chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ブランドランク / Brandrank https://brandrank.net/

人気のブランドやメーカーの中から、ランキングや評価、人気で商品やアイテムを選べる新しいサイトです。

Brandrank
フォロー
住所
新宿区
出身
未設定
ブログ村参加

2022/06/19

1件〜100件

  • サムスン Galaxy A52 5G

    Galaxy A52 5Gは2021年6月3日に発売されたGalaxyシリーズのミッドレンジモデルのスマートフォンです。位置づけとしては2020年11月に発売されたGalaxy A51 5Gのスペックパフォーマンスをより高めた後継機。 5Gに対応しており、Galaxyの特徴である高性能カメラや大画面ディスプレイも搭載。一般的に用いる必要十分な機能を、ハイスペックにまとめた機種になっています。

  • Apple HomePod mini

    外観デザインが一新し、より小さく軽くなったHomePod mini。 S5チップの新搭載&独自設計・開発により、小型ボディからは想像できない良質なサウンドを楽しめるスピーカーになっています。新たな機能インターコムでは、離れた部屋から家族とのやり取りが可能に。その他にもステレオペアにして臨場感あふれる音を響かせたり、アップル製デバイスと連携して電話応答・音楽の引き継ぎをしたりと、さまざまな使い方ができるのもHomePod miniの大きな特徴です。

  • SONY WH-1000XM4

    2020年9月、世界最高のノイズキャンセリング性能を持つヘッドホン「WH-1000Xシリーズ」の4代目が発売されました。先代からの優れた音質を引き継ぎ、ノイズキャンセリング性能や周辺機能、着け心地をさらに向上させました。新機能の「Speak to Chat」は使用者の発言を検知してノイズキャンセリングをOFFにし、スムーズに会話への移行が可能になる機能です。お値段はソニー公式サイトで44,000円(税込)~です。カラーは「Black」と「Platinum Silver」の2色がラインナップされています。

  • Apple iPad Air A14 (第4世代)

    iPad Air(第4世代)の注目すべき点は、ディスプレイやカメラの性能がアップしたことです。10.5インチから10.9インチに拡大した画面には初のLiquid Retinaディスプレイを搭載。背面にはiPad Proと同じカメラを採用し、4Kビデオ撮影も可能になりました。パワフルなチップA14 Bionicが搭載され、パフォーマンスが大きく向上したこともiPad Air(第4世代)の大きな特徴です。

  • BOSE Sport Earbuds

    2020年10月に販売を開始したBOSEのワイヤレスイヤホン。独自のイヤーチップによるフィット感の良さとオーディオメーカーらしい音質の良さが魅力です。従来のBOSE製品と比較しても、中高域がクリアになり、抜け感の良いサウンドを奏でます。カラーは「バルティックブルー」「グレースホワイト」「トリプルブラック」の3色展開。日頃のアクティビティで使うイヤホンを探している方におすすめです。

  • VAIO SX12 / SX14

    VAIO SX12/SX14は一見すると旧モデルから大きな変化はなさそうですが、AIノイズキャンセリング機能や人感センサー、延びたバッテリー駆動時間、さらに高まった堅牢性などモバイルノートPCとしての完成度が高まっています。また、自社でSIMカードを提供しており、VAIOとの相性も抜群です。さらに最新の第11世代Coreを搭載し、LTEにも対応しており、妥協したくない方向けのモバイルノートPCとしておすすめです。

  • マイクロソフト Surface Laptop Go

    2020年10月、低価格で高性能なノートパソコンがSurfaceから発売されました。CPUは第10世代Intel Corei5プロセッサーでOSはWindows 10 Home(Sモード)を備えています。ディスプレイは12.4インチで最大13時間稼働するバッテリーを備えているにも関わらず、1.11kgの軽さを実現しています。

  • サムスン Galaxy A32 5G

    「Galaxy A32 5G」は2021年2月25日に発売されたミドルレンジスマートフォンです。本端末の最大の魅力は大画面ディスプレイと大容量バッテリー。クアッドカメラ搭載で、おサイフケータイ機能も使用できる機能性に溢れた端末です。価格は2~3万円台と格安スマホと変わらない値段にもかかわらず、5G対応機種である点も非常に魅力的。今回は同5G機種の「Galaxy A52 5G」との比較をしながら解説をしていきます。

