chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ヘムの 優待株&低配当性向安定株&不人気株投資 https://yutai-value-index.com/

小人のヘムが、優待株、低配当性向安定株、不人気株、バリュー株のポートフォリオを作り実際に購入、構成銘柄&運用成績を報告するブログです。

アラフィフの中小企業の経営者。30歳で商社を退職し起業。現在は会社を2社経営。40歳で億り人に。45歳からほぼアーリーリタイヤ状態。「優待」「ふるさと納税」「配当」「ポイント」を貰った時に幸せを感じる小人君。愛読書は「チーズはどこへ消えた」(^^)/

ヘムの 優待株&低配当性向安定株&不人気株投資
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/04/06

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 株式投資「暴落相場への備え②(暴落相場への対策)」なぜ投資家は暴落に耐えられないのか?

    株式投資における「暴落相場への備えシリーズ」第2弾!多くの投資家は暴落時に買い増すと決めているのに、実際は上げ相場で買って暴落時に売って市場から退場してしまう。その理由を解析!投資家にとって投資金額が最大になっている直近の暴落が常に最も厳しいものとなる。具体例で解説!

  • 株式投資「暴落相場への備え①(暴落相場への対策)」暴落の歴史

    株式相場で勝つために最も重要なことは暴落時に売らない事、買い向かう事である。株式投資での暴落時の備えシリーズ第一弾は、日本における過去の暴落の歴史を知る事です。バブル崩壊、ITバブル崩壊、リーマンショックは、コロナショックが可愛く見えるほどの大暴落でした。詳細を解説しています。

  • 雪だるま式に配当を増やす =インカムゲイン投資=

    ヘムは配当金が毎年雪だるまのようにどんどん増えていくのが大好きなんだ。配当金を再投資する事と、企業の増配のダブル効果で配当金が雪だるまを作るようにどんどん増えていくイメージだね。ヘムが受け取った配当金の推移も公表しているよ。

  • ヘムの「全投資ポートフォリオ」月次報告(2022/10/31)

    ヘムの全投資銘柄と投資成績を公表するよ。投資元本が約1億5千8百万円で、時価評価が約2億2千1百万円、運用益が約6千3百万円だよ。運用益は44.7%だね。優待株・不人気株・DOE採用株・インデックスファンド等様々な指数を作っていくよ。

  • 資産クラス別 長期運用成績(配当込み)(2022/10/31)

    米国株式、先進国株式、新興国株式、米国リート、先進国リート、金、銀、日本国株式それぞれの配当・税金込みの長期に渡る資産クラス別の成績の最新版(2022/10/31)を公表しています。上記各資産を組み合わせた場合の資産の推移もあわせて公表しています。

  • ヘムの「 インデックス投信 毎月積立ファンド 」月次報告(2022/10/31)

    ヘムのインデックスファンド積立投資の運用成績を毎月報告してます。インデックスファンドの積み立てでは、①ドルコスト平均法の利点を利用、②ネット証券でポイントがたまる、③低コストで市場平均と同パフォーマンスが期待できる④暴落時に売りにくいなどのメリットがあります。

  • ヘムの「 7資産分散海外ETFファンド 」月次報告(2022/10/31)

    ヘムの「 7資産分散海外ETFファンド 」は①米国株、②米国以外の先進国株、③新興国株、④金、⑤銀、⑥米国リート、⑦米国以外リートの7資産に分散投資しています。5年半の運用期間で配当込みTOPIXを3.86%アウトパフォームしています。

  • ヘムの「 連続増配 宣言株 ポートフォリオ」月次報告 (2022/10/31)

    有価証券報告書の配当政策に連続増配に類似するような文言を記載している株で組んだ「連続増配宣言株ポートフォリオ」の月次運用成績報告。年々成長していく配当の記録を公表。2022/10/31時点のポートフォリオ全体の配当利回りは3.85%で配当性向は38.5%。

  • ヘムの「 不人気株 ポートフォリオ 」(2022/10 月次報告) (逆張り割安投資)

    地銀株、放送局株、優待廃止株、エンジン自動車関連株、原油高悪影響株等の叩き売られている不人気銘柄で構成した究極の逆張りポートフォリオ「ヘムの不人気株ポートフォリオ」の構成銘柄、運用成績を公表。設定来で配当込みTOPIXを14.88%上回る成績。通称嫌われ者ファンド。

  • ヘムの「 DOE採用株 ポートフォリオ 」(2022/10 月次報告) (DOE=株主資本配当率)

    配当政策にDOE (株主資本配当率) を採用している株のみでポートフォリオを組みました!構成銘柄と運用成績を毎月報告してます。DOE採用株からは長期間安定した配当を受け取る事が期待されます。ポートフォリオ全体の配当利回りは3.75%で、ミックス係数は13.34、自己資本比率は58.0%と好財務です。

