

    ちょうど一週間前、人生ではじめて車椅子に乗りました。手術後の約2時間の点滴を受けている最中だったのですが、どうしてもトイレに行きたくなり、ナースコール。すると、看護師さん2人が車椅子を持ってきてくれました。自力で立って歩いてトイレに行けるく

  • 見違えた!

    鼻チューブが抜けてしまうアクシデントのため、今日も動物病院へ。バブーの主治医曰く、「あ~、取れちゃいましたか。でも、大丈夫そうですね。見違えるくらい元気になって、とても良くなっていますね」。私たち:「そうなんです。口からモリモリ食べてくれる

  • 焦りました。

    昨夜、バブーに口からご飯を上げていた時のこと。あと一口で食べ終わる、というときに、運悪くスプーンがバブーの鼻チューブに引っかかって、チューブが5㎝ほど鼻からスルッと出てきてしまいました。私はもう大パニックです。バブーは鼻や食道に違和感がある

  • 下顎の痺れ

    バブーじゃなくて、私の話です。5日前に受けた奥歯の抜歯と親知らずの移植手術のその後。口腔外科を紹介してくれたかかりつけの地元の歯科医からは「殴られたみたいに物凄く腫れますよ」とさんざん脅され、紹介先の今回手術をしてくれた先生からも「かなり腫

  • 油断していました。

    今日、バブーの3つ目の褥瘡が見つかりました。なんだか様子がおかしいと思ったら、左肩のあたりにまたひとつ。ふわふわの毛に隠れていたのでずっと気づかずにいました。すぐに病院からもらったクリームを塗ってケアしましたが、患部に触れると嫌がって噛もう

  • 食べる力

    自宅での点滴をやめて4日目。鼻チューブの強制給餌も続けていますが、自分の口でちゃんと食べる力があります。寝たきりなので、食べさせるのがなかなか難しくて苦労していたのですが、老犬介護経験者の方からコメントでアドバイスをいただいて、100均で買

  • 退院しました。

    昨日、親知らずの移植手術を無事終えて、今日退院しました。顔の腫れと痺れがあるものの痛みはほとんどありません。先生の説明によると、移植した歯がちゃんと骨にくっつくかが大切なので、まだまだこれから、とのことではありますが。左側では食べ物を噛まな

  • 自家歯牙移植

    全身麻酔下での口腔外科手術が終わりました。手術は10時開始で11時40分に終了。その後すぐに麻酔から覚めて、部屋に戻され2時間安静で酸素吸入と点滴。その後、看護士さんのチェックを受けて、問題なければ行動制限解除という流れでした。夕食はお粥で

  • こんな時に

    バブーが心配な時に、今度は私が口腔外科に入院です。前から予定していた自家歯牙移植のため、バブーのことはポールに託して2泊3日の入院手術。自分の歯が弱ってきていることは感じていましたが、まさか歯の治療で入院することになるとは思ってもいませんで

  • 今日も病院へ

    今日もバブーの病院に行ってきました。体重は4.4㎏。思っていたほど増えていませんでしたが、脱水症状も改善して危機は脱出しました。自力で食べる力も出てきたので、しばらく自宅での点滴はやめて様子をみることに。念のため鼻チューブでの強制給餌は続け

  • エリザベス女王

    96歳でお亡くなりになりました。イギリスは夫の母国なので、ご高齢のエリザベス女王のことはとても気になっていました。つい3日前にはスコットランドで新首相と挨拶する姿を見て、「お元気でいらっしゃるんだ」と嬉しく思ったばかりだったのに。OLYMP

  • シマエナガ

    北海道に生息する野鳥「シマエナガ」ちゃん。最近、キャラクターグッズをよく見かけますが、「雪の妖精」と言われるだけあって本当に可愛いですよね。真っ白な体に真っ黒な目と口がとってもキュートでバブーみたい。こちら↑は、先日、千歳空港のお土産やさん

  • バブーがペロペロ舐めてくれた

    1泊2日の出張を終えて帰宅して、バブーの鼻先に私の手を近づけると、寝たきりのバブーがペロペロ舐めてくれました。私が喜んでいると、夫のポールが「食べ物かどうか確かめただけじゃないかな!?」。そうかもしれないけど、それでも嬉しい。ポール情報によ