  • Fitbit Versa 2

    アメリカの家電・電化製品・フィットネス会社であるFitbitから2019年9月24日、Fitbit Versa 2の発売が開始されました。 先代のFitbit Versaにもあった機能や性能を引き継ぎつつも新たな機能や先代と比較して性能がアップしています。 価格もAppleのAppleWatchシリーズやその他スマートウォッチなどと比較しても安価で購入が可能です。

  • BANG&OLUFSEN Beoplay E8 SPORT

    2020年7月に発売されたBang & Olufsen(バング&オルフセン)の「Beoplay E8 Sport」は、音質・デザイン・装着感とイヤホンに求められる性能を追求したハイエンドクラスのイヤホンです。モデル名にSportとあるように、運動時の汗や天候によらず使用するための防塵防滴機能を搭載しているため、ランニングやジムトレーニングにも最適なモデルとなっています。ノイズキャンセリング搭載モデルではありませんが、音質はもちろんのこと装着感や遮音性など非常に高次元で仕上がったモデルです。カラーは3色展開で、公式サイトでの販売価格は39,000円(税込)となっています。

  • Beats Solo Pro Wireless

    2019年10月に発売された「Beats Solo Pro Wireless」はBeats製品らしいシンプルでスタイリッシュなデザインに、アクティブ・ノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスヘッドホンです。Apple製品との互換性が良いBeats製品ですが、本機種では「H1チップ」を搭載し、さらにiPhoneユーザーにとって使いやすくなり、「Hey Siri」にも対応しています。カラーのラインナップは全6色となっております。(2022年3月現在、Apple公式サイトでの販売は終了しております。外部販売店では購入可能です。)

  • マイクロソフト Surface Earbuds

    Microsoftは完全ワイヤレスイヤホンとして初となるSurface Earbudsを2020年5月12日に発売を開始しました。 Microsoft社が販売するイヤホンということもあり、WindowsPCとの互換性はいうまでもなくいいことがわかります。 そして、応対タッチサーフェスを搭載しタップやタッチ、スワイプなどの直感的なジェスチャーで操作することが可能です。 しかし、性能を考えると少し高価であるという声も少なくはありません。

  • Beats Solo3 Wireless

    2019年6月に発売された「Beats Solo3 Wireless」は、洗練されたスタイリッシュなデザインで高い人気を誇るBeatsのミドルクラスヘッドホンです。好評だった前作モデルの「Beats Solo2 Wireless」からバッテリー性能やイヤーパッドの改良を行いブラッシュアップして登場しました。Beats製品という事でApple製品との相性は非常によく、iPhoneやiPadで音楽を聴くユーザーには非常におすすめのヘッドホンとなっています。現在販売中のカラー展開は3色で、販売価格は公式サイトで22,880円(税込)となっています。

  • サムスン Galaxy Watch3

    ベルトに本革を採用し、高級感のあるデザインに仕上がったスマートウォッチです。回転ベゼルシステムを採用し、安定感のある操作性を実現。価格は3万円台前半と、最近のスマートウォッチの相場からすると手が出しやすい価格帯です。機能面では充実したヘルスケア機能が大きな特徴。スマートフォンと連携させることでその他多くのサポートを享受することができ、普段使いの面ではバツグンの性能を誇ります。前作と比べてサイズアップしたディスプレイにも目を見張ります。

  • マイクロソフト Surface Headphones 2

    2020年6月に販売が開始されたマイクロソフト製の無線ヘッドホン。13段階のレベルから選択できるノイズキャンセリング機能を搭載しており、自分好みのかかり具合に調整することができます。他にも物理ダイヤルによる直感的な操作や、高品質なマイクなどによる使い勝手の良さが魅力です。音質よりも使い勝手にこだわりたい方におすすめのヘッドホン。