  • ヘムの「 優待株ポートフォリオ 」構成銘柄&運用成績(2022/10/31)

    ヘムの「優待株ポートフォリオ」の構成銘柄、優待内容、運用成績を公表しています! 長期に渡ってヘムに優待と配当を運び続ける事が可能かを基準として銘柄を選定。10/31時点で優待株指数が配当込みTOPIXを28.84%上回り「QUOカード」「カタログギフト」「食事券」等多くの優待も頂いています

  • ユーチューブチャンネル紹介1「はぴまね – 投資家 × エンジニア」by はぴまね

    はぴまねさんのユーチューブの投資チャンネル「はぴまね - 投資家 × エンジニア」の紹介記事です。はぴまねさんは、システムエンジニアでプログラミングを活用して「DOE株」や「連続増配株」投資も行っている、配当の成長性を重視されている優れた投資家さんです。

  • 小型株 x 割安株の組み合わせ(小型バリュー)が最強? データで検証

    過去13年間の日本株を検証したところ、小型バリュー株(小型株x割安株)への投資の有効性が確認できた。この間、バリュー株全体の成績は奮わず市場平均にも劣る状況だったが、小型バリュー株においては市場平均はもちろん、」グロース株も大幅に上回る超成績であった。

  • 日本における小型株効果の検証 = 小型株効果は存在する!

    日本でも小型株効果を存在する。小型株投資の有効性か確認できるデータを示し、以下要因を考察します。①参加者が少ない事からくる市場の歪みで割安に放置されている②小型株が成長した時に初めて大口投資家が買えるようになる③流動性リスクの見返り④アナリスト効果⑤バリュー効果との重複をそれぞれ考察します。

  • バリュー株の逆襲 (割安株の復活)= バリュー株 vs グロース株データ

    ヘムは超長期ではバリュー株の方がグロース株より好成績を出せると考えているんだ。この12年間はグロース株がバリュー株を圧倒するパフォーマンスだった事もあり、これから大きな揺り戻し、つまりはバリュー株の逆襲が始まると考えているよ。今後も、毎月この記事を更新してバリュー株の逆襲の推移を見ていくね。

  • ヘムの「全投資ポートフォリオ」月次報告(2022/9/30)

    ヘムの全投資銘柄と投資成績を公表するよ。投資元本が約1億5千8百万円で、時価評価が約2億2千1百万円、運用益が約6千3百万円だよ。運用益は44.7%だね。優待株・不人気株・DOE採用株・インデックスファンド等様々な指数を作っていくよ。

  • 資産クラス別 長期運用成績(配当込み)(2022/9/30)

    米国株式、先進国株式、新興国株式、米国リート、先進国リート、金、銀、日本国株式それぞれの配当・税金込みの長期に渡る資産クラス別の成績の最新版(2022/9/30)を公表しています。上記各資産を組み合わせた場合の資産の推移もあわせて公表しています。

  • ヘムの「 インデックス投信 毎月積立ファンド 」月次報告(2022/9/30)

    ヘムのインデックスファンド積立投資の運用成績を毎月報告してます。インデックスファンドの積み立てでは、①ドルコスト平均法の利点を利用、②ネット証券でポイントがたまる、③低コストで市場平均と同パフォーマンスが期待できる④暴落時に売りにくいなどのメリットがあります。

  • ヘムの「 7資産分散海外ETFファンド 」月次報告(2022/9/30)

    ヘムの「 7資産分散海外ETFファンド 」は①米国株、②米国以外の先進国株、③新興国株、④金、⑤銀、⑥米国リート、⑦米国以外リートの7資産に分散投資しています。5年強の運用期間で配当込みTOPIXを4.5%アウトパフォームしています。

  • ヘムの「 連続増配 宣言株 ポートフォリオ」月次報告 (2022/9/30)

    有価証券報告書の配当政策に連続増配に類似するような文言を記載している株で組んだ「連続増配宣言株ポートフォリオ」の月次運用成績報告。年々成長していく配当の記録を公表。2022/9/30時点のポートフォリオ全体の配当利回りは3.83%で配当性向は36.3%。

  • ヘムの「 優待株ポートフォリオ 」構成銘柄&運用成績(2022/9/30)

    ヘムの「優待株ポートフォリオ」の構成銘柄、優待内容、運用成績を公表しています! 長期に渡ってヘムに優待と配当を運び続ける事が可能かを基準として銘柄を選定。9/30時点で優待株指数が配当込みTOPIXを31.48%上回り「QUOカード」「カタログギフト」「食事券」等多くの優待も頂いています

  • ヘムの「 不人気株 ポートフォリオ 」(2022/9 月次報告) (逆張り割安投資)

    地銀株、放送局株、優待廃止株、エンジン自動車関連株、原油高悪影響株等の叩き売られている不人気銘柄で構成した究極の逆張りポートフォリオ「ヘムの不人気株ポートフォリオ」の構成銘柄、運用成績を公表。設定来で配当込みTOPIXを18.64%上回る成績。通称嫌われ者ファンド。