  • メッセンジャー

    今日は1泊2日の出張で札幌を離れています。なので、夫とのコミュニケーションはFacebookのメッセンジャー。スマホに着信があると、「いいニュース!?、悪いニュース!?」ってドキッとします。今日の夫からのメッセージは、「すべてアンダーコント

  • 悲しいキャンセル

    8月中旬から寝たきりになってしまったバブー。強制的ながら栄養は取れており体重も増えてきました。私たち飼い主のことがちゃんとわかっているのかどうか、意識は微妙ですが、褥瘡の痛みも取れてきたようで、気持ちよさそうに静かに眠っています。悲しいのは

  • 安定

    バブーの容態は低空飛行ながら安定しています。今日も命の輸液セットをもらいに病院に行ってきました。本当は都度、先生に様子を診てもらえるといいのですが、それ自体も負担になるので私だけ。病院の待合室にいると、バブーと一緒に何度も通院していたこと(

  • 力を合わせて

    ポールと私に揉みくちゃにされて笑顔のバブー。去年の5月の写真です。私が乳がんの手術を受けた直後で、急に思い立って、プロのフォトグラファーさんに頼んで家族写真を撮ってもらった時のものですが、バブーが本当に幸せそうで、とても好きな写真です。その

  • 「ちゅ~る」のテクニック

    強制給餌で命をつないでいるバブーですが、もうそろそろ「鼻チューブ」は外してもいいのかな、っていうくらい元気になってきました。「ちゅ~る」の食べ方を見れば一目瞭然。ものすごいスピードで食べるので、あげる側のテクニックが問われます。失敗すると中

  • 首の可動域

    愛犬バブーが生死をさまよい、寝たきりになった8月中旬から2週間。介護の甲斐あって食欲が戻ってきました。「ちゅ~る」や「シーザー」を口元に持っていくと、まるでピラニア!凄い勢いです。多分、「ちゅ~る」や「シーザー」じゃなくてもなんでも食べそう

  • 慰めようと思ったけれど・・・

    2022年の8月はきっと一生忘れません。あんなに元気いっぱいだったバブーが16歳という年齢になり、認知症と思われる症状のほか、一気に体力が落ちて寝たきりになった時。今もこうして生きているのは点滴と強制給餌をしているからで、獣医さん曰く「何も

  • 長期戦

    バブーが寝たきりなことに変わりはありませんが、日に日に生きるエネルギーが強く感じられるようになってきました。一昨日より昨日、昨日より今日。口から食べる時は「飢えた狼」のようにガブガブっ!なので、「ちゅ~る」を与える時は指を噛まれそうになって

  • 犬も人間も

    今日のバブーはよく動いていました。前脚バタバタに加えて、後ろ脚もバタバタさせていて、歩きたいのかな・・・。生きる力を感じます。ポールが抱っこすると、ペロッと舐めるような仕草も。痙攣発作を起こす可能性のあるバブーに病院で処方された座薬「ジアゼ

  • 頑張っています。

    鼻のチューブが痛々しいですが、バブーは今日も頑張っています。頑張り過ぎて逆さま。頭を動かす力が出てきただけでも凄いことなんですが、目に力があるのが嬉しいです。点滴、投薬、強制給餌、トイレの片づけ、褥瘡のケア・・・、バブーの寝たきり介護生活に

  • 鼻チューブの入れ直しと褥瘡ケア

    昨日、バブーが「首を上げた!」なんて変化を喜んで記事にアップしていましたが、動きが活発になったせいで、朝になってチューブが10㎝以上鼻の外に出ていることに気が付きました。チューブの全体の長さは多分30㎝くらいなので、10㎝も外に出ているとい

  • 首を上げた!