  • Beats Powerbeats

    2020年3月19日、AppleからBeats Powerbeatsの販売が開始されました。 Apple H1ヘッドフォンチップを搭載し、接続デバイスとの接続される速度が向上しました。 また、最長15時間連続再生が可能であることに加え、耐汗・防沫の搭載、自由自在に調節できるイヤーフックが付属していることから、優れた安定性と装着感が良く、スポーツやワークアウトで使用される方や屋外で使用される方におすすめです。

  • 東芝 石窯ドーム HTR-R8/R6

    HTR-R8とHTR-R6の両機種は東芝初のコンベクションオーブントースターです。2021年9月に発売のHTR-R8はシンプルで上質なデザインながら高火力、高性能な高級モデル。価格はヨドバシ.comで税込み18,480円です(2022年4月28日時点)。2021年10月に発売のHTR-R6はHTR-R8と同じくシンプルで上質なデザインながら高火力な中級モデル。HTR-R8と比べて機能が省かれているためリーズナブルな価格となっています。価格はヨドバシ.comで税込み14,000円です(2022年4月28日時点)。

  • サムスン Galaxy Z Fold3 5G

    2021年10月6日、韓国のSamsung社はGalaxyのスマートフォンであるGalaxy Z Fold3 5Gの販売を開始しました。 先代であるGalaxy Z Fold2 5Gの後継モデルとしていいところはそのまま機能として残しつつ、さまざまな機能や性能がアップして登場しました。 先代のGalaxy Z Fold2 5Gではauが独占販売でしたが、Galaxy Z Fold3 5Gではauに加えてdocomoでの販売しています。

  • Apple iPad Air(第5世代)

    iPad Air(第5世代)の必見ポイントは、省電力シリコンとして世界トップレベルの性能を発揮するM1チップが搭載されていること。高性能・高効率な8コアのCPUと改良されたGPU、次世代型Neural Engineが、パフォーマンスの高速化を実現しました。 またカメラ性能が向上し、センターフレーム機能が追加したこともこのモデルの特徴です。 iPad Air(第5世代)はウェブ閲覧・写真撮影・音楽鑑賞から4Kビデオ編集・拡張現実(AR)操作に至るまでの充実した機能を、存分に楽しめるモデルとなっています。

  • Fitbit Versa 3

    2020年10月2日、アメリカのフィットネス会社であるFitbitはスマートウォッチのFitbit Versa 3の発売を開始しました。 先代のFitbit Versa 2のよかった性能や機能はそのままに、さらなる性能の強化と新たな機能を追加し、より快適に使用が可能になりました。 価格も21,955円 〜と競合他社のスマートウォッチと比較すると安価で購入できるのも魅力です。

  • VAIO S15

    VAIO S15は、VAIOシリーズの中でも、何でもできる1台が欲しい方向けの高品質・高性能なオールインワンノートPCシリーズで長期間にわたり使用できます。全モデルと比べて約1.6倍の高速化を実現した最新のインテル第12世代インテルCore Hシリーズプロセッサー、最新規格のDDR5のメインメモリなどを搭載したことで究極のハイパフォーマンスを実現しコミュニケーションを快適にしています。

  • iRobot Braava Jet mシリーズ-m6

    床拭きロボットとして2019年7月に発売されたiRobot Braava Jet mシリーズ-m6。 最大の特徴であるルンバと連携可能な新機能を活用することで、掃除機から雑巾がけまでを全て自動で行ってくれます。 マッピング機能も優秀で、部屋の間取り把握からエリア指定までルンバ上位機種と同様の賢さを誇ることも魅力です。 難点になる価格は公式サイトで76,868円と従来モデルの倍額以上になります。

  • バルミューダ ザ グリーンファン

    2020年4月にバルミューダから発売されたザ・グリーンファン。 この製品の注目点は2つ。まずは、自然に吹く風を再現した独自設計の二重構造ファン。従来の強すぎる不快な風ではなく、驚くほど優しく心地よい風を生み出すことに成功しています。また、高い静音性・消費電力の低さ・自由に設定できる首振り角度など、細やかな配慮が行き届いているところも注目ポイントです。お値段は公式サイトで39,800円(税込)です。カラーはホワイト✖︎シャンパンゴールド・ブラック・グレーの3色展開。