  • ヘムの「 DOE採用株 ポートフォリオ 」(2022/9 月次報告) (DOE=株主資本配当率)

    配当政策にDOE (株主資本配当率) を採用している株でポートフォリオを組んで、構成銘柄と運用成績を毎月報告してます。ポートフォリオ全体の配当利回りは3.74%で配当性向は34.2%。2022年9月末時点でDOE採用株ポートフォリオが配当込みTOPIXを3.59%アウトパフォームしてます。

  • ブログ紹介4「鴨とネギの投資生活」by kamonegi

    ヘムが良く見るブログの紹介、kamonegiさんの投資ブログ「鴨とネギの投資生活」。2010年末に株式投資開始。割安株への分散投資がメイン。2010年の指数を10,000とした場合で2022年8月は指数が55,000超え。TOPIX、世界株指数を大幅に上回る成績。

  • 「 日阪製作所 (6247) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ

    日阪製作所 (6247)はPER6.3・PBR 0.56・ミックス係数3.5と超割安株です。DOE1.5%以上目途の配当政策を採用しており、純資産も5年で約47%増加しています。優待配当利回りは100株保有で4.77%で 配当性向は約58.02%とやや高めです。

  • 「 マクニカホールディングス (3132) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ

    マクニカホールディングス (3132)はPER6.5・PBR 1.00・ミックス係数6.5と割安株です。DOE4.0%目安を配当政策を採用しており、純資産も5年で約72%増加しています。優待配当利回りは100株保有で4.46%で 配当性向は約26.66%と無理のない範囲です。

  • 「 ニッケ (3201) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ

    ニッケ (3201)はPER11.3・PBR 0.74・ミックス係数8.36と割安株です。DOE2.0%目安の配当政策を採用しており、純資産も5年で約17%増加しています。優待・配当利回りは3.86%で 配当性向は約31.56%と無理のない範囲です。

  • 「 ソディック (6143) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ

    ソディック (6143)はPER6.7・PBR 0.53・ミックス係数3.55と超割安株です。DOE2.0%以上の配当政策を採用しており、純資産も5年で約53%増加しています。配当利回りは3.31%で 配当性向は約21.81%と無理のない範囲です。

  • ヘムの「 連続増配 宣言株 ポートフォリオ」月次報告 (2022/8/31)

    有価証券報告書の配当政策に連続増配に類似するような文言を記載している株で組んだ「連続増配宣言株ポートフォリオ」の月次運用成績報告。年々成長していく配当の記録を公表。2022/8/31時点のポートフォリオ全体の配当利回りは3.83%で配当性向は33.8%。

  • ヘムの「全投資ポートフォリオ」月次報告(2022/8/31)

    ヘムの全投資銘柄と投資成績を公表するよ。投資元本が約1億5千8百万円で、時価評価が約2億2千8百万円、運用益が約7千万円だよ。運用益は44.7%だね。優待株・不人気株・DOE採用株・インデックスファンド等様々な指数を作っていくよ。

  • 資産クラス別 長期運用成績(配当込み)(2022/8/31)

    米国株式、先進国株式、新興国株式、米国リート、先進国リート、金、銀、日本国株式それぞれの配当・税金込みの長期に渡る資産クラス別の成績の最新版(2022/8/31)を公表しています。上記各資産を組み合わせた場合の資産の推移もあわせて公表しています。

  • ヘムの「 7資産分散海外ETFファンド 」月次報告(2022/8/31)

    ヘムの「 7資産分散海外ETFファンド 」は①米国株、②米国以外の先進国株、③新興国株、④金、⑤銀、⑥米国リート、⑦米国以外リートの7資産に分散投資しています。5年強の運用期間で配当込みTOPIXを2.02%アウトパフォームしています。

  • ヘムの「 優待株ポートフォリオ 」構成銘柄&運用成績(2022/8/31)

    ヘムの 優待株ポートフォリオ指数 の構成銘柄、優待内容、運用成績を公表! 2022/8/31時点で、優待株指数が配当込みTOPIXを28.27%アウトパフォーム。「QUOカード」「カタログギフト」「食事券」等多くの優待も頂いています

  • 株主優待 新設・拡充・改悪・廃止のまとめ(2022年8月)

    優待株投資家にとって優待新設・拡充・改悪・廃止等の優待内容の変更は投資成績に非常に大きな影響を及ぼします。毎月の優待内容の変更を見ることでトレンドを把握し今後のヘムの優待投資方針の参考にしていきます。ヘムの優待株ポートフォリオも併せて公表しています

  • ヘムの「 インデックス投信 毎月積立ファンド 」月次報告(2022/8/31)