    仕事を終えたら、ぴゅーっと自宅に飛んで帰って、バブーに「ちゅ~る」をあげるのが毎日の楽しみになってきました。点滴と強制給餌はポールが適切にコントロールしてくれているので、私は夜のおやつ係。バブーが凄い勢いで食べてくれるのが嬉しくて!一週間前

  • 床ずれ防止とベビーパウダー

    2週間前から寝たきりになってしまったバブー。食べることも拒否して、永遠の別れを覚悟した瞬間もありましたが、その後、点滴と強制給餌で回復。ポール曰く、今日も「サメのような」食欲でシーザーにがっついていたらしく、そのせいで与えすぎてしまい、下痢

  • 生命力

    毎日、帰宅時はドキドキです。「今日のバブーはどうだった!?」って聞いた時の、ポールのリアクションに一喜一憂。そんな日々ですが、今日は嬉しいことがありました。ポールの報告によると、昨日と同様に「ちゅ~る」2本と「シーザー」1缶を自分で口から完

  • ちゅ~るとシーザー

    噂には聞いていましたが、いなばのペーストタイプのおやつ、犬用「ちゅ~る」のパワーは凄いですね。「どんなわんこも大好き」、という噂に違わず、瀕死のバブーが点滴と流動食以外で、今回はじめて口でしっかりペロペロ、喜んで食べてくれました。今朝の出勤

  • 生気

    今日の夜、仕事を終えて帰宅して驚きました。バブーの目がキラキラ、「生気」がみなぎってる!さすがに体を起こす気力、体力はないものの、手足を前後にバタバタ。バブー、歩こうとしてる!?夫によると今日のバブーは動きが活発過ぎて、勢いあまってふかふか

  • 飼い主の役割(※長文です)

    今日も動物病院に行ってきました。前回処方してもらった4日分の皮下点滴と流動食がなくなったので、今日は経過観察とバブーの「命をつなぐ」セットの補充が目的です。5日前に3.9㎏だった体重は4.5㎏まで増えて、先生曰く、「正直、もうダメかな」と思

  • 点滴と強制給餌3日目

    皮下点滴と強制給餌をはじめて3日目。日々葛藤はありますが、何も食べなくなったバブーが少なくともお腹は空かせていないこと、苦しみは和らげられているだろうことを心の支えにしています。今日は自分の口から少しだけ水を飲み、バニラアイスを少しだけ舐め

  • 命をつなぐ

    バブーの命をつないでくれている点滴。そして、鼻からのチューブでの強制給餌。これでようやく今日もバブーは生きています。点滴の針を刺す時、チューブに水や餌を強制的に流し込む時、「これでまた元気になれるよ」と思う一方で、「痛い思いをさせてごめんね

  • 自宅で皮下点滴

    昨日、動物病院でレクチャーしてもらい、今日から自宅での皮下点滴がはじまりました。紙に印刷したマニュアルももらっているので、教えられたとおりに、ひとつひとつ作業を進めて、今日の分は無事に終えることができました。点滴を吊るしているスタンドは、昨

  • 獣医さんと希望

    バブーが固形物をまったく食べなくなって4日目。これまで大きな手術を何度も乗り越えてきたこともあって、これ以上「痛い」思いはさせたくないので、病院に行くことすら躊躇いがあります。これまでの経緯から考えても今回ばかりは病気ではなく「老衰」。治療

  • 24時間

    ついこの間まで壁にぶつかりながらも歩いていたバブーですが、今は立つこともできません。水を飲む時も私たちが体を支えてあげて、おむつ交換の時も寝たままです。24時間、まったく目が離せない状態なので、何かあったらすぐに動けるように夜も3日前から夫

  • 尊い時間

    今日もバブーはまったく食欲がなく、水とわんこ用のミルク、フードをスープ状に溶かしたものを飲むのが精いっぱいでした。大好きだったシーザーも鼻をぴくぴくっと動かすだけで食べてくれません。固形物はもう受け付けないようです。今日のお昼に、夫が撮って

  • 一喜一憂

    今日は午前中、シーザーのビーフ&チーズを1パック丸ごと美味しそうにしっかり食べてくれて喜んでいたのですが、午後からは食欲がなくなってしまったようで、何をあげても顔をそむけるようになってしまいました。水は飲みますが、わんこ用ミルクもダメです。

  • 食べてくれるなら

    今朝はバブーが何も食べてくれなくて、本当にもうダメかと思いました。食べることは生きること。食べることができなくなったら、生きていけません。水は飲みますが、大好きなささみを口に近づけても全くダメ。いつも食べているふやかしたフードもダメ。普段は

  • わかってるかな?