  • Fitbit Luxe

    フィットネス企業でこれまでに多くのスマートウォッチやフィットネストラッカーの製品を販売してきたFitbitから2021年7月1日、フィットネストラッカーとしては初となるカラーディスプレイを採用したFitbit Luxeが販売開始となりました。 価格は16,355円からとなっており、Fitbitが販売する他機種のフィットネストラッカーやスマートウォッチよりも比較的安価でありながらもさまざまな機能が搭載されています。

  • BANG&OLUFSEN Beoplay HX

    2021年4月に発売されたBang & Olufsen(バング&オルフセン)の「Beoplay HX(ベオプレイ エイチテン)」は、同社のロングセラーモデルの「Beoplay H9」をリニューアルしフルモデルチェンジして誕生したハイエンドクラスのヘッドホンです。本機種は実用性の高いアクティブ・ノイズキャンセリング機能を有しており、それに加えBang & Olufsenらしく美しく洗練されたデザイン性が合わさり、使用者の所有感をも満たすモデルに仕上がっています。サウンド面も申し分なく完成度が高く、ハイエンドクラスヘッドホンとしての存在感はさらに増しています。カラーは4色展開で、公式サイトでの販売価格は59,900円(税込)となっています。

  • マイクロソフト Surface Pro 8

    Surface Pro 8はMicrosoftが2021年11月に発売したモデルで、Windows11を搭載、新デザインの2 in 1PCです。本体サイズはほぼ変っていないにも関わらず、画面の有効領域が増えました。CPUに第11世代Coreプロセッサ、120Hz対応の13インチディスプレイを搭載し直販価格で税込み144,980円から用意されています。専用のキーボードとペンも一新し見た目も中身も変化の大きなモデルとなりました。さらに全モデルにOffice Home & Business 2021が付属しています。ペンを使って仕事をしたり、イラスト制作をする方におすすめの機種です。

  • マイクロソフト Surface Go 2

    Surface Go 2は544gという軽さを実現したタブレット型の2 in 1 PCです。画面の大きさは10.5インチで解像度は1920×1280です。最大10時間持続する大容量のバッテリーと角度が自由に調整できるキックスタンドが装備されています。Windows 10 Home(Sモード)とOffice Home and Business 2019を搭載しているため、様々な用途で使用できる1台です。

  • SONY WF-C500

    今回紹介する「WF-C500」は、2021年6月25日に発売し大ヒットを記録したソニーのフラッグシップモデルである最上位完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」の音質や形状を受け継いだモデルになります。 カラーはアイスグリーン、コーラルオレンジ、ホワイト、ブラックの4色展開。 価格はTWS(完全ワイヤレス)では高付加価値路線で舵を切っていたソニーでは非常に挑戦的な11,000円。「WF-1000XM4」の性能から一部機能を省いて低価格帯を実現した新機種になります。手軽にソニーの音楽体験が可能になった、初心者の方にもオススメの完全ワイヤレスイヤホンです。

  • ダイソン V12

    2022年4月現在の最新機種V15をスリムに軽くしたモデルがV12です。その差は約400g。稼働時間やモーターの最大回転数はV15と同じ。最新性能を搭載しながらも扱いやすい、ダイソンのコードレス掃除機です。

  • BOSE SPORT OPEN EARBUDS

    2021年1月20日に販売が開始された日本未発売モデル。オープンイヤー型のため、周囲の音を聞きながら、音楽を楽しめます。フィット感が良く、運動中でも快適に利用可能。散歩やスポーツ、自宅でのながら聴き用のイヤホンにぴったりなアイテムです。カラー展開は一色のみで、199ドルから購入できます。

  • サムスン Galaxy Buds2

    Samsung Galaxy Buds2が2021年9月22日に発売されました。 パワフルな重低音から透明感のある高音域までを再現を可能にし、さまざまな音楽ジャンルに対応することができます。 また、 Galaxy史上最軽量イヤホンで片耳5gという完全ワイヤレス業界では最軽量レベルで装着していることを感じさせません。 価格もノイズキャンセリングなどの機能を搭載していながらも15,000円以内とリーズナブルな価格となっています。