    ヘムのインデックスファンド積立投資の運用成績を毎月報告してます。インデックスファンドの積み立てでは、①ドルコスト平均法の利点を利用、②ネット証券でポイントがたまる、③低コストで市場平均と同パフォーマンスが期待できる④暴落時に売りにくいなどのメリットがあります。

  • ヘムの「 DOE採用株ポートフォリオ 」月次報告(2022/8/31)

    配当政策にDOE (株主資本配当率) を採用している株で組んだポートフォリオの月次運用成績報告。ポートフォリオ全体の配当利回りは3.75%で配当性向は38.5%。2022年8月末時点でDOE採用株ポートフォリオが配当込みTOPIXを0.7%アウトパフォーム。

  • ヘムの「 不人気株ポートフォリオ」月次報告(2022/8/31)

    ヘムの「不人気株ポートフォリオ」の構成銘柄、運用成績を公表。地銀株、放送局株、優待廃止株、エンジン自動車関連株、原油高悪影響株等の叩き売られている不人気銘柄で構成の逆張りポートフォリオ。設定来で配当込みTOPIXを13%上回る成績。通称嫌われ者ファンド。

  • ヘムの「 連続増配 宣言株 ポートフォリオ」運用開始!

    連続増配 宣言株 ポートフォリオの運用を開始! 2021/7/16 ~2022/7/15有価証券報告書の配当政策に連続増配に類似するような文言を記載している25銘柄を分析し16銘柄に絞ってポートフォリオを構成し運用を開始しました。

  • 長期で安定した配当を狙うなら DOE株投資 = なぜDOE株投資なのか?

    なぜDOEを配当政策に採用している銘柄が狙い目なのか?長期で安定した配当を受け取り毎年の増配も狙える投資手法。なぜインカムゲイン狙いではDOE株投資が優れているのかをヘムが徹底解説します。ヘムのDOE採用銘柄ポートフォリオも公表します。

  • 「 カワタ (6292) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ 11位

    カワタ(62292)はヘムのDOE採用株ポートフォリオ11位でPER9.5・PBR 0.93ミックス係数8.84と割安株。純資産も5年で65%増加、DOE採用銘柄(DOE2.5%)で優待配当利回りは2.58%、配当性向は約25%と無理のない範囲です

  • 「 エスフーズ (2292) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ 10位

    エスフーズ(2292)はヘムのDOE採用株ポートフォリオ10位でPER9.5・PBR 0.93ミックス係数8.84と割安株。純資産も5年で65%増加、DOE採用銘柄(DOE2.5%)で優待配当利回りは2.58%、配当性向は約25%と無理のない範囲です

  • 「 フロイント産業 (6312) 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ指数 46位

    フロイント産業(6312) はヘムの 優待株ポートフォリオ46位でPER28.1・PBR 0.88・ミックス係数24.72とやや割高な株。受注残は過去最高で業績の回復が期待される。純資産は5年で約18%増加。優待配当利回りは100株、3年以上保有で5.29%と高め。配当性向は約74%と高目。

  • ブログ紹介3「株式投資の王道でお金持ちになるまでの記録」by 月のマグマ

    ヘムが良く見るブログの紹介、月のマグマさんの投資ブログ「株式投資の王道でお金持ちになるまでの記録」。1999年12月に株式投資開始。1,400万円の元本が2022年7月29日には7,900万円まで増える。インカムゲイン重視の高配当株投資。

  • 「 アルフレッサホールディングス (2784) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ 9位

    アルフレッサホールディングス (2784)はヘムのDOE採用株ポートフォリオ9位でPER15.9・PBR 0.72ミックス係数11.45とやや割安な株。純資産も5年で20%増加、DOE採用銘柄(DOE2.3%)で優待配当利回りは3.41%、自社株買いも積極的に実施。

  • 株主優待 新設・拡充・改悪・廃止のまとめ(2022年7月)

    優待株投資家にとって優待新設・拡充・改悪・廃止等の優待内容の変更は投資成績に非常に大きな影響を及ぼします。、毎月の優待内容の変更を見ることでトレンドを把握し今後のヘムの優待投資方針の参考にしていきます。ヘムの優待株ポートフォリオも併せて公表しています。

  • 「 日本ハム (2282) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ 8位

    日本ハム (2282)はヘムのDOE採用株ポートフォリオ8位でPER13.2・PBR 0.84ミックス係数11.09とやや割安な株。純資産も5年で20%増加、DOE採用銘柄(DOE2.3%)で優待配当利回りは3.51%、配当性向は約33%と無理のない範囲です

  • 資産クラス別 長期運用成績(配当込み)(2022/7/31)

    米国株式、先進国株式、新興国株式、米国リート、先進国リート、金、銀、日本国株式それぞれの配当・税金込みの長期に渡る資産クラス別の成績の最新版(2022/7/31)を公表しています。上記各資産を組み合わせた場合の資産の推移もあわせて公表しています。

  • ヘムの「全投資ポートフォリオ」月次報告(2022/7/31)