    昨日、夫が撮ってくれた写真。バブーを抱っこしていたら、可愛い舌を出してペロッと私の顔を舐めてくれました。ちゃんとアイコンタクトもできたので、私のこと、ずっと一緒にいる人だってわかってくれてるのかな?恐らくは目もほとんど見えず、耳も聞こえず、

  • おむつ替え

    2006年の夏、夫と私は犬を飼うかどうかで大論争を繰り広げていました。転勤族で生まれ育って犬を一度も飼ったことがない私と、犬経験が豊富で愛犬を失う怖さを知っている夫。最終的には夫が根負けして認めてくれましたが、反対した理由のひとつに、私が犬

  • 食欲があれば

    今日はバブーの食欲が少し戻って、朝は、ささみとパスタをいっぱい食べて、お水もたっぷり飲んでくれました。前回のブログを読んで、「食欲があればまだまだ大丈夫ですよ!」と頼もしいコメントをくれた方がいました。そうであって欲しいと願っています。急激

  • 泣けてくる・・・。

    仕事を終えて帰宅すると、ちょうど夫がバブーの横に座り込んで、夜ご飯のゆでたささみときゃべつを手で食べさせているところでした。最近はあまり食欲がなく、夫が手でご飯を食べさせることが増えてきました。見るとバブーは夫の手からキャベツを美味しそうに

  • 寝てばかりだけど癒されます

    バブーが部屋の中を徘徊して、あちこちにぶつかって危ないので最近購入したサークル。やっと慣れたのか、自分から中に入って眠るようになりました。最初の頃はこんな風に↓中に入ってくれなかったのです。ほっと安心、というところですが、実は一週間くらい前

  • こだわりの一品

    夫のメニューにこだわりの一品が加わりました。真ん丸のパイみたいな正体不明の食べ物。見た瞬間、「えっ、何、コレ!?」。大きいので4分割して食べたのですが↓、カットすると外側はマッシュポテトで中にチキンハンバーグとゆで野菜が入っていました。Yo

  • ゆらぎの時

    女性に訪れる更年期。ほてりやのぼせ、発汗、不眠、めまい・・・。症状の多くは、女性ホルモンの周期的な「ゆらぎ」から来ていると言われています。アラフィフになってから、女性だけが集まると、更年期や体の不調の話題が必ず出るようになってきたのですが、

  • 今日の「いいこと」

    毎日ひとつでもいいから、嬉しかったことや感謝の気持ちを抱いたこと、嬉しかったこと、良いと思ったことを記録する習慣をつけると、何でもない一日の中に「嬉しいことや良いこと」を探すクセがついて、ポジティブ思考になれる、って言われていますよね。嫌な

  • くちゃいよ!

    私がパソコンデスクに座っていると、机の下に潜り込んできてスヤスヤ眠りはじめたバブー。でも、目はちょっと開いてます。私が手を加えたわけでもなんでもなく、偶然、バブーのお股のところに、ウェスティのぬいぐるみの鼻がちょうどハマって匂い嗅ぎ風。「く

  • いきものがかり

    我が家のいきものがかり。夫です。私の食事と愛犬バブーの食事。両方を管理しています。以前は土日の朝食だけ作ってくれていたのですが、数か月前からなぜか突然、毎朝ご飯を作ってくれるようになりました。夫がイギリスに住む友人と電話していた時、「妻が病

  • 将来の備え

    今日は先日受講した資産運用セミナー講師の個別相談会に行ってきました。相談したかったのは、保険の見直しと住宅ローンの繰り上げ返済をすべきか否か。そして、将来の備え。もともとものすごいどんぶり勘定で「お金がある時は使う。ない時は使わない」。保険

  • トップガン2、最高♪

    話題の映画「トップガン2」を観に行ってきました。トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた前作「トップガン」を観たのは36年前。当時高校生で、洋画にハマるきっかけになった映画のひとつです。今作も期待を裏切ることはなかったですね。トム・クルー

  • 札幌、大好き!