  • VAIO Z

    VAIO Zは、フラッグシップに位置するVAIO社のハイエンドモバイルノートPCです。全面にカーボンファイバーを採用した堅牢性の高いボディと軽量化、高性能のインテルHプロセッサーに加え、ハイスピードSSDを標準搭載しており、まさにZを名乗るのに相応しいマシンです。外でネット回線を多用する方向けに5G通信可能なセルラーモジュールをカスタマイズ注文することも可能です。

  • BANG&OLUFSEN Beoplay A9

    2012年に発売が開始され、2019年の10月には第4世代が登場したBang & Olufsen(バング&オルフセン)の「Beoplay A9」は唯一無二のデザインを持つ高級ワイヤレススピーカーです。一見しただけではオーディオ機器とは思えないような円盤形でオシャレなルックスに加え、サウンド面も高級オーディオとしての実力を持つ、Bang & Olufsenの持ち味が凝縮された製品です。三つ足のスタンドで置くスタイル以外に、壁に掛けて使用することも可能で、部屋のインテリアとしての役割も十分以上に果たしてくれます。第4世代のカラーは5色展開で、公式サイトでの販売価格は389,900円~となっています。

  • Fitbit Charge 5

    アメリカのウェルネス企業として有名なFitbitから日本では2021年9月28日、トラッカータイプのFitbit Charge 5の販売を開始しました。 本体にGPSを搭載し、ワークアウト時に使用することもよし、普段の日常生活で装着しておくことで睡眠の質から日中の心拍数、ストレス指数などさまざまな計測が可能です。 価格は21,455円からで同じFitbitから販売しているLuxeと比較するとやや割高であることがわかります。

  • Apple iPad mini (第6世代)

    iPad mini(第6世代)の必見ポイントは、ホームボタンが廃止されてディスプレイがオールスクリーンになったことです。また新たに搭載されたA15 Bionicチップにより、CPU・GPUの高速化を実現。さらに5G・Wi-Fi6対応&USB-Cケーブルになったことで、通信やデータ転送も一段と速くなりました。その他にもカメラ性能が上がり、4Kビデオ撮影が可能になるなど大幅なモデルチェンジをしています。

  • BANG&OLUFSEN Beoplay H95

    2020年9月に発売されたBang & Olufsen(バング&オルフセン)の「Beoplay H95」は、ノイズキャンセリング機能を持ち、サウンド面、デザイン性、装着感、個性、機能のすべてが高い次元で完成されたヘッドホンです。本機種はBang & Olufsenの95周年を記念して発売された同社のフラッグシップに位置するモデルとなっています。街中で着用した際にはファッションアイテムとしても魅力を放つ洗練された質感のボディと、それに引けを取らない機能性・音質は間違いなく所有者に満足感をもたらす製品となっています。カラーは7色展開で、公式サイトでの販売価格は109,900円(税込)となっています。

  • Fitbit Ace 3

    アメリカのフィットネス企業であるFitbitは2021年3月26日より子供をターゲットにしたフィットネストラッカーであるFitbit Ace 3の発売を開始しました。 子供をターゲットにしているということもあり、デザインや機能性まで子供向けとなっており、子供のデータを保護者の方が簡単に管理を行えます。 価格も8,715円〜というFitbitのフィットネストラッカーの中でも安価である機種の1つです。

  • Beats Fit Pro

    2022年1月28日、Apple傘下のBeatsは完全ワイヤレスイヤホンで、ウィングチップを搭載したBeats Fit Proの販売を開始しました。 ウィングチップを搭載しアクティブノイズキャンセリング機能と外部音取り込み機能を搭載、IPX4等級の耐汗耐水機能を搭載していることから、家や屋内はもちろんのこと、ワークアウト中や激しい運動中であってもノイズキャンセリング機能を楽しむことが可能になりました。

  • Bose Portable Smart Speaker

    2019年9月に販売が開始されたBOSE「Portable Smart Speaker」は、音質の良さが魅力のポータブルスピーカーです。3基のパッシブラジエーターによって深みのある低音を再生に可能にしています。また、本機には2種類の音声アシスタントが搭載されているため、スマートスピーカーとしても利用可能。自宅でも外でも使えるポータブルスピーカーを探している方にはぴったりの製品です。