    ヘムの全投資銘柄と投資成績を公表するよ。投資元本が約1億5千7百万円で、時価評価が約2億2千7百万円、運用益が約7千万円だよ。運用益は44.27%だね。優待株・不人気株・DOE採用株・インデックスファンド等様々な指数を作っていくよ。

  • ヘムの「 7資産分散海外ETFファンド 」月次報告(2022/7/31)

    ヘムの「 7資産分散海外ETFファンド 」は①米国株、②米国以外の先進国株、③新興国株、④金、⑤銀、⑥米国リート、⑦米国以外リートの7資産に分散投資しています。5年強の運用期間で配当込みTOPIXを4.91%アウトパフォームしています。

  • ヘムの「 インデックス投信 毎月積立ファンド 」月次報告(2022/7/31)

    ヘムのインデックスファンド積立投資の運用成績を毎月報告してます。インデックスファンドの積み立てでは、①ドルコスト平均法の利点を利用、②ネット証券でポイントがたまる、③低コストで市場平均と同パフォーマンスが期待できる④暴落時に売りにくいなどのメリットがあります。

  • ヘムの「 優待株ポートフォリオ 」構成銘柄&運用成績(2022/7/31)

    ヘムの 優待株ポートフォリオ指数 の構成銘柄、優待内容、運用成績を公表! 2022/7/31時点で、優待株指数が配当込みTOPIXを28.06%アウトパフォーム。「QUOカード」「カタログギフト」「食事券」等多くの優待も頂いています

  • ヘムの「 DOE採用株ポートフォリオ 」月次報告(2022/7/31)

    配当政策にDOE (株主資本配当率) を採用している株で組んだポートフォリオの月次運用成績報告。ポートフォリオ全体の配当利回りは3.73%で配当性向は39.6%。2022年7月末時点でDOE採用株ポートフォリオが配当込みTOPIXを1.22%アウトパフォーム。

  • ヘムの「 不人気株ポートフォリオ」月次報告(2022/7/31)

    ヘムの「不人気株ポートフォリオ」の構成銘柄、運用成績を公表。地銀株、放送局株、優待廃止株、エンジン自動車関連株、原油高悪影響株等の叩き売られている不人気銘柄で構成の逆張りポートフォリオ。設定来で配当込みTOPIXを16%上回る成績。通称嫌われ者ファンド。

  • 「 研創 (7939) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ 7位

    研創 (7939)はヘムのDOE採用株ポートフォリオ7位でPER11.2・PBR 0.6ミックス係数6.72と割安株。純資産も5年で45%増加、DOE採用銘柄(DOE2.0%)で優待配当利回りは3.55%、配当性向は約37%と高めです

  • ブログ紹介2「ネットネット株の未来」by しーげる

    ヘムが良く見るブログの紹介しーげるさんの投資ブログ「ネットネット株の未来」。資産バリュー銘柄のネットネット株でポートフォリオを構成。構成銘柄を投資基準や銘柄分析を公表。PER/配当/ROIC/含み資産等様々なネットネット株ランキングの情報もあり。

  • 「 ナフコ (2790) 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ指数 28位

    ナフコ (2790)はヘムの 優待株ポートフォリオ28位でPER5.9・PBR 0.3・ミックス係数1.77の超割安株。純資産は5年で約18%増加。優待配当利回りは4.32%と高く配当性向は約20%と高すぎず配当余力も十分。

  • 「 大成温調 (1904) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ 5位

    大成温調(1904)はヘムのDOE採用株ポートフォリオ5位でPER15.1・PBR 0.48ミックス係数7.25と割安株。純資産も5年で16%増加、DOE採用銘柄(DOE2.0%)で優待配当利回りは4.67%、配当性向は約63%と高めです

  • 「 新日本空調 (1952) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ 6位

    新日本空調(1952)はヘムのDOE採用株ポートフォリオ6位でPER9.8・PBR 0.84ミックス係数8.23と割安株。純資産も5年で35%増加、DOE採用銘柄(DOE3.0%)で優待配当利回りは4.41%、配当性向は約38%と無理のない範囲です

  • 「 コンドーテック (7438) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ 4位

    コンドーテック(7438)はヘムのDOE採用株ポートフォリオ4位でPER10.5・PBR 0.86ミックス係数9.03と割安株。純資産も5年で41%増加、DOE採用銘柄(DOE 2.5%)で配当利回りは3.37%、配当性向は約35%と無理のない範囲です

  • 「 リックス (7525) 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ指数 14位

    リックス (7552) はヘムの 優待株ポートフォリオ14位でPER8.1・PBR 0.89・ミックス係数7.21の割安株。純資産は5年で約55%増加。優待配当利回りは5.32%と高く配当性向は約39%と高すぎず配当余力も十分。

  • 資産クラス別 長期運用成績(配当込み)(2022/6/30)