    札幌ってね~、本当にいい街なんですよ。道外の人には札幌育ちと言っていますが、厳密には生まれは滝川という北海道の小さな町で、父の仕事の都合で札幌に移り住んだのは小学校3年生の時。それ以来、大学~就職の数年間を除いてずっと札幌がベースですが、空

  • 薬の副作用とサプリ

    バブーは肺がん、私は乳がんの癌サバイバーで、揃って投薬治療中なので紛らわしいのですが、今日はバブーではなく私の話です。先日、3ヵ月ぶりに病院で診察を受けてきました。今回、主治医に伝えたかったのは薬の副作用。私の乳がんのタイプは「女性ホルモン

  • 痩せて小さくなっちゃって・・・

    先日の、愛犬バブーの診察の日。診察の時は、必ず最初に体重を測ってもらうのですが、5㎏を切って4.8㎏になっていました。ピークは9㎏を超えていたので、約半分。人間なら60㎏の人が35㎏くらいになるイメージです。悲しいくらい痩せて小さくなってし

  • 四つ葉の耳飾り

    お散歩中に四つ葉のクローバーを見つけました。おっ、ラッキー!と思って、バブーの耳につけてあげました。が、違和感があったのでしょう。次の瞬間、とても迷惑そうな顔になりました。「ね~、もういいから、やめて!」。だって、可愛いんだもん・・・。バ.

  • バブーの横顔。

    何を見つめているんでしょう。昨日、動物病院に行く途中にある公園で一休みしていた時のこと。暑くもなく寒くもなく、風がそよそよと吹く気持ちのいい公園の、大きな木の下で、カートから落ちそうになるくらい身を乗り出して、じーっと上を見上げていました。

  • 定期検査

    16歳の愛犬バブーの検査の日。リンパ管拡張症と肺がんの術後の経過観察の結果は「現状維持」。良くなっているわけでもなく、悪くなっているわけでもない。処方される薬が多いので、検査後もお会計に時間がかかって、途中でスヤスヤ眠ってしまいました。

  • 引き際

    今年3月に開かれた映画「トップガン・マーヴェリック」のトム・クルーズ来日記者会見。そこに、これまでトム・クルーズが来日したときには必ず通訳を務めていた戸田奈津子さんの姿がありませんでした。「この年(86歳)になってパッとうまく通訳できなくな

  • まさかのソファー下

    今朝はバブーの吠える声に気づいて4時起き。バブーは子供の頃からほとんど吠えない子だったので、吠える声で起こされたり、悩んだりした経験は一切ありません。ですが、今朝は違ったのです。「わんっ!」、「わ~んっ!」と2回、大きな声。でも、バブーの声

  • 悪口と、コロナ禍で得た気づき

    最近会った友人が、コロナで飲み会が激減して悪口を言う機会がなくなって良かった・・・と言っていました。以前は飲み会のたびに誰かの悪口を言って盛り上がるのがお決まり。ある意味、昭和世代の「一種のコミュニケーション術」であり、その場は盛り上がって

  • 第7波!?

    せっかく以前の活気が戻ってきたのに、コロナの動きがまた嫌な感じですね。ニュースを見ると、「感染力が強いと言われるBA.5」、「感染者数は爆発的に増加」、「これまでと違って大きな感染の波」などなど恐ろしい文字が並んでいます。そんな今日、ランチ

  • UFOキャッチャーでミッフィー、ゲット

    11歳の姪っ子とUFOキャッチャーで遊んで、大きなサイズのミッフィーのぬいぐるみをゲットしました。昔よく遊んだので得意分野。オバの面目が保てて良かった。

  • 姪っ子とデート

    もうすぐ11歳になる、ヒップホップが大好きな姪っ子とデートをしました。待ち合わせ場所に登場したのは、前日のお祭りで買ったというハートのサングラスをかけたファンキーな姪っ子。ファッションにも驚きましたが、もっと驚いたのはスマホ操作の手さばき。

  • マネーセミナー

    50代・60代が対象のマネーセミナーにはじめて参加しました。そろそろ定年後のマネープランを考えないと。

  • シニア犬の介護用品

    16歳の愛犬。最近、徘徊行動が増えて、介護用サークルを購入しました。おむつをしていてもお尻回りが汚れるので、小さなバスタブも。愛犬の介護に試行錯誤の日々です。

  • それな、の使い方と流行語

    若者の間で使われている流行語。半分しかわかりませんが、若者と会話が成立しなくならないように日々勉強。

  • 親知らずと口腔外科

    親知らずの手前の歯が痛み出し、抜歯して移植するかどうかの決断を迫られています。移植手術の場合は2泊3日の入院。なんだか大事になってきました。

  • おにぎり大好き

    今、この瞬間に好きな食べ物は何かと聞かれたら、即答で「おにぎり」。家では洋食ばかりで、お米を炊くことすらないので、その反動もあって最近のランチは「おにぎり」ばっかり。札幌地下街にある「ありんこ」さん(←ココをクリック)のおにぎりが大好物。中