  • マイクロソフト Surface Duo 2

    アメリカのワシントン州に本社を構えるソフトウェア企業のMicrosoftはアメリカでは2021年9月23日、日本では日本マイクロソフト株式会社から2022年1月11日よりSurface Duo 2の販売を開始しました。 競合他社のスマートフォンやタブレットと比較すると少し高価な180,000円〜という価格設定になっていますが、その分、競合他社の製品にはないSurface Duo 2のメリットがあります。

  • Fitbit Inspire 2

    心拍数の測定から歩数、走行距離の計測が可能という健康に関するものから、スマートフォンの通知を知らせる機能や防水機能を搭載するなどフィットネストラッカーとしての機能はもちろんのこと、その他にもさまざまな機能が搭載されています。 価格は12,400円〜とFitbitが販売するフィットネストラッカーの中でも比較的安価で購入が可能です。

  • iRobot Roomba jシリーズ – j7+ / j7

    トップクラスの性能を誇る、障害物回避センサーや高度AIを搭載した頭脳派ルンバ iRobot から2022年2月、iRobot Roomba jシリーズ - j7+ / j7が発売されました。 j7+とj7の違いはクリーンベース付属の有無で、

  • Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II

    コンパクトなBose製スピーカーが登場。バッテリー搭載でどこにでも持ち運びが可能。 今回は、2015年6月26日に販売が開始されたBoseの人気ワイヤレススピーカー「SoundLink Mini Bluetooth speaker Ⅱ」をご

  • VAIO FL15

    10万円を切る使いやすい15.6インチスタンダードノートPC VAIO FL15はインターネットやOfficeを使ったレポートや書類作成などの作業に最適なノートPCです。サイズは15.6インチと軽いマシンなので、自宅で使うだけではなく、短時

  • マイクロソフト Surface Laptop Studio

    「マイクロソフト Surface Laptop Studio」は第11世代のインテルCore H-Seriesプロセッサーを搭載した14.4型の多機能なノートPCで、直販価格で税込み206,580円から用意されています。使用用途に合わせ簡単に3つのスタイルに変形可能で、パワフルなパフォーマンスを体感できます。ペンを使用できますので液晶タブレットとしても使用でき、イラスト制作やフォトレタッチをされる方に最適な機種です。

  • サムスン Galaxy Z Flip3 5G

    折りたためるスマートフォンとしては世界初となるIPX8の防水性能を搭載し、水場や雨天時などでも気にすることなく使用が可能です。 それに加えて、さまざまなカメラ機能やマルチタスク機能などGalaxy特有の機能も搭載しています。

  • BANG&OLUFSEN BEOLIT 20

    ボックス型のデザインは1939年から引き継がれている伝統的な形状で、一目でBang & Olufsenの製品であることが分かります。本体の360度から鳴り響くサウンドの良さも秀逸で、洗練された音質を実現しています。本体上面はスマートフォンなどのQi規格ワイヤレス充電に対応するなど、新たに機能も搭載されています。カラーは2色展開で、公式サイトでの販売価格は65,990円(税込)となっています。

  • マイクロソフト Surface Pro 7+

    見た目はタブレット、しかし性能はノートパソコンの中でも上位クラスで軽量、機能性が高いのがSurface Proの魅力と言われています。第11世代インテルプロセッサーの最高Core i7-1165G7まで搭載可能ですが、Core i7を選択しても、Surfaceシリーズということを考えると、意外と実勢価格は低く価格面を重視する場合でもおすすめできるモデルでしょう。本体重量は800gを切って、12.3インチなので女性でも扱いやすいモデルです。

  • OPPO Find X3 Pro

    ハイエンド向けの「Find」シリーズであるOPPO Find X3 Proのご紹介。OPPOからリリースされた個性的かつ高級感のあるスマートフォンです。色彩感覚に非常に優れており、10億色もの色を用いてカメラ越しでも実物に近い色彩を再現します。新たな色の可能性を提示してくれる1台になっています。