    米国株式、先進国株式、新興国株式、米国リート、先進国リート、金、銀、日本国株式それぞれの配当・税金込みの長期に渡る資産クラス別の成績を公表しています。上記各資産を組み合わせた場合の資産の推移をあわせて公表しています。

  • ブログ紹介「高配当株とJリートで自分年金づくり」

    ヘムが良く見るブログの紹介、wannyan07さんの投資ブログ「高配当株とJリートで自分年金づくり」。ヘムが気にいっているところは「インカムゲインを重視している」「優待・配当継続性を重視している」「分散投資が徹底されている」「投資手法が明確」だよ

  • ヘムの「全投資ポートフォリオ」月次報告(2022/6/30)

    ヘムの全投資銘柄と投資成績を公表するよ。投資元本が約1億5千7百万円で、時価評価が約2億2千3百万円、運用益が約6千6百万円だよ。運用益は42.1%だね。優待株・不人気株・DOE採用株・インデックスファンド等様々な指数を作っていくよ。

  • DOE [ 純資産配当率(連結)] の定義

    DOE [ 純資産配当率(連結)] の定義は<1株当り個別配当金(合計)>÷<(期首1株当たり純資産+期末1株当たり純資産)÷2>×100です。純資産は期首と期末の平均で計算するというのがポイントです。これで誤解がとけました。

  • 「 三菱倉庫 (9301) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ 3位

    三菱倉庫 (9301)はヘムのDOE採用株ポートフォリオ3位でPER12.6・PBR 0.78ミックス係数9.83と割安株。純資産も5年で26%増加、DOE採用銘柄(DOE 2%)で配当利回りは2.48%、配当性向は約31%と無理のない範囲です

  • ヘムの「 不人気株ポートフォリオ」月次報告(2022/6/30)

    ヘムの「不人気株ポートフォリオ」の構成銘柄、月次運用成績を公表。地銀株、放送局株、優待廃止株、エンジン自動車関連株、原油高悪影響株等の叩き売られている不人気銘柄で構成されている逆張りポートフォリオ。設定来で配当込みTOPIXを19%上回る成績

  • 「 松風 (7979) 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ 27位

    松風 (7979)はヘムの 優待株ポートフォリオ27位で配当政策にDOE1.7%目途を採用。ミックス係数13.98のやや割安株で優待配当利回りは4.66%と高く配当性向は約35%と高すぎません。自己資本比率も80.5%と好財務です。

  • ヘムの「 インデックス投信 毎月積立ファンド 」月次報告(2022/6/30)

    ヘムのインデックスファンド積立投資の運用成績を毎月報告してます。インデックスファンドの積み立てでは、①ドルコスト平均法の利点を利用、②ネット証券でポイントがたまる、③低コストで市場平均と同パフォーマンスが期待できる④暴落時に売りにくいなどのメリットがあります。

  • 「 大日本塗料 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ指数 47位

    大日本塗料 (4611)はヘムの 優待株ポートフォリオ47位でPER10.0・PBR 0.41・ミックス係数4.1の超割安株。純資産は5年で約43%増加。優待配当利回りは4.94%と高く配当性向は約35%と高すぎません。

  • ヘムの「 DOE採用株ポートフォリオ 」月次報告(2022/6/30)

    配当政策にDOE (株主資本配当率) を採用している株で組んだポートフォリオの月次運用成績報告。ポートフォリオ全体の配当利回りは3.72%で配当性向は39.2%。2022年6月末時点でDOE採用株ポートフォリオが配当込みTOPIXを2.81%アウトパフォーム。

  • ヘムの「 優待株ポートフォリオ 」構成銘柄&運用成績(2022/6/30)

    ヘムの 優待株ポートフォリオ指数 の構成銘柄、優待内容、運用成績を公表! 2022/6/30時点で、優待株指数が配当込みTOPIXを27.22%アウトパフォーム。「QUOカード」「カタログギフト」「食事券」等多くの優待も頂いています

  • ヘムの「 7資産分散海外ETFファンド 」月次報告(2022/6/30)

    ヘムの「 7資産分散海外ETFファンド 」は①米国株、②米国以外の先進国株、③新興国株、④金、⑤銀、⑥米国リート、⑦米国以外リートの7資産に分散投資しています。5年強の運用期間で配当込みTOPIXを11%アウトパフォームしています。

  • 「 エクシオグループ 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ 2位

    エクシオグループ (1951) はヘムのDOE採用株ポートフォリオ2位でPER9.1・PBR 0.77・ミックス係数7.01と割安株。純資産も5年で94%増加、DOE採用銘柄で優待配当利回りは4.9%と高く、配当性向は約43%とやや高め。

  • 「 UBE 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ 1位

    UBE (4208))はヘムのDOE採用株ポートフォリオ1位でPER9.2・PBR 0.52・ミックス係数4.78と超割安株。純資産も5年で27%増加、DOE採用銘柄で優待配当利回りは5.01%と高く、配当性向は約46%とやや高め。