  • 日曜日の我が家と心配なこと

    料理が得意なオットは、日曜日にほぼ一日中キッチンで料理をしています。ですが、妻としては頑張り過ぎて反動が来るのが心配。

  • 涼んでいます

    毎日、暑い札幌。我が家のエアコンもフル稼働。あんまり温度を下げると逆に体に悪そうなのでほどほどにしているのですが、それでもバブーが暑そうにしていたので、ポールが抱っこしてエアコンの前で涼んでいる図↓。バブーの顔が見えない、って思うでしょう?

  • 痛恨の極み

    安倍元首相が凶弾に倒れたニュース。1発目が発砲されてから2発目が発砲されるまでの間に、元首相を守ることができなかったのかと悔やまれてなりません。

  • あってはならない。

    今日の昼前、安倍元首相が銃撃されたニュースを知ったとき、情報が錯そうしていたこともあって、最初は信じられませんでした。何かの間違いかと。ここ日本で、元首相が選挙応援演説中に白昼堂々、銃撃されるなんてありえない。とにかくどうか助かって!と願っ

  • 差別実験

    強烈なタイトルですが、先日、夫のポールが教えてくれたとても興味深い動画を観て衝撃を受けました。アメリカで1968年にジェーン・エリオットさんという教師が、自分のクラスの幼い生徒たちを対象に行った「青い目と茶色い目の実験」と呼ばれる差別実験。

  • 学校祭

    先週末、母校、札幌南高校の学校祭に行ってきました!なんと、卒業以来34年ぶり。リニューアルされて、当時の学び舎ではありませんが母校は母校。招待してくれたのは今年の春に入学したばかりの甥っ子。我が家は子供がいないので、甥っ子が子供みたいなもの

  • 定年後の夢

    早いもので定年の60歳まであと8年。まさかこんなに長く働くことになるなんて、社会人になった頃は思ってもいませんでしたが、この調子だと、8年なんてあっという間に過ぎて定年になっちゃう・・・。入社した頃にお世話になった先輩たちが続々定年を迎えて

  • 暑さ対策

    急に暑くなった札幌。今日は朝から大忙し。ベッドシーツやカバー類を冷感タイプに取り変えて、寝室に扇風機をセット。バブーも暑い~って朝から不機嫌そうにしてたので、リビングのエアコンもオン。エアコンのお陰でリビングは暑さを忘れる別世界ですが、それ

  • おいしいマルシェ

    今日は札幌・大通公園8丁目で開催中の「北海道 お酒と食のおいしいマルシェ」に行ってきました。札幌市民のオアシス、大通公園に北海道の美味しい食べ物・飲み物が集結!短い夏を楽しむべく、外飲みが大好きな札幌市民&北海道民で大賑わい。中央のテント下

  • 他人の目

    7月1日の今日。一年前のこの日は、乳がんの放射線治療が終わった日。自分へのご褒美にシャインマスカットを買って食べていました。。。あれから一年。もうすっかり元気で、生活も仕事も一切なんの制限もなく、以前と何も変わならい日々を送っています。思え

  • 消費者として

    オンライン・ショッピングをしていると、「残り僅か」、「残り2点」とか在庫数量が表示されているサイトが結構あります。消費者にとっては助かるサービスですが、これって、本当に購買意欲が煽られますよね。「『品不足』という状態は、売り手にとってはデメ

  • バブーのモグモグタイム

    わんこ好きの飼い主にとって、愛犬が美味しそうにご飯を食べるのを見るのは至福の瞬間ですよね。犬には味覚がないとか、犬の味覚は人間の5分の1、なんてことが言われていますが、絶対ありますよ。嫌いなものや、薬が入っていることを察知すると明らかに警戒