  • Apple iPad Pro 12.9(第5世代)/ 11インチ(第3世代)

    iPad Pro 12.9インチ(第5世代)/11インチ(第3世代)のM1チップは省電力シリコンとして世界トップレベルの性能を備え、GPU・CPUパフォーマンスの向上を実現しています。その他にもWi‑Fi 6&5G対応、カメラ性能強化、スプリットビュー機能の追加など、あらゆる面で大きな進化を遂げました。またタブレットとしてだけでなく、キーボードをつなげてPCレベルで長時間の作業も可能な上級者向けiPadです。

  • iRobot Roomba sシリーズ – s9+

    静音性に特化したものやとにかくパワフルに吸引するものなど「カスタム」「静音クリーン」「徹底的に清掃」の3つのモードか自在に選択が可能です。 最高レベルを追求されたiRobot Roomba sシリーズ - s9+ですが、価格は公式ストアで186,780 円と決断するには敷居の高い設定になっています。

  • ダイソン Purifier Hot+Cool

    HEPA・活性炭フィルターがPM0.1の粒子を99.95%閉じ込めます。空気の状態を自動でモニタリング。汚染物質を検知したら、高性能フィルターで清浄化してくれます。夏は扇風機、冬はヒーターとして3役をこなす賢いスマート家電の決定版。

  • BOSE QuietComfort Earbuds

    BOSEの完全ワイヤレスイヤホンです。これまでのノウハウを生かしたノイズキャンセリングと無線とは思えない音質の良さが魅力。BOSEらしい豊かな低音とクリアな中音域が楽しめます。価格はそこまで気にしないから、性能の高いワイヤレスイヤホンが欲しい方にはうってつけの製品です。

  • SONY WI-1000XM2

    首にかけておくことができ、耳から外れても地面に落とす心配のないネックバンド型のWI-1000XM2はノイズキャンセリングと超高音質に対応しています。 また、左右のイヤホンにはマグネットが内蔵されており、少しイヤホンを外しておきたい場合には左右のイヤホンをくっつけておくことが可能なため、収納ケースにいちいち入れておくわずらわしさがなくなりました。

  • サムスン Galaxy S21 Ultra 5G

    「Galaxy S21 Ultra 5G」はGalaxy S21シリーズの最上位モデルです。基本性能やディスプレイ・カメラのスペックの高さはもちろんのこと、今回の端末からSペンの対応が可能になったことにも注目。スマートフォンとしての運用だけでなくタブレットのような運用方法も想定でき、使用用途の幅の広がりにも目が離せません。使い勝手が良く高性能なハイスペックスマートフォンです。

  • Beats Studio Buds

    小型・軽量なボディにアクティブ・ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン ■グッドポイント ✓アクティブ・ノイズキャンセリング機能を搭載 ✓外音取り込み機能 ✓iPhoneでもAndroidでも使用感は良好 ✓Appleの「空間オーディオ」に対応 ✓価格が1万円台

  • 東芝 石窯ドーム ER-WD80 / WD70

    東芝 石窯ドーム:【ER-WD80、ER-WD70】新デザインとなったミドルクラスの「石窯ドーム」2機種 ■グッドポイント ✓お手入れがしやすく、清潔を保ちやすい ✓操作パネルが横にあるので操作がしやすい ✓食材の表面温度を感知しやすくなり、上手く温められるようになった ✓角皿が使いやすくなり、ヘルシーに焼き上げられる ✓庫内がワイドで広い

  • マイクロソフト Surface Pro X

    ■グッドポイント ✓774gの軽さを実現 ✓利便性の高い2 in 1のタブレット型PC ✓標準でLTE回線に接続可能 ✓顔認証に対応 ✓高精細でクリアな画質

  • 東芝 石窯ドーム ER-WD7000

    石窯をイメージした最高グレードのオーブンレンジ 「ER-WD7000」は最高350℃の火力と庫内の上部が丸みを帯びた形状(石窯ドーム)で、うまみと水分を逃さず効率的に調理が可能です。本格的なオーブン料理、パンやお菓子を作るといった使い方に向

ブログリーダー」を活用して、Brandrankさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Brandrankさん
ブログタイトル
ブランドランク / Brandrank
フォロー
ブランドランク / Brandrank

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用