  • ヘムの「全投資ポートフォリオ」月次報告(2022/5/31)

    ヘムの全投資銘柄と投資成績を公表するよ。投資元本が約1億5千6百万円で、時価評価が約2億1千7百万円、運用益が約6千1百万円だよ。運用益は38.9%だね。優待株・不人気株・DOE採用株・インデックスファンド等様々な指数を作っていくよ。

  • ヘムの「全投資ポートフォリオ」月次報告(2022/5/31)

    ホーヘムは今どんなポートフォリオを運用しているの?ヘム今は以下のようなポートフォリオを運用しているよ。今月は「不人気株ポートフォリオ」「DOE採用株ポートフォリオ」の運用を開始したよ。近いうちに「不動産安定収入株ポートフォリオ」を組みたいと

  • ヘムの「 DOE採用株ポートフォリオ 」月次報告(2022/5/31)

    配当政策にDOE (株主資本配当率) を採用している株でポートフォリオを組みました。業績が安定したDOE採用銘柄は長期に渡り安定した配当収入が期待できます。2022年5月31日時点の構成銘柄と運用成績を公表します。

  • ヘムの「 DOE採用株ポートフォリオ」運用開始!

    配当政策にDOE (株主資本配当率) を採用している株でポートフォリオを組みました。DOE採用銘柄は長期に渡り安定した配当収入が期待できます。業績が安定している株を選んでいるのでBPSに成長とともに増配も期待できます。

  • ヘムの「 インデックス投信 積立ファンド 」月次報告(2022/5/31)

    ヘムのインデックスファンド積立投資の運用成績を毎月報告してます。インデックスファンドの積み立てでは、①ドルコスト平均法の利点を利用、②ネット証券でポイントがたまる、③低コストで市場平均と同パフォーマンスが期待できる④暴落時に売りにくいなどのメリットがあります。

  • ヘムの「 優待株ポートフォリオ 」構成銘柄&運用成績(2022/5/31)

    ヘムの 優待株ポートフォリオ指数 の構成銘柄、優待内容、運用成績を公表! 2022/5/31時点で、優待株指数が配当込みTOPIXを20.71%アウトパフォーム。「QUOカード」「カタログギフト」「食事券」等多くの優待も頂いています

  • ヘムの「 不人気株ポートフォリオ」月次報告(2022/5/31)

    ヘムじゃじゃじゃーん!今日は新しいポートフォリオを公表するよ。ヘムの「 不人気株ポートフォリオ」 運用開始ホーどんなポートフォリオなの?不人気株って、あんまりよい名前じゃないねヘム究極の「逆張り投資」なんだ。何らかの原因で売られすぎている銘

  • ヘムの「 7資産分散海外ETFファンド 」月次報告(2022/5/31)

    ヘムの「 7資産分散海外ETFファンド 」は①米国株、②米国以外の先進国株、③新興国株、④金、⑤銀、⑥米国リート、⑦米国以外リートの7資産に分散投資しています。5年強の運用期間で配当込みTOPIXを6%アウトパフォームしています。

  • 「 日本取引所グループ (8697) 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ 12位

    日本取引所グループ (8697)は長期特典が大きいクオカード優待銘柄です。100株保有1年未満の場合はクオカード1,000円が、3年以上ではなんと4,000円までアップします。3年以上保有時の優待配当利回りは4.45%です。

  • 「 オルバヘルスケアホールディングス (2689) 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ 19位

    オルバヘルスケアホールディングス (2689)はヘムの 優待株ポートフォリオ41位でPER7.3・PBR 1.19・ミックス係数8.69の超割安株。純資産は5年で約77%増加。優待配当利回りは4.6%と高く配当性向は約25%と高すぎず配当余力も十分。

  • 「 ディーブイエックス 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ 10位

    ディーブイエックス (3079)はヘムの 優待株ポートフォリオ10位でPER13.7・PBR 1.27・ミックス係数17.4、純資産は5年で約27%増加。優待配当利回りは3.33%で配当性向は約32%と高すぎません。クオカード優待銘柄です。

  • 「 ダイイチ 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ 43位

    ダイイチ (7643)はヘムの 優待株ポートフォリオ43位でPER7.8・PBR 0.66・ミックス係数5.15の超割安株。純資産は5年で約44%増加。優待配当利回りは3.74%と高く配当性向は約19%と高すぎず配当余力も十分。

  • 「 システム情報 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ指数 42位

    システム情報 (3677)はヘムの 優待株ポートフォリオ42位で上場来7期連続で増配中!業績も上場来増収・増益を継続しており今期の中間決算も前期比で経常利益が28.1%増。純資産は5年で約161%増加。優待配当利回りは3年以上保有で3.75%。