  • 痩せすぎはよくない

    愛犬バブーもですが、私も今、同じ状況に陥っています。数年前まであれほど体重増加で悩んでいたのが嘘のように、今は痩せすぎ。洋服はMサイズでもブカブカ・・・。先日会った方にも「ホント痩せてますよねー。体質ですか?」と聞かれ、洋服を買いに行ったお

  • 10回目

    今月はちょっとクレイジー。数えてみたら、昼の部・夜の部合わせて、お別れやら、お祝いの宴やらで、今日の送別会で10回目。1ヵ月の間にです。3日に一回、なんらかの宴会。約2年分の宴会が今月に集中。コロナで抑えていた欲望が一気に噴き出してきた感じ

  • 豪華披露宴

    今日は知人(新婦)の披露宴に行ってきました。本当は新婦の友人と言いたいところですが、あまりに年若く、親御さんの方が年が近いこともあって、友人と名乗るのが憚られるので知人と言いますが、いつも見習いたいと思っている、とても可愛くて素敵な女性。調

  • 心配

    久しぶりに下痢をしたバブー。もともとお腹が弱い子なのだけれど、いいサプリを見つけてからは、まったく下痢をしなくなって安心していたのですが・・・。いつもお世話になっているトリマーさんも、「歳を取ってから下痢が続くと体力が一気に落ちるので気を付

  • 似顔絵アート

    先日、お世話になったY先輩の送別会がありました。幹事さんが奮闘してくれたお陰で、涙あり、笑いありの素晴らしい送別会だったのですが、爆笑ものだったのが、Y先輩が大昔に描いていた私たち後輩の似顔絵。そんな似顔絵を描いていたなんて、まったく知らず

  • ハイヒール

    今週末、数年ぶりの結婚式にお呼ばれ。若い知人女性から思いがけず新婦側の招待状を頂いて、「もちろん行きます!」と速攻で回答したものの、結婚式のマナーなんてとっくに忘れてるー。日程が近づいてくると、久々の「ハレ」の席に何着てく!?、靴はどうする

  • 今日も点滴

     今日も仕事帰りに病院に寄って、40分間の点滴治療を受けてきました。そういうと病弱な感じがしますが、点滴の目的は歯の治療。①顔が変わるくらいの腫れ(原因は親知らずなど)②ものすごい炎症で麻酔が効かない時には点滴が効果的なのだそうです。私の場

  • わんこはわんこ好きな人がわかる件

    女子会の帰り道。ほろ酔い気分で歩いていると、夜のお散歩中の可愛いわんこ2匹がいました。ふわっふわのポメラニアン。わんこ好きにはたまりません。らぶらぶ光線を送っていると、それに気がついたわんこちゃんたち。ものすごい勢いで私に向かって走ってきま

  • 頼りないミッフィー

    バブーがすぐに隙間に入ろうとするので、我が家のリビングのあちこちに番兵さんがいます。どうしてそうなのかは、コチラの記事「三銃士」にて。一番入りたがるテレビのところには、私がUFOキャッチャーでゲットしたミッフィーを配置。なのに、昨日の朝、ポ

  • 点滴

    先週から悩んでいる「親知らず」問題。処方された抗生剤の飲み薬の効き目がイマイチで、患部の腫れが引かず痛みもあるので、今日は日曜診療のある麻生の口腔外科に行ってきました。とても大きくてキレイな病院。「最先端」な感じがして期待が持てます。CT、

  • 考えるのは同じこと

    今日は親友ミチコの誕生日女子会。中2の時からの友達なので、もう39年の付き合い。会場に行く前にデパートによってプレゼントを購入したのですが、ミチコが好きなものはわかっているので、買うものは決まっていました。それがこちら↓、モルトンブラウンの

  • サングリア・ダイエット

    昨年10㎏以上減量してから一年間、リバウンドすることなく体重をキープしています。この生活を続ければ二度と太ることはない自信あり。そのわけは、夜ご飯を食べなくなったからなのですが、まったく何も食べないのも寂しいので、必ず食べるようにしているも

ブログリーダー」を活用して、eri-ponさんをフォローしませんか?

ハンドル名
eri-ponさん
ブログタイトル
真っ白わんこのバブー
フォロー
真っ白わんこのバブー

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用