  • 「 サンコーテクノ 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ指数 41位

    サンコーテクノ (3435)はヘムの 優待株ポートフォリオ41位でPER6.8・PBR 0.5・ミックス係数3.4の超割安株。純資産は5年で約34%増加。優待配当利回りは3.75%と高く配当性向は約22%と高すぎず配当余力も十分。

  • 「 セントケアホールディングス 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ 44位

    セントケアホールディングス (2374)はヘムの 優待株ポートフォリオ44位でPER9.6・PBR1.42・ミックス係数13.63、純資産は5年で約51%増加。優待配当利回りは3年以上保有で4.81%と高く配当性向は約27%と高すぎず配当余力も十分。

  • 「 大倉工業 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ指数 17位

    大倉工業 (4221)はヘムの 優待株ポートフォリオ指数17位でPER5.8・PBR 0.39・ミックス係数2.26の超割安株。純資産は5年で約30%増加。優待配当利回りは5.02%と高く配当性向は約26%と高すぎず配当余力も十分。

  • 「 EJホールディングス 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ指数 33位

    EJホールディングス (2153)はヘムの 優待株ポートフォリオ指数33位でPER6.6・PBR 0.75・ミックス係数4.95の超割安株。純資産は5年で約68%増加。優待配当利回りは4.39%と高く配当性向は約23%と高すぎず配当余力も十分。

  • 「 シノケングループ 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ指数 新規購入銘柄

    シノケングループ (8909)はヘムの 優待株ポートフォリオ指数の新規購入銘柄でPER5.2・PBR 0.72・ミックス係数3.74の超割安株。純資産は5年で約144%増加。優待配当利回りは5.57%と高く配当性向は約24%と高すぎず配当余力も十分。

  • ヘムの 株主優待廃止 への対応策

    ヘムは優待廃止への対応策として①全投資資産の優待株の割合を減らす②優待を廃止しても持ち続けることが出来る会社の株を買う③優待廃止リスクの少ない会社の株を買うの対策を取っているよ。残念ながら優待株の魅力は相対的に落ちてしまったと考えてるよ。

  • 「 ステップ 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ指数 25位

    ステップ (9795)はヘムの 優待株ポートフォリオ指数 25位の銘柄でPER11.9・PBR 1.24・ミックス係数14.76。純資産は5年で約39%増加。自己資本比率は85.4%と好財務。優待配当利回りは3.67%で配当性向は約30%と高すぎずません。

  • 「 東武住販 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ指数 34位

    東武住販 (3297)はヘムの 優待株ポートフォリオ指数 34位でPER8.3・PBR 0.81・ミックス係数6.72と割安株。純資産も5年で76%増加、DOE採用銘柄で優待配当利回りは4.74%と高く、配当性向は約24%と高すぎません。

  • 「 ソネック 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ指数 37位

    ソネック (1768)はヘムの 優待株ポートフォリオ指数 37位の銘柄でPER8.4・PBR 0.95・ミックス係数7.98と割安株。純資産は5年で約55%増加。優待配当利回りは3.93%と高く配当性向は約25%と高すぎず配当余力も十分。

  • 「 カーリットホールディングス 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ指数 43位

    カーリットホールディングス (4275)はヘムの 優待株ポートフォリオ指数 43位の銘柄でPER7.0・PBR 0.5・ミックス係数3.5と超割安株。純資産は5年で約29%増加。優待配当利回りは4.81%と高く配当性向は約17%と高すぎず配当余力も十分。

  • ヘムの「全投資銘柄指数」月次報告(2022/4/30)

    ヘムの全投資銘柄と投資成績を公表するよ。投資元本が約1億5千5百万円で、時価評価が約2億2千万円、運用益が約6千5百万円だよ。運用益は41.7%だね。「優待株」「不人気株」「インデックスファンド」「安定配当株」等様々な指数を作っていくよ。

  • ヘムの「 インデックスファンド積立投資 」月次報告(2022/4/30)

    ヘムのインデックスファンド積立投資の運用成績を毎月報告してます。インデックスファンドの積み立てでは、①ドルコスト平均法の利点を利用、②ネット証券でポイントがたまる、③低コストで市場平均と同パフォーマンスが期待できる④暴落時に売りにくいなどのメリットがあります。

  • ヘムの「 7資産分散インデックスファンド指数 」月次報告(2022/4/30)

    ヘムの「 7資産分散インデックスファンド 」は①米国株、②米国以外の先進国株、③新興国株、④金、⑤銀、⑥米国リート、⑦米国以外リートの7資産に分散投資しています。5年の運用期間で配当込みTOPIXを14%アウトパフォームしています。

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、ヘムの 優待株&低配当性向安定株&不人気株投資さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ヘムの 優待株&低配当性向安定株&不人気株投資さん
ブログタイトル
ヘムの 優待株&低配当性向安定株&不人気株投資
フォロー
ヘムの 優待株&低配当性向安定株&不人気株投資

